1. オカンの話なんて誰が聞くん?
  2. インスタのストーリーズで商品..
2024-03-20 24:47

インスタのストーリーズで商品販売

1 Mention

#声日記 #Podcastとインスタ

濃いフォロワーさんとはインスタのストーリーズで繋がる。

 

【SNS各種】

https://lit.link/hellomemama

 

【お仕事のご依頼】

hellomesugibe@gmail.com


 


 

00:01
オカンの話なんて誰が聞くん、4日目始まりました。
何?今、撮ってるんやけど。
白い?
見えない。
あ、おやすみ。
おやすみなさい。
はい、気を取り直して、4日目始まりました。
本当は3月19日の間にこれを収録して出したかったんですが、
11時ぐらいにお風呂から上がってきて、夜のね、11時ぐらいにお風呂から上がっていいわけですね、これ。
11時ぐらいにお風呂から上がってきて、そこから歯磨きをして、そこから家でやるホームホワイトニングみたいなやつをやり始めちゃったんですね。
歯にシールみたいな、透明のシールみたいなのを貼って、30分置いとかないといけないっていうのをやってるんですけど、最近。
それをやり始めちゃったもんだから、え、これ30分置いてたら火またぐやん、みたいな感じになって、
それは嫌やと思ってね、そのホームホワイトニングのシールを歯に貼っ付けながら、上下の歯に貼っ付けながら、一応撮ってみたんですよ。
15分ぐらい喋ってみたんですよ。
だけど途中で本当に歯が気になりすぎて、喋ってる途中にネチョネチョみたいな感じで、そのシールを取って、撮りながら喋ってたんです。
ちょっとそれが本当に気持ち悪くてね、すっごい気持ち悪くて、音とかもなんか入ってるし、
これはいくら恋日記やからと言っていれども、これはあかんやろうと思ってね、何でもしていいってわけじゃないと思って撮り直してます。
なので3月19日の話をしますけど、3月19日の火曜日はですね、長男と長女が通っている小学校の卒業式でした。
長男は5年生、長女は4年生なので、卒業式は直接は関係ないんですよね。
だけど5年生は卒業式の準備だとか、参列とか、歌歌ったりメッセージの行動みたいなので、半日だけど行かないといけないと。
なので長男は登校しました。長女は休みでした。
野外には5歳の末っ子もいるんですが、5歳の末っ子は幼稚園に通っておりまして、幼稚園は今日、就業式で半日保育だったんですね。
なので何が言いたいかというと、3人がそれぞれ違うスケジューリング、違う時間割で朝から動いてたんですよね。
長男と末っ子の出ていく時間も違うし。
でもパニックです私は。もうそんな、もう、今日は誰が何時に行って何時に帰ってきて、お昼ごはんはいるのいらないの?みたいな、今日の予定は何ですか?みたいな感じで。
03:04
で長女と長男はね、それぞれに友達と約束して遊びに行ったりとか行かなかったりとか、ご飯が行ったりいらなかったりとか、ご飯はいらないけれどもお金がいるみたいな時とか、いろいろあるから。
だからもう本当になんかパニック、一人でまたパニックパニックみたいな感じになっておりました。
で長男を送り出し、でちょっと時間が経ってから末っ子を幼稚園に送り出し、で朝ごはんのね、後片付けしたりとか洗濯物したりとかしながら、
ちょっとお昼ご飯までにやらなあかんことちょっとでもいいから終わらせとかなあかんぞと思って。
まず私、ポッドキャストがメインの配信媒体なんですけど、その他にもインスタを結構活発に動かしているんですね。
特に投稿とかではなくてストーリーズなんですけど、ストーリーズっていうのは24時間で消えるものなんですが、それがなんとなく動いているとこのアカウント動いてるな死んでないなっていう印象があるので、
アカウントを動いているように見せるためにも、そのストーリーズだけは定期的に動かしているんですよね。なので今日もストーリーズだけちょっと動かしとかなと思って、10枚ぐらいかな、ちょっと文字をバババっと入れて投稿をしてました。
私もうすぐ新しいオンラインのコミュニティのサービスを出そうと思っているんですよね。
それがもうすぐ始まるし、それに向けてちょっと私のコミュニティをやる、ポッドキャストを配信している、インスタを発信しているっていう理由とか思いとかストーリーをちょっとずつちょっとずつ、これまでの配信でもだいぶ話してはいるんですけど、ちょっとずつちょっとずつ改めて出していかないとなと思っているところなんですよね。
