1. おもしろき こともなき世を おもしろく
  2. 3/2リッスンイベント大感謝祭
2024-03-03 39:27

3/2リッスンイベント大感謝祭

54 Stars 1 Mention 13 Comments
2 Playlists

ぐだぐだ喋りました。

音声はその辺の声日記界隈に転がってますんで、そっち聞いて下さいw

#声日記

Summary

3月2日のリッスンイベントでは、サブちゃんのゲームチェンジの提案やスタッフのお礼、参加者との印象などが話されています。出演者全員が力強いパフォーマンスを披露し、皆さんを楽しませてくれています。ハタモトさんの新しい機能についての話題やキズナ姐さんの可愛らしいトークなど、多様な内容があります。オダジンさんとまーちんさんの固い絆が深まり、声日記の愛やリッスンの温度を感じる場となっています。そして、表紙絵の変更についても話しています。

Table of Contents

リッスンイベントの振り返り
もりっしぃです。
3月3日の声日記をアップしようと思いまーす。
このもりっしぃですって、めっちゃ言いにくくなったなぁ。
昨日も今日も、散々まーちんにこすり倒されたな、ほんまに。
はいはい、すいません。
声日記アップします。
ということで、本当はね、3月2日のリッスンイベントのことを、明日にでもあげようかなと思ってたんですけども、
なんかね、嫁さんがちょっと急におれへんなりましてね。
何しに行くんかなと思ったら、まだちゃんと誕生日の私のね、お祝いしてないからって言って、ケーキ買ってくるわとかね、言って出てきはりまして。
あの人、たまーにね、優しくするんですよね。
もう、あれずるいなぁ。
常に緊張感あるんやけど、日ごろ緊張感を持たされるんやけど、たまにこういうふうに抜かれるんでね。
っていうふうな、まあまあ、うちのことはどうでもいいんですけども。
いなくなりまして。
でね、キズナ姉さんが言ってました。
今日の声は今日しか録れない。
一日経っちゃってますけども、
ということで、振り返りのコーナーということで、
リッスンのイベントを振り返るぞのコーナーということで、やっていきたいと思います。
いやー、すごい、えーとね。
近藤さんに指名いただきまして、司会をやらせていただいたんですけども、
まあ、いたらんとこばっかりでね、っていうか、ほんと、もうね、全然ダメやったんですけども。
ただね、まあ、あのー、私ね、本業じゃないんでね。
まあ、あのー、自分にしかできないことができたらいいかなー、なんてね。
いうふうに、ちょっと思ってやらせていただきました。
まあ、素人なりにね、頑張ったということで。
ユイちゃんともとも、一生懸命頑張りましたんで、勘弁してください、っていう感じですね。
えー、まずはですね、ほんとに、えーと、面白かったのが、というのが、ゲストの皆さん。
あのーね、新しく、ということで、あの、今回ご参加いただいた方々ですね。
あのー、ありがとうございました。
えーとね、あのー、実際にやってみようのコーナーでですね、
まあ、あの、ちょっと喋れなかった方、喋れなかった方、
あと、喋って絡んでくれた方、いろいろあったんですけども、
あのー、とってもありがとうございます。
で、絡んでくれた方の中ではね、
あのー、どんな感じでやろうかなー、っていうふうに、
声日記をね、えー、っていうところで、いろいろお話を伺ってたんですけども、
なんかね、えー、ご兄弟ですでにポットキャストやってるけども、
ちょっとソロでやるためには、っていうことをね、えーと、
今日はそのために、勉強するために来ました、っていう方でいらっしゃったり、
あとは、仕事にね、使おうということで、
わざわざ遠方から来てくれてらっしゃったりとかですね、
すごい、あのー、本気度を、あのー、感じるような、ね、
熱い参加者さんとかもいらっしゃったりして、
あとはね、びっくりしたのが、後で聞いたんですけど、
えーと、ね、男性の方と女性の方、それぞれ、
バラバラーと参加してらっしゃるのかなー、と思ったら、
あのー、ね、どうやら、ご結婚が、来月ご結婚されるとか、
っていうことで、おめでとうございます。
えー、なんか、結婚間近というお二人も、
お越しいただいてということで、
その時には全然雰囲気も何もなかったので、
あのー、全く気づかなかったんですけども、
えー、今日ね、聞きまして、えー、と思いました。
でも、おめでとうございます。
お幸せに、っていうところでね。
あと、あのー、そうそう、
え、鉄道のね、しんちゃんさんでしたっけね、
これも非常に熱い話を、二次会もそうですけども、
鉄道マニア、てっちゃんの方ですね、
えー、熱い話を聞かせていただきました。
面白い、これもうまさに、あのー、偏愛ですよね。
