1. IN OUR LIFE
  2. 48:The slaves of solitude(90..
2020-09-22 2:23:29

48:The slaves of solitude(908 Festival Online /Documentary of 欅坂46 /日本のヒップホップジャーナリズム)

今回は@Cyder0804 と 908 Festival Online , Documentary of 欅坂46 , 日本のヒップホップジャーナリズムなどについて話しました。

Shownotes
Message

00:03
IN OUR LIFEは、Yamada Keisukeによるポッドキャストです。毎回ゲストを迎えて、カルチャーにまつわるエピソードについて話しています。
レッツチューンチューンチューンチューンチューンチューン
じゃあ今日は、サイダとお届けしたいと思いますので、よろしくお願いします。
最近どうですか?
最近は、仕事がまた忙しくて。
えー、そうなんや。
はい。
じゃあもう、会社行ってんの?
そう、これはあの、めっちゃ行ってます。週5で行ってて。
えー。
まあそれも結局、別に来なくていいとは言われてるんですけど、仕事の段取りとか考えるときに、この日出勤してこれやってとか考えるのがだるくて。
なるほどね。
一部できない仕事があるんですよね、会社に行かないと。アクセス権限とかの関係で。
そうすると、他の人が僕にそれをやってもらわないと進まないとかいう話もあるし、僕自身もなんかこう人から受けた話を、じゃあそれはいつまでやりますとか、変なコミットをしなくちゃいけないじゃないですか、2日に1回とかだと。
だからその、今日やるか3日後かどっちかってことなら、じゃあ教授にお願いしますって言われちゃうし。
スケジューリングがめんどくさいしってことね。
めんどくさい、めんどくさいんで、もう往復2時間かかるんですけど、今少し遠くなっちゃうので。
でももう根性で行ってますね。
へー。
最近ほんと仕事、そう、もうだから11時ぐらいに終わって帰ってきたら12時過ぎてみたいな生活をここ2、3週間ちょっとやってるんで。
へー、普通に定時に行って、朝。朝遅いの?
あ、そうですそうです。朝は、いや、もう普通に7時前ぐらいに家出て、8時ぐらいから11時ぐらいまで。
マジか。それが原因的なんですね。
いやーなんか、最近しかも退職者がまた増えてきてて。
盛り上がってきた。
増えません?この時期。いやなんか、どうですか?てんぱさんの会社。聞きたいんですけど。
俺んとこは。
コロナになってから。
俺んとこはだってもうコンサバの塊だから全然辞めないっすよみんな。
でもまあお互いそう、コンサバっちゃコンサバやもん。
03:00
へー。
いや、辞めれないんじゃないみんな。うちはね、年齢層が高いから辞めれないんですよみんな。
ローンとかもあるし。
なるほど。
40、だいたいボリュームゾーン40から50とかなんで。
今。
あー、ちょっとむずいっすね。
そうそうそう。
それでキャリアチェンジするってよっぽどのことないと厳しいかなーっていう。
ただ、なんか会社のその人事的なものが抜本的に変わるんで。
え?
結構やばいっす。
そうなんですか。
なんかその評価主義みたいな。
なんかリストラの口実にするためにこう3年ぐらい処分でやっていくぜっていう。
そうそうそうそう。それやったらいいんすけどね。
でもなんかまた若いものが割りくわされそうな。
マジっすか?
感じのニュアンスというか、そのやりがい主義、やりがいぶら下げとけばいいだろうみたいな。
あー。
てか、そういう感じがちょっとしてしまってるかなー。
そういうことやるときってさ、リストラとか、リストラまで言わないけど、何も管理してない管理職が山ほどおるわけやん。
そういうのがこうね、駆逐されて実力主義あったらすごい納得感あるけど、そんなに大なたぶるいできるわけないから。
まあそうですね、難しいですね。
で、結果だけ、そういう若手とかだけが成果主義導入されて、ちょっと辛い感じになっていくのではという僕は予測をしてるんですけどね。
なるほど。
まあそういう意味で言うと、これから辞めていく人が増えるかもしれないですね。
うーん。
もともとみんな公務員みたいな気持ちで入ってきてるから。
はい。
どっちもそうじゃないんで、みんな公務員的なちょっとバイブスっていうか。
まあ。
勤め上げバイブスや。
勤め上げバイブスはあるけど、もともとお手手つないでみんな仲良くっていうことをできる部署と差し合いの部署とかいろいろあるんで。
まあそうね。
それは昔と変わってないんですけど、なんかそのコロナで在宅勤務が増えるじゃないですか、そうするとなんかこう静かに死んでいく人が結構増えて。
まあ静かなのか、何を静かって呼ぶかによると思うんですけど、助けをうまく求められなくて倒れていく人が結構出てきてて。
辞めるっていうのはそういう。
来れなくなっちゃうとか。
転職とかではなくてってこと?
まあ両方ですけどね。
来れなくなる人もいるし、転職しちゃう人もいるし、ポジティブな転職もあると思うんですけどね。
だから今までだったらあの人明らかに顔色おかしいなとか思うと周りが手を差し伸べたりとかできたわけだと思うんですよね。
なるほど。
でもテレワークでその顔色とか本当にこう追い込まれて変な汗かいてるとかわかんなくなっちゃってるよなっていうのはすごい思いますね。
06:03
すごいドライなやり取りしかないですもんね。
そうですね。
で、まあ変なこう柔らかい雑談とかわざわざコールかけてやるかっていうとちょっと寒いじゃないですか、そういうもん。
寒いですね。
いやー最近しんどいっすよみたいなこともなんかそれをじゃあ上司がなんか席来たときに言うのと、わざわざ自分から電話かけて、
最近ちょっとねみたいな、いや言うっていう話もあるわけで、なかなかそこ難しいなって、
まあそんな悠長なこと言ってられないぐらいちょっと最近多いんですけど、
っていうのはありような気しますね。
辞めないの?
僕ですか?
うん。
まあ最近転職市場がちょっと寒いらしいんで、それがあったかくなったら考えますわね。
こっからあったかくなるファクターある?
