2024-06-12 07:06

フォロワー1,000人未達成はクソだと言われた話

▼内容
3年前に言われた衝撃的なメッセージと、これからのSNSとの付き合い方について。

▼ニュースレター:外貨稼ぎラボ
https://gaika.m-newsletter.com/pages/about

▼ポッドキャスト:外貨稼ぎラボ
https://stand.fm/channels/665c6b2e316143a77157f685

▼ヒカキンやZOZO前澤さんもフォローするXアカウント
https://twitter.com/kuromasuo

▼ニュースレターをはじめる前に読む教科書
https://payhip.com/kuromasuo

▼質問はこちらから(匿名でOK)
https://marshmallow-qa.com/kuromasuo?utm_medium=url_text&utm_source=promotion
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/6180be3b3db982af526c5901
00:06
皆さん、おはようございます。くろますおのNEXT NOW、今日も始めていきます。よろしくお願いします。この番組は、海外トレンドを先取りして、本業や副業に活かしたい方向けに、アメリカから毎朝4時にお届けしています。
ということで、今日のテーマなんですけれども、今日はフォロワー1,000人未達成はクソだと言われた話、このテーマでお話をしていきたいなと思います。
たぶん、地元ではApple AI、インテリジェンスですね。Appleが昨日から発表したAIというのを、結構いろんな人が話されていると思うので、それは他のところを見てもらえばいいかなと思っています。
今日は、フォロワー1,000人未達成はクソだと言われた話というのと、それを踏まえて、これからどういうような情報発信が刺さっていくのかみたいなところの話をしていきたいなと思います。
興味ある方はぜひ聞いてみてください。ということで、これね、僕がフォロワー1,000人未達成はクソだと言われたということなんですけれども、これ誰に言われたかというと、池谷さんなんですよね。
ちょっとこのエピソードを少しお話をしていきたいなと思うんですけど、最近池谷さんがAIを使って自分のニュースレター、メルマガというのを書き換えていると思うんですね。
そういう発信をいろんなところでされていると思うんですけれども、実は僕はあのメルマガを3,4年前ぐらいに公読していたんですよ。
本当に2,3日に1回ぐらいかな、自分のメールボックスに送られてきていて、情報発信をしたての僕というのはそれを読みながら、いろいろと考えたり行動したりというのを当時していたんですけれども、ある日のメルマガというのがめちゃめちゃ刺さったんですよね。
それが何かというと、今日のテーマであるフォロワー1,000人未達成はクソというテーマのメルマガだったんですよね。
これ僕の解釈なので、実際にはそういうような、またちょっと文言が違ったかもしれないんですけど、とにかく僕はそう言われたような気がしたんですよ。
具体的に言うと、アカウントを開設して1年以内にフォロワーを1,000人達成していないアカウントというのは失敗アカウントだから作り直した方がいいよみたいな感じのメルマガの内容だったと記憶しています。
僕がそのメルマガが自分のメールボックスに届いた時っていうのは、多分1年後、Twitterのアカウントを開設して1年以上経っていて、しかもまだフォロワーが1,000人以下だったと思うんですよ。
僕のフォロワーの推移で言うと、1,000人を達成したのが1年4ヶ月くらいかかりましたね、1,000人達成するのに。
そこからさらに1,200人達成増やすのに半年かかったんですよ。
そこから運良くNFTの波みたいなところに乗れて、3ヶ月でさらにそこから1万人ぐらい増やしたっていうのが僕のTwitterのフォロワーの経緯なんですけども。
とにかくここで言いたかったのは、僕は1年達成してもフォロワー1,000人に満たなかったし、当時の池谷さんに言わせると、そんなアカウントは失敗アカウントだとクソだと、そんな感じだったんですよね。
それが結構僕にとっては当時グサッときたんですよね。
数日ぐらい悩んだんですよね。
どうしよう、このクロマソンっていうアカウントを1回閉じて新しいアカウントにした方がいいのかな、どうなのかなって考えたんですけれども、結局それをするのがもったいないなっていうような、いわゆるちょっと損切りできなかったっていうのと、
