1. シュウの放すラジオ
  2. Ikukoさん対談#2~インプット..

前半は #シュウ放インプッター さんのご紹介で、沢山重なってビックリ!

匿名希望3さん、まりりんさん、コロラドのイクコさん、フーゴさん、サーコちゃん、南さん!ホントにありがとうございます!

本編としては、コロラド在住の #スピリチュアルラジオ のIkukoさんとの対談の後偏!


スピリチュアルラジオ:https://podcasters.spotify.com/pod/show/ikukocolorado

第8話 鳥を捕る人|ドクハク:https://podcasters.spotify.com/pod/show/dokuhaku/episodes/8-e2fm348

焼石に戯言。:https://podcasters.spotify.com/pod/show/zaregoto


収録日:2月18日


#シュウ放

#樋口塾


シュウ放公式サイト:https://sakashushu.wixsite.com/shuhou

シュウに何かしらインプットしてくれる方:https://bit.ly/346qgnr


ギチ青柳貴哉さんゲスト回!その1~前回の「乞うご期待!」の続きに巻き込んじゃったの巻:https://spoti.fi/3Ch7CWG

ケージくんゲスト回#1~主客転倒?!シュウ入門回~シュウ放5つのキーワード:https://podcasters.spotify.com/pod/show/sakashushu/episodes/15-e29spol


