1. 平日回帰φ瑠
  2. アヤコPの火曜回帰φ瑠「展示会..
2024-05-21 14:39

アヤコPの火曜回帰φ瑠「展示会日記」

spotify

しゃべりすぎて風邪ひきました

平日回帰φ瑠、火曜MCを担当いたします孤独なPodcaster アヤコPです。

80億人分の1人が、365日中の1日の火曜の出来事をもとに、孤独にニヤニヤ語ります。

金曜回帰Φ瑠の⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠discord⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠サーバで、お便りをお待ちしております(ひとんちw)。


=アヤコPについて=

ニュースレター「リベルタス」を毎日配信しております。よろしければご登録ください。

また、時折、乾燥した荒野に、地上八階 地下二階の「無限塔」という建造物が現れるので、その中二階にあがり、「無限塔の秘密」というPodcastを配信することがあります。

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://ayakoizumi.substack.com/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠@ayakoPizumi

Summary

ポッドキャストの一人MCは風邪を引きながらも火曜日の使命を果たしています。先週は講演や展示会に出展し、大成功となりました。また、展示会後のイベントや友人との遊びで体に負担がかかり、風邪を引いて病院でPCR検査を受けることになりました。展示会に出展し、スタートアップ界隈の人々と交流する中で、仕事の難しさや展示会の効果について考えています。