なさそうやけど。
全然なさそうやけど。
かもしれないですね。
まあでもね、辞めるっていうのはね、
2回辞めてるから。
確かに。
今の会社も2回辞めた経験があるから、いろんなおかしいことに気づくっていう感じもあるしね。
そうですよね。
みんなが当たり前にしたがってることに対してでも、違和感を覚えてしまう。
でもそれはすごい生きづらい。
苦もあるから、まあ一長一短なんですけど。
まあそうっすね。
なかなかな。
いい条件。
あーなんか条件下がっちゃうんですよね、たぶん。
まあなあ、君の場合はだいぶめぐ、いろいろ恵まれた条件。
そうですよね。
あ、でもね、
やっぱりね、
まあほんとにね、
まあなんか、
まあなあ、君の場合はだいぶめぐ、いろいろ恵まれた条件ですもんね。
そう、まあそういう、あのーなんていうか、作戦じゃないですか、会社としても。
うん、そうね。あと長く、
散々使いたますけどっていう。
あと長くいた方が得する設計になってると思うんですよ。
なってる。
なってるね、お金的にも。
うちはそれをやめるって今言い始めたんで。
結構ね、すごいことだと思います。
人材の流動性は上がりそう。
なるほど。
という、
なんでちょっと疲れてますっていう話ですかね。
すいません、疲れてる。
あいえいえ、貴重な息抜きとして、
息抜きじゃないですけど、なんかこう、リフレッシュタスクとして。
そう思ってもらえるとね、いいですけど。
最近はね、
えっと、何書いたっけ、
朝…
09:00
しょうもないこと書いてるけど一応聞いとくか。
なんどですか。
なんか、R指定どうこうみたいな。
僕はR指定とこの前夢で会ったって。
俺ほんま、奥さんにも言うけど、ほんま夢の話だけやめてくれって。
繰り返し伝えてるぐらいちょっと夢の話無理やねんけど。
やめときましょう。
一応聞くけど。
いや、R指定に夢で会ったんですよ。
はいはい。
結構喋って、
なんか飲み会で、なんか4人ぐらいの飲み会で、R指定。
他2人誰いたか分かんないんですけど、僕がいて。
で、対面にR指定がいてみたいな感じだったんですけど、
ずっとこう、R指定のトーンが、
会社員のエリートさんですからね、みたいなことを言って、
踏み込ませてくれず、
なんか僕の日本語ラップ論とか一生懸命喋ったんですけど、
いや、もうその言う通りっすね、みたいな、
適当に1時間ぐらい居なされて、厳内して帰るっていう夢です。
結構リアルじゃないですか。
リアルやな。
こっちは庭に入ろうとしてるんだけど、向こうは絶対庭には入れてくれない。
そういう夢でした。
こっちは一緒の庭にいられると思ってるのに、庭には入れてもらえないっていう、
そういう夢を見ました。
アマチュアの時とか同じ空間にいたら、可能性として0ではなかったかもしれないですね。
ファンク君とかにはすごいディスられてますからね、僕。
一生覚えてますけど。
そんなことあったっけ?全然覚えてない。
Noon Stopかな?Noonだと思うんですけど、
まだ客が全然入ってない時にCypherの方に入っていったら、
挑発はうぜえみたいなこと言われて、すいませんみたいな感じ。
Cypherに入ってたことがあるっていう、衝撃の事実とかもサラッと出たね。
そんなこともあったんですね。
その時は全然知らなかったですけど、後からファンクやなみたいな。
歴史ですね。人に歴史あるやん。
でも、ウィリー・ウォンカーとMCバトルしたことがあるっていうのは僕の持ち手ですからね。
まだ中学生とかじゃない?その時って。
あの時中学生ぐらいですね。
俺が育てた。
いやー、でもホープですからね。
そうですね。
最近はグリーピーナッツとかミュージックステーション出たりとかすごいですからね。
あー、確かに。
もう売れに行きますっていう、アクセルを踏みましたね。
そうね。
踏むぞ、踏むぞ、踏むぞって2年ぐらいかけて思考踏んで、
グッて踏んでる感じありますね。
どうなんですか?僕あんまり聞いてないですけど。
12:03
EPとか、EPアルバム?
EPは今日聞きましたけど、
まあ、そこは確かに行けそうだよねっていう感じかな。
ターゲット層的な?
なるほどって感じ。めちゃくちゃなるほどって感じですけど。
まあ、ないものぐらいですけどね。
もうちょっとこう、難しいですけど、
そっちよりはっていうのはありますよね、やっぱり。
まあ、そういうロック層ではなくてってこと?
はい。
もうちょい欲しいかな、めくばせみたいな。
もうちょいめくばせ欲しいかなっていう。
まあ、そこ見てないからな、別に。
それはもうフィーチャリングとかで紹介していくというスタイルですかね。
確かに。
あと、そこでこういろんな畑からファンスを発掘して積んで帰ってくるっていうテクニックもありますからね。
まあ、それを意識してるんじゃないですかね。
ラジオでなんかめちゃくちゃハードコアの曲紹介したりとかするのはあるし。
僕らは入り口でいいっていう、この潔さっていう。
よく言えばね、よく言えば。
確かに。
ただ最近。
まあ、なんで。
そう、あるして、今後どうしていくんかなっていう。
感じですかね。
はい。
それで言って、関連はしてないんですけど、
ゲットハリウッドっていうサイト。
あー、はいはいはい。
少年院のフット。
そうそうそう。
昨日読みまして。
これ僕ちょいちょい連載は読んでました。
あ、そうなんや。
スパーとかやってたっけ。
あ、そうです、Dマガジンで読めるんで。
これめっちゃ面白かったっすね。
だから連載で読むと全然面白くないですけどね。続けて読むと面白いですね。
そうやと思う。
すごい連続性があるから。
あー、まあどうなんだ。
なんていうか、最近よく、この間のあれかな。
磯部漁師のポッドキャストとかも聞いてて。
ラップとヒップホップっていう言葉の使い方にすごい意識的じゃないとっていう話がされていて。
このサイト誌もゲットハリウッド誌もそこをやっぱりすごい言ってて。
クリーピーナッツとかヒップホップって考えるから変なことになるっていうか。
あー。
表現技法としてはラップっていう。
フリースタイル。
歌唱法としての。
そうそうそうそう。
15:00
ビブラートみたいなものと。
はい。
っていう考え方なんで。
その例えとして、インタビューで起こってた磯部さんの例えがすごいもうめちゃくちゃ面白かったんで。
インタビューリンク貼っとくんで。
これは読みました。
読みました。
読みました読みました。
なんかツイッターで流れてきて。
誰だったかな。
岩下智也さんだったかな。
なんかそこら辺の人でね。
営業で流れてきました。
まあでも、磯部さんを僕はどちらかというと擁護したいので、
ネクターの30%の舵を作れるようになるためにここまでたくさんの人が犠牲になったんだよっていう。
そうね。
その100%で入れるのは30%がいるからっていう話もされてましたね。
今までってその30%舵というところがもう5%まで薄められてた時代もあったわけじゃないですか。
なるほど。
30%までいけたらそれはもう立派なもんだっていうことも評価してあげる。
まあちょっと大人のビターな世界の話ではありますけど。
なるほど。
そういう、まあでもこの価値観を身につけるとなんかいろんなことに起こらなくて済むのではと思いましたよね。
それはそうかもしれないですね。
僕らも年齢重ねてるからかもしれんですけど。
はい。
まあでも今もそんな原理主義者みたいにいないのかな。
まあ昔みたいなそのセルアウトとかどういうのはないですよね。
そうですね。
なんかもう宗派がいろいろ分派しすぎて。
ああそうね。スタイルウォーズが細分化しすぎた問題。
もうなんか正義はどこにあるかわかんなくなっちゃったみたいな。
宗教戦争にならないみたいな感じですね。
そうですね。数が多すぎて。
そんな近況というか、最近チェックした系でいうとそんなところかな。
この久保塚陽介はいいんですか?