なのでそれを写真とかつけて、ストーリーズでちょこちょこ流し始めようかなっていうところなんです。
これを毎日するとちょっと重たいし、また厚苦しいこと言ってるなみたいな感じになるし、しんどいんですけど、あちらもこちらも多分。
だけど定期的にそれを出していく時期かなと思っているので、それも春休みには入るけど、ちょこちょこやっていきたいなと思ったりしてるんですよね。
06:03
でちょっとインスタのストーリーの話をすると、インスタのストーリーは去年ぐらいからストーリーの中で結構単価の低めのものを販売するっていうこともしているんです。
これは2年前ぐらいとかはあんまり他でもそんなに見なかった。見るとしても結構PRの商品、インフルエンサーの方が1万フォロワー以上の方だけしかリンクが貼れなかった時期があったので、
その時期とかは本当に何万フォロワーとかフォロワーさんがいるインフルエンサーの方がPRの商品に飛べるようにリンクを貼っていらっしゃったっていう印象があったんですけど、そのリンクが1万フォロワー以下でも貼れるようになってからは結構そこでサービスを販売したりとか、商品、グッズとか販売したりとか、
私だったら限定音声のリンクをそこに貼ったりとかみたいなこともするようになりました。
さすがにちょっと単価の高いものを24時間で消えるインスタのストーリーでペッて貼って販売するっていうのはあまりにも軽すぎるから、それはしないんですけど、
でもグッズとか、公式グッズ、番組の公式グッズとか、そういう限定音声とか、LINEスタンプとか、あと1万円以下ぐらいのものは結構ストーリーで販売して、すごく必要な方に届いているんじゃないかなっていう感覚があるし、
そうですね、ありますね。
インスタのストーリーって基本的にはフォロワーさんが見てくれているんですよね。
しかもそのフォロワーさんっていうのは、例えば1000人フォロワーがいますってなっても、1000人の中でも結構濃いめのフォロワーさんなんですよね、ストーリーまで見てくれているっていう状態が。
なので、そういう商品を販売しますってなっても、本当に必要だな、欲しいなと思ってくださっている方に届いているんじゃないかなという感覚はあるので、
なので、しばらくインスタのストーリーを利用して、商品販売したりとか紹介したりとかっていうのは引き続きしていきたいなとか思ったりしています。
今日私がインスタのストーリーで出していた、私のストーリーストーリーでちょっと言葉がややこしいんですけど、話は、
09:07
これは本当に番組、ポッドキャストをしている中で、番組を作っていく中でのコンセプトにも関わっているし、
インスタのアカウントのコンセプトもそうだし、結構伝えたいことと言いますか、
私のこのストーリーなんですよね。
だからそれを今日朝10枚弱ぐらい、写真とか動画とともに貼っていました。
内容は子育てについてですけど、子育てだけじゃなくて他のところにも当てはまると思いますけど、
守りすぎないっていう話をしてました。
やっぱり我が子のことってすごく大事だし、もちろん怪我とか危ない思いをしてほしくないし、
痛い思いとかもしてほしくないなぁと思うんですよね。
でも、痛い思いをしてほしくないというよりかは、
痛い思いをしている我が子の姿を見る自分が苦しいっていうところが結構大きいなと思うんですよね。
これはよく言われていることだし、当たり前のことかもしれないけど、
やっぱり本人が失敗して、本人が痛い目を見て、本人がやってみたけどちょっと違うなって思ったりとか、
いろいろ試行錯誤して、ああでもない、こうでもないって言いながら、
自分の経験値を上げていくっていうことがすごく大事だと思うし、それが成長っていうことだと思うんですよね。
だけど、結構子供が大事だから、こけないように、怪我しないように、失敗しないように、
揉めないように、トラブル起こさないように、困らないように、みたいな風に全部先回りして落ちている意思を全部拾い集めてしまっていると、
失敗する経験とか、困る経験とか、悩む経験とか、人と揉める経験とかっていうのを、
小さいうちに経験できないままに大きくなってしまうんですよね。
それってすごく本当にその子のためなのかなっていうのを、私はずっとずっと思っているんですよね。
で、ちょっと話し飛ぶんですけど、私長男を一人目を産んで2ヶ月後に、なんか謎の腹痛と謎の超高熱みたいな感じでぶっ倒れまして、
12:09
救急車で運ばれてそのまま緊急入院になったんですよね。