あれー、でー、それに対してですね、もう、
後で聞いたら、編集もものすごくこだわってらっしゃって、
はー、とか、すー、ってか言って、こういう息もやだ、
っていうことで編集されたりとか、
それに一週間かけたりとかですね、
もう、僕のみたいなポッ、この取っ手出しの人間からすると、
ほほーっとね、感心させられるような、
もうあのー、本気度を感じるポッドキャスターへの思い、
みたいなものを教えていただいたりとかしましてですね、
あのー、僕は11月から、
ポッドキャストのポの字も知らない状態で、
全く何も知らん状態で、勝手に始めましたんでですね、
いやー、全然全然、あのー、ご参加されてらっしゃる方の方が、
えーっと、経験値の高い方が多かったんで、
あのー、本当にこちらが勉強させていただきました、
っていう話でね、ちょっとはなんか楽しんで帰っていただけましたでしょうか。
声日記の改善
でー、あとは、あのー、ありがたかったんが、
そうそう、あのー、逆にね、
表紙絵を作るアプリとか教えてもらいましたね。
これ聞きたかったんですよ、めっちゃ。
これ嬉しかったー。
何がってね、うーん、なんか、
仮で僕もあげてて、仮でいいですよねって決めてて、
全部仮であげてて、
でー、まあ、こんだけ続くとも思ってなかったんで、
まあ適当に自分の好きなものをやってみようと。
でー、ちょっとまずいなーとか思いながら貼り付けて、
どうせまあまあ、誰も聞かんしいいやとかって思ってたらね、
ことのほか長く続けた上に、ことのほか、
まあちょこちょこ聞いていただいてる方もちょっと増えてきてですね、
そろそろ嫌やなーと思ってたのと、
何よりビジュアルが気持ち悪いっすよね。
俺やったら絶対にこれ、クリックして聞けへんもんな、この番組。
これ、嫌やなーとかと思ってたのと、
あとはね、LISTENにも迷惑かけてるかなーと思ってたのは、
よく聞かれてます、声日記っていうね、
ハッシュタグ声日記のところで、
結構聞いていただいて、
上の方に来ることがあるんですけども、
カッパさんと並ぶことがあって、
そうするとね、2つともこう表紙絵がどす黒くてですね、
汚いんですよ、なんか見た目が。
これな、驚ろ驚ろしいよなーとかって思って、
カッパさんのはきっとね、あの絵はすごく意味があるので、
いいと思うんですけど、
これ全くこだわりないんで、
ちょっと降りなあかんなーっていう風に思ってたんで、
これを使って、どっかでちょっと考えて、
ちょっと考えもあるので、
うまくいくかどうかわかりませんけど、
表紙は、表紙絵は変えれるかなーということで、
ありがとうございましたっていうところと、
あとなー、題名も固いよなー、
なんかこうやっぱりもっとキャッチーなものにね、
したいよねーって思ってたんですけどねー、
重たいよなー、だってね、こうね、
縁日記とかね、日常のおととかね、
めっちゃかっこいいじゃないですか、
なんか、お、何あるか聞こうって思うじゃないですか、
これがなーと思って、
で、自分のテーマってどんなもんかなーと思ったらね、
そんなの、皆さんのみたいに、
あの含蓄のある話は一切ないんで、
全然、
とりあえず小ネタでひと笑いさせたらいいかーってなもんなんで、
うん、
あってもなくてもいいものみたいな、
感じの題名でしょうかなーと思って、
今日、えーと、
unkownからの帰り道ちょっと考えとったんですけども、
あー、何がいいかなーと思って、
パンの耳、とかね、
あと何がいいですかね、パンの耳、
うん、
あとはー、盲腸?
うん、
尾てい骨?
うん、
あと、刺身のつまとかね、
こんな、
これ、誰が聞くねんじゃない、
尾てい骨って誰が聞くねんってな、
確かにな、
なんかこの辺も、
ちょっと考えたいなーと思いつつ、
まずは表紙絵をとかっていう風に、
まあ、思ったりということで、
こういう風なヒントをいただいたのも、
今日一緒に初心者Aグループという形でね、
参加させていただいたおかげですということで、
これからもいっぱいね、
早速新規登録当日の上に、
当日にね、
その場で上げていただいてる方も、
たくさんいらっしゃったんで、
ぜひ一緒に続けていきましょうということで、
僕もちょこちょこっと、
毎日ちょこちょこちょこっとやってるんで、
続けてもらったら、
とっても楽しいと思いますんで、
改めましてよろしくお願いします、
というところですということで、
感謝の言葉
これがまずゲストの皆さんに対して、
お礼申し上げますという話です。
で、
次、
LISTENの皆さん、
OND社の皆さんについてですけども、
どうも本当にご苦労様でした、
というのとね、
ありがとうございました。
まず近藤さん、
声かけていただきまして、
ありがとうございますということでね、
