1. 童貞ネット
  2. 第640回 童貞ネット@ねとらじ..
2021-03-25 2:27:31

第640回 童貞ネット@ねとらじ 2021.3.22放送分

今回は、長い冬の時代を乗り越えてようやく大物を釣り上げた話や、新しいYouTubeチャンネルの話、ウマ娘のゲームばかりしている話、これまであまり話す機会の無かった起業した時の話などなど、いろいろ語っております!

毎週月曜日~までの2時間、YouTubeLiveで放送しているラジオ「童貞ネット@ねとらじ」のポッドキャスト版です!

リアルタイムで聞けない人はポッドキャストに登録して、通勤通学の満員電車の中で音漏れさせながら聞いてくださいねw

Apple Podcastはコチラから視聴⇒

Google Podcastはコチラから視聴⇒

Spotifyはこちらから視聴⇒
00:02
本日2021年の3月22日なんですけどもね、皆さん何の日かご存知でしょうかというところで、今日はですね、新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出ていたんですけどもね、この第2回目の緊急事態宣言があって、それが解除された日となっております。
なんでこの話をするかというとね、やっぱりこれ5年10年後にね、ラジオを聴き直すと、そうするとね、あの頃こんなあったなーっていうね、そういうのをちょっと思い出したりとかもするのでね、ちょっとタイムリーなお話もしていくんですけど、でも本当は重要な話ですよ、緊急事態宣言が解除されたっていうのはね、だけどそうじゃないのよ。
2021年3月22日は何の日かというと、童貞ネットがね、640回の放送ということで、スペシャルウィークなんだよ。10回に1回はスペシャルウィークやりましょうよってことで、ラジオを始めて64回目のスペシャルウィークがね、来てしまったわけですよ。
何やろうかなとね、毎週思って、毎回思ってるわけですよ。10回に1回。特別なことしなくちゃいけないと。いつも通りじゃよくないよと。なんか新しいことね、挑戦しないといけないと思って、今週もずっと考えてました。何しようかなーって。全然思い浮かばないんだよね。
参っちゃったなーと思って。毎日日が過ぎていくわけ。何も思いつかないなーっつってさ。平日ね、普通に働いてるわけだからさ。お仕事あって、うーんっつって。
で、お仕事終わって、週末入りました。土曜日、うーんっつって。日曜日、うーんっつって。困ったぞーっつって。月曜日しかねーっつって。で、ラジオのある日ですよ。当日、仕事があるわけだよ。仕事終わってからね、どっか行こうと。時間あるからさ。
俺早く仕事終わるからさ、結構さ。だからそっからね、ラジオまでの時間、有効活用すればいけるっつって。でもやれんのなんだろうなーっつって。ちょっと思ったのが、前に、あのー、家系ラーメンの総本山っていうさ、吉村屋っていうのがあるんだけど。
これ横浜にね、お店構えてるところなんだけど、ま、家系ラーメンの総本山なわけよ。で、最近家系ラーメンも結構好きだからさ。いやもちろん、武蔵野油学会の油そばが一番美味しいんだけど、その次にね、家系ラーメンとかも好きなので。
だからこの総本山に行ってみるってどうかなと思って。ま、スペシャルっていうにはちょっと弱いかもしれないけど、でもね、まあいいじゃない、ちょっと潜入レポ的なところでね。で、面白いかなと思ったんだけど、あのー、調べてみたらですね、月曜日、お休みって言ってね、書いてありまして。
03:20
ダメかーっつって。吉村屋ダメかーっつって。じゃあ他何があんだっつって。そうだと思って。思い出したと思ってさ。前にね、あのー、リスナーの方からね、ご依頼いただいておりました、えー、まち中華。練馬にあるまち中華のお店。
前に行った時はね、ちょっとお店閉まってて、ま、2回チャレンジしたんだけど、2回ともお店閉まってて、でー、入れなかったから。今回3回目。ね、さっき言った通り緊急事態宣言もね、解除されたわけだからさ。ま、お店の方もね、オープンしてるかなと思って。これはいけんぞと思ってさ。
で、調べたの。月曜日お休みなんだって。もうどこも月曜日休みですねーと思って。いや、せっかく緊急事態宣言解除されてさ、飲食店もね、結構オープンなるかなと思ったらさ、いや月曜日自体がね、どこも休みなんだなーっつって。これどうすんのと思ってさ。
結構、あのー、練馬の街中華に関しては、これはやったなーと思って。これスペシャルウェイクいけんなーって思ったんだけどさ。いけずって。しかも、ねー、じゃあ他のところでもなんでもいいわと思って。月曜日仕事終わった後、どこかね、行ければなーと思って。
で、今日も仕事終わった後ね、ま、いつも通り、あのー、職場の近くにあるマックにね、一回避難して。で、チキン、マック、ナゲット食べながらね、コーヒーすすりながらさ、いろいろ考えてるわけ。で、ま、考えながらなんだけどさ、もう、無理だなーって思って。
何が無理かなって言ったら、あの、その日、その日って今日ね、あのー、私、お財布を家に忘れてきちゃって。だから、ま、マックに関してはね、あのー、携帯あるからさ、モバイル追加の方でさ、お支払いできるんだけどさ。で、財布がないとさ、例えばだけどね、なんか博物館とかさ、かい、絵画店とかさ、そういうとこ行くとするんじゃない?
