1. デジクリ - デジタルクリエイティブの話
  2. 10年前の技術なのに最高 #210
2022-01-31 12:54

10年前の技術なのに最高 #210

10年前のレンズですが、まだまだ主要レンズ。
コストパフォーマンスがすごい。
富士フイルムX-E4ユーザーから見た、XFレンズの「神話 第二章へ」についてお話しです。

FUJIFILM X-E4: https://amzn.to/3AeZST4
XF60mmF2.4 r Macro: https://amzn.to/3tESPAE

富士フイルムX-E4ユーザーから見たXFレンズの「神話 第二章」
https://note.com/aoneko/n/n13c8877e4490

今回の配信が役に立ったという方、今後も聞いてみたいという方は、フォローしていただけるとうれしいです。
感想やメッセージは、お便りフォーム、Twitte、noteのコメントでお待ちしています。

お便り👉 https://forms.gle/Y9ydVK8Kp9ozGmUq8
note: https://note.com/nonbiridays/
Twitter : https://twitter.com/nonbiricast
感想👉 Twitter ハッシュタグ #のんでい
メール: nonbiricast@gmail.com

番組コンセプト【何気ない日常、あなたらしい残し方は?】
https://note.com/nonbiridays/n/n1d087a1a410c

今日も元気に楽しく

00:02
のんびりデイズです。
今日お昼、牛肉コロッケ食べたんですけれども、2個あったんですね。
久しぶりにコロッケ食べるんでね、ちょっと欲張って2個食べたんですけれども、
1個目は美味しいなと思って食べてたんですが、2個目になると半分ぐらいからちょっともういいかなという感じで、
あんまり油ものを食べないので、慣れてないから別にそのコロッケが悪かったわけではないんですが、
普段食べてないものを食べると、特に濃いものを食べると胃がちょっと受け付けないのか、すすみ具合が止まるということもあるんじゃないかなと思います。
今日はそんな話ではなくて、フジフィルムのレンズの話なんですが、
X-E4、フジフィルムのX-E4というカメラに、XF60mmF2.4Rマクロというレンズをつけて最近撮ってるんですけれども、
X-E4というのが去年2021年の2月に発売されまして、それからそのままずっと約1年間使い続けているカメラで、
いろんなカメラやレンズを使っている人のお話、レビューとかもとても勉強になるんですけどね、
たまにはそれしか使ってないというX-E4とXF60mmF2.4Rマクロしか使ってないという人の話の中にも何かお役に立てる話があるかもしれませんので、聞いていただけると嬉しいです。
そんなフジフィルムX-E4ユーザーから見たXFレンズの神話第2章へというお話をしてみたいと思うのですが、
XF60mmF2.4Rマクロ、これはマクロって書いてるんですけれども、ハーフマクロというレンズになります。
Xマウントが始まった時に生まれたレンズで、ちょうど10年前にXマウントが始まったんですけれども、
その時に3本レンズができまして、XFの18mmとXFの35mmとXFの60mm、この3本がその時に誕生したんですが、
なので今年2022年がちょうどXマウント10周年ということで色々イベントを開催されたりするのかなと思って楽しみにしてるんですが、
03:12
つまりXF60mmF2.4Rマクロというのは、言ってみれば10年前の技術で作られたレンズということになります。
ちょっと使えそうにないなと思う人もいるかもしれないんですけれども、未だにこれをメインで使用している人が結構いてると、
中にはまだこのXF35mmF1.4しか使わない、それぐらいまだまだ主要レンズで頑張っているということです。
これはすごいなと思うんですよ。他のメーカーではちょっとわかんないんですけれども、どうなんですかね。
10年間ずっと使い続けているレンズはあるんですかね。言うてもね、オールドレンズを考えると別に10年ってそんなに長いわけでもなくて、
50年ぐらい普通にあってずっと使い続けているオールドレンズがあったりします。私もプラナーのレンズとか古いレンズを使うこともありました。
ただそれは昔のレンズなので非デジタルのレンズになります。今のデジタル対応レンズではなくてね。
このデジタルになってからのデジタル対応レンズで10年というと結構長いんじゃないかなと思います。
他のメーカーのレンズはわかりません。
10年ずっと主力で使えるということになるとね、かなりコストパフォーマンス的にもあまりレンズを買えないユーザーさんたくさんいると思いますので、
そういう人にもコストパフォーマンス的にありがたいレンズなのかなと思います。
