1. 聞くお惣菜
  2. #032 - 会話の合気道
2022-07-20 25:48

#032 - 会話の合気道

今回は昼食を買いに行くドライブ中の収録バージョンでお届け。いつも以上に内容のなさに磨きがかかっているなと思います。みんなドライブ中って、いったいどんな会話してるんですかね〜。(も)

・今回はドライブバージョンでお届けします

・配信順とか考えずに話してしまうもちこ

・夏、車の中が熱くなりすぎる問題、解決されようぜ

・どっか暑い国のショッピングモールで、エアコンいらずなのはなぜ?

・何かを真似してつくっている

・僕の幻かもしれない

→※ジンバブエやドバイにありましたよ!(後日もちこ調べ)

https://susteps.com/1515/termites-biomimicry-biology/

・タコとかヤモリの吸盤の構造がどうたら

・マジックテープは自然界の何かを参考にしている

・新幹線の形状は・・・

・後半へつづく・・・のか?!

・改めまして再スタート

・一番お腹のすく速度が早い時間帯

・風来のシレンが歩けなくなるくらいの

・カタカナにしてください

・「満腹度」

・宿って、素泊まりプランだったらごはんなくない?

・入るたびに形が変わるんですよ、そのダンジョン

・ダンジョンって、なに

・会話の合気道

・おもしろくなくてもログインボーナスのためにやってる

・ゲームの語彙がとぼしすぎるもちこ

・リングフィットはすごい

・お家に着きました!