こんな経験させてもらったことがないんで、
関西にお呼びするんで、
関西代表ということでね、
呼んでいただいたんですけども、
まあまあ、こんなもんですわ。
これに懲りず、
ダメ出し出していただいても、
全然結構でございますんで、
お付き合いいただいたらなと思いますけども、
ただやっぱお聞きしてると、
皆さんのお聞き話ですね、
いろんな方と今回お話しさせてもらったんですけど、
ね、
本当に全くのずぶの素人さんっていうのは、
本当に僕ぐらいかな、
まだ今んとこ、
なんかそんな気がします。
しかもおっさんでね、
若い、
いわゆるITリテラシーがないっていうような、
おっさんでゼロからスタートしてるとかっていうのって、
なんかやっぱ今んとこ、
僕ぐらいかなっていう感じなので、
新しいところっていうのは、
僕みたいな人間が入ってくるっていうことかなとも思うんで、
サンプルにね、
人体実験として、
今後も使っていただいたらなっていう風に思ってますね。
でね、
うっすらと、
あんまり多分いろいろお考えやと思うんで、
イベントへの提案とお礼
僕の中ではね、
ちょっとこうなんか、
サブちゃん的には、
三河屋のサブちゃん的には、
なんかこうゲームチェンジできるんじゃないかなっていう風に
思ってますってことで、
それ以上は言いませんけども、
なので、
それに向けてね、
サブちゃんはなんか足りないものがあったりとか、
これがいるとかっていうのがありましたら、
バシバシ運びますんでですね。
使っていただくのはタダですんで、
なんぼでもっていう風に思いますっていうのと、
あとはな、
うっしーさんが、
久しぶりにお会いしてね、
変わらへんなってことで本当にね、
チャーミングな方でしたけども、
寄席口座とかどうですかって言われたんで、
ちょっとハードル高いぞ。
これだけは、
これだけは何とか阻止したいなと思うんですが、
ただ、
あきられないようにね、
お二人にあきられないように頑張りますんで、
うっしーさんにもよろしくお伝えください。
でね、
ゆいちゃん、
ほんまにね、
よく頑張っていただきまして、
ニコニコ笑ってるけども、
ほんまに緊張してたよねっていう話で、
こっちにも緊張がうつるような感じでしたけども、
でもね、
本当に簡単な打ち合わせ一つで、
その後はね、
堂々と、
しっかりと、
はきはきと、
対応してたんで、
これみんなでね、
本当に大したもんやなと、
褒めてました。
お世辞抜きでね、
初めてのこういう経験だったっていうことだったんで、
おっちゃんも初めてやったんやけども、
僕なんかよりもね、
ずっとスラスラーッとやってたんでね、
とってもこちらの方が頼もしかったですということで、
今回で卒業いうことですけども、
あくまで、
次の新しい職場に行くというだけで、
縁がぶっついと切れたりは、
決してそんなことはさせませんので、
引き続きね、
リッスン声日記で、
つながっていければなと思いますので、
よろしくお願いします。
参加者との印象
ほんでね、
鳥原くん、つばさくんね、
本当に裏方というか、
ずっと音声とこね、
お疲れ様でした。
専門学校通ってるって話をね、
お聞きしてたんですけども、
私もね、
他の伊佐坂さん家でね、
サボちゃんでやってるんやけども、
専門学校もね、
実はお手伝いしてたりして、
なので、実は裏の方でいろいろ、
まずは準備する、
それから出来上がりのものを
きっちりチェックするとかっていう、
編集、音響とか、
あと照明とか、
そういうのもね、
携わってはおるんで、
すごくね、
ご苦労が分かりますっていうのとね、
生のね、
リアルの経験に、
はじめさんもおっしゃってたと思うんですけども、
リアルの経験とか、
実学に勝るものがないと思うんで、
ぜひね、これをまた血肉に変えて、
まだ19歳ということで、
本当に羨ましいんですけども、
頑張っていただければっていうのと、
これから改めて仲良くしてねっていうことです。
で、桑原さん、
他、あとね、スタッフの方、
桑原さん特にね、
1回ちょっとご縁があって、
ウェブでだけお話ししたことあったんですけども、
やっぱり、実面がいいっすね。
いや、爽やかなお兄ちゃんで、
すごくホッとしました。
もうちょっと前ぎこちくなかったんで、
改めて、今回が初めての出会いということでね、
ぜひ引き続きよろしく、
改めてよろしくお願いしますということと、
他スタッフの方もね、
本当にお疲れ様でした。
あとのね、たぶん、
あと片付けとかもね、
残ってやってこられたんだろうなと、
思いながら、
ちょっと置き去りにしてしまってたんですけども、
で、あと、
アンノーンのお宿の方もね、
えっと、
僕がちょっと喋っただけで、
もう誰かっていう風に、
