1. LISTEN NEWS
  2. 4/3 有料エピソードの冒頭の任..
2024-04-04 12:54

4/3 有料エピソードの冒頭の任意の秒数を無料で配信できるようになりました・ダッシュボードで無料プレビュー音声の再生回数が確認できるようになりました・意味で検索できる「意味検索」機能を追加しました!

有料エピソードの冒頭の任意の秒数を無料で配信できるようになりました!

価格を指定してエピソードを販売できる「有料エピソード」は、これまで、LISTEN上でしか存在が見えず、また、購入者しか再生することができませんでした。

「無料公開する秒数」を指定する機能を追加し、有料エピソードの一部を無料で公開できるようになりました!

「無料で公開する秒数」(たとえば60秒)を指定すると、指定された秒数のプレビュー用の音声が本編とは別に生成されます。

無料公開音声が設定されると、 

  • ポッドキャストページ
  • RSS
  • RSS配信先

にて、プレビュー音声を再生できるようになります。

この設定を活用することで、LISTEN以外のアプリなどで再生しているリスナーに、有料エピソードの存在を知ってもらったり、試しに内容を聴いてもらうことができるようになります。

なお、0秒(デフォルト)指定の場合は、無料公開音声は公開されず、これまでと同じ挙動になります。

どうぞご利用ください!

ダッシュボードで無料プレビュー音声の再生回数が確認できるようになりました!

有料エピソードの無料プレビュー音声を公開できる機能を追加しましたが、このプレビュー音声の再生回数が、ダッシュボードから確認できるようになりました。プレビュー音声には、タイトルのはじめに(プレビュー)と入ります。
無料版がどれくらい聴かれているのかを、ご確認いただく際にお使いいただければと思います。
これ以外の方法として、Google Analyticsのaudio_startイベントと、audio_titleパラメーターを確認する方法もありますが、この場合は、LISTENのウェブサイト以外の再生数が反映されませんダッシュボードでは、LISTEN以外の、外部音声アプリなどでの再生回数も反映されます。

膨大なポッドキャストエピソードを、意味で検索できる「意味検索」機能を追加しました!

LISTENには、すでに10万エピソード以上の文字起こしされたポッドキャストが保存されています。

そこには、膨大な時間、ポッドキャスターが話した内容が含まれていますが、これらの内容を、自然な文章で、意味的に検索できる「意味検索」機能を追加しました!

これまでは、特定の「キーワード」を含む全文検索機能(キーワード検索)のみを行うことができましたが、同じ意味でも違う言葉を含んだエピソードは検索することができませんでした。

意味検索により、より意味的に近いものを、全体から検索することができます。ぜひご利用ください!

(なお、ゲストユーザーは、1時間につき3回までに制限しています)

 

Summary

有料エピソードの冒頭の任意の秒数を無料で配信することができます。無料プレビュー音声の再生回数が確認できます。また、意味で検索できる「意味検索」機能が追加されました。