-----

ご感想はTwitterハッシュタグ #聞くお惣菜 にてお待ちしております。

おたよりフォームはこちら! https://forms.gle/WTyunYhLNxHVmZgj7

どうぞお気軽な方法でお寄せください。

【聞くお惣菜】LINEスタンプもあります! https://store.line.me/stickershop/product/19007464/ja

※内容はリサーチに基づくものではなく、個人の感覚をもとにした雑談です。内容には誤りがある可能性もありますのでご了承ください。

00:01
Speaker 2
聞くお惣菜、この番組は、
なくてもいいけどあると嬉しいよコンセプトに、
九州に暮らす夫なっちと、
Speaker 1
妻もっちかな?
Speaker 2
昼食時の雑談をお届けするポッドキャスト番組です。
一人ご飯のお供にどうぞ。
ですが、
ですが、
運転しております。
Speaker 1
そうだね、なんかカチカチとか音鳴ってた。
ウインカーね。
Speaker 1
久しぶりだね、この感じ。
Speaker 2
あんまりやんなかったね、最近。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
外食というか、買って帰って食べるつもりだけど。
Speaker 1
家にあるものを食べた。
なんかもう、またそうめんかそばかならあったんだけど、
前週もズズズってズゾゾーンがすごかったから、
この週も、夏毎週ズゾゾゾーンになりそうやったから、
Speaker 2
他のものも食べたいね。
配信順がどうなるかわかんないから、
2週続けてズゾゾーンかどうかわかんないけど。
Speaker 1
確かにこれ、流すかどうかわかんないし。
Speaker 2
ストックのつもりで撮ってますからね。
今聞いているとしたら、
皆さんが聞いているとしたら、
なんかうまいこと収録のスケジュールが取れんやったんやなっていうタイミングです。
そういう風にね、理解してもらえるといいと思います。
Speaker 1
これバラす必要ある?
ない!
もとはといえばね、
前週って言ったからね。
ズゾゾーンの話を言っちゃったかばっかり。
暑っ!
車の中って本当に暑くなるね。
今ちょっと不容易にドアのところを触っちゃって暑くなったんだけど。
Speaker 2
ガラスが透明だから、
日光の熱エネルギーはどんどん中に入ってくるけど、
空気が入れ替わらないから、
そのままどんどん暑くなるってことよね。
Speaker 1
そうだよね。
なんかさ、
前もちょっと話した気がするんだけど、
この車の中暑いっていうのがさ、
子供の時から、
だからもう何?
ざっくり30年前くらいからさ、
これだけ世の中が進歩してきているというのに、
車の中の暑すぎ問題が解決して、
車体とかさ、
いろいろ工夫しようがありそうじゃん。
素人的にはさ。
解決そろそろされてもいいんじゃないかと思ってきて。
Speaker 2
そうだね。
解決されるといいよね。
されるといいんですよ。
Speaker 1
素材とか難しいんだろうね。
03:06
Speaker 1
別に優先度が高くないってことか。
Speaker 2
いろいろ制限ありそうだよね。
強度とか重さとかさ、
時間とかとして成立させるために、
いろんなこと考えなきゃいけなくなって、
優先度が車内の温度を快適にするっていうところは、
エアコンに譲りますみたいな感じなのかもしれない。
暑い地域なんだけど、
エアコンを入れてないとか、
入れてないっていうのは設備として持ってない。
だけどっていう話があって。
Speaker 1
断熱がすごい。
Speaker 2
じゃない?
まあ分かった。
Speaker 1
断熱がすごいではないだろうな。
これクイズだと思う。
めっちゃデイリーするから。
Speaker 2
でもそれは要因の一部としてある。
でも人がめっちゃデイリーするからって。
Speaker 1
外外気よりも低いってこと?
Speaker 2
ぼんやりした理解だからよく分かってないんだけど、
エアコンいらずであるということらしい。
Speaker 1
すごい暑い国なのにってことだよね。
Speaker 2
関係してる?
周り回って関係してるのかもしれないけど、
僕の理解の範囲では直線。
Speaker 1
1インデア。
Speaker 2
換気がすごい。
Speaker 1
でもそれは正解じゃないっていう感じだね。
口ぶりがね。
Speaker 2
クリティカルではない。
Speaker 1
窓の数は関係する?
分かんない。
そうか。
ごめん。
Speaker 2
全然ね、詳しく知らないで、
