1. はじめる radio キャンパス
  2. はじらぢさんでぃ #005 -うん..
2024-06-30 53:16

はじらぢさんでぃ #005 -うんめいのあかいいと- HRC season5

3 Mentions 6 Comments
spotify apple_podcasts amazon_music

▶︎はじらぢ Sunday /はじめるradioキャンパス season5

人生いろいろ/がんばれ!HS!/SNSあれこれ/ザ・冬一郎さんぽ


⁠⁠⁠⁠LISTENでこの番組をフォローする⁠⁠⁠⁠と音声をテキストで読むことができます。


⁠⁠⁠⁠⁠はじめる Camp@Us こえと言葉のブログ⁠⁠⁠⁠⁠

Youtube“⁠⁠⁠⁠⁠はじめる Pod Camp@Us⁠⁠⁠⁠⁠YouTube Musicは⁠⁠⁠⁠⁠こちら⁠⁠⁠⁠⁠

Youtube“⁠⁠⁠⁠冬一郎ちゃんねる⁠⁠⁠⁠”もよろしく!


——つながるきづくまなぶであう——

《いまここにあるもの》から《できること》をはじめよう!

はじめるCamp@Usとは?

▷ソーシャルコミュニティの再活性化につながる「つながりの場」

▷人間とその社会性の原点を見つめなおす「きづきの場」

▷一人ひとりの成長につながる「まなびの場」

▷思いがけない運命の「であいの場」


don't nag  I'll tip!

⁠⁠⁠⁠nagesen 投げ専⁠⁠⁠⁠|《一粒万倍》投げ銭専門ちゃんねる

投げ銭で “はじめるCamp@Us”プロジェクトを応援することができます!


はじめるCamp@Us

▷つながる

⁠⁠⁠⁠Threads⁠⁠⁠⁠ ⁠⁠⁠⁠X(Twitter)⁠⁠⁠⁠ ⁠⁠⁠⁠Discord⁠⁠⁠⁠ ⁠⁠⁠⁠はじめる Pod Camp@Us⁠⁠⁠⁠|YouTube

▷きづく

⁠⁠⁠⁠こえと言葉のブログ⁠⁠⁠⁠|はてなblog ⁠⁠⁠⁠たかはしはじめ Podcaster⁠⁠⁠⁠ Facebook

▷まなぶ

⁠⁠⁠⁠たかはしはじめ note⁠⁠⁠⁠|note ⁠⁠⁠⁠はじめる Camp@Us⁠⁠⁠⁠|LISTEN

▷であう

⁠⁠⁠⁠Guest House; minpaku⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠Airbnb⁠⁠⁠⁠


⁠⁠⁠⁠▷⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠request form⁠⁠⁠⁠

presented by ⁠⁠⁠⁠Camp@Us⁠

Summary

新しい一週間が始まります。6月30日、2024年。タイトルを"運命の赤い糸"とし、シーズン5の5つ目のエピソードに入りました。約1ヶ月が経過しています。 初代のノートパソコンを購入した最初は富士通でしたが、技術革新に感銘を受けたため、パソコンの世界に足を踏み入れました。ワープロやパソコン通信、SNSから始まったネットコミュニティの盛り上がり、文字チャットが進化してソニーのちゃ楽やヤフーチャット、ボイスチャット、ビデオチャットへと発展していったSNSの世界の"運命の赤い糸"とは一体何でしょうか? 「はじらぢさんでぃ #005 -うんめいのあかいいと- HRC season5」のエピソードを要約します。 このエピソードでは、SNS上での人々の交流や情報交換の大切さ、炎上問題などについて話されます。また、冬一郎さんのお散歩の様子も観察されています。 運命の赤いいとで繋がれた、冬一郎との3年間を振り返ります。