でも、なんかそういう入場チケットって、結構現金じゃない?ねえ、スイカとかで払えなかったりするじゃない?だから、そう考えるとさ、どこも行けねえなと思って。でも、もし中華屋がやってたってさ、で、財布なかったら、無理でしょ、たぶんね。ペイペイで払いますか?とか言ってさ、払えませんでしょ、たぶんね。
06:07
うち、現金のみなんですーってね。ま、そんななっちゃうからさ、だから、ま、もう結局もう、ね、ぐだぐだだなと思ってさ、もう諦めようと思って。で、今日はね、もう一回家帰ってきました。だから、スペシャルウィーク、何スペシャル?っていう話なんだけど、もう吉村屋でもないです。練馬の街中華でもないです。ねえ。
じゃあ、何したの?って言うんだけど、今週一番でかい話は、これなんですけど、あの、また今週末、釣りに行ってきまして。で、ま、この間ね、前、前回かな?釣りの方で、えー、ま、一匹釣りましたよ。初めてね。ま、ちっちゃいんですけどね。
鈴木の、あの子供みたいなね、ぐらいのやつを釣ったんだけどさ。ま、それがね、私の記念すべき一匹目の、ね、お魚なんですけども。で、そんな中、ね、また今週も釣りに行ってまいりました。で、ただ、今回意気込みが結構違うわけ。で、結果も残していると。
あれ?結果残してるって言うとどうなったんだ?なんか釣ったんか?ってね、話なんだけど。なので、ちょっと今回ですね、釣りスペでお願いしたいなと思って。なのでね、今回、ま、いろいろとね、あのー、ま、お便りとかでもね、もらって、こういう企画どうですか?みたいなのね、いただいたりもしてるので、ま、その辺もちょっとね、ご紹介しつつ。
ただ、今日は、うーん、そうだね、第640回スペシャルウィークに関してはですね、えー、前にもやったかもしれませんけども、今回もですね、えー、釣りスペシャルと、いうことですけど、今回は、あのー、ま、期待してもらっていいって表現もあれだけど、いいよ。
あー、パルナイト釣りの集大成きたなっていう、そんな感じに仕上がってますんで、なので、もうこれはスペシャルにしてもいいだろうっていうぐらいの感じです。
というわけで、今日は、ま、ちょっと前半ね、えー、ま、釣りのお話させていただいて、釣りスペシャルさせていただいて、後半、ちょっとお便りでね、こんなスペシャルいかがでしょうか?っていうのも、いくつかいただいてる中でね、一個ピックアップしてね、えー、それをちょっとやっていこうかなと思ってますんで、前半後半で、ね、スペシャルの補強2本立てという形でやっていきたいと思いますんでね、よかったら最後まで聞いていただけたらと思います。
09:08
それでは今日もやっていきたいと思います。
パルナイトの童貞ネット、あっとねとらじー。
改めまして、童貞ネット、あっとねとらじー、パーソナリティのパルナイトです。こんばんは、というわけでね、今日は釣りスペシャルやらせていただきたいと思います。
いやほんとね、あのー、前回釣った魚、釣ったとは言えないよねって思ってて正直。
だって、その針がね、口にかかったわけじゃないのよ。魚が食いついて引っかかったってわけじゃなくて、たぶんエラにね、引っかかったはずなんだよね。
だからさ、やっぱり、もうちょっとがっつりと口に引っかけてね、釣ったっていうのはやっぱり釣ったっていうところだからさ。
だから今回はどうなったんでしょうかっていうところではあるんですけどね、そんな釣りの話をね、今日はちょっとしていきたいと思います。
で、えー、いやもうそのぐらいですよ私。釣り趣味だから、言ってもね。
だって、このクソ寒い中さ、1月2月とさ、もう合計で4回行ってると思うんだよね。
1月2回?2月2回ぐらい?ぐらいで、1、2月で合わせて4回ぐらい行ってるわけよ。
で、一番寒くてさ、もう一番風強くてさ、みたいな。そんな時に行ってるわけ。
だから、もうかなりね、釣りの腕が上がったというよりも、もう釣りの環境だよね。
それに対して体制ができてる、ほんとに。だからこれからは楽よ。
その寒いね、その地獄をもう体験してるから、こっから先3月以降、この釣りはもう楽、楽よ。
ほんとに。寒いとね、ほんと体力削られてさ、投げる気力すら削られるのよ。
もう寒くて動けないーってなっちゃって。竿を振るのもちょっとーってなるわけ。
なんだけど、いやもう少しでもね、暖かいというか寒くなければ、もうガンガン投げられるしね。
ほんとに、この地獄の2ヶ月間、アグレッシブに釣り行っててね、良かったと思う。
12:04
あるじゃん、やっぱりなんか、すごい辛いことをやるとさ、そっから先、楽になるってあるじゃん。
例えば毎日さ、終電まで仕事をね、してっていう、残業、残業、アンド残業で、それで仕事をしていた人間が、
普通にね、なんか定時から2時間後ぐらいにね、上がりますみたいな感じだと、すごい楽みたいな。
まあ2時間残業してるんだけどもね。
でも、2時間残業なんてへでもないわけよ。毎日だってね、終電までやったわけだから。
それと一緒でね、辛かった頃を知ってるからこそ、なんか全てが楽になってくる。
そういうのありますから。
そんなのでね、私今日はね、やっていきますからね。
釣りのお話ししていきますけども。
あとスペシャルウィーク、何かね、お便りとかもお待ちしてますんでね。
こんなこと話してほしいとかね。
こんなんなんかあるよとか、面白いのあるよとかね。
そんなのあったら教えていただけたら嬉しいなというところで、一応お便りの方もね、募集しております。
お便りのあった冊につきましては、メールでお待ちしてますので、
メールアドレスが、
こちらまでお待ちしております。
リアルタイムであればね、このまま読ませていただきますし、
リアルタイムでなければ、次回の放送で読ませていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
ということでね、釣りの話しする前に、
リスナーの方からね、こんな企画どうですかっていうね、ちょっといただいていたのでね。
これはじゃあ、後半に読もうか。
後半に合わせて読みましょう。
いくつかね、企画をいただいてましたので。
じゃあ早速ね、今日のスペシャル釣りなんですけども、
いやー、釣りもほんとに何回行ったんだって、15回目ぐらいじゃない?下手したらね。
結構行ってますよ。
もう、
少なくとも月1では行ってるわけだからね。
で、最近は月2で行くっていうね、感じなんで、もう完全に趣味でしょっていうね、レベルなんですけど。
ただね、趣味っていうには、実績がないよね。
実績がないよね。
ただルアーをね、ぶん投げてるだけのね、釣りおじさんですから。
ちゃんと実績が欲しいというところでね。
今回はマジで釣るぞっていうね、ところだったんですけど。
で、釣るには武器が必要だよね。
で、私ルアーフィッシングなので、ルアーが必要なんですけど。
15:02
ちゃんと今回もルアー用意しました。
なんかね、
ここ最近、
100円ショップのセリアっていうね、100円ショップがあるんだけど、
そこで、
ルアーをね、取り扱い始めたらしいんだよ。
新発売だよね。
ルアーがあって、
で、そのルアーが結構いいぞっていうね、話がね、ちょっと、
YouTuberのね、釣りYouTuberの方がね、なんか言ってたので、
買うしかねえと思って。
で、セリアで早速行ってきまして、
で、見たら釣りコーナーできてんだよね。
で、そこで、
まあ普通の、
メタルジグっていうね、ルアーですよ。
で、
18グラムぐらいと、
28グラム。
で、あと、
マイクロジグって超ちっちゃい、
そういうルアーがあるんだけど、
それが多分5グラムとか。
ちっちゃいのね。
で、そういうのを取り扱ってて、
多分ダイソーの、100円ショップのダイソーだとルアーは、
5グラムのマイクロジグは多分売ってないんだよね。
普通のルアー売ってんだけど、それ28グラムとか。
マイクロジグっていうのは、おそらくセリアだけなんじゃないかなとは思うんだけど、
なので、ちょっと手に入れてきました。
マイクロジグ、色違いを見ると、
マイクロジグ、色違いを2つ、
あと普通のルアー、
メタルジグ、28グラムの方を2個、
色違いでゲットしてまいりまして。
まずこれが1つの武器。
で、もう1つの武器は、
Amazonで買いました。
前もAmazonで1回ルアー買ったんだけど、
メタルジグの5個セットみたいなの買ったんだけど、
もうそれも全部なくなっちゃったからさ。
よく寝がかりするんだわ、やっぱりルアーフィッシングって。
寝がかりしてなくなっちゃうからさ。
で、新しいの買わなきゃってことで、
前買ったメーカーと一緒の所のやつを買ったんだけど、
今回はメタルジグではなくて、
メタルバイブってやつだね。
何が違うかっていうと、
普通のメタルジグっていうね、
ルアーだと投げるじゃない?