ただその答えだけ知ってる。
何かを参考にして作ってます。
Speaker 1
何を参考にしてるかを当てるってやつね。
そうそう。
Speaker 2
発想いいんだ。
06:19
Speaker 1
そういいですよ。
縦穴住居とかを言おうとした。
なんだろう。
葉っぱ惜しいの?
Speaker 2
葉っぱ惜しいというか、方向。
方向はよかった?
Speaker 1
模してるものの原型には葉っぱは使われるの?
いや。
使われないの?
Speaker 2
葉っぱ自体が近いわけじゃなくて。
Speaker 1
うん。
発想の方向がいいよってこと?
そうそう。
つまり、自然ってこと?
Speaker 2
そうそう。
Speaker 1
山。
違う。
えっと、
柱。
当てたいな。
なんだろう。
鳥。
違う。
動物とか植物とか。
Speaker 2
生き物が作るもの。
Speaker 1
生き物が作るもの?
卵?
Speaker 2
違う。
Speaker 1
え?
Speaker 2
生き物全般がっていうわけじゃなくてね。
ある種の生き物が作り出す。
巣?
そうそう。
何の巣でしょう?
Speaker 1
鶏の巣?
鴨の橋?
Speaker 2
違う。
Speaker 1
何の巣か。
蜂の巣?
動物っていうイメージがある?
無くはないけど。
小さい?
小さい。
蟻の巣?
そう。
Speaker 2
そうなんだ。
Speaker 1
そうらしい。
09:00
Speaker 1
土の下の巣じゃなくて、上に作るやつかな?もしかして。
蟻塚?
Speaker 2
うん、蟻塚。
Speaker 1
分かんないそうなのかもね。
Speaker 2
暑い国ってそういうのは。
それ以上のことは何も分かんないんですけど。
蟻の巣の構造を参考に作ったら、
Speaker 1
じゃあ逆に窓とかないのかも。
Speaker 2
そうなのかもしれないね。
Speaker 1
面白い。見てみたい。
どこにあるんだっけ?
分かんない。
なんだよ。
Speaker 2
この話を聞いただけだから。
本当かどうかももはや知らないぐらい分かった。
Speaker 1
伝説かもしれない。
Speaker 2
できたらいいなみたいな話だったのかもしれないぐらいぼんやりした話です。
Speaker 1
そうだったらいいのになってきたのかもしれない。
Speaker 2
かもしれない。
自然に学ぶって。
Speaker 1
あったりするよね。
あるある。
Speaker 2
運行にしてるんだよね。自然界の。
おなもみとかじゃなくてもっとびっくりする。
Speaker 1
お前みたいなやつ。
でも虫の足とかありそう。
多分。
Speaker 2
虫って壁とか登れるの結構びっくりする。
Speaker 1
新幹線の形状は早く泳げるか早く飛べるかっていう動物の形状だったり。
薄っ。
でもそういうのパッてさ出てくるのすごいね。
私なんかアドリブに弱いからさ。
多分後からあれもあれもとか言い出すんだけどさ。
全然今出せって言われてこう。
瞬発力が乏しくて。
素晴らしい。
着きましたね。
Speaker 2
着きましたので。
じゃあ後半へ続く。
Speaker 1
続くのこれ?
時間持ってんの?
はーい。
Speaker 2
聞くお惣菜。
どうした?
Speaker 1
聞こえない。
なっちさんにもそういう時があるんですね。
勇気が出る。
Speaker 2
聞くお惣菜。
この番組はなくてもいいけどあると嬉しいよコンセプトに九州に暮らすポッドなっちと
Speaker 1
いつのまちかな?
Speaker 2
昼食時の雑談をお届けするポッドキャスト番組です。
一人ご飯のお供にどうぞ。
12:01
Speaker 2
ですが運転中でございます。
Speaker 1
そうですね。
今日は運転中の現場からお届けしております。
Speaker 2
現場はお魚天国のほど近く。
Speaker 1
そうですね。
なんか配信中どうなるかわかんないけど
お魚天国に行った帰り道ですね。
Speaker 2
お昼ご飯を手に入れて帰って食べるぞっていう
Speaker 1
一番お腹のすく速度が速い時間。
お腹のすく速度が速いとか考えたことない。
すく速度って何?
Speaker 2
11時ぐらいは緩やかに減っていくじゃん。
Speaker 1
そうね。
Speaker 2
12時超えてまだちょっと仕事の手が離せなくてご飯食べられない時は急速に減っていくよね。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
今はもう1時近くですよ。
Speaker 1
そうかもうそんな時間早いな。