シュウ放インプッターさんご紹介:https://bit.ly/3sHPrGj


シュウの放すラジオDiscord:https://discord.gg/cbfbRgsmt9


Twitter:https://twitter.com/sakashushu


ご意見、ご感想、ご質問等、お気軽にどうぞ

メール:sakashushu@gmail.com

Googleフォーム(匿名可):https://forms.gle/S2cff9Vbhy4owRFr7

00:01
Speaker 1
みんなの声を届けよう!樋口塾
シュウの放すラジオは、誰でもポッドキャストを始められたらいいという思いのもとに集まった樋口塾の一員として配信しています。
今後のことを考えている。
2020年12月31日、なんでポッドキャストの配信をするのか。
シュウの放すラジオの樋口さんの映像は、お金を使わない生活をしているという状態の中にいて、
普通に対する恩返しのような形で映っている。
普通に映っていることを最高から自分ごととして捉えているというか、
そういった観点を持てば分かると思う。
そういった観点を取っているか、はがまで最初コメントして作り始めたという、
HSS型HSB。
相方もシュウとショウの、
自分たちが何の上に成り立っているのかを、
辞めさせてもらいたいです。
共闘を生み出しやすい原因としてお金があるというか、
アウトプットが先というか、
このリミット、2050年とかに体感的にありません。
今のままだったら本当にまずいんだろうなと。
僕ってそれが気になるぐらいビビリなんです。
さすがに伝わりました。
小さい山太鼓みたいなのが来るんだよ。
ゆうぜんさんの、今の現代社会はあらゆるサービスは不安OSでできている。
安心OSに変えていこうと。
アウトプットが先というところとめちゃくちゃ一致して、
根っこの方に直接アクセスしようというのが僕の構想。
シュウの科学ラジオ。
僕、車はワゴンRに乗っているんですけど、
前と後ろを合わせて完全にフラットになるのがお気に入りなんですけどね。
そんなワゴンRのですね、タイヤのホイールキャップのカバーっていうんですかね。
あれがね、左の前のタイヤがいつの間にかそのカバーが外れちゃってて、
もう今どこに行ったかわかんないっていう感じなんですけど、
そのカバーがね、なんか付けといた方がいいのかなとか、
ネットで見るとサビ防止にもなるし付けといた方がいいなんて書いてるんですけど、
車そのワゴンRを買ったお店にこの間相談の電話を入れたら、
いや別にサビを防止してるわけでもないから見た目だけの問題ですよみたいに言われちゃって。
で、それだったらというか、
去年の9月に大阪オフ会、関西までずっとそのワゴンRで車で僕行ったんですけど、
そうやって長距離移動するからその車屋さんで一旦点検みたいなの簡単にやってもらったんですよね。
その時に、いや大阪まで行くんだったらちょっとタイヤが不安かもしれないですねみたいに言われて、
03:06
Speaker 1
いや高速乗るんであればみたいにおっしゃったんで、
あ、いや高速は乗らないんですよ下道でえっちゃらおっちゃらいくんでみたいに言って、
ごまかしてというか、いやまあそれであればみたいにも言ってくれたから、
変えてなかったみたいな経緯があって、今回ねそのホイールカバーって言うんですかね、
が外れちゃったのを、まあちゃんと取り寄せようとすると送料とかもかかっちゃうから、
意外と7、8000円しちゃうかもしれないみたいに言われちゃって、
なんかね中古でも割と5000円は超えちゃうんじゃないかって考えたら、
まあどうせそのタイヤがねもうそろそろどうなのかなと思って、
この間ちょっと軽く見てもらったんですよね。
でまあでもまたね、よくもなく悪くもなくみたいな感じのお答えだったんですよね。
でも実際、後ろの2つって言ったかな、後ろのタイヤ2つは買ってからもうちょっとで6年経つぐらいな感じらしいんですよね。
で通常4,5年で交換する方がいいみたいにその場でもおっしゃってたから迷ってはいるんですけど、
まあ今回ちょっと3月26日に福岡に行く時までは何とか今の状態で乗り切ろうって思ってるんですけどね。
で何が言いたいかっていうとそのホイールキャップ1個だけ外れてる状態でまだそのままで走ってるんですけど、
まあどうせだったら全部外しちゃおうかなーとか思ってるんですよね。
タイヤを変えることになったら後輪2つを変えるとかなったらまた前輪2つ分もつけてみたいに戻そうかななんて思ってるんですけど、
まあそんなんでですね、そのホイールキャップ1個が絶対1個は余るってなってるんで、
ワゴンRの純正のタイヤのホイールキャップカバーいる人います?みたいなことをね言いたかったっていう、
そういう感じなんですけど、いやーこんないる人いないですよねー。
こないだも冷蔵庫いりますかっていう風に呼びかけたけど今んとこもう誰からも反応ピクリともないですもんね。
なんでね、冷蔵庫とかもそのうちちょっとフェイスブックとかの無料で何でも差し上げますっていうグループがあるんでそこに投げようかなっていう風に今ちょっと思い始めてるとこです。
ただまあそれ聞いてなかったっていう人がいるかもしれないんでもうしばらく待ちたいと思いますので、
ホイールキャップカバーとか冷蔵庫とか、あとは前回というか前に言った時にも言ったホットプレートとかいるよっていう方がいらっしゃいましたら、
概要欄から公式サイトとかに飛んでいただいて、何らかの形でシューにご連絡していただければと思います。
っていうようなところでいきましょう。
06:01
Speaker 1
シューの話すラジオ話すは手放すの話す。
こういうのは普通はメルカリとかにもささと出してしまった方がいいような気もしないでもないんですけど、なんかやっぱお金でのやり取りだったりとか、
全然知らない人とやり取りするのは嫌だなっていうんで、僕としては信頼できるというか、シューの話すラジオを聞いている方に差し上げたいなと思っている、そんな次第です。
今日は2024年2月18日日曜日の午前11時半を回ったところです。
ということでですね、今回はメインとしては前回前半を配信させていただきました、
イクコさん、コロラド在住のスピリチュアルラジオをされているイクコさんとの対談の後編を配信させていただきたいと思うんですけど、
その前にシューフォーインプッターさんの方のご紹介をしたいんですけど、
なんとですね、ありがたいことに今回めちゃめちゃ集中したような状態で、
お一人で2件みたいな方もいらっしゃるのも含めると、1、2、3、4、5、6、7件、人数でいうと6人の方のご紹介になるので、
ちょっとね、申し訳ないんですけど、ダダーっと紹介させていただいてと言いつつ、
失礼の内容になんで、ちょっとだいぶ今回長めになってしまったら本当ごめんなさいって最初に謝っておきます。
ただ、そんな感じの回にさせていただけたらなと思ってますんで、
今日もよろしくお願いしまーす。
はい、ということで早速いきましょう。
お一人目の方は、とくめきぼうさんですね。
初っ端でとくめきぼうさんなんですけども、
もうね、とくめきぼう3さんっていう風に最後の読み上げでは読ませていただこうかなっていう感じ、
とくめきぼうさんがここのところちょっと増えてるような感じですけども、
週がリアルオフ会に参加するためのインプット窓口、
これは3月26日にもーちゃんがいいかねパレットに来るのに合わせて、
今はそちらの窓口として使わせていただいているものですね。
こちらに2月14日水曜日にインプットをしてくださってますね。
でですね、こちらはもう匿名であれば内容についてはご紹介してもいいっていう風におっしゃってくださったんで、
メッセージでどんな風にいただいたかっていうのだけご紹介させていただきますけど、
週報を聞いてたらいいかねパレット行かれるということだったので、
これは私の分まで楽しんできてもらおうって思ってインプットさせてもらいました。
かっこ笑い。これは紹介とかいいので本当に楽しんできて面白い報告ラジオしてくれたら最高です。
09:02
Speaker 1
っていうことでしたねー。
はい、まだ言ってないんでね面白い報告ラジオができるかわからないですけど、
まあ何かしら絶対面白いことが起こるんじゃないかなっていう風に思ってます。
これは紹介とかいいのでっていうのは要は僕がSNSとか週報で紹介しても構いませんかっていうのをいつも聞いているので、
それはもう紹介しなくていいですっていうことをおっしゃってくださってるんですけど、
でも僕としてはですね、僕の気持ちとしてありがとうございますって言わないでただいただくだけっていうのはもうどうにもこうにもね気持ち悪すぎるので、
それは言わせていただきたいということで、特命希望ということでお名前は出さずにご紹介させていただくっていう流れになりました。
特命でしたら異界王にも発信してくださいませっていうお返事だったので、今いただいたメッセージの方もご紹介させていただいたっていうそういう流れでした。
ということで、この3月26日のパレットに向けてのオフ会用の窓口にたまってきた金額とかも発表させていただきたいんですけど、
実はですね今日ご紹介するインプッターさんの方の中に他にもこのリアルオフ会に参加するための窓口に入れてくださった方がいらっしゃいますので、
そちらの時に合わせて合計額が今いくらになっているっていうのをお話しさせていただきたいと思っております。
はい、ということで特命希望3さん、今回はインプットいただきまして本当にありがとうございました。
周囲、花、ラジオ。
はい、そしてお二人目がですねマリリンさんですね。
マリリンさんはギチの完全人間ランド繋がりで、Xとかでも繋がらせていただいて何回かDMとかもしあったことがある方だったんですけど、
最初ですねストライプのインプットが入ってきましてマリリンさんだって気づかずにですね、
ちょっとそのストライプの方でわかるメールアドレスの方にちょっとお名前に覚えがないので初めましての方なんじゃないでしょうかっていう感じでメールを送らせていただいてるんですけども、
いや私マリリンですっていう風にお返事いただきまして大変失礼しましたっていう感じだったんですけど、
マリリンさんは月額サブスクのインプットを始めてくださいました。
月額100円このサブスクのインプットを始めてくださったっていうのがもう本当に嬉しいです。
これは毎度に近い形で僕がお話しさせていただいてるんですけど、やっぱりね単発のインプットでももちろん嬉しいですし、
物とか食べ物でももちろん嬉しいんですけど、この月額サブスクのインプットがやっぱり一番嬉しいんですね。
これはもう僕の生き方というか今もう毎月毎月貯蓄が削られていく中でそれでいつまで持つかなっていうやっぱり自分なりに不安を抱えている中で、
12:09