運命の赤い糸
はじらぢさんでぃ、新しい一週間が始まりました。
今日は6月30日、2024年。
運命の赤い糸というタイトルを付けさせていただきました。
はじらぢさんでぃ、新しい一週間が始まりました。
これでシーズン5に入って5つ目のエピソードになります。
1ヶ月以上経ちましたね。
6月も30日終わろうとしてます。
明日から7月ですね。
だいぶ暑くなってきたので、ちょっと窓を開けながらの収録になりますので、
ちょっと車の音とかうるさいかもしれませんが、ご容赦ください。
今日も最後までお聞きください。
第1コーナー、人生いろいろ。
第2コーナー、がんばれホモ・サピエンス。
第3コーナー、SNSあれこれ。
そして第4コーナーは、ザ・冬一郎散歩でお送りしてまいります。
今日のテーマは、運命の赤い糸。
はじめるラジオキャンパス。
シーズン5
プレゼンテッドバイ
キャンパス
第1コーナー、運命の赤い糸。
6月30日。
ちょっと暑い、札幌から。
と言っても暑いうちに入んないですね。
30度超えてませんし、27、28度?
までいってないのかな?
27、28度ぐらいですかね、今日はね。
ちょっとどんより曇ってますね。
昨日が31度まで上がって暑かったんです。
今年一番の暑さで、今日の夜はちょっと雨が降るみたいな。
そんな予報です。
人生いろいろ、運命の赤い糸。運命の赤い糸いっぱいあったんで、
いっぱいあったなんて言ってるから
一本も掴めずに全部掴み損ねてきた人生だったなと。
振り返ればね、60年ね。
そんな気もするんですね。
やっぱり運命の赤い糸は見つけた瞬間に掴んだほうがいいですね。
私は、これ運命の赤い糸かもなぁと思ってもやっぱり掴まないという、
そんな人生だったような気もしなくもないですが、
逆に言えば、いろんな糸と繋がってこれた人生でもあったのかなって。
わけのわかんない話してますが。
ちょうど今日まで、今日の夜までですね。
明日の朝。早朝にチェックアウトされますが、
5泊で、若い男性ですけども
泊まりに来てくれて、もう冬一郎君とも仲良くなってくれて、
これも一つの運命の赤い糸ですよね。
赤いかどうか知りませんけども。
運命の糸ですね。
これもね。
Airbnbで民泊を始めたら思わぬ出会いがやってくると。
来週末というか今週末か、金曜日には
今度は日本人の女性が冬一郎君に会いにやってきてくれる。
嬉しいですね。とてもね。
後で話しますけども、
やっぱり一番の運命の赤い糸は冬一郎君ですね。
ようやく60目前にして
最後の伴侶を得たみたいなね。
一緒に年老いて
共に虹の橋を渡るみたいな
パトラッシュとネロみたいなね。
出会いと物件
そんな世界がようやく来たかなと思ってますが
それは冗談として
実は6月30日は冬一郎君と初めて会った日なんですね。
6月30日。3年前。
なんとなくちょっと仕事も辞めちゃったので。
4月、5月と来て
ゲストハウスも一つ可能性として考えてて
その時に看板犬いた方がいいよなって
いろんなことを考えてね。
いろんなこといっぱい考えて看板犬いた方がいいなと。
まあ男一人でやってるんでね。
それも含めてなんですが
いろんなことを考えました。
これ語ると長くなるので語りませんが
それでちょっとペットショップにふらふらと行ったら
会っちゃったんですね。冬一郎君に出会ってしまった。
これはやっぱり衝撃的で
いろいろそういうインスピレーションでね
これは出会いだなっていうのは
過去にもいろいろあったんですね。
ホモ・サピエンスであれ、ドッグであれ、
物であれ、物件であれ
いろんな運命の赤い糸を感じた瞬間ってのは
実はたくさんあるんですが
やっぱりこれは
もう一瞬でしたね。一瞬で。
冬一郎君の方もなんか感じたんですね。
これね。やっぱりね。
何かを感じてもう
たぶんペットショップの方よりも
私に懐いたと思いますね。一瞬でね。
なんか彼は彼で
何かあったんですね。きっとね。
3年過ごしてきて
まあ我田引水ですけど
これはやっぱり間違いなく運命の赤い糸だったと思いますね。
まあそんな話で、冬一郎君話は
まあこれぐらいにして
他の切れてしまった赤い糸
これ思い出すと
悲しくなるのであんまり思い出したくないんですが
何というのかな
うーん
ね。やっぱり
遠慮しちゃいけない時っていうのがあるんですよね。
運命の赤い糸を掴む瞬間っていうのは
遠慮しちゃいけない時があって
冬一郎君の場合は
もうとにかく
いろいろこう
え、犬飼ったの?って言われると思ったんですが
身近な人にはね。
まあ、
それはもう言われんの覚悟で
買っちゃったということなんですが
他にもそういうことあって
ちょっとホモ・サピエンス話行く前に
やっぱ物件ですね。物件。
名古屋で
初めて買ったマンションね。
それまでは賃貸で過ごしてきたんですが
やっぱりずっと気になる新築マンションがあって
その建築現場の前を通るたんびに
これ気になるなーと思ってたんですね。
それで
ただその頃、私
本当に忙しくて
不動産屋が空いてる時とか
ショールームですね
が、
開いてる
ショールームって言わないのか?
マンションの場合には。なんて言うんですか。
ありますよね。モデルルームか。
そこに行く暇がなくって
開いてる時にはもう
まだ仕事してたというか
本当に忙しくて
ところがふっと
時間が空いたんですね。
もうだけど
募集が始まってて
入居者募集始まって
もう1ヶ月近く経ってたかな
でもまたチラシが出たんですよね
チラシ出てると思って
フラフラと行ったら
実は最後のチラシであと2つで
実は考えてる人は
いるんだと
もう即決して頂ければいけますよ
って言ってその2つのうちの1つを
もうその場で即決しちゃいましたね
何も考えずに貯金も何もないのに
あっ買いますと言って
買っちゃったというね
あとでちょっと周りの人には
えーっとびっくりされて怒られましたけど
あのマンション買っちゃったという
衝動買いじゃないんですよね
やっぱりここだーと思ったんですよね
ここだー
それがまあ1つ体験でしたね
大きな買い物でしたけども
