1. いつものデザインのはなし
  2. #25 - 眠りと夢【いつものデザ..
第25回目は「眠りと夢」😪💭 以前に取り上げた「デザイナーの睡眠」の続編です🧚🏻‍♀️✨ 今回は「デザイナーの見る夢」について深掘りました❗️ カラーや登場する事柄など、デザイナーの創造力は夢にも反映されるのか⁉️ いつもよりちょっと不思議なお話しをお楽しみに…😏 ▼CONTENTS ———————————————— () - デザイナーの見る夢の色とは () - 夢の役割ってなんだろう () - 虫が出てくる夢を見る人は●●● () - ファンタジックな夢の記憶 () - 現実にリンクした夢の記憶 () - 夢を見る必要性について () - 明晰夢に挑戦した話 () - 夢はひらめきの一助かも ———————————————————————— ↑時間をクリックするとジャンプできます!

【番組概要】
🕛第2・4水曜12時ごろ配信しています!(月2回配信)
このラジオはフリーランスのデザイナー、
「つる」と「ばちこ」がお送りするデザイントーク番組です。
ふだんのデザインの話から日常のことまで、
ざっくばらんに語り合っています。

【番組SNS】
番組情報や収録の裏側などをつぶやいています!
お気軽にフォローしてください。
デザインについてのお悩みや
ご質問・ご感想などお便りもお待ちしております。
[Instagram]⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://www.instagram.com/itsumono_design/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠
[X]⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/itsumono_design/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

——————————————————————
【つる】
フリーランスのグラフィック/Webデザイナー。
ロゴやフライヤー、Webサイトの制作などを行う。
シンプルに整理されたデザインが好き。
[Instagram]⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://www.instagram.com/takumi.tsurumaki/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠
[X]⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/takumitsurumaki/
——————————————————————
【ばちこ】
グラフィックデザイナー / WEBデザイナー / イラストレーター
いくつかの会社勤務を経て、フリーランスでやんわりと活動中。
長崎うまれの大阪経由なので方言が変です。(西寄りではあります)
[Instagram]⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://www.instagram.com/bachiko85/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ [X]⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/bachiko85/

--- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/itsumono-design/message

Summary

デザイナーの夢をテーマにして、夢の役割や夢の内容について話し合っています。バチ子さんのイマジネーションが夢に反映される話から、夢の役割や夢のコントロールについて考えています。夢の中で自分でデザインすることができるという面白い話をしています。夢の中で自分の意識をもち、夢の中でも働くことができれば、それが現実にも影響を与えるかもしれないと考えています。