ずっと原因わからなくて、点滴の薬とかを何回も何回も買えるんだけど、全然個数値が元に戻ってこなくて、
何かわからへんみたいな状態がずっと続いてた時があったんです。
私は里川衛生士さんをしてたので、里川衛生士さんから帰ってきて、帰ってきた翌日かなに倒れたんですよ。
だからどういうことかというと、ミルクはこうやってあげるのよ、寝かしつけこうするのよ、おむつかえこうするのよ、こういう時はこうするのよ、お風呂ってこういう風に入れるのよ、みたいなことを、
まだ何にも旦那さんに伝えられてない状態の時に、私が倒れてしまったんですよね。
息子はそれまでずっと生まれてからずっと母乳で育ってたし、ミルクを飲んだことなかったし、
でも母乳が出せるのは私だけだし、どうするの?みたいな状態で、でも私は本当に死にそうになっていて、救急車で運ばれて、
後から聞いた話ですけど、もう少し遅れてたら本当に危なかったし、
当時22、3歳とかだったから若くて、回復も早かったりとかしたり、大事に至らなかったけど、
これがもう少し年齢を重ねてたりとか、老人とかだったら本当に命が危なかったみたいな風に言われたんですよね。
そんな感じで2週間ずっと寝たきり生活を過ごしてたんですけど、病院で。
原因がわかるまでは本当に死ぬんじゃないかなと思って怖くて、
当たり前なんですけど、その時に初めて人って本当に死ぬんやなみたいな、死んでしまうかもしれへんな私みたいな風に思ったんです。
その時にね、いろいろ思いました。
当時の旦那さんは本当にこの人に息子は任せられんみたいな感じがあったから、
息子を置いて旦那に託してなんて私絶対死ねへんだけどっていう思いとか、
あと、まあ言って1ヶ月ですよ。
今から思ったら産後の1ヶ月なんてもう一瞬だけど、
でも私はその初めてのことだらけで母乳とかも全然じゃなくて、
でも頑張って出るようになって、
で、なんか抱っこしても抱っこしても寝えへんくて、
っていう本当になんだこれみたいな1ヶ月を過ごしてたんですよね。
で、もう試行錯誤して一生懸命、その産後の1ヶ月を過ごしてたわけですよ。
15:04
だけど、今死んだら本当に息子にとって私の記憶って1ミリもないんやろうなとか思ったりとか、
不安もあるし、怖いっていうのもあるし、恐怖もあるし、
切ない気持ち、悲しい気持ちとか全部もういろんな気持ちがもううわーって出てきて、
で、もう病院のベッドでもうわんわん泣いてたんですけど、
でもそれが結構大きなきっかけとなって、
人って本当に死ぬよっていうことと、
子供、妹さんにいますけど、ずっと守ることなんてできひんなって思った。
それこそ本当にいついなくなってしまうかわからないから私が。
ずっとママが一緒にいれるわけじゃない、パパも含めてですけど、
ずっとママが一緒にいてあげられるわけじゃない、ずっとママが守ってあげられるわけじゃないから、
いついなくなるかわからへんから、
だから、いろんなリスクを、
これもリスク、これもリスク、これもリスク、だから防いどこう!みたいな感じで先回りしてしまうんじゃなくって、
ある程度本人たちに迷わせたり失敗させたり、
ちっちゃい怪我させたり、喧嘩させたり、困らせたりね。
そういうのを経験しておいてほしいなってすごく思ったんですよ。
守って守って守って守ってしていたら、パッて外に出されたときに、
今まで守られてたんで、何したらいいかわからないです、みたいな感じになると思うんですよね。
失敗とかしたことなかったら。
だから、これは本当に私の理想と希望と願望みたいな感じですけど、
いろんな経験して、
自分でちゃんと感じて考えて、
ああでもない、こうでもないって思いながら大きくなってほしいなっていうのがあるんですよね。
結局これって、本当に子どもたちを信じていくっていうことだと思うんですよ。
こういうざっくりしたさ、データにもならないような話なんやねんって思うけど、
結局本当に信じていくっていうことだと思うんですよね。
しかも条件なしで、こうこうこうだから信じますとかじゃなくて、
こうでもない、ああでもない、信じる条件なんて全く揃ってないけど、
でもあなたなら大丈夫って思うこと、思ってあげられることがすごい大事だと思うし、
18:01
そうやって思ってあげられるためには、私自身が自分に対して少なくともね、
そう思える時間が少しでもないと、
我が子に対してそんな風に肯定的に思えないんだろうなって思うんですよね。
だから、小さな怪我とか小さな失敗を小さなうちからたくさんして、
失敗しても大丈夫なんだなというか、