やっぱり正しかったですね
その選択は
そのマンションも結局、売っちゃったんですね
名古屋を後にして札幌に
これは想定外ですけども
まあこれ運命の赤糸だったのか
札幌に呼ばれたのはね
あんまりそう思わないんですけどね
運命の黒い糸に呼ばれてね
あの札幌来ちゃったようなところがあるんですが
その運命の黒い糸に呼ばれて
札幌来ちゃったんですが
そこで出会った物件が今住んでいる
このゲストハウスですね
あのこれも
ネットでずっとね
札幌転勤決まってから
ネットでずっと調べてるわけですよね
札幌来る前に1ヶ月ぐらいね
やっぱり一番気になったのがこれ
それで転勤する
3ヶ月ほど前に
札幌にやってきて雪の中ね
もう工事してたので
建売りだったんですけど
もう作ってて3月末竣工と
3月30日竣工と
私引っ越してくるのがちょうど
3月30日で竣工日と
その建売りで自分が一番
気に入ってる建物の竣工日と
私の引っ越しの日が一緒というね
これもなんかの運命ですし
もうその家の前に立った瞬間
囲いで覆われて中身は何も
見えないんだけれどもチラシしかないんだけれども
そこに立った瞬間
あっ俺はここに住むんだ
って思ったんですよね
それで
そこからもう電話をして
ところが3連休の初日だったんですね
ところが電話を
ネットからかけると
つながるんですね緊急で
携帯かなんかにね
休み中の担当の方につながって
今3連休で
お休みなんですって、連休明けでいいですか
って連休明けもう帰っちゃうんです
って言ったらじゃあ明日来てください
って言って休みの中出てきてくれて
そこで手付けをポンと払って
契約しちゃったというね
そんな話でしかも
もうちょっと言うとその日の夜には
札幌市内のゲストハウスですね
ここじゃないですけど
私が宿泊していたところで
夜、自動車学校の
申し込みをしちゃったと
札幌住むならやっぱり自動車だし
車庫2台も車停めれる家だし
これはもう免許取らなきゃ
と思ってその日の夜に免許まで
自動車学校まで予約しちゃった
というね動くときは早い
一応それは
衝動的に動いてるわけじゃなくて
1ヶ月以上考えてるわけですけどね
いろいろ考えて
冬一郎君飼うときも
やっぱり飼う飼わないで
ずっと考えて考えて考え抜いて
やっぱり飼うと
家もマンションじゃなくて
賃貸じゃなくて
やっぱり骨うずめる覚悟で
来るんだと札幌にはね
だから一戸建て
名古屋のマンションは売って
運命の出会いだった
マンションは売って惜しいけど売って
それも含めて
退職金も含めて札幌で家買っちゃえ
ということで買っちゃった
これは運命ですよね
全てがね
そうやって考えると
物件と札幌のこの家と
運命の黒い糸で引っ張られてきたとはいえ
この家と出会い
冬一郎君と出会え
出会えた
しかもそこで札幌の
職場4年で辞めてなかったら
冬一郎君との出会いもなかったわけだから
そっちが運命だったんだと
その運命ができるための
導きの黒い糸だったんだ
と思って納得するようにはしてるんですけどね
運命の切れ糸
どうでもいい話しました
結局犬と
家しかないのか
という話ですが
ホモ・サピエンスとの
運命の赤い糸ね
これは
ことごとく
切れてしまったのかな
なんか
一本も繋がってないかな
あー
なんかそんな気がするな
悲しくなってくるな
この話はやめましょう
あとなんか運命の赤い糸あるかな
あとは小さな話ですけどね
やっぱり
ワープロノートパソコン時代が
始まったんですよね
私が大学に入った頃に
ノートパソコンがまだ
Windows95も出てない時代で
ちょうど
1982年に
大学入学で
大学院に進んだのが
ちょっと長くいたので
1988年
1990年
93年
そうですね
1993年に初めてのノートパソコン
買ったんじゃないですかね
デスクトップとノートパソコン
もうちょっと前か
Windows3.1が出た瞬間に買ったんですよね
富士通のデスクトップの
初代機を買いましたね
ノートビブロの初代の
パソコンの始まり
ほぼ初代のノートパソコンを買ったという
最初は富士通だったんですけど
それやっぱりなんで
ノートパソコンとかパソコンの世界に行ったかというと
もうそれはワープロで
ワープロでその技術革新
を感じちゃってたから
ワープロより絶対パソコンだと思ったんですよね
当時文科系の人間が
パソコンに手を出すのはなかったんですよ
持ってる人いなかったんで
本当に周り全然いなくて
一番早かったぐらいじゃないですかね
そこから結局
パソコン通信やら
パソコン仕事でっていうか
ワープロ代わりに買ったつもりが
違う使い道ばっかりしていた
おかげでタイピングは早くなりましたけどね
いろんな遊びも含めて
SNS的なもので使ってた
掲示板やら
パソコン通信やらで
打つのがどんどん早くなるんですよね
当時は音声で配信できないから
キーボードを打つしかない
インターフェイスはキーボードだけだったんですよね
だからキーボードが語るように
喋る速さで打てましたね
今はもうできませんけど
喋る速さで打てた
時代ですね
だから今のAI文字起こしぐらいの速度で
打ってましたね
冗談ですけどね
今はもうこうやって喋れば
全部文字になるっていうね
これを使わない人がまだいっぱいいるんだけど
当時だから
これSNSあれこれになっちゃうんで
そこで喋りましょう
ということで
運命の赤い糸
人生でなんかあったような気もするけども
思いつかないので
これぐらいにしたいと思います
ということで第2コーナー
運命の赤い糸とは
がんばれホモ・サピエンス
はじらぢさんでぃ
プレゼンテッドバイキャンパス
第2コーナーがんばれホモ・サピエンス
運命の赤い糸
今日のテーマね
運命の赤い糸ホモ・サピエンス
何を語るかって結構難しいんですが
結局運命の赤い糸といったら
人と人とのラブロマンス的な
伴侶を見つける
みたいな話を想定した
方もたくさんいると思うんですが
結局家と
家物件とワンコしか出てこない
というね
SNSあれこれの方でもたぶん
そういうホモ・サピエンス
あんまり出てこないということで