デザイナーの夢の解釈
いつものデザインの話。
このラジオは、フリーランスのデザイナー、鶴戸芭晶子がお送りするデザイントーク番組です。
普段のデザインの話から日常のことまで、ザックバランに語り合っています。
はい、始まりました。いつものデザインの話。今回は第25回目になります。
芭晶子さん、よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
はい、今回のテーマはですね、眠りと夢、です。
眠りと夢。
ちょっとなんか不思議なというか、ファンタジックなタイトルですね。
何回か前というか、たびたび睡眠とか、そういう話してて、
その流れで、デザイナーと睡眠の回かな、最後にちょっと夢の話になったと思うんですけど、
これ結構もうちょっと深掘れそうだよね、っていう話をして、
であれば、違う回でちゃんと眠りと夢ってのはやったほうがいいかなって思ったんで、
それを今回、眠りと夢っていうワードで区切ってやろうかなっていうことになりました。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
はい、そうなんですが。
はい、夢ね。
そう、夢。
前回結構中途半端な聞き方になっちゃったんですけど、
かちこさんは夢を見るときはカラーで見るか、モノクロで見るか、みたいなの聞きましたよね。
うん。
で、そのとき確かカラーで見るっていう。
はい、私はバリッバリのカラーです。
バリッバリのカラー。
うん、バリッバリの。
それ、自分でどういう感じで認識してるもんですか?
うん?
うん? あ、いや、うんっていうかその、
どういうこと?
つまりですね、カラーっていろんな表現があるじゃないですか、
例えば、フルカラーっていうのと、2色、3色だけのカラーみたいな、
そういうカラーね。
ジュオトーンとか、
はいはい。
なんかそういうカラーとかってあるじゃないですか、青写真とか、
はいはい、あるね。
セピア風のカラーだったりとかっていうのがあると思うんですけど、
完全に今、目の前に見えてるような感じでフルカラーで見えてると思うんですか?
あ、でいうと2パターン。
2パターン。
うん。1個はバリッバリのフルカラー。
バリッバリのフルカラー。
バリッバリの。
もう1個は、ちょっとセピアっぽいかもね。
あ、やっぱそういうのってあります?違い。
あったあった。
うん。
なんか、ほんとに、そう。
あ、やっぱそうですか。
うん。
まあまあ、聞いた理由としては、僕もそうで、
フルカラーっぽく見えてるなって印象があるときもあれば、
ちょっとモヤがかかってるような青写真というか、みたいなときもあって、
そういう違いがあるんで、どうなんだろうなって。
え、なんかあるのかな?
そうそう。
やばい。
なんかそれが気になったんで聞いたんですけど、
逆にモノクロ。
モノクロの人っていうのは、ほんとにモノクロなんだろうかとか。
気になるね。
夢の意味合いと疲労の関係
で、今回は、デザイナーが見る夢っていうことなんで、
デザイナーってね、他の人よりこう、
イメージというか、のものをいつも考えてるから、
脳とかもそういう処理をしやすかったり、
フルカラーの人が多いのかな?なんて思ったりとか、
そういう話ですよね。
話をしてて。
ちょっとデザイナーの夢みたいなのを話そうって話してたんですけど、
だから、われわれは多分フルカラーで、おおむねカラーで見てる。
おおむねカラーだね。
え、なんか登場する?
登場。
登場するもの?
登場する。いや、それは登場しますよね。いろんなものがね、日々ね。
そうよね。
え、どんな夢見てんの?日頃。
ね、そう、いろいろ気になりますよね。
特にデザイナーの人っていうか、普段からそういうね、
頭の中でいろんなことを思考してるような人って、
なんか夢の解像度みたいなのとかも変わってきたりするのかな?とか。
私、夢の中でよく仕事してる。
すげえな。
ワーカー掘りって通り越しちゃってますね。
いや、だから、夢の中で、こうね、ラフやって、
で、こう色描いて、あ、よっしゃ仕上がったとか思って、
目覚めたら、あれ?
やってない、できてない。
なんで?
マジで、すごいですね、それね。
だから、でも、夢の中でも見えてるから、見たから、もう完成物。
だから、よし、もうこれを形にするだけよって。
マジで?え、すごいですね。
それあれじゃない?なんか睡眠学習に近い。
睡眠学習なの?これ。
よくほら、睡眠中に勉強できるみたいな、
ちょっとうさんくさい教材みたいなのあったじゃないですか。
よく雑誌の裏とかに、ああいうの字でやってるみたいな感じじゃないですか、それって。
かもしんない。だってほら、結局考えるのに時間かかるじゃん、デザインしてたら。
だから、その考えてるやつが、なんか夢で行われてるって感じかも。
きっすいのデザイナーだな。
夢の中で仕事してたっていう、なんかあんまり印象ないな、なんか経験ないな。
ない?ないのかな?
いや、それすごいですよ。
え、みなさんないですか?
ある人はあると思いますよね。仕事っていうところで言うと。
なんかこう、提出しなきゃいけないものとかあったりとか、影響をしてるとか、営業最中ですとか、あったりするんじゃないかなと思うけど。
直近であったよ、これがだから。
ほんとに?
だから、めっちゃ焦った。
終わった気持ちでいるからさ。
データどこかな?終わってないじゃん、みたいな。
