1. たーなーのWeb3フリーランスdays
  2. #601 続・FiNANCiEについて考..
2024-02-19 11:12

#601 続・FiNANCiEについて考える(初期の打ち手と販売後に注目)

たーなー/Web3フリーランス
NFTスタートアップあるやうむ広報・コミュマネ
Voicy「NFTからはじまる地方創生ラジオ」配信者

Twitter → https://twitter.com/metaanaa_eth
Voicy → https://r.voicy.jp/v2mvXr1jVrG

#web3 #働き方 #web3で働く #DAO #NFT #マネタイズ #たーなー #web3フリーランス #コミュニティ #ちょっと雑談しませんか
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/62d1daef1459d9dde05c4d1d
00:06
はい、ちょっと雑談しませんか。たーなーのWeb3で働くラジオ第601回という、ちょっとね、今なんかちょっとタイトルとか最初のね、あれをね、まぁちょっと今までのね、雑談しませんかに変えてみましたということですね。
これは何でかっていうと、昨日のね、なんか600回を話してて、長かったなっていうね、やっぱ自分で聞いてるのも長いなと思ったのと、まぁだったらやっぱね、雑談っぽくっていうのがなんかね、しっくりくるなぁと思って、これまぁ、えーっとですね、なんかこうWeb3で働くとかね、
なんか雑談ラジオからWeb3で働くラジオって変えたのは、なんかね、やっぱ明確な方がいいかなと思ったんですけど、まぁ結構雑談、まぁWeb3で働くラジオとしつつですね、えーっと一番最初はね、ちょっと雑談しませんかっていうのがしっくりくるのかなと思って、とりあえず喋ってみたんですけど、今日のお話はですね、なんかまぁ続、FiNANCiEについて考えるということで、
なんかね、FiNANCiEでまぁなんかその、まぁいろいろあったとかなんかね、昨日そういう話もしましたけど、まぁ本当はね、そういうのはどうでもよくてですね、あの実際このFiNANCiEっていうものは何なのかっていうところと、これを使ったらどういうことが起きるのかっていうことをね、やっぱりこう考えていく中で、最近また結構注目、あ、注目っていうか僕もずっと聞いてたんですけど、あの鳥居さんですね、えーっとLLCのね、座禅とかね、あの時とかにすごいね、的確な言語化で皆さんに、みんなにね、とって、
うわぁ鳥居さんのふむふむふむみたいな感じ、まぁちょっとね話難しい部分もあるんでね、スッと聞けないとこはあるかなと、僕も聞きながらですね、ちょっと集中して聞かないとなんかね、いつもふわっとは聞けない感じなんですけど、なんかね、新たなやっぱね、視点が面白いなっていうところで、まぁね、このFiNANCiEの話とかもよくされてたりとか、まぁその他いろんなことを聞きながらですね、やっぱりこのFiNANCiEの使い方の一つとしては今はなんか三つぐらい、まぁちょっと考えてみると、一つは明らかにこう波がね、来ている状態ですね、
来ている状態ですっていうことで、そこにね、参入することによって、あの、目立てるってことはありますよね、あの今までね、知らなかったプロジェクトとかでも、FiNANCiEに出るってね、なんかあのLelikでしたっけ、あの大栗さんとかっていうのは、僕なんか今までよく分かってなかったんですけど、やっぱりLelikが出たんで、その方の名前は覚えましたよね、それだけでもあるのかな、ちなみに今ちょっと書いてないんですけど、はい、そこのね、Lelikさんに関しては書いてないんですけど、なんかやっぱり認知はしましたよね、あ、なんかやってるんだなっていうところで、まぁね、
それだけでもね、なんか注目度を浴びるっていうね、フォロワーさんとか認知していくってことは難しい世の中、もういろいろね、ある中でこうね、認知度を上げるっていう意味で、まず一つ、今FiNANCiEに行くといいなっていうところですね、で二つ目が、まぁちょっとここからこれ何ヶ月続くか分かんないですけど、これから出てくるプロジェクトもまぁ、いくつかはですね、もう余裕でこう即完売のね、よくあるのは、ストップだかがね、何日続くかゲームみたいなところですよね、
