1. めちステ
  2. vol.00 podcastおもしろいねっ..
2023-05-16 11:06

vol.00 podcastおもしろいねってはなし

voice logとしてのぼっちポッドキャスト始める気になったよってしゃべってます

個人的なポッドキャストを始めるきっかけ
突然なんですが、ボイスログ的なポッドキャストをやろうと思いついて始めました。
こんな朝のね、5時とかにね、思いついたらすぐやりたい性分なもんで。
私はめちこって言いまして、私が何者なのかっていうのはあんまり重要じゃないと思うんですけど、
このポッドキャスト、ごく個人的なものなので。
あの、私はただの人なんですが、昨年末からちょっとした成り行きで、
お友達のカッパさんと、カッパと人妻の夜っていう雑談ポッドキャストをやってまして、
これがね、すごく楽しいんですけど、相方のカッパさんがこのところちょっとお忙しくなっちゃったのと、
ちょっぴり体調不良も重なられて、心配してるんですが、
しばらくポッドキャストをお休みされることになっちゃいまして、残念ながら。
で、このカッパと人妻の夜で、私は一応人妻ってキャラで喋ってて、
カッパさんがお休みされてる間、人妻のソロ回で繋いでてもいいんですけど、
やっぱカッパと人妻の夜って、2人の雑談が面白いものだと思ってるんですよ、私は。
2人だからね、話が広がってて、思いがけない楽しいお喋りになって。
だからカッパさんのお休み中に間を埋めるために、人妻のソロが続くのもなんか違うなーって思ってて、
ていうか私がね、そうしたくないだけなんですけど。
カッパと人妻の夜はちゃんと2人で作るコンテンツでありたいって思ってるんですね。
で、このポッドキャストやってるうちに気づいたことがありまして、
私このカッパと人妻の夜で初めてポッドキャストで喋ってみたんですけど、
ちょっとね、喋るのって面白いんですよね。
あと結構私喋れんなーって気づいて、
自分で言うなですけど。
鼻声だし滑舌悪くて自分の喋り好きではないんですけど、
そこはちょっと大目に見てもらって、
それはそうと楽しいんですよ。
でね、2人でいろいろ喋ってるんですけど、
喋りたいことってもっともっとあってて、
継続することの大切さ
ただなかなか機会がないなーって、実際。
だからそういうのを小出しにしていく感じで、
日記みたいにポツポツやってったら面白いかもーって思ったんですね。
娯楽とか趣味の一環として。
個人的なのをやろうって思いつきなんですけど。
で、カッパさんとのポッドキャストの方でも言ったんですけど、
私一度始めたことってできる限り続けたい人間なんですよ。
なのでこのぼっちポッドキャストも、
もうやる必要ないって自分でジャッジするまでは続けると思います。
でさ、ポッドキャスト見るとさ、
もう1000回近くとかやられてる方とかいらっしゃったりするのね。
やーばいよね。かっこいい。
もうね、シンプルにすげーって思う。
だって1000回近くやり続けたら、
その境地じゃないと見えない景色ってあるじゃないですか。
見てみたい。
そこにたどり着くまでにいろんなことも起こるだろうし、
私本当に本当に継続は力なりって思ってるし、
実際感じていることもあるんですよ。
だから、やるからには何事も継続してやり続けたいんです。
ちょっと話それちゃうんだけど、
私趣味で創作してて、文書いてるんですよ。
ピクシブに置いてるんですけど。
ポッドキャストの内容とタイトル
どれもね、基本的に1万字以上、
平均3万字ぐらいかな。
そういうのをね、1.5ヶ月に1つアップし続けてるんですね。
過去4年。
で、今たぶん63作ぐらいあって。
R18タグの数見たらそれぐらいあった。
これがさ、100作いったらやばいと思いません?
やばいですよね。もう自分すげーって感動できると思う。
だから、実は誰にも言ってないんだけど、
100作地味に目指してます。
本当にただの趣味なんだけど。
長いもの書いたら苦しいし、
エネルギーも超使って寿命削ってんなって思うこともたくさんあるんですけど、
その先の境地の景色を見てみたいみたいな。
ちょっと登山に似てますね。
登山とかしないですけど。
だからね、話戻って、
カッパさんとポッドキャスト始める時も、
まず最初に宣言したんですよ。
やるからには私は永続的なものとしてやるよって。
で、カッパさんはカッパさんちの事情もあるんで、
半年とかキリいいとこで終わるって考えられたみたいなんですけど、
そこは大きくズレがありましたね。
まあいいんですけど。
実際にカッパさんがお休みされることになって、
でも私はポッドキャスト自体は続けたいって思ってるから、
こうやって個人的なやつやるかーってなった部分もあります。
もちろんカッパと人妻の夜は終わってないです。
あくまでもカッパさんがお休みされてるだけで、
また作れる時にやろうねーってのんびりやっていくつもりでいます。
で、この私のソロというか個人的なポッドキャストではですね、
喋っていく内容はね、ノンジャンルのつもりです。
何でもあり。
みんな日々すごい思考してません?
シンキング。みんな。
そうでもないのかな?
自分もね、常にいろんなこと考えてて、