00:05
孤独なポッドキャスターが平日毎日一人で語る、平日回帰ファイル、火曜MCはアヤコギーです。
皆さん、こんにちは。2024年5月21日火曜日です。
まんまと風邪をひきまして、こんな声になっておりますが、それでも火曜日のこの使命をね、私は遂げたいと思ってマイクの前に座りました。
講演や展示会
先週からですね、先週からというか、先週毎日のように、ちょっと登壇とか講演みたいなのが続いていてですね、
極めつけはですね、講演登壇だけだったら全然いいんですけど、
木曜日に、展示会に出展したんですね。スタートアップイベントだっけな、スタートアップフォーラム。
スティック東京今やってると思うんですけど、そこと同時開催みたいな形で、スタートアップ、本当のスタートアップっていうか、もう本当の卵の卵みたいな企業とかも結構多かったんですけどね。
私も企業どころじゃなくて、任意団体で、任意団体で出展するって結構レアだなって思いながら、
でも何か繋がりができるといいなということで、一緒にやってる子ども会議の方なんですけど、一緒にやってる人がですね、これに出したらいいんじゃないかっていうことで、熱い思いがあって、
ちょっとわかんないけど試しに出してみようかということでですね、出した木曜日が極めつけだったと思うんですけど、
朝の10時からかな、10時から終わりが5時まで、驚くことにですね、喋ってない時がないみたいなぐらいに、人があふれ返っちゃってですね、我々のブースに。
もの珍しいのもあったのかもしれないんですけど、出会いがたくさんあった、もしくは名刺がたくさん集まったという意味では、すごい大成功なイベントになりましてですね、おかげさまで。
スタッフ2人で私を含めてやってたんですけど、本当にもう2人体制の時もずっとどっちも喋ってるみたいな感じで、私ね展示会仕事で何回もネタしたことあるんですけど、こんなにこんなに人が来ることがなくて、
どっちかっていうと、お願いだから聞きませんかぐらいの感じでチラシ配ったりとか、無理やり人を聞いてもらうように呼び込みかけたりとか、呼び込み、大声出して呼び込みするみたいなのがむしろ常だったし、
なかなかブースに来てくれないから、ブースでミニプレゼンするかみたいな感じで、結構ミニプレゼン形式でブース構成したりとか、最近もクライアント学で展示会の手伝いとかすることあるんですけど、本当に人来ないって言ったらあまり良くないけど、そんなに来ないですよね。来ないんですよ。
テーマと、出展する展示会と、来る人のマッチングが全然できてないせいだと思うんですけどね。
今回は別に子ども会議、私2個やってるんですけど、2個っていうか子ども関係2個活動してるんですけど、1つがもともと3年ぐらい前からやっている任意団体の株式会社子ども会議括りっていうプロジェクトですね。
もう1つは、最近創業したC&Y Partners株式会社っていう方で、そっちはもう行政の住宅ビジネスなんで、もう住宅とかしてるんですけど、そっちじゃなくて、子どもをテーマにするっていうか、子どもを何かしらそういうね、ビジネスって言ったら変ですけど、社会の三角に関わるっていうことをテーマにした、
展示会じゃもちろんないんですよ。なくて単純なスタートアップが単純に集まってるっていうだけなんですけど、何かしらね、なんか面白いビジネスの種とかアイディアの種みたいなのを探してるいろんな企業の人たちが結構集まってきて、
もちろんね、すっごい誰でも知ってるような会社の人もいれば、なんか個人でやってますっていう人もいて、まあその流動感はいろいろ大小様々だったんですけど。
なんかね、チラシとかもろくに用意してなくて、なんか用意してないんだけど、ちょっと当日まずいなと思ったから、社員を募集する、子ども社員を募集するっていうチラシがちょうどたまたま余っていたので、余りをね、ちょこっと持って行って、
もし何か欲しいって言われたらこれ渡せばまあまあなんとか連絡先とかも書いてあるしぐらいの感じで持って行って、それも何分?100ぐらいから持って行ったらそれも全部吐けちゃってですね、最後の方はもうチラシないですすいませんみたいなぐらいのね感じだったんですよ。
でもすごいありがたいんですけど、おかげでね多分そこで喉を潰したんですね。はい、それぐらい喋ってたっていう。で、その次の日も、なんだっけ、司会か、司会業があってイベントの。それはあんまり喋んなかったかな。
なんですけど、まあ人がいっぱい集まる中でいろいろ喋ったりとかしていたら土曜日の夜に喉がやばいと思って、とにかく何か毎日のように先週何かあってたから、なんかあれですかね、緊張とか、緊張というか緊張は全然しないんですけど、あのちゃんとやらなきゃみたいなのがあるからちょっと疲れたのかなと思いますね。
風邪とPCR検査
そんで土曜日は、そうそう土曜日はですね、あの横須賀にあるジャムステックっていうですね国立開発研究法人、えーなんだっけな、海洋なんとかっていう、あの船というか海の深海の調査をする団体があって、あの知ってる方はすごいよく知ってると思うんですけど、そこのね、あのオープン、1日オープンデーがあって、
あの抽選に当たったってほどでもないけど、なのでもう1回行ってみたかったから行ったんですよ。
で、あの私の目当てはですね、あの地球っていう調査船があって、なんかそれの本物が見れるのかもしれないとか思ってですね、行ったんですけど、本物の展示っていうのはなくて、調査船の。
あくまでジャムステックっていうですね、団体が法人がやっているいろんな研究調査の発表会みたいなのが、すべての施設でいろんな趣向を凝らした展示方法でなされていてですね、あの全部見ることはちょっとね、できなかったんですけど、もう本当にそれも大盛況というかもうめちゃくちゃ混んでて、
