2024-05-30 08:02

【EURO2024放送無】日本人が一流に触れる機会が無くなっている件

▼内容
ラオス、東ティモール、北朝鮮、タイ、ベラルーシと共に、世界で唯一Euro2024が放映されない国日本・・・
テレビでやらないなら現地に行くしかないし、どうそれを実現するか考えるのが大事という話。

▼毎週2,900人が読む無料のニュースレター
https://kuromasuo.m-newsletter.com/ 

▼ヒカキンやZOZO前澤さんもフォローするXアカウント
https://twitter.com/kuromasuo

▼ニュースレターをはじめる前に読む教科書
https://payhip.com/kuromasuo

▼質問はこちらから(匿名でOK)
https://marshmallow-qa.com/kuromasuo?utm_medium=url_text&utm_source=promotion
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/6180be3b3db982af526c5901
00:06
皆さん、おはようございます。くろますおのNEXT NOW、今日も始めていきます。よろしくお願いします。
この番組は、海外トレンドを先取りして本業や副業に活かしたい方向けに、アメリカから毎朝4時にお届けしています。
ということで、今日のテーマなんですけども、今日は【EURO2024放送無し】
日本人が一流に触れる機会が無くなっている件、こんなテーマでお話をしていきたいなと思います。
はい、ということで、先日少しお話をしたんですけども、今年の6月からですね、ドイツの方で【EURO2024】というね、
サッカーの一大イベントが開催されるんですよね。
この【EURO2024】ってどんなものかっていうと、ヨーロッパの一番強い国を決めるっていう大会で4年に1回行われるんですよ。
なので、例えばワールドカップとか、あとはオリンピックと同じように4年に1回開催されて、特にサッカーの中ではワールドカップに次ぐね、
まあ、権威のある大会と言われている、すごくハイレベルな大会で、世界中が注目する大会なんですけれども、
実はですね、この【EURO2024】の放送が日本で行われないっていうね、今ことになってるらしいですね。
で、僕もこれ全然知らなくてびっくりしたんですけれども、
昨日ですね、ボイシーのパーソナリティの【黒本】さんっていう方の放送を聞いたんですよ。
【黒本】さんはどういう方かっていうと、オランダでね、サッカーのコーチをやってるっていう、
まあ本当にもうサッカーで飯を食ってるような、本当にもうプロフェッショナルな方なんですけども、
その方がね、こういうような話をしていて、え、そんなことあるの?と思って、
僕も調べたらね、実はこの【EURO2024】っていうのはね、日本で放送されない予定らしいんですよね。
で、もともとね、【EURO】の2020年までは、えっと、【WOWWOW】ってあるじゃないですか。
【WOWWOW】がね、ずっと日本では放映券を買い取っていたらしいんですけれども、
それがね、まあ、あの【EURO2024】は今のところ買う予定ないというところで、
6月の確か14日とか15日に開発するんですけども、
それがね、今のところ、まあ、放映券は日本の会社は買う予定がないというところで、
まあ、生では見られないっていう感じですね。
録画であったりとか、あとVTRみたいな感じをニュースで見るっていう感じになるらしいんですよね。
そう、これはね、結構【EU】式自体だなと思ってます。
で、実はですね、この日本が、えっと、放映されないっていうニュースの中で、
他にね、放映されない国っていうのを5つあげられてるんですけども、
それ以外の国では行われます。
ちょっとその、日本を含めた6つ、ちょっとざっと読み上げますね。
日本、ラオス、東ティモール、北朝鮮、タイ、ベラルジ、この6カ国で、
今のところ、この【EU】の2024年が世界で放映されない国としてあげられてしまっているんですね。
皆さん、どうですか?
北朝鮮、ベラルジ、東ティモール、こんな感じで、
こんな中に日本が入ってしまってるというような感じなんですよね。
なので、例えば今、戦争にあるね、例えばロシアとかウクライナとかね、
あとはイスラエルとか、そういうところでは放映されるらしいんですけども、
日本では放映されないという感じですね。
僕もね、ざっと調べた感じ、
何がボトルネックになっているのかなというと、やっぱり円安ですね。
放映権が高すぎて、日本のいわゆる企業が買えないということらしいんですよね。
これはね、もう明らかに日本が貧しくなっている、日本が安い国になり下がってしまっているという、
03:05
本当にそういうことだと思います。
で、まさ、これはね、僕も半年くらい前かにニュースレターを書いたんですよね。
そのニュースレターと、あとはボイシーの放送でもしたんですけども、
時給5000円の国で開催される2026年サッカーワールドカップのリアルと、
ようなところで少しお話をしました。