普通に巻いていけばね、
スーッて戻ってくるんだけど、
メタルバイブっていうのがあってさ、
これがバイブレーションするのよ。
投げるじゃん、ルアー。
で、糸巻くじゃん。
巻くとさ、特にアクションとかなんかしなくてもね、
逆さがないし、
魚がブルブルブルブルってしながらね、
戻ってくるんだよ、こっちに。
だからバイブですね。
メタルバイブっていうのがあるんだけど。
で、今回は趣向を変えて、
18:03
メタルバイブっていうのをしてみようと思って。
5個セット買いました。
ちょっと高いんだよ。
さすがに100円のルアーとは違うからさ。
1個いくらぐらいするんだろうな。
300円から400円ぐらいするんだよ、多分ね。
5個セットで1500円とか多分、2000円とかするのよ。
だからまあまあ、ただ、
普通にルアー買うとするんじゃない?
その手のルアー。
600円、700円するんだよ、普通に1個で買ったらね。
だからそれ考えればね、
少し安上がりではあるんだけど、
100円のルアーよりはちょっと高いというね。
この絶妙なラインなんだけどね。
まあ1個300円かな。
1500円ぐらいのセットだと思うので。
それでもね、
100円ショップのやつを3倍するわけですからね。
大事に使わなきゃっていうところなんだけど、
秘密兵器ですよ。
こいつがあったら戦えるっていう武器をね、
こうやって2つ手に入れましたから。
これでいけると思ったんだけど、
いや足りないなと思って。
まあ武器は武器で1個ありますよ。
ただ、
最近よく思うのが、
釣りするじゃない?
現地で釣りします。
寝かかりします。
糸切ります。
もう1回糸結びますみたいなのあるわけよ。
ルアーフィッシングの場合って、
リールっていう巻き巻きを、
巻き巻きのところから引っ掛けて、
普通の糸ですよ。
編み込まれた糸があるのよ。
それの先端に、
ショックリーダーっていう、
ナイロンっぽい糸を付けるの。
じゃないと、
ちょっと岩とか引っかかった時に、
すぐ切れちゃうから、
普通の紐のところだと。
だから先端の方の1枚の糸を、
ナイロンっぽいやつでできた、
ショックリーダーっていうのを使うわけ。
これを糸と糸を結ぶわけよ。
糸と糸を結んだら、
ショックリーダーの先端に、
スナップっていう、
何だろうな、
引っ掛けるやつ。
ルアーを引っ掛けるやつを、
1枚ずつ、
1枚ずつ、
ルアーを引っ掛けるやつ。
ルアーを引っ掛けるやつを、
先端に付けるのね。
それを結ぶわけ。
で、結んだら、
スナップとルアーを、
つなげるわけ。
っていう手順があるわけ。
だからさ、
1回糸が切れると、
PEラインと、
ショックリーダーをつなぎます。
今度はショックリーダーに、
スナップをつなぎます。
21:00
で、スナップと、
ルアーをつなぎます。
これをやらなくちゃいけないわけ。
で、いいのよ。
やるのは。
でも、これが何回も何回もなってくると、
結構しんどいなっていうのもあるのと、
外で作業するから、
風が強いと、
糸だからさ、
やりづらいのよ、本当に。
しかも寒くて手がかじかんでるからさ、
もう、
しんどいよ、ただただ。
もう、
心折れちゃうわけよ。
糸切れちゃったりとかすると。
またかー、
もうちょっとしんどいなーってなっちゃうわけ。
なので、
今回ですね、少しでも手間を省くために、
その、
ショックリーダーを、
ショックリーダーとスナップ、
を、先にもう、
繋いだものを作っておこうと思って。
ね、だから、
そういうのを事前に用意しておけば、
現地でね、糸切れたとしても、
速攻でね、また、
その、今度はもう、
ショックリーダーとスナップはもう繋いであるものをね、
用意しておけば、
Pラインと、
そのー、ショックリーダーを繋ぐだけで、
すぐ用意できちゃうから。
結構大きいなと思って。
その、ね、
なんかショートカットはさ、
そういうのをちょっと準備しておこうと思って。
で、外でさ、
この作業をすると、
ほんと時間かかんのよ。
その一連のね、作業をすると、
ほんと15分とか、
なんかうまくいかないときだと、
20分、25分かかっちゃったりするときもあるわけ。
もうしんどくなっちゃって。
何やってんだろうとなっちゃうわけ。
だけどさ、
家で準備したらさ、
あっという間よ。
ほんと1個5分もかかんないからさ。
だから3本ぐらい作ったんだけど。
まあ1個3分ぐらいで作れるのかな。
だから10分ぐらいで3本ぐらい作れたからさ。
家の中で普通にテーブルでね、
作ったらこんな楽に作れるんだと思って。
外だとね、やっぱね、
作りづらいな、風も吹いちゃうしなと思って。
そんなんで事前に、
ショックリーダーとスナップをちゃんと準備して。
これで万全だろうと思ってさ。
これで万全だよね。
だからもうルアーの方も、
セリアの方で、
マイクロジグ2つ、
と、あと普通のね、
メタルジグ2つで4つ。
で、アマゾンのルアーが5つ。
で、合計で9個ルアー持ってくし、
もうね、
スナップとリーダー繋いだやつもね、
事前に3つ作ってあるし、
あとはもう、
リールの方にもね、もう1個付けてあるから、
結果、もう4つ作ってあるわけですね。
24:00
準備万端だなと思って。
これで、
もう糸が、
まあ、4回まで切れてもね、
やっぱりね、
まあ、
4回まで切れてもね、
いいと、
いうところでさ、
頑張れそうな気がする。
で、当日さ、
なるわけですよ。
でもさ、当日、
結構暖かかったんだよね。
で、いつもさ、
ここ最近って、
夜行くことが多かったのね。
何時ぐらいかな、
深夜のね、
3時半とかさ、
24時ぐらいに集合して、
で、2,3時間かけてね、
移動して、
で、3時ぐらいでもう暗いんだよね。
暗いし寒いし風が強いっていうね、
3拍子揃った中で、
最近ずっと釣りしてたんだけど、
今回は、
その明け方行こうと。
いわゆる朝間詰め、
っていうタイミングを見計らって、
で、朝間詰めのちょっと前ぐらいから、
撮影始めて、
で、まあちょっと、
お昼前ぐらいまでね、
投げれたらな、
っていう話だったわけ。
で、ちょっと友人もね、
その日ちょっと予定があるってことで、
午後から。
なんで、
一応今回11時までっていうね、