うん、なんかだから3円になって9円になって27円になって、それが27の81円とかなって、まぁそこから100円に行くか行かないかみたいなね、100円超えたらとかね、まぁ初期の販売の価格がいくらかにもよるんですけれども、なんかそういったところのなんか、ところはあるにせよですね、まぁ1円で買ったものがですね、基本的にはまぁ80円とかね、100円とかだったら100倍ですからね、おー、でもなんか100円は行きそうだなみたいなところはありますよね、これ多分、
03:23
ぶっちゃけ、どのプロジェクトのなんかプロジェクトの内容とか、まぁある程度その、プロジェクトされる人の注目度とかによって多少は変わるけれども、やっぱ初期の1円とかっていうのは、まぁいくでしょうね、1円にするかどうか分かんないですけどね、皆さんが何円にするか分かんないですけど、
なんかね、やっぱり最初の3、4日ぐらいのね、ところの盛り上がりっていうのは絶対作れるような、まぁ一種バブルというかですね、2022年のときのNFTのなんかね、もう出ればとりあえずで売れるみたいな、なんかその、そのところに似てるような、まぁ盛り上がりのゾーンにあるということですね、はい、なので、えっと1つ目はこの認知度が上がるっていうのと2つ目が、まぁとりあえずね、なんかこう盛り上がって、まぁお資金も入るのかなっていうところが、
2つあって、でまぁ3つ目はここがなんか、その2つはね、なんか、なんか前提条件っていうか誰がやってもそうなると思ってるんですけど、3つ目は、まぁそこからだから出口をね、どうするのかとかあったりとか、フィナンシャルを使う意味っていうところをこうどう考えていくのかっていうところですね、1つはやっぱりですね、なんかあの、やっぱそこのトークンを持ってる人にしかなんかこう、得られない得点をつけるみたいなところですね、まぁこれはNFTのときのあの、
保有者得点みたいなところだったり、ディスコードのこの部屋に入れるよみたいな、まぁそんな雰囲気だとは思います、うん、なんかそれのだからどう捉えるかですね、ごめんなさい、ごちゃごちゃ話すんですけど、えの、フィナンシャルをやっぱNFTコミュニティの、NFTコミュニティ2.0的な感じで、フィナンシャルっていうところで新たにね、コミュニティを作っていくっていうところの、というか、NFTコミュニティやることによっては、その人がね、やりたいことによっては、NFTコミュニティよりフィナンシャルコミュニティによって、
NFTの方が、なんかそのやりやすいとかもあると思いますし、まぁそのNFTとね、フィナンシャルがこう連動して、なんかどっちもってなったときには、えっと自分たちがコミュニティ、まぁなんか発信者がSNSをなんかTwitter選ぶのか、インスタ選ぶのか、YouTube選ぶのか、TikTok選ぶのかみたいな感じで、えっとコミュニティ作りって今までディスコード、ほぼディスコードのみだったと思うんですよ、まぁ中にはLINEグループとかもあったと思うんですけど、基本的にはNFT界隈ではこのディスコードってことはほぼ一択だったんですけれども、
これからはNFTコミュニティがフィナンシャル上で繰り出されるってこともまぁ考えられるのかなって思いますよね。同様にですね、またこれ何ヶ月後かにはですね、フィナンシャルとはまた別のものの中でコミュニティのそのね、なんかディスコード的なのも使われるかもしれないですし、はたまたですね、LINEグループが一番最適解じゃねみたいな感じで、なんか今まで既存のものがですね、光が当たることもあるでしょうということですね。
06:05
じゃあ、フィナンシャルでしかできないことは何なのかっていうことをね、まぁその考えていきたいですし、これは予想というか、最初の資金調達っていうところはできると思うんですけれども、そのやっぱ最初の盛り上がりですね、これNFTコミュニティを例に言うと、やっぱり最初のローンチの時とかにめちゃめちゃディスコードコミュニティに来て、まぁいつ発売だ、わくわく楽しいですね、でNFTデータ、リビルデータ、わぁこれ可愛いですねって言った後にやっぱ人はいなくなるんですね、基本的に。
次の盛り上がり、次のリビルとか、NFTのローンチに行っちゃうっていうところがあって、それはその人たちが悪いとかではないんですけど、なんかフィナンシャルも別にそれは起こり得るよなって思うと、なんかそこで集まってくれた人をどう繋ぎ止めるのかっていうところの皆さんの打ち手のところは僕はなんか学びたいなと思ってますね。
自分が想像するに、自分はやらないんですけど、やった時にどういう風に定着してもらうのかっていうと、まぁ思いつかないです。今のところ思いつかないですけど、まぁなんか今からLLCとかさんはなんかこのね、周平さんがなんかそうやってアローリスト機能なのかな、なんかそうやって後からね、こうなんか違った打ち手で多分やってくるんで、そこは注目でその手があったかみたいなね。
