1. 毎日お祝いしよう!
  2. #231 雑音注意: お互い様がお..
2023-06-12 29:35

#231 雑音注意: お互い様がお付き合いの要⸜ (*˙˘˙*)ஐ

Mo
Mo
Host
ナマケモノ生音声。お聞き苦しい雑音すみません(;_;)(;_;)(;_;)

---

Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/mo427/message
哲学の話
おはようございます、Moです。
こんにちは、こんばんは。
皆さんお元気ですか?
私はおかげさまで元気です。
今日も毎日お祝いしようを聞きに来てくださってありがとうございます。
なんかね、こうやって連続で配信できる時もあったりするんですよね。
配信というか、撮るぞって思える時があるんですよね。
だめな時は全然やる気がない。
やる気っていうか、まあやろうともしてないんだけどね。
話したい、なんか話してとりあえず起きたいとか思うんだよね。
ほんと自分が最近ね、分かんないですね。分かんなくなってきた。
でもね、この分かんなくなってきたっていうのも、まあどうしてなのかとかね。
最近やっぱりいろいろ考えたり、読んだり、教えていただいたりとかしてね。
なんとなくね、それでいいんだよっていうことは大体分かってきましたね。
これ言っちゃうと、もう哲学とか学ばなくていいんじゃんとかって思っちゃうんで。
まあちょっと聞いていただいている方は、ちょっと最近自分の中のブームなんでね。
この数回の配信ではこの哲学の話とか、他の1個番組させていただいてるね。
哲学の話をしちゃうんですけど、させていただいてるって言ったら、私本当におまけ参加でね。
ただそこにいるだけ。
たまにね、ミュートにして、あ、ズームで撮ってるんですけど、ミュートにして、
他のことに落ち着かなかったりとかして、一緒にね、させていただいている、
ともきさんとみそさんが仲良く話されているのを聞いてる。
いや、もうね、自由なんですよね、ほんと。
私はまあ、結構ね、聞いてくださっている方はわかってくださっていると思うけど、結構自由な方なんですけど、
あの2人も自由ですよね、結構自由ですよ。
もう寝るんで、眠いんで寝ますって言って、言っちゃう人とか。
あと、え、みんな飲んでないんですか?とか言っちゃって、もうすでに飲んじゃってる人とか。
人とかって3人しかいないんでね、どなたがそうなのかって、ご想像つくかと思うんですけれども、
まあそういうことでね、あのいろいろ、哲学をね、勉強させていただいている意味でですね、
あの、こんなことを言っちゃいけないんですけれども、まあね、いろんなことが、
まあ、なんとかなるし、いろんな人たちが考えて生きてるけど、
結局、いろいろわからないこともたくさんあると、もう本当、
知れようとすればするほどわからなくなるって言って、それで哲学者の方たちはろくな死に方をしないそうなんですけれども、
そういうのもね、面白い方たちがいるってことで、これからいろいろ教えていただこうと思うんですけれども、
まあこうやってね、私も、あって思って、思い立って、今車運転しながらなんで雑音があるかと思うんですけど、
読書について
撮るぞって思う、話そうって思う時もあれば、お友達に電話しちゃって、すんじゃう時もあるし、
なんか、そうだな、他の方のポッドキャストを聞いて、過ごしちゃう時もあるわけで、
その意欲みたいなのとか、どっから出るんだろうね、意欲とか、意志とか、
これやっていこうとか、どっから出るんだろうね、今日はダメだとかね、
本当そういうのを考えると、考えるともうめんどくさくなって、
あ、えらい、えらいっていうか、いっぱい勉強してる人たちもなかなかわからないことだろうから、
まあいいかって思っちゃったりするのの、ぐるぐる回ってる感じなんですけど、こんな感じでね、とりあえず、
これ、今聞いてくださってる方ね、