時間制限でちょっとやりましょう、
っていう話になってさ、
で、オッケーオッケーって。
そしたら当日、
暖かいわけよ。
暖かいって言っても、
ずっとないぐらいだと思うんだけど、
最近ずっとね、
1度とか2度とかの頃にさ、
強風の中やってたからさ、
もう10度いかないぐらいの天気だったらさ、
もう、
全然なんの問題もないわけ。
しかも風も、
1メートルとか2メートルしか吹いてないわけよ。
風速ね。
いや、これは今日は、
やりやすい日だなーっつって。
ここ3ヶ月で一番やりやすい日だなーと思って。
ここは釣るしかないと思ってさ。
で、
行きましてね、
で、
まあ、
集合したのが、
10度、
3時間。
朝の3時に、
集合しまして、
で、そっから2時間半、3時間ぐらいかけてね、
ちょっと移動して、
で、
そこでね、今回釣るってなったんですけど、
あのー、
着いたらさ、
すごい良い釣り場なわけよ。
なんか、
これは、
釣りしてくれと言わんばかりの場所でさ、
で、堤防があってテトラポットがあって、
みたいな感じなんだけど、
で、人が誰もいないよ。
だからもう貸切状態よ。
27:00
いや、これは行けるぞーっつって。
ちょっとテンション上がりながらさ。
で、テンション上がってんの俺だけじゃないわけ。
友人もテンション上がってんだけどさ。
で、友人も、
いつも錆引きとかでね、やってんだけど、
今回ちょっと釣り方変えますと。
新しい仕掛けで行きますと。
言ってて、
友人が見つけたのは、
穴釣りっていう釣り方なんだよね。
まあ、詳しくは俺もちょっとよく分からないんだけど、
穴釣りってのがあって、
で、これテトラポットのアイドルの釣り方なんだよね。
で、これテトラポットの間とかにね、
糸を垂らして釣るっていうね、釣り方なんだけど。
だから、今回テトラポット結構あるからさ。
で、友人はその穴釣りだからね。
だからそれで、なんか自分に合った釣り方かもしれないとかね。
見つけたーっつって言ってたからさ。
だから俺も結構気合入ってるし、
で、友人も結構気合入ってるわけ。
で、気合入ってんだけど、
あのー、
友人がね、
あのー、持ってる、
いつも持ってきてくれてる網があるんだけど、
タモっていうね、
お魚釣った時にさ、
そのー、使う網があるんだけど。
それちょっと、今日忘れちゃったーっつってね、
言っててさ、
いやー、お互い釣るつもりなのに、
網ないんかーいっていうね、
ところだったんだけどさ、
こういう時釣れちゃうよねーっつってね。
でもいつも釣れないから、
まあいいんだけどっていう話はしてたんだけど、
ね、まあ、
なきゃないでどうにかなるからっつってさ。
で、そんなんでさ、
で、ちょっと網なしで、
ちょっと不安ではあったんだけどさ、
そんなんで釣りをね、
えー、始めるっていう感じなんだけどさ。
で、
釣り、
ね、
始めたんですけど、
結構、
結構、
投げやすそうなところでは、
あったんですが、
寝がかりが、
結構するんだよね。
なんだ、
結構いろんな方向に投げられるのよ。
四方八方をね、投げられるんだけど、
誰もいないしね、
港もあるわけだし、
投げてんだけど、
いや、寝がかりすんだよ。
一番ひどい時なんて、
投げるじゃん。
投げて、
その瞬間に、
そのルアーがチャポンってしました、
その瞬間に、
巻きます。
ね、ルアーを巻きます。
したらもう寝がかりしてんだよ。
え、そんなことある?と思って。
睡眠、睡眠ついた瞬間だよと思って。
それで寝がかりしちゃったら、
もうどこ投げても寝がかりじゃん、
みたいなさ、
ところで、
投げる場所によっては、
寝かべえと、
いう感じなんだけど、
あの、
30:01
まず最初、
最初からそのAmazonのさ、
ちょっといいルアー使ったらもったいないわけよ。
寝がかりしちゃったらね。
だからまずは、
そのセリアで買ったね、
普通のルアー、
メタルジグの方ね、
28gの方を使って、
寝がかりしないかどうかをね、探るわけよ。
まあ寝がかりするんだけどさ。
で、
1回投げて、
すぐ巻いて、
戻ってきて、
あ、これはいけるかもしれないと思って。
で、もう1回投げたら寝がかり。
しちゃって。
これダメだなって。
で、
寝がかりしたからさ、
また糸切って。
でも糸切っても大丈夫だよ。
ちゃんと事前にさ、
準備してくから。
スナップとリーダーね、
繋いだやつ持ってるからさ。
それをまた糸に繋ぐだけだからさ。
やって。
で、
すぐ復活よ。
いつもだったらね、
15分ぐらいかかっちゃうところがさ、
5分よ。
復活早いと思う。
心も折れないと思って。
いいぞーと思ってさ。
じゃあ次だ次つって。
で、次またね、
セリアのルアー付け、
2個目。
付けて投げました。
したらさっきのパターンよ。
投げてポチャン、
巻いたらそのまま寝がかりっていうね。
だからもう、
3投投げて、
もう2個、
2回寝がかりっていうね。
これはしんどいぞーと思って。
で、
どうすりゃいいんだーと思って。
で、その後。
もうルアーないからさ、
普通の重いルアーが。
で、
マイクロジグのルアーも
使ったんだけど少し。
5グラムだから軽すぎちゃって、
自分が何してるかちょっと
わかんないわけ。
その、サオとかもさ、
その重いルアー用のサオだからさ、
軽いルアーだとさ、
その敏感ななんか動きとか
察知できないわけ。
だから、
これはちょっとマイクロジグは
なかなか使えないなと思って。
だから、
まあサイズ的にね、
アジとかを釣るための
ルアーなのよ。
だからもっと細い
あのー、
ルアー、あのー、
なんていうの、サオが必要で。
アジ用のアジングロットみたいのが
必要だったりするんだけど。
で、俺持ってんのシーバスロットって言ってさ、
結構太めのね、やつなので。
ちょっときついなと。
だからそのマイクロジグってのはやめて、
もうアマゾンのね、
ちょっといいルアーを持ち出して。
で、アマゾンのルアー
あと5つあるからさ。
いけるじゃん。
で、投げるんだけどさ。
33:01
まあ、寝がかりするよね。
おかしいなーと思って。
で、投げとも投げとも寝がかりして。
正直、
10回投げたかな。
10回投げてないと思うよ。
