1. 楽しいラジオ「ドングリFM」
  2. 1063 ドングリFMのイベント開..

イベントの詳細はこちら:【3/22金】雑談 Presents OneDayOwner「ドングリFMのお店」

https://240322-dongurifm.peatix.com/view


男性にスキンケアを始めてもらいたい、切実に|伊藤聡

https://note.com/campintheair/n/n61162ae667cd


電車の窓に映った自分が死んだ父に見えた日、スキンケアはじめました。 : 伊藤 聡

https://amzn.to/49QqStY


コレ、イイんじゃない? 2023年おすすめスキンケア5選|伊藤聡

https://note.com/campintheair/n/na31d0ef7f628

Summary

ドングリFMでは、物販イベントを開催し、リスナーとの交流を図っています。イベントでは、限定のドングリグッズの物販やビールの注ぎなどが行われています。男性のスキンケアについての記事に影響を受け、男性の化粧品に関する情報が個人の体験談がなかなか見つからず、ノートや本を参考にする必要があると考えています。

00:00
Speaker 2
おはモーニング、どうもなつめぐです。
Speaker 1
どうもなるみです。
ドングリFMの物販イベント
Speaker 2
ドングリFM、物販やります。
Speaker 1
やります。
Speaker 2
物販と言いつつ、交流会、懇親会します。
Speaker 1
そうですね。リスナーさんと触れ合う場を用意するというか、なんでしょうね。
Speaker 2
生なるみ、生なつめぐを見に来る会をやります。
Speaker 1
はい。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
日程なんですけど、3月22日ですね。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
金曜日。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
場所が東中野の雑談です。
ポッドキャストの聖地的な場所ですね。
Speaker 2
メモン。
Speaker 1
クラフトビールとかおいしいというところですね。
Speaker 2
僕、店長やりたい。一日店長やりたい。
Speaker 1
うん。無理ってお願いして、僕となつめさんがビールを注ぐというのをやりますので、皆さんよかったらビール注がれに来てください。
Speaker 2
ここではどんなことができるんですか?
Speaker 1
んーとね、訳あって僕ら売り物があるじゃないですか。なぜか今、手元に。
Tシャツからキャップとか、その他、何だろう、いろいろあるよね。
Speaker 2
それを販売します。
Speaker 1
うん。
雑談の収録スペースあたりにちょっと物を貸してもらって、
Speaker 2
はい。
Speaker 1
一日限定どんぐりグッズの物販やりながら、あと僕となつめさんはそこでレジやったり、あとは、そうですね、ビール添えたりとか、とりあえず何かしらいるので、よかったらリスナーの皆さん、会いに来てくださいという感じですね。
イベントでのドングリグッズ販売
Speaker 2
なんで物販のものがあるんですか?
何なんだろうね。なんかこういうのがあってもいいかなと思って作ったんですよね。
Speaker 1
はい。ポッドキャストウィークエンドというものがありまして。
はい。
それ用に僕となつめさんが何かグッズ作りたいなって言ったら、たけぷろさんがめちゃめちゃかっこいいのをデザインしてくれたんですよね。
Speaker 2
ね。いっぱいいろいろね。
Speaker 1
ね。で、ポッドキャストウィークエンド当日に持ってこうと思ったんですけど、段ボール1箱2箱あるので、これちょっと直接郵送したいなと思ってね。
郵送方法とかどうやるのかなって調べたら、近隣の郵便局とかに極度目で送るといいですよというのがあったので、よっしゃと思って郵便局に送って、当日は取りに行ったんですよ、僕が。
そしたら郵便局閉まってましたね。土日なので。で、それ以降はですね、その荷物が僕の家にそのまま戻ってきて、ずっと玄関置いてあったんですけど、今は僕の実家にあります。
Speaker 2
へへへ。実家は物置きじゃない。
Speaker 1