それも別にいちいちツイッターに書いたりしないから、
浮かんではどんどん消えていくみたいなことがたくさんあって、
そういうものをちょっとずつでも記録していけたら面白いかなーってぼんやり思ってます。
ちなみにポッドキャストのタイトルなんですが、
めちこのポッドキャストだとちょっと味気ない気がして、
皆さんつけがちななんとかFMとかなんとかラジオっていうのもちょっと定番って感じがして、
めちラジとかゴロはいいんですけど、
ラジオじゃなくない?みたいな気もしてて、
なんで暫定的にめちステで行くことにしました。
Mステみたいな。
Mステほどゴロよくないんですけど、
あのMステね、推しの曲がずっとテーマ曲に使われたりするんで、
皆さんも一度は聞いたことがあるかもしれない。
アーティストさんたちが階段降りてくる時の曲です。
なんでね、私は私のMステ、めちステで行こうと思います。
ただ気まぐれなんである日突然変えたりするかもしれません。
でね、こんなこと始めたくらいなんで、
メディアの魅力とポッドキャスト
ポッドキャストって面白いなーって思ってるんですよね。
メディアとして好きです。
ちょっと話変わっちゃうんですけど、
さっきもちょっと言ったんですけど、
私、趣味で創作してまして、文章を書いてて。
主に二次創作と一次創作っぽいのも書いたりするんですが、
あの創作、特に二次創作の界隈だと、
大きく文章と絵。
あのイラストとか漫画とかっていう2つの手法がありますよね。
文か絵かっていう。
私はいわゆる字書き?文字書きなんですけど、
このポッドキャストとかラジオ的なものと文章?
特に読む行為って親和性あるなーって思ってるんですよ。
あのポッドキャストの対っていうのかな?
反対ってほどでもないけど、
反対側にいるのが、
YouTubeみたいな動画コンテンツだと思うんですよね。
あのさっきの創作の話に絡めると、
YouTubeみたいな動画って、
いわゆる絵?漫画?イラスト的なんですよね。
パッと見てわかる。
主に視覚で受け取る情報じゃないですか。
漫画とかだとね、セリフを読んだりとかしますけど。
実際、ポッドキャストは読むものじゃなくて、
聞くものなんだけど、
聞き手って、その話されている内容を想像する余地、
余白があるじゃないですか。
それが文章を読むことと似てるなーって思ってて。
ポッドキャストを聞くと、そのホストさんが話している内容を想像するんだけど、
その他にも、この人どんな人かなーとか、
おっとりしてる人だなーとかさ、
逆にせかせかしてるなーとか、
今眠そうだなーとか、
ポッドキャストと動画コンテンツの比較
なんかすごい楽しそうだなーとか、
喋り方とか声とかから、
いろんなことを想像できるんですよね。
この想像の広げ方が、読書体験とちょっと似てるっていうか。
それが楽しいんですけど。
動画だと基本的に見たまんまなんだけど、
ポッドキャストはこちらの想像する余地があるのがすごく楽しいなーって思えてるんですよね。
でも多くのポッドキャストが、
もう顔とかお名前が外に出てる公人の方がやられていることが多いんで、
多少は顔とか分かっちゃってたりするんだけど、
それはそうとしても、もっとパーソナルな人柄とか、
雰囲気とか、おしゃべりからのバイブスっつうんですかね。
そういうのを想像する楽しさってあるんですよね。
やっぱ私は文章を書いたり読んだりしたい人間なので、
youtubeとかの動画コンテンツより、
ポッドキャストの方が面白みを感じるっていうか、
そういう想像力を遊ばせてくれるメディアってことで、
ポッドキャストは読み書き趣味と親和性高いなーって思ってるんですね。
あの、youtubeも見るんですけど、
ただ、youtubeの動画とか辛抱強く見てられないっていうか、
自分ちょっとせっかちなんで、
導入とかいいから要点まとめてテキストでくれーとか、
先に結論を教えてくれーとか思っちゃうタイプなんで、
あんまりね、動画コンテンツを楽しむことに向いてないんでしょうね、たぶんね。
それ考えると、ポッドキャストとかラジオ的なのって、
ながら聞きができるのもやっぱいいですよね。音楽みたいに。
視覚を占有されないから、
仕事しながらとか、家事しながらとか聞けるのがいいですよね。
あのさっき動画コンテンツは創作で言う絵、イラスト、漫画とかに
パッと見てわかる点で似てるみたいなことは言ったんですけど、
動画コンテンツと創作の比較
創作の方の絵とかに関しては、
youtubeみたいにそんなことより結論くれとかそういう考え方をしてるわけじゃないんで。
動画は時間を持ってるコンテンツなんで、
どうしても端折ってくれって思いがちなだけで、
端折ってくれって思いがちなだけで、
まあ見たいところまで飛ばせばいいんですけど。
あ、でも全ての動画が楽しめない性質なわけじゃないですからね。
ドラマとか映画とかライブ映像とかちゃんと見れますからね。
なんか言い訳っぽくなっちゃったけど。
でまとめると、肉声で記録するっていうポッドキャストがね、
喋るのも聞くのも面白いよねって思ってますって話でした。
以上です。またなんか気が向いたら喋ります。
ばいばーい。
11:06

Comments

Scroll