あとホモ・サピエンス語るのは第2コーナーしかないんですが
ホモ・サピエンスにとっての赤い
運命の赤い糸は何か
何でしょう
これちょうど
NHKのドキュメンタリーかなんかで
これはフランスが作ったやつで
今の最先端のね
古代化石学とか
それから
古代DNA研究とかね
その最新の成果
やっぱここ10年ぐらいで
格段に進化してるんですよね
化石研究もDNA研究もね
それで色々
新しいことが分かってきて
そこで見えてきた
ホモ・サピエンスの赤い
運命の赤い糸
今日車うるさいですね
日曜日だから静かなと思ったんですが
ちょっと暑いんで窓開けてやってるんで
結構ノイズうるさいかもしれません
運命の赤い糸
ネアンデルタール人との
出会いっていうのも
なくはないですね
我々の遺伝子の中には
数%
4%前後だったかな
数%ネアンデルタール人の
DNAが紛れ込んでるらしいですね
これはほぼ一律に
紛れ込んでるようですね
我々ホモ・サピエンスには
だからかなり初期の時期に
ネアンデルタール人はヨーロッパに
住んでたんですが
我々ホモ・サピエンスはアフリカに住んでて
中東地域あたりでやっぱり出会ったんじゃないか
ということが言われてますね
それが世界中に広がった
ということで
数%のネアンデルタール人のDNAが
混じってるということが
今わかってることなんですが
これもだから
あとは最新の成果を踏まえると
ネアンデルタール人はホモ・サピエンスが
虐殺したということではないだろうと
虐殺説はたぶんあんまり
事実ではないだろう
っていう話になってきてて
むしろネアンデルタール人はゆっくりと
時間をかけて
一つ一つ火が消えていくように
十数人から二十数人ぐらいの
家族
みたいなのがポツンポツンと消えていったと
点在していた
家族共同体がポツンポツンと火が
消えるように消えていって
そのプロセスにおいては
近親相姦ですね
が増えたことで
遺伝子的にどんどん弱くなっていった
という
乳児死亡率も上がり
ということで
ゆっくりと滅んでいった
という説がどうも有力らしいですね
そのドキュメンタリーを見るとね
ただホモ・サピエンスと交雑
混じり合った瞬間
混血した瞬間があって
DNAは我々の中にも
息づいているとそんな話
らしいですね
ホモ・サピエンスにとっての
運命の赤い糸
言語と文字の出会い
なぜネアンデルタール人は
滅んでしまったのにホモ・サピエンスは
生き残ったかということで
いろいろあるんですが一つ大きいのはやっぱり
住んでた場所ですね
やっぱアフリカが良かったんですね
食べ物もあるし
あったかいし
ネアンデルタール人はやっぱり
ヨーロッパ寒い地域で
ちょっと寒い氷期ですね
氷が張る時期に
入ったっていうのもあってそれも
滅びる理由の一つだった
という風に言われてるんですが
そういう意味でやっぱアフリカにいたっていうのが
一つ大きいですね
ホモ・サピエンスという種が
生き残ったその運命ですよね
だからホモ・サピエンスが
だから別に他にも人類
いたわけでね他の地域にもね
それは滅んでしまったわけで全部
やっぱり住んでた場所が
悪かったと
これはもう運命以外の何ものでもない
というか今から見るから結果として
アフリカに住んでた
人だけが生き残ったって話
これ結果論なんですけどね
だから生き残ってる人はみんなアフリカに
元々いたってことになっちゃう
わけで
他のところにいた人は今いないからもう
語りようがないというね
それだけの話なんですけどね
それが一個大きかったんだなっていうのを
改めて再認識したのと
あとはだから火とか道具とか
っていうね物との出会いが
あったわけですがこれは実は
ホモ・サピエンス以外の
人類も手にしてたわけだから
そこではさしたる
違いはないわけですよね
唯一違ったのが
やっぱりアフリカに住んでたことと
もう一つ言うとやっぱりホモ・サピエンスは
より大きな社会集団が
作れたコミュニケーション能力に
長けていたここなんですよね
より友好性が高かった
フレンドリーシップですねやっぱりここが
一番大きいとにかく大きな集団が
作れたから集団が
大きければ絶滅の危険は
遠ざかるししかも技術革新
ですよねいろんな知恵を
共有できるわけですねつまりシェアする
文化がやっぱり
非常にシェアする文化に
長けていたという何でも
シェアしちゃうということ
のようなんですよね
これ変な話ですけど浮気とか
不倫とかね
これどっかでしゃべりましたけど
お父さんにだってぶたれたことがない
人とか他にもいろんな人が
復活できずに息の根止められて
出てこれない別にまた
芸能界で生きる必要ないんですけどね
他の生き方すりゃいいんでしょうが
これは実はやっぱりホモ・サピエンスの
文化なんです文化文化って
言うとまた石田純一になっちゃうのでまずいですけど
これはねやっぱり
例えばネアンデルタール
どういう風に言ったらいいかな
これは種の保存にとっては
やっぱりいろんな遺伝子が残った方が
いいっていうことで考えると
あんまりこう
血は濃くならない方がいいんですねだからいろんな人と
の交雑
ですね交雑って言葉がいいですね
生物学上で交雑
不倫とか浮気って言うとちょっとあれなんで
交雑が
頻繁にいろんな人と雑多に
行われたほうがこれは実は
生き延びていくんですね種としてはね
おそらくね
だけど逆に一歩一歩生
作ってきちゃったから
それはモラルと倫理で縛ってる
わけですけど今そのことによって
逆にでしかも
もし婚姻外で生まれたときには
生まないみたいな選択もしてる国も
多いのでそうすると結局
遺伝子的にはどんどん弱まっている
かもしれないという気も
しなくもないですよね
逆にね
雑多な遺伝子が
湧いて出てくるような状態のほうが
やっぱり種としては強いんでしょうね
きっとね根拠のないこと言ってますけど
だから逆に
そういう文化はどんどん
廃れて少子化も進行し
って考えると
身近な人との付き合いしかだんだん
なくなってくると
交雑もあんまりしなくなってきた
最近はね
なんとかレースとか含めて