うん。実家の僕の部屋に置いてあります。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
なので、そっから荷物を持ってきます、また。今度はね、近くの郵便局に送らないようにしようかなというふうに思ってます。
Speaker 2
平日だからいいんじゃない?
Speaker 1
いっか、やってみる?
Speaker 2
バカバカバカ、その時間を閉まってんだよ。やってみるじゃないんだよ。
Speaker 1
3時閉まっちゃうからね、郵便局の丸口が。
Speaker 2
いや、普通に雑談に送ればいいんじゃない?
Speaker 1
いや、まあそうだと思うけど、あえて郵便局に送るっていうリベンジっていうのもあるかもしれない。
Speaker 2
はい。で、結構そこがですね、素晴らしいデザイナーさんやいろいろな人たちが動いて、希少なグッズがたくさん出ております。
で、ちょっとまだ何も確定してないんですが、おそらくそんな再販はしない系のものが多いと思うんで、
まあなんか、要望があれば、もしかしたら変わるかもしれないんですが、今のところ再販の予定はないので、だから本当にあれです。ここ限り。
Speaker 1
うん、そうっすね。
なので、おいおいどんなものがあるかっていうのはちょっとツイートとかで出してきますので、
まあそれ買うなり買わないの関係なく、普通にビール飲みに来てくれるでも全然いいのでね。
Speaker 2
ね、そうですね。
Speaker 1
ビールいっぱい飲みに来てもらっても全然大丈夫ですので。
Speaker 2
で、これが公開されている、この収録が公開されている頃には概要欄に告知のURLが貼られております。
はい。
あとツイッターでツイートしております。
Speaker 1
そうですね。無料で誰でも来れるんですけど、雑談っていうお店のキャパシティ的に大体30年40年いっぱいになっちゃうので、
一応、確実に入れる。確実に僕らがビールを注ぐっていう無料のチケットをPTXで出しているので、
よかったらそれを登録みたいな感じでね、参加票みたいな感じでやってくれると、我々としても参加者把握しやすいとか、
実はこれくらい来るのかなみたいな感じでわかりやすいので、よかったらそのPTXの方で申し込みだけしてもらうとありがたいです。無料ですので。
Speaker 2
何時からですか?
Speaker 1
えっとね、夜の7時から。雑談のお店自体はね、夕方5時からやってるんですけど、
僕らがお店に入って、一応どんぐり的なものが始まるっていうのが19時からで、で、僕らが開けるのは22時ですね。
で、雑談のお店自体は23時までやってるので、一応僕らも23時くらいまでその辺飲んでるかもしれないんですけど、
一応19時、22時の間に来てもらえると、僕らは確実にビールを添えれるので、いろいろお話できるんじゃないかなと思います。
Speaker 2
僕もその時間帯はいます。
Speaker 1
います。さすがのなつめさんもその時間帯はいることを保証するという、保証された時間というのがありますね。
Speaker 2
そう。なつめ具とはみたいな概念であるみたいなよくわかんないこと言い出すかもしれないですが。
Speaker 1
そう。
はい。
Speaker 2
いやー楽しみ。
うん。
なんだっけ、ワナチルじゃないや、ヨルチル以来?
Speaker 1
ヨルチル以来ですかね。去年の12月以来なので久々。
Speaker 2
そのポッドキャストウィークエンド以来。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
いいですね。
Speaker 1
あとは僕とかはね、なつめさんがビール添えれる間、ちょっと見せ番してもらうために、なんかあれですかね、あのデコポンとか息抜きとかその辺を召集しておきますかね。
Speaker 2
なんか。
まだ何も話じゃないけど。
なんか今あの、なに、部活の後輩呼んでおこうかなみたいなそういう。
Speaker 1
うん。ちょっとあの辺呼んでおきますかね。
Speaker 2
かっこいい。
Speaker 1
一切今のとこ聞いてないですけどね。
Speaker 2
そんななるみさん初めて見た。
うん。
えーなんか僕もそうやって、僕が召集できるポッドキャストは誰かいるのかな、誰もいないな。
Speaker 1
あの大野田保健の人。
Speaker 2
大先輩だわ。
Speaker 1
大先輩だね。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