これはなんかその最近ちょっと笑っただけです。
えーと香水通列です。
そうですね。俺だったらドルガバのスーツ決めてガン締めですよっていう。
このパワーワードが。
あのすごいなんか最近ヒップホップではこういうのないなっていう。
平和というか。
そうそう平和なんで。
あんまないっすよね。
やっぱ全然発想力がすごいじゃないですか。
あの今日聞いてドルガバのスーツ決めてガン締め。
18:04
そうそうそれがやっぱさすがっすねっていう感じでした。
ジークは聞きました?ライフサイズ3。
聞きました聞きました。
それのちょっとまだ紹介しきれてないんでそれはちょっとまた話したいっす。
あーそうね。あれ俺が連絡したあのバース聞いた最後の曲。
最後の曲やったかな。どの曲やったかな。
ありましたっけちょっと。
今日バーっと通して聞いたんですけど。
ラブリーデイかな。
もう一回聞きます。
ちょっとラブリーデイのバース量チェック。
マジっすか。
君が好きそうな。
ヒント言っておくけど。
はい。
OKIが確か多分エクセルって言ってた。
そういうことか。
ちょっと聞いてみて。意識して。
ショートカットキー。
うんエクセルって言ったからOKI。
マジか。それはやばいっすね。
うんやっぱでもすごいすごくない?なんか今日インタビュー呼んでたけどジークのやつは。
なんかやっぱほんまに。
シーラが言ってるとさ、剣玉でもいいんだよのを字で言ってるのはやっぱジークやなって思った。
当時はハスリングとか、目の前の現実をただ歌うっていうスタイルが。
ライフスタイル3はもうその本当に目の前にいるのは家族だから。
家族のことを歌うっていう。
このブレなさがすごいな。
これが若者に刺さるのかって言われると感じはするけど、すごい寿命の長い音楽ではあると思う。
なるほど。
後でその今若い子も後でもし聞く機会があればブチ刺さる瞬間が来るかもしれない。
いつ聞くかってのはありますもんね。
あると思う。思い出補正はあるしね。
確かに。
今の子とかにとってババアとかはビームとかすごいキラキラして見えるけど、徐々に離れていってしまうっていうのはあるし、
すごいずっと好きでいれ続けるみたいなのもあるんじゃないですかね。
確かに。
そしてこじらせていくみたいなね。
10年後のソラネがちょっとそういう歌詞みたいなのが歌う日が来るんですかね。
ソラネはちょっとって感じかな。
ソラネが家族の子供のことを。
それはもう今もそういう感じやん。そういう方向に流れてしまったから。
ソラネはちょっと小賢しいところありますからね。
そういう方向に流れてしまったよね。
バシとかのほうをフィードしたから、そういう愚直スタイルで行くかなと思ったら結構軽薄の動きをし始めたから。
21:07
ちょっとっていう感じは。
まあでも若い子らしちゃああいうぐらいはいいんでしょうね。
19とかでも超若いっすよね確か。
それであんだけ悟かったら。
まあでもさどけりゃいいかって問題もありますけどね。
まあそうっすね。
そんな感じですか。
そんな感じですかね。
今日ちょっと詰まってるんで。
すいません僕がちょっと半沢直樹を見たいって言って15分遅延したんで。
それもそれでまたあのね、僕全然見たいんで特集してください。
見た方がいいっすよマジで。
特集してくださいよ。
特集してください。
半沢直樹はちょっと語ってる人が多すぎて切り口がむずいんですよ。
いやでもだって本当は怖いクレボもできたわけですか。
この偶然のバズ企画。
これは思いついたときに結構手応えがあったんで。
そんな感じですね。
そんな感じですかね。
本当は怖いクレボが結構晴れまして。
ありがとうございます。
まあ一部ですけどね。
僕らの仲間はやっぱ反応しましたね。
マジっすか。
カズマ君とか関谷君とかそういうのもありましたし結構聞いてもらってる感じでしたね。
大丈夫ですかね。焼き入れられないですかね。
大丈夫だと思いますよ。
でもそれ話した後に出たのがゾーンと東風ビーツかな。
バンバンと出て、クレボムースという流れでしたけど。
ちなみにこの。
まるでク、はい。
まるで何ですか。
いやクレボがちょっと俺の論を後追いしてるんじゃないかぐらいの。
そんな話ですよね今日。
まだこの話するのかっていうのはあるんですけどちょっと俺ら。
でもその俺らが前回話したことがほぼ実証されてしまったという。
いやこれね僕びっくりしました。
こんなに。
こんなにかぶせてくるんだと思って。
ちょっとすごすぎて。
いや俺ほんま才能すごいなって思いました。
ありがとうございます。
ちなみにフィート日曲出ましたけどどんな感じでしたか。
ゾーンの方はそんなだしたけど東風ビーツは超好きでしたね。
24:02
同じ感じですね。東風ビーツのところメロ感がすごかったですね。
すごかった。あれはラップとなんかババとの扱いが全然イコールじゃないっていうところも含めて。
あれ超かっこよかったですね。
ババはちょっとロウな感じっていうかね落ち着いたトーンで。
またそれ普通逆じゃねっていう感じはありますよね。
年齢的にはね。やっぱでも今回もキルしに来てた感じはあったかな。
でもゾーン、クレバフェスでも言ってましたけどゾーンの客演出た時に並び替えをやったじゃないですか。
はいはいはい。
クレバがアメリカ並び替えたら亀やりっていう。
あれは結構あの日本語ラップ子さんヘッド的にはガンフィンが突き立てる感じの。
あー言ってましたね。それゾーンのしかも提案なのやってたんですね。
はい。言ってましたね。
それやったらええやんって言って。
えーって。
あの辺ちょっとあれですねちょっと。
それちょっとあの後で話すんでちょっと置いておきますけど。
あとその後で出たんで見たんで言うと。
あのね最近その昔の日本語ラップ番組みたいなのを定期的にアップロードしてます。
見てます見てます。
あ見てる。
ブリックバックエンターテインメントですね。
そうそうそうそう。あの完全ブート系のやつ。
でキックズファンクルーが何週間ここ何日かずっと出てたりするんですけど。
池袋ベッドのイベントレポートっていうのが出てて。
これ見たかな。わかんないけど。
見ました見ました。
MCUがいわゆるラッパーのキックズファンクルーのインタビューでMCUがもろもろもろラッパーノリで。
よーこいつがーみたいなフリースタイルといえば。
マジ半端ねーみたいな。
そうそうそういうラッパーノリでわーって散々1分か2分やった後にフリースタイルといえば3連覇したこの強い男がいるぜみたいな。
行ってやれーみたいな。
こっからまぁヨーヨーっていく流れですよねあれ普通は。
普通ではあれば。
普通であれば。でも普通じゃないんでやっぱ。
怖い。怖いんで。
怖いんで。
はいえーとみたいな。
いつでもねフリースタイルやるわけじゃないんで。
やる?そんなねヤスリしないんでみたいな。
めちゃくちゃドライなと思うんで話し始めて。
こーわーってなりましたね。
でMCUの顔よっていうその。
いやあれやばいあれほんとやばいっすね。
なんか人が作ったこう人のフリとかになんか乗りたくねーよみたいな感じの人ですよねやっぱり。
27:00
アマノジャックがもう極みキスしてる感じがすごいしね。
お膳立てとかいらないからみたいな。
やれって言われたらやんねーからっていうのが見れるんでね。
ぜひこれ見てほしいですね。
はい。
はい。でオンライン。
クレバーフェイスオンラインっていうのが開催されまして。
で。
合計5時間くらいですかね。
オンラインで見れるという。
そうですね。
豪華ゲストJQ、ヴァンピー、東風ビーツ、ゾーン、あくろ、みやび、三浦大一、石川さより。
石川さより。
というこのねどういう並びなんだっていう。
意味不明の。
意味不明の並びでね。
でもこれ5時間ね2人とも見たんですけど。
はい。
ちょっとね作業が繰り返しになるんですけど。
先週ですか。
エピソード46かな。
で我々が話したことのほぼ裏打ちというか。
いやほんとそうっすよね。
45か。
もうすべて我々が話した。
通りの。
通りの振る舞いを彼がしていて。
ちょっとその通り過ぎてちょっと悲しいというか怖い。
違う怖さが出て。
そんなことないですか。
僕そう思ったんですけどね。
いや、そう思いました。
ですよね。
はい。なんかそういうなんて言うんですかね。