Speaker 2
1時近くになって
Speaker 1
今ちょっと出発遅かったからね。
Speaker 2
そうそうそう。
お昼ご飯今日何食べようかなって見て選んでこれにしよう美味しそうって買って
その帰り道ですからね。
それはもうマイナスまでいくよお腹の満腹度。
Speaker 1
そうなんでしょうね。
Speaker 2
風雷の試練が歩けなくなるぐらいの減り具合ですからね。
Speaker 1
風雷の試練がね。
Speaker 2
不思議なダンジョンって知らない?
Speaker 1
知らないからここカットだ。
Speaker 2
知らないことを恥じないでいいんですよ。
Speaker 1
だって一般教養苦手だもん。
Speaker 2
一般教養かと言われるとそうでもないと思うけど。
Speaker 1
ゲームはもう著しく知識がとんでもないから。
Speaker 2
分かんないんだろうなと思って言ったよ。
Speaker 1
なんだよ。わざとか試しというかもう諦めの中で話してたわけ。
Speaker 2
トルネコでもチョコボでもなく試練を出したのはその中でも一番知ってるかなって思った。
Speaker 1
試練って何?試練ってだって漢字変換されて試練だって。
Speaker 2
カタカナにしてください。
カラガサ模様の風呂敷的なものをかぶって
Speaker 1
サンドガサをかぶっているような旅人ですね。
Speaker 2
試練ってゲームの主人公ですよ。
試練のことあんまり知らないんだ。
Speaker 1
そうなんだ。この流れで。
Speaker 2
なんだけどどっかの洞窟に入るわけですよ。
洞窟に入って中のモンスターとか戦いながら宝物を求めて深いところへどんどん潜っていくっていうゲームなんですけど。
15:03
Speaker 2
ゲームの中の重要な概念として
Speaker 1
へーそうなんだ。
Speaker 2
行動すると満腹度減っていくので
パンとかなんか。
Speaker 1
そこはそういうアイテムなんだ。
Speaker 2
他が減りすぎると
消えなくなるのか体力が減っていくのかだと覚えてないんですけど
とにかく体力とは別で気をつけておかなければならない重要なパラメータなわけですよ。
Speaker 1
満腹度というのは。
Speaker 2
で、今僕らはとても低い状態にある。
早く何か食べるか拠点に戻るかをしなければならない。
Speaker 1
拠点に戻ると満腹度上がるんだ。
Speaker 2
宿屋的なところが拠点でダンジョンから出るっていうことなんですけど
Speaker 1
行くとご飯あるわけですよ。
っていうぴったりな資料を見つけたって発表させていただきました。
やってる人にはパッと通じた話を今数分かけて解説していただいたということです。
ご考説賜ります。
ありがとうございました。
Speaker 2
いやいやとんでもないです。
Speaker 1
全然関係ないけどさ、宿屋になったら満腹度上がるんでさ
それを聞いたときに私が瞬時に何を思ったかというと
いやでもすどまりプロンだったら食事なくない?って
朝食付きとか大体あっても朝食だけだからなって思ってました。
Speaker 2
そうだね。しかも旅人だしね。あんまりお金なさそうだからね。
Speaker 1
旅人基本すどまりやろって思ってた。
街歩いてたら何か恵んでもらえるんじゃない?
それを宿に帰って食べるの?
Speaker 2
だから宿の人がここおいで。
Speaker 1
そういうことね。
Speaker 2
そういういい感じの民宿的な優しいおばちゃんがやってたりする。
あの洞窟の謎を解いてくれるならこんなもん安い投資だよって
Speaker 1
寝床もご飯も提供してくれてるかもしれない。
そういうノリのセリフはゲームの中であってもよさそう。
あなたがあのみたいな。
Speaker 2
あの試練さんですかって。
Speaker 1
試練って名前なんだその人。
そうだよ。
日本語の試練とかチャレンジ的なイメージ。
Speaker 2
かけてんじゃないかな。知らんけど。
入るたびに形が変わるんですよ。
18:01
Speaker 1
すっごいさ、バカみたいな質問をするけど
ダンジョンってよく聞くけど一体何?
Speaker 2
ダンジョンが何かというと何なんでしょうね。
よく迷宮という風に訳されるかな。
単語としてのダンジョンの意味は知らないんだけど
日本のゲームの文脈でダンジョンっていうときは
攻略すべき危険な場所みたいなニュアンス。
Speaker 1
分かった。
何かの比喩とかで言われたりするんだけど
ぼんやりとだから理解は
ニュアンスはなんとなくわかるじゃん。
