1. 移住後の働き方戦略室ラジオ
  2. 移住後のお仕事。未経験でWEB..
こんにちわ!
東京から淡路島に家族で移住してライターやブログ運営をしたり、古民家を直したりしているこばだんなです!

この番組は地方移住の経験談と移住後の仕事や稼ぎ方について試した結果をシェアする移住後の働き方戦略室ラジオです


■台本はこちら
移住後の仕事に!WEBライターに挑戦して稼げるようになったのか?【パソコン1台・未経験スタート】
https://iju-kobayashike.com/iju-challenge-writer/

地方移住の進め方だけに焦点を当てて徹底解説したKindle本
https://amzn.to/33YDRgj

こばだんなのTwitterはこちら
https://twitter.com/iju_kobayashike/

ブログこちら
https://iju-kobayashike.com/

\スポンサーリンク/
田舎暮らしならcoccoBlog
https://coccoblog.org/

#田舎暮らし #淡路島移住 #地方移住 #脱サラ #子育て世代 #フリーランス #地域おこし協力隊 #田舎 #田舎生活 #限界集落 #ブロガー #レター募集中 #移住
地方移住の経験談と移住後の稼ぎ方を発信中!

WEB⇛https://iju-kobayashike.com/

https://listen.style/p/koba_iju?gQRKsiDc
https://stand.fm/channels/5ffa5601fc3475e2c8593028
00:06
この番組は、「田舎暮らしならコッコブログ」の提供でお送りいたします。
はい、おはようございます。東京から島に家族で移住して、ライターやブログ運営をしたり、コミンカーを直したりしているコバ旦那です。
今日のトークテーマは、「未経験でWebライターに挑戦して稼げたのか?」みたいなお話をしていきたいなと思います。
僕は、だったら地方移住をした結果ですね、収入は激減してですね、今四国八国しているわけなんですけれども、
移住後のお仕事の一つにWebライターというお仕事をしております。お仕事をいただいております。
今、地域おこし協力隊の地域のお仕事というものをさせていただいているんですけれども、
その方はですね、個人事業主、個人事業としてはWebライターとか、
あと、あんまり最近受けてないんですけど、法人向けの資料制作代行みたいなこともやっています。
その中で、今一番収入の柱になってきているのはWebライターというお仕事ですね。
こちらですけれども、僕が未経験からWebライターに挑戦をして稼げたのか、
どういった推移で稼げるようになったのか、稼げているのかみたいな収入推移なんかもですね、
今日は口頭になるんですけれども、お話をしたいなと思います。
スタンドヘムの概要欄にですね、ざっくりまとめたブログも貼り付けておりますので、
こちらの方が多分わかりやすいと思います。
音声だと数字って頭に入ってこないと思うんですけど、
ざっくりこちらでは情報の入り口にさせていただいて、
詳細はこちらのブログの方で読んでいただければなと思います。
今日のトーク、シナリオというかトピックなんですけど、
最近台本を書かずに話し出すようになっちゃって、
今日はですね、約4ヶ月ぐらいで月5万円の収入を超えることができるようになったので、
最初の1ヶ月目の初間みたいな話と、
2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月目ぐらいにどんどんステップアップをしていったんですけれども、
そちらの経過ごとにお話をしてみたいなと思います。
ライター1ヶ月目どうだったのかってことなんですけど、
僕が挑戦したのは2022年1月頃ですね、本格的にウェブライターに挑戦し始めました。
それまでも若干クライアントワークをビビってたんですよね。
お客さんがいて、自分のカバンでお仕事をいただいて、
物を納品するっていうのはちょっと怖かったんですね。
品質の低い物を出しちゃったらどうしようとか、
仕事が取れなかったらどうしようとか、
納期に間に合わなかったらどうしようが一番ビビってました。
だからそれまでは自分のブログを書いていたりとか、
あとKindleとかですかね、
Kindleもザーッとやったりとかあるんですけど、
出してしまいましたけれども、
03:02
ウェブライターってお客さんがありきのクライアントワークになりますので結構ビビってたんですね。
今後の自分のためにもちゃんと仕事したいというか、
ちょっと実績を積みたいなクライアントワークの実績を積みたいなと思ったので、
ウェブライターに思い切って挑戦をしたという感じですね。
