1. Koide's That's Done
  2. 開発合宿そしてThe Smithsやモ..
2023-07-02 10:18

開発合宿そしてThe Smithsやモトリー・クルーのビンテージTシャツ

2023年7月1日〜2日で湯河原にある「おんやど恵」にて開発合宿をしてきた話です。あと僕の中でビンテージTシャツブームが来てしまっている件。お金がいくらあっても足りない〜

Summary

7月1日から2日にかけて、温宿めぐみで開発合宿を行いました。エンジニア、デザイナー、ディレクターなどの中心メンバーと共に、リモートワークの課題とその解決策を共有しました。

「おんやど恵」での開発合宿
新しいサービスをですね、開発したいなと。
会社でですね、開発したいなと思っていて、
この土日、7月1日、2023年の7月1日、7月2日、土日、2日間かけて、
エンジニア、デザイナー、ディレクター、
バックオフィスをやっている人たち、中心メンバーですね、
数名で開発合宿をしてきました。
めちゃくちゃ楽しかったし、充実した2日間だったなと思っていて、
仕事やっててよかったなと思っています。
場所はですね、湯河原にあります、温宿めぐみという温泉宿ですね。
ここに行ってきた感じです。
ここに来るのは2回目で、
今、僕がやっている会社のメイン事業のサービスもこの温泉宿に行って開発っていうのをしました。
これ2年前かな、開発して、今も普通に営業とかやってるんですけど、
今のところ結構うまくいってるビジネスにもなっています。
縁の良さも感じていて、
もう1回新しいサービス作るのであればもう1回そこに行こうかというところで、
2年ぶりに「おんやど恵」に行ってきたという感じです。
話したいなと思っていたのが、
今のリモートワークがかなり増えています。
プロダクト開発する上において、
リモートが良いのか対面が良いのかっていうのは、
割と最近いろんな場所で語られているかなと思っています。
サイバーエージェントの藤田さんとかも、
やはり顔を合わせてやらないとなかなか新規の企画ってできないよね、
みたいなことをおっしゃっていたかなと思うんですが、
私がプロダクトを作るときは、
何よりも最初にやることは課題ですね。
いろんな業界に課題というのがいっぱいあるんですけれども、
まずその課題というのを言語化したり見える化して、
開発メンバー全員で共有する必要というのがあるかなと思っています。
これものすごい大事な作業で、
これがないままプロダクト開発を行っちゃうと、
芯を食っていないサービスになっちゃうことが結構あるんですね。
なので僕はすごいこの課題感の共有というのを最初にやっています。
リモートワークの課題共有
課題感を洗い出した後は、
今ですね、業界の人はどんなツールを使って、
どんなやりとりが行われているのかと、
彼らはどんな悩みを抱えているのかというのを把握する。
これが二つ目の作業になるかなと思っています。
ここの課題の共有と、いわゆるペインと言われますけど、
こういったどんな悩みを抱えているのかということをですね、
これを把握するのってかなり重要で、
私はここにかなり多くの時間を割くことが多いです。
それができたら、やっとその後に開発用の要件定義を行って、
実際にコーディングを行っていくという流れになるかなと思っています。
実際にコーディングとか要件定義っていうのは、
リモートでも全然できるかなと思うんですけど、
先ほど最初に話した課題の洗い出し、それからペインの共有ですね。
これはリモートではちょっと無理かなと思っています。
やっぱり開発を行うで進めで、顔を突きつけ合わせて、
課題感を炙り出していくっていう作業をやると、
よりクリアになる、プロダクトの精度が上がるんじゃないかなという気がしています。
今回我々も到着した後、数時間かけて全員でその課題感を共有するという、
3時間くらいやりましたかね。3、4時間くらいは集中的にやっていたような気がします。
その後、温泉宿なんでご飯が出ると。
ここでもみんなご飯食べて、最近どうなのみたいな話をずっとすると。
その後、温泉なので温泉入って、また再開みたいな感じですね。
別に何時までやってもいいんですけど、眠くなる限界まで各自作業しているという感じでした。
僕は朝の3時半でノックアウトですね。
このいわゆるオンイアドめぐみさんなんですけど、
この宿のいいところはですね、おすすめポイントがあって、
開発合宿ができることを結構謳っているんですね。
開発合宿で住めできますというふうに予約をしておくと、
到着すると結構広めの宿泊する部屋とは別で用意されています。
デスクも椅子もありますし、大きめのモニターも置いてあるので使えます。
それからホワイトボードもちゃんと用意してくれるので、開発合宿に打ってつけですね。
お部屋自体はチェックインからチェックアウト日の12時まで使えます。
チェックアウト自体は9時半なんですけど、その開発部屋は12時まで使える。
あと温泉もチェックインしている宿泊中の間はずっと入浴できますし、
隣にコンビニがあるのが意外とありがたい。
もう限界だとコーヒー飲みたいな、朝4時だなという時に、
田舎の温泉宿とそういったコーヒー飲めないこともあるんですけど、
すぐ隣にローソンさんがあるのですぐ買いに行けるというのは最高だなというふうに思っています。
お値段が6人で1泊2日食事付きで13万円くらいだったかな。
全然安いですね。
経費で、開発経費として考えると全然高くないなと思っています。
今後もタイミングを合わせて使っていければなというふうに思っています。
ユガーラは僕は楽しくて、古着屋さんが近くにあって、
メンバーを置いてごめん行ってくるわと言って、古着屋さんに寄りました。
結構レア物っぽいザ・スミスとガンズ&ローゼンズのTシャツが売ってましたね。
即買いしちゃったんですけど、多分リアルなものですね。
イミテーションじゃなくてリアルだと思うんですけど、
結構安すぎて、これ大丈夫なんですかねと不安になって、
4,000円くらいで買いました。
1万4,000円で買えた感じです。
僕の中で、今どうでもいいんですけど、
結構ビンテージバンドTシャツブームが僕の中で来ていて、
急に来ましたね。
もうバンドTとか着ないぞと思ってたんですけど、
バンドTブームがやってきちゃいました。
先日は名古屋でお仕事の前に古着屋さんをうごろしてたら、
パールジャムっていうアメリカのグランジバンドですね。
このTシャツも売ってるのを発見して買っちゃいましたし、
下北沢ではですね、
モトリクルーのドクターフィールグッドの時のTシャツと、
ガールズガールズガールズの時のTシャツを買ったと。
何の話だよと。
2023年にこんなバンド聞いてるやついるんかと思うんですが、
モトリクルーは11月だったから、
デフレパードと一緒に来日します。
僕はですね、クリエイティブマンさんの3A会員なので、
当然申し込みまして、
SS席、かなり前方で見るという感じですね。
弟と一緒にモトリクルーとデフレパード見に行くので、
ちょっと気合を入れようということで買いました。
なんで今更こんなTシャツを買い続けているのか、
自分でもよくわかりませんという感じです。
Tシャツの話はどうでもいいんですけど、
開発合宿は本当に面白いですね。
これはなんかライフワークにしていきたいなと、
僕はいつも思っています。
なのでそんな感じでした。
この土日は仕事をして、明日からまた平日ですが、
仕事をする感じです。
頑張ります。
それでは。
10:18

Comments

Scroll