僕らより全然年上のね。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
はい、そんな感じで。
Speaker 2
ね、えっと当日は本当にそこだけしか売ってないものがあって、多分基本的には裏どんぐり以外の人たちの再販はちょっとまだ考えてはないので。
うん。
なんかまあ欲しい人は是非Twitterでいろんな。
そうっすね。
これが出ますとかを随時。
はい。
ちょっとずつ更新するので。
出してきますので。
Speaker 1
うん、それ見て欲しかったら。
なので、まあそれもありつつの、あの普通にビール飲みに来てもらえるので全然大丈夫なので。
良かったらお話しに来てもらえたら嬉しいなと思いますので。
Speaker 2
いいっすね、久しぶりに。
Speaker 1
ね、雑談プレゼンツドングレーヘムのお店みたいな、ドングレーヘムバーだからなんかいろんなそんな名前になると思いますので。
Speaker 2
素晴らしい。
Speaker 1
良かったらあの概要欄のPTX見てください。
Speaker 2
ドングレーヘム。
Speaker 1
ラジオネームこだちさん、ありがとうございます。
Speaker 2
ありがとうございます。
スキンケアについての話
Speaker 1
えー、韓国プさんからですね。
こんにちは、毎回楽しく聞いております。僕は今月で30歳になった韓国人です。
こうしてだんだんおじさんになっていくのかと思っています。
突然ですが、僕の質問は、おじさんがしてもいいことと、諦めるべきことはどんなものがあるのか、お二人はどう思っていらっしゃるのか気になっております。
一つの例として、僕は外出前、メイクをしたり、皮膚科に毎週通って、いろんな何かしたりとかしていますけども。
こういうことを僕が実際45歳になってからやってもいいものかと、ふと思っています。
質問自体が愚かかもしれませんが、お二人が年を取ることによって諦めてしまったことは、逆に年を取って始めたことについても、おっしゃってくださればありがたいです。
ラジオネームこだちさん、ありがとうございます。
ありがとうございます。
Speaker 2
こんにちは、おじさんです。
Speaker 1
韓国人の方ですね。
30歳なんて若いじゃないですか。
Speaker 2
年取ってからやめた方がいいものとか、今更やらない方がいいとか言ってた?
やかましいわ。
いくつになってから、80歳になってiPhoneのアプリ開発して、Appleの人に表彰された人とかいるんだよ。
いくつになって何やってもいいよ。そんなの否定するやつがいたら、俺が否定してやる。いいよいいよ、やれやれ。やりたいことやれ。
Speaker 1
ほんとそうで、年取れば取るほどやること増えてるよね。
Speaker 2
いい、いい、そんなの関係ない。ネイルしたいなと思ったらすればいいし、別に男性でも気にせず。
Speaker 1
焼肉食べる以外は何でもできるようになってるよ。
Speaker 2
そうだね。
Speaker 1
僕もう和牛は食べれないんだけど。
Speaker 2
ちょっと白い筋みたいのが多いやつ。
Speaker 1
しもふりとかみたいな油多い和牛食べること以外はもう世界広がってしょうがないですね。
Speaker 2
焼肉は食べれないね。
Speaker 1
食べれないでしょ。だからね、今30歳だから、マジでちょっとこれはやっといたほうがいいよっていうのは、お肉は食べておいたほうがいいね。
あと5、6年だから、これは。
メイクとか別に40なって50なってもやっていいと思うけど。
胃腸だけはちょっと正直なんでね。
Speaker 2
そうだよな。
Speaker 1
でもね、僕最近、メイクじゃないけど、肌のケアはちゃんとやんなきゃなって思い始めてるんですよ。
Speaker 2
いいじゃん。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
なぜ?
Speaker 1
なんかね、僕とあるノートを読んで、ちょっと待ってね、どれだっけな。
Speaker 2
今なるみさんが探しているので、僕が少し喋ると、僕は完全にアグリ、納得、合意で。
ヨッピーさんが言っていて、僕はすごいそうだと思ったのが、ヨッピーさんは肌とかケアしてモテたいんですかって言われるけど、モテたいわけじゃなくて、
