1. ひとりボッツ
  2. 7/9 ossanfm300回 / バチェロ..
2024-07-09 19:56

7/9 ossanfm300回 / バチェロレッテ / ほか色々

4 Comments

Summary

クリスはおっさんFMが無事に300回を迎え、招待制のイベントや友人のライブを楽しんでいます。京都の道で車からクラクションを鳴らされる一幕もありましたが、稲葉さんの番号を知り、ビーズファンの車に乗っていることがわかり、イライラがなくなりました。また、バチェロレッテの新シーズンについて話し合われ、出演者の間柄が仲良すぎるという感触があり、盛り上がりに欠けると感じました。

おっさんFMの300回
こんにちは、ossanfmのクリスです。今日は7月9日、火曜日ですね。朝収録をしております。皆様、お元気でしょうか。
先日、ossanfmが無事に300回を迎えることができました。よっ、めでたい。 バチバチバチバチ。はい、拍手が。ありがとうございます。
拍手がなりませんが、長山さんととりあえず始めましょうかと言って、3回で終わるかもしれませんね、と言われたりもしましたが、
なんだかんだで300回と6年ぐらい続いているわけですね。はい、毎度毎度言ってますけども、はい、
コツコツね、長山さん、私も結構、コツコツ続けるのが苦じゃないタイプなんだろうなと思ったりもして、あと2人でやっているのが、
お互いがお互いを、長山さんが待ってるしなっていう気持ちがあるから、続いているみたいなところもね、あったりするんだろうなという気もしますけどね、
はい、これからもできる限り頑張っていきたいというふうに思っておりますし、何年か前から始めたゲスト会という取り組みですかね、
ゲストの方に出ていただくっていうのも、あれがあるから飽きが来ないみたいな面もね、あったりしていいのかなと思ったりしております。
はい、おっさんFM、数少ないコアなファンの方からは、ゲスト会もいいけど、私と長山さんが喋る会が好きですって言ってくださる方もいて、大変ありがたいなと思ったりしておりますね。
はい、ありがとうございます。そして300回ではですね、たまたまそのゲスト会のタイミングと被りたというのもあって、藤原博さんと坊主に出ていただきました。
またね、今週の金曜日に第後編が出る予定ですけども、はい、オフライン収録してその後、ご飯も行かせていただいて、
藤原博先生がお忙しい中、動画も撮ってVLOGも仕上げていただいている。ありがたい、ほんとね、字幕もつけてめっちゃ丁寧なVLOGを作っていただきましてありがとうございます。
酔っ払ってるわけじゃない、ノンアルデで食べてるはずなんですけどね、なんかカリスマになりたいとか言ってて、何を言ってるんだこいつはとかは自分でも思いますけど、
カリスマになりたいのは、まあなりたいですよね。なりたいって言う分には別に自由ですから、なりたいですよ、カリスマにね、はい、すごい言葉、すごいこと言ってますね、ほんとね、ありがとうございました。
見ていただいた方もですね、いろいろな反応をいただきまして、特におっさんFMディスコードの方ではですね、おめでとうメッセージやそのVLOGの感想とか、300回の感想とかもいただいて、大変ありがたい限りでございます。ありがとうございます。
はい、続けていきたいと思っております。
はい、そしてですね、言及関連で言いますと、ちょうど昨日かな、昨日、工藤文子さんの講演日記の方で、マイサイズの話題が出ておりますね。
はい、まあ我々がよくマイサイズ、マイサイズ、もう当たり前のようにね、マイサイズなんてもうSMAPと同じぐらい日本国民知ってるだろうというテンションで喋ってますが、意外とマイサイズの、マイサイズって知名度がそこまでだったんですかね、まだね。
大塚食品さんが出している、まあその単品でレトルトのパックだけで100キロカロリーに調整してあるレトルト食品シリーズみたいな感じなんですよね。
まあ結構いろんな種類があって、キーマカレー、グリーンカレー、欧風カレーっていうそのカレーシリーズと、他にも親子丼とかですね、中華丼とかいわゆるその丼物シリーズとか、あとご飯に混ぜる系のチーズリゾットとかですね、そういうやつが、あとビビンパか、そういうやつがあったりしますね。