クレバーのロジックの方程式を見つけてしまったが故に、
あ、これもそうだ。
あ、これも。
あ、これも。
これも!みたいな。
そういうあの。
そうだね。
ひも解けてしまった感がありましたね。
方程式もそうやし、立ち振る舞いがなっていう。
そうですね。
感じがありましたね。
あとなんか、僕今回クレバーフェスたぶん初めてだったんですけど、
もともとそのクレバーフェスって結構位置付けっていうかその座組み自体がちょっと特殊なフェスだと思うんですよね。
普通のフェスって、いやもちろんそのメインオーガナイザージブラとか
サマーボブ。
あっても、はい。
あのアーティスト間の序列って基本、順番の序列だけじゃないですか。
並列でね。
はい。
はいはい。
だけどクレバーフェスはあくまでこう、クレバーが主役っていうのはギリギリのところで譲ってなくて。
ギリギリっていうかもうそれでしかないんやなっていうのが。
あのね、観客入れてないから余計に際立つんですよね、それが今回。
あー。
今まではお客さんがいたから。
はい。
30:00
その、お膳だ、そういうものだっていうのがこう際立たなかったっていうか、まあお客さんもそういうムードじゃないですかって言ったら。
はい。
そういう書き消されてた部分がその曲終わった後とかにもう無音やから。
余計になんか、あとトークコーナーがあることで余計にそれをまた際立ってしまった。
いやー、あれはなんかもう向こうから照明に来てるんじゃないかって感じですね。
いや、でもねこれトークコーナー思いついたクレバーさんがこう、もう美が、美がっぽ送るよね。
はい。
これが一番面白かったんじゃないですか。僕はもうそれでしたね。
いや、トークコーナーすごい面白かったです。
うん。
これだって本当、一時資料としてめちゃくちゃ貴重やし。
貴重。
これね、期間限定で見れなくなるのが本当にもったいないなっていう。
で、なんかそのレポとか上がってるんですけど、もう全然そういう大事なとこ触れてないんですよ。
それは。
ほんま。
それはそうでしょ。
いやいや、あのさ、ワンマイクの歌詞解説なんてあれこれほんまに超大切な話ですよね。
確かに。
残りのところはギャグですよ。俺はウヒヒからしたらもうアダスでしたけど、ゾンのところはあれはもう文字起こし必要なレベルのコンテンツでしたね。
そうですね。ミアンさんちょっと仕事しないといけないっていう。
うん、っていう感じでしたね。
で、そのトークコーナーで言うと順番にちょっと言いますけど、
はい。
まず最初JQが出てきて、JQはナルバリッジっていう、なんていう名前かな。
カズマくんフィールド、カズマくん詳しいかな。R&B系のバンドかな。
JQがほとんど曲作って歌って、それを演奏してるのが残りのメンバーみたいなポジションらしいんですけど。
で、JQは普通に一人で今回出てきて、2人でやったONE、クレバと作ったONEの話をトークコーナーにしたんですけど。
一発目もうそのトークコーナーからかましがいきなり来てて。
かましがありましたね。
いや、てかJQから突き上げて。
そうそう。JQさん。JQさん聞いてたんかなっていう。
いや僕もたくさん聞いてたんじゃないかな。
俺らの番組聞いたんちゃうかなっていうエピソードを入れてきたね。
分かってるんちゃうかっていう感じの面白がり方でしたよね。
具体的にどういう話だったかっていうと、2人で曲を作っていて、メールでなり、お互いDAWっていうかDTMできるんで、お互いファイルやり取りしてる間でJQさんがちょっと悩んだんですね。
33:02
ちょっとこれどうしようかなーみたいな。
ちょっと2,3日こう悩んで、やっぱこうしようみたいなんで、それ送ったんですねファイルを。
で送ったら、メールのクレバから返信の冒頭が2,3日しか開いてないのに、お久しぶりですから始まりましたっていう。
やっぱこれ。
サイダさんがおっしゃってたね、やっぱり仕事論クレバと結びついて、うわーってもうこの時点でもうブチ上がるっていうのがありましたよね。
確かにそれは僕めっちゃ笑いましたね。
笑いましたね。
ほんと銀行員みたいなことするなんて思って。
そうね。
いやもうこれが。
こわーって思って。
なんていうかこう残りの話はねちょっといろんな解釈がいる話が多かったけど、これだけはなんかほんまに仕事っていうか仕事の仕方の話もろうじゃないですか。
美学の話っていうかね。
そうそうそうそう。
この時点でもう一発目からもうきたーって感じだし。
確かに。
で、その後パンピーとオブビーツのトークコーナーで散々こう、何だっけ、ラップと歌どういう割合でやるかみたいな話して、自分でジャッジするのしんどいよねみたいな。
どうやってジャッジしてるみたいな質問して、でパンピーが、あれ何だっけ、お母さんに聞かせる?
はい、お父さんとお母さん。
聞かせて。
嫌だけど弟みたいな。
トーンを散々喋った後に、でもね、俺から言うことはトントン孤独になるからねって。
やっぱそうなんやみたいな。
やっぱそうなんや。
もうトントントンって裏打ちが。聞いてたんかな。
本人が?
っていうぐらいね。
いやでも本当、分かるんですけどねでもなんか気持ちは。
でしかも、実際にパフォーマンスしてる時もさ、めっちゃ孤独やって。
孤独。
だからやっぱそうなんだなって。
クレバの孤独だって話を聞いてて思い出したのが、前も言ったことあるかもしれないですけど、
マミーDがインタビューで、ずっとそのマミーDとかライムスターって、日本語ラップ、ヒップホップのトップランナーっていうか、
クレイジーAとかいましたけど、はっきり言ってファーストエイジじゃないですか。
ずっと引っ張ってきてっていう話で、仕事学みたいなことを聞かれた時に、
36:06
サラリーマンもすごい大変だと思うけど、すごい羨ましいなって。
上司がいるっていうのは、今考えるとすげえ羨ましいんだよねみたいなことをマミーDが言ってて。
相談できる人いないし、自分の経験してきたことを経験してきてるかもしれない人って周りにいなかったからさ、俺らはみたいな。
そういうことね。最初の人たちはほら。
そういうことを言っていて、たぶんクレバとかも今そういう、もう完全に今独自のフィールド築いちゃってますし、
上司って言えるような人いないんじゃないかなって思いますよね。
それが石川さゆりなのか、片隅なのか、山下達郎なのかわかんないですけど、
ミュージシャンって大変だなって思いますね。本当にしかも第一線の第一線でやる人とかって。
確かに。
それが逆に跳ねるとジブラみたいに過剰に後輩を囲おうとするっていう、
難しいんですけど、
たぶん本人が苦労したっていう思いがあるから遠回りさせたくないなっていう気持ちの裏返しだと思うんですよね。
ジブラのああいうプレイっていうのは。
ノベルコアとかね。
はい。
ここはお前とかって、
2Win作ってあげたりとか、
T-Pabloに。
あれもたぶんそういう思いがあってやってるのかなっていうふうに想像するんですけど、
なかなか親の心こしらずじゃないですけど、
うまくいかないことも多いですよね。
っていうのがちょっとあれ見て思いました。
クレバーの見て。
孤独な、まあ確かに孤独なんだろうなって。
そうですよね。
そうでもライブで言うとね、思い出の向こう側が謎すぎたんですよね。
思い出の向こう側っていう曲やってたけど。
微妙でしたよねクレバー。
だいぶ曲のチョイスが、
謎じゃなかったっすか?
ちょっと成長の記録に引っ張られすぎてんのか、ちょっとどうなんだろう。
難しいところですけど、
多分変化があったのって瞬間スピーチレスぐらいじゃない?
多分普段のセットと違うのって。
普段多分入ってないのは。
だから怪しい、
客の声がないからもうすごい孤独っていうか。
孤独。
一人でやってんなっていう。
感じはしました。
配信ライブってやっぱ難しいですね。
僕実質ほとんど初めて見たんですけど。
39:02
そう、それで言うとゾーンとアクロはすごい上手かったんですよね。
小芝居とか入れて。
なんかニューヨークエンディングして、
ドーン、はいって。
ああいうのはやっぱりギャグセンターがいいですよね。
アクロとかゾーンは。
アクロは結構天然入ってますからね。
面白い。
そういうのもあったり。
ババとパンピーのDJ、
ババっていうか豆腐ビーツとパンピーのDJのテーブルが別って話?