10回投げてない中で、
ルアーが5つなくなるっていうね。
そのセリアのルアー2つと
アマゾンのルアーが3つ。
全部寝がかり。
でも寝がかりしたなーっつっても、
なんだろうね。
寝がかりって、
どんな感じかっていうと、
投げるじゃん。
で、リール巻くじゃん。
ぐるぐるぐるぐるって巻くじゃん。
で、お、巻けてる巻けてるってさ、
途中まで巻けるんだけど、
ふとした時に、
引っかかるんだよね。
なんか引っかかった感じするんだよ。
引っかかった感じして、
あー寝がかったーってなるわけ。
で、もういくら巻いても、
巻いた時には重いんだけどさ。
釣れたかなってね。
魚が釣れたかなって思うんだけど、
地球釣ってるって、
全く動かなくなるわけ。
それを繰り返してさ、
もうさ、3個ね、
アマゾンのルアーもなくなるわけ。
いや、しんどいなーと思って。
釣りやすいね、
ところかなーと思ったけど、
寝がかりがすげー場所なんだなーと思って。
これやれんのかなーと思ってさ。
ルアーフィッシング結構きついなーと思って。
正直ね。
って思ってたんだけど、
そんな中ね、
友人がさ、
あのー、
今なんか、
途中まで釣れたんだけど、
なんかバラしちゃったーってね。
言ってきてさ、
ちょっと離れたところでね、
友人はテトラポットのところでやってて、
俺は少し離れたところでね、
ルアー投げてたから。
友人がそんなこと言っててさ、
朝の8時半ぐらいかな。
あのー、
釣って、
手元まで来てたんだけど、
途中でバラしちゃったーっつって。
で、ちょっと悔しがってたわけ。
友人も、
一匹前ね、釣れたんだけど、
でも、やっぱちっちゃいね、
お魚だったわけ。
なので、
結構大きかったらしいのよ、今回。
だからしっかりした魚を、
釣れたってところだったから、
すごい悔しがってて。
これも朝の8時半よ。
で、その時に1時間半ぐらいは、
投げてるんだよね。
2時間半ぐらい投げてるのか。
試行錯誤しながらね、
お互いやってたんだけど。
ちょっと身を結び始めたんじゃないかな、
と思って。
そしたら、
8時56分ですよ。
時は来ましたよ。
36:00
友人が、
釣れたーっつって。
いうわけ。
で、
行ってみるとさ、
魚釣ってんのよ。
普通のね、
手のひらサイズではあるんだけど、
まあ、
親指から小指ぐらいなんで、
15センチぐらいあんのかな、
の魚をさ、釣っててさ。
で、
すごい釣れてるーっつって。
で、穴釣りいけるよ、穴釣りいけるよ、
って話になってさ。
で、釣った魚がね、
アカササノハベラっていう、
ベラ科の魚で、
どっから来たのか、
魚で。
どっからすごいなーと思って。
釣れんだーっつって。
で、さっき、
もうね、
バラしちゃったけど、
まあ、釣れ、
半分釣れかかってたし、
で、実際にこのアカササノハベラっていうのも釣ってるし、
釣って。
来てんなーっつって。
釣れん、釣れんのかと思って。
コチトラ根がかりがすごくて、
ね、投げられたもんじゃないけど、
穴釣りすげーなーと思って。
で、
で、もうしばらくね、
してると、
ほんと10分後ぐらい、
に、
また釣れたーっつって、
声がするわけ。
えーっと思って。
そんな釣れることある?と思って。
で、見に行くと、
今度、カサゴを釣ってんのよ。
すごいね、と思って。
今まで、
いや、一緒にすげーいってるよ。
釣り行ってて、
全然釣れてなかったわけ、今まで。
まあ、もともと、
まあ、行った漁場、行った漁場で、
周りの人も釣れてないから。
だから、
まあ、俺たちも釣れなくて当然ではあるんだけど、
この日もね、
まあ、少しずつね、
時間が経つにつれて人が集まってきたわけ、結構。
朝はね、人いなかったけど、
さすがに、まあ、9時前ぐらいになってくると、
人がね、結構増えてきて。
でも、周りに人がいても、
その人たち誰も釣ってないわけよ。
そんな中、友人が釣るわけよ。
ねえ、1匹、2匹と釣ってくるわけ。
すごいね、と思って。
今までの成果というかさ、
これまでの、
その蓄積、が、
爆発したねって、覚醒したねって。
でも、
なんか、すげえなあと思って。
俺も、頑張りてえなあと思って。
でも、投げれば投げるほど、
値掛かりするだけなんだよなあとか思いながらもさ、
でも、1カ所、
あの、俺も値掛かりあんましない場所を見つけてさ、
その場所だったらなんとか、
あの、
投げて、すぐ負けば、
あの、値掛かりはしないで、
39:01
ねえ、戻ってくるわけよ。
でも、
値掛かりはしないで、
ねえ、戻ってくるっていうような、
ルートが1本あったから。
ちょっと、そこで投げようと思って。
で、そこで、俺もね、結構投げてたわけ。
で、
友人もね、2匹釣ってるし、
俺も釣りたいなあと思って。
で、やってたらさ、
なんか、
投げるじゃん。
で、いつもね、投げるわけ。
で、
まあ、値掛かり、値掛かり。
で、さっきまですごい知ってたわけなんだけどさ、
もう、投げて、
ねえ、
あの、巻いて、
で、引っ掛けて、引っ掛かって、
糸切って、みたいな。
ねえ、感じがすごい多かったわけ。
で、
今回もさ、その、
まあ、引っ掛からなそうなね、
エリアがあったわけでさ、
そこをやってんだけど、それでもたまに引っ掛かるわけ。
で、引っ掛かって戻って、
でも、引っ掛かっても、
その、
階層とかだったりするから、
階層が柔らかかったら、
そのままね、帰ってきたりするわけ。
で、ルアーのね、その針に、
階層がね、絡まったりとかするんだけど。
で、あぶね、あぶね、つって。
ねえ、もう引っ掛かって取れないと、もうやだから。
あと、ねえ、ルアー2個しかねえから。
で、何度か投げてたんだけど。
で、釣れねえなあと思いながらさ、
で、何度か投げて、
で、巻いて、みたいな。
やってたらさ、
結構ガッツリ根掛かったんだよね。
投げて、巻いてたら、
なんかガッって引っ掛かって、
また根掛かりぃと思って。
で、グーッと引っ掛って。
したら、その根掛かったところがなんかずれるんだよ。
なんかその、地面がずれるわけ、少し。
で、ランスって。
で、ちょっと根掛かってんだけど、ちょっとずれんなあと思って。
もう一回、ねえ、
グーッてやったら。
根掛かってんだけど、なんかまだずれんなあと思って。