はい、これ結構ね、100キロカロリーなんで、カロリーコントロールしたい方とかはすごくおすすめですし、なんか塩分も調整してあるシリーズもあるのかな、はい、まあなんかこう食事制限をしなきゃいけないんだけど、ちょっとおいしいものがいいなっていう人はおすすめですね。
お値段もね、スーパーとかで見つけて買うと、まあそこそこ安いというか、200円しないですから、150円以下で買えるんじゃないかな、今だったら。これネットでAmazonでいろんなアラカルトみたいなやつを買うと、ちょっと高めに設定されてるんですね、1個あたりの単価が。
なので、多少高くてもいろんな種類をガツッと買いたいんだって方はAmazonで買ってもいいですし、スーパーでたまたま見つけたので買いましたっていうのでも全然、はい、いいと思っております。
はい、マイサイですね。私は結構ね、林ライスとか林とかグリーンカレーとか、そういうカレー系がやっぱね、いいですよね。食事制限してるとそういうものを食べにくいので、やっぱアジー的にね、そういうのがあるとありがたいというところになっております。
はい、で、私の体重の方も順調に減ってはきてるんですけど、最近夏暑いじゃないですか。で、この週末もね、子供の野球があって、だいたい最近僕朝起きてパン1になって体重測って、で、夜ご飯1日過ごして、で、夜ご飯食べてお風呂に入る前に体重計乗るんですよね。
で、朝が一番軽くて、まあ日中過ごして、夜少し体重が増えてる。で、また寝るとまた前日と同じくらいになるみたいな、まあ水分が多分あるの関係があったと思うんですけど、この間のこの週末にですね、まあ朝から少年野球に行って、朝一ですね、1時間半ほど炎天下に晒されながら、いわゆる急進というかストライクボール判定するあの審判ですね、をやったんですけども、
めちゃめちゃしんどくて、汗もね、だらだら出るし、水分飲んでも飲んでもどんどん出ていくみたいなね、自分が水分を保持できない体になってしまったんじゃないかっていう感じぐらいこう水分が出て、で、まあその後午後もですね、子供の野球に付き合って行ったんで、まあ暑くてちょこちょこ飲んでたんですよね。
で、まあ炎天下の下で汗かいてる時に水分を取ったんですけど、その後は日陰とかにね、休憩しながら結構ゴクゴク飲んでたんで、まあいっぱい飲んだんで、まあ体重もしかしたら増えてるかもなと思ったらガッツリ減ってましたね。
朝から測って1キロぐらい、1キロ、1.5キロぐらい減ってたのかな水分の量で言うと。めっちゃ減ってんじゃんと思ったんですけど、晩御飯食べて翌朝かるとまたちょっと戻ってましたね体重がね。なかなかね、今の63キロぐらいのところから落ちないんだよね。
減ると62.62キロぐらいまで減るんですけど、60キロぐらいまで落としたいんですけどね、この2キロをちょっと何とかしたいと思っております。
はい、あとはいろんな話題があるんですよね今日は。
あのおっさんFM本編で話してもいいんですが、まあちょっと話しとくか。
この週末はですね、京都で開かれたベンチャー向けのイベントもあってですね、それに行っていろんな方とお話をして、それで結構楽しかったんですよね。
それでそのイベントってすごいめちゃめちゃ人が集まってて、サイドイベントって言うんですかね、でっかい会場でやる大きな本体の他に京都市中でいろんなところでちっちゃいテーマ別のセッションとかパーティーとかですね、
招待制のイベント
観光とかアトラクションとか飲み会とかが開かれていて、まあ自分でどこに行きたいか選んで、参加費が必要なものもあれば別に特になしで行けるものもあったりするみたいな、まあそういう会だったんですよね。
そこでとあるですね招待制のイベントがあって、その招待メッセージが来てたんですよ。
でそれに私気がつかなくて、でその開催されるその当日にですね、招待来てんじゃんと、たまたまその開催時間の前に予定があって、ちょうどその開催時間、その招待されているイベントの開催時間の頃に前の用事が終わりそうだったんで、
このイベントにちょっと参加したいなと思ってですね、参加登録みたいなのをリンクからたどってやったら、招任までお待ちください、招待制なんでね、招任までお待ちくださいっていうメッセージが来て、
はいはいと思って待ってたんですけど、しばらくしたらなんかそのメッセージが招任されませんでしたみたいなメッセージが来て、