Speaker 1
それでも僕にはこれしかできないっていう形でこのポッドキャストに前振りしてるっていう生き方をしているので、
それでもいいよ大丈夫だよなんとかしてこれで生きてねっていうふうに言われてるように感じるんですね。
勝手に僕の方で感じてることではありますけど、そんな感じがしてもうめちゃくちゃ嬉しいんですね。
いやーもう本当にありがたいです。マリリンさんありがとうございます。
メッセージいただいた中からですね一部そのマリリンさんの思いみたいなものを感じ取ることができたような気がしてまして、
ちょっと一部ご紹介させていただきたいんですけども、
シューの話すラジオはまだ全て聞き終わっているわけではありませんが、
シューさんの考えに勝手に共感し勇気をいただいております。
そもそもポッドキャストという存在が私にとって心の支えになっており、
その中でシューさんの発信も私の生活の一部ですっていうふうに書いてくださったこともありますし、
その後も何回かやり取りさせていただく中でですね、
ちょうど今自分の人生においてはかなり大きな挑戦をしようとしている中にいていろんな弊害がありますが、
シューさんのその考え方や配信を支えになんとか自分を奮い立たせている状況なのです。
少しばかりのインプットですが、番組の存続をお祈り致します。
っていうふうなことも書いてくださってですね、
もう本当に、もうさっきから何回も言ってますけど、
ありがたい限り、僕としてはありがたい限りなんですけど、
そういう大きな挑戦をしようとしている中なんですね、リリンさんがね。
ちょっとその内容については僕も全然押し量ることはできないんですけど、
そちらもね、なんとかうまくいったらいいなっていうふうに僕の方も、
祈るばかりです、みたいな感じにはなってしまうんですけど、
本当にね、なんかいろんな大変なことがありますよね。
まあ挑戦っていう、自分で決めてやろうとしていることではあると思うんですけど、
本当にそれもね、ご自身の中から湧き起こることっていうのは、
なんていうか、それ勝手にやってることじゃんって外から言われるかもしれないですけど、
本人にしてみたら、もう絶対やらざるを得ないみたいなのとか、
僕もね、こういう生き方しかできないみたいな言い方を普段してますけど、
そうならざるを得ないっていうことがあったりしますしね。
ちょっと、はいごめんなさい、状況を知らずに勝手に喋っちゃってますけど、
そんなこともあるしなあって、勝手に僕の方ではですね、
リリンさんを応援するような気持ちが湧いてきてますし、
実際ね、ちょっとだけZoomでお話しさせていただいたことあるんですよね。
そんな深い話はしてないですけど、
2月8日に完全人間ランドの生配信があったときに、
レッドさんがZoomを開いてくれて、生配信を聞きながら、
15:02
Speaker 1
Zoomで繋いでみんなで喋るみたいな回で、あのお顔も拝見しましたし、
すごく好印象で、なんか純粋でまっすぐ前に進んでらっしゃるんじゃないかなっていう印象ね、
僕は勝手にこの文章と合わせて持たせていただいているという状況です。
はい、ということでですね、僕の中ではお互いに、
なんかいろいろ大変ですけど、頑張って前に進んでいくしか、
それしかできないから、お互いにそうやって進んでいったらいいですね、
一緒に頑張りましょうみたいな気分でおります。
はい、ということで、もう本当に一番嬉しいことです。
一番嬉しいサブスクの方を始めてくださって、
今回初めてのインプットということだったんですけども、
月額で始めてくださいまして、
まりりんさん、本当にありがとうございました。
週の花譜、ラジオ。
はい、そして3人目ですね。
3人目は、前回、今回と対談をご紹介させていただいている、
コロラドのイクコさんですね。
イクコさんからは2月16日金曜日のお昼頃に物が届きまして、
こちらはAmazon欲しいものリストから手動で回す洗濯機ですね。
こちらが届きました。
えーと、届いてしまいましたっていう感覚だったんですけど正直ね。
っていうのは、これAmazon欲しいものリストから、
僕が削除するのを忘れていたっていうものだったんですね。
いやー、その意味でホントイクコさんごめんなさい。
いやいや、とはいえ、せっかくこういう流れになったので使わせていただくんですけど、
これね、水道を解約した時に、というか水道を解約する前からか、
洗濯機を友達に譲った時から、
じゃあ洗濯どうするって言って、今はコインランドリーでやってるんですけど、
当時この手回し、手動でぐるぐる回して洗濯できるっていう商品を見つけたので、
欲しいものリストに追加していたんですね。
で、その時点ではまだ水道も解約されていなかったし、
まあ最悪川の水とか雨水で洗濯できるんじゃないかっていうイメージも実際ありました。
ただ、今ですね、まあ冬だっていうこともありますけど、
洗濯するペースがですね、2ヶ月に1回で今は済んでるんですね。
夏はもっと3倍ぐらいのペース、3倍4倍のペースになるかもしれないんですけど、
なんていうか今の僕の生活のリズムだと、
水を浴びるのが四言地に1回、その冬は寒いんでそんなに汗かかないんで、
18:03
Speaker 1
四言地に1回水を浴びるっていうペースでやってるんですね。
で、そのタイミングでTシャツとトランクスを着替えるっていう風になってるんですね。
で、上着とかは僕はもう毎回洗ったりはしないっていう風に前にもお話したことあるんですけど、
まあ晴れた時に外に干すだけですね。
それで太陽の光で殺菌してるつもりになってるみたいな感じなんですけど、
で、メインとして洗うのはTシャツとトランクス。
で、それが四言地に1回っていうペースで溜まって、
14、5枚溜まった時点で洗濯するんで、
2ヶ月に1回ぐらいになるんですよね。
で、それが1回の洗濯にかかるのがコインランドリーで400円で12キロまで洗うことができるんですね。
で、さっき言ったTシャツとトランクス14、5枚では12キロにもまだ満たないぐらいな感じなんで、
本当はもっと洗えるぐらいな勢いなんですよね。
で、それでやってるので、
まあ2ヶ月に400円っていう意味で言うと水道代なんかよりも全然安く済んじゃってるわけですよね。
水道代の時は基本料だけで2ヶ月で2000円ぐらいかかっていたので。
で、そんな感じでもう全然今成り立っているので、
もう結構なある程度の時期からは、
その手動の洗濯機っていうのは欲しいものリストに入れたことすら忘れてしまっていて、
もうどっちかっていうと削除したような気分だったんですよね。
なんでそれが今回ドーンと届いてちょっとびっくりしたっていうようなところはありますけど、
ただまあさっき言ったようにこれから夏に向かっていくと汗もかくし洗濯の頻度は増えてくると思うんで、
もうその手回しの洗濯機、手動の洗濯機もそんなに大きいものじゃないから、
小物しかもともと洗えないものなんですね。
っていう意味で言うとそのTシャツとトランクスぐらいを、
まあ1、2枚なのか2、3枚なのか入れてみないとわかんないんですけど、
それで洗うっていう意味で言うと、
そのコインランドリーで12キロまで洗える400円すらかからないっていう形にはなるかと思うんですよね。
ただそれには洗剤をもう1回買い直さないといけないので、
っていうのが洗濯機を譲ったときに、
もう洗濯機がないから洗剤も僕が自宅で使うことがなくなるっていうんで、
その友達にあげちゃったんですよね。
なんで改めて洗剤を買い直してっていう感じにはなると思うんですけど、
あとは雨水とか、あと川の水はねやっぱ濁ってるので洗濯に使うのはちょっとどうかなって思ってるんで、
浴槽に溜めてる雨水でその洗濯にまで回してしまって、
サイクルとしてそれでも今食器の洗い物とかにもそこから使っているので、
水が足りるかっていうところとのせめぎ合いになってくるかもしれないんですけど、
せっかくなぜかこういう流れになったんで楽しんでちょっと使っていこうかなっていうふうに今は思っております。
21:08
Speaker 1
まだ洗剤とかの準備まで至ってないんですけども、
いずれそれをやってみてですね、どんな感じなんだかっていうのをご報告していけたらいいかなっていうふうに思っております。
はい、そんな感じでですね、
いっこさんね、このメッセージでもそういう感じの僕が削除し忘れてたやつだったんですけどみたいな感じでも、
それも含めて面白おかしくご紹介しちゃっていいですかっていうふうに聞いて、
その返事でですね、
あらら、もし使わないようだったら売っちゃってください、いいですよみたいに言ってくださってるんですけど、
さっきも言ったみたいにせっかくなんでね、
これ単純に売るだけだと全然元の金額とは違う半額以下の金額になっちゃうと思うし、
いっこさんがただお金損したみたいになっちゃうのは本当に申し訳ないんで、
せっかくなんで使わせていただきたいと思っております。
で、そんないっこさんの宣伝したいことなんですけども、
宣伝したいこと?なんだろう、スピリチュアルラジオかな?
でも宣伝してほしいほど更新してないのっていうふうに書いてくださいましたけど、
いやいや、もう僕としてはですね、スピリチュアルラジオ毎回楽しみに聞いてますし、
前回今回の対談でもいっこさんのすごい透明感というかですね、
素敵な部分が伝わってるんじゃないかなと思います。
台本作って読んでたみたいな、最初の方はそういうふうにしてたみたいにも言ってましたけど、
それも含めていっこさんの人柄みたいなものを感じていただけたらいいんじゃないかなと、
僕は個人的に思っておりますし、スピリチュアルラジオすごく応援しております。
ということでご興味ある方は今回も概要欄にも貼りたいと思っておりますので、
いっこさんのスピリチュアルラジオぜひ聞いていただけたらと思います。よろしくお願いします。
ということでいっこさん、今回は初めてのインプットだったんですよね。
ということも含めて本当にありがとうございました。
そして次が4人目ですね。
ふうごさん。ふうごさんも初めてインプットしてくださったんですけど、
これはですね、最初いきなりものが届きまして、
ふうごさんが作られた干し芋だったんですね。干した芋ですね。
干し芋が届いたんですけど、
あれ?と思って全然その事前連絡いただいたわけでもなかったので、
なんだろうって思ったっていうのもちょっとあるんですけど、
これは経緯としてですね、ふうごさんも議事館からつながらせていただいたっていう感じだったんですよね。
24:06
Speaker 1
オープンチャットでふうごさんがやられてるポッドキャストが話題に上がったりして、
フォローさせていただいて、ふうごさんのひとりがたりの独白っていうポッドキャストがあるんですね。
で、それとは別でお二人で、ふうごさんと直樹さんかな?