書いてくれてるの?
打ち上げのところで、
無実に序列を作ってる感じ?
確かに。
僕だったらむしろ呼ばないっていう選択を取るんですよ。
映さない。
例えばそういうメインゲストだけ呼ぶんだったら映さない。
普通にちゃんと名前出して呼んでるゲストだけを呼ぶっていう形でできると思うんですけど、
中途半端にババとかパンピーとかのDJ呼んでしまったが故に、
その身とかもそうでしたけど、後ろの円卓に座らされてるみたいな。
背景にモブになってる。
これいる?って思って。
でもね、それの話を言うと、
道吉、パンピーのDJの人が、
確かテキーラで、ファミリーのノリでショット飲みますみたいな、
ポロッと言ったらグレーバーが仕上げで、
いや、ショット禁止。そんな安いテキーラじゃちゃうからみたいなこと言ってて。
覚えてる?覚えてない?
覚えてないし。
それもなんかね、めちゃくちゃ怖いシーンだったんですよ。
別に刺さったらいいやんみたいな。
確かに。
お仕事ですからね。
いや、そんな安いテキーラじゃねえからって、
吐き捨てるように言われて、シューンみたいな。
やっぱグレーバー怖いんだよな。
打ち上げの話言うともうさ、ほんまに、
プロジェクトマネージャーが打ち上げしきってる。
自分の話を聞いてほしい、ほんまに職場にいる面倒な上司にしか見えなくて。
確かに。
あれちょっと、目に余ったなあっていう感じはあったんですけど。
いや、あれ絶対楽しくないっすよ。
ミヤビーの振る舞いが一番楽しかった気がするな。
軽く軽いじりみたいなことする?
そうそう。めちゃくちゃ嫌がってたんだよ、それも。
42:03
それがなあ。
だからグレーバー、今回初めて知ったんですけど、
ミヤビーってあれ大阪の人なんですね。
だから、グレーバーって本当はボケなのに、
突っ込まれ慣れてなさすぎて、突っ込まれるの嫌いだし、
だからこう、おかしなことにバランスが。
突っ込まれ慣れしてないのにボケてくるから余計面倒いいやん。
確かに。それも普通に悪口じゃないですか。
面倒な女子ってそういうことやんか。
確かに。
ボケてるから、過剰に突っ込んだら嫌がるし、
だからめちゃくちゃ大変やなって。
僕がグレーバー見てると思うのは、
本人がこれボケですよって言ってることよりも、
もっと多くの本人が気づいてないボケがあるわけですよ。
なるほど。
それは絶対に突っ込んじゃダメっていう息苦しさ。
そうなんだよな。空間支配してる感じがきついよな。
きついですね。
僕が思ったのは、ずっとライブ映像を流して、
これちょっと戻してとか言いながらやるじゃないですか。
あれってトラジェクトとかで例えたら、
この日のこのカンファレンスさーみたいな。
これお前資料さーみたいなこと言われて。
テレビ会議ね、テレビ会議。
繋がんなかったやつでしょみたいなさ。
これどうすんだよグローバルでやるときに。
超気も冷やしたしみたいな。
多分そういう話だと思うんですけど、
マジ辛いやつじゃないですか。
辛い。ほんま嫌。
公開ダメな人からね。
そう。
ダメ出しする人は気持ちいいけどね。
はい。
いやーあれ酷かった。
まあでも、
自分が偉くなってるってことに、
気が付くっていうことがまずいるんでしょうね。
あーそうね。
みやゆびはでもそういう、
気づかせようとしてたと思うんですよ。
ちょっとみんな息苦しいんですよって。
いやそんなん知らんしみたいな。
言ってたやん。仕切りに。
え、そんなルールあんのみたいな。
話聞いてないとかそういうボケを入れてるわけよ。
そのなんていうか、
いやもう王としての仕事終わりやからさ。
みんな普通に軽く断章したらいいやんみたいな。
てかやっぱ仕切りたいからさ。
プロジェクトマネージャーやから。
プロジェクトマネージャー?
で、
その前の話したときにさ、
部下から仕事取り上げるタイプって言ってたやん。
45:03
僕がね。
そうそうそうそう。
言ってましたね。
それにも別に出てる感じしなかった。
確かに。
見てたんすかね、クレバー。
いやー、
ねえちょっと、
もう全部が、
カンカンカンって言いながら証明されていく感じなんで。
もう今後クレバーを見るときはもう、
絶対にそれが頭に当てる状態でしか見れなくなっちゃった感じ。
そうね、
あのポッドキャストのエピソードある限りはもう、
一生なんかこう、
クレバー感が固定されてしまうというね。
そんな中でも、
プロジェクトマネージャー、
持ち上げをみんなするわけですよ。
確かに。
持ち上げ力で言うと、やっぱパンピーとゾーンが。
確かにそうですね。
打ち上げではパンピーがね、
すごい揉み手でいろんなこと聞いて、
トークコーナーでは、
トークコーナーのゾーンがだいぶすごかったですけどね。
ゾーン結構しゃべりできるんですね。
そうそうそうそう。
転がし方がめちゃくちゃ上手いよね。
うん。
ああいう、
それでさ打ち上げでさ、
トークコーナーの話とかしててさ、
ゾーンは俺の足聞いてくれるんだよ。
言ってた言ってた。
俺あれやべえなって思いました。
パンピー、トーフビーツは、
こいつら全然俺の話聞いてくれないんだよみたいな。
言ってて。
え、正解あったん?みたいな、
そういう感じですよね。
いや、伴ってると思うよ。
特にトーフビーツとか関西の人やし。
あなたが言ったら、
それでしかできなくなっちゃうからっていう。
やっぱね。
で、多分ゾーンがお気に入りのブックなんやなって感じしたよね。
ああ。
なるほど。
確かに。
じゃあゾーンちょっと徴用されるかもしれないですね。
うん。
そのフルプロデュースもあるんじゃないかっていう。
マジ?
やっていいんじゃないかって思うけどね。
ああ。
でも今度のアルバムはフルBLと僕は踏んで疑わないんですけど。
まあね。
結構やってるし。
今のところフルBLもね。
ほとんどフルBLなんで。
え、てか今出てんのフルBLじゃない?
いや、1曲ぐらいなんかちょっと違うのあるんですよ。
ジオがなんかあった気がするっす。
そっか。
はい。
多分。
いやでも次とか別にやってもいい気がするけど。
いいと思いますし、
あと僕多分ゾーンは絶対フィーチャリングシーダーはやりたいんだろうなと思ってるんで。
ああ。
で、しかもそのシーダーの使い方は今のちょっとこう、
48:01
なんていうのかな。
ちょっとこう攻めてる感じのシーダーじゃなくて。
あの頃のね。
みんながあの頃の大好きなシーダーをやってくださいっていうオーダー。
まあもっとこう狂むでしょうけど。
ああ。
しっかり聴かせる系のシーダーさん聞きたいっすみたいな感じで。
ああ。
こうダーンっていう。
まさかこんなことになると誰が予想したかっていう話をね。
本当に。
ゾーンを中心にって。
まさかですね。
ゾーン。
いやでもあのベシャリ力と太鼓の叩き具合はやっぱこう先輩みんなイカれると思うな。
ああ。
新恋は。
新恋はワイプス。
後輩にいたらだって嬉しくない?会社の。
確かに。
あんな風に。
わかりますね。
あんな風に話聞いてくれたら。
はい。
せやねんせやねんって言うやろサイタン。
うん。絶対言います。
僕あの結構あの綺麗に木登るタイプなんで。
用意された木。
ちゃんと木に登れるタイプなんでですね。
叩けば木にシュシュシュシュシュって登るタイプなんで。
ああいう後輩には弱いっすね。
ああ。
という感じでだいぶ見どころ。
やっぱ打ち上げがだいぶね僕好きでしたね。好きなとこで言うと。
確かに。
これって円盤化するんですかね?ブルーレイとか。
どうなんかな。
まあ事情あるんかな。
もはや。
いやーでもあのクレバのライブいる?