00:02
LISTEN NEWS
こんにちは、近藤です。
今週のLISTEN NEWSをお届けします。
先週のLISTEN NEWSから出た新機能をご紹介します。
有料エピソードの冒頭の任意の秒数を無料で配信可能に
まず最初に、有料エピソードの冒頭の任意の秒数を無料で配信できるようになりました。
有料のエピソードを設定すると、これまでは購入した人だけが聞けるという形になっていましたので、
購入していない人は全くその内容を知ることができず、
それからLISTEN以外のプラットフォーム、例えばSpotifyですとか、
そういう他のプラットフォームのリスナーさんに有料エピソードの存在を知ってもらうことが難しかったです。
これまでですと、例えば有料エピソードの冒頭の部分を無料エピソードとして別で作成して、
その部分を無料版として公開した上で有料エピソードへの誘導を行うとか、
そういった工夫が必要だったんですけれども、
これをある程度自動的にLISTENのプラットフォームから行うことができるようになっています。
無料の秒数を指定するにはエピソードの作成フォームから、
まず公開範囲を有料に設定して、
価格などを入れた後に無料で公開する秒数という欄が新しくできていますので、
ここに整数の値、秒数を入れてもらうと、
自動的に例えば1分間でしたら60という数字を入れてもらうと、
冒頭の60秒間分の無料公開用の音声が裏側で自動的に生成されます。
そしてこの無料音声が設定されている場合は、
他のプラットフォーム、例えばSpotifyとかにもRSSに乗って配信されるようになりますので、
これで他のプラットフォームで聞いている方も有料エピソードの存在に気づくことができて、
さらにLISTENで開くといったリンクをたどって、
その有料エピソードの本編を購入できるページに移動することもできるようになっています。
ちなみにこれまでのように無料版は配信せずに、
有料版を購入した人だけが聞けるようにしたい場合というのは、
デフォルトの0秒のままにしておいていただくと、
特に無料版のエピソードは作成されませんし、
RSSなどで他へも配信はされませんので、
特に無料版必要じゃないという方は0のままにしておいてください。
無料版の音声が作成された場合、まず外部のアプリから説明してしまいましたが、
それ以外にLISTENの中でも、例えばポッドキャストページのエピソード一覧のところで、
無料でも、未購入者の方でも無料版を再生することができますし、
それからエピソードページ、有料版を購入することができるエピソードページでも、
購入フォーム、購入のモーダルのウィンドウが出ていますが、
その中でも無料プレビューという形で再生ができるようになっています。
有料版の内容をちょっと試しに聞いていただいたりとか、
あとはそもそもその有料版のコンテンツがあるということを気づいていただくのに、
すごく便利な機能だと思いますので、どうぞご活用いただければと思います。
無料プレビュー音声の再生回数が確認できるように
そしてその少し後にですけれども、
この無料のプレビュー版音声の再生回数を把握できる機能をリリースしています。
3月30日にダッシュボードで無料プレビュー音声の再生回数が確認できるようになりました。
これは先ほどご説明した有料エピソードの無料公開音声、無料プレビュー音声が
どれぐらいお試しで聞かれているかとか、そういったことが分かるようにということで追加になっています。
見方としましてはダッシュボードをこれまでと同様に開いていただくだけで、
プレビュー版の方は括弧プレビューという形でタイトルにプレビューであることが分かるようなタイトルになって、
そこに再生数が表示されています。
それ以外の方法でプレビュー版の音声の再生回数を確認する方法として、
先日追加したGoogleアナリティクスのオーディオスタートイベントをトラックするという、少し上級者向けのやり方があります。
Googleのアナリティクスのオーディオスタートイベントを使って、こちらも再生回数が取れるんですけれども、
こちらの場合はLISTENのウェブサイト上でブラウザから無料版が再生された回数のみになってしまいます。
一方でダッシュボードの方で表示されている無料版の再生回数というのは、
これは音声ファイルのダウンロード回数から集計をしていますので、
LISTENに限らず他のプラットフォーム、音楽アプリなどで再生された場合も、
音楽ファイル、音声ファイルへのアクセスがあれば一再生としてカウントされています。
ただし、以前の再生回数のダッシュボードの集計の説明で何度か出てきていましたが、
現在Spotifyは音声ファイルを一度Spotifyが取得して、
その取得したファイルをSpotify側からリスナーさんに再配信されているという挙動になっていますので、
Spotify上での再生数がうまくリスナー側から取れていないという現象がありますので、
実際はここに表示されているよりもSpotifyに配信されている場合は実際多く再生されている可能性があります。
この辺が有料エピソードの無料公開周りの機能追加です。
意味で検索できる「意味検索」機能を追加
そして今週4月の2日ですけれども、新しいLISTENの検索機能のリリースを行いました。
今回、膨大なポッドキャストエピソードを意味で検索できる意味検索機能を追加しましたということで、
LISTENのたくさんのエピソードに今文字起こしのテキストが付いていて、