直樹さんという方と、二人で夜景石にざれ事っていうポッドキャストもやられていたりします。
で、ふうごさんお一人でやられてる方の独白の方、僕は先に聞き始めたんですけど、
それがね、かなりいい感じなんですよね。独特の雰囲気があってっていうか、
BGMもね、なんていうか、そんなに明るい感じじゃなくてどっちかっていうと、
驚々しいまでいかないけど、重厚なというか独特の雰囲気があるBGMに乗せて、
ふうごさんのしゃべりも独特の雰囲気で、でも深いことを話されてるっていう感じもあるので、
いやこれはいいポッドキャストだなっていうふうに僕も思っていたんですね。
で、そんな中でですね、Xでふうごさんが僕をメンションしてくれて、
週3、鳥をとる人という題で、うちの番組でひとりがたりを一本撮りませんかっていうふうにですね、
これ2月10日にポストしていただいてたっていうそういう流れがあったんですよね。
で、僕はそういうなんか面白そうな流れには乗っかる気質だったりするので、
その後にZoomでちょっと顔を合わせて打ち合わせ的にお話しさせていただいて、
いやそれは面白いなっていうところで、
で、先日もうすぐそのZoomでふうごさんと話した翌日には収録をして、
その音源を送っていたっていうのがありましてですね、
で、その後2月17日の土曜日にですね、
その独白で僕がひとりがたりをする鳥をとる人っていうタイトルでひとりがたりをしているのがもうすでに配信されています。
で、それに対してのお礼的な感じだったんですね。
その欲しいものを送ってくださったっていうのが、そんな感じだったんですよね。
で、ふうごさんがおっしゃるにはですね、
僕としては受け取っていただけただけで満足ですので、
あとはしゅうさんにお任せしますっていうことだったんですね。
そのふうごさんが送ってきてくださった欲しいものの中にお手紙もついてまして、
これがまたいいんですよね。
で、その中に先日のお返しではないですが、
しゅうさんのお気持ちが嬉しかったので、よかったら食べてください。
僕の気持ちなので紹介していただかなくて結構です。
っていうふうに書いてくださってはいたんですよね。
先日のお返しっていうのはその独白用の音源を僕が取って送ったっていうそのことに対してのお返しっていうような意味合いなんですけど、
27:01
Speaker 1
でも僕さっき特命希望さんの時にも言ったように、
これ俺を言わないとちょっと僕の中で心のバランスが取れないみたいな感じだったんで、
そんなふうにお伝えして、
で、ふうごさん、しゅうほうをですね、去年の七夕の投稿からダーッと聞きましたっていうふうにおっしゃってくださってるんですね。
で、それでその中でしゅうさんのインプットというものに対する思い入れの理解が深まりまして、
多分しゅうさんならそうおっしゃるんじゃないかなと思っておりましたっていうね、
そこまでバレてたっていう感じだったんですけど、
そうなんですよ、どうしてもご紹介したくなっちゃうんで、
SNSとかでも紹介させていただきました。
でね、このさっきこの手紙がいいんですよねっていうふうに言ったのがですね、
どこどこより、これ地名はふせときますけど、
ふうごさんの地名を公開していいかどうかわかんないんで、
ふうごさんが住まれている場所が書かれてて、
どこどこより、排気ガスに乗せて愛と感謝を。
ふうごよりっていうのが1枚目だったりするんですよね、お手紙のね。
でね、この排気ガスに乗せて愛と感謝をっていうなんというかね、
この風刺というか皮肉というかっていう意味が含まれているかどうかも、
まあはっきりはわかんないですけど、まあ多分そうなんじゃないかなって僕思うんですけど、
僕もねこういうことは本当はね、めっちゃ考えるんですよね。
うまく表現できないんですけど、
なんかこう目につきやすいものとその裏に隠れて、
実はそうやって排気ガスで車で運んでっていうので成り立ってるような状況があるよねみたいなことは、
常々こう裏の裏まで考えて僕も意識するタイプなんですよね。
なので僕もいろんなものを送ってきていただいて、
それをありがたいことですっていうふうにこの週報インプッターのご紹介でもご紹介させていただいてますけど、
それが成り立つっていう時点で、
なんか本当は昔だったらありえないようなことだし、
ふうごさん書いてくださったみたいに、
排気ガスを出してまでやっていることなんだよなっていうところがあって、
これはそれでもそれをやった方がいいかどうかみたいなところに答えは最終的には出ないというか、
計算しきれるものでもないとは思うんですけど、
でもそれでもそういうところまで意識しておいた方がいいよなっていうふうには僕も思うんですよね。
だからそんな感じの世の中に乗っかってしまってはいるけど、
でもそれでもそこに愛と感謝を乗せている、
それしかできない的なニュアンスが含まれてるんじゃないかなっていうふうに僕は勝手に感じたりしてるんですけどね。
で、その独白の方でもさっき言った直樹さんと二人でやられてる夜景石にざれ事の方でも、
僕なんかよりすごい深いところまで考えて議論されてるみたいなところもあるので、
かなり両方とも面白いポッドキャストだなっていうふうに僕も思ってますし、
30:02
Speaker 1
ぜひそちらも皆さんも聞いていただけたらいいんじゃないかなっていうふうに思います。
で、宣伝したいことについてもふうこさんにもお聞きしたんですけど、
ふうこさんがその干し芋を作られてる、ご自身で作られてるっていうことで他にも野菜を作られたりしてるみたいなんですけど、
そちらは自然栽培っていう考えで育てていたりして、だから余剰が出るほど作れていないみたいなんですよね。
だから宣伝したとしても、それで誰かが、僕例えばこれで収穫で聞いた人がその野菜を買いたいっていうふうに思ったとしても、
それを売ってあげられるような状況ではないっていうところで、その意味でふうこさんの文章で言うとですね、
なのでふうごってやつが野菜作ってるらしいです。
食べた感想こんなでしたって紹介していただけたらそれで十分ですっていうことでした。
はい、なのでちょっとね、食べた感想がだいぶ後回しになっちゃったんですけど、めちゃくちゃ美味しかったです。
でですね、これまだ全部は食べてないんですけど、
大きな袋で2つと、小さい袋で2つっていう感じで送ってくださったんですね。
大きい袋の方はシルクスイートっていうのと、余り物かっこシルクってなってるんですよね。
部位が違うってことなのかな、両方シルクスイートっていう種類のものなのかな。
で、小さい袋の方はシルクスイートのものとベニハルカ。
でね、この小さい袋2つだけ今全部食べたっていう感じなんですけど、
シルクとベニハルカが違ったみたいなんですけど、すいません、その違いがあんまりわかりませんでした。
でもね、両方ともすごい美味しくて。
で、小さい袋を2つ食べちゃったっていうのは、小さいのだったら開けて、なんか真空パックっぽくなってるんですよね。
なんで開けてしまって、その後もうなんか残りを密閉して取っとくみたいに気にしなくていいかなって思って開けたっていうとこあるんですけど、
美味しすぎて一気に2袋食べちゃったみたいなとこあってですね。
だから大きい袋の方は開けてそっからこう全部食べずに我慢しておけるかなみたいなのがちょっと悩ましいような感じですね。
でもまあ今日たぶんご飯食べた後にこれも大きい袋をちょっと開けちゃって、
なんかもしかしたら全部食べちゃうかもしれないなみたいに思ってるんで、
あと2袋はもしかしたらあと2日、今日と明日でなくなってしまうかもしれません。
目の前にあったら食べちゃう病なのでそうなっちゃうんですけど、
まあそれはしょうがないかな、向き合っていこうかなと思っております。
でですね、さっき件数としては7件で人数としては6人っていう風に言ったんですけど、
33:01
Speaker 1
ふうごさんがそのやりとり、DMでのやりとりをしている中で、
さらにですね、ペイペイでインプットをしてくださってまして、
やっぱり同じ16日金曜日ですね、今ペイペイでインプットさせていただきましたっていう風に書いてくださってですね、
実際見てみたらペイペイで100円インプットしてくださっておりました。
本当にありがたいです。
ということで2件分の紹介ということでペイペイは最後にちょっと話しただけになってしまいましたけど、
欲しいももペイペイの100円も本当にありがたいってことに変わりはありません。
前にもふうごさんがLINEオープンチャット、ギチの完全人間ランドのLINEオープンチャットの方で、
しゅうさんの考え方にはなんか共感できますみたいなそんな感じのことを書いてくださったことがあるんですけど、
それ僕の方でもですね、独白とかやけいしにざれ事の方で僕の方からもそんな風に感じております。
なのでお互いにこれからもポッドキャストで自分の思いみたいなものを配信する仲間みたいな気分で僕の方もおりますので、
今後ともお互いに定期的に絡んでいかせていただけたら嬉しいなという風に勝手に思っております。
ということでふうごさん今回初めてのインプット本当にありがとうございました。
しゅうの話すラジオ、略してしゅうほう。
はい、そして次が5人目、さぁこちゃんですね。
さぁこちゃんは収録してる今日から見たら昨日2月17日土曜日朝ですね、いきなりDMが来まして、
インプットの仕方わかりませんぬ泣き顔マークみたいな感じだったんですよね。
で、わぁさぁこちゃんありがとうわかりづらくてごめんねっていう感じで、
インプットのやり方、何でインプットしたいかなみたいな感じで、
ストライプでのクレジットカードでのインプットか、
単発でしたいってことだったんで、そのクレジットカードか、ペイペイってなるっていう感じで、
さぁこちゃんの方からどっちでもいい、どっちがいいっていう風に聞いてくれたので、
まぁそういう感じであればっていうことで、
手数料で言うとですね、単発だったらペイペイの方は手数料がかからないので、
そちらでっていうんでペイペイのIDを教えてインプットしてもらったっていう流れでした。
で、これは後からわかるんですけど、
3月26日にもうちゃんがいいかねパレットに来るっていうのを、
ディスコードサーバーを立ち上げて、これはレッドさんが立ち上げてくれたのかな、
で、いろんなことをやり取りしてるんですよね。
36:00
Speaker 1
その日に来れる人、来れない人も含めて、いろんな人が入ってやり取りしてるっていうような状況があるので、
そこに昨日の朝、さぁこちゃんが入ってきたっていう流れだったんですね。
で、さぁこちゃんが全然把握できてないですみたいなことを中で言っていて、
もうちゃんがですね、僕が以前にこの3月26日にもうちゃんが来るから、
それに合わせて僕が行きますっていう風に配信の中で話した、
その週のハナスラジオの配信会のリンクを貼ってくれて、