丁寧にそのイベントの主催の方が、このイベントは招待制になっておりまして、みたいな公平性を期すために参加はご遠慮いただきたいと思いますみたいなのが来てるんですけど、いやいや招待されてるんですけど、しかもそのメッセージを送ってくれた方が別経由で招待されてたんですけどね、
なんかちょっとこう釈然としないものがありますが、まあギリギリでね申し込んだ私が悪いということで、わかりましたということで諦めましたね、はいちょっとこう体験は良くないですけど、まあ私も悪かった部分はあるので、そこはまあねそんなことがありましたというところと、あとは
この週末はですね、他にも知り合いの、今一緒にバンド活動やってる方のお友達というか知り合いの方がこうライブをやるということでお誘いいただきまして、リオンの方のライブハウスに行ってライブを見てきました。これめっちゃ上手かったですね。
なんかもうおじさん、私よりもだいぶ年上の方4人のバンドでした。で、フュージョンやってらっしゃるんですよね。あのボーカルなしのインストバンドなんですけど、まあかっこいい。ベースの方とかめちゃめちゃ上手かったですね。
でなんか普段はね、あのそれぞれ皆さん遠方に住んでいて、土曜の午後とかにインターネット繋いで遅延をめっちゃ、まあ有線LANとかで繋いで遅延をなるべく少なくしてインターネット越しにセッションして練習しているそうで、すごいそういう時代なんだなと思いましたね。
だからその会場にもその当日仙台とか福山から来て、その場でライブするみたいな感じのイベントだったんですけど、それもなかなか面白かったですね。で、ライブに行く途中でですね、道を歩いてたら、京都の道を歩いてたらですね、後ろから車がね、ババッって言ってきたんですよ。クラクション鳴らしてきて。
そんなんで道のど真ん中歩いてたわけじゃないんですよ。たまたま道を歩いてて、前に人がいたんで、それを追い越していこうと思ってちょっと横にヒュッて出たら、車道に出たわけではないんですけど、それに対して車の後ろからブブッって言われて、京都なんて道が狭いんでね、そういうこともよくあると思うんですけど、鳴らすなよとか正直思ったんですけど、後ろから轢かれると困るんですけど、別にそんなに鳴らすほどのことじゃないだろうと私は思ったんですが。
ちょっとね、一瞬ムッとしたんですけど、パッとね、ナンバーを見たら、京都のナンバーじゃなかったんですよね。
やっぱこう、観光のシリーズなんで、よそから来た方が京都の道狭いなと思いながらイライラしてるのかなと思いながら見て、私もちょっとムッとしたんですが、そのナンバーの下見たらですね、数字がね、178だったんですよ。
多分あれ稲葉さんの番号なんで、多分あれビーズファンの車なんですよね。そう思ったら、なんか、あ、ビーズファンじゃんと思って、なんか、そのさっきのイライラがスッとなくなったっていうね、やっぱ稲葉さんってイライラだなってちょっと思いましたね。
同じものを好きなファンって、やっぱいいなってちょっとね、思ったという。何ならちょっと車追いかけてって、なんか稲葉さん好きなんですかって声かけたくなりましたけどね。まあしませんでしたけど。はい。
そんなことがあったりしましたね。あとなんだ、ちょっとおっさんFMでボツになりそうなデータで言うと、あ、そうそうそう。
えー、野球をね、見てるんで、大谷翔平選手が6月めっちゃ調子が良かったホームランバンバン打ってたんですよね。で、あの、一昨日ぐらいかな。誕生日だったのかな。
大谷翔平選手の誕生日なんで、誕生日になんかこうね、バースデー、バースデー弾、ホームランを打たないかなみたいな風に注目されてたんですけど、その日はね、バッティング調子が悪くて打てなかったのかな。で、翌日にホームラン打ってるんですよ。
そしたらさ、webの記事に、なんか1日遅れのバースデー弾って見出しがあったんですけど、それアリなん?みたいな。それ言い出したらもう何でもアリになっちゃうけど、いいんですか?みたいなね。1日遅れのね。1日早いバースデー弾。3日遅れのバースデー弾って、そもそもバースデーに打つからバースデー弾なわけであって、翌日に打ったらもうそれは違うでしょ?みたいな。1日遅れってなんだよ?って思いましたけどね。
とりあえず見出しをつけるときに引きがあるものあるもので考えてそう書いちゃったんでしょうけど、なんかちょっとルール違反なんじゃないかってね、一瞬思ったりはしましたが、細かい話でございました。