名前聞かずに、
ご理解いただきまして、
前にアンノーン行った時もそうなんですよね。
もうなんか、名前とかで、
大体のスタッフさんがなんか、
えっと、
もりっしーだと気づいていただけるというのはね、
ものすごい嬉しいです。
ありがとうございます。
ちょこちょこと、
お邪魔することがあると思うんですけども、
気軽に声をかけていただけると嬉しいです。
嬉しいですということで、
スタッフの皆さんありがとうございました。
そうだね、
映画と曲の話
ここからはね、
一緒に、
ポッドキャスターさんのお話、
当日ね、
お会いできた方に、
本当に長時間、
ありがとうございましたということで、
お一人ずつ、
お礼をと思うんですけども、
印象とかね、
ほとんどの方々から、
会ったことある方ってね、
ほとんどいなくて、
ほとんどが初対面だったんで、
僕も声は聞いたことあるけど、
実はドキドキしてたんですけど、
まずね、
もりちんさんね、
本当に今回、
すげえなと思ってね、
企画っていうのは全くやったことがないので、
早くからディスコードで、
メンバーに入れてもらって、
参加させてもらってるんですけど、
この企画ですね。
いやー、こうやって、
なんて言うんでしょう、
イベントって企画していって、
流れ作っていくんだっていうのをね、
こういうとこ気付けるんだ、
でもここはもうやってますとかね、
すっごいなと思ってて、
ただもうね、
なんかね、
だって、
どっかでプレゼンするのを何回も、
声日記に撮って練習してたでしょ、
これはって思わずね、
いやーって言って、
いい加減にやってたら怒られへんかなって、
僕がね、
って思ったりもして、
ちょっと、
どんな人かなって、
実はもりちんさんについては、
少し怖いかもと思ってたんですけど、
いやいや、
全然そんなことなくて、
柔らかくて、
とっても接しやすい方でですね、
大丈夫ですよって、
いつも声かけていただけてですね、
いやー、
全然イメージと真逆で、
よかったなと思ってね、
安心しました。
でね、
あと、
一緒にお越しになられた、
岩田さんですね、
僕も工芸のやつ聞かせてもらったり、
三人組のやつ、
岩田さんのお話、
前編後編で、
2時間ぐらい喋るとかってね、
聞かせてもらったことあるんですけども、
ちょっと、
僕はガッツリやってらっしゃると思ってたんで、
なんか、工芸をね、
って思ったら、
いや、そうじゃないんですよっていう話を聞いて、
えーって言ったら、
まさに、なんだろう、
本業じゃないのにここまで打ち込んでるじゃないんですが、
いやー、偏愛やなと思いまして、
語って、語ってまーちんで怒られるけど、
でも、
趣味の範囲っていう風な感じでおっしゃってたんで、
それでね、
あそこまで掘り下げて、
よくもまあ、
熱く語られるなっていう風に、
思いながら、
リッスンの、
ポッドキャストの方は、
聞かせていただいてましたっていうことでね。
ただ、
このお二方、
もりちんさんが一番ね、
タイムキープよろしくお願いしますって、
言ったんやけど、
僕のところがね、
3分早く終わったんで、
それいただきますって言って、
もりちんさん、岩田さんのところでやったんが、
たぶんね、
20分近くやりあったんですよ。
持ち時間10分で。
もう心の中でおいで、
時間厳守ってどの口で言うてんねん、
とかって思いながら、
まあ、もうどうでもええわ、
と思ってね、
あの、
タイムキープは、
熱い思いがね、
お二方たぶん、
もりちんさんなんか特に、
ストーリー作って、
その中でこういうふうに、
ポッドキャスト始めてほしいっていうのをね、
段取りがあったんだろうなっていうのはね、
すごく感じたんで、
僕らがね、
段取りがすごく悪かった分、
急にしまった形に持っていただいてね、
ありがたかったなと思います。
でね、もりちんさん、
庭の話、ちょっと2本のね、
庭の話させてもらったんで、
それに関しては多分っていうか、
間違いなく、
もりちんさんが行ったことのないようなとことかってね、
ちょっとご案内したりとかも、
できるかもしれないんでね、
また今後そんなことあったら、
一緒にまた庭見に行きましょうということで、
本当にお二方どうもありがとうございました。
で、
そうそう、くりすさんですね、
本当にありがとうございました、
登壇いただきましてっていうことでね、
本当はな、
本当は、
もっとこう、
何やろう、
映画のお話したかったんやけどなーと思って、
僕映画大好きなんでね、
っていうか、
多分くりすさんと見てるやつがね、
かなりその世代として近いんで、
似てるんでね、
話したいなーって、
あんまりね、
そういう話できる方いないんで、
してたんですけど、
なかなかこう、
二人きりになれることができず、