ふん?つって。
魚なのか?つって。
根掛かってるけど、
ずれるっていうことは、
魚か?つって。
で、
もう、ガッツリさ、もう、
その根掛かったと思って、グーッて引っ掛ってっからさ、
たぶん、かなりフッキングしてんのよ。
口ん中でね。
ガツって引っ掛かってっから。
で、重たいの、すっごく。
地面がずれてる感じで、ほんとに。
もう、
重くてさ。
で、巻いて、
グーッつって。
重てえ!つって。
で、また巻いてグーッつって。
これなんかすんげえ重たいんだけど。
これちっちゃい魚じゃないだろうと思ってさ。
で、それずっとやってんの。
でさ、
42:00
でも、友人近くにいないのよ。
ちょっと遠くにいんのよ。
どうしようと思ってさ。
ま、ちょっと釣り上げるだけ釣り上げないとなと思って。
で、巻いてはね、
グーッてやって、巻いてはグーッてやってって繰り返して、
で、
やっぱ近づいてくんのよ。その重いやつがさ。
やっぱこれ魚だよなと思って。
で、なんか、
嫌じゃんそんななんかさ。
海の中にさ放置されたさ、
なんかTシャツとかさ、
多分、
でも、
多分、
Tシャツを引っ掛けても、
多分同じ感じだと思うんだけど。
重たいからさ。水に抵抗があるからさ。
でもさすがにこれ魚だろうなと思って。
ちょっと抵抗してる感じもあるし。
グーッてやって。
で、近づいてくるじゃん海の中でさ。
で、近づいてくるとさ、
で、近づいてくるじゃん海の中でさ。
で、近づいてきたらなんかでっかいのなんか。
ちょっと平べったいでっかい魚っぽいわけ。
なんだーと。
でもちょっとでかすぎるぞと思って。
え、でかい。でかくてさ。
で、
でもどうしようと思って。
一応、段差の低いところでちょっと釣ってたから、
ちょ、
で、
今回、
残念なことにさ、
その網持ってきてないんだよね。
いつも持ってきてんのに。
だからさ、
いや、こういう時に網がないってーと思って。
だからそのままじゃあ、
ねえ、
地上の方に、
もう、
持ってくしかねえと思ってさ。
その、
釣竿ちょっともう、
折れそうなくらい、
ねえ、ひん曲がってんだけど。
で、このまま、
ねえ、勢いで、
遠心力で、
で、
で、水の中から、
ねえ、地上の方に魚をねえ、
あのー、
ブンって投げてさ。
出そうっつって。
で、出したわけ。
したらさ、
海の中からさ、
バシャーって出てきたさ、やつがさ、
すげえでかいさ、
平べったい魚なわけ。
で、それがアスファルトの上にさ、
で、バシャーってなってさ、
もうビッチビチなってるわけよ。
やばいやばいと思って。
どうすりゃいいんだろうと思って。
このビチビチしすぎて、
どうしていいかわかんないわけよ。
もうさ、
半分パニックなわけ。
こっちもさ、釣ったはいいけど。
で、
ビチビチしすぎちゃって、
で、がっつり口に、
あのー、
針がね、
引っかかったんだけど、
それが、
暴れすぎて、
口に裂けちゃって。
魚の。
で、針取れたわけ。
で、
で、まだビチビチしてっから、
そのままなんか海の方逃げちゃいそうだからさ。
やばいやばいと思って。
一応ブロックだけしてさ、
海の方逃げないようにと思って。
そっち側にさ、体を入れてさ。
で、
少ししてると、
その魚がね、
えー、
ちょっと暴れなくなったわけ。
45:01
ちょっとなんか、
30秒くらいしたらね、
あんま暴れなくなったから。
で、友人にさ、
あのー、声かけてさ、
ちょっと釣れたんだけどー。
言って。
で、
友人が来たら、
めちゃめちゃでかいじゃない。
つって。
で、
じゃあちょっと袋持ってくるわ。
つって。
で、
普通にあの、
バケツみたいなの持ってたんだけど、
バケツにはちょっと入らないサイズだったんで。
結構おっきめのバケツよ。
でも入らないサイズだったから。
袋取ってくるよ。
つって。
で、自動車の方にさ、
袋取りに行って。
で、
で、ビニール袋の方に入れて、
で、水入れてみたいなさ。
感じするっていう、
ところだと思うんだけど。
で、取りに行ってくれて。
で、その間俺どうしようと。
で、やばい、
でかさだし。
何だろうかと思って。
したらさ、
あのー、
周りにいた人がさ、
あの、寄ってきて。
何、釣れたの?つって。
で、
3組ぐらいかな。
人が集まってきてさ。
で、でっかい!つって。
こんなでっかいの釣れんの?つって。
何で釣ったの?とか言われて。
あ、ルアーで釣りました。
ルアーで釣れるんだ!つって。
なんかルアーでさっき、
あの、釣ろうと思ったんだけど、
なんか投げたらすぐ寝かかりしちゃって、
もう諦めてたんだけど。
っていう人もいてさ。
寝かかりしますよね。つって。
なんかちょっと釣れました。
初めて、ちゃんとした、なんか、
でっかい魚釣れました。つって。
で、
パッと見なんか、
カレイ?
かヒラメか、ちょっと分かんない感じだったんだけど、
多分その系の、ね、
魚でさ、
でかいわけ。
で、ちょっと写真撮ったりとかしてさ。
で、したら友人が戻ってきて。
じゃあ、これで袋を持ってきたから、
袋の中に、
この魚入れて、
で、水入れてみたいな。
ちょっとやって、ね、
ちょっと一回、覚悟しよう。つって。
で、やってさ。
で、なんとか、ね、
一回落ち着いて。
いやー、すごいの釣ったね。つって。
で、
一回写真撮ってたからさ。
それで、あの、
なんか、
AI解析みたいなのができるさ。
アプリがあって。
この魚は、
なんという魚ですよ。
っていうのを写真で判定してくれるみたいな。
そういうアプリがあって。
フィッシュアイってアプリなんだけど、
で、それで撮影してさ、
撮ったら、
一応ヒラメですよ。
でてさ。
これヒラメか。つって。
で、そんなんで、ね、
私ヒラメを釣り上げまして、
でかい。
何センチだと思う?
48:01
一応サイズ比較で、
あの、ちょうどね、
ラクテンミニってさ、
あの携帯あるじゃない。
ちっちゃい携帯。
あれ持ってたからさ。
あれとのサイズ比較したんだけど、
ラクテンミニの、
5倍ぐらいのね、
長さがあるのよ。
これはでかいぞと。
これはでかいぞと。
思いしでかいぞと。
で、
えー、
まあ、あとでね、ちょっと
測ったんだけど、
49センチ。
やばくない?