これを聞いてもらうとわかりやすいかなみたいに書いてくれてたんですね。
で、それに対してさぁこちゃんがお返事で、
インプットしますって書いてくれてたんですね。
で、僕はそれをさぁこちゃんとDMでやり取りしてる時にはまだ見れていなくて、
後々で、この流れでインプットしてくれたんだなっていうことがわかったっていうことがありました。
で、だからさぁこちゃんもそのペイペイで結果的に送ることができたっていう状況の後に、
送りつけたイベントを楽しめるといいねって書いてくれてたのもあるし、
そのペイペイで送ってくれた時に文章も一緒に届いていて、
さぁこちゃんも初めてインプットしてくれたっていう感じでした、今回ね。
で、その文章がですね、
さぁこ金貨を送ります。日本円だと3,500円分とかって書いてて、
ちょっとねこの辺がね、さぁこちゃんらしい不思議ちゃんな感じが出てて、
意味わかんないんですけど、
何かとにかくさぁこ金貨は日本円に換算すると3,500円らしくて、
この3,500円っていうのをペイペイで送ってくれたっていう感じでした。
あとそのメッセージの中にあえたらかまってねーっていう風に書いてくれてたので、
その流れで言うとこの3,500円っていうのは、
しゅうがリアルオフ会に参加するためのインプット窓口の代わりに、
ペイペイで送ってくれたっていう風に捉えるのが一番正しいかなみたいに僕が思ったので、
さっき特命希望3さんの時に言ったようにですね、
こちらさぁこちゃんの3,500円も扱いとしては、
しゅうがリアルオフ会に参加するための窓口の金額として計算させていただきました。
っていうことで、
こちらざっくり言うと、
MKさんとゾウさんとサチエさんとイザさんと特命希望3さんとさぁこちゃん、
全部合わせてですね、
扱いとしていただいた額は1万6,005円っていう形になりまして、
手数料がストライプで入れてくださった分に関しては手数料引かれまして、
482円引かれるので、
1万5,573円、
今その窓口に貯まっているっていう状態になりました。
本当にありがとうございます。
これで往復のガソリン代は少なくとも賄えてっていう感じになると思うんですけど、
39:01
Speaker 1
あとはパレットの宿泊費が、
まあ車中泊にする予定なんですけど、
車中泊でも以前行った時ですら3,000円以上かかっていたので、
今回も3,000何百円かはそちらで飛んでしまうかなっていう風に思っているのと、
まあ何泊もかけて今回行こうと思っているので、
道中の食費とっていう風になると、
やっぱりこれでもまだ足りてるっていう風には言えない状況でですね、
あとは、
まあこれはちょっと贅沢かもしれないんですけど、
僕としてはオッタントットさんにも行ってみたいなーみたいに思ったりしてるんですけど、
まあ丸腰で行ってもね何も食べられないみたいになるんで、
まあもしこのインプット窓口の金額が十分な額になったなっていう風に僕が感じられたら、
そこからオッタントットで食事をしてっていう風なそこに当てられたらいいなーなんて勝手に今のところ思ってるんですけど、
まあそこまで行くかどうか全然今のところ読めないんで、
まあそれによって僕の行動が変わってくるオッタントットにまで足を伸ばすかとか、
他にもいろんな人もし会いたいって言ってくださる方がいたらそこまで行きたいなーとか、
まあ個人的にはまた本田兄弟紹介さんとこに行きたいなーって、
でもそれ本当に陸路だけで行くとだいぶ時間がめちゃくちゃかかっちゃうんですよね。
なのでそのフェリー代とかがこのインプット窓口から叶える状況になったらとか思ったりはしてますけど、
まあその辺は完全に皆さんにお任せみたいな感じになります。
ただまあこちらに入れてくださればですねその分僕が動けるっていう感じになりますので、
ここに金額入れるからなるべく週動いてねみたいに思ってくださる方がいらっしゃいましたら是非よろしくお願いします。
すいません途中で僕の宣伝みたいになっちゃいましたけど、
沢子ちゃんの宣伝言わないといけないですね。
お聞きしたらですね、わーい宣伝あるー。
しかしどう伝えればいいのか難しいけど、
今ビジュアルファシリテーターの勉強してるから、
沢子の問いに対して発言や意見を複数名でしたいの。
いつって言われると未定だからどうしようとなるけど、
週末にのんびりできたらいいなーって思ってるから一緒にしてくれる人いたら心強い。
とにかく沢子の成長を楽しんでくれる人と対話をしながら書いてみたい。
っていうのが沢子ちゃんの宣伝っていうことでした。
でそのメッセージに載せて画像を送ってくれたんですよね。
なんか沢子ちゃんがいろいろこう書き込んでる。
なんて言ったらいいんでしょうね、僕あんまり言葉の表現が苦手なんで、
この画像自体は非公開にしてほしいって言ってるんで、
言葉でだけ伝えればいいかなって思うんですけど、
なんか紙にその状況的なことを整理して書き込んでいくみたいな、
なんとかって言うんですよねこういうのね。
42:01
Speaker 1
グラフィックボード、違うかな。
グラフィックレコーディングとかなんかそんな言葉があったようななかったような、
どっちにしてもちゃんとわかってないんで、
そういうふうにいろいろ書き込んで、
それをなんかビジュアルファシリテーターっていうふうに言うんでしょうね。
それの勉強してるってことなんで、
沢子ちゃんの問いに対して発言とか意見を複数名でしたいっていうことらしいので、
もしご興味ある方は僕か沢子ちゃんにご連絡していただければと思います。
はい、そんな感じで沢子ちゃん今回は初めてのインプット、
リアルオフ会に参加するための窓口として扱わせてもらいました。
沢子ちゃん本当にありがとうございました。
はい、そして今回最後6人目です。
みなみさん、みなみょっこさんことみなみさんですね。
こちらはですね、事前に連絡をいただいていてっていう流れで届いたのは今日なんですけど、
今日18日日曜日の朝10時半ぐらいかなに届いた感じですね。
ご連絡いただいていたのはおととい16日金曜日ですね。
こんにちは、今日熊本甘草産カットワカメ30g×4袋セットを週3へ送る手続きをしました。
20日から22日に届くとのことです。っていう風にご連絡いただいてたんですけど早く届きましたね。
18日に届いているので。はい、みなみさんも届きました。本当にありがとうございます。
で、僕毎日ね味噌汁にこのカットワカメを入れてるんですね。
今は普段トライアルで一番安いやつ100gで200円台290円とかそんな感じかなのを買ってしまっちゃってるので、
せんぞとしても値段で毎日入れちゃうのでっていうところでそれを選んで入れてたんですけど、
30g×4袋合計120gですよね。だからトライアルのよりもちょっとだけ多いっていう感じですけど、
それで2000円いくらするんでだいぶ値段もしてしまうものなんですけど、
それを送っていただいたんでだいぶこれはミネラルが普段とってるのより多いんじゃないかなって勝手にイメージしています。
まあ普段ね食べてるトライアルのは中国産だったりするんで全然違うんじゃないかなって思ってますけど、
これねどのぐらい前だっけなー僕がよく足をつるみたいなことがあって、
でそれをねクーネル話すっていう番組一緒にやってるコグマちゃんに相談したりして、
でそれはミネラル不足みたいなところがあるかもよーみたいな、
で酢の物、きゅうりとワカメの酢の物とかいいんじゃないみたいに言われて、
45:03
Speaker 1
それを作ってみたりとかいうこともしたりねそんなことがあって、
まあ今ちょっとね味噌汁に入れるだけっていう感じにはなってますけど、
それでも毎日使うものだし毎日のミネラル補給に役に立ってるんじゃないかなっていうふうに僕は思っているので、
そちらを送っていただけたことも本当にありがたいです。
みなみさんいつもね5週ショーラジオに今はなんかペースとしては、
大輝くんと同じくレギュラーなんじゃないかっていうぐらいのペースで参加してくださってたんですけど、
今回もねまた次回収録があるんですけど、
それにはねまだdiscordの方では手を挙げてくださってなくて、
あーみなみさん来ないのかなー来てくれたら嬉しいなーみたいに思ってるので、
まあこの今のこの配信も聞いてくださってるかわかんないですけど、
僕としてはみなみさんと喋るのも毎回本当に楽しいんで、
だから5週ショーラジオでタイミングが合うときは本当にいつも参加してくださったら嬉しいなと思っています。
はい宣伝したいこともお聞きしたんですけど宣伝は残念ながら今回も何もないです笑いっていうことでした。
はいなんですけどもし万が一何かまた宣伝したいことが出てきたらいつでも連絡ください。
よろしくお願いします。
ということでみなみさんも今回も本当にありがとうございました。
週の花譜ラジオ。
ということでだいぶもうすでに長くなっちゃってますけど、
ここからいくこさんとの対談の後編をお聞きいただければと思います。
Speaker 2
どうぞ。
この人にこれを伝えたいのに、なかなかねやっぱ人間関係壊したくないから伝えられなくて、
でもめっちゃ我慢しててとかやっぱ喉からくる風邪をひいたりとか、喉の調子が悪くなったりとか、
そういうふうにね連携してるんですよねみんなね。
まずやっぱこういうちょっと長くなっちゃったけど、こういう身体的な変化がやっぱ気候を通じてあったっていうのがあると思います。
Speaker 1
そっか。
Speaker 2
面白すぎる。
そこからやっぱスピリチュアルな世界っていうか、いろいろなものが見えてくるっていうか、
もうね思考じゃなくなってくんですよ。
だから気候を始めてから、自分自身の中はすごい静かなんですよね。
考えない。
Speaker 1
考えないっていうとね、アホの子みたいだけど、
Speaker 2
みなさん結構さ、思考がぐるぐるする。
48:00
Speaker 2
あ、そうだあれもやんなきゃ、これもこうこう、こうこう、こうこう、みたいな。
でも私は直感だけで生きてて、全然考えてないんですよ。
あってきたものを、あ、そうだって。
で、それをこうやって、だから思考の中でぐる、
頭の中で思考がぐるぐるするみたいなこともないし、悩み事もないんですよね。
なんかそんな感じがして。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
そこを悩んだ瞬間に解決するみたいな。
Speaker 1
悩んだ瞬間に解決するんだ。
Speaker 2
そうなんですよ、悩んだ瞬間に、
そうですね、悩んだ瞬間に、こうすればいいよねっていうことがポンってわかる。
だからもうそれ以上悩む必要ないし、やるかやらないかは私次第っていうか。
なるほど。
そうですね、みんながみんなね、こういう風になるわけではないかもしれないですけど、