いらないっす。
あくまで今回やっぱフィートレインダンスとか。
ああ。あれはでもかっこよかったっすね。
ああいうなんかフィート。
でも僕すごい言いたいこと言っていいっすか?
どうぞ。
あのRGTOで出てきたのになんでフックなんすか。
ちょっと書き下ろすまではやんないんですか。
いやでも別にあのiREPのバーストそのままコピペでいいわけじゃないですか。
確かBPM的にはね。
BPM的にもテーマ的にも全然いけると思うんですけど、それでもいいのにそれもやんねえんだみたいな。
うーんそうね確かに。
なんでやろうな。
いやでもなんかやっぱそこに巻き取られたくないんじゃない。
KWもやったし。
ああ。確かに。
いやだからやっぱ最終兵器のことまだ念に持ってるから。
その同じフィールドには立たねえよっていうことじゃない。
100千万とかやらせてあげて、犯人の影がちらついてるだろうに。
ああ。
51:02
ここでやっぱりノリキオ読んでもよかったんではって思ったけどな、A2Gのとこ。
確かに。
それだと思いますね。
クレバーはノリキオ評価してそうですけどね。
うんそうそうそうそう。
いやだからノリキオがAKの方に行くのはちょっと俺はやっぱ嫌なんですよ。
ああ。
文系でいてほしいから。
いやでもノリキオはそんな文系のうちはもともとないんじゃないかっていう。
いやないけどやっぱでも。
SDジャンクスさですよ。
いやまあそうなんですけどAKはさもう違うやんかノリが。
確かに。
一個ギアが違うじゃないですか。
ギアは全然違いますね。
そっち方向に今でも行こうとしてる雰囲気を感じるんでそうじゃない。
でもクレバーやったらそこ引き戻せそうな気も。
やっぱねノリキオに期待しすぎてるのかな好き好きって。
でもAK最近後輩を巻き取ろうとしてるようなムーブも結構多いじゃないですか。
ゲロバックスとか。
はい僕でもあれ。
あそこら辺はどうなのかなと。
あれでも東海繋がりなんですごい優秀正しき正統継承家っていいですけど。
まあでもギフト名古屋ってだいぶ違うと思いますけど。
いやそんなあの僕ら知らないんで。
その辺も一緒事なんで。
まあ確かに。
東海帝王でしょ。
まあ確かに東海を仕切るのが別にギフ県民であってもいいというのは確かに事実。
否定できない事実として。
でもよくなかった?
いやよかったです。
俺ブッシン結構好きですけどね。
てかやっぱゲロバックスラップうまいですよね。
うんめっちゃいい。
かっこいい。
でもファーストアルバムかなちょっと。
もう一つ欲しいですよね。
ちょっとビートがやっぱりね。
ブッシン聞いたらやっぱ。
確かに。
あの周りのメンバーをちゃんとフックアップしていくというこの偉さ。
買うけどっていう。
もうちょい色々あっても良かったんではとか思っちゃいましたね。
スター誕生もちょっとまたやりましょう。
見てるんで。
見てますよ。
いいですよねそれ。
なんか高校生ラップ系がのきなみ落ちるっていうのはすごい面白いなって思いますけど。
あれ誰落ちたっけ?
え?
普通にあの大阪の。
ハーディか。
ハーディとかも落ちてるしフーマのコタロウも落ちてるし。
別にてか思います。
やっぱフリースタイルダンジョンで名前をあげた人をラップスター誕生でもっかいっていうのはないんじゃない?
あげる意味がないですからね。
てかあの審査員のメンバーみんな好きじゃないでしょ。
フリースタイルダンジョンのこと評価してないと思うよ。
全然。
54:00
確かに。
メンバー的に。
うん。
だから。
シーダー、リュウゾー、アナキ。
11-0もそうでしゅ。
ハンガーとかKWとかやっぱ。
だからあの人生なわけで。
確かに。
確かにな。そこに伊藤聖光とかが一番有名ですもんね。
そうそうそう。やっぱりちゃんと。
KWとかシーダーとかリリース少ないけど、
過去にちゃんとこうね、
なんていうかアートとしてのヒップホップをやってきた面々。
アナキもそうですし、ハンガーもそうですし。
はい。
で、ジャーナリズム的に言うと11-0っていう。
そういう意味で言うとリュウゾー、ここでもリュウゾーが鉄壁の。
確かに。
ちょっと話ずれましたけど。
まあそれは別で。
はい。
確かに。
はい。
はい。
という感じで、もうこのエピソードが出てる頃にはアーカイブ終わってるんで見れないと思うんですけど。
まあこれからね。
残念ですね。
うん。
これはほんとね、誰かがね、ちゃんとやったほうがいいです。財産なんて。
こうやってまた消えていくんで。
確かに。
僕らが今こうやって音声して残しましたけど。
はい。
おかしいってことは。歴史がたぶん後で証明してくれると思いますからね。
いや絶対そう。みんな気づくの遅いんですよ。これもたぶん。
3年後とかになっておやおやって言い始めるんですけど。
早かった俺。
こっちからするともうIt's too lateって感じになるんで。
そうっすね。Catch me if you canって感じですね。
そうそうそう。
はい。
じゃあこんなところで。
はい。
今日はプレゼンがありますね。
はい。
じゃあそれお願いできますか。
あの、アイドル映画っていうあのこう。
でも今まで扱ったことないっすよねたぶん。
In our lifeのアイドルネタ。
ないっす。
ないっす。
最近ちょっと僕が見た映画で、僕たちの嘘と真実。
ドキュメンタリーオブ欅坂46っていうのがあって。
はい。
すごい、すごい面白かったんで。
うんうんうん。
あの、それをちょっと語りたいなと思って。
なるほど。
来ました。
ありがとうございます。
いつも。
いえいえいえ。で、見に行ってくれたんですか。
ちょっとやっぱあんま体調良くなくて。
絶対体調良くなくないじゃないですか。
いややっぱ今ね、感染とかやっぱ広げてしまうと本当に危ないんで。
最新の注意を。
欅坂46ってどれくらい知ってますか。
俺ほんまにマジで知らんくて。
最近奥さんに説明してもらって。
あーそういうことかみたいな。
のぎ坂と欅坂の間も混乱してて。
57:03
坂だから。
その46、48はだいぶ見たOKですよ。
やっぱり。
歌丸散るドレミファ。
映画とかも行きましたもんね。
行きました行きました行きました。
マスターマインドで。
マンジェルオッズ3人でイベントしましたしね。
知ってたんですけど。
46になってからはね、もう全然。
僕の初めに欅坂に対するスタンスを説明しておくと。
あんま知らない。
テンポさえは知ってるんですけど。
そんな楽曲とか全然。
ちらちらほら聞いたことあるかなぐらいの感じで。
あんまよく知らないんですけど。
平手由里奈っていう人がすごい評価されてるというか。
センターの人ですね。
センター、ドセンターでやってるっていうのは知ってて。
多分一番フィーバーしてた時って、僕が海外にいた時なんで。
日本の熱狂とかはあんまり触れることができなくて。
すごいでも評判がいいっていう話は聞いていた。
そんなスタンスなんですよね。
この僕たちの嘘と真実っていう映画は、
もともと3月とかに公開される予定だったのが、コロナで伸び伸びになっちゃって。
最近ちょっと公開されたっていう経緯があるんですけど。
欅坂46って2015年くらいからにデビューした。
いわゆる秋元康系の、秋元康系っていうかど真ん中っすよね。
2015年に結成されたらしいんですけど、そういうグループで。
そのグループの結成から今に至るまでっていうところを描いた映画なんですけど。
基本はAKBとか乃木坂とかもこういうドキュメンタリー映画って結構出してて。
