1. ゲームなんとか
  2. Lv.39|おたよりをなんとか Vo..
2023-01-30 1:28:38

Lv.39|おたよりをなんとか Vol.07

spotify

Lv.39配信です。

//// 出演 ///////////////

こへいHARUDan

//// キーワード ///////////////

Youtubeチャンネル登録者数1,000人突破/GOWラグナロク/戦場のフーガ/FF7 REMAKE/ゼルダの伝説BotW/FORSPOKEN/今どきの小学生エピソード/パートナーと遊びたいゲーム/ゲームの難易度

//// チャプター ///////////////

()|OP「GOWラグナロク/戦場のフーガ/FF7 REMAKE/ゼルダの伝説BotW/FORSPOKEN」
()|本編「おたよりをなんとか」
( )|ED

//// 番組へのおたより ///////////////

番組へのおたより・メッセージは番組ウェブサイト( https://gamenantoka.com/ )または gamenantoka@gmail.com へお送りください。

//// 番組YouTubeチャンネル ///////////////

ゲームなんとかの今後の活動の幅を広げるため、さらなる番組リスナーさん増加を目指してYouTubeチャンネルを開設しました。ポッドキャストと同じ音源を配信だけではなく、動画ならではの取り組みも挑戦していこうかと思いますので、ぜひともチャンネル登録をお願いいたします。
https://www.youtube.com/c/gamenantoka

//// その他 ///////////////

■ハッシュタグ
番組の感想やリスナーさん同士の交流には #ゲームなんとか をお気軽にお使いください!