はい。っていうのと、あとそうでね、1人ごと2人ごとでも話されてましたが、ちょうどね、先週のオッサンFMの収録の時にバチェロレって見ましょうよみたいな話が出てたんですよね。
バチェロレッテの新シーズン
バチェロレってシーズン3、私も見ております。今いくつまで?エピソード6ぐらいまで見たのかな?今7まで公開されてて、6まで見たのかなと思いますね。
見てはいて、それなりに楽しんではいるんですけど、今回はちょっとね、コンテンツ?いわゆる恋愛リアリティとしては、だいぶ大人しい目だなっていう感触はありますね。
やっぱりその、いわゆるリアリティ症っていろんなことがあって、出演者に対する誹謗中傷症があって、傷ついてみたいなこともあって、結構事件になったりもしたと思うんですよね。ああいうのもあって、やっぱり出演者の方が視聴者に対して、視聴者に対して向いてる時間が結構あるんじゃないかなっていう気がしててですね。
何を言ってるかっていうと、要はあんまり視聴者が見てて、「あ、こいつ何やってんだよ。」みたいな、いわゆるヒール役みたいな感じがいると思うんですけど、あんまりそういう人がいないんですよね、今回は。
あまり嫌われるタイプの人はそんなにいなくて、「私は無理だな、この人。私はこの人いいな。」っていう感覚の人はいると思うんですけど、「何やってんねん。」みたいなツッコミをやれる人がいない。
となると、コンテンツとしてはそんなにね、面白いか面白くないかというと面白くないんですよね。それが良いか悪いかは別の話なんですけど。
あまりゴリゴリ行く人がいないなっていうのもあるし、男性陣ですね、女性を取り合う男性陣が、今回はちょっと仲が良すぎる気がするね。
大人しいし、仲が良いから、友情物語を見てる感じにもなるし、これまでもそういう目はあったんですけど、今回ね、エピソード6まで見てても、まだバチロレッテも、参加されてる男性も、恋愛モード、めっちゃ好きですっていう人にモードになってる人がいないと思うんですよね。
とりあえず、そういう風になれるといいなっていうことで、なるべく残ろう、残ろうとしてるんですけど、その番組の中にね。
なんかその、お互いめっちゃ好きなんです、ラブラブです、みたいな感じの人がいない。これもまた面白くないところの一つではあるなと思っていて。
なんかちょっと消化不良じゃないですけどね、なんかいまいちみたいな。逆にそういうタイプ、ゴリゴリ系になってたんだろうなっていう人が多分、序盤の序盤で落とされまくってたと思うんですよ。
たぶん番組側的には、この15人選ぶときに、そういういろんなタイプの人を入れていくと思うんですけど、バチロレッテが最初の段階で、そういうゴリゴリきそうで、結構波乱を起こしそうな人を序盤でバンパンパンって外しちゃった気はしますね、今思うと。
今手元で15人のリストを見てますけども。そんな気はしております。結構男性人も、よく考えたら、その時初めてバチロレッテを見てさ、恋愛に好きですっていけるかって結構難しいじゃないですか。
今回のバチロレッテも、めちゃめちゃ真面目にやってくれてると思うんだけど、あんまり自分を好きになってみたいな感じの雰囲気でもない気がしていて、それは難しいところですよね。
というのがありまして、難しいですね。
という、一応最後までは見ますけど、どうなるのかね。
人で言うと、いきなり最初のファーストインプレッションが滑りまくってた、串田さん、ケミストリー、物理科学者の方ですね、は、まあ、順当に言ったらこの人なんじゃないのって気はしてるんですが、まあどうなんでしょうね。
まあ他の人でもいいか、別に。
そう思っちゃうのがちょっとなんかあれなのかな。この人応援したいって人もなんかね、なかなかいないんですよね。
バチロレッテシーズン2とかは結構なんでしょうか。
シーズン2だっけ? シーズン1かな?
シーズン1か、シーズン1は結構この人みたいな人がいたりもしたんですけどね、私応援したい人みたいな。
はい、まあ無事っすな。
はい、まあ所詮は他人の色恋沙汰でございますよ。
はい、まあまあまあちょっとね、あの普通にコンテンツ楽しみたいと思っております。
はい、というとこでしょうか。最近のアップデイツは他にもね、いろんなもの、本読んだりとかやったりもしてるんですけども、またちょっと次の機会に話しましょうかね。
はい、ということで今日はこの辺でということで、ではまた。
19:56

Comments

えっ、違うんですか?

そうなの!?

Scroll