49センチの
ヒラメを釣ったんだよ。
いやー、やっぱねー。
なんか、
耐えた甲斐があったね。これまで。
本当に、あのー、
まあね、いつも狙ってるのは
青物だからさ、
なんかもうブリとかね、
そのイナタとかさ、
まあそういうね、青物。
狙ってましたけど、
大きめのね。だけど、
いやヒラメもすごいよ、
と思って。
やっぱそういう根がかりするような
ところではあるけども、
そこは諦めずにね、
えー、もう、
差を振り続けたという
感じもあるし、
やっぱこれまでね、
ルアーで何も釣れないと。
そんなのが十何回続いたわけじゃない。
だけど、
諦めないでずーっとね、
ルアー一本で頑張ってきましたよ。
で、冬の寒い日も
頑張りました。
それが報われたというかね、
なんかそんな感じで。
で、だから、
友人はね、そうやって連続で
魚釣るし、
しっかりヒラメ釣るし、
やばいね今日、つって。
で、そんなんでさ、
あの、
もう俺も興奮さめあらぬ中ね、
まあ投げてさ、
俺もちょっとまた頑張るわ、つって。
で、そんなんでね、
お互い投げてたんだけど。
そしたら、そっから30分くらい
経ってからかな、
あの、今度また友人が、
釣れたー、つって。
カサゴ釣ってんだよね。
そんな釣れる?
と思って。
いや、俺もそうなんだけど、
友人もだよね、と思って。
お互いにあんだけ釣れなかったのに、
今日こんな釣れる?
と思って。
で、カサゴを釣っててさ、
もう3匹目で友人ね。
で、そっからさらに
20分後くらいに、
友人が、また釣れたよー、つって。
カサゴ釣ってんだよ。
どんだけ釣るのよ、
と思ってさ。
すごいね、と思って。
で、そんな感じでさ、
あのー、
お互いね、結構いい
51:01
調感をね、得て。
で、
私もね、あのー、
頑張って投げてたんだけど、
結局でも最後は値掛かりしちゃって。
で、アマゾンのルアーも、
残り2個、両方とも
値掛かりしちゃって。
投げられるルアーは、
マイクロジグしかないからさ。
ちょっとこの辺で打ち止めかなー、とか思って。
で、ちょうど時間見たら中時半だったから、
で、ここから片付けて、
で、ね、
あのー、
その場所から、
出ていくのが11時くらいになるかなー、と思ってさ。
リミット11時だったんで、
ちょうどいいかなー、と思って。
じゃあ、今日は、
ここまでにしようか、つって。
でも、ルアー、
結局7個、ね、無くなってるからさ。
いやー、そりゃ値掛かりしすぎだろー、って思うんだけど。
でもねー、
やっぱその7個、
攻めた甲斐があったよね。
49センチの平目だから。
でーかいもん。
で、本当は、
つったでしょ?
だからさ、
Twitterとかでさ、
あのー、みんなに、
言いたかったの、本当は。
こんなでっかい平目つったよ、つって。
ねー、言いたかったんだけど、
やっぱラジオまで
撮っとこうかなー、と思って。
ねー、
言いたがりな私もね、ちょっと我慢してさ。
ねー、
えー、ちょっと今日、
初出しのね、平目情報でございましたけどもね。
いや、釣れるもんなんだなー、
と思って。
めちゃめちゃ、
しっかりした平目を、
本当になんか、
売ってないレベルだよね。
大きさ的にも。
そんなでかいの、
なかなか見たことないなと思って。
49センチだよ。
すごいよ。
もう。
っていうところでさ、
いや嬉しいなー、
っていうところなんだよね。
で、お互いね、その友人も。
友人が釣ったのは、
ちっちゃい魚もあったから、
えー、ちっちゃい魚は、
あの、ちょっと最後逃がして。
で、大きいカサゴを2つ。
だけ持って帰ったって感じ。
で、
平目も持って帰ってって感じなんだけど。
ただ、
平目に関してはさ、
あの、
俺家に持って帰ったところで、
捌けないわけ。
捌けないよね。
てかそもそも台所に、
置けないよ。
49センチものサイズの平目をさ、
捌くもクソも。
まな板に乗らないもんね。
だから。
で、
まぁ魚も捌れないしね、私ね。
あんまり。
なので、友人は魚捌けるのよ。
だから、
じゃあ今日の平目はね、
あの、持って帰ってもらって。
54:01
っていうことでさ、
友人に、
あの、
お渡しして。
美味しく食べてくれって。
で、そんなんでさ、
渡したんだけどさ。
時間があればね、
今回リミットは11時っていうね、
リミットがあって、
午後から予定があるよってのがあったから、
そのまま渡してね、
捌いて食べてねって話だったんだけど。
時間がね、
特になければさ、
予定とかなければね、
今後はどっかね、
お店とか持ってって捌いてもらったりとか。
あとは、
どっか居酒屋とかね、
食事所の方で捌いてくれる
お店があればね、
そこに持って捌いてもらってと。
持込料払えばね、
捌いてくれたりするお店もあるからさ。
だからね、
せっかく釣ったからね、
楽しみも広がればいいなと思って。
そんなんでさ、
平目、
釣りましたよ。
でも、
ちょっと思うことがあるわけよ。
釣ったはいいですよと。
まぁ触れないけどね、
フィッシュグリップとかもあったりするし、
まぁ色々ね、駆使すればいいんだけど、
結果最後は、
その魚を
捌くと。
いうところに行き着くわけじゃん。
どんな魚釣ってもね。
でも俺捌けないじゃん魚。
これ良くないなと思って。
で、
本当はね、
今日のスペシャルウィーク、
魚の捌き方教室
行ってみました。
っていうのをやりたかったんだよ。
この釣り、
釣れましたっていう流れから、
で、
魚の捌き方教室に
行ってみたんですけど、
っていう話したかったんだけど、
あの、
釣った、
魚釣り行った日が
土曜日だったわけ。
で、さすがに土曜日からで、
次の日の日曜日とか、
すぐに、
その魚の捌き方教室とかって
行けないんだよね。
やっぱり1週間、2週間くらい前から
そういうのって予約しないと、
行けなくてさ。
で、いくつかあったのよ。
結構調べてさ。
そしたらなんか、
いろんなパターンがあって、
そういう、
飲食店が
やっているその、
魚の捌き方教室みたいなのも
あったりとか、
あとはもちろん
ABCクッキングスタジオみたいなね、
ところが魚の捌き方教室を
やってたりとか、
なんか、
あと築地、
でね、築地市場のところで、
あの、
魚の捌き方教室やってたりとか、
いろいろあんのよ。
だからさ、
ま、これからですけど、
57:01
私ちょっと、
魚の捌き方覚えますよ。
ま、触れるところからって
話ではあるんだけど、
ま、それも含めて。
最悪、
その、
多分、手で触るのが
多分まず、
拒否反応出てるんであれば、
それはなんか、
ビニール手袋みたいなのしてさ、
触れば少しはね、
違うかもしれないし、
ま、できない、
ね、苦手、
ま、あると思いますけど、
それはそれでね、
受け入れてね、
前に進まないとどうしようもないので、
で、
釣れるわけだからさ、
こうやってね、
やめとか釣っちゃうわけだから、
そしたら、
やっぱ次はね、
俺が捌かないといけないわけですから。
だからちょっと、
近々、魚の捌き方教室、
行ってきますんで、
そしたらもうね、
万全ですよ。
釣ったら、捌くと。
ね、そういう流れがやっぱ
あるわけだからね。
ま、ちょっと、
いいところをね、探して。
そしたらまあそういうのもね、
行くと出会いとかもあるわけじゃない?