そもそもNFTのまたこれ歴史をね、振り返ると、これなんか歴史振り返ってるから面白いんですけど、LLCっていうのはなんかみんながね、結構NFTすぐ出します出しますって言ってた中ですね、LLCっていうのはなんか5月とか、2022年の5月、2023年?2022年かの5月とかね、ぐらいにコミュニティ作って、NFTはね、あの年末ぐらいに出しますみたいな感じで半年間ぐらいね、マーケティングしてね、ゆっくりゆっくりこう作ってったっていうのがまたね、ちょっとね、違うやり方をやってたっていう歴史があるので、
それ踏まえてですね、なんかしゅうへいさんがどういうふうにね、3月ぐらいにやるみたいな言ってた気がするんですけれども、ボーシーか何かね、どういうふうにやっていくのかっていうのは一つ注目ですよねって、まあそれ含む、多分ブランド、LLCのブランド価値観的にはなんかそのね、サスティナブルっていうか長く続くとか、なんかそういうことをね、ちゃんと設計していくので、一つのモデルケースにはなるのかなと思ってます。
で、それまでにですね、これから1ヶ月ぐらい時間があるので、いろんなプロジェクトが多分いろんなことを考えてやっていますね。
まあ一つね、最近なんかこのスタイフにコメントくれるヨッシーさんはですね、やっぱノックスっていう、一つこれ注目なのは、ノックスはNFTプロジェクトではないんですね。
だからそのIPがあるとか、NFTを発行してるとかではなくて、なんかその会社っていうかギャラリーなんで、なんかそういう面で言うと、僕が今いるアリアームっていうのもNFTを出してるわけじゃなくて、NFTに関連の事業をやってるっていう立場では似てるので、なんかそういう意味ではなんかこのノックスさんがやるっていうことは、なんか企業がやるフィナンシェのこととして注目してますし、あとはまあ注目してますねってところですね。
そこはなんかね、ちょっと違った打ち手を考えてそうな気がしますね。なので注目してますっていうことと、あれ今日だっけ?今日出るのかな?2月16日?19日?月曜日になんかって言ってたような気がするので、今からもしかしたら今日情報が出るかもしれないですし、確かロマコさんも今日でしたっけ?忙しいですね。忙しいって言ったらいい意味でね、盛り上がりがすごい祭りだなーって感じで、皆さん寝不足がどうなのかっていうところなんですけど、
09:22
自分はどういうふうにフィナンシェと向き合っていくのかっていうところと、もう僕は基本的には打ち手だったりとか、フィナンシェが世界にもたらすことっていうことを注目してて、まあ気になっているところですね。今日のノックスさんとか特にそうかな?なんか最初のトークン手に入れたいけど、あとはスロスですね。スロスとかも手に入れたいけど。ロマコさんも気になりますが、まあいろいろですね。
まあてか出てくるとこ全部気になるんですけども、関わってますしね。知っている人たち多いですしね。なんですけれども、まあなんかその辺はですね、初期のトークンは行けたら、タイミングよく買えたらラッキーと思いながら、基本的にはその後の打ち手に注目しながらですね、まあ僕はそういう感じでフィナンシェを楽しみたいなと思ってますが、また気づきがあったらですね、自分で自分の思考の整理も兼ねてですね、この朝に話していこうかなっていうそんなお話でした。
なんか楽しみですね。なんか月曜日になってくるとまた、なんかいろいろこう1週間が始まる感じがして、今週も何が起こるのかなーっていうね、まあ本当に時代のね、流れるスピードは早いもんだと思いつつですね、フィナンシェこれからどれぐらいね、何ヶ月ぐらいこの熱狂が盛り上がって、それが定番になって、そこからがね本当のスタートになった時に、どんな世界が見えるのかっていうのは自分でね、仮説っていうか想像してから、まあ答え合わせができてっていうね感じで、まあ自分自身ね、吸収して成長していきたいなという、まあそんな601回目のね、配信。
配信でした。結構ね、真面目に話したかなと思います。でも長くなっちゃいますね。まあやっぱり基本的にね、もうちょっとね、5、6分、まあ7分くらいでね、納めるとみんな聞きやすいのかなーとか思ったりしつつですね、まあグダグダなんか話し話しちゃったんですけど、そんな感じで、まあ週の始まり月曜日ですね。皆様今日も元気にいきましょうということで、最後までお聞きくださりありがとうございました。明日もお耳が空いてましたら、ではお後がよろしいようで。
11:12

Comments

Scroll