ここで僕が書いた器具というのがそのまま出てしまったなという感じなんですよね。
これどういうような話をしたかというと、
今アメリカってインフレとかね、
インフレか、すごく物価高なんですよね。
例えば時給なんかも、一時期時給が34ドルとか35ドルくらい平均時給ですよ。
これを円換算すると5000円くらいになったというような感じですね。
例えばその辺のマックとかスターバックスとかね、
そのところで働いている方の時給が平均して、
全国平均で時給5000円というような感じなんですよね。
それがさ、今2024年ですけども、
2026年実はサッカーのワールドカップというのがアメリカで行われて、
2028年というのはロサンゼルスのオリンピックが行われて、
世界の2大祭典というのが今回、
この4年以内に2回アメリカで行われるんですけども、
そんな物価高の国でね、わざわざ日本から観光しに来て、
現実で見ることがあるかというようなところの、
いわゆる問題提起みたいなニュースレッターとボイシーでしたんですよ。
それがもう約半年前になります。
でですね、今回僕が当時言ったのは、
現地に来れない、現地で触れられないんじゃないかというね、
こんな高い国にわざわざ飛行機に乗ってくるような日本人ってそもそもいるのか、
そんなことができる日本人ってほんとひと握りなんじゃないの?
という問題提起をしたんですけれども、
今回はですね、そもそもそんなことではなく、
テレビですら触れられなくなっているという感じなんですよね。
これはね、結構本当に有識自体で、
一人一人がこれに対して何を考えるかというところは、
僕は今回問題提起をして投げたくて、
この放送をしてみたんですよね。
本当に一流に触れる機会ってなくなっちゃってるんですね。
ワールドカップとかオリンピックとか、
こういうユーロ2024とかね、
もちろん今サッカーとかに絞ってますけども、
いろんなWBCとかさ、
WBCは日本でやることが多いからあれですけれども、
こういう世界の一流イベントにさ、
こういう日本人が行く機会、
そしてさらにはテレビで生で触れる機会、
こういうのがどんどんどんどんなくなってます。
これはもう本当に日本がそういうような、
いわゆる金銭的な意味での二流国になってしまったというような感じなんですかね。
だからこれはすごく悲しいことかなと思いました。
じゃあじゃあ、とは言ってもさ、
テレビ見られないってさ、
じゃあどうすればいいんだよって話。
これはさ、別にさ、僕ら自身が頑張ったところでさ、
フジテレビ側とかワウワウ側とか日テレ側とかってさ、
別に買うことはできないわけじゃないですか。
お金ないんだもん、だって。
じゃあどうするかっていうところを個人として考えた時に、
僕はやっぱり現地に行くっていう、
それがやっぱり一番個人として一流に触れる機会として一番簡単なんじゃないかと。
06:02
僕は現地に行く。
今回はわりとドイツに行って、
その一流のプレーとか一流の雰囲気っていうのを現地で感じる。
例えば7月7日パリでオリンピックがありますよね。
そこの現地で行って、現地で触れてみる。
もうこれしかないですよね。
だってテレビでやんないんだもん。
じゃあ行くためにどうするかっていうところをやっぱり考えなきゃいけないんですね。
行くためにはやっぱりこれぐらいのお金が必要だしって、
そのためには今の会社員としての給料じゃダメだしね、
副業やるなり投資やるなりなんなりして資金を作らなきゃいけないとかって、
そういったところの考え方でマインドチェンジしたほうがいいと思うんですね。
だって待ってたとしても絶対ワウワウとか富士テレビが保衛権買うかどうかわからないし、
テレビの前で座っててもそんなの見られないんだもん。
だったら本行転換というか頭を切り替えて、
じゃあ稼いで、現地に行ってね。
4年後の2年後のワルファカップに行こうとか、
4年後のオリンピックに行くにはどうすればいいかとかっていう、
そういうのはマインドチェンジしたほうが楽だと思うんですよね。
僕は実際にそういうマインドになってきてるんですよね。
僕は2022年のワールドカップもカタワルに行きましたし、
今年の夏もパリに行こうかなとは思ってるんですよね。
今日家のチケットは取ってるんですけど、
まだホテルとか航空券は押さえてないですけど、
でも一応そういうようなつもりでいるし、
もちろん2026年は6年8年というのは僕の地元アメリカで行われるので、
それはやっぱり行きたいなと思ってるし、
やっぱりテレビで見られないとか、
そういうのは一流に触れる機会がないなら現地に行くしかない。
そのためにはどうやって端的に言うと稼いでいくかですよね。
ここっていうのはやっぱり一人一人が考えたほうがいいんじゃないかなと思ったので、
今日はこんなテーマを取り上げてみました。
皆さんいかがお考えでしょうか。
もし思ったことなどあればコメントに寄せていただければなと思います。
今日はこのあたりにしたいなと思います。
また明日の動画で行きます。ご清聴いただきどうもありがとうございました。
08:02

Comments

Scroll