何から始めたかというと、まずはクラウドワークスとか
Lancersというものにクラウドソーシングで登録をして、
プロフィールを整えたりとか、こういうお仕事があるんだなみたいな、
仕事を眺める期間というのが大体1ヶ月ぐらいありましたね。
12月中とかでもそんな感じだったと思うんですけど、
1月の前半ぐらいかな。
エイヤーでもやっちゃえみたいな感じで応募したんですよね。
よくウェブライターの方は、
とりあえず自分がちょっとでもいけそうだと思ったら、
とりあえず提案文出しなさいってよく言うんですけど、
これ僕もすごい大賛成なんですよね。
手を挙げないとお仕事ってもらえないし、
責任ない状態だったら、より好みしても絶対取れないので、
どんどん手を挙げて、
いけそうなやつは行った方がいいんですけど、
僕はこれができなかったんですよね。
結構眺めてる時間が多かったんです。
いや、この仕事は…
いやでもこの仕事は…
みたいな感じで、
さっさと提案文を送れよっていう感じだったんですけど、
すごいより好みしてたんですよね。
めっちゃニッチだったんですよ。
僕が自信を持って書けるものしか手を挙げなかったんですね。
いやなんか無理だなみたいな。
自分に無理だなみたいな感じがすごい強くて、
結果的に何をやったかっていうと、
クラウドワークスで、
移住の体験談っていうもの、
自分が普段発信しているもの、
あと経験したものがあったら、
こうやったらいける?みたいな感じがたまたまあったので、
よしこれだと思って思い切って飛び込みました。
こうやったらいける?みたいな。
こうやったら農機までに、
何が来ても農機までに出せると思う。
自分の経験を喋るだけだからみたいな。
喋るというか書くだけだからみたいな感じで、
その結果取れたんですよね。
お仕事が取れて、
無事初受注みたいな感じでしたね。
だから初めて受注するまでに、
提案した回数っていうのは2回しかなかったんですよね。
1回目は、
1回目はクラウドワークスの使い方が分からなくて、
提案文を出すというよりか、
気軽な相談みたいな。
クラウドワークスだったら、
手を挙げるみたいな感じだったのと、
気軽な相談みたいな。
気軽な相談機能って何に使うんだろう?
みたいなところもあるんですけど、
フワッと投げちゃったんですよね。
これダメだったんだ。
気軽な相談ってこういう使い方じゃない。
なんとなく感じ取って、
ちゃんと提案しようというものが
最初に取った。
やったら通ったんですよね。
これは自分と親和性があったりとか、
ブログを書いてましたので、
ブログが当時思ったら
実績になったんだろうかなと思うんですけれども、
ぜひ執筆お願いしますという感じで、
06:02
通ったわけなんですね。
1ヶ月目の収入が
3094円ですね。
これはもう忘れないと思いますね。
初めてのクラウドワークスへの収入が
3094円でございました。
文字単価1.0円で、
体験での執筆ですね。
だいたい3000文字から、
4000文字くらいだったかな。
いろいろ手数料引かれて3094円なんですけどね。
だから4000文字くらいだったと思います。
4000円分ですかね。
クラウドワークスの使い方にも若干
一通りの受注提案文出して、
受注をして、
メッセージやり取りして、
納品するみたいな一通りの流れが分かって、
結構安心しました。
すごい嬉しかったなと思いましたね。
実績としても1つ取れたし、
収入も入ってきたし、
本当にね、
これで稼げるやんみたいな感じの
実感が湧いたら最初の1ヶ月目ですね。
本当に嬉しかったかなと思います。
この3094円というお金は、
僕にとっては本当に
すごい大きな価値、
満タン位であるかなと思うんですね。
すごくいい経験でした。
なんか取れるぞって思ったんですよね。
2ヶ月目は、
もっと勉強したいと思って、
やった後にまた
勉強する期間取りました。
2ヶ月目は実は稼働してなくて、
0円でした。
でも、
1つ実績が取れたので、
もう少しインプットをしながら、
あとは営業に回しましたね。
月の前半勉強して、
月の後半営業したっていう感じですかね。
その結果直営業が2件取れて、
それも移住券なんですけどね。
自分がやったことしか
書けないので、
自分がやってきたことを、
ブログに仕立てて、
こういうことを書いてます。
過去にクライアントワークスで
納品しましたみたいな。
実績をもとに、
結構移住券のメディアも結構あって、
僕もまだ出してないけど、
仕立てているものはあるんですけど、
そのうちのとりあえず1社、
2社ぐらいですかね。
1つは、
ネイティブメディアさんですかね。
チャンネル開設させていただいて、
ライターとしての発信する場を
提供していただきました。
もう1社がですね、
まだ行っちゃいけないと思うんですよね。
そろそろ独自の記事が
始めているので、