そういうことで、いつも聞いてくださってありがとうございます。
今日はですね、いつもね、
私のスタイフの方を聞いていただいて、いつもコメント残してくださるね、
子育てかける読書術研究家さん、私パパさんと呼ばせてもらってるんですけど、
本当にいつも毎回ね、コメント残してくださるんですよ、本当にね、ありがとうございます。
大変なのにご自身の配信だって毎日必ずされてるし、
もう私が絶対に自分では手を出さないというか、もう出会うことのない書籍をね、本当毎日毎日ね、
写真で、インスタでね、載せてくださったり、ツイッターで載せてくださったりしてね、本当にたくさんの出会いをね、
パパさんの周りにいさせていただくとね、あるわけなんですよ。人との出会いもね、今までいろいろそういう話してきたんですけど、
たくさんあって楽しいんですけど、この本との出会いっていうのをね、やっぱりこう、
読書弱者で、なんか読書なんかしなくても生きていけんじゃんってずっと思ってた。思って生きてきたんでね。
いやそれに対してこうやって、本に出会えるってすごいなぁって思えたとってね、これも奇跡ですね、私にとっては。
なんかちょっと最近は、弱者ではあるんですけど読めないんでね、本当読めないんで、だいたいあのあらすじとか目次音で終わっちゃったりとか、
いつも言ってますけど、するんですけど、あとはまあ著者のバックグラウンドとか調べまくって疲れて、
本書というかね、実際の本は読めないとかね、あと大見出し出しってもう目が見えないから大見出しだけ見て、内容は読まないで飛ばすとかね、
本当分厚い本とかだと、最後までめくるむのも大変だから、パラパラしてみるとかね、紙の質感を考えてみるとかね、まあそういうことしたりとかするもんはいいんですけど、
そういう話もまとめてしたいんですけど、ほんとさ、おばちゃんだから、思い立った時に好きなことを話すしかないんだよね、ちゃんと台本とか作って、
リスナーへの感謝
ね、少しまとめればいいのにね、できません本当に、それでね、そういうことでパパさんが毎回本当にほとんどの時、コメント残してくださってね、
私も聞いたりとかした時に、残せる時は残すんですけど、やっぱりね毎回って難しいんですよ、でパパさんはたくさん周りにね、リスナーさんがいらっしゃるし、
お仲間もいらっしゃるから、他の方のところに行ってもそういうことをちゃんとされてるんだよね、メッセージとか、あのコメントをちゃんと残されててね、もう本当に頭が上がりませんよ、はい、で昨日ね、いただいたあのメッセージがすごく、あ、メッセージ?コメントがすごく、あのちょっとお話ししたい内容と、
昨日ね、お話ししたことで私も、そうなんだって学ばせていただいたので、みんなにシェアします。昨日はね、あの私たちが情報になんか溺れてしまいそうになるような感じのことを言ったと思うんですけど、たくさんの情報が流れてきちゃうから、本当に私たちが自然の中で
生きているには、本当に生きているにはじゃなくて、生きていたとしたら、そんな早くいろんなことが入ってこないんだけど、でもね、私たちはいろんなデバイスとか持ってるとどんどん入ってきちゃうので、そういう話をしたんですけど、そしたら、毛さん、こんにちは、星、キラキラ
情報リテラシーのお話、ありがとうございます。異常ですね。通常と異常の異常ね。異常ですね。笑う。平安時代の人の1年分の情報が現代人の1日の情報量とも言われてますね。
えーそうなんだって思ってね、みんなにシェアしたかったんですよ。でね、本当に異常だってことだよね。だからしょうがないよ。その異常だから、なんか溺れちゃって困ったなってなっちゃう人いるのはしょうがないって思いましたね。で、私の話がこれ、これを皆さんこうやってね、ちゃんと言葉にしてくださるのは、あの雑談が情報リテラシーのお話っていうと、