交雑もあんまり頻繁にしなくなってきたと
これ人種によって
違うのかなわかりませんが
そうするとだんだんやっぱり種としては
滅びの道に入っていくということで
まあ頑張れホモ・サピエンス
もうちょっと頑張んないと
まずいんじゃないかと
私はそういう能力がないので
60なっちゃって
今更できませんけども
そうやって考えるとちょっとね
いろいろ人生振り返ると
もっとこうしてけばよかったなとか
思うことは
頑張れホモ・サピエンスという観点から
言ったときにですね
もうちょっとこうしとけばよかったなーって
選択間違ったなーなんてことも
いろいろ思い当たることはなくはないんですが
それは今更言ってもしょうがない
ということで
あとは頑張れホモ・サピエンス
運命の赤い糸なんかありますかね
結局そこで
ホモ・サピエンスだけが生き残り
って言葉を語るようになり
ネアンデルタール人も言葉を語ったと思うんですが
でも文字は発明する前に
滅んでしまったわけですよね
やっぱ文字との出会いだな
文字との出会いというのが
出会いというか
発明したんですけど
やっぱホモ・サピエンスが
ここまでこうなってきて
AIまで生み出したってやっぱ文字ですよね
文字を生み出したっていうのは
やっぱり画期的だったんじゃないですかね
字が書ける
読めるという
字を生み出してしまったということですね
言葉
音声に文字を当てるようになったという
ここがすべての
運命の始まりですね
それが始まったことで
認知革命
認識革命ですね
科学革命
ネットコミュニティの盛り上がり
いろんなことが記録できるようになって
だから農業とかね
いろんなことも書かれるわけです
いつごろこうなったらこうしましょう
ってね
文化が伝承される
つまり初期言語
音声言語で語り継ぐだけじゃなくて
昔は語り継いでたわけですよね
だけどそれが書かれて
記録に残ることでやっぱり
文化としては伝承されるし
共有されるし
伝わっていくしそれを土台にして
次に進める進化ですよね
進化とイノベーションが格段に上がったんですよね
やっぱり文字
初期言語の発明によってね
だからそうやって考えると
我々は文字を書くことを
失いつつあるわけですよね
やっぱり
文字との出会いが
ここまで人類を
この世に
増やしてきて
進化させてきたとすれば
それが
今失われていく時代が
始まってしまったとAIの登場によってね
そうすると文字を
だんだん失っていくとこれから
数千年かけてね
これも運命ですね
AIを生み出した
人類の運命ですね
ということで
なるべく書いたり読んだり
書いたり読んだり
書くのは
今更キーボードで書いたり手書きで
長い文章を書いたりとはないでしょうから
なるべく書かれた文字を見て
四象限を描く
四象限を描く
描いて
思考を整理するということはやっぱりやったほうがいいですね
ホモ・サピエンスはね
そんな気がします
ということで
これもなんだかよくわからない話ですが
運命の赤い糸
一つ挙げろと言われればやっぱり文字ですね
文字との出会い
これがホモ・サピエンスにとっては
運命の赤い糸だったんだろうな
って思ったり
しているということで
第2コーナー
以上です
第3コーナー
SNSあれこれ
はじめるラジオキャンパス
シーズン5
プレゼンテッドバイ
キャンパス
はいということで第3コーナー
SNSあれこれですね
ちょっと第1コーナーで少し
30年以上前に
1993年だったと思いますけどね
Windows3.1から私のパソコンライフが始まったと
ちょうどだから
30年ですね去年が30周年で
今年31年目ですね
そこからもう本当に
いわゆるパソコン通信から始まって
インターネットにつながって
ずっとやってきましたね
もう人生の半分
60年生きてきた人生の半分は
もう完全にパソコン人生だった
SNS人生だったと
思ってますね
これがないとやっぱり生きてけないと
学長時代は
だからSNS学長だったわけでね
たぶん一番使いこなしてた
一番発信していた
大学の学長なんて
そういうのやらなかったですからね
皆さんね
ブログも毎日更新し
毎日Twitter、Instagram、Facebook
毎日何回も更新していた
ということをやってましたが
それはさておきで
今はPodcastをやっている
ことなんですが
このSNSあれこれ
あの
あの
運命の赤い糸
SNSでつながった運命の赤い糸は
結構ありますね
何本もありますね
不思議なもんで
それこそボイスチャット時代
今から10年
20年前
20年前のボイスチャット時代
文字チャット時代
パソコン通信時代
いろいろつながりは
連絡は取ってないですけど
つながってますよね
どっかかんかでつながっている
何人かね
これはだから
運命の赤い糸というよりも
ネットワーク
インターネットでつながって
しまっている
しょうがない糸かもしれない
ですけども
なんか切れずにつながっているのが
結構あったりしますよね
文字チャットからインターネットラジオへ
だからお互いやり取りはしないけど
ある程度近況が分かっている
そんな状況がやっぱりこれが
SNSの世界なんですね
手紙のやり取り
メッセージのやり取りがなくても
閲覧はされていると
もしかしたらこの声も
聞かれているかもしれないと
だけどほとんど連絡は来ない
というね
それで終わるという
だからSNSもね
双方向じゃないんですよね
あんまり双方向ばっかりやっても
いられないので
全然いいんですけども
そんなことで
SNSあれこれの運命の赤糸だから
そもそもパソコンを買って
そこから
パソコン通信やら
SNSを始めたということ自体が
運命だったとも言えるんですが
そのことでやっぱりいろんな
出会いや
つながりや
もちろん切れてしまった糸も
の方が多いですけどね
圧倒的に多いですけども
やっぱりつながってる糸もあった
ただまあ
これが運命の赤糸だと言えるような
運命の赤糸は
具体的な個人とか
いうことではやっぱり特にないですね
特にない
ないです
ないけれどもむしろあえて言うとすると
いわゆる