03:10
あとはもう少し頑張ってみたいなっていうところがあったので、僕は実際にそのアカウントを続けて今に至るというような感じなんですよね。
当時、これやっぱり3,4年ぐらい前の内容なので、やっぱり今は若干このSNSのアルゴリズムとかっていうのもすごく変わってきてるし、
今いわゆるレコメンド型っていうようなものになってきてるし、簡単に1,000人とか特にTikTokとかああいうのを利用すればいくような時代になってきたと思うんですよね。
なのでやっぱり当時とかなりこのSNSの外部環境っていうのは変わってきてると思います。
なので、今これを井谷さんがこうやってAIを使って書き換えてることに対して、そういうようなところのリライトっていうか押してるかどうかわからないんですけれども、
僕は今これどうだろうな、この内容があっておいても別にあんまり気にしなくてもいいよっていうのを個人的には言いたいですね。
じゃあ実際何をするかっていうところをあわせてお話をしていきたいなと思うんですけれども、いわゆるクローズドなSNSっていうのを一つ二つ育てておくっていうのは結構大事かなと思います。
具体的に言うとニュースレター、あとは音声、ポッドキャスト、もう一区はあとはコミュニティですね、この辺りっていうのが非常に気になるかなと思っています。
この辺がもし、この辺でもし例えば10人とか20人とかそういうような高読者とか登録者がいるのであれば、僕はそれは結構フォロワー1,000人にも匹敵するような数かなと個人的には思っています。
っていうのはさ、やっぱりさっきも言ったように今やっぱり外部環境的にSNSのフォロワーっていうのはあんまり意味をなさなくなってるなと思うんですよ。
特に僕なんかも1万人くらいフォロワーいますけれども、実際多分ね、僕がツイートした内容でリーチできる人ってそんなに多くないと思うし、多くないと思っている肌感があります、当時ね、僕がすごく伸ばしてた頃と比べると。
なので、そういうところで発信をするっていうのももちろん大事なんですけれども、それと同時変更でやっぱりそういうニュースレターとかね、こういう音声とか、僕がそっちの方に力を入れてるっていうのはやっぱりそこの方がね、よりコアな人たちに届きやすいというか、
逆にそこに届けばね、いいんですよ、いいんですよっていうのもあれなんですけど、いいと僕は思ってます。
なので、今ね、例えばSNSなんか仲間見ないなとかって悩んでる方もいると思うんですけれども、それはそれでね、侮辱に続けていくのは結構僕は大事だなとは思いつつ、一方でやっぱりこういうクローズなものを何か一つやっとけた方がそれはいいと思う。
で、これはね、多分これから3年5年っていうスパンで見たときに結構それは効いてくるかなと思うので、結構この辺りっていうのはね、僕も注力してますし、是非ね、まだやってないという方はやってみたらいいかなと思います。
特にニュースレターかな、この辺りっていうのはね、実際文字を書くっていうところですごくTwitterとかね、そういうところとの相性もいいですし、やってみるっていうのは非常に面白いんじゃないかなと思いますので、
で、実はね、このニュースレターを書くための教科書みたいなのを実は過去に作ったんですよね、なので今日はそちらのほう、概要欄のほうに貼っておくので、ちょっとニュースレター書いてみたいなとか、そういう方は是非そちらのほう手に取って見ていただければなと思います。
06:06
たぶんね、確か2時間、ちょっと結構前に作ったんであれなんですけど、2時間くらいの動画講義になっていて、1500円くらいで確か出してたかなと思います。
ちょっと僕も最近それ見てないんであれなんですけれども、ニュースレターなんで来てるのかとかさ、あとはテーマの選び方とかね、そういうところっていうのをざっくり見れるようになってますので、もし興味がある方はそちらのほうで見てみてください。
はい、ということで今日はこの辺りにしたいなと思います。
はい、ということで改めてなんですけども、外科稼ぎラボっていうニュースレターをやってますのでそちらのほうも概要欄に貼っておきます。
今週もまた1つ出します。
今週はあと3つインタビューをするので結構ストックが溜まってきたんですけれども、7月中旬以降くらいのストックがまだないので、もしまだこの方がいいんじゃないかなという方は是非紹介していただけると嬉しいなと思います。
はい、ということで今日この辺りにしたいなと思います。ご静聴いただきどうもありがとうございました。
07:06

Comments

Scroll