ちょっと、私もいいこと言ってるじゃないの?とか思っちゃうわけで。で、そういう風にさ、なんか、していただけるのってもうめちゃくちゃ嬉しくて、ありがとうございます。だからツイッターもやめられないのは、私がなんか言ったことを、なんか、他の言葉で言い換えてくれて、かっこいいね。
それでなんか会話が成り立つみたいな。もう私とか言語能力がないし、言語化能力がないし、あとさ、言葉も少ないわけ。持ってる言葉も。だから、そういうのって能力の差があるよね、たぶんね。うちの娘と息子見ててわかるんだけど、うちの娘はね、本当、言語能力というか、
他の方に比べたら、もう全然なんですけど、どちらかというと、こう、何、中国語とかも習ってたりするんだけど、なんかは結構すぐ覚えられちゃうよとか言ってる方にもね、だから得意なさとか言ってるけど、うちの息子とか全然、まあ本当、DNA、ごめんねって感じなんだけど、私がそういうね、得意じゃないからさ。だけど、そういうことでね、まあ、不得意とかあるんですけど、でも、こう、こうやってね、あの、私が話すことは、
情報リテラシーの話、情報リテラシーの話してたんだ、私、嬉しいみたいな感じで、昨日一人で本当、パパさんのコメントを読んでニヤニヤしてしまっていたんですけど、でね、やっぱり、あの、パパさんとはね、結構もうね、2年ぐらいのお付き合いになると思うんですよ。
で、私もね、パパさんの本とかのね、あの、ちょっとした、あの、切り抜きじゃないけど、切り抜きか、切り抜きというか、あの、引用みたいなのを少ししてくださったりとかそういうことがあって、ただちょっと見るだけで、この本ってどういう本なのかなって、ちょっと感じ取ることができるし、そういうのがすごく、
もう、楽しいしね、感謝してるので、なんか、こう、ハートをつけてるだけなんですけど、あとはたまにね、あのコメントを残させていただいたりしてるだけなんですけど、なんとなく、お互いにこう、なんか、お付き合いさせていただいて、もうずいぶん長いんですよね。で、本当そんな感じでやり取りをさせていただいている方が他にもまあ何人か、やっぱりツイッター上でもいるわけなんですけど、
やっぱりね、なんていうのかなぁ、あの、オンラインだけじゃなくても、お互い様って重要だよねって思うんだよね。あの、これはね、ケアっていう部分でもそうなんだけど、あの、昨日ちょうどね、私が好きなタクラムラジオを聞いていて、ケアのお話が出てて、最近ケアっていう言葉がすごく、まあ、有名になって、反乱っていうか、反乱してるほどではないだろうけど、
あの、ケアすること、されること、みたいなことでね、いろんな本が出てるみたいだし、あとはやっぱり、なんていうのかな、インクルーシブって言うんだっけ、その、なんていうのかな、今まで、こう少し差別的に、少し、あの、距離を置かれてしまっていた人たちを、インクルーシブって言って、仲間に入れてあげましょう、みたいな、
そういう活動が、活動というか、動きがあるよね、社会の中にね。だから、その中で、こう、されてる人とする人が、こう、してあげなきゃいけないとか、私はされるべきな人でとか、
それぞれの立場で、負担になる場合もあるし、逆になんか、マウント取ってくるみたいなのもあるし、っていうのがちょっとあるなって、ね、思っていて、すごく難しい問題だなって思うのね、でね、それってやっぱり、お互い様っていうことが、なんか成り立たないと、そうなっちゃうんだと思うんだよね。
で、お互い様が、どっちが重い軽いとかっていうことも、もしかしたらあるかもしれないし、で、あとは、お互い様の中には利用し合うみたいな感じの関係も、もしかしたらあるかもしれないし、でも、片方が、ああ、なんか利用されてるなって思った瞬間に、もうその関係っていうのは、なんとなくフェアじゃなくなるというか。
オンラインでの人間関係の複雑さ