ポッドキャスターさんが書かれたタイトルとかサマリ、概要欄のポッドキャスターさんご自身の手で書かれた文章に加えて、
さらにたくさんの長い時間の音声ファイル、音声、しゃべった内容を自動で文字起こししたテキストデータというのをLISTENが今持っていまして、
これがすでに10万エピソードを超えています。
それだけの膨大な時間の人々が話した内容というものを検索する方法として、これまでも全文検索がありまして、
かなり今年に入って速度改善も行ったことで、だいたい1秒いないぐらいでキーワード検索ができるようになってきました。
このキーワード検索もかなり便利ですね。
例えば、映画のタイトルを入れて検索すれば、その映画の感想を話しているポッドキャストをずらっと調べることができたりとか、
そういう感じで興味のある固有名詞を入れて検索したりとか、そういうことができますので、
それはすごく便利に使っていただけているんじゃないかなと思いますけれども、
一方で、例えば検索キーワードが少し違う言葉ですね。
ちょっと別のほぼ同じ意味なんですけど、例えば違う言葉どうでしょう。
例えば、登山という言葉を使っているポッドキャストと山に登ってきましたというポッドキャストがあったとして、
登山をしてきましたという方は登山という言葉で検索できるんですけど、
山に登ってきましたって話しているポッドキャストは登山という言葉を使っていないと引っかからないかもしれないという問題というか、
そういう可能性が今までのキーワード検索の場合はありました。
ただ、こういう名詞とかの場合はほぼキーワード検索で大丈夫な場合も多いんですけれども、
このように一般名詞とか一般動詞とかで登山してきた人のポッドキャストが調べたいといったときには、
もう少し意味的に山に登ってきたという話をしているエピソードを探したいという場合もあるかと思います。
こういった検索が可能となるように、今回意味検索機能というのを追加しています。
検索の仕方としてはいつものLISTENのページの上部にある検索窓に検索したい言葉を入れて、
右側に意味検索というチェックボックスが新たに追加になっていますので、
こちらをチェックしていただいて検索ボタンを押せば意味で検索できるという仕組みになっています。
まだ出たばっかりの仕組みなので、そもそもどういうふうなシチュエーションで活用できるかとか、
結果の少し洗練度合いというのもこれから改善は続けていきたいと思いますけれども、
ちょっとしたコツとしましては、
短い単語というよりはどちらかというと文章的な内容を入れていただいた方が精度が高いというか、
目的とするものに近いものが出てくるかと思います。
例えば先ほどの登山をしている話を全部調べたいということであれば、
今までは登山とかで入れていたと思うんですけど、
どちらかというと例えば山に登った話をしている内容を探したいとか、
そういう形で文章を入れていただいた方がより意味が取りやすいもののほうが、
それに近いものが出てくる可能性が高いです。
そしてこの検索フォームに入れていただく文章なんですけど、
実はかなり長い文章でも大丈夫です。
ですので、ざっくり広く調べたいということであれば、
先ほどのような一文でもいいんですけれども、
例えばより細かいシチュエーションのものをかなり絞って検索したいということですとか、
あとは以前に例えばこういう話をしていたポッドキャストをどこかで聞いた気がするけれど、
どこにあったか忘れたとか、誰が話していたか忘れたとか、
どのエピソードだったか忘れたかっていった場合もあるかと思うんですけど、
そういうものを探すときにはこうこうこういう話をしていたはずっていう記憶があると思いますので、
できるだけ思い出せる範囲でその内容について詳しく書いていただくと、
かなり正確にそのエピソードを検索することができると思いますので、
ぜひ試していただければと思います。
検索窓はちょっと一行で狭いんですけども、
意味検索に投げる文章としてはかなり長い文章も理解することができますので、
もし特定のエピソードを探したいとかニーズが具体的にある場合は、
少し詳しく文章を書いて検索っていうのを試してみていただければと思います。
まだ若干実験的な段階部分もありますので、またこちらはフィードバックとか、
逆にこういう検索の仕方ができて面白かったよみたいなフィードバックなんかも
いただければ嬉しいです。
それでは4月最初の週のLISTEN NEWSお知らせは以上となります。
最後まで聞いていただいてありがとうございました。
12:54

Episodes Mentioning This Episode

Comments

「お二人のおしゃべりが楽しい」って方もいますが、「LISTENの追加機能について淡々と聴きたい」という方もいるので、これはこれで聴きやすくて良かってですね😊jkondoさんが楽しそうかどうか謎ですが、、 深掘りする必要があるかどうかはその時のノリでいいと思いますね!朝の散歩でも聴けてますし! 今回の内容は内容的に難しいってのありますが、意味検索は「こちらもおすすめ」に通じるんだなぁ、と思い合点が行きました。 これからも楽しみにしています☺️

意味検索の話を聞いて、英語圏の人がGoogle検索をするときに単語ではなく文章をそのまま打っていたことを思い出しました。 How to make 〜 とか向こうの人は単語で検索せず本当にGoogleに聞くような検索の仕方してましたね

Scroll