■番組twitter:@gamenantoka

00:00
me
me
me
皆さんこんにちは小平ですあれですなんでございますゲームなんとか第39回でーす
この番組ゲームなんとかはゲームがうまくもなければ詳しいわけでもないけれどゲームの話が したくてたまらない3人がとにかくゲームの話をするポッドキャスト番組です
毎週月曜0時配信です今日も元気に話していきましょう いいかえってきた3人回
a マイクました今日は久しぶりのお便り会だよ本編はね 相談です
初めに初めにこう皆様にお伝えしておきたいを感謝を述べたいことがございます 何だなんだゲームなんとかの
うんyoutube チャンネル チャンネル登録者数が
1000人を超えました
いやーもうほんとつい4桁といった今日という機能 強化今日だな今日の収録日で今日ですねそう
いやーありがたいねありがたいねにしたらすぐ来ましたね本当にここから減らなければ1000人 超えてるはず
うん言われそういうパターンもあるか一応あるから
なんか放送されたタイミングで俺ついに行ってないじゃんみたいな それだけはないようにしたいところですけどダサすぎるそれは
まあまあリスナーさんの皆さんにとって明確にこれができるあれができるって別にあるわけではないんですけども
まあある種節目というかねはいまあ僕ら目線で行くとそのまあ youtube だとお決まりというかよくある話ですけども収益化みたいなことができるようになるみたいな
しないんですよね 例にも漏れずできるならばやってみようじゃないかと思ってるわけですよ
そうですねまあものすごいガッポカッポもかるという話じゃないと思ってますしまあまあもちろんねもう買ったお金で何をしようとか明確に決まってるわけではないんですけども
まあ例えばこの先ね何かイベントやりますとかなんか企画をやりますとかっていう時とかの 軍式になるといいよねーぐらいの気持ちでいるんですけども
まあでもねこう youtube いつから始めたっけかな去年の夏前ぐらいですかね
夏前ぐらいだよねまあこの今の今の3人体制のゲームなんとかになってほどなくしてぐらいに始めた
youtube チャンネルですけどもまあ1年は2022年中には間に合わなかったけども
2023年頭に1000人超えられたっていうのは嬉しいなぁと思ってますよ 最先いいとね取れるんじゃないですかねこれはいいですよ
ではっていう感じではありますねねえそんなわけでねまあちょっと最近ねあの 3人プレイとかの動画とかってもちょっと減ってるような状態ではあったんですけども引き続き
いろいろ遊んでいければなと思ってますんでねはいはい まあチャンネル登録してすでにしてくれてる方はね
配信される動画だったりたまに起きるハルさんダンサーのライブ動画だったりとね 見てもらえればと思いますし
03:03
はいまだ登録しないよって方はせっかくだから登録者からぐらいの気持ちで見てもらえると嬉しいな と思いますよ
これから何があるのかなみたいな感じでねなんかねこう数字が増えるだけでこう一気に一致してる僕だけでやったぜーって言ってるんでね
そのぐらいでまずはまず1000人超えましたという俺でございました ありがとうございましたありがとうございます
でまぁいつものようにオープニングの雑談の話をしていこうかと思いますけども 最近何やった的な
えーちょっと一個言っていいですか? あーどうぞ
ゴッドオブオラグナロッククリアしましたー いやー
ありがとうございました 長かった?
いや短かった 正直ねあの思ってたよりも短かった思ってた半分ぐらいのボリュームだった
思ってたっていうのはどこ比較だ?エルデンリング比較かい?
いやエルデンリング比較だったら4分の1ぐらいかな いや前作じゃないですか前作
でも4分の1だとだいぶ短いですね
あの前作は正直何時間やってるか覚えてなくて
ただまぁやる前にゴッドオブオラグナロックをやりますよトリプルA級のタイトルですよで
まぁ結構やんじゃねーかなーって思ってたんだけども 意外とストーリーさらっと終えてみると
2、3、20はいいすぎ30ぐらいで終わったんだよね
うーん まぁまぁまぁ比較的サクッとっていう感じですね
それはまぁそこそこの寒くやってみたいな
あの正直ねあのこれまたいつかどっかの場面でちゃんと話せる番だと思うところはあるんだけども
あの結構僕エンディングがすごく刺さったんですよ
はいはいはい なるほど
で正直あのやっていく中であのゴッドオブオをやりながら
インスクリプションやらなきゃとかこう言ったりとか
ちょっと心が揺れたんですね
で今あの直近で言うとあのネバーウェイクとかちょっとやっててね
こうそれもやんなきゃ!みたいなこうなんで結構寄り道してたんですよラグナロックって
というのもあってちょっと熱が途切れ途切れになる前に
サブクエは程々にして本編を進めようみたいな気持ちで挑んでたのよ
というわけでサブクエは結構ね中途半端に置き去りにしてったのよね
なるほど
でその感じで30時間くらいでメインクエストが終わった
一旦のエンディングを迎えたくらいの感じだったのよね
でそのエンディングの内容が刺さりました結構
ラグナロックは素晴らしいなとか言ってこうやってたんだけども
その刺さり方がこのまま卒業するわけにはいかんなって思って
よしサブクエ全部やるって言ってサブクエ全部やったんですよ
はいはいはい
あ、やったってことですねもうすでに
なるほどなるほど
正直プラチナトロフィーは行けなかったけども
でもトロフィーは80何パー90何パーくらいは取ったんですよ
結構しっかり取ってますね
でそこまでやって40何時間だったのよ
おープラス10時間くらいみたいな感じ
だからそんなめちゃくちゃボリュームがあるとは思わないんだよね
そうだね
06:00
確かに確かに
で非常に心地よくというのは違うな
なんかこうちょっと悲しみは残ってるんだけども
でもいいゲームだったなーって言って終わってった感じがあるんでね
あーいいじゃないですか
いいですね
いいゲームだった
なんかボリューム型にはなってなさそうな雰囲気をすごい感じるな
そうだね
実際腹8分目9分目くらいのところがあってね
ちょうどよかったなと思ってる
でそれで演出は今回もゴリゴリ派手な演出をしてくるわけでしょ多分
そうだねでもなんかこうクレイトスさーんってなったね
そうかクレイトスさーん
なんか死にじり色強いな若干思ったよりは
前回も言うて前回も終わってクレイトスさーんってなってましたよね僕ら
俺一個もやってないから何も共感できない
やれる環境にはあるんだけどな
あるんだけどもなかなかね
なんかこうこれでシリーズが閉じるとも言えないんだけども
全然続いてもいいと思うんだけども
これで閉じたとしてもいいと思うって気持ちになってる
じゃあそこはやっぱり綺麗にしまってるんだ
その続いてもいいし終わってもいいみたいな
なんか別に広げられる余地は全然あるからいいと思うんだけども
ごちそうさまって感じがしっかりあるんだよね
いいじゃないですか上手い終わらせ方やな
そうなんかいいゲームだったぜって言って
なんか例えば1年後ぐらいにDLC出たら遊びてえなーみたいな気持ちになってるからね
まあ出るでしょうね
そこはすごくいいなと思ってます
出てほしいですね
出てほしい
またいつかちょっとねダンサーまだクリアしないでしょ
まだそうです
あんまりここのネタバレをさせたくないなと思ってるんで
まあまだね
クリアしたぐらいにまたちょっとエンディングあたりの話をちょっとしたいなと思っているんだけども
そうですね
非常に非常にあのー
何?独了感というか終わった後の気持ちがねいいなと思ってるんでね
ちょっと浸る感じがやっぱりあるんですね
うーん
そうなの
クレイドさんってなるんですよね
さっき聞いたそれ
(笑)
ネタバレできないからな
そういうしかねえみたいな
そうなるほどなるほど
おじゆえー思い出すな
あーそうそうそう
おじゆえー
(笑)
そこらへんあれ?
つしまに関して結構ネタバレありで話したりとかしてましたっけ?
つしまはしましたよ昔
したよね
うん
がっつり春さん終わったぐらいの頃にしたよね
そうそうそうそう
そっかそっか
結構めちゃくちゃ話しましたね
あーまあまあどれぐらいが適正なのかちょっとよくわかんないですけどね
まあまだ有程発売されてまだ間もないから
どっかいいタイミングでねネタバレありっていうことで話ができればなって思いますね
それこそダンさんが終わったぐらいのタイミングでやるのかな?
早めに終わらそうと思えば別にできないことはないんですけど
09:01
(笑)
でもあんまり早すぎるとね
まあ別に僕が終わったタイミングっていうよりはなんかこうね
世間的にネタバレありで話してもまあ問題ないみたいなね状況であればいいかなと思いますけど
まあまあまあ別にこの番組でも別に早々にネタバレするときもあるんでね
まあまああるね
そういうセリフがあるんじゃないかってところもあるけど
溢れ出しちゃうときはそういう回もありますよね
そうそうそうそう
流れの中で
相手いないでネタバレかいはちょっと難しいもんね実際
確かに
一人でね興奮しててもね
そうだね
えーっていう感じでそれはそれでいいんだけど
まあまあそんなんでねラグナロック終わりましたよって話でございます
いやお疲れ様でした
いいんじゃないですか
その先はまだ特に未定なんですか?
その先というかねたった今ね戦場の風が始めちゃったね
はいはいはい
名作と名高いですね僕もまだやったことないですけど
あのーすげータイムリーだったっぽくて
戦場の風が2の発表がされたのよね詳細情報が
発売日とかね
5月でしたっけ?
そうであのー僕戦場の風が始めた理由は
年末のいわじじおてぃわいさんのやつで