なんとかね、
映画とでね、
一緒に作ってらっしゃる曲の話、
それを聞かせてもらってね、
なんか、
Xの、
Toshiまがいって言って怒られるけど、
ね、
高音をね、
リッスンイベントのパフォーマンス
出されてるのを、
聞かせていただきまして、
なんかすごい苦しそうでしたけど、
頑張って出したはんな、
みたいなね、
でも楽しんでやってらっしゃる、
そうだったんで、
頑張ってやってらっしゃるんで、
その成果っていうのをね、
聞かせていただきましてということで、
本当にどうもありがとうございました。
またゆっくりぜひですね、
お話しさせてください。
で、ハタモトさんね、
ハタモトさんもそのまんまやったな、
ハタモトさんのまんまやったな、
いやで、
今日は写真は持ってこないって言うから、
なんでやねんってね、
言ったんですけど、
どうやら写真好きすぎて、
写真持ってきたら、
どうしようかなっていうのが、
静かな、
秘めたる闘志みたいなものをね、
ちょっと感じました。
でね、
でもめっちゃ面白かったんが、
あれですわ、
リッスンの機能を話して、
新しい機能ね、
ちょうど近藤さんと話し、
ハタモトさんとかと喋ってて、
で、
お気に入りっていう、
自分でこうね、
プレイリッスント入れ作れるようになったじゃないですか。
で、ハタモトさん、
後で聞くっていうのを、
皆さんご存じだと思うんですけど、
後で聞くっていうのを公開になってて、
バーッとつくんですよ。
ほんだらもうね、
その時に近藤さんが、
あのハタモトさんの後で聞くって、
すごい嬉しいですよねって、
私にね、
すごく嬉しそうに言ってくれたんですけど、
僕知ってたんですが、
僕はハタモトさんの後で聞くに入ったことが、
全然いいですよ。
入れてくださいとかっていう振りでも何でもないから、
いや、むしろこっちの方がおいしくて、
俺はお気に入りに入ってないんかい、
みたいなね。
いやー、
そのオチは、
個人的にはもうめっちゃ、
ツボでした。
引き続きね、
僕は後で聞くっていうのを公開になったんですけど、
お気に入りに入ってないんかいって、
いやー、
そのオチは、
個人的にはもうめっちゃ、
ツボで入れなくて結構ですんで、
何かこれって思って、
気が向いた時にでも聞いていただいたらと思います。
本当にハタモトさんありがとうございました。
で、
あと、そうや、
ヒロヒロシさん。
ヒロシなー、
なんか体調悪かったみたいですね。
一瞬だけ顔見れて、
あのー、
すごい、
うわーヒロシやーって言うんでね、
ちょっとこういう話、
一瞬だけ挨拶させてもらったんやけど、
ねー、
でもヒロシらしいなーと思ったのは、
あのー、
ちょっと僕は席立って、
ちょうどね、
あのー、
ワークショップみたいなのやってる最中やったんですけども、
それでね、
僕はちょっと席外して、
で、戻ってきたらね、
もう僕の席のとこに、
仁王立ちになってね、
新しく参加されてらっしゃる方に、
一生懸命ね、
レクチャーしてくれてるわけですよ。
もう、なんか、
熱が入りすぎてて、
今さらヒロシに声かけられへんし、
僕も席戻られへんし、
って言って、そそくさとね、
ちょっと違うとこ、
行ってしまってたんですけど、
で、ふっと目を離したら、
あれ、ヒロシがいないと、
どこ行ったんやろうと思ってね、
あのー、話、後でできるかなーと思ってたんですが、
なんかちょっと体調悪いことでね、
悪いところ、
あのー、無理に、
えー、あのー、参加してくれて、
あのー、ぜひ、ゆっくり、
お話しできればなーと思っておりますんで、
ハタモトさんの新機能について
楽しみにしております、ってことです。
でね、あ、
キズナ姐さん、
もー、初めてお会いしましたがね、
僕の印象通り、通り、
いや、印象がね、
かえるなので、
あの、何が、
どの方が来られても、
印象通りでも、
印象通りでも、なかったんですけど、
あのー、
もう、
なんて言うんでしょう、
可愛らしい方ですね。
いやー、ほんと思いました。
あのまんまのね、
口調でね、
喋りかけてくれるんですよ。
僕ね、いやー、
ここからちょっとマニアックに、
僕とキズナ姐さんって、
筋肉行く帯っていうね、
昔のロックバンドがファンなんですけど、
で、ひょっとしたら、
ナンバハッチとか、
あのね、ライブとかで、
すいませんねーっていう風に、
言ってもらってね、
そうだと思うと思いながら、
でもね、筋肉少女帯の、
ライブってね、
もう、オールスタンディングで、
曲によっては、
思いっきりロックテイストのやつ行った時には、
みんなでヘッドバンキングしてるんですよ。
僕もやってますけど、
え、姐さんやってんのかなー?
と思って、
え、そんなキャラかな?
それはそれで面白いけどなーってね、