前後の文脈とかで。
でもそのたびに当ててきたダンジョンって思って
直接的な、みんなが使ってる中でのぼんやりとした輪郭があったんだけど
今はっきりとした輪郭が与えられて
ありがとうございます。
Speaker 2
僕もダンジョンがゲーム用語であるっていう認識はあるから
ちょっと避けてたのね。今までの話で。
Speaker 1
そうなんだ。
じゃあこれからは使えるじゃん。
Speaker 2
出してみたところ
やっぱりパシッて取られたから
今ちょっとやったぜみたいな気持ちでもあり
Speaker 1
会話の合気道だよね。
Speaker 2
達人同士とか
相手の間合いと自分の間合いとの端っこを
ツバゼリアイみたいな
エアツバゼリアイみたいにしてるところで
ダンジョンっていう言葉をね
巻き絵として出したらそれをパンって取って
一本ずつ余裕を空振ってくれた。
空振ってないんですけど
Speaker 1
でも私はゲームしないけど
ゲーム好きな人は友達に多いから
だから出てくるんだよね。
谷川は大阪のダンジョンみたいな
なんかそういうニュアンスは
谷川で大人数で集まった時に
迷った迷わないみたいな話の中で
出てきたりとかするので
分かりはするんですけどね。
今ちゃんとわかったわ。
Speaker 2
主題はない話なんですけど
Speaker 1
ダンジョンっていうのを何かの説明でさ
Speaker 2
試練、試練。
試練のダンジョンは
入るたびに形が変わる。
Speaker 1
そうそうそう。形が変わるって何?
だから入る。場所なんだよね。
そう。場所。
エリアの形が変わるみたいなイメージ。
Speaker 2
入り口入ると
Speaker 1
まず地上1階とか地下1階か分からないけど
21:02
Speaker 2
行くんだけど
地下1階には
上に登る階段と
下に降りる階段と
それがどこにあるかっていうのが変わるし
そもそも部屋が
どんな大きさでどんな配置になっているかみたいな
そのワンフロアの構造が
形が全く違うのが
Speaker 1
毎回ポイントでした。
Speaker 2
不思議のダンジョンっていう
Speaker 1
シリーズだったと。
攻略したと思っても
次入ったらまたゼロになっちゃうってこと?
Speaker 2
そうそうそう。
だから覚えるということが
深さのところにはこのぐらいの敵が出るとか
そういう共通のルールみたいなのはあるわけ。
Speaker 1
この道を行けばこうなるっていうのはできないけど
そうそうそう。
Speaker 2
ダイスというスマホゲーを
あ、もはや面白くないな。
Speaker 1
なんでやり続けるの?
Speaker 2
ログインボーナスのためにやってるんですよね。
結構こまめにアップデートが入っていて
イベントが起こったりするんですけど
その度にちょっとそのイベントをやって
また毎日起動するだけのルーチンに戻るみたいな感じ。
Speaker 1
なんかちょっと顔出すよ的な感じのことがね。
でもそこでスプラトゥーンみたいに
オンラインで人と交流があるものなの?
対戦?
Speaker 2
対戦と協力とある。
Speaker 1
協力とかはある。
流行った時に
やったね。
その当時暇だったからやってたわ。
でもすぐやらなくなって
それからストーリーとかじゃなくて
24:02
Speaker 1
パズルみたいな
Speaker 2
2048とか
Speaker 1
何それ?
わかんない。
とかは知らないんだけど
有名なゲームじゃないんだよね。
だからパズルゲームみたいな
ルートをここからボール落として
ここに落ちないようにするには
どう組み立てたらいいかみたいな
Speaker 2
なんかノートレ的な感じかな?
Speaker 1
そうそうそうそう
多分そうだと思う。
そういうのを考えてやるゲームは好きなんだけどね。
せかされないというか
攻撃とか対戦とか
その中で死んだりとか
痛みを伴うそんなやつは
痛みを伴うゲーム
私が唯一やってる
やってるゲームと言えばリングフィットですよ。
Speaker 2
あーそうね。
あれゲームの形知ってるけどね。
Speaker 1
ゲームの形を知ってる。
あれ運動だもんね。
僕らはそういう
ゲームをしない人にも
Speaker 2
親切なゲームだと思う。
Speaker 1
違うモチベーションで続けたくなる。
そうだね。
Speaker 2
さあ着きましたので
満腹度もゼロのことですし
Speaker 1
マイナスだな。
Speaker 2
ということでおしまいにしましょうかね。
Speaker 1
はーい。
それではまた。
25:48

Comments

Scroll