だから、なんか、ご近所付き合いとかを考えたときにね、やっぱりここまでね、私も深くは考えたことがなかったんだけど、ね、ずっとこう、ポードキャストとかやってて、あの、あとね、あとオンライン、やっぱりご近所付き合いはすごい、すごく楽しいし、すごくそれで私も、あの、何、助かったこともいっぱいあるし、なんとなくね、寂しい、寂しいって思うことはないんだけど、なんか、
なんか、手持ちぶさたな時とかに、いつもそう、ね、頼っちゃうし、だから、あの、そうだな、ああ、そういうところをちょっとね、うまく、よく考えていくと、いったっていくとというか、いってきた、あの、考えてきたときに、やっぱり、なんか、お互い様じゃないと切れちゃうなっていうことはあるんだよね、人間関係っていうのは。
それで、まあ、だからね、私は、あの、友達は多いですねってよく言われるんだけど、実際ね、私が友達だって思ってる人に、あなたと私のこと友達って聞いたことはないわけよ、ね、それで私からは友達だなって思うけど、実際は向こうからは友達だと思えてないかもしれないとかね、そういうちょっとね、あの、距離感っていうのはあるのね、だから大切に、私が大切にしている人、
で、向こうも大切にしてくれてるというふうな実感がある、だからお互い様で切れない関係なんだよね、で、その距離感も、もしとっても相手のことが大切だったら、その距離感に合わせたりとか、合わせ合う、ね、それで、それがもうどうしてもダメな感じだったらもうしょうがないよね、その関係は切れちゃう、だって、片方は合わせようとしてるのに、片方は合わせようとはしないわけだから、別に、
その関係はなんていうのかな、仕方がない、ね、なんか、うん、だからその辺が上手くバランスが取れた状態だと仲良くやっていけるのかな、続いていくのかなって人間関係って思います、はい、で、それってね、なんかオンラインってすごく、あの、本当思うんだけど、いいところばっかりじゃなくて、あの、上辺だけの付き合いで十分だからね、だからその辺のところが、こっちはすごく、
あの、リアルのご近所みたいに、リアルのお友達みたいに思ってたとしても、相手にとってはそこをシャットダウンしちゃえば、オンラインだから、えっと、デバイスを消しちゃえば、消しちゃえばというか、オフにしちゃえば、その人間関係をシャットダウンできるんだよね、だから、いつでも繋がってられるっていう、良さの、それがいいことだって思えるときと、
それが悪すぎて、繋がりすぎててっていうことも、いや、表裏があるっていう感じだけど、あとは、人間関係でも、もうそこをシャットダウンしてしまえば、近所で会うはずはないしね、私なんか特にね、シンガポールに住んでいるから、だから、本当に大切な人とだけ付き合いたいということであれば、もうそこだけで付き合うこともできる。
逆に、相手がそういうふうに思わなければ、シャットダウンされてしまう。こっち側、表でもね。そういうこともあるよっていうことをね、なんか、皆さんね、それぞれのいろんな方とお付き合いされてると思うんだけど、いやーね、いろんな方の話を聞くとね、やっぱり人間、
あ、すごい、バイクが、人間関係のね、その距離感って違うなーって思うんだよね、本当に。で、もちろん自分がね、思ってるその距離感と同じような人たちといると、すごく気持ちがいいわけだけど、でもね、そうじゃない場合のほうが多いから、まあその辺ね、
でね、簡単にね、利用し利用されるよね、オンラインだと。やっぱり口だけだし、すごい上手な人たちがいるからね、言葉がね。だからね、その辺ね、やっぱり私はね、たまたまこうやってね、いろんな
ね、オンラインでない経験をしてからオンラインにいるからいいですけど、やっぱ若い方たち難しいんじゃないかなーって顔見えないところで
しかもね、なんか書いてることっていうのはコピペできるからね、どっかからか。
それで本当にその人が言ってることかどうかもわからないようなことで会話をしているっていうのはね、だからまあせめてね、ズーム上で話をするとかだったらいいんだけど