すごい思ってたんですけど、
ぜひその辺もね、
今度また一緒に番組やりましょうって
言ってくれたんで、
楽しみにしてます。
で、
ご自身のトークの時も、
最後のね、
最後というか、
力入れるところ、
あのトーンで、
あのトーンですけども、
今日の声は、
今日しか取れないっていうね、
あの力説、
あそこに力が入ってるよね、
ひしひしと伝わってきました。
でも本当に、
可愛い方でね、
何度も言ってあれですけど、
セクハラじゃないですよ。
ぜひ改めて、
一緒にね、
リッスン声日記で遊んでいただいたらなー
と思いますんで、
本当にお疲れ様でした。
まだ全然喋り足りてないんでね、
一瞬しか喋ってないんで、
楽しみにしてます。
あとは、
そうそう、ボー氏とね、
ヒロ先生、
もうね、
ここは足向けて寝られへんねんな。
まだね、
今日は長女がずっと不在のようなので、
内緒にしてあるんですけども、
どんなリアクションするんか、
僕も楽しみです。
すんごいのいただいたんで、
ありがとうございますっていうのと、
改めてね、
僕、
ボー氏みたいな人は、
僕、
長い間生きてきましたけど、
こういうタイプの方は初めてですね。
いやー、新鮮ですわ。
いやー、
僕は、
前に出なくていい、
幸せ、
幸せを感じないって言ってたんかな。
なんかもう、
いやー、ほんと、
おもろい人おんな。
まだちょっとね、
まだまだ多分、
喋り足りてない部分いっぱいあるし、
ボー氏は特にね、
投資の話とかね、
またぜひ、
そこら辺興味ありそうなんで、
またやりましょうとかね、
いろんな話、
スイッチ入ったらボー氏熱くなるんでね、
いろんな話があるような話題でね、
お話しできれば楽しみにしてます。
あとヒロ先生もね、
やっぱね、
一言でええ女やな、
優しいな、
ほんまに思ったな。
あの時も二次会でね、
お話しましたけど、
いやボー氏いい嫁さんにも、
ほんまに、
いやー、優しいわ。
あとね、
あの、
漫画家さんの秘話じゃないけども、
あのね、
直近はちょっと、
漫画家さんで悲しいお話がね、
あったりしたんで、
そのことについては当日何も言わんかったですけども、
でもまあ、
それでもこういろんなこと割り切って、
でも歯食い縛って、
っていうところで、
綺麗なことばっかりじゃない世界やけども、
ね、
きっちりと、
生き抜いてらっしゃる、
あのもう、
画力とかなんとかとか、
私全然ね、
そんなことを、
口の葉にのせるのも、
おこがましいので、
そんなとこじゃなくて、
僕あまりちょっとこの言葉使うの好きじゃないけども、
人間力を垣間見たな、
というふうに思っております。
また、
ぜひ、
今後も何かと、
いろいろとおしゃべりできる機会があればな、
っていうふうに思ってますんで、
よろしくお願いします。
で、
あと最後、
2人最後まで遊んでいただいた、
まーちん、まず。
まーちんはね、
もう本当に、
私のこと散々いじり倒してくれましてね、
あのもりっしぃですっていう冒頭とね、
それではまたっていうのね、
今日の朝の朝まで言ってくれてましたわ。
いやー、でもね、
何遍も言ってしまって申し訳なかったんやけど、
この子って言うと怒られるな、
でもこの子はもう、
もう、
コミュおばけやね、
ほんまに、
すっごい、でもね、
あの、
単なる突進力じゃなくて、
あのね、本当にかわいい、
なんか今日かわいいとかばっかり言うけど、
この子はまたね、
あの、本当にかわいらしい。
うーん、
あの、全然写真とかじゃわからなかったですね。
うーん、
いや、すごい魅力のある子ですね。
だから、
たくさんお友達がいるで、
スッと作りに行くんで、
僕の場合はね、
スッと人の心に入っていくとね、
えっと、
噛みつかれたり、
僕が入り方間違ったり、
キャラがこんなんなんで、
嫌がられたりするんですけど、
いやー、この子、
絶対ないなーって、
よっぽどのことがない限りと、
オダジンとまーちんの絆の深まり
っていうのと、
それも心得て入っていけるんやなーっていうね、
賢さもすごく感じたんで、
いやー、本当にあの、
魅力的な人だなーっていう風に、
思いました。
こんなおっちゃん相手にね、
たくさん喋ってくれて、
なんか会いたかったーとか言ってくれましてね、
まあ、ほんまにね、
嘘でも嬉しいですわ。
本当にありがとうございました。
朝の朝までね、
来週マラソン?
えー、
名古屋でマラソン、
フルマラソンとかって言ってたんで、
無理せずね、
今日も練習に励むと京都に走って消えていきましたけど、
無理せず、
健闘を祈ってます。
またね、東京行ったら是非、
遊んでくださいっていうとこです。
最後にね、
おだじん、
もうね、まーちんおだじんはね、
もうお互いに、