リスナーさんが戦場の風が面白いぞって言ってたのを見て
気になってた
まあ原発なのでちょうどよかったっていうので始めたっていうぐらいだったんだけども
なんか冒頭の引きがすげーよかったんで
これ面白いなーっていうことを
ツイッターに書いたんですよ
それがねその発表の2の詳細情報発表の
数日前ぐらいだったんだけども
多分なんか何かタイミングがいいなと思われたんでしょうね
3日4日間ぐらいずっと
サイバーコネクト2の人にリツイートされ続けたんですよね
へーまじかよ
最初にあ社長の人だ
あこれ背景描いてる人だ
これコミカライズしてる人だ
へーすげー
誰かやったらみんなこう連鎖的に
本当になんかこれ1日1人ぐらいリツイートしてくれて
中の人がね
ちょっとあのそんなに気を入れたツイッターのコメントじゃなかったんで
書き直したいと思いながらね
いやわかんないですよ
もしかしたらねっからのゲームなんとかリスナーかもしれない
ついにうちのゲームをみたいな
ドラゴンボールZかかろうと買います買います
名物社長は松山のヒロシさんが
本当ですかね
わかんないですよ
そうだからねこれはなんか流れに乗って
フーガーはちゃんとやり切って
よかったら2もやらなきゃなーみたいなことを思って
2がゲームパス初日から来るって書いてて
あれなんてお得って思いながら
すごいやばいって思ってるね
フーガーはねまだ全然
全然あのチャプター1ぐらいなんで
まだ何にも話せることはないんだけどね
しっかりやり切ろうって思ってますね
2の売り文句というか
12:00
そのツイッターのこういうゲームですよのところに
この者の生命力を糧にして撃つキャノンみたいな
文言とかが詰んでてたりして
やっぱりなんか様子がおかしいよこのゲームって思いながら
ゾワゾワするって思いながら気になるねあれね
あれはちょっとそれチャプター1でね色々起きるよ
あーあーってやっぱ1からそうだったね
なるほどね
これもまだね霧がいいとこまでいったらね
またどっかで話そうかなと思ってます
うんうんうんなるほど
僕の直近はそんな感じですよ
じゃあ俺が話すか
俺は前回も言ってたけども
FF7リメイクをやってたんですが終わりました!
お!お疲れ様でーす
本編はやり終わった時点で
38時間って一応なもんか
もう同じくらいですねそう考えたらね
ラグナロフト
一応サブクエは一通りやってその時間かな
やり込みはやってないけども
サブクエやって38時間
結構やったなーっていう感じはあるわ
チャプターこんなにあるんだーと思って
結構ずっとやってた感じがしましたね
そうだよねー
いやでもやりきった後での感想は
よくこれまとめたなーというか
あのねこのゲームさ
昔それこそゲームなんとかが始まる前に
自分の元々やってたというかやってるんだけど
音が目っていう番組で
コヘイさんをゲストに呼んだ時に
昔々話したじゃない
F7リメイク発表されたっていう時に
確かなんか話してたよね
そうそうそう
話してたんだけどその時
いやでも相当ウルトラシー君ない限り
お前成功なんかしねえんじゃねえの
期待度高すぎてって
散々言ってた
言った言った言った
記憶があったんだけど
いやでもこれはよくできたよね本当に
そういう意味でって思う
普通だったらもう期待度が高すぎて
ちょっとこれじゃちょっと
9代でならなかったんじゃないですかね
って雰囲気になりそうなもんだけど
全然俺のプレイしてた感覚的には
全然いやいやいや
よくできたんじゃないですかっていう感じの
面白かったです
でなおかつちゃんとさ
リメイクとしての立ち位置も
ちゃんとこう気づけてたというか
同じものではなかったじゃない
言うてみれば
そうだね
フィーラーとかね
フィーラーとかね
フィーラー結局どこからお前出てきたかは
否めないけど
その辺は後々回収されるんだろうな
とか思いつつ
違うところもありつつ
全体は同じところを一応舐めていくっていう
筋書きではあったけども
同じところを舐めていくけど
内容をだいぶ膨らまして
その中でも別にそんな違和感ないように
作り込めて
俺は普通にすごくなんか
よくやったなって感がある
なんか最終的にも思ったままだったな
そうなんだよね
あの感じの畳み方をしてるからさ
15:00
じゃあ今年出るか本当に出るかは分からないけども
2作目のやつどうなんのさ
みたいなところに
そうだねそこも上手かったな
よりまた重圧がかかってるんだよね
そうだね
だから文作にするのもまたこう
2段階3段階のプレッシャーが与えられるという
追い込み戦法だよね
そうだね
本当に一言だけエンディングからちょっと抜き出すとさ
この先はまだ白紙みたいなことを言うじゃない
あー言ってたかなー言ってたかもなー
なんかそれってなんか作ってる側も割とまだ白紙なんだろうなと思って
その出来た段階では
ちょっとなんかそこは色々透けてみるとちょっと面白かったよね
これ普通に作ってる側の本音なんだろうなみたいなさ
そりゃ白紙だよね作ってる側の段階ではみたいな
そうよねー
でねあとあれだ
あのDLC
まあ俗に言うヨヒー編ですね
ヨヒー編もクリアしましたけど
コフェイさんってヨヒーのとこまでやったんでしたっけDLC
やってない
ヨヒー編ってそもそもPS4版あったんだっけ
あったんだ
そうだないんだ
あーPS5版のみ
そうだそうだ
今はやれるんだと思うけども
インターミッションで足されたみたいな感じだった
あーそうか
インターミッションじゃないインターフレートで足されたみたいな
うんうん
うんうん感じだったかそうかそうか
あれはね長さ的には本当にチャプター二つ分でこう
一個の街と一個のダンジョンぐらいの感じでそんなにボリュームなかったっすね
だからなんかキャラクターのステータス的にも割とその本編の後半ぐらいのステータスから始まって
ガーって終わる感じで
あもう終わりなんだみたいな
結構サクッとできてよかったです
まあでもDLCって感じだよね
うんうん
まあそうだよなー
現実なんか僕もやっててヨヒー編はやってないけども
セブンリメイクやってて思ってたのはさ
文作にするで本当序盤の部分しか触れないんだけども
冒頭からセフィロス出したりとかさ
本編まんまリメイクだったら出ないような序盤のところで
ちゃんとセフィロスの話を絡めて回収してきたのは
熱量を持たせるって意味では上手い巻き返しの仕方をしてるよなと思ってたんだよね
そうだねフィーラーとかも結構序盤から
ヨヒーもこのタイミングで出すのって結構ちょっと早いじゃない
うんうんうん
でもなんかその人気キャラだってのもあるだろうし
こういう出し方は大事な気がすんだよなー
そうね個人的にはダージョウオブケロベロスとかあの辺との絡みというか
そうよねいやそうよね
あのメインパーティーにいなかった面もちゃんと出てくるよっていう
エンディングで出てこない人たちねそこにいるね
仲間にしないでもエンディングに立つ取り付けちゃう人たちの一人なんだよねヨヒーは
うんうんそうだよね
だからその辺のキャラクターもちゃんと出てくるよ的な目配せだったのかなみたいな
なるほど
気持ちもあるけど
記憶も結構おぼろげだけど部分的にケットシーとかも出てなかったっけ
18:02
ケットシーあの猫型は一瞬出てきましたね
一瞬出るよね確かそうだよねそういう匂わせ結構いっぱいあったわなーみたいな記憶もあったり
あったねただなんかシドが出てくる気配がいつもないみたいな
シドもないなー
そうだなシドはまだ出なかった
最終的にシド出番あるんかみたいなちょっとした思ったり
確かにこの3部作で飛空艇の役割があるのかは怪しいよね
あーもう怪しい
マジでなワールドマップあるから怪しいもんなー
でもねあれだよDLCの中であの
FF7の本編の中でコンドルフォートっていう場所があって
そこでなんか聞き覚えがあるな覚えてるな
タワーディフェンスみたいなミニゲームができたんですよ
元々のFF7でね
それがミニゲームとして入ってました
そのユフィ編の中で
だから逆に言うともうコンドルフォートはリメイクシリーズの中では出てこないのかなとか
キャンペーンには踏み込まれないと
ミニゲームとして回収みたいなことなのかしら
なるほどなー
それはそれでまあ要素としてちゃんと回収するっていうのは
なんか心意気としてはすごいなと思いました
確かにな
本編ではちょっとそこまで回収しきれないかもしれないねとかなのかしらとかね
思わないといけないですけど
まあでもそこまで含めて多分ユフィ編は10時間とかもいってないだろうから
50時間とか全部でいってないのかなーって思うけど
まあにしてもオープンワールドとかじゃなくてさ
割とストレートというかのゲームでそんだけやらせるってことは
結構な作り込みもやっぱりちゃんとしてるよなーと思って
確かにね
うんうん
よくできてるなと思いました今更ながら
そうかー
FF7リメイクお疲れ様です
ありがとうございます
やっとクリアしてこれで晴れて
僕はゼルダの伝説ブレスオブザワイルドに手を出し始めました
とうとう来ましたか
とうとう
あのなんか妙に静かなスタートをするゲームね
すんごい静かにあのゲーム
確かに最初確かに
BGMなーと思って
あんな静かに始まるゲーム
プレイアブルになってからってことですよね
そうそうそうそう
いやでも最初の時点でもほとんどBGMなかったような印象でしたけどね
あの対戦ってあんまりBGMないよね確かに
確かにね戦闘が始まったらBGMが鳴るとか
あーうんうん
それはあるけど基本はほぼBGMなくて
俺の印象だとやっぱりワンダとキョウソウっぽいのが一番
あーなるほどねー
感覚としては近かったかなー
なんていうかやっぱそれぞれのSEがちゃんとこうつぶだってるような印象はありますよね