普通にしようとすると、そういうこと頑張ってないと、もう老いの方が早いから、普通に嫌われないために、普通にキモくならないために、普通にするためにやってるんやって言ってて。
Speaker 1
そうっすね。僕今送った記事が、伊藤さとしさんという方がノートに書いてる記事で。
Speaker 2
へー。
Speaker 1
男性にスキンケアを始めてもらいたい切実にっていう記事なんですよ。
Speaker 2
はい、2021年9月21日の。
Speaker 1
この記事読んだんですけどね。すごい、でも本当にその通りだなって書いてあって。
うん。
おじさんになると肌も傷んでくるから、ちゃんとケアした方がいいよっていうのはもちろんその通りなんだけど、そういうところをちゃんとし始めると、
次第に、じゃあ食べるものも気をつけなきゃなとか、その前に睡眠が大事なんだとか、いろんなところをちゃんと治そうっていう意識がはだいてくるから、
その手始めとして、ちゃんと化粧水ぐらいはやった方がいいんじゃないかみたいなことを。
Speaker 2
へー、いいじゃん。
Speaker 1
おじさんがね、入口からちゃんと提案してて。
で、まず3つ買うといいって書いてあるのよ。
はい。
1つ目が化粧水ですね。
はい。
これも安いやつでいいので、1つ買うといいと。
で、その次は乳液、そして美容液。
この3つを買うと、いやむしろ楽しくなるって書いてあってさ。
1つ買うよりも3つ買った方が楽しくなるって書いてあったよ。
Speaker 2
えー、これ僕まだ読んでないんで、読めやだと思うんですけど。
うん。
今、化粧水と乳液と美容液って言った?
Speaker 1
美容液、うん。
Speaker 2
なんか違いがわかんないし。
Speaker 1
あとね、それがオールインワンで1つになったものもあるんだって。
へー。
それを買ってもいいんだけど、それぞれ別々のものを、好きなものを研究した方が男性はハマるんじゃないかって言っててさ。
あー。
その心理は確かあるなと思って。
なのでこの人の、たぶん立派なおじさん50歳くらいの人が書いてる記事なんだけど、
うん。
その人の書くこのスキンケアっていうのはちゃんとやった方がいいよっていう切実な記事っていうのはすげえ面白いのよ。
Speaker 2
へー、ちょっと面白そう。
Speaker 1
で、この化粧水っていうのは、なんだろう、ガジェットインク例えるとTR808に相当するとか。
Speaker 2
へー、そう言われるとちょっと。
Speaker 1
ギターみたいなものみたいな。
Speaker 2
そう言われるとちょっと書いたくなってくるな。
Speaker 1
そうそうそう。
なんかDJとかバンドとかに例えてきて、この廉価版のこのギター持ってくといいよみたいなもの書いてあるんだけど、すげえすげえ面白くてね。
Speaker 2
へー。
Speaker 1
で、この伊藤さんっていう方がね、出した本が、電車の窓に映った自分が死んだ父に見えた日、スキンケア始めましたっていう本。
Speaker 2
あー、それ本だっけ?あれ?
Speaker 1
本。それ見たことあると思うんだよ、タイトル。タイトルとか。
Speaker 2
うん、それブラグかなんかじゃなかったっけ?へー、それの人か。
Speaker 1
そうそう、その絵の人。
はー。
男性のスキンケアについての影響
Speaker 1
たぶんこのノートの記事きっかけにそのままの勢いでスキンケアの本出したんじゃないかな。
Speaker 2
へー。えー、ちょっといいな。見てみようかな。
Speaker 1
うん。でも電車の窓に映った自分が死んだ父に見えた日っていうのは、僕今でもあるもんね、すでに。
Speaker 2
いいタイトルだね。
Speaker 1
ね、ふと電車の窓見ると、自分の親みたいな顔してるなと思ってね。野菜いいんだけど、おっさんになったなと思うから。
そういうことだよね。
で、うちの親世代とかもうまずスキンケアなんてしないわけよ。
うん。
まあでも、僕らの場合って今こういう情報たくさんあるし、まあちょっと下の台のね、男性はみんなやってるわけだから。
うん。
こういうのかじったっていいなと思うので、僕この記事に影響を受けてなんか揃えてみようかなって思ってますね。
Speaker 2
へー、面白そう。なんかそういう時にさ、前も言ったけども、あの、この伊藤さんのノートとかいいね。ノートで見なきゃダメなのか、なんかさ、
男性用の化粧品って、化粧水とかって、あの、バルクオムがSEをぶっ壊しちゃったからもう最悪なんだよね。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