ちっちゃな怪我をすることで大きな怪我を防ぐ、
ちっちゃな失敗をいっぱいすることで大きな失敗にならないようにするみたいな、
なんかそういうことを学んでほしいなってすごく思うんですよね。
って思うんですよね。
なんかそういうのがすごくあって、
どうしても私が本当にそうですけど、
これは子供のためなのか自分のためなのかわからないなっていう瞬間が子育てしてるといっぱいあるんですよね。
なんかちっちゃなことから大きなことまでなんですけど、
その外でちょっといらんことして、
もうあかんよって言ってるのは、
これは外に向けて私ちゃんと子育てしてますよっていうアピールも含まれてるよなとか、
ね、うまいことやってますよ私、ちゃんとしつけしてますよ、
ちゃんといいお母さんやってますよってアピールしておかないとあかんよなみたいな気持ちとかもあったりするから。
だから結局、自分のためなのか子供のためなのかっていうのがすごくわからなくなるタイミングが多いし、
自分のことが、
自分のいろんなことがある程度整理ついてないと、
整理ついてないとっていうか、
わかってないと結構子供にそれを重ね合わせてしまってしんどいことになるよなとも思うんですよね。
自分のコンプレックスを子供に重ね合わせてしまったりとかするから。
っていうのをちょっと朝から考えていたら、
もう子供たちが帰ってきてお昼ご飯の時間になったので文句言われながらうどんを作って、文句言われながらうどんを食べて、
21:04
なんか気がついたら1日が終わっておりました。
ということで、今日はパパが飲み会で晩御飯がいらないということをすっかり忘れて、
白菜と豚肉のミルフィーユ鍋みたいなのをしようと思ってわざわざ豚肉買いに行ったんですけどね。
豚肉買いに行って帰ってきてキッチンに立ってから思い出しました。
あ、そうや、今日パパ飲み会なんやったと思って。
パパ飲み会だったとしても子供たちがいるから晩御飯は作らないといけないし、
パパがいないからといってこんど手を変える必要は全くないと思うんですけど、
でもやっぱり大人が一人いるかいないかっていうのってだいぶ変わってくるんですよね。
食べる量も変わるし、
白菜と豚バラのミルフィーユのやつとか、
パパは結構食べるけど子供たちはたぶんそんなに食べへんやろうなっていう予想だったんですよね。
子供たちはやっぱりガツンと唐揚げとかハンバーグとかカツみたいな、
そういうガツンと系がね、やっぱり好きだから、
野菜で煮たもの系とかは、
食べるっちゃ食べるけど、量はそこまで進まないっていう感じなので、
こんなであったらパパがいるときにやったほうがいいなーとか思って、
なんか今日はかぼちゃの天ぷらとか揚げたり、
なんかよくわからんものをとりあえず揚げて、
晩御飯はちゃちゃっと済ませました。
そんな感じかな。
最近は、最近はというか、私夜にエッセイとか小説をちょっとだけ読んで寝るんですけど、
読んで寝る?お風呂の中で読むことが多いんですけど、
午前中とか、頭が冴えているときはちょっと勉強系のものとか、
学び系のものとか知識入れたい系のものを読む。
寝る前はそういうのを読んじゃうと頭が冴え冴えになってしまうから、
なるべく夜は頭冴え冴え系のものは読まず、
エッセイとか小説とかちょっとこう落ち着く気持ちになるものを読んでいるんですね。
最近で私読むのすごい遅いからずっと同じ本読んでるんですけど、
最近は夜に読んでるのは浅井涼さんの世にも奇妙な君物語っていう小説を、
ちょっとずつちょっとずつもうちょっとずつ大事に読み進めております。
そんなことで今日はこのあたりで終わりにしようと思います。
三日坊主だったら前回で最終回だったんですが、
無事4日目に突入できて、もう本当にね褒めたたえたいですね自分のことをね。
24:03
よく4日続いたと言いたい。
ということで明日は祝日なので、
まあまあどっか出かけたりとかするのかな。
ずっと家にいるとね、もうゲームYouTube、ゲームYouTube、ゲームYouTube、
ネットフリックス、アマゾンプライム、YouTube、ネットフリックスみたいな感じになるので、
まあそれも悪くないけど、もう姿勢も悪くなるし運動不足にもならないし、
せっかく春なのに外に行きましょうよっていう感じだから、
明日はそうならないようにどこかに出かけていきたいと思います。
はい、ということで素敵な一日にしていきましょう。
おやすみなさい。
24:47

Episodes Mentioning This Episode

Comments

Scroll