うんうんそれはそう
でも基本はBGMなくて環境を感じさせるみたいな
そうそうそうそう
のが重きをおかれさせたりとか
あと四字のぼりモーションだったりとか
21:01
あの握力みたいなさゲージがあったりとか
頑張りゲージね
そうそうそう
ワンダっぽいみたいな感じはちょっと感じたけどね
うんうんうん
まあほんとにまだ序盤なんで
今あのなんかいろんなこうアイテムあるじゃないですか
今回の使えるおもちゃ的な
あれを今集めてるっていうほんとに序盤の
なるほどね
あのじゃああのなんだっけ始まりの台地みたいなところから
あのまあチュートリアルみたいな舞台を今やってるみたいな
そうそうそう
はいはいはい
でもあれもエルデンリングみたいにさマップがあるけど
最初限られた範囲しか見れないようになってない?
そうですね
そうだよね
そうだったっけ
そうそうあので塔をこう開放していくと
あーそっか
エリアが
まあだからあれと一緒ですよね
ホライゾンとかと同じような
モルネック
そうそうそうシステム的にはね
でもマップ引いても全体見れなくない?そんなことないか
あれ全体なのか
あー多分全体見れなかったと思う
そうだよねホライゾンとか
島の形とかさえも分かんない状態でしたね
まだ島っていう感じが分からない
マップ引いても
うーん
確かにそうだった
でもあの
すげーワクワクするけどねあれもね
あのやり方やっぱいいよねと思って
エルデンの時もそうだったけど
まあエルデンの時はちょっとうんざりしたけど
広かった
まだ北にあるまだ
嘘だろ
どこまで広がるんだよこのマップ
ここオートだよねみたいな
ここがゴールじゃなかったのみたいな
そうそうそう
まあそれはあるけど
そこのねどうなっていくのかもちょっと色々楽しみですけど
現状そんな感じですね
うーん
なるほどね
じゃあダンサーは最近どうなの?
えーまあ手短に言いますけれども
うーんそうか
はい
あのフォースフォー君
はいはいはいはい
今収録日が26日ですが
おととい24日に
確かPS版とかが発売になって
僕がプレイしてるPC版は
昨日25日に発売と
ということになってですね
まああのまあ序盤今やってみてるよみたいなところなんですけど
うーん
あの僕の想定していたよりも
今すっごい楽しいと思ってます
やったぜ
プレイしてね
だからね喜ばしいなとは思うんですよ
いいじゃん
ただ僕のPCスペックが足りないっていうのもあるのかもしれないんですけど
なんを言えば
ロードが長い
あ、へー
ロードがね長い
へー
これはねだから
それまたにファストトラベルとかそういう?
ファストトラベルもそうだし
死んじゃってからのリスタートもそうだし
ムービーに入る時にも結構
うーんみたいな感じ
テンポがねちょっと
あれあれみたいな感じになっちゃうから
そこがもったいないって思っちゃう
なるほどね
だからまあそれこそ快適にできるような設定にすればいい
24:00
まあPC版だからそう感じるのか
まあコンソール版だったら最適化されてて
どういう風に感じられるようになってるのかちょっとわからないんですけど
それについてはお答えできますよ私
体験版で4スペック
PS5でやりましたけど
どんな感じでした?
あのファストトラベルは瞬間ですよ
へー
PS5
ロードはない
いやまあ体験版なんでわからないですけどね
実際製品版でどうかは
でも言われてみればごめんなさい僕ファストトラベル一回もまだやってないかも
あ、ほんと?
まあ他のところはあんまり意識してなかったから正直わからないっていうのがあるんだけど
ファストトラベルは瞬間でした
ファストトラベル僕ね今回マップをほとんど見てないんですよ
まあマップを開くのにも時間がかかるっていうのもあるんですけど
なるほど
マップっていうタブを開いてからしばらくずっとグレーな画面を見続けて
5秒くらい待ったらマップが出てくるみたいな感じだから
ちょっとそれはめんどくせーなっていうのも一つあるんだけど
それ以上にいい意味で歩きたいっていうのがあるんですよね
へー
なんかあれは移動が楽しいってみんな言うのね
そう
スパイダーマン的なというか
もうまさしくおっしゃる通りで歩くスパイダーマンみたいな
歩くスパイダーマンってなった?
そう
パルクールだからね言うて
まあスパイダーマンも言うてパルクールするじゃないですか
まあねやっぱスパイダーマンっていうとこをねどうしてもビルとビルの間をね
雲の糸でビューンって行くのがスパイダーマンってイメージかもしれないですけど
パルクールアクションがやっぱスパイダーマンの魅力の僕一番大きいところだと思うんですよ
すごい簡単な操作でかっこよくアクションを決められるっていうのが
結構僕はスパイダーマンをやっててすごくいいなって思ってたんですけど
それとほぼ同等のもしくはそれよりもちょっと上行ってるかもしれない
僕の感覚としては
あ、こんなに手軽にこんなかっこよくできんだみたいなのがすごい感じたんですよね
フォースブロックをやってて
ただちょっとやっぱり最初は分かりづらいっていうか
シンプルなんだけどあれここの部分のルールってどうなってんのみたいなのが
ちょっとよく分かってない
まだ未だにちょっとしっかりちょっとやってるんだけど
ここってなんでこの回避は今できなかったんだっけみたいな
なんか魔法スタミナみたいなのがあるんですよね
そのパルクールも普通のパルクールと魔法パルクールっていうのがあって
分からねーよ、なるほど
魔法パルクールを覚えちゃうと普通のパルクール一切しなくなるんですけど
単純にめちゃくちゃ身体機能が上がった状態で
キラキラ光りながらパルクールできるみたいな状態なんですよね、魔法パルクールって
だからむちゃくちゃ速く走れるし
ちょっとした段差でも超かっこよく
その段差を上へ行ってこうふわっと飛びながら行ってくれるので
27:01
それがもう楽しくて楽しくて
すごいいい感じに起伏があってね
エリアが分かれてたりとかするんだけれども
そのエリアの中でもなんていうんですかね
それぞれ敵が湧くスポットみたいなのがあるんですね
ちょっとした村の跡地みたいなところとか
ちょっとしたホラーなみたいな
洞窟とまでは言われないけどちょっとボコっと入ってるホラーなみたいな
そういうところに敵が湧いてたりとかするんですけど
その湧いてるエリアのエリアの作り方が多分うまいんでしょうね
そのエリアに入ったら
その他のところはあんまり視界に入らないように作られてるというか
起伏が激しいからいろんな壁がしっかりあって
その中に集中できるというか戦闘に集中できる
戦闘して終わったら宝箱開けさせてもらってみたいな
敵がなんか落としてドロップしてないかなというのを見て
さあ次行こうという時には必ずちょっとした段差を超えていくんですよ
その時にやっぱりボシボシボシボシボシボシ
無意味に高いところに登りたくなっちゃうんだね
あんなにかっこよくされちゃうと
そうでしょうな
そうでやっぱりちゃんとわかってて高いところにはちゃんと
何かしらアイテム置いてくれてるんですよ
しかも別にそれはなんていうんですか
別に取らなくたっていいものなんですよ
言ってしまえばなんかのちょっとした素材だったりだとか
その魔法がちょっとだけ使えるようになるみたいな
よりちょっと良くなるみたいなね
取らないよりは取った方がいいんだけど
全部しらみつぶしに取らなくてもいいようなものが
いい感じのバランスで置いてあって
登ったところでただ景色がいいねだけで終わらないような
登って損したっていう気持ちにならない
いいバランス調整がされてるんですよ
大事よね なるほどなるほど
そうで気がついたら次の
ファストトラベルポイントに着いてるみたいな
感覚ずっとやってるんですよね
だからもうストーリーとか関係なく
ずっとマップ内を散策してる感じ
はいはいはい
それこそ僕が初めてブレスオブザーワールドをやった時も
ちょっと似たような感覚あったんですよね
あれこっちに何があるんだろう
あれこっちに何があるんだろうってのをずっと繰り返してったら
あれなんか新しい街に来ちゃったなみたいな
そういう感覚がすっごくあって
ただオープンワールドとは言えないんですよね
ストーリーに合わせてちゃんとエリアに区切りがあって
ここは今行くべきところじゃないわって主人公が言って
引き返したりとかするんで
完全に野放しにはしないというか
ある程度の指針はちゃんと示してくれるわけですね
そう
ただ元々マップがめちゃくちゃ広いんで
はいじゃあ今からそこに行くのが一番の目標ですけど
サイドのやつもいくつかあるんでやるならやってくださいみたいな
スポンスターと戦ってもいいですよみたいな状態になった時に
はてどこに行けばいいんだろうってなるぐらいはめちゃくちゃ広いです
でも移動が早いと広くないとみたいなのもあるんだろうね
30:03
そうですね
移動がしっかり楽しく作ってあるんで
僕はこれはいいゲームだなっていう風に感じてます
いいじゃないですか
ただ序盤も序盤なんでね
序盤も序盤なんで何とも言えないですけど
ストーリーとか演出面とかセリフ回しとかに関しては
今のところ僕の期待は上回ってません
(笑)
今のところ
でもそれを超えるぐらいアクションというか移動が楽しい
うん移動が楽しいし
エルデンリングを超えるぐらい難易度が高い敵がいっぱいいます
えーすげーな
結構序盤にめちゃくちゃ強いボスじゃないけど
強敵を序盤にポンと置くみたいなのは
最近よくあるっちゃあるじゃないですか
もちろんエルデンリングでもありましたけど
そういう敵だと思って僕実は一本収録してるんですよ
このホースポークの動画、昨日撮ったんですよね
本当に序盤も序盤で初めてフィールドを自由に歩けるみたいな状態になった時に