独自路線でじっくり開発進めているフジフィルムさんもね、流石に次世代レンズを目指そうかなというふうに考えているみたいで、
昨年ね、次々と出てきました。XF33mmF1.4、XF23mmF1.4、XF18mmF1.4、縦続けに次世代レンズを開発発表から販売させてきましたね。
XF50mmF1.4も、1.4じゃない1.04ですか、あれもその部類に入るのかなとは思うんですけれども、
その紹介ページにね、神話は第二章へと太字で大きく書かれていて、
06:06
というのが、さっき言ったXF35mmF1.4ね、これが神レンズといって、フジフィルムユーザーの間ではずっと愛され続けているレンズで、
神レンズの第二章ということで、多分神話は第二章へというキャッチコピーになっているんだろうなと、
ワクワクしますよね。どういう風に変わっていくのか、進化していくのか、第二章どうなっていくのかね、とても気になるんですが、
一方ね、疑問を持っている人たちも結構いるんじゃないかなと、
特にXEシリーズ使っている人たち、XEユーザーとしてそっち方向に進んでいくのはどうなのかなと思うこともあります。
どうなったとしてもこれまで使っていたレンズね、ずっと使い続ける人も多いんじゃないかなと思うんでね、
多分路線が違うのかなと思ったりします。
その第二章ね、神話は第二章というのはね、カメラのセンサーが今後変わってくるんですよね。
高画素数センサー、カメラがどんどん高画素になってきます。
それに対応するレンズということで、新しいレンズのラインナップとして、
さっき言った3本ね、XF33mmとかの3本が登場してきてるんじゃないかと、
そう考えるのが普通かなと思います。
なのでね、やっぱり以前からある初代のXFレンズもまだまだ使い続けたいと思うわけですよ。
ただね、やっぱり古いんでね、技術的にもね、10年前の技術で作られたレンズなんで、
その使い勝手とかね、品質取り心地みたいなね、撮影体験、
そういうものは今のレンズのものを維持したまま、細かな技術を最新技術に合わせてリニューアルしていただけると嬉しいのかなと、
ずっと使い続けているユーザーとしてはそう思うんじゃないですかね。
何を改善して欲しいかなと考えた時に何かなと、
特になかったりもするんで、具体的な改善というよりもやっぱり技術に、今の技術に合わせたものにして欲しいというぐらいかなと思うんですけれどもね。
09:05
もしこれ聞いていって、こんなこと、改善あったらいいなというものがあれば、コメント等で教えていただけると嬉しいです。
正直言うと今のままでいいと思うんでね。
強いてあげるならば、逆光耐性、特にXF60mmF2.4の逆光耐性、これ結構逆光に弱い気がします。
これ何を撮るかによって感じ方も変わると思うんですけれども、若干弱いかなと思うので、その辺改善できると嬉しいなと。
これも多分10年前の技術で作られたのでそうなっているだけで、最新の技術で変えて改善していくことはできるんじゃないかなと勝手に思っています。
それぐらいですかね。
と言いつつね、矛盾するんですけど、オールドレンズっぽくね、使ったりフィルム調に撮影することができるんでね、このXF60mmF2.4っていうのがフレア出やすい個性があるんでね、それも大好きなんで。
もし新しいレニューアルのXF60mmF2.4がもし出たとしても旧型と新型と併用する可能性もあるんじゃないかなと思ったりもしています。
あとね、このレンズオートフォーカスが若干弱いかなという声が少なからずあるみたいなんですけれども、私はそれほどそこに関しては困ったことがなくてね、これは多分使う用途とかレンズの個体差もあるのかなと思ったりしています。
あとね、レンズオートマップが発表されて公開されているんですけれども、ここちょっと整理してもらえたらいいなと勝手に思ってるんですが、単焦レンズのところね、マクロは別にして単焦レンズのところが大口径プライムというラインとコンパクトプライムというラインが2つのラインがあるんですけれども、
旧型のね、旧型というか現状型のXF35mmF1.4と次世代と言われるXF33mmF1.4ね、これどちらも同じ大口径プライムレンズっていうラインの方に並んでるんですね。
これがちょっと違和感あるなと思うのと、あとロードマップ見た目的にもね、ちょっとごちゃっとしてる感じがするんで、もう一つラインを追加するとかしてね、分かりやすくした方がいいのかなと思ったりしました。
12:06
ということで今回はフジフイルムXE4ユーザーから見たXFレンズの神話第2章Aについてお話ししました。
今回の配信が役に立ったという方、今後も聞いてみたいという方はフォローしていただけると嬉しいです。
感想やメッセージはお便りフォーム、ツイッター、ノートのコメントでお待ちしています。
今日も元気に楽しくのんびりデイズでした。
12:54

Comments

Scroll