まーちんおだじんもリッシーでね、
もう、
固い結束がね、
出来たよね、と思っております。
おだじんね、
もうパッと見た瞬間、
うわー、
でっかい神木隆之介やと思ってね、
ほんでね、
僕も喋りやけど、
なかなかの喋りやなと思ってね、
いや、
いつも声に聞いてよ、
喋るなーって自分の声を棚に上げて言ったけども、
思ってたけども、
今回初めてお会いして、
もう、
これは俺より喋りやなっていうふうに
思いました。
ね、
でも、
やっぱり本業で、
司会のね、
流れ、
次の狙いで、
巻き込む、
オーディエンス巻き込む方法とかね、
ね、
あの辺はね、
やっぱプロやなと思いましたよ。
ね、
いやー、
横から見てて、
すごいなーと思って、
惚れ惚れしてました。
もうね、
初めからやってもらったらよかったよっていうふうにね、
あのー、
本当に心のどっかでは、
思っておりましたけどもね、
それくらい、
本当にすごかったなーっていうのとね、
やっぱね、
リッスンの愛と温度
これがね、
人の良さが顔ににじみ出てんのよな。
本当に。
いやぁー、
いい奴でしたね、話も楽しかったし。
ね、
うん、あの、
なんかねこう、
そう、やっぱ何より、
このリッスン、
愛してるなっていうのはね、
っていうのはねこの温度はもうちょっと 敵わないですね
すごい好きなんやなぁでポッドキャストも 好きよしその延長でリッスンですごいね
声日記ファンとかあの前も僕は言いました けども修羅の道
大阿闍梨やで行ってやってることだと 修行僧よと
いうふうに言ったけどいやー好きでやってる なーってなんかあの編集の話聞いたりとかあのね
声日記についてのねあの話とか聞いてたら やっぱ愛が
溢れてるなぁと思って うーんもう
私みたいな老兵はねそれについていきます ということでまずもね足元に及ばないんです
けど1日ね1配負けずに僕もね1日1回ずつ 少しでもまああの
声日記を上げることでなんかついて行かせて いただいたらなーっていうふうに思います
本でね今日も話してて a
odajinまーちんって 年近くてでodajinってあれねあの松坂
世代なんですよねでこれ確かにカッパーさん とかもそうで結構多いですよ多分
あの今日あの ボー氏ヒロ先生とかこの辺でしょ
と思うんですよでなんかすごいこの辺の 世代がね多いなーっていうふうに思ってて
でそこでね今日ちょっと帰り際に何だろう 勝手にこう親近感というふうに僕は勝手に
思ってたんですけどあの 僕のね僕の兄弟がいて
弟が居るんですけどもまあ仲良い仲良いんです けどねこれがね全くの松坂世代なんですよ
だからね みんなあの僕の弟と
弟みたい弟の歳なんですよねだからね わかった可愛いんですよねすごいみんなが
おっさんとかねお姉さん使われて悪いんや けどわかったと思って俺可愛いんやわこの人たち
ってねちょっと上から見て申し訳ないんです けど
ねですごいあの 勝手にそう思いましたねあの私のね
これからもね勝手にあの弟妹みたいな感じで ね
勝手に思い込んでね勝手に心の中に土足で 上がっていきたいと思うんでまた仲良くして
やっていただいたらなぁと思いますということで 本間はねこんなんするとちょっと間延び
するんですけどやっぱり 昨日すごく皆さんにお世話になったのでちょっと
声をかけ抜けた方とかごめんなさいとか後を 当日おしゃべりできなかった方とか本当に
あの本当はもっとたくさんしゃべりたかったん ですけどね
あんまり時間なかった部分もあったりとかあの 僕もいっぱいいっぱいやったところもあって
ですね なかなかおしゃべりできなかった方も
いらっしゃるんですがこれを機に みんなでみんなリッスンファミリー
ですんで aこのリッスンっていうサービスをね
楽しんでいければなぁというふうに思います ということで今日はね
初めて聞く方はわかんないんですが僕いつも ねえで僕の声日記って最後にオチをつけ
てるんですけど ただあの日曜日はね
毎週休業日ってなってました今日日曜日 なんですよ
だからあのそんなオチはないんですけども ちょっと個人的にはね気に入っちゃったん
で イベントの最後で
閉めたんですけどもみんなに付き合って いただきましてね
みんなでリッスンリッスンで叫んだんです けども
当時今日ね昨日参加いただいた方あと遠方 とか当日不都合とかでね
ご参加いただけなかった方もいらっしゃい ますんで皆さんいいですかあの
一緒にご唱和いただければと思います 右手を上に上げ
左手を横に伸ばすそうすると Lのマーク になりますよねこの Lのマークにして
僕がせーのって言うんでリッスンリッスン って言ってくださいね
それでいきますよこれで終わりにします せーの
リッスンリッスンということで今日はこの 辺でそれではまた
39:27
54 Stars