もう何してもバルクオムになっちゃって、もうさ、だいぶ、あの、だいぶ回復したけど、この5、6年、もうぶっ壊れてて、一生出てこなかったんだよね、もう。
Speaker 1
いや、結構これね、俺もそれ、すげえ切実で、Google検索がさ、個人の感想を省いちゃったじゃん、検索結果が。
個人ブログ入れてこないし、もうぶっ込んだ結果のさ、アフィリエイトかな、みたいなものしか出ないし、あと企業のものしか出ないから、最近こういう個人の体験なんて僕ノートで検索してるんですよね。
Speaker 2
ノートで検索、そうそうそう、僕もだよ。ノートで検索した方がいいもん。とか、あとスラノート、スラじゃないや、あの、スペースノートで検索する。
Speaker 1
そうそう。結構それはあるね。
うーん。
僕ノート社員では言うわけじゃないけど、例えば、この間、クレジットカードの期限切れたわけよ。
Speaker 2
新しいのにしようと思って検索すると、クレジットカードなんてアフィリエイトは。
ダメじゃん。
あー、そうだよ。
Speaker 1
クレカの検索がいかない、もう全然ダメじゃないですか。
Speaker 2
死んでる死んでる、ほんと死んでる。
Speaker 1
だから、そんで検索したのが、はてなブックマークの中をクレジットカードで検索するとか。
Speaker 2
あー、はいはい、そうそうそうそう。
Speaker 1
あの、ノートの検索でクレジットカード検索すると、このカードを契約したら結構こんなポイント溜まってる、楽しいとか。
Speaker 2
あれでしょ、スミ友のナンバーレスに結局なったでしょ。
Speaker 1
まあ、なりがちなんで、あれに。
どう考えてもスミ友のナンバーレスになりがちなんだけど、ちょっとあれだって面白いのないかなって探してるんだけど。
Speaker 2
そうそうそうそう、僕もそう。
Speaker 1
でももう、その時にさ、Google検索だともう全然ダメじゃないですか。
Speaker 2
ダメ。もう、アフィリエイトにしか行かないから。
Speaker 1
そう、アフィリエイトの収益が高い奴が上に来てるんだろうなって気がするから。
Speaker 2
そうなんだよね。
Speaker 1
いやだからね、このクレカなりスキンケアなりも、ノートの本当の体験談として見ると結構やる気になるよね。
Speaker 2
そうそう。そう、あのバルコウムが本当にこばしちゃって、もう今はいいかもしれないけど、
昔あれよね、なんかすごいちょっとおかしいぐらいのアフィリエイト品になってて。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
で、儲かるからって言って本当にもう量産されたんだよね。
うんうん。
まあそれであんだけ売れてるから行っちゃいいのかもしれないけど、ちょっと。
Speaker 1
まあ入口バルコウムの方も全然いいと思うんだけどね、あの初心者の人がさ。
うん。
とりあえず最初に何かやるのが大事じゃないですか。
Speaker 2
まあそりゃそう、そりゃそう。ただでも僕は、なんだろう、情報を知りたい。
Speaker 1
うんうん。まあ普通に知りたいよね、体験談っていうのを。
そうそうそうそう。
普通のなんでもない体験談知りたいじゃないですか。
個人の体験談の重要性
Speaker 2
うん。なんかこれはヒリヒリしたとかかもしれないし、やってもよくわからなかったかもしれないし、
なんかこういうイトウさんみたいな体験談を知りたい。
僕ずっとここ数年あれや、ウラドンでクシーさんが勧めてくれた化粧水そのまま買って。
Speaker 1
勧めてたね。
Speaker 2
そうそう、そのまま買ってずっと使ってる。
でも正直何が良くなったかは全然わからない。
クシーさんはなんか写真見るとすごいトゥルントゥルンに顔になってたんだけど。
Speaker 1
クシーさんの肌が綺麗すぎんだよね。
Speaker 2
そうそうそうそう。なんか僕は全然。
Speaker 1
かなり効いてると思うよあれ。
Speaker 2
なんか、あとあれでしょ、フォト書でしょあれ。
Speaker 1
フォト書使わないだろ別に自分に。
Speaker 2
いやいやいや、とかあとあれでしょ、加工アプリでしょ。
Speaker 1
アイドルじゃないんだから別に使わないだろ。
個人ブログの欠如とノートの有用性