怒っ、まあね、多少ね、子供がなんかやっちゃって、こらーって怒るようなことがあるけど、
Speaker 1
え、いっこさんが?
Speaker 2
あ、あれ、ね、うん、そうですね。
Speaker 1
全然イメージない、うん。
Speaker 2
まあでもね、人ほどは怒らないと思いますけど。
Speaker 1
うん、でしょうね、うん。
Speaker 2
でも、なんか、世の中にいるじゃない、むかつく人とかさ、
私はすっごい怒ったりしてたからね、若い時ね、正義感も強くて、
だからなんかちょっと変な人がいると、はー何してんの?とか言って、
もうこうすっごい怒ったりしてた時はあったけど、もうそういうのは全然なくなりましたね。
えー。
Speaker 1
いいよ、今日もやる?しゅうさん。
3、4年、やりたくなってきてるけど、やっぱあれですよね、
その時間のタイミングがわかんないのと、
僕お金があんまりないのでっていう。
Speaker 2
もうね、なんていうか、
あのー、もう空き時間でやっていくしかないよね。
実践、だから、私はもう思うのはやっぱスピリチュアルとか、
自分の悩み事があって、自己啓発とかに、
あのー、の本をね、読み漁ったりとか、
私もね、やっぱそういう時期があったから、すっごいわかるんだけど、
それでは、それよりももっとほんとシンプルに、
あのー、行動、行動をすることで、やっぱり自分の気は強くなってく。
気候を知らなくても、っていうのはやっぱり見えるかな。
Speaker 1
気候を知らなくても、行動をすることで?
Speaker 2
うん、気候を知らなくても、
例えばどうしたらいいんだろうとか考えちゃうけど、
まず最初は、体を動かす。
Speaker 1
体を動かすんだ。
Speaker 2
体をやっぱり、あのね、ある程度、やっぱ、
51:04
Speaker 2
運動、運動をすることじゃなくてもいいのよ。
毎日30分の散歩とか、散歩よりも少し踏み込んで、
ジョギング、ほんと歩くぐらいの程度でもジョギング、
それとか縄跳びとかね、
でも、私たち日本人に一番染み付いている、
Speaker 1
私はラジオ体操をね、おすすめしたいんです。
Speaker 2
ラジオ体操を毎日やる。朝起きたらでもいいし、いつでもね。
夜やると血行が良くなって眠れなくなっちゃうから、
Speaker 1
おすすめしないんですけど、
Speaker 2
朝ラジオ体操って、やっぱり気持ちいいですよ。
Speaker 1
そっか。
Speaker 2
音楽がなくても、馴染んでるでしょ。
習さんの頭の中にラジオ体操の音楽って、やっぱり私も染み込んでるんですよね。
何も考えないでできるっていうのが、やっぱいいし、
Speaker 1
あの運動ってよく考えられてるなって伸びたり飛んだり、
Speaker 2
伸びるのも、上と下だけじゃなくて斜めとか横とかいろいろあるじゃないですか、
Speaker 1
ぐるぐる体回したりするし、
Speaker 2
ああいうのを続けていくっていうのはすごい大事だなって思うのと、
やっぱりある程度筋力がつくと、やっぱり気が回っていくんですよね。
気が回っていくと、なんていうのかな、気が強くなるって気が強いじゃなくて、
体力がついていくっていうのかな。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 2
そうそう、やっぱり運動、あとは瞑想ですね。
瞑想はやってもやらなくてもっていろんな人がいると思うんだけど、
瞑想って考えるから難しいんですよ。
どういうこと?
瞑想って考えるから、思考がまた私しっこ入ってきちゃったとかさ、
Speaker 1
またこんな余計なこと考えてるとかさ、思っちゃうでしょ。
思っちゃう思っちゃう。
Speaker 2
瞑想って考えるから、ただ座るだけでいいんですよ。
目つぶってただ座る。
Speaker 1
それだけ。
Speaker 2
15分。
Speaker 1
15分でいいんだ。
Speaker 2
5分でもいいよね、最初はね。
できたら30分すると、
30分、ぼーっとする時間が現代人にはないんですよ。
なるほど。
ぼーっとする時間に、私たちは自分の魂の声を聞くことができるんですよね。
ぼーっとした時間。
Speaker 1
15分、携帯とか、テレビとか、ラジオとか、ポッドキャストとか話して、
Speaker 2
ぼーっとするんですよ。
54:02
Speaker 2
ひなたぼーっとするんですよ。
それだけでいいと思う。
最初はわかんないけど、
最初はね、なんかいろんな思考がね、入ってきたりすると思うけど、
それもそこに自分、なんていうのかな、
映画を見るような感じっていうか、無理に消そうとするからまた出てきちゃうんですよ。
無理にも消さないで、出てくるものをただポケット眺めておく。
そこにいろんな意見、自分の意見をくっつけずに、
あ、出てきたな、みたいな感じで流していく。
それをほんと5分くらいから始めて、
なんか10分にして、10分を15分にして、15分を20分にして、みたいな感じで、
でもね、あの、みなさんが陥りがちなのは、やらなくちゃ、なの。
やらなくてもいいんだけど、
そっか。
なんか、あ、今日はできなかったっていう日があっても、当たり前なんですよ。
人間だし、忙しいし、
気分が乗らないときもあるし、
気分が乗らないときに無理にしない。
とか、やっぱストイック過ぎないことも大切ですね。
リラックスをして、自分の、
そうするとね、そういうのをやっていくと、だんだん自分の声をキャッチできるようになるんですよね。
自分の声をキャッチするっていうか、
そうですね、体の声とか言うのかな?
疲れてるのに無理しちゃったりとかするのは、声聞いてないですよね。
疲れてたらちょっと休んであげる、2分でも3分でもいいんですよ、それ。
なんか、そうすると、楽になるんじゃないかなと思うんですよね。
やっぱり、みんな楽になるっていうか、
自分を楽しんでいく。
自分、人生を楽しんで、
いいことも悪いことも受け入れて楽しんで、
毎日送っていくことができるようになる。
Speaker 1
なんか、そのための、スピリチュアルってそのためのツールじゃないかなと思ってるんですよね。
Speaker 2
そうそうそう。
神様道行とか、そういうものもあるけども、
それを楽しむのはエンターテインメントとしていいと思うんですけど、
要は、自分を楽しく生きていくための道具の一つっていうかね、
そういう感じで私は捉えてるかな。
Speaker 1
そっか。
その瞑想はすごい興味があって、
さっき言ってくださったみたいな、やらなくちゃっていう罠もあるんですけど、
57:01
Speaker 1
なんかね、考えが浮かんできちゃって、
なんかね、不安になって動きたくなっちゃって、
動かざるを得なくなって、座ってられなくて動いちゃうみたいなことがちょいちょいあるんですよ。
Speaker 2
そうしたら、座ってるのが苦手な方もいますよね。
瞑想っていうか、そういったものって形一つじゃないので、
ほら、しゅうさんどっかでビパッサナー瞑想、ビパッサナーのこと話してなかった?
Speaker 1
ね、やりたいなとは思ってるけど。
Speaker 2
あれも、私も知ったことがあるんですけど、
難しく、だから要は、なんていうのかな、
なんかちょっとだいぶ昔なんですよ、だいぶ昔で、
ちょっとちゃんと、自分のやっていることにフォーカスをしていくみたいな手法もあるじゃないですか、
そのビパッサナーの中に、確か。
Speaker 1
言ってた気がする、コニタンが。
Speaker 2
で、それって、行動の瞑想とかね、歩く瞑想とか、いろいろそういう勝手な、いろんな言葉をね、
なんか人間はつけたがるからそうするんですけど、
その自分がやっていることをはっきりと認識していく瞑想なんですね。
例えば、自分朝起きて、なんか顔洗ったりしますよね。
Speaker 1
で、私は顔を洗っているって、心で唱えながら顔を洗うんですよ。
Speaker 2
で、手を洗ったりするときも、私は手を洗っているとか、
トイレに行ってるときも。
Speaker 1
でもじゃないけど、一回言われてましたよね、スピリベラジオで。
Speaker 2
言ってたかもしれない。
Speaker 1
今思い出した、それをやっていれば、それは瞑想になるってこと?
Speaker 2
まあ、それは瞑想になるっていうか、思考のぐるぐるを止めることができるのと、
自分の、その、なんていうんですか、行動を意識するってことは、
体に意識している、やっぱり体にフォーカスをちょっと当てると、
思考って止まりやすいかなと思うんですよね。
別に思考止めても止めなくてもいいんですけれども、
ぐるぐるしてしまう思考では、何も解決はできないんですよ、やっぱり。
なるほどな。
そうそうそう、かなって思ってて。
Speaker 1
今ね、ちょっとね、体にフォーカスを当てたわけじゃないんですけど、
体のほうからですね、おしっこに行けっていうシグナルが来てましてですね。
Speaker 2
そうや、行かなきゃいけないです。
Speaker 1
ごめんなさい、ちょっとすごいぶつ切りになっちゃうんですけど。
大丈夫です。
Speaker 2
ちょっとトイレに行ってきてもいいですかね。
Speaker 1
ちょっとレコーディングそのままでいいですか。
Speaker 2
はい、大丈夫です。
Speaker 1
はい、ごめんなさい。
Speaker 2
ちょっと行ってきます、ごめんなさい。
1:00:00
Speaker 2
いってらっしゃい。
トイレでブツブツ喋ってよっか。
そんな感じで、スピリチュアルって言うと、
なんかスピリチュアルに抵抗がある人もいっぱいいると思うんですけど、
何でしょうね、なんかちょっと私もスピリチュアルなんて言葉を使ってますけれども、
スピリチュアルっていうのに少し自分も抵抗があります。
なんか何がいいんでしょうね、エネルギーワーク。
エネルギーワークの一つですね。
みんなエネルギーあるんですよ。
私たちはエネルギーでできてますのでね。
なんかそういったものを意識的に使っていく。
それで自分の生活を切り開いていく。
Speaker 1
自分の現実を作っていくみたいなことが実際にできます。
Speaker 2
だから皆さんも、私にもできますので、皆さんにも必ずできます。
しかもそうすると楽ちんに生きていくことができるので、おすすめです。
気候はやっぱり皆さんにおすすめですね。
運動もおすすめですね。
運動なんてもいいよね。
好きな音楽を流して、
それを、それ、好きな音楽を流して、その音楽に合わせて、
勝手に体を動かす。
ダンスってことじゃなくてもいい。
リズムとって勝手に体を動かす。
それだけでもエネルギーがぐんと曲がっていくのをやっているうちに体感できるはずですね。