僕の記事もたぶん
そろそろ出るかなと思うんですけど、
もう1社さんあるんですよね。
そこで今後はたぶんインタビューライティングとかを
執筆していく予定になると思うんですけど、
まだね、
まだ言えないっていう感じなんですね。
そういうのが取れたので、
お仕事が取れる、そして
報酬も得られそうだみたいな形が
実感できたのが2ヶ月くらいですかね。
3ヶ月目以降は、
契約取ったお仕事について
09:01
どんどんやっていく
という感じでした。
3ヶ月前で39,900件でしたね。
直契約だったので、
クラウドワークスの手数料とかも
どこに引かれることはない。
1件だけクラウドワークスで取ったのかな。
4ヶ月目にスケールするようなお仕事を
3ヶ月目の
確か終盤くらいに1件取ったんですよね。
そこがIT検討基地でした。
結構単価が良くて、
当時1500文字で
5000円とか、
文字単価1.3円くらいの
クラウドワークスにしては
めっちゃ高いぞみたいな感じのが
とりあえず投げたら
取って、僕がシステムエンジニア
時代の経験があったので、
そういうものをやろうということで
やってみたら
取れて、その結果
継続案件に繋がったんですよね、4ヶ月目に。
その単価がめちゃくちゃ高くて、
文字単価5.0円とか、
5ヶ月目も
今まさにそうなんですけど、文字単価
6.6円とか
のやつが取れて、
めちゃくちゃありがたいみたいな。
IT検討からいったら
いけるぞみたいな感じになって、
4ヶ月目は7万円ですね。
あんまり記事書いてないんだけどね。
文字単価5円だから、
SEO記事2つと、
SEO記事
4500
文字ぐらいのやつが
2つと、
えーと、
キーワード選定みたいなお仕事があって、
これはね、すごく大変だったので、もうやんないぞって思ったんですけど、
記事2つしか書いてないんですけど、
2つと、あとキーワード選定かも。
キーワード選定のほうが大変なんですよね。
これが7万と
750円ぐらいの収入になったんですね。
これデカいですね。
SEO記事1つで
22500円ぐらい
もらえるような感じだったので、
これめちゃくちゃありがたいなと思いました。
文字単価ね、
1.0円とかで
3ヶ月目やってて、
6記事7ケージぐらい納品したんですけど、
これで4万円ぐらいじゃないですか。
2記事とあとキーワード選定が
1サイト
1.5円
5千円ぐらいの報酬だったので、
それは除いても
4500文字書いて
22500円もらえる
そういう報酬になるのって
めちゃくちゃデカいなと思いました。
高いものは5.0円ですっていうところなんですけど、
文字単価高くしていくっていうのは
非常にウェブライターにとっては
大事なんだなっていうところが
3ヶ月目?4ヶ月目ぐらいに通貫をしたので、
すごくいい体験でした。
自分のスキルをアップして
能力を高めたりとか、
業務知識ですよね。
各業界の知識を
しっかりつけていって
専門化する?
特化していくということで、
文字単価を上げていくってことは
非常に大事なんだなと思いましたね。
その結果、
月にバラつきはありますけども、
最大とりあえず月7万円まで
売り上がったので、
非常に僕は良かったかなと思います。
12:01
稼げるようになりました。
稼働する問題が僕は常にありますので、
1つウェブライターとして
収入を上げて、
収入を1つしていく。
月10万円なり15万円なり
稼げるような収入事業に
稼働していけたらなと思うんですよね。
他にもいっぱいやりたいことがあるので、
バランスですよね。
ウェブライターだけやってたら、
面白くないなと思うし、
尽力もなったりもするので、
月10万円から15万円ぐらいで
それなりの単価で
それなりの技術で
ぼちぼちやれたらいいかなと思うんですよね。
今日はそんな感じでございました。
トークテーマが
未経験でウェブライターに挑戦して
稼げたのかということで、
未経験でも
クラウドワークスの使い方が分からない状態から
だったんですけども、だいたい4ヶ月で
7万円ぐらい収入が上げられるようになりましたので、
これはすごく僕は
良かったかな、良い仕事に巡り合えたなと思いました。
文章を書いて報酬を得る
経験がなくても
月5万円以上
スケールできるようなお仕事かなと思います。
それで、
仕事に困ったら復業したいとか、
収入上げたいと思っているのであれば、
ウェブライターというお仕事を
足突っ込んでも
いいんじゃないかなと思います。
また次回の収録でお会いしましょう。
今日スタンダフの概要欄にブログの記事
貼り付けておりますので、こちらも見ていただければと思います。
収入の推移とかちゃんと文字で書いているので
見やすいかなと思います。
また次回の収録でお会いしましょう。バイバイ。
13:35

Comments

Scroll