プラットフォームとかアプリケーションとか
そういうものとの出会い
の方がむしろ
運命の赤糸だったのかな
という気がしますね
これはもうすでに
あちこちで語ってること
ですけど
やっぱりパソコン通信
ニフティサーブ時代のホーム
パーティーという場所
が一つ
運命的でしたね
私がそういうSNSの世界に
のめり込むのはやっぱりニフティの
ホームパーティーから
始まりましたね
そこ詳しくは
話しませんが
どっかで喋った美女狩りツアーとかで
いろんなことをやりました
オンラインオフラインでのつながりにつながっていった
という話ですね
その後も
ずっといろいろやってたんだけど
そこからチャットですね
文字チャット
この文字チャットもだからいわゆる
チャットとか
メッセンジャーとかが出てくる
前の
ソニーのちゃ楽ですね
その頃
富士通からソニーに乗り換えたんですね
バイオくんが出始めてね
バイオに乗り換えたんですね
バイオに乗り換えたらポストフェットよりも
ちゃ楽にはまった
ちゃ楽知ってる人少ないと思います
ユーザー少なかったから
だけど文字チャットができたんですね
ヤフーチャット
とかの前に文字チャットが
実はあったんですね
このちゃ楽の時代
っていうのがやっぱ面白かったですね
そこからヤフーチャットに行って
ヤフーチャットではやっぱり
部屋ができるわけね
ちゃ楽は大部屋っていうのがあって
ちゃ楽大部屋
でも大部屋常連せいぜい2,30人でしたよね
あとは小部屋が
あったんですけど
小さな
つながりでしたけど
開発者の方とも
オフ会やったりもできたし
あれはやっぱ楽しかったですね
大部屋の人間はまだ
いないんじゃないかな
ちゃ楽大部屋
文字チャットって独特の世界があるんですよね
独特の世界がね
しかも文字チャットやってたら
音声チャットには行かなかった
ところが私はヤフチャから
ヤフーメッセンジャーから
スカイプ出たらすぐ飛びついて
カメラ買って
それで
ボイスチャット
映像チャットにはまるわけですね
今度はね
映してしゃべったほうが早いじゃん
みたいな感じで
文字チャットへのこだわりはなくなって
もうめんどくさいからやらないと
キーボードを打つのはね
むしろちょっとしゃべっちゃう
ことのほうが多かったですね
当時は誰かがしゃべって
他の方は
その間は打つしかない
だからそれこそニコニコ動画みたいな状態ですよね
当時の
映像チャット
ボイスチャットは
1人しかしゃべれない
1人しか映せない
2人はピアトゥピアですね
2人はできたんですけど
それ以上の人数はできなかったですね
ボイスは2人はできなかったですね
1人ずつしかしゃべれないと
混戦しちゃうわけですね
結局ね
だから今は本当にゲストを
3人5人10人呼んでやれますなんて
奇跡みたいなもんだと思うんですが
そのありがたみっていうのは
やっぱり
技術革新が終わっちゃうと
ありがたみは感じなくなるんですよね
そんな話と
あとは
それで結局
そこにはまってたんですね
ボイスチャット
ビデオチャットにはまってて
でもそれもちょっとつまんなくなってきて
やったのがインターネットラジオですね
この辺は詳しくは他の番組でも
全部振り返ってるんで
これ以上語りませんけれども
やっぱりインターネットラジオとの
交際っていうのは大きかったですね
当時ポッドキャストがちょうど始まって
まだ1,2年しか経ってない頃だし
ブログが始まった頃ですよね
ブログと
ポッドキャストが始まった
20年ぐらい前に私は
インターネットラジオをせっせっせっせと
毎日やってたという
だからそこで結局語る
癖はついてたという
インターネットラジオに向かって
せっせっせっせとしゃべって
リアクションは全部文字とかで来るわけね
ボイス音声では返ってこないという
で時々それをボイスチャットの方で
やりながら
ボイスチャットやりながら
一方で
いわゆる
リアルタイムのライブ配信の
要するにオンエアしてるときしか
流れない
オンデマンドでは聞けない
つまりそのコンテンツを
オンデマンドで置いとくスペースはなかった
ポッドキャストとは違ってね
だから私のラジオ番組に
アクセスしたときに
流れてるものしか聞けない
いわゆる今のインターネットラジオ
という状況で
番組を3年ぐらい
やったんですよね
そんなことを思い出しました
それはなんでやったかというと
SNSの運命の赤い糸
やっぱり
ボイスチャットでつながった人が
教えてくれたからなんですよね
これやっぱり運命の
あんまり赤くないですね赤い糸じゃないですね
男性だったし
そっちの世界に入っていった
そんなことが
今のこの
ポッドキャストハマってることにも
つながってるのかなとかね
そんなことも思ったりしています
あとどうでしょうね
SNSあれこれで運命の赤い糸
なんかあったかな
まあいろんな出会いも別れも
ありましたね
ここでは言えないことは
山のようにありましたし
そのことでホモ・サピエンスについても
SNSの人々の交流と情報交換
学習させていただきましたね
いろいろね
ホモ・サピエンスにはオスとメスがいるんですが
今は生物学的には
分類される場合が
多いですけどもそうじゃない
社会的には違う人もいますが
ただそういう
やっぱりそういうオンラインで
つながったからこそ
日常のリアルワールドでは
見せない部分見えない部分が
見えるということは結構たくさんありましたね
いろんな
真実があるんですけど
いろんな真実があるんですけど
それはちょっとここでは
言えないことが多すぎて
まあこれはそれこそ
有料配信かスペースどっか作って
こっそりやろうかな
と思ってますけども
限定番組で作って
限定でしか語れない話とか
やろうかなってぐらい
材料はいっぱいありますけどね
まあそんな形で
SNSから
リアルでは見えないものが見えてくる
あるいはSNS上ではリアルでは
SNS上の炎上問題
起きないことが炎上問題とか
含めて起きてくる
ということでSNS自体
どうなんでしょうね
これからどうなっていくんでしょうか
これあと何年やれるか