皆さんもね。
エクサティックダンスって言うんですけど。
あ、しゅうさん帰ってきた。
Speaker 1
ごめんなさーい。
Speaker 2
おかえりなさーい。
Speaker 1
すいません。
Speaker 2
ちょっと話してた。
Speaker 1
え、話してた?
Speaker 2
いえいえ。
ごめんなさい。
ひとりごと得意。
Speaker 1
え、ほんとに?
一緒に喋ってました。
Speaker 2
しゅうさんのね、私がね、聞きたかったのは、
アウトプットが先だっていうね、お話。
それをね、なんかね、きっかけっていうかさ、
そういうアイディアに行き着いたのを知りたいなって。
1:03:00
Speaker 1
あ、きっかけをですね。
あの言葉が出たっていうタイミングのピンポイントでいくと、
しょうまさんっていう、同じ樋口塾の仲間の方がいらっしゃって、
しょうまさんと一緒に番組やってるっていうのもあって、
しゅうとしょうの道のりへの道のりっていう番組があるんですね。
で、その番組でお話ししている中で出てきた言葉なんですよ。
で、僕はどっちかっていうと霊感みたいなのも全然ないし、
すごく興味はあったんですけど、スピリチャルっていうのに。
実際興味はあったんだけど、
なんかこう、自分の性質としては、
頭で理屈をこねくりまわして考えるタイプなんですね。
で、しょうまさんとも割とそういうふうに喋っていることが多いかなって思うんですけど、
でもなんていうのかな、頭をこねくりまわした結果、
なんか理屈で考えても、こんなふうになるしかないよねって思うような結論が、
どっちかっていうかなんかスピリチュアルの人が言われていることに近い結論に行き着くみたいな感覚があって、
いっこさんがスピリベラジオっていう名前でやってた頃の最初の方のエピソードでも、
量子力学の話とかされてたじゃないですか。
だからあの辺との共通点みたいなところも、
僕、量子力学とかも全然ちゃんと勉強してないけど興味があったから、
そういうふうに結論が同じとこに行き着くみたいな感覚があって、
だからしょうまさんと話してたときも、
またこれ単語がパッと思い出せないんですけど、
自己組織化現象って言葉聞いたことあります?
Speaker 2
わかんない。聞いたことないですね。
Speaker 1
魚群とか魚の群れとか、あとはハトとか、ガンとかもそうなのかな、
そういう群れ、鳥の群れとかが、
全体で集合なんだけど、集合が一つの意識を持った生き物みたいに見えちゃうみたいな、
そういう動きすることを、自己組織化現象って多分言うと思うんですね。
間違ってるかもしれないけど。
Speaker 2
そうなんだ、言葉があるんだ。
Speaker 1
ざっくりした僕の理解ではそんな感じ、間違ってたらごめんなさいって感じですけど、
それが、見た目には先頭を飛んでる鳥とかがリーダーシップを持って群れを引っ張ってるみたいに見えるんだけど、
実はそういう自己組織化をしてる群れにはリーダーみたいなものはいなくて、
全ての鳥の個体、それぞれが3つぐらいルールがあって、
それもちゃんと僕、今パッと空で思い出せないんですけど、
1:06:02
Speaker 1
何か一定の距離を、隣を飛んでる鳥とかと一定の距離を保つとか、
何かそれしか思い出せないな。
あと2つぐらいルールがあったら、勝手にそういう動きになるみたいな感じなんですよ、自己組織化現象って。
だからその、一体一体別の個体が、それぞれが生き物のはずなのに、
なんとなくふわっと集まったときに、それが一つの生き物みたいに見えるみたいなことを考えたときに、すごい不思議だなみたいな話とかをしてたり、
あとはそれと同じように、コンピューターの世界で人工生命っていうのを、
なんかセルオートマトンとかいう言い方をするらしいんですけど、
何か4つぐらいの数式を組み合わせて、
これも間違ってる可能性高いんで、聞いてる方々、興味あったら自分で調べてほしいんですけど、
そのセルオートマトンっていうのを、要はプログラミングして動かすと、
なんかすごく生命みたいにランダムに動くみたいなことが、コンピューターの中でできてきちゃうみたいな話があって、
そういうことをすごく考えたときに、自分たちもそういうものなのかもしれないな、みたいなことを思ったんですよ。
意識を持って、自分たちが生きてるつもりでいるけど、それも細胞の集合体だったりするし、
その細胞も、構成要素としてはみんな同じようなものから作られていて、
なんとなく今、自分はここにいる、自分が意識を持って最初から存在してるみたいに思ってるけど、
その自己組織化現象をして集まってる鳥とか魚みたいに、なんとなくふわっと集まってきて、
なんとなくそのときに自我みたいなものを持ってるつもりになってるだけなのかもしれないみたいなことを、
僕は頭こねくり回して勝手に考えちゃうんですよね。
で、そういうのを2時間ぐらい、しょうまさんとずっと話してたときに、
なんか、だとしたら、みたいにして思ったのが、
所詮自分たちがそんな程度のものなんだとしたら、
なんかインプットを、何かを自分が得ないといけないっていう、
言ってしまえば、自分の欲望を満たすための、何かをくださいくださいって言ってるみたいなインプットをするための動きじゃなくて、
自分が出していくみたいな、そもそも何か分かんないけど集まってきて、
動いてるみたいな、そういう衝動というか、
そういう動きの方が先なんじゃないかな、みたいなのが直感的に湧いてきて、
で、アウトプットが先っていう表現が初めてそのときに出たみたいなのがきっかけでしたかね。
1:09:07
Speaker 2
無理やり思い出しながら。
すごい、すごいなって私が思ってるのは、
それって私ちょっと真理の一つだと思ってて、
というのも、私たちはニュートラルのポジションっていうのは、
例えばまあ、分かりやすく言えば、
なんか算数、数学で、
X軸Y軸みたいな、あるでしょ、こういうクロスになってて、
Speaker 2
このニュートラルのポジション、このゼロのポジションなんですよ、私たちはもともと。
で、何かが欲しかったら出さなきゃダメなんですよね。
ゼロだから、だってなんていうの、
ここにスペースがないんですよ。
で、ゼロ、その私たちの、このニュートラルの魂のゼロのポジションっていうのはもうそれだけで完璧なんですね。
完璧な、完璧な、例えば何て言うんだろう、
あの、えっと、
例えば何て言うのかな、
丸く丸い入れ物に風船みたいに入っている、
完璧に丸い球体みたいな感じに思っていただいて、
それだけで完璧なので、
私たちが何か欲しいって思ったら、
自分からその欲しいものを入れるために、
何かを先に出さなくては、
欲しいものが入ってこれない。
Speaker 1
入ってこれるスペースが。
Speaker 2
そういう感じ?
難しいですね、言葉にするのはね。
でも、私たちのニュートラルっていうのはそういうところにいるから、
何かを欲してたら、
必ず自分から出さなきゃいけないんですよ。
本当にそれ、
しゅうさんが言ってる、
アウトプットが先って、
本当にその通りなんですよ。
真理なんですよ、それが。
だからすごいなって思ってて。
Speaker 1
そっか。
Speaker 2
それをね、しゅうさんが直感的に受け取ってるっていうのが、
それはもう私が言うスピリチュアル。
しゅうさんがね、
ちょっと、
いらかった時に話したんですけど、
私はこれ、スピリチュアルラジオとかやっているんですけど、
スピリチュアルっていう言葉を、
でも実際に使うことには、
実は私は、
Speaker 1
違和感を持っているんですよね。
Speaker 2
スピリチュアルっていうと、
やっぱり、まだ、
まだっていうか、
霊感症とかさ、
なんか、
そういう人たちもいたり、
なんか、ちょっと違う。
だから、
実際にでも、それを言葉にしていくっていうのは、
難しいし、
1:12:00
Speaker 2
スピリチュアルっていうのは、分かりやすいから、
私使ってるんですけど、
自分自身で、
私はスピリチュアルだから、みたいなのは、
すごい違和感があるんですね。
ちょっと違うかなっていう。
なんだけど、
そういう、私が言いたいっていうか、
私が伝えたいっていうか、
私の定義のスピリチュアルに近い、
その直感的なものっていうのを、
しずさんはちゃんと使ってらっしゃるんですよ。
Speaker 1
自分もね、勝手にそうは思っているつもりなんですよね。
どうしてもその理屈を、
こねくり回しがちっていう性質もあるんですけど、
でも、そもそもの出どころみたいなのが、
ちゃんと見えない以上は、
以上はっていうか、
直感以外に、
頼れるものとか信じられるものなんて、
思いつかないなみたいな気分があるんですよね。
Speaker 2
だからみんな使ってるんですよね。
Speaker 1
そう。
何が、突き詰めて考えがちだから、
こうやって、
暮らし自体も最低限の暮らしみたいにやっていくと、
自分がその中で何欲してるって、
本当に直感的に、
気持ちいいなとか、
幸せだなとか、
そう思えること以外に、
何がいるんだっけって感じるんですよね。
だから、結果的に全部スピリチュアルと言ってしまえばスピリチュアル。
さっきいっこさん言われたみたいに、
やっぱりイメージがね、
今まで使われてきたスピリチュアルっていう言葉のイメージが、
ある意味ちょっとよろしくないというか、
怪しいみたいに思われちゃってるから、
Speaker 2
怪しいものもね、ありますからね。
Speaker 1
そういう意味じゃなく、
人間が、
心とか魂とかいう言葉で言われるみたいな、
直感的に感じられるもの以外に、
何が大事なんだっけなーみたいに、
ずっと思ってるんですよね。
だから、すごいいっこさんにそういう、
そこにすごい振り切ってるように、
僕から見えてたから、
ずっと喋りたかったんですよ。
Speaker 2
そうなんですね。嬉しいです。
Speaker 1
いやいやいや。
Speaker 2
どうだろうね。
多分、私はこのスピリチュアルっていうのも、
生きてること自体が、
私たち自身が、
体ではなく、
魂で生きてること自体が、
スピリチュアルと思っているので、
なんていうのかな、
この本当は、
もちろんね、自分が、
私がそう思ったわけじゃなく、
みんなそれぞれが完璧なんだ、
っていうことに、
気づいていく、
1:15:01
Speaker 2
っていう旅を、
私たちがしてるのかなって、
思ってます。
なるほどね。
そっか。
しんさんがいなかったら、
この世界は完璧じゃないんですよ。
誰か、
Speaker 1
誰かここの絵、
Speaker 2
そうなんですよ。
誰かがもう、
私がもうだいぶ昔から、
取っているイメージとして、
なんか、
あの、
それこそ、
超巨大な粘土みたいなね、