すぐ町から出たらすぐいたんですよ
で一回クマさんが
クマがいた
そう、で二回挑んで一撃で殺されるのを二回あったんで
これ例のやつだと思って
こいつを倒すっていう動画を撮ろうと思ったんですよね
何十回死んだかめちゃくちゃ大変だったんですよ
通常攻撃しても2とか3とかしか入んなくて
多分3万ぐらい耐えると思うんですよね
それはちょっと無理だな
そう、種攻撃とかいろんなことをお尻、バックから攻撃、後ろから攻撃みたいなことやると15とか入るんですけど
そういうのをひたすら必殺技とか繰り返し繰り返しやっていって
二撃食らわないで一撃だったら耐えられるみたいなギリギリのところでやるっていうのが
めちゃくちゃ大変だったけどむちゃくちゃ楽しいんですよね
楽しいよねそういうのね確かに
で、よーし倒したーと思ってこれ編集大変だなって思いながらも
皆さん倒しましたーみたいなの撮った後にもうちょっとフィールド見てみようって言ったら
もう本当に数百メートル先にまた違う同じぐらい強いやつがいるんですよ
えー?
めちゃくちゃその後もいっぱいいて
それ行くと間違ってるとかじゃなくてなんか
全然全然
こっちじゃないよっていう示しじゃない
そういうことじゃない
もちろん完全に無視していけるんですよ普通に
普通の雑魚的は普通の強さなんですよ
でもそれがね、なにこの挑戦状って思いながら
これはごわくするぜって今思ってるみたいな
33:04
それは刺さる人には刺さるんだろうけど
刺さらない人にとっちゃどういうことってなるんだろうね
まあ確かにね
システムを理解した上でやれば
全く攻撃を食らわないで戦うことができるシステムだから
そうなんだろうなみたいな
挑戦状なんでしょうねきっとな
ある種配信者向きな取り組みだよね
そうかもしんないですね
非常に面白く楽しんでますよ
なるほどね
非常に生々しい感想だな
(笑)
よかったと思います
世間的にもフォースフォークのいいだ悪いだみたいな話題になってるからね
この先パッチとかも来てまた変わったりもするんだろうと思うけどもね
そうですね
まあでもなんかね、スクエニの新規IPだからね
うまいこと確立してほしいと思うけどね
確かにね、いい感じになってほしいよね
うーん
そう、まあでもねすごく長くなったオープニングとかでしたからね
そうだね、手短にね長くなりましたけども
(笑)
3人の近況でございました
じゃあ今日も本編入っていこうかなと思いますけども
今日は久々のお便り会です
それもね、年末ぐらいにGOTY企画を延長戦をしちゃったんでね
お便り会をスキップしちゃったという事情もあったんでね
久々の2ヶ月ぶりぐらいの通常お便り会になります
なので時間許す限りたっぷり読んでいければなと思いますね
早速本編入っていこうかと思います
はい
♪~
本編でーす
本編
えーお便り会
まあいつものようにね、3人順繰りで選んで読んでいければと思いますけども
じゃあ今回は相手のダンさんからいきますか
うわー僕からですということで
じゃあですね
僕からまず1本目は
お名前がぬけさくさん
タイトルが「いまどきの小学生エピソード うちの息子10歳の場合」ということですかね
これは少し前に子供の頃の僕らのね
ゲームライフこんなんだったみたいな話をさせてもらった時に
そういえば最近の子供ってどんなゲームライフなんだろうって
ぜひ送ってくださいっていう風に
言っていたのを聞いていただいてそれに対して送ってくださったという感じだと思います
36:02
ありがとうございます
ありがとうございます
はいでは本編、あ、いや本文いきたいと思います
いつも楽しく聞かせていただいております
ありがとうございます
レベル37で「いまどきの小学生エピソード」と出てきていましたので
うちの息子10歳(小4)のお話をさせていただきたいと思います
うちの息子は小学校に入る直前、年長の終わり頃からスイッチでフォートナイトにはまり
かれこれ4年が経ちます
すごいですね、年長さんでフォートナイトですよ
5歳、5歳で
え、マジ?
やばくないですか
小学生になってなくてスポーツファイトできんだね
すげー
すげー
スイッチでね
ねえ
すごいな
私もゲームは大好きなもののドラクエFF等のJRPGやファイアMVM等のシミュレーションゲームが好きで
フォートナイトのようなTPSやFPSは一切やらないのですが
息子はYouTubeで情報を得ながら自分で操作を覚え
小一の頃からボイスチャットもやるようになりました
えー
えーってことは
その頃の年齢で自分からフォートナイトにたどり着いたってこと?
そうでしょうね
すごい
そうじゃない
すごいね
でもだってスポーツもあるだろうけどね
YouTubeとかでやっぱりこれみんなやってるからなんか面白そうってなったってことか
うん
まあもしくはその小一とか年長さんとかっていうよりも
なんかこうなんていうんですかね
歳上のこう友達とかね
そうかそういうのもある
友達の兄ちゃんがやってるとかね
そういうところからかもしれない
誰かがやってるの見てとかね
うんうんうん
ボイスチャットを始めてしばらくしてから
息子が「フレンド申請って何?」って聞いてきました
ボイスチャットとかをやってるわりにそんなことも知らないとは
可愛いやつだなあと思い
ゲームの中で友達になってくださいってお願いすることだよと説明すると
ああフレンドリクエストのことねとあっさり言われ
これが今時の小一かと驚きました
面白すぎる
驚かされました
しばらくして「YouTubeの生配信って何?」と聞いてきたので
ひょっとしてと思い
リアルタイムで配信するって言えば分かるか?
ああそれなら分かると即答でした
なるほど
なんで
面白いね
小学生っぽいなあ
やっぱ俺らの常識とは違うのだなと感心させられました
今から1年前息子が小3の頃ですが
私のパソコンにグラフィックボードを増設して
ゲームを遊べるようにしました
PCゲームパスを契約し遊びまくってやろうと思っていたら
パソコンでフォートナイトをやるのを気に入ってしまい
私が遊べなくなってしまったため
39:01
自分のスイッチでやれよと言うと
スイッチだとFPSが低いしラグいからパソコンがいいと断言されました
想像以上に明確な理由だったので
ならやらしたるわと思わず許してしまいました
横笑い
小3面白いなあ
子供がオンラインゲームというと色々心配事もありますが
知らない人には敬語で話し
暴言が酷い人は相手にせずブロックしたりと
楽しく遊ぶために自分で色々と考えて身につけているようです
コロナの影響もあるかと思いますが
毎日のように学校の友達と時間を決めて
フォートナイトの中で集合し
ゲームと関係ない雑談もしながら楽しんでいます
私も子供の頃は友達と集まってワイワイとファミコンで遊ぶのが最高に楽しかったのですが
リアルとオンラインの違いはあるものの
友達と一緒に遊ぶとより楽しいというのは変わってないなあと思いました
以上今時の小学生エピソードうちの息子10歳の場合でした
ではではこれからも配信楽しみにしております
ということでいただきました
ありがとうございます
すごいいいエピソード
すげえなあ
素晴らしい
いいお便りいただきました
育ってる育ってるっていうのがすげえ感じられねえ
いやあなんていうかな
本当だね
思った通りっちゃ通りなんですけど
それでもやっぱりちょっとこれやっぱり読んでて笑っちゃうというか
そんななんだってやっぱり思っちゃうというか
そうねYouTubeの生配信って何?
リアルタイムで配信する生配信するんで伝わるんだとかさ
そうそう
漢字の意味がわからんじゃないですか
そうそうそう漢字の意味はわからないんだけど
フレンドリクエストは伝わるっていう
そこはなんか
そのなんかね中間な感じがね
そうそうそう
すごいいいよね
微妙にずれてるずれて覚えてるというか
そうだねっていうかゲームの中で出てくる単語は知ってるみたいな感じね
そうそうそうそう
あるよね
僕らも結局そういう部分あったじゃないですか
ゲームの中で初めて覚えた英単語とか
あるある
これなんて読むのって言葉で聞いたらわかるみたいなやつとかね逆に
そうそうそうそう
エンチャントとかを先に覚えちゃうみたいなね
そうね
ゲームの中で漢字としては知ってるけど読みはあんまり知らなかったとか
勘違いして読んだりとかね
そうそうそうそう
そういうのを多分現代版でやってるわけですよね
でもやっぱね、別に今の小学生がというわけじゃないんですけど
若い人全般的に人間としてよくできてる人が多いよなってすごい僕は感じるんですけど
最後の方に書いていただいてる
オンラインでつながっているけど
結局敬語もちゃんと話せてるし
なんかこう自分に害をなす人はしっかりブロックできたりっていうのは
なんか若い頃にこれ経験してたら結構大人になってあれ良かったなって思えるんじゃないかなって思うんですね
本当だね
42:01
まあ別にそのなんて言うんですかね
オンラインのだけがねいいというわけではないんですけど
結局ねしっかり親御さんがね
見守る中でしっかりその環境が整っているのであれば
やっぱりゲームで得られるものっていうのは大きいんだろうなってすっげえ感じますね
そうだね、それはそれで尊い経験だよねやっぱりね
なるほどな
してもその年でさ、やっぱYouTubeとかがさ
全然手に届く範囲にあってさ
小学校1年とかさもっと低い年齢でも全然
自分から好きなものを見に行けるメディアがあるって
もう俺らの次元と違いすぎて面白いなと思う
圧倒的に違いますね
俺らの時はもうテレビしかないわけだからさ
家にあって2台とか1台とか2台しかないテレビをさ家族でみんなで取り合うわけじゃん
自分で好きなものなんか聞けないわけよ