ズームで顔出しでね、でもまあ顔出しにしたってそれだけだからね、本当難しいんじゃないかなーってね、ちょっと最近思ってますね。
でやっぱりそこに依存をしてしまうっていうことになると、どうやって本物の人間付き合いというのを学べるんだろう
みたいなね、そこしかなくって、みんながそこにしかいなくて、どこに行けばじゃあ本物の人間付き合いってできるんだろう
前はオンラインがなかったから、インターネットがなかったから、めちゃくちゃ人と会わなきゃいけなかったし
ああだこうだって言って、ペンで書いたり、紙に書いたりすることとかをやり取りしたりとか、メールぐらいはあったけど
実物を持ってきてくれないと困りますからとかね、いろいろ仕事のところでもね
今だったら写真で極めて近いものが見えちゃったりとかするから、もしかしたらそういうやり取りも必要なくなったりだとか
質感とか触ってみなきゃわからないものとかもいっぱいあるんだけど、そういうのもしないで
物事が進んでいったりとかするんだろうなみたいな、そうしたらちょっと考えてみると、どうやってじゃあ本物の人間関係を
習得できるんだろう、習得というか、より良いというかね、生きた人間関係を
作っていけるのだろうか、考えちゃいますね、本当にね、ということで、私もオンラインではあるんですけれども
オンラインでの人間関係の限界と生きた人間関係
ライブでね対談とかをされている先生方とか、いろんな研究者の方とかの話を聞くのがすごく好きで、やっぱり大切にされているのを
皆さんにやっとコロナで直接お会いできるっていうことがあるので、いろんなところでね、私が前ご紹介したというか、インタビューに来ていただいたダイマリちゃんとかがね
隣町カフェっていう、どこにあるの?東京にあるところでもほとんどの毎日のように対談されて
対談が行われていて、ほんと隣に住みたいんですよね、隣町コーヒー、隣町コーヒーと書いて隣町カフェって呼ぶみたいなんですけど、あとは
ビー&ビーか、ビー&ブックスかな、あの下北の
ボーナストラックの中にある、あそこでもほんと毎日のように対談していらっしゃるみたいで、もうあそこのボーナストラックの中に住みたい
だからどこがいい、あと青山ブックセンターでも対談されていて、もう本当そういうお話とかを聞いていると
本当にいいでしょうね、やっぱり皆さん研究されている方たちが
ご自身の研究と 同じところのレベルで会話をされているのを見ると
テニスでいうプロフェッショナルの グラウンドスラムとかを見ているのと同じなんですよね
パンパンパンパンで途中で止まってみたり、うーんって考え込んじゃう方がいたりとかね
いやーその、そのなんかやっぱり突き詰めている、そこまで行っている方たち同士のね
対話はねやっぱり痺れますね、もうねそれちょっと本当最近ねそこにお金を使いすぎていて困ったなぁって今度ね
ちゃんとまた そこどうしよう
バイトに行かないとダメかなぁみたいな感じなんですけど はいということでそういうねなるべくね
会えるのであれば 人と会って振り合って振り合っていくのがいいんじゃないかなーとかって思ったりもしたりしますね
はいということでちょっと 長くなりましたけどあとは雑音もすごかったねまだ今まだ
えーと車で息子をね 学校まで送って行って
でねまぁハプニングがあるわけですよ本当に えっと今日バスね
今サマープログラムを息子撮っていて まぁこういつものね定期的なバスと違うので運転手さんとかも変わるわけですよ
それでバスも変わってたみたいで今日朝ね でうちの息子
なんか違うバスだったから乗らなかったとか言ってもどうなっているのかわからないよね だからさあの運転手さんにちゃんと聞けばいいじゃないって思うでしょ
ね思うよね娘だったら絶対ちゃんと聞くんです そうこともあるかなぁとかって想像力が働くので
あサマープログラムだし
ドライバーさんも変わってるかもなぁとかってそういう想像力が働くわけですよ だからうちの例えば娘の場合はちゃんと