もしかしたらね。
そういう料理教室とかね、
前からリスナーの方に言われたりとかしてたよ。
パールさん、
料理教室とか行ったらいいんじゃないの?
料理を覚えられるし、
出会いとかもあるかもよ、つって。
言われてたけど、
ちょっと行きたいなと思ったけど、
なんかきっかけがなくて。
普通の料理だったらさ、
別に料理本見ながらやれば、
だから、
ま、あえて料理教室行くのもなー、
っていうのもあったんだよね。
正直。
だけど、
その、
やったらできるじゃんって思ってるからさ。
行かないわけでさ。
でも魚の捌き方はさ、
やってもできないわけよ。
まず触れないからさ、魚を。
だから、なんか、
強制的に触んなくちゃいけない
状況を作んないといけないとか。
なんかそういうのも
全部含めてなんだけど。
魚の捌き方だったら、
やっぱそれも教室行って
一回教えてもらわないと、
どうにもならんぞと思ってるから。
だからちょうどいいなと思うんですよ。
でね、
出会いがもしあった時にはさ、
で、なんで魚の捌き方、
教室来ようと思ったんですか?
って言われて。
いやー、自分、釣り趣味なんですよ。
この間もですね、
49センチのヒラメを釣り上げちゃいました。
へー、すごい。
釣って。
まあね、
ぎこはははって言われるだけなんだけど。
そんなんです。
まあね、ちょっと、
釣ったら捌きましょう
というところだからね。
なんか、これから、
3月とかは、
1:00:01
ちょっと予約が取れないっぽいんだけど、
4月入ってからは予約取れるっぽいんでね。
ちょっと行ってこようかなと思ってます。
で、
そんな感じだったんですけど、
いや、なんかね、
ようやくだね。
釣りのコツを
掴んだというか、
釣れたから、
コツが掴めたってわけじゃなくて、
投げ方とか、
そのルアーフィッシングの仕方を
少し分かったというか、
今まで、
俺正直、
ルアー投げても、
思うところに
飛んでいかなかった。
飛ぶ日はあるんだよ。
飛ぶ日はあるんだけど、
なんか安定しないし、
どうしようって思ったんだけど、
今回ですね、
完全に投げ方を、
コツを掴んで、
これはいけるねと思って。
飛ぶ、
少し飛んで、
少し飛ぶようになったし、
狙う場所も、
狙えるようになったし、
だからね、
一番ね、
皆さんも釣りしてる人いると思うんだけどさ、
当然でしょ、
みたいなことかもしれないし、
だけど、
中には釣りしてて、
上手く投げられないなって人もいるかもしれないからさ、
ちょっと私のコツなんだけどさ、
竿からさ、
ルアー垂らすじゃない。
糸垂らしてさ、
ルアー垂らすわけじゃない。
で、この、
糸の垂らしの長さ、
っていうのが、
いろんな人がさ、
ルアーフィッシングの仕方で、
投げ方のコツみたいなのさ、
動画出したりするんだけど、
人によって、
その、
糸を垂らして、
その、
糸を垂らしてる長さとかって結構違うのよ。
長めに垂らしましょうとか、
短めに垂らしましょうとか、
いろんな人いるんだけど、
で、俺は、
少し長めに垂らしてたのよ。
その方が、
糸飛ぶっていう話を聞いてたからさ。
なんだけど、
今回、
ちょっと他の動画見てて、
少しなんか、
俺より思ってるよりも短めにしてるな、
っていう動画があって、
それ真似て、
少し短めにして投げてみようと思ったら、
すごい投げやすいわけ。
短くしたら。
そりゃそうなんだよね、と思って。
例えばさ、
石にさ、
長い紐をつけてさ、
で、紐持ってさ、
普通にね、手で投げると。
っていうのと、
もう、
紐とか使わないで、
石をそのまま手で握って、
投げるっていう。
どっちが投げやすいかって言ったら、
直接握ってさ、
1:03:00
投げた方がさ、
投げやすいじゃん。
っていうのと一緒でさ、
糸の垂らしもさ、
長ければ長いほどさ、
飛ばし方が難しいわけだよね。
で、糸が短ければ短いほど、
直接握ってるに近いから、
飛ばしやすいわけよ。
もちろん、
糸が長い方が、
その反動とかね、
そういうのもつくから、
飛ぶんだろうけど、
自分の適した長さっていうの。
俺は、
ちょっと短めの方が投げやすい。
さらに、
慣れてきたらもっと長くしたりとかでね、
より遠くに飛ばすとかって、
あるかもしれないけど、
ちょっと短めの方が、
まず投げやすいなってのがあって、
それだと、
ところ、俺の中では一番飛ぶし、
で、狙いのところにも
飛んでいくし、
ところなんだよね。
で、あとは、
意外と、なんていうの、
竿を、
できるだけ、
立てて投げた方が、
いいね。
うん。
俺、できる限り寝かしてたんだよね。
寝かして、
で、投げると。
だからもう、糸を結構長めに垂らして、
で、竿は結構傾けてから、
で、もう遠心力使って投げるみたいな、
感じだったんだけど、
意外とそこまでしなくてもいいんだなって。
垂らしはちょっと短めで、
気持ち短めで、
竿も、そんなに傾けなくて、
言ったら、
立てるに近い感じ。
ちょっと斜めになってますせぐらいの、
感じで投げてもいいぐらい。
で、投げると、
で、それが意外と手投げになるのか、
そうでもなくて、
しっかり投げられるんだよね。
それでもね。
だから、なるほどなーと思って。
このね、冬の寒い時期、
何度も何度もね、
投げた甲斐があったよ。
最悪、開花したというか、
投げ方もね、
大丈夫だし、これでなんか、
込み合っているね、
釣り場とか行ってもさ、
それでも別に、
隣の人と糸が絡まることも、
たぶん今後ないと思うし、
明後日の方向行くってこともないと思うし、
で、
魚も釣れるし、
こっから楽しいよ、たぶん。
魚釣り。
3月はもうちょっと行かないんだけど、
4月になったらね、
釣り、また行きますから。
4月、
どのタイミングかちょっと分かりませんけどもね、
また、あったかくなったらね、