で、そのジャムステックの職員さんたちがですね、本当に熱心に一人一人に説明してくれるから、なんかね、面白くて聞いちゃって、でも2時間ぐらいしかいなかったのかな、ちょっと疲れてたのもあって、とかっていうのがあってね、すごいあの大変だったと、大変だったんだけど、多分体に負担がかかったんですかね。
でも次の日がですね、ライブだったので、ライブじゃないや、次の日に朝から朝市に行って、それですごいしこたま遊んでですね、昼午後から朝市まで友達と行って、
で、それでもね、しこたま喋ったんですよ、友達と。喋ってない日がない、喋ってない時間がないぐらいっていうね、あのそういうね、おばさん同士のお喋りが続いてですね。
ほいで、夜、夕方、移動してライブ会場に、でライブは楽しみってやって、で月曜日は月曜日で、もう一日ちょっとね、あの地方から友達が来るっていうんで、準備して、遊ぶ準備をしてですね、一日中それもちょっとね、あの楽しくやって、夜はしこたまお酒を飲み、
まあ暴れまくって、私は暴れてないけど、あのみんなが暴れてそれをなんかいろいろやっちゃったら、なんかね、今日本当になんかもぐったりしていて、で、おまけにあの風邪もひいてるっていうね、そんな感じですね。
あの病院は行ったんですけど、あのPCR検査もなんか無理やりさせられて、熱はないんですけどね、だけどなんか最近はやっぱりただの風邪だと思っていたらやっぱりコロナになる人もいるし、コロナの検査はやっぱしなきゃいけないらしいですよ。
で、望まないんだけどさせられて、で、あのコロナでもインフルでもないということがわかったので、まあよかったんですけどね、こんな感じで声が潰れております。声が潰れていると結構ね、仕事もちょっと大変ですね。
そして低い声がなおさら低くなるというそんな感じでございます。で、その木曜日の展示会の話にちょっと話を戻しますけど、なんかね、スタートアップイベントだけにね、結構なんか遠い知り合いとかがいまして、出展している人たちの中にですね。
なんとかでなんとかさんと一緒にやってるなんとかなんですけどとか言って言うと、だいたい話も通じて盛り上がるみたいな。やっぱなんかね、スタートアップ界隈ちょこちょこやっぱり流れですよね。
同じような感じの人がやっぱりやってんだなっていうちょっと世界の広さなのか狭さなのかを感じたというぐらい具合ですね。私が前職でやっていたときに、あのちょっと声かけてなんか共同できないかみたいなことをやった会社とかもまだ頑張ってスタートアップとしてですねやっていたりとかしていたし。
なんかちょっと聞いたことがある、なんかあのグッズを作っている会社があったりとかしてですね。
割となんかスタートアップイベントは面白そうだなと。面白そうだなというか、結構なんか効果があるのかわかんないけど。
いいのかもしれない、いいのかもしれないんですけど、なんか展示会ってなんかどうですか皆さん。結構出してる方ね、よくポッドキャストでもお話聞くんですけど。
どんなでしょうね。あれチラシ持って行ってくださったの嬉しいけど、その後何か続くのかっていうと、結局こっちがねもちろんアプローチしないといけないんですけど。
なんかこう、あんだけたくさんの人に一気に会うと、なんか誰に連絡しようっていうか、まあみんなに連絡すればいいんですけど、そこまで2団体だから全然その営業体力も当然ないし、
私もなんか別の仕事も並行してやってるので、なかなかなんだろう、いい出会いなのかっていうのを見極めるのが結構難しいなと思ったりしましたけど。
本当はね、いろんな人に全部連絡ができるといいんですけどね。やっぱりね、任意団体は3年も経つとやっぱりね、任意団体のままは限界ですよね。広げようとすると。
いろんなところで限界きますね。やっぱずっと何でしょうね、無償で手弁当でやるにも、流石になんか社会にとっていいことだとしてもなかなか難しいし、こういう展示会に出すのもお金すごいかかるわけで、
それをね、なけなしのお財布から出して、1回の展示会で、今回どうなんだろう、安い方だと思うんですけどね、すごいブースって言ってもよくある、ビッグサイトでよくやってるような大きさじゃないんで、本当に小っちゃいブースだから、多分金額は控えめだと思うんですけど。
多分ですけどね、ちょっと私は展示会係あんまりやったことないから、あれですけど、ああいうプロモーションの活動で展示会っていうのは、良いところもあれば悪いところもあって。
展示会での出会いと効果の難しさ
やっぱり展示会に行くときに、何となくどっかの企業と出会いに行くっていうよりは、私はわりとヒントを得に行くときが多いんですよね、自分が参加者のときって。今回もわりとそんな人も多くて、自分も子供関係やってるんだけど、マネタイズどうしたらいいんですかね、みたいな。
よくよく何か振り返ってみると、アイデアを悪く言うと盗みに来るような人たちとかも結構いて、同じことやってるような人に限っている、いますよね。いるんで。それは私も多分同じ立場だったらそうするなっていう感じかもしれないけど。
そんな感じでね。なかなかああいう場で会うのもなかなか難しいなと。効果がゼロじゃないとは言わないんですけどね。本当に一回出して、一人なんか良い人に出会えればいいなっていう、そういう感じなのかもしれないですね。
本当に。それを一日かけて喋り倒して、一人良い人と出会えればいいなっていう、そういう感覚で思っといた方がいいのかもしれません。
というわけで、今日の会話回帰ファイルはいかがだったでしょうか。声がこんな感じでお聞き苦しいところがあったら申し訳ありません。また来週お会いしたいと思います。
はい、コピーでした。
14:39

Comments

Scroll