超巨大な粘土みたいなものが、
この地球の外にあってね、
はい。
物質的なものではなくて、
はい。
ないんですけど、
イメージ的な感じを持ってもらって、
その超巨大な粘土みたいなものが、
ぷちぷちぷちぷちって、
ちっちゃくこう、
ちぎって、
で、地球に落としてるみたいな、
なんかそれが、
その一個一個が私たちだ。
うーん。
変だよね。
なんか変なんですけど、
私たちはもう、
ワンネスって聞いたことがあるかなと、
ああ、あります。
私たちはもうみんなすべてつながっていて、
っていうところの、
でも、
つながっているんだけど、
それを忘れて、
個々になって、それぞれを生きていくっていう、
そういう、
違う体験を、
みんなするっていうことを、
Speaker 1
選んできてるね。
Speaker 2
うーん。
また変な話しすね。
いやいやいや。
でもそれを、私たちがこの体を失ったっていうか、
体を離れたときに、
また私たちは、
一つになることができる。
みんなでその体験を、
シェアする。
うーん。
なんかそういうことを、
やってるんですよね。
で、その一つの、
今、人生を、
私も、
しゅうさんも、他の人たちも、
しているんだよね。
うーん。
Speaker 1
その辺、今の
話されたこととかは、
いっこさんはその、
小さい頃からあって、
あまり話さなかった、みたいな頃から、
Speaker 2
あったって感じですか?
そうですね。一番最初、たぶん、
そういうイメージっていうか、
そういうのを受け取ったのは、
20代ぐらい、
えっとね、
20代後半だと思いますけれども、
私、昔から、
なんか、昔から子供のときから、
人とこうやって話してると、
だんだんその人が、
自分になっていくんですよ。
なんか、すごいね。
そういう体験を何回もしてて、
だんだんその人が、
自分になっていくっていう体験を、
何回もしてて、
でもみんなそうだと思ってたの。
1:18:01
Speaker 2
ずっと。
だから、その人と自分は、
一つなんだ、みたいな、
そういう関係、
だから、私もしゅうさんをこうやって喋ってると、
しゅうさんは私なんですよ。
なんか、そういう体験を、
ずっとしてたんだけど、
それは、
みんなそうだと思ってたんだけど、
いつだろう、
なんか、どうも多分違う。
Speaker 1
そうですね。
そこまでの感覚は出てないかも。
Speaker 2
なんか、そういうのがね、
あったんですよね。
それって一体どういうことなんだろうって、
あ、なんかまたこれなった、
みたいな感じぐらいで、
ずっとそれを、あ、またこれなった、
みたいな、あ、まただ、みたいな、
ちょっと面白いんですよ、やっぱそれが。
なんか、そうやってその人が自分になっちゃうからね。
自分になっちゃう。
それは、やっぱり私はこの、
木の交換っていうのを、
しているんですよね。
一緒におしゃべりとかをしていれば、
しゅうさんの木は私が受け取ってるし、
しゅうさんも私の木を受け取ってるし、
それが、なんか、
すごくこう、
なじんでいくっていうか、
そのブレンドされていくものを、
たぶん私はそれをキャッチして、
そういうふうにだんだん、
こうなってたんだと思うんだけど、
それは後で、後から、
理屈をこねたら、そういうことなんだけどね。
でもなんか、そういう相手が、
しゃべってる人とか、
だからなんかムカつく人とかがいても、
その人は、
自分なんですよね。
変だよね。変なんですけど。
いやいや、変ではないけど。
なんかそういう人がもう、
私にはそういう感覚を、
ずっとあって、
でもこれってどういうことなのかな、
って思ったときに、
やっぱその、神との対話、
さっき話した本と、
本の後、それを読んだ後、
自分のこう、資産が上がって、
ヨガとか瞑想とかやってたんで、
そうすると、そういうイメージとかが、
ポンって入ってくる。
でもそういうメッセージとかね、
イメージとかって、
なんか、
バイブレーションが高いっていうか、
波動が高いっていうか、
今ここで自分が考えてるものじゃなくて、
夢の中で見たような、
夢の中で見たような、
ものがポンって入ってくる。
しっかり。
でも夢のことって忘れちゃうじゃないですか。
Speaker 1
忘れますね。
Speaker 2
そういう感じで、
すぐに出さないと忘れちゃったりするんですよ。
ポンって入ってきたら。
でもそれは結構、皆さん、
そういうメッセージを受け取る方、
結構そういうこと言う人多いんだけど、
忘れちゃうので、
なんかこう、次元が違うものなんですよ。
だから忘れちゃうんだけど、
1:21:01
Speaker 2
でも何回も、やっぱ大事なものだと、
同じようなイメージが、
何回も来るんですよね。
また来た、また来たってなれば、
やっぱ大事なことなのかなっていう風になって、
そういう、
これ何だろうって、
そのイメージだけ最初に来て、
で、後から、
これ何だろうと思って、
これ何だろうって思ってたけど、
ちゃんと分かんないのが、
その後自分が生活をしている中で、
自分が生活をしている中で、
ワンネスって言葉が、
どっかから入ってきたら、
あれ、ワンネスのことだわって、
分かるみたいな、
そういうの。
でも、誰でもあると思うよ。
アンテナ張ってるか、
張ってないかだけで。
そうなんだ。
Speaker 1
そっか。
まだまだそこまでは、
自分の場合は、
Speaker 2
違うのよ。
そうじゃなくて、
そうなのか、そうかもしれないな、
僕もできるかもな、
っていうところで、
でも、僕とか、壁を作っちゃう、
ではなくて、
絶対に僕にもできるって、
そうなんだ、
いくつもできてるなら、
僕にもできるよねって、
Speaker 1
思っとけばいいの。
そうなんだ。
Speaker 2
誰でもありますよ。
誰も、間違いなく、
赤ちゃんから、
死にそうな人とか、
死にそうな人とか、
本当に老人の人とか、
全員が、
間違いなく持ってる、
能力っていうか、
感覚ですね。
ただ、
知らないし、
教えられてないし、
それだけのこと、
でも、このタイミングで、
しゅーさんがこうやって、
私とおしゃべりしてるっていうのは、
Speaker 1
来てますよ。
Speaker 2
来てる。
Speaker 1
さっき、
自分には、みたいな表現して、
その話の続きとして、
続けたかったのが、
この、要は、
収録しましょうみたいな話になったときに、
どんな話しましょうみたいなのを、
いっこさん言ってくれてたでしょ?
でも、そんなの話してみないと、
分かんない、
読めないみたいに思ってるんですよ。
っていうのは、いっこさんと会ったときの、
自分っていうのは、その場にならないと、
その自分にならない、
みたいな感覚があるんですね。
だから、これを話しましょうみたいに、
予定しといても、予定通りに
言ったことないんですよ、僕。
誰との対談でも。
みたいなことだったら、
今、もう僕、頭で考えて、
分かるレベルで言うと、
分かる。だから、そのいっこさんが言われた、
相手が自分になっちゃうっていう
表現までは、まだちょっとピントが
来てないんですけど、
その人と会ったときにだけ、
1:24:01
Speaker 1
その人の前の
自分になる、
みたいなのだけはまだ
分かるっていう、
Speaker 2
そういう意味で言いたかった。
Speaker 1
素晴らしいと思う。
Speaker 2
素晴らしい。私なんか、自分のほら、
あの、
スピリチュアルラジオでは、
だいたいなんかポッって、
テーマが、
テーマで話すことがほとんどなんで、
で、前に一人だけね、
あの、
私のお友達の、
ボリビアに住んでるキーちゃんが、
沖縄のね、
沖縄から
南米に渡った人たちの、
あの、
ひいおじいちゃん世代の
戸籍の再生の、
出てましたね、ゲットでね。
そうそう、して、
それのお話を、
多くの人に、
多くの人って言うんだけど、
知ってほしいなーと、知らない人いたら
知ってほしいなーと思って、
それで、一応テーマがあったし、
なんかテーマなしで、雑談みたいのって、
Speaker 1
そっかそっか。
Speaker 2
そうそう、あんまりしたことがないなーと、
思ってね。
ニュートンの
ゆりかごの時に、
もーちゃんと一緒にお話したんですけれども、
その時も、子育ての話しようって言って、
子育ての話をしたし、
そうそう、
なんか、
いいよね、雑談もね。
終わりが来ないよね、楽しくて。
Speaker 1
そうだね、そうっすね。
どうしましょうかね。
そろそろやばいですかね、
時間的に、すこさん。
Speaker 2
私は時間平気なんですけど、
編集はね、
5回分みたいな。
Speaker 1
そうか、全部出そうとしたら
そうかもしれない、だから僕、
本当に好きなとこだけ使っちゃったらごめんなさいね。
Speaker 2
うんうんうん。
なんか、
私がどうなるか
わかんないけど、
Speaker 1
私もそんな感じで。
逆に無理して出さなくても全然大丈夫なんで、
話すことが第一目的みたいな
ところ、気分で
Speaker 2
いたんで。
Speaker 1
ありがとうございます。
ちょっと、今日から、
今日というか明日からですけど、
サカナシとラジオ体操と、
Speaker 2
サカナシとラジオ体操できるよね。
Speaker 1
あとは、
自分が何をしてるって、
意識、
身体に意識を向けるだけはやろうかなって。
Speaker 2
身体に意識を向ける。
そうそうそう、マインドフル瞑想とかも
言うのかなとかね。
あとはね、
私がおすすめしてるのは、
呼吸の
感覚、
鼻でも口でもいいし、
その空気が通っていく
この感覚、
内側のこの感覚を
感じる
のが
結構好き。
海の音みたいに
Speaker 1
聞こえてくるんですよ。
Speaker 2
海の。
そうするとやっぱり
1:27:01
Speaker 2
心地いいんですよね。
なるほど。
人間ってすごいなと思って。
あれもいいよ。
お風呂入るでしょ?
お風呂はね、
Speaker 1
たまにしか。
私もほとんど
入らないんですけど、
Speaker 2
アメリカなのでシャワーが
多いんですけど、
もしね、
温泉とかだと
頭つけたら怒られるかも。
Speaker 1
でも1ヶ月に1回ぐらいは
Speaker 2
銭湯に行きます。
なんか水の、
自分のお家のお風呂だとさ、
水面に頭も
入れて、銭湯では
できないけど顔だけ出して耳を
入れとくんですよ。そうすると、
ほら、自分の心臓の音が
Speaker 1
聞こえてくるでしょ?
Speaker 2
自分の心臓の音聞くのもいいよね。
Speaker 1
いや、それね、
僕が行く銭湯ではできるからやります。
Speaker 2
ほんと?やってやってやって。
Speaker 1
飲ませないように。