まあそれこそあったとしてもラジオぐらいだよね
そんなレベルだったからそこから考えると
もうそういう意味では世界が違うよね
個性を伸ばしやすい環境ではあるんだろうけどね
かなりね、好きなものをより深く好きになれる環境ですよね今はね
能動的に情報を取りに行ける環境っていうのがあるから
逆に言うとそういう意味ではちょっと視野が狭くなりがちかもしれないですけど
でもある一つの分野において
圧倒的な才能を見せる若者がどんどん今後出てくるんだろうなってすげえ感じますし
そんな感じだね、だってもう俺らの絶対っていうか子供の頃ともスタート地点が違うみたいな感じだもんね
全然違うと思いますね
すごいわ
だからね、こへいさんのお子さんもそういう英才教育をしていただいて
まあね、確かに
ええええ、前どっかでも言いましたけど
僕らの子供でもあるので
まあそうね、ある意味ね
ある意味ね、ええええ
まあでもね、実際ね、世の中のね、ツイッターとか見てるよね
僕の息子と同じ年代の子でも
ゲームのコントローラー握ってる写真とかこうね、ツイッターとかで見かけたりすると
触らせるところは触らせるんだなーとか思ったりもするけどもね
まあ本人が望めばね、いいんじゃないか
でも年長さんの子供の手で
コントローラーでかくねーんかなーとかって思っちゃいますね
でもね、僕実際3歳4歳の頃スーパーマリオブラザーズ触ってたからね
ああまあね
カミコンは触ってたんだよね、僕
スイッチなんかなおさらそこまで手がでかくなくても持てそうな
確かにスイッチだったの
言われてみればスイッチ、僕今手元にありますけど
そうか、子供の手に合わせて作ってあるんだ
ああそれはあるかもね、大人の手だと若干全体小さい感じあるよね
45:01
もう圧倒的に操作しづれえぜって思ってたんだけど
また任天堂の評価がまた上がっていく
そうかーってすっげー今納得した
万人に遊べるサイズなんや
僕今勝手にPS4とか5とかのコントローラーイメージして
子供の手にはでかいかもって思ったけどスイッチじゃんって今思ったら
そうね、まあ商算になったらPCでやってるから
コントローラーじゃなくてキーマウスでやってるかと考えてたら
もう全然関係なくなっちゃうけど
ああでも好きなものだったら商算でね
FPS低いしラグいからっていうのは言うだろうなと思ってちょっと笑っちゃったよね
言うよね 言うだろうなと思って
ちゃんとその知識を吸収してるあたりが面白いなと思うよね
確かにねそのうちモニター変えろって言って始めた
60いや120でないすかねみたいなおとんとみたいな他のゲームでも
5万あればいいやつ変えますよって120でみたいな
そういう交渉をしてくると思う
その頃にはもう自分でお小遣いで買ってるかもしれないですね
ああ パソコン組み出してるかもしれないからね
そういう意味じゃゲーム自体にはとりあえずフォートナイトだったら
ゲーム自体にはお金は基本はかからないですからね
そういう商品機器とかにお金が回ったりするかもしれないです
そうだよなフォートナイト自体無料なんだもんな
そうですね でもなんていうかこう
ゲームっていう共通の趣味というか話題が
親子であるっていうのはすごく素敵なことだと思うんですけど
このぬけさくさんの感覚からすると
わかんないですよ このお便りの中でおっしゃってないんでわかんないけど
やっぱドラクエFFJRPGとかファイアエンブレムとか
好みがものすごく僕と似通ってるなっていう感じがすっげえするんですけど
その物語の中から感じる何かみたいなのを
息子にも感じてほしいぜみたいな気持ちが多分
フツフツと出てるんじゃないかなと
フォートナイトいいよね面白いよね
でもこっちはどうかなみたいな感じでこう
JRPG進めたいぜみたいな気持ちとか
自分らの世代だとどうしてもそういうのはやらないのかなーって思っちゃうところはあるよね
もし手が空いたらでいいんだけどみたいな
基本はね友達とやるコミュニケーションだからね
一人でやるゲームあんまやんないかもしんないけどねみたいな
とか言いながらちょっとそっとなんかこうゲームなんとかを聞ける環境を置いてあげる
そうするとちょっとこの番組からそういうゲームに興味持ってもらえるかもしれない
触るかな小学生にゲームなんとか魅力伝わるかな
知らない
厳しいなー厳しいなー
フォートナイトとか一切やってないもんな確かに
基本同年代か上の方ばっかり聞いてるようなイメージあるからなー
でもわざとお父さんがスピーカーでゲームなんとか聞くとき
48:02
ちょっとオケメの音量で聞いてもらえたらちょっと一緒に聞いてもらえるかもしれない
そうですねー
でもまあそのドラクエとかFFとかそういうJRPGとかだと
こうね、ここはこうするんだよっていう風に教えてあげられるみたいな
そういう多分ね気持ちが多分あると思うんですよね
一回なんか
持ってほしい俺をみたいな
うんやり始めちゃったらなんかちょっとそういう関係というか
向こうにとっても新鮮だしこっちにもちょっと先輩すらできますみたいな
(笑)
ね、ことにはなるかなーとか思ったりもするけどね
実際はわかんないけどね
まあまあまあ何にしても素晴らしいお便りありがとうございました
いいですねすごく生々しくて
面白かったね
面白かったですね
ありがとうございました
ありがとうございました
じゃあ次はあれですかね
じゃあ次3つ目は、はるさんお願いしますね
じゃあ自分がチョイスしたのは、お名前ガルディさん
権命が「GOTYパートナーと遊びたいゲーム」ということで
始めましてガルディと申します
いつも楽しくラジオを拝聴しております
ありがとうございます
GOTYの企画に関して
自分の知らなかったゲームを皆さんがお勧めしてくれることもあり
今度自分でやってみたいと思えるものでした
ウェブサイトに投稿するのはちょっぴり恥ずかしいので
皆様にメッセージという形でご紹介したいと思います
私が最もいいと思った今年のゲームは
PS5の「オーバークック王国のフルコース」です
今年コロナで2年間離れ離れだったパートナーと結婚し
おめでとうございます
日本で一緒に暮らせるようになりました
過去彼女はフィリピン出身
一方今までテレビゲームをしたことのない彼女と一緒に
夢中になって遊べたのがこのオーバークックです
とても単純な操作で
かつお互いに口頭でコミュニケーションを取りながら遊んでいます
もう20時間くらい遊んでいるかもしれません
えーすごい
えー「Please chop vegetable」
野菜切ってくれ的なね
「Serve dish fast」
先に料理運んでくれと
「Don't cook a lot of rice」
ご飯たくさん炊かないでください
など時には土豪が飛ぶことがありますが
わちゃわちゃしていてパートナーと遊ぶにはぴったりのゲームだと思います
皆さんにはパートナーとできるおすすめのゲームありますか
教えていただけると幸いです
これからも配信楽しみにしていますということでした
ありがとうございます
ありがとうございます
オーバークックいいゲームですよね
オーバークックいいゲームですね 自分もやったことありますね
今2も出てますよね確かね
そうですね俺がやったのは2だったかな
でこれはガルディさんが言ってるのはたぶん1と2合わせたやつじゃなかったかな
51:01
あっそうなんだ
このフルコースっていうのはその1,2みたいな話ですね
そうだったきがすね
PS5向けに出てたやつだったような気がします
はいはいはい
いいですよ
でもね俺もオーバークックやったことあって全然面白かったんですよ
面白かったんですけどある程度以上進んでいくと
あのゲームステージ制なんで
単純にステージが難しくなってですね
1個ミスしただけでステージクリアできなくなってくるみたいなレベルになってくるんですよ
三ッ星なんてとんでもないみたいな感じになりますよね
本当に息が合ってないとクリアできなくなってきて
1つ間違えただけでアーンってなるのが
そもそもなんでそこにキッチンがあるみたいなところで
空中を浮いてたりとか
そうそう崖のあっち側とこっち側にキッチンがあって
間こう料理を投げたりとかね
皿を投げたりとかするね
結構こうむちゃくちゃなところで料理をするみたいな
そこに客来るんだみたいなね
そうそう無茶振り感とそのマルチタスク
こっちでご飯を炊いてる間に別のことをやって
こっちで野菜を切って
それとこれとこれを一緒に炒めてどうのこうのみたいな
そういうのがいろいろできることが徐々に増えていって
毎回ステージでその条件の中でできるだけ客を捌いていく
料理を出して捌いていくみたいなね
感じのゲームなんですけど
あれはなんていうか
ああいう系統のゲームっていうのは
オーバークックがやっぱり元祖というかルーツなんですかね
なんですかね
オーバークックが出てから
オーバークックライクなゲーム結構出てますからね
それは影響は大きかったでしょうねきっとね
いやーうんうんすごい発明だなと思いました
あれも配信映えするタイプというか
そうだねかなりそうですね
ワチャワチャしてるのを見て面白がるみたいな
タイプのゲームになるんですよね
それでいうとねちょうど俺も最近本当にたまたまなんですけど
やってたゲームがあってソウレ系のやつで
PSプラスのフリープレイで去年ぐらいに来てたっぽかったんですけど
たまたま自分のライブラリーから
嫁さんとなんかできるゲームねえかなということで
ジャンルでそうとしてですね
ファミリージャンルのゲームを探したらちょうど出てきたのでやったんですけど
アンレイルドっていうゲームがあって
あーまたいいゲームですね
知ってますね
知ってます
知らない
あのねー