わかりません
あと10年で終わりだと思ってるんですが
長くて15年やったとしても
運命の赤い糸は
何かまだあるんでしょうか
ということで
次は第4コーナー
ザ・冬一郎散歩のコーナーです
冬一郎君のお散歩
これはちょっと
ちょろちょろ言ってますが
3年前の今日6月30日
冬一郎君と初めて
出会った運命の日
歴史に残る運命の日です
ザ・冬一郎散歩の
コーナーです
今日も
1週間分のお散歩音源
からお聞きいただきたい
と思います
第4コーナー
ザ・冬一郎散歩のコーナーですが
今日は6月30日
運命の赤い糸が
繋がった日ですね
3年前冬一郎君と
出会った最初の日が
3年前の6月30日でした
そして我が家に会ってきたのが
7月7日
七夕様の日だったんですね
3年経って
もう
お互いがなしでは
関係になってしまいました
そんな6月30日までの
お散歩音源をお聞きいただきますが
まず23日日曜日の
夕方ちょっと欲情気味の
冬一郎君うんちが出て
ちょっと小雨が降って風が強かったですね
風の音がちょっと入っちゃって
日曜日だったんでバーベキュー客が
いたりサイクリング客が
いたりしてなかなか散歩しにくい
河川敷でした24日朝
小雨が降る中に
あんこに会いに行った冬一郎君
夕方雨雲立ち込める
お散歩
25日青空が広がって
気温もそんなに上がらずに
過ごしやすかったんですが
夕方は雨が降ってきて
2時間
超えのロング散歩になって
ちょっと寒くて私震えながら散歩してました
この日から結構夕方に
うんちが毎日綺麗に
コンスタントに出るようになったっていうね
ことなんですけれども
それから26日の朝散歩
気温が下がってちょっと曇り空
27日
朝早いお散歩
快晴で気温がこの日から
上がり始めて28度
で28日朝
えーですね
そして夕方の
お散歩
そして29日の朝快晴
31度まで上がりましたね29日はね
で夕方お散歩
そして30日運命の
赤い糸で結ばれた
この日までお聞きいただきます
23日
6月23日
午後5時半
豊平川河川敷
やや欲情気味の
冬一郎はうんち出ました
えー今日は
今涼しいですけどちょっと昼もやっぱ日差しが暑かったんですね
はい風が吹いてます
冬一郎は瞑想中
はーい
今日日曜日なんで
えーバーベキュー
マナーの悪いバーベキュー客と
はいそんなこと言っちゃいけないね
あれまた明日の朝
ゴミ放置していくんでしょうか
困ったもんですね
それからなんだっけ
ランナーが多いねランナーが
ランナーが多いんですけどなんとなく
こう
走るより歩いた方がいいと思うんですけどね
なんかはい必死に走ってます
ねやっぱり毎日歩いた方が
良かったんだけどね
あんまり走るのはお勧めしませんね
ということで
余計な話しました
冬一郎またスフィンクスになっちゃいました
6月24日朝
7時5分
小雨が降る
札幌です気温が下がってます
こんなに寒くないですけど
気温が下がって
雨降りですね今日はね
はい
車がうるさいですね雨降るとね
霧雨まで行かないけど
霧雨に近い雨が降ってます
冬一郎君は
にゃんこのところにやってまいりました
にゃんこは雨降りなので
外にはいません
冬一郎にゃんこいないよ
にゃんこいない諦めろ
にゃんこいないよ
ということでお散歩続けます
ではまた
6月24日月曜日
午後4時半
戦時期まで
一目散
うんち出るんでしょうねきっと
ちょっと雨雲が動いてますね
風も吹いてきて
雨が降るんでしょうかね
これね
安穏立ち込めてきました
今日は涼しいので
昼間ちょっとだけ
暑いかなと思う瞬間があるかないか
ぐらいで
気温が下がって
下がってますね
ということで冬一郎のお散歩いきたいと思います
なんでこっち来るんだろう
自転車は馬鹿なんで
6月25日火曜日
朝6時37分
昨日雨の一日で
今日は青空広がって
朝から日差しがあるので
ちょっと
ちょっとムッとしますが
気温が上がらないそうですね
今日と明日ね
明日の方が下がるのかな
今日は22、3度まで上がるのかな
そんな予報です
冬一郎君は
おしっこ散歩
元気元気ですね
毎日改弁で
最近は夕方ちゃんと綺麗に出るんですね
夕日がね
調子いいんでしょうかね
やっぱ換毛期が終わると
換毛期で毛が抜け変わる方に
エネルギー使ってたから
あれだったのかね
はいおしっこいっぱい出ますね
25日6時
じゃない4時21分
ちょっと雨がばらついてきました
寒いところです
冬一郎君夕方のお散歩
はい
保育園児に吠えて保育園児泣いてましたけど
さあ
お散歩行きましたどこ行くんでしょうか
6時32分河川敷まで
走ってきました
元気です冬一郎君
ウンチ出るんでしょうか今日も
ここのとこほんと夕方毎日
コンスタントにいいウンチが出ますね
いいことです
ではまた寒いです
6時
じゃない4時35分
冬一郎君たったかたったか
河川敷歩いてきます
ウンチ場所探してるんでしょうか
なんか偉い元気だね
ご機嫌だしどうしちゃったんでしょう
冬一郎君
たったかたったか
もうマイペースで
これ一人で散歩できるんじゃないか
ちょっと
マイペースですね
落ちてるかな
ではまた
6月25日
午後6時を回りました寒いです
今日は
曇り空で雨は降りそうで
降らないですが寒いです
風が冷たいです
はい冬一郎君は
ロング散歩になってます
ウンチも出て
ワンちゃんにも会って
えー今
東平川の
堤防を歩いてます
さっきまで公園で休憩してました
河川敷歩いて帰るんでしょうか
ではまた
6月26日
水曜日朝6時40分
今朝は
12、3度ぐらいまで下がってるんですかね
寒い朝ですね
昨日から寒いですね
今日も寒いですね
昨日より寒いですね
雲が一面
空を追ってて
ちょっと小雨
パラツキかけてる
風も吹いてる
冷たい札幌の朝です
冬一郎君は
お利口さんですね
朝の散歩に出てきました
昨日は夕方に
時間半ぐらい河川敷散歩
たっぷりしたので
たぶん今朝はおしっこ散歩だけで
終わると思うんですが
何だか妙にお利口さんになってきましたね
3歳過ぎて落ち着いちゃったというか
大人になっちゃったというか
その分ちょっと