あもしかしてこれせあの学校行く 学校行くバスですかって聞いたりとかして私はあの
プログラム撮ってるんですけどとか言って説明をして話をすればもうそれがバスだって わかるんですよ自分のけど息子は
違ってたから
運転手さんも何も言わなかったし何も言わなかったしってどういうことでリストを 見せてもらったんだけど僕の名前なかったし
もうさここでコミュニケーションブレイクダウンでしょ こういうことがえっと簡単に大人の世界でもあると私はほんといつも思ってるんです
配信について
けど ちょっとのちょっとのお互いの想像力であこの人はこういうことでこういうことを言ってるんだ
よなってこういうなんかこの人の この人のなんていう立場的にこんな感じだからきっとこういうこと言ってくるんだよね
じゃあこうじゃないですかってその辺のさ お互いをお互いを本当に分かり合おうとした時にいろんな想像力を働かせて
ねえ会話ができていけば いろんな問題はね解決するんじゃないかとか思いますけれどもまあしょうがないですね
はいということでえっと今日も最後まで聞いてくださってありがとうございます なんと昨日お願いしてみた星の数がやはり1日でも何個か増えておりまして
皆さんありがとうございますご協力いただきまして でもしね本当にあのあのねいいなって思わなかったら本当に押さなくていいんですけど
なんかちょっとでもねなんか よかったなって思ったら聞いててよかったなって思ったら
いいねを押していいねというか評価の高評価ボタンを押していただけると大変大変 嬉しいです
あとはこういうふうにお願いしてみた時にどういうふうに反応があるのかなっていう 一応実験という感じでもありますので
リスナーの皆さんご協力お願いいたしますそれであの声のでポッドキャストねやっぱり始めて なんかいろんな方あのこれからもね
あの特にまあ私たちよりも年代が私たちは私よりも年代の高い方たちにもね お勧めしていきたいわけなんですけどまだね私も経験が浅いので
まあ 絶対た方がいいよとかってちょっと全然ポッドキャスト聞いたことのないような人に言え
ないのねまだ あのリアルの友達とかでもだからそういうのでねあのやっぱりポッドキャストこれからも
もう絶対いいよねだってアプリ簡単だし話してると楽しいしね色があの 自分のこともね見つめ直せたりとかもするからだけどまぁ
まあそれはしてないけどね私はね見つめ直すというかこんなこと言ってたなぁっていう 感じですって言ってなんか2年前のを聞いたりしてなんかこんなこと言ってたんだ
みたいなねびっくりするみたいな感じですけど まあそういうことでまあいろいろあるでいいことがあるのでお勧めしたいんですよねそれで
その時にまあ頼んでみるとなんかリスナーさんいいね押してくれるよとか言って言う ねお
お話のなんていうのはネタにねしたいと思ったりもするのでもしよかったら高評価 ボタンお願いしますあとフォローとかもしていただくとができるのかなそうだよねフォロー
とかもしていただくとあの配信本当不定期なので えっと配信され
された配信されて配信した時にはなんかあの ノッティフィケーションが行くと思いますのでということでまたね雑談で何分話してます私
すごいね えっと
はい30分お家にもう少しでねつきますけれども今日も最後まで聞いていただいて ありがとうございました
はじめの挨拶
皆さんね本当に良い1日をお過ごしくださいませ今日はたまたま月曜日ですけれども はい
今日ちょっとね あのほんとダジャレで朝ツイッターに
おはようございますマンデーとか書いちゃって 自分でも
もうみたいな感じになってたんですけど ねえ
そういうことを言い始めたらもうおばちゃんですよ本物の まあそういうことでおはようございますマンデー今日も良い1日をお過ごしください
ませんまたねーばいばい
29:35

Comments

Scroll