説明するとビジュアルの方向性的には本当にオーバークックと似た感じで
上から見下ろし大体上からで見下ろしで
プレイヤーは一人ずつキャラクターを操作するんだけど
先のないレールの上をゆっくり汽車が進んでいくんですよ
その汽車の進む先のレールをどんどん作っていって
次の駅までつなげましょうねってのが主人公というか
俺たちの目的で
でその次の駅までの間に木だったりとか岩だったりとかがあるんですよ
54:00
でそれを破壊しつつ
その木なり岩だったりを壊すと木材とか石の素材が出てくるんですね
そこにポコって
でそいつを持ち運んで汽車にレールを作る車両がついてるんで
そのレールを作る車両に素材を運んでいってバーンって入れるんですよ
そうするとそこにレールができるんですよ
でその作ったレールをその列車が進んでる先にポンポンって置いていくんですよ
で次の駅までつなげていくみたいな感じが大まかな流れ
でその間の途中、その次の駅までの途中に川とかが流れてきて
そこは川が流れてたらそのままレール引けないから
木の素材で一回橋を作ってからその上にレールを引かなきゃいけなかったりとか
あとは列車が汽車なんですよね
だから多分熱を帯びるんですよね
で水がどんどんなくなってっちゃうから
どんどん熱暴走みたいな状態になっちゃったやつを水を汲んできて
その列車に水をバシャってかけると
水を補給すると、まあその熱暴走が収まるみたいな
だからその素材を集めるのと道を切り開くのと
あとその水で冷やしたりを同時にやらなきゃいけないみたいなね
そういう、まあある種本当にオーバークックみたいな流れではあるけど
もうちょっとなんかローグライクっていうか
毎回入るたびにマップが違ったりとかそういうカジュアルさもあるゲーム
これは普通にね、あの嫁さんとやってたんですけど面白かったですね
いいね
あの線路がどうしてもそれ以上作れないのに
作れないという事実がもう確定してしまってるけど
ゆっくりこう列車がその線路が途切れるところに突っ込んでいくのを
ただ見守るしかない瞬間とか
ああああああみたいな
でね、そこにその線路がもうないと
先端から一個ずつボンボンボンボンってなくなっていくんですよね
そう、事故ってこと
それでゲームオーバーってなるんだけど
そのシュールな感じとかめちゃくちゃ良かったですよね
あのね、その列車自体もレールはクロスすることができないんですよ
だから一回レールを引いちゃったところに電車が走り始めちゃうと
その自分のレールが邪魔になって行きたい方向に行けないパターンとか出てきちゃうんですよ
要はこっち側に行けるなと思ってレール引き始めちゃったんだけど
その先はもう行き止まりになっちゃってて
やべえ戻らなきゃっていう時に自分のレールが邪魔になって戻れないみたいなことが出てきたりする
ああなるほど
だからまあそういうのもある意味考えつつレールを引いていかなきゃいけなかったりとか
であとまあそういうことがないようになんかコンパスがついた車両を途中で変えたりとか
あとなんか夜っていう概念もあるんで夜になったら明かりがないと周りが見えなくなっちゃいますよとか
57:02
そういう昼夜の概念があって
でその電気をつける車両を買います
でも電気つけるためには木材がないと電気つかないっすみたいなやつとか
要はやることが増えるみたいなね要素もあったりとか
あれは面白かったですね最高4人までできるらしくて
まあ俺は嫁さんと2人でやってたんですけど
これはね
いや3人でやっても面白いんじゃないですか
ああ確かにね
Mナートからスタートとか
なるほどね
ちなみにあれね1人でもできるんですよ
マレージプレイ専用かと思ったら
大変でしょ1人では
そう俺も1人だとこれ絶対手足なくなるでしょって思ったんだけど
あのね1人だとロボットがお月としてきて
そのロボットにひたすら指示を出せる
へー
自分俺はひたすら木とか岩を削ってるから
そのひたすら物を運んでレールを作ってくれるとか頼めるんですよ
リアルタイムにそれは頼める
そうそうリアルタイムにジェスチャーみたいなのが
本来多分マルチプレイ用のジェスチャーみたいのがあるんだけど
そのジェスチャーを出すと木ってジェスチャーを出すと
木を切りに行ってくれるんですよ
そのロボットが自分で考えて
ブロローってボコボコボコって木のあるところに
斧持ってボコボコボコって切ってひたすら切ってくれるみたいな
であとこの辺の木切ってくれとか指示出されるんですよ
へー
そうそうそう結構頭のいいAIがついてて
でなんかその今はこれやってるけど
ちょっと車両の熱暴走がひどくなってきたから水やっといて
やっといてって言ったらバケツのジェスチャー出すと
水汲んできてちゃんと火消してくれるみたいな
結構テキパキ動いてくれて
だからそれはそれでなんかその
いかにこう的確な指示をロボットに出せるかみたいな
別芸能の面白さがあるというか
それでも楽しいゲームでしたね
これは良かったですね
へー
それこそオーバークック好きな人は普通に面白そう
系統としては楽しみ方は同じ
方向性ですね確かに
そうそうそう
入りやすいとおすすめですよ
ちなみにお二人は何かそういうゲームってあります?
ハードなどみたいな
僕はあの前ねちょっとこの番組のどっかで話したと思うんですけど
多分これスイッチでしか出てないと思うんですけど
一緒にちょきっとスニッパーズっていう
はいはいはいはい
俺やつチェックしてるわ
がおすすめです
やっぱいいんですかあれ
めちゃくちゃおもろいですね
こうやって頭も使うし
なんか頭使わなくてもおもろいみたいな
なんかアクションパズルみたいなやつですね
そうですね
お互いにお互いを削り合うという
結構言葉だけ聞くとやばいな
いやでもまあそうとしか言いようがないんですけど
本当にこうちょきっとするっていう感じなんですよね
自分の形と相手の形を重ねて
重なったところでボタンを押した方が
相手をその分削るっていう感じなんですよね
それでそのお互いに形を変えていきながら
そのステージのお題をクリアしていくっていう
1:00:01
上からボールが降ってくるからそれを受け止めて
こっちのなんかこう筒のところに入れてねみたいな
お題が出てたら
ボールを受け止められるような
Uの字の形にならなきゃねっていう風になって
じゃああんたちょっとしゃがんで
ちょっと横向いてみたいな感じで
横向いたところで自分がこう上の方をちょっと削ってあげてみたいな
じゃあボールを出してはいゆっくりゆっくりゆっくりみたいな
でもその筒がちょっと高くなってるから
じゃあ今度は俺を下敷きにしてあんた俺の上に乗って
そのUの字になってるのをこうカリカリカリって角度が変えられるんで
カリカリカリって角度を変えて
ボールが上手いこと筒に入りましたやったねステージクリアみたいなのが
どんどんどんどんこういろんなパターンで難易度も上がっていってみたいな
そういうタイプのゲームなんですけど
なるほどねあれ面白そうだよね
めちゃくちゃ面白かったし
ゲームに慣れてなくても
結構直感的というか感覚的に分かりやすいゲームなので
そんな感じで
むしろなんかこうなんでしょうね
ゲームっていう意識でない方がいいかもしれないっていうレベルですね
なんか折り紙とかなんかもしくはそういうので遊んでるみたいなぐらいの気持ちにならないと
発想としてどうクリアすればいいのかっていうのがだいぶ後半難しくなってくるので
なんか固定概念を 頭の体操みたいな感じ
そうそう取り外すみたいな感じの感覚で遊ぶといいし
クリアした後に本当に3秒ぐらいお互いフリーで動ける時間があるんですよね
クリアーってなって
クリアーってなった後に
ここから暗転するまで3秒ぐらいあるんですよ
絶対わざと3秒あると思うんですよね
その間にお互いめちゃくちゃお互いを削り合う
で削り合ったら
ほぼほぼ95%ぐらい削られちゃうと1回パンってこうなくなっちゃうんですよ
でまたこう折りたたまれた紙みたいなのがパリパリパリパリっと開いていって
ふわっつってこう復活するんですよねそのキャラクターが
なるほど
そのどっちが先に相手を消せるかみたいな
急に確認がある
そうそうその3秒ぐらいの間でオラオラオラオラみたいな感じでこうやり合うみたいなのも
一瞬の戯れ合いがあるわけね
そうそうそれもねすげー楽しいんですよね
そうそうそう
まあキャラクターも非常に可愛いですし表情も豊かなんですよね
それがすごく良くてめちゃくちゃいいゲーム
子供とでもいいし夫婦でも全然できないような雰囲気ですよねあれね
うん可愛らしいしね
うん
かといって別に子供騙し難易度ではないというかね
本当に面白いゲームですね
頭の柔らかさを問われそうですよね
1:03:01
一緒にちょきっとスニッパーズですね
なるほどね
はい
まあ僕は言うほどのものはないんですけどもね
まあうちの嫁さんはあまりゲームをするタイプではないんでね
ちょっと思い出話みたいになっちゃいますけども
僕と一緒にやるというのはほぼないんですよ
一緒にパーティープレイみたいなことはほぼなくて
ただこうたまにやりたいっていうので何やる?つって
まあ昔やってたやつとかやりたかったやつやりたいっていうと
だいたいこうFF9とか
うん
キングダムハースとか
はいはいはい
もう僕が持ってるとか僕がやったことあるみたいな
昔のRPGみたいなのをやり始めるので
それをずっと僕が横で見てるっていうの多いですね
うちはね
それはそれでなんかいい時間ですね
協力プレイじゃないけど一緒にできるっていうのがいいです
僕はだいたいこう
このパーティーだったらこの戦い方だろうみたいなのが分かっちゃう側なのでね
こうすれば勝てるよなーってことを思いながら
口をつぶす
言わずに見てる
そうかそっちを選んだかーって