面白みもなくなってくるんですけど
はいおしっこしてます
ではまた
6月27日
木曜日朝5時半
今日は朝から
快晴雲一つないですね
昨日は寒かったんですが
今日は気温が上がるみたいです
はい
また暑い日が始まるみたいですね
28度から
あさってしあさってには
30度ぐらいになるのかな
はいいよいよ
夏が近づいてきた札幌です
冬一郎君はおしっこしてます
はい
民泊のお客さん
後白ですね
はい
まだ寝てます
ではまた
6月28日になっちゃいました
朝6時15分
お散歩出てきました
昨日からちょっとずつ気温が上がり始めて
今日は暑くなるみたいですね
えー
6時15分ですが日差しが
快晴で日差しが
ちょっと暖かいですね
今日はちょっとやっぱ
暑くなりそうですね
いい天気ですけども
昨日ちょっと雨が降ったんで
むし暑くなるかもしれない
はい冬一郎君は朝のおしっこ
はい近所一周回って
家の前に戻るんでしょうか
ではまた
6月28日金曜日
午後5時50分
豊平川河川敷に来ました
冬一郎君は在校長ですね
ゲストハウスのお客さんが
一回戻ってきて
一緒にまた出かけて
冬一郎君はお散歩ですね
はいようやく涼しくなってきました
昼も暑かったですね
明日はまた暑くなって
ということで
ではまたお散歩続けます
うんち出るかな
6月28日金曜日
午後6時37分
豊平川
敷の公園
冬一郎君うんちも快便だね
毎日今日は
最近は本当に毎日夕方綺麗に出ますね
オンスタントでね
よかったですね
昨日は狂犬病の予防接種
って
運命の赤い糸で結ばれた3年間
後悔してましたけども
今日は河川敷散歩です
はい涼しくなってきました
昼も暑かったんですけどね
よかったよかった
過ごしやすくなった
明日が暑いそうです
ではまた
6月29日土曜日
朝5時30分
はい日差しが強いですね
快晴ですね雲ひとつない快晴
暑くなりそうですね
今日はね31度ぐらいまで上がるのかな
今年一番の暑さということで
今日過ごすと明日は
ちょっと雨模様になるみたいですが
ちょっと暑くなりそうですね
冬一郎もしっこしてます
はい風は爽やかですね
今んとこね
ただ日差しがやっぱり
気温上昇につながりそうかな
ということでではまた
29日午後6時ですね
ようやく涼しくなりました
今日は30度ぐらいまで上がって
暑かったですね昼間ね
ようやく日が傾いて涼しくなってきた
午後6時です冬一郎
おしっこしていきなり走り出しました
ではまた
6月30日日曜日朝6時
近所の公園
気持ちいい朝ですね今日は
昨日が一番暑くって
30度超えて
今日は気温はそこまで上がらない
ちょっと下がりはじめるので
昨日より
ちょっといい感じですね
空は快晴雲一つなく
緑も生えて青空で
気持ちいい朝ですね
はい
ちょうどいいですね暑くもなく
今日は
6月30日ですが
6月30日は運命の日ですね
3年前の6月30日に
冬一郎君と
初めて会ったんですね
ペットショップでね
運命の出会いでしたね
お互い見つめ合ってしまって
もう離れられない
関係になってしまっていました
あれから3年
ん?違うな
おかしいな
何かが間違ってないね
3歳になって2ヶ月になろうとしている
冬一郎君があったんですね
そんな冬一郎君も
あと10日ほどで
3歳と2ヶ月になりますね
はい
運命の赤い糸で結ばれている
冬一郎君
運命の出会いでした
ではまた
ということでお散歩音源を聞きいただきましたが
丸3年が経ちました
運命の赤い糸で結ばれた
私と
北海道犬冬一郎君
もう3年間といえば
1000日
超えましたね
岸田総理も1000日
超えたと言いますが
長いということですけれども
それはさておき
今日も最後までお聞きいただき
ありがとうございました
The 冬一郎散歩のコーナーでした
今日も最後まで
お聞きいただき
ありがとうございました
6月30日
はじらぢさんでぃをお送りしてまいりました
はじらぢさんでぃシーズン5
シーズン5入って
サブテーマも受けて
やって
これがいいのか悪いのか分かりませんが
ネタとしては悪くないなと
ただ中身としては
どうなのかなという思いは
なくはないんですが
これで続けていってみましょう
ちなみに
今日は文字との出会いなんて話も
しましたし
私の人生の運命の糸は
犬と家と
SNSとっていう話でしたね
それからあとは
SNSあれこれではやっぱり
パソコンとの出会い
パソコンの向こうにはSNSがあった
さらに音声配信
文字配信というものが
あったということで
そんなことが全部つながってるなと
思いつつも
今日は6月30日3年前に
冬一郎君と初めて出会った日も
これが全てですね
最大の
人生60年生きてきた中の
最大の運命の赤糸
でしたね
一番いい運命の赤糸でしたね
思います
ということで今日も最後まで
お聞きいただきありがとうございました
次回
7月
7日
になるのかな
そうですね
月・火・水・木・金・土・日
7日ですね
七夕ですね
東京都知事選挙の投票日
合わせて東京都議会の
補選補欠選挙の
投票日
補欠選挙の方に注目してるんですけど
それが
七夕終わるとまた
政局がさらに動き出す
ということですね
アメリカのバイデンさんのことも
含めてちょっと
ホモ・サピエンスの将来
悲観してしまうとかいっぱいあるんですけど
そのことはさておき
ちょうど来週も
冬一郎君特集ですね
7月7日は冬一郎君が我が家に
帰ってきた日っていうね
七夕ね3年前ということでまた
来週のテーマはまだ決めてませんが
七夕様にちなんむのか
なんかにちなんで
タイトル決めたいと思います
気づいてる人は気づいてると思うんですが
シーズン5
1・2・3・4・5と
エピソード重ねてきましたが
なんと
この副題を付け始めて
後付けで付け始めたんですが
全て10文字
全て10文字
今日はホモ・サピエンスは文字とであった
10文字全て10文字で
副題付けてるっていう
だから今日は運命の赤い糸
ということで
全部ひらがなになってるということですが
なんでひらがなにしたかっていうのは
他にも理由があるんですけど