Episodes Mentioning This Episode

Playlists Including This Episode

Comments

ぶwww 無意識でも血がそうさせたんだわ… ※京セラドームの「ハッスル」見に行きましたwww

コーノ

「小川!!俺ごと刈れぇ!!!」by橋本真也 って、誰がわかるねん💢w

もりっしぃさん! イベント司会ご苦労さまでした。 大変お上手な進行でしたよ。 番組内で私の話しをしていただきありがとうございます。 鉄道への変愛についてお話しいただき感謝です。(笑) またポッドキャスの編集ですが 基本、私の滑舌が悪いのと 喋りが下手なだけですから。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) もりっしぃさんのように おしゃべりが上手な方が羨ましいです。 なによりイベント楽しい時間を過ごせました。 また二次会も、色々お話し出来て 楽しかったです。 またイベントが有れば 是非参加したいと思います。 またお会いできた時には よろしくお願いします。

おおお! LISTENにいらっしゃいませ~😆 そんな畏れ多い、podcastの大先輩に褒めて貰えて嬉しいです! こちらこそ熱い鉄ちゃん話、ありがとうございました。LISTENしかサービス使ってないので、貰った名刺から聞きにいきますね。(良かったらこっちでも配信して下さいwやり方はLISTEN news聞くとか、discordで質問して貰うと、近藤さんとかodajinさん、その他いろんな人がやり方教えてくれます😄)

こんばんは! 早速、「鉄たび漫遊記」のRSSフィードをLISTENに登録しました。 これで、LISTENからも聴けると思います。 もし、良かったら聞いてみてください。 どうぞ。よろしくお願いします。

Scroll