それこそAKBは一緒に見に行ったじゃないですか。話題だったからっていう。
で、こうなんていうかとんでもないグロテックな
こうハードネスというか。
そうですね。
こうつまびらかにして、それも売り物にしていきますっていう。
とんでもない大人の。
そうなー、あれ2012とか11とかでそのくらいですかね。
あれはあれで衝撃だったじゃないですか。
マジみたいな。こんな過酷なのみたいな。
で、この日焼坂の映画も、まあそういうテイストも結構あって。
アイドルビジネスのえぐみみたいなものもあるんですけど、
この僕たちの嘘と真実が何よりも抜きに出てるのは、
その欅坂ってもう、すいません、いろんなことを言う人がいるかもしれないですけど、
1:00:00
まあもう終わったグループなんですよ。崩壊してしまったんですよね、最後に。
なんかもうあれやね、解散?みたいな感じだっけ、これから。
解明して出直しますみたいな。
解明か。
はい。
あの、崩壊してしまったんですよね、最後に。
で、その映画のジャンルでもこう、なんか崩壊物ってあるじゃないですか。
崩壊物?あ、解散。
ストレートアウターコンプトンとか。
なるほど。
なんかこう、チームですごい盛り上がって、のし上がっていくけど、
でもそのチームがどんどん崩れていくみたいな。
電気映画とかよくあるパターンなんですね。
はい。
結構ね、その映画のジャンルは、
僕はその崩壊していく組織に対して、
色気っていうものがあるなって、僕は前から思ってるんですけど。
うんうんうん。はいはい。
なんか酔っちゃうんですよ、組織は。
あの、崩壊していく時に。
組織大好きおじさんもな。
組織大好きおじさんとしてはですね、あの、
いや、今の自分は、
あの、
あの、
あの、
あの、
あの、
あの、
あの、
あの、
あの、
いや、
今の自分の部署とかも結構崩壊しかかってるんですけど、
はいはいはい。
なんか崩壊しかかってる時の組織って、
なんか自分で自分に酔ってる時ないですか?
あー、まぁちょっとわかるなぁ。
そういうシチュエーション、
なったこと、
あるからわかるな。
それがあるから、俺は嫌やねん。
体感してるから。
逆に。
で、
なんかその、
なんて言うんですかね、
その、
自己憐憫に浸ってみたりとか、
そういう、
はいはい。
なるほど。
まぁそういう、
こう、
色気に溢れた映画なんですよね。
うんうん。
で、
その、
欅坂46っていうのが、
いや僕もほとんど映画で見ただけの
つけ役場の知識なんですけど、
はい。
他のAKBとか、
その、
乃木坂とかと全然違うのは、
あの、
平手、
平手由里奈っていうセンターの女の子、
一本足だほっていう。
この人がすごい有名だよね。
この人俺は知ってた。
そうですそうです。
あの、
めちゃくちゃ過酷なパフォーマンスする感じの。
あ、そうですそうですそうですそうです。
で、
その、
まぁドセンターで、
もうその子のパフォーマンス一発で見せていくっていう、
うんうん。
話なんですけど、
その、
だんだんだんだんその、
本人が、
ちょっとこう、
なんて言うんですかね。
大人たちがやらせたいように動かなくなってきて、
うん。
で、
急にこう、
コンサートもうちょっと出ないって言い出したりとか、
あ、そのアイドル側が。
あ、そうですそうです。
その平手さんが、
平手由里奈が。
あーなるほどね。
はいはいはい。
天才がね。
で、天才なんですよ。
でもその天才が、
本当に天才らしい振る舞いをしちゃうんで、
1:03:03
今まで秋元康とかが作り上げてきた、
48とか46のビジネスのフレームワークには収まりきらなくなっちゃったっていう、
そういう話なんですよね。
今までは、
あーちゃんとか、
なんやかんやみんな、
あったけど、
やっぱそのフレームワークに従順にいたってことですよね。
はい。
むしろ、
彼が、
康が作った物語があって、
はい。
それに乗っかっていくスタイル。
そう。
ですよね。
だったと思うんですけど、
それからもうちょっとはみ出てしまって、
えー。
崩壊したっていう。
やってられるかいっていう。
そうですそうですそうですそうです。
やってられるかいっていうよりもっとこう、
ちょっと狂ってる、
あの、
庭の飛び出し方なんですけど、
あー。
あのー、
そこはちょっとですね、
ゆっくり説明をしていく。
すいません。
たぶんあと1時間ぐらい、
1時間ぐらいかかるんですけど。
すいません。
すいません。
ちょっと、
簡単にまとめてしまってすいません。
いや、
違うんですよ違うんですよ。
まず、
まず、
なんて言うのかな、
その、
こう、
その、
Uパークだったかな、
ヨンパークだったかな、
なんかその、
なんか結構音楽系の、
YouTuberがいるんですけど、
その人が言ってて、
へーって思ったんですけど、
欅坂って初めになんか、
サイレントマジョリティっていうシングルを出したんですよ。
聞いたことある。
うん。
はい。
有名。
まあ要はその、
はい。
超有名な感じでその、
要はちょっとこう、
社会的な、
なんかこう、
反骨心溢れるみたいな、
そういう曲を出しました。
で、
その後、
なんかこう2曲ぐらい出して、
それはこう、
反骨心溢れるっていうよりは、
ちょっとジャンルの違う感じで、
出してるんですけど、
結局そういうのって、
あの、
どこら辺が一番、
史上の心を掴むのかっていうのを、
こう、
測ってるんですって。
なるほどね。
あの、
どこで震えるのかみたいな。
どこら辺の、
はいはいはいはい。
どこら辺が一番ウケるのかなと思って、
いろいろ、
こう、
探ったんだけど、
やっぱサイレントマジョリティ系がウケると。
うんうん。
ちょっとこう、
いわゆる中二病チックな、
はいはい。
感じの曲がウケるっていう風になって、
で、
その後に出した、
あの、
超、
超、
あの、
問題作、
不協和音っていう曲があるんですけど、
すごい、
その、
曲名で不協和音って、
はい。
グループやってて。
そう。
で、
ずっとそれで、
ガーンといって、
そっからはもうずっと中二病丸出しの曲、
で攻めていくんですけど、
うん。
その、
結局平手由里奈って、
デビューした当初ってまだ14歳とかなんですよね。
うんうん。
で、
その後に、
ドセンターの立場を与えて、
かつ、
その中二病丸出しな、
他の人とはちょっと違うんだみたいな、
僕たちはみたいな。
でも戦い抜くんだみたいな、
そういう、
曲を大量に摂取させ続けるわけですよ。
1:06:01
あー、
なるほどね。
歌わせて。
はい。
で、
自己同一化が、
途中から発生していって、
あー、
楽曲と?
完全に没入しちゃう、
楽曲に同化しちゃうんですよね、
平手由里奈が。
あー、
なるほどね。
はいはい。
そこが結構いびつで、
うん。
その、
例えばラッパーが、
例えばゴードとかキツネビとかそうだと思いますけど、
自分の作ったストーリーに、
どんどんどんどんこう、
まあ良くも悪くも、
そのストーリーの中にこう、
ぐーっとこう入り込んでいくっていう、
現象はあるし、
それがヒップホップの面白さの一つだと思うんですけど、
うん。
それを、
大人の書いた歌詞と、
大人の書いた箱庭でやらされるっていう、
あのこの、
あー、
かなりいびつな、
かなりえぐい、
なるほどね。
だって大人たちが、
嘘ばっかりだっていう曲を、
大人たちから与えられて歌うわけですよ。
うん。
その当作ぶりやばいなって思って。
ねえ、
書いてるやつ、
じゃあこいつが嘘つきなのか?