そうかそっちを選んだかーも言っちゃいけない感じね
あるよね
ケアルを見てること思いながら
うーんってことやな
めちゃ分かる
それこそね今はもう生まれちゃったけど
嫁さんが息子生まれる前の妊娠してる時代とかにFF9とかやっててね
3級の時期とかにねやってたりしてね
それは結構楽しい時間だったなーと思う
思い出話みたいなところでもあるけども
思ったりもしてたなーってのがあるね
うーん
キングダムハースとかね
嫁さんがインフルエンザかかってぶっ倒れた時にね
ぶっ倒れて一日普通は回復して
でも自宅にいなきゃいけないから暇ーみたいな時に
一人で勝手にやってたんだよね
僕は普通にその頃仕事を普通に会社行って帰ってくると
どこまで行ったーって
あのワールドのあのワールドがここでここで
どうすればいいかわからんって言ってるから
なるほどなーって
そこにはあれがあるぞ
明日またやってみーみたいなことになる
いいなーそのやり取り
なんかね自分が好きなゲームを嫁さんがやってるって
すげーいいよなー
すげーいい
そうねそれは確かに幸せな時間だよね
うーん
なかなかねそこ共有させるのも難しいもんね
そうだね
ただ辛かったのはねこう
そうキングダムハース3はな
ストーリーがちょっとな
そこなー言わないでくれーって
僕も思う同じこと全く同じこと思ったーって
コミがね
その苦さも共有しちゃうってこと
そうなんだよそこそうなんだよ
いいじゃんでも分け合えるじゃない
ねー共感できるのはいいですねー
うんこれをパートナーと遊ぶというのが
ちょっと自分の話だと思ってもね
1:06:00
まあこういう遊び方もあるんだと思いますけどね
そういうのもいいよねーやっぱねー
まあ時間的に次が最後かもしれません
やばいやばい
えー僕から一個
ヤンワリ名人さんが送ってくれました
タイトルがゲームの難易度というお便りでございます
本文読んでいきますと
ゲームナンさんの皆さん明けましておめでとうございます
おめでとうございます
新年から何なんですが皆様にクレームがございます
ドキッ
それは番組冒頭で言っている
ゲームがうまくもなければ詳しくもないというフレーズに対してです
なるほど
春山ダンさんが余裕でクリアしていたメトロイドドレッド
余裕かどうかは別です
余裕にはまあ大変でしたよ
僕にとっては超絶難しいゲームでして
何度も心が折れかけて死にまくり
何度もコントローラーをぶん投げそうになった記憶があります
いやでも難しかったよ確かに
うん難しかった
それからコヘイさんが余裕でクリアしたチュニック
これに至っては難易度が高すぎて絶賛挫折という
なるほど
もう余裕ではないけどもな
それなりに死にましたけどね
ゲームがうまくもなければというフレーズを聞くたびに
いやいやご謙遜なさってという言葉が思い浮かびます
なるほど
加えで自分ゲーム下手かもと思わされる一文なんですよね
ああ
ゲームがうまくもなければというフレーズは
だからといって文句も変えろやという気はさらさらないんですけれども笑いと
冗談はさておき
最近のゲームの難易度について昔よりもきつくなってきたなという実感があります
昨年ついに50歳を迎えたということもあるんですが
ノーマルモードがノーマルじゃなくなっていることを感じることが多いです
そこで皆さんに最近のゲームの難易度についてお聞きしたいです
昔に比べて難しいと感じることはありますか
ハードモードでプレイしてしまう皆さんにとった疑問かもしれませんが
そんなことないぞ
あるいは皆さんにとっての難しいゲーム苦手なゲームなんかもお聞きしたいですという内容でございました
ありがとうございました
ありがとうございます
ちょっと誤解がありますよね
一応ゲームなんとかはるさんと初めてスタートしたときにね
これどっちが決めたか
二人でなんだかんだ話して決めたような気はするんだけども
別にスーパープレイをできるとかそういうタイプではないみたいなことを話したりもしてたし
専門家でもねえしって
何者でもない感を表現したくて
ゲームがうまくもなければ詳しくないみたいなね
この冒頭のフレーズを決めたような記憶があるんだけども
でも引き続き別にうまくもないと思ってもいるんだよね
ここまで来ちゃうともう辞書でしかないからね
少なくとも俺らはそう思ってるよ自分たちのこと
感じでしかないわな
お便りの中で上がっていた
メトロイドドレッドは僕やってないけどね
1:09:00
シュニックとか僕も結構死にましたよ
でもなんかツイッターのハッシュタグとかでも結構むずいっていう話がちょこちょこあってますね
やってみたけどって
正直あるのよ僕はなんだかんだ言ってソウルシリーズ全制覇のブラッドボーンもやりきったりもしてるので
今更こんなものって思うんだけども
まあでもやっぱり難しいは難しいと思うんですよね
ただまあでも難しいからこそ越えた喜びもあるよと思ったりもするっていうのはあるかなと思ったりもする
それはそうだね
最近のゲームの難易度が難しくなってきてるみたいな話あるけど
これってもしかして俺らのせいなんじゃない?
俺らがそういうゲーム紹介しがちみたいなの若干あるんじゃない?とか思わなくもないんだけど
ソウルシリーズもまあまあ私たち好きじゃないですか
なるほどね
カップヘッドとかも難しいし
なるほどなあ
まあまあ難しいゲームをしてることがあるみたいな話かもな
なんか歯応えを重視してる感じはあるな
そう、任天堂のゲームとかだともっと安心してできるゲーム多いんじゃないのみたいなね
ありがちかなとちょっと思って
まあ確かになー
意外とマリオってかなり難しかったりしますよね
ああまあそうかそうなのかなやっぱな
いやでもこのお便りの中でおっしゃってる
昔はそんなに難易度高くなかったよねっていうのは
その昔ってのいつ頃のどのジャンルのどういうゲームのことを指してるかによりますけど
むしろ僕は逆だと思ってて
逆というか幅がしっかり取られるようになったなっていう感じはあるんですよね
ありますあります
難易度高めが好きな人もそうじゃない人も楽しめるように
最近はかなり配慮して作られてるなっていう印象があるので
むしろ何だったらねそのロックマンとかどうやねんとか
思っちゃうわけですよ僕としては
ロックマンでいうと俺ちょうどスイッチで買ったロックマン11を最近ちょっとだけ触ったんだけどさ
あれも確かに難易度的には昔のロックマンと遜色ないぐらいの
まあ吉くっぷりなんですよ
そこに即時トラップいっぱいあるんですよ
やってるんだけどでもステージを繰り返してるとお金みたいなものがたまってって
それでちょっと落ちても即死しなくなりますよみたいなアイテムを買えたりとか
そういうのが出てくるからだからやっぱ難易度を一方的に難しくなるというか
いい難易度の難しさを作れるようになってきたのかな今はってむしろ感じることがある
そうですね救済措置があったりとか
あとは圧倒的に説明不足なところとかあったじゃないですか昔のゲームって
そんなの分からんよみたいなことって結構あったじゃないですか
それがもうすごい最近は全部丁寧に説明してくれてるので
1:12:01
しかもそれが無理やり長いこと説明を聞いてねじゃなくて
チュートリアルとあんまりできるだけ感じさせないように感じさせないようにっていう工夫が
ものすごくされていて段階的にプレイしてたらなんとなく
分かっていくみたいな作りになってるのが多い印象があるので
なんか僕は感覚としては最近の方が難易度は下がってるというよりは
結構極端に難しいものもあれば極端に優しいっていう
そういういろんなモードを用意してくれてるよねっていう感じはありますね
無限ゲームの方が難しい
救済措置みたいなのが増えたよね増えたというか
ちゃんと用意してくれるようになったよね
繰り返してると徐々に難易度が下がるような仕組みだったりとかね
入れてることが多いかもしれない
ゲーム死んでるとねどうします難易度を変えられますって言われるじゃん
ちょっとあのすごく
何のジョーク感すごい奴
いつでも変えられますからねみたいな
何回も死んでると何回も出てくる
って言ってるわけじゃないんです
いつでも変えられるっていう事実だけ伝えておきますねみたいな
このイベント飛ばしますかとかね
ここ飛ばしてクリアしたことにします
それを許さない気持ちは僕ら結構共通してあると思うんですけど
あげるかこの野郎つって
余計に燃える感じはある
一方でなんかそういうのが増えたからこそ
チュニックとかは無敵オプションとかがあるんだけども
やめとくみたいなそういう促しはなくて
お前が決めたんなら最後までやれみたいな置き方もするし
アンダーテールとかも思ったんだけども
ここまでやれる奴はやれよみたいな出し方もするのもあるじゃない
あるある確かに
ことさらにインディーゲーはそういうニュアンスに振り切っちゃうのが多い
カップヘッドも多分そうだと思うんだけど
インディーゲーは難易度柔らかくなってきたよねに反響をひるがえしてるゲームが割とある気がする
確かにどっちかというとAAAに多い感じはしますね
難易度設定が幅広いっていうのはね
そうだね確かにこう
PSスタジオのゲームとか言ってて本当に重いもんな
誰でも遊べるように入るはそんなに難易度があるんだね
誰でもつくせりですよね本当に
自分ならもう分かんない範囲で死ねば死ぬほどちょっとずつ難易度下がってるとかやってることもある
ありえる可能性としてはありえる
なるほどな
そうやってUXをコントロールしていくみたいな
体験をね
何回か死んだ後にこれくらいだったら確実に勝てそうな調整が自動で入って
よっしゃ勝てたーみたいなこのゲーム面白いみたいな脳汁を出させるみたいな
いやいや全然ありえる
ありえる
あってもおかしくありえるよね