Speaker 2
あんなトゥルントゥルンなんだよ。
Speaker 1
僕ね、この間クシーさんに会ったんすよ。
Speaker 2
加工してた?
Speaker 1
近くで見ても普通に肌が綺麗だったね。
Speaker 2
本当に?
うん。
そう、なのでね、ちょっと僕は、僕も結構こういうのやりたいのよ。
で、ハマる自信あるし好きだから凝りたいんだけど、凝り方がわからん。
Speaker 1
入り口わかんないじゃないですか。
Speaker 2
入り口わかんない。これ、え、これってイトウさんの。
Speaker 1
イトウさんのノートと、イトウさんの本っていうのは結構いいと思うよ。
本は僕買って、あの家にあって読もうとしてる方なんですけど。
へー。
無料のノートの方だけでも十分面白い。勉強なるよ。
Speaker 2
2023年おすすめスキンケア5000とか書いてんじゃん。しかも無料じゃん。
そうそう。
え、これ買おうかな。
Speaker 1
こういう個人ブログってのはほんと最近ないからさ。
Speaker 2
え、いいじゃん。すごい。
おすすめスキンケア5000とか無料で書いてくれてる。え、買おう全部。
Speaker 1
そうそう。
イトウさんね、すげーツイッターとか面白いし、ノート面白いから普通にフォローしておくといいっすよ。
Speaker 2
へー。
僕全然会ったことがないけど、すげー見てるよ。
Speaker 1
この本買おう。
Speaker 2
うん。本いいと思うこれ。すげー売れてるっぽいよね。
Speaker 1
そうなんだ。
はい。なのでこのお便りのこたちさんですけど、
うん。
今30歳で外相前メイクするとかね、皮膚科に行ってるとかやるけど、
それはね、45歳になってもやりゃいいじゃないですか普通に。
うん。
Speaker 2
僕ら今からやろうとしてるぐらいだから。
やりたい時がやる時よ。
そうそう。
まあ学店やったっていいし英語やったっていいし。
うん。
まだ見にね、そんな年齢を出すのはちょっと違いますね。
そうですね。
関係ない。
Speaker 1
うん。
肉だけ食っとけっていう。
ふふふふ。
Speaker 2
なんかあれよね、あの、肉体的にできなくなることはあるけど、
うん。
そうそう。
50m走をなんか8秒で、7秒で走るみたいな。
Speaker 1
いやでもさ、たぶんマラソンとかってさ、逆にいい感じになるから。
Speaker 2
まあ頑張ればいけるか、そうかそうか。
Speaker 1
おじいちゃんランナーめっちゃ速いからね。
あと自転車とかもさ、年取ってもできるから。
Speaker 2
確かに。
Speaker 1
意外と持久力って衰えないよなと思って。
なんでもありたいんだからね。
うん。
Speaker 2
だからその、いいのよ。
やりたい時に。
年齢なんて関係ない。
うん。
やりなさい。
やりたい時がやる時よ。
年取ってくるとやりたいなと思わなくなってくるんだから。
Speaker 1
いやマジそのモチベーションを維持するのが超大事だと思うよ。
うん。
やりたいなと思うことと思った瞬間動くことが大事だよね。
Speaker 2
うん。
はい、なので僕はちょっとこの伊藤さんの。
うん。
あと、とりあえず好きをやっといて。
Speaker 1
どんぐりFMのアカウントで好きしておくと聞いてくれるかなと。
Speaker 2
あとで分かんなくなったら。
はい、お便り。
ありがとうございます。
こんな感じでねお便りぜひぜひどっかにから送れるので皆さんも送ってみてください。
ありがとうございました。
ポチッ。
えーこれめっちゃいいじゃん。
こういうのが見たいの。
こういうのが見たいの。
Speaker 1
こういうのがさ、絶対Google出してくんなくなってんじゃんもう。
バルコン、バルコン、バルコン。
人はナンバーレス、ナンバーレス。
Speaker 2
あれはPRもしてるけど、どう調べてもあれになるのよやっぱり。
Speaker 1
まあね、年会費無料でさ、ポイント還元もいいしさ。
Speaker 2
で、あれで兄さんにクレジット払いでやるのが一番いいのよ。
Speaker 1
そうだね、いやもうほんとよく出てくるよあれ。
Speaker 2
そうそう、リビルドでひげぽんさんが色々調べたり人に聞いた結果それになったって言ってたから。
Speaker 1
ひげぽん信者じゃんやっぱり。
Speaker 2
そうだよ。
そうだよ。
19:51

Comments

Scroll