みたいな、
なるよね。
そう、
そうなるじゃないですか。
でも、
その、
確かにその歌詞とかもまあ、
秋元康作詞家としてはすごい実力があるというか、
ちゃんと、
あの、
まあそれこそ、
さとい人だと思うんで、
うん。
まあ、
まあ確かにこいつそうやって思ってそうだよね、
っていうことを書くのが、
もうめちゃくちゃ上手いんですよね。
うんうんうん。
っていうかこれ、
平手由里奈が今、
言いそうなことだよな、
みたいな。
あー、
なるほどね、
だからそっち側も寄せていってるってこと?
安島。
はい。
平手今こういう気持ちだろ、
みたいな。
でそれをちょっと、
そう、
そう。
あー。
で、
不協和音って多分本人が、
こうグループのいろんな人と、
多分こう、
プロフェッショナリズムのギャップとかで苦しんでる、
時期があったのかなーと思うんですけど、
それで、
いやでも私は、
あの本当にこう譲ったりはしないんだ、
みたいな曲を歌わせるっていう、
安島。
それはそっちの方向に強化されていくよね、
っていう。
安島。
で、
その、
プロフェッショナリズムが割とない方も、
その曲を歌わされるんやろ?
安島。
はい。
安島。
きついなあそれ。
その平手由里奈じゃない側もきついよね、
だって。
安島。
あーそれはそうだと思いますね。
安島。
うん。
えー。
で、
もう本当にこう平手由里奈が暴走を始めるんですよね。
結局そういう形で秋元康の作った世界観で、
どんどんどんどんこう、
なんていうか、
自分の血をこくれていくというか、
うん。
どんどんどんどん突き抜けさせられるわけですよね。
同じ曲、
同じようなことばっかり歌わされて、
はいはいはい。
途中から狂っちゃって、
えー。
で、
あの、
もうその不協和音っていう曲をやるときはもうほんと目の色が変わっちゃうんですよ。
はい。
もう危機迫るような顔をしながらやるんですけど、
1:09:03
うん。
まあ本当にだから、
オロハとかキツネ美とか、
うん。
GOATとかの入り込み方にすごい近いものを感じるんですけど、
はいはい。
自分の人生削ってやる感じじゃないですか彼らの。
あー。
見切ってやるっていうのを、
うん。
もう東京ドームとかでやり続けると人は壊れるんだなっていう。
しかもそれは自分の価値じゃなくて与えられた価値。
人の価値っていう。
うん。
もうなんかもうぐっちゃぐちゃですよねそれって。
でもう、がゆえに多分その、
いびつなまでの輝き、異常なまでの輝きとか迫力があってライブの映像とか、
あー。
これ15録のパフォーマンスかよみたいな。
うんうんうん。
でも多分それはパフォーマンスじゃなくてただの実話ですっていう話なんですけど、
多分本当は。
なるほどなー。
ただのリアルですっていう話なんですけど、
こう人工的に作ったリアルみたいなところにもはや最後の方落ち込んでいって、
で本人も独走暴走してライブに出ないとかになって。
いやえー。
でそこで困るのが周りなんですよね。
そうね、だってその人一本足た方で行っててさ、
出ないとかなったらどうなるじゃないですか。
でもやる、やっちゃうんですよライブを。
うーん。
でそこが結局、
まあ、
運営の、
なんていうかまあ難しいところだと思うんですけど、
一応48グループとかの、
うん。
スキームを踏襲してやってるわけですよね。
なるほどね。
建前上は競争ですと。
はいはい。
平手がいないんだったら誰か出てこいよみたいな。
あーうんうんうん。
ポーズを崩せないっていう板挟みにあっちゃって。
あー。
あまりにも深刻化しすぎたってこと?
あー違います違います。
平手は深刻化したくせに、
うん。
競争は競争ですから、平手がいなくても、
みんなが頑張ってその穴を埋めて、
あーなるほどね。
あるいは君がセンターにみたいな。
そういうモードを崩せないんですよね。
うーん。
SMAPで木村拓也がいないっていう状況とは違うと。
なるほど。
いやいややりますと。
だって競争社会で、
誰が1位になるか、誰がセンターになれるかっていう勝負をしてるグループですから、
それ平手がいる中いなかろうがやれるんです。
別の人がセンターやりますと。
はいはい。
AKBとかそうだと思うんですよね。
そのセンターの誰々がいなくてもフォーメーション変えたりとかして。
うんうん。
チャンスだとそれは。
そうね。
いうような。
それがむしろなんか売りというかさ、
なんならなんか揺さぶりかけたりしたら、
1:12:01
新野のマリコ真ん中持ってきてとか。
元々ランク的には下の人をどんとセンターにするとかさ。
はい、競争煽ったりとか。
煽ったりしたし、
あとそのメンバーがいないときでも、
その主力メンバーがいなくても補填することで劇場は回り続けるみたいなさ。
そうですそうですそうです。
変えのきくアイドルみたいなシステムを作ったわけじゃないですか。
はい。
だから、それで言うとね。
できるはず。
いけるはずですね。
だけど、矛盾してることを両方やっちゃったがゆえに、
その矛盾の歪みが出ちゃって、
名古屋公演とかではもちろん平手なしでやりますみたいな。
いや、どうやんねんみたいな。
今までこんな平手に時間割いて、
平手中心で作り上げてきたのに、
そうですそうです。
いなくなってどうすんねんみたいな話。
はい。
なるほど。
で、そこからはずっと僕が思ってたのは、
じゃあ天才を組織が需要するときって何を覚悟すればいいんだろう?
っていうのはすごい思って、
確かに圧倒的なんですね、パフォーマンス、映画で見る限り。
なるほど。
で、意地悪なことにいないときのライブ映像とかも流すんですけど、
もういないなっていうのがすごいわかるわけですよ。
逆にもう不在が強調される。
そう、強調される。
で、そこまでの人に対して組織はルールを押し付けれないし、
押し付けるとしてもじゃあどうやって押し付けんねんっていうのはすごい難しい問いを突きつけてきてるなってすごい思いました。
確かに。
仕事とかでもスタープレイヤーっているじゃないですか。
スポーツとかもそうね。
で、その人が明らかに場を乱しますし、
例えば時に無責任な行動を取りますと、ライブ欠席したりとか、
途中からミュージックビデオの撮影ドドキャンしたりするんですよね。
いいね。
ミュージックビデオをもう撮るっていう風になってるのに、
そのドドキャンした後にこの曲は欅坂の方向と違うって言って、
おじゃんにして流したりするんですよ、その企画を、曲の。
流せる力を持ってるんだよ、でも。
それがすごいね。
秋元に直接電話するみたいな、そういうのですよ。
すごいね。
そうなった時にどうしたらよかったのかなってすごい思うんですよね、僕は。
圧倒的に成果を上げる人がいて、だけど、
途中から明らかにチームワークは乱してますと。
1:15:04
でももうそいつに依存する体制になっててっていう。
なるほど。
簡単に切れないみたいな。
どうすんねんっていう、そこが一番色気がありましたね。
仕事とかで言ったら、やっぱりその人のやり方とかやってきたことをなるべく標準化してしまうっていうのが一つですよね。
もう見ぐるみ吐くっていうか。
その人が実は特別じゃなくしちゃうっていうのが大切ですけど、
コモディティ化させるっていう。