うわ、それつら。まじで。
おかしいなって。
じゃあ、2回作ったみたいな感じなんですか?
もう疲労感いっぱいだよ。
すごいですね。
ほんとに。
デザイナーの豊かなイメージ力
そうかそうか。
なんか夢って、そもそもどういう役割を持ってるものなのかなって気になったことってありますか?
あの、すごく気にしてる。
気にしてますか?
すごく気にしてるから、あまりにも特徴的な夢見ると、夢占いで探すから、私。
そうですよね。そういうのはね、成功法というか、よくね、みなさんやられると思うんですけど。
やってると思う。私ももちろんやってるの。
そういうのは、どういう意味合いでですか?なんかこう正夢になったりだっていうこととか、ちょっとスピリチュアルな発覚だったりとかっていう、どういうことですと気になるんですか?
なんか、どういう気持ちなんだろうなっていうね。
なんかそれが、ほら、私の知らない気持ちが、もしかしたら夢に出てるのかもしれないって思うから、じゃあ、それはいったいなんだろうっていう気持ちで探してる。
あー、そうか。じゃあ、無意識を読み解くみたいなことかな。
あー、かもしれない。
無意識化で思ってる、自分が認知できない、そのなんか表層の下にあるものが、どういう意味合いを持ってるのかってことですね。
そうそうそうそう。私が意識してる私って、もう私でしかないんだけど、でも、それじゃないものってきっとあるんだろうなって思ってて。
そうですね。
でも、それがわかんないから、教えてもらうものでもないし、っていうときに調べるかも。
僕、そういうのあんまり夢占いとかやったことないんですけど、なんかこう思い当たるものとかあったりするんですか?自分で調べて。
あの、虫は思い当たるね。
虫?
うん。
虫が出てくる夢ってこと?
虫が出てくる夢。出たことある?
あんまないかな。結構あるんですか?
すごいいっぱいあるな、私。
ほんとに?
虫嫌いすぎて、虫の夢見るのかなとか思ってたけど、あれ実は違くって、夢占いで知られたら、めちゃくちゃ疲れてるよみたいな。
へー、そうなんだ。
ときに見るんだって。
どういう結びつきなんでしょうね、それってね。
わかんないけど、私が見る虫の夢は、まずバスに乗ってんの。バスにバー乗って、そしたら外側でめっちゃハエの大群々、バーって同じ進行ですごい走ってるね。
で、私はそれを見て、うわーってなってる夢。
ちょっとグロテスクな感じ?人によってはね。
それは疲れてるときなんだ。
らしいよ、虫の夢見る人は。
あと、私がせやせやね、夢の中でも寝てんの。
夢の中で寝てて、それでハッて目覚めて、で、外のベランダでボーって見てたら、いきなり、もう長さ50メートルぐらいのでっかいゴキブリが窓からパーンってまわって入ってくる。
うわー、こえー、まじで?
それは怖いな。
で、カーッてなって目覚めるみたいな。
うえー、それイマジネーションの力すごいですね。
こんな考えたことすらないのかもしれないな。
ちょっと涙出る。
あー、そうか。
とかね、蜂の大群に囲まれるとか。
なるほどね、こわ。
それは、でもそれを読み解くと、一つの例としては、疲れの象徴的なことで語られる。
うん、らしい。
あまりにも見るから、なんでだろうって思って調べたら、そうだった。
そうねー、たしかに。
夢ってね、不思議なもんだよね。ほら、あと、落ちる夢見ると、それも疲れちゃうときってよく言うかな?
あ、言いますね。
それ、僕も知ってんな。なんか、背が伸びるときとかにも聞いたことある。
あー、それそれそれ、そういうこと、そういうこと。
でも、そういう感覚なんだろうね、もしかしたらね。
あー、そうですね、自分の肉体側の、なんかその異変みたいなのが、反映されるってことはあるでしょうね。
いつものデザインの話。
デザイナーの夢見る夢、関係あるかわかんなかったけど、
でも、もしかしたら疲れてる人は見てるかもしれないね。
なんか、だいぶ想像力も豊かなんじゃないですか。
自分の頭の中に作るイメージの、かっこたるものがあるから、そこまでそのイメージが作られるというか。
のかな、とか思ったりするけど。
めちゃくちゃ覚えるんだよね、夢のことすごく。
なんか、足の裏にホッピングマシーンつけて、なんかだだっぴろい体育館で、ずっと一周飛んで、びょんびょん遊んでたりとか。
うさぎの形をしたでっかいマンションに、ニンジンがぶっささってるみたいな景色を、ぼやーって眺めてるだけとか。
それはでも、まさにデザイナーの見る夢っていう感じするけどな。
なんか、発想が違いません?それすごいですよ。
うさぎの形をしたマンション?
うさぎの形をしたおっきいマンションに、ニンジンがバンってぶっささってる建物。
めちゃくちゃファンタジックじゃないですか。
なるほど、なるほど。
かわいいとか言って。
たしかに、それはかわいい。
そんなファンタジックな夢見たことないな。
とか、見るよ。
夢とイマジネーション
じゃあ、それはなんだろう?やっぱバチ子さんの人となりっていうか、なんだろう?バチ子さんの生き方、イマジネーションっていうか、反映されてるって思いますね。
ほんとに。
見てるものとか。
それこそ、私のインスタのストーリーズのまとめにね、バチコラム23ってのがあるんだけど、それの一発目にもあるんだけどね。
いつかの初夢で、マジでシェンロン出てきたの。
シェンロン。
シェンロンが出てきたら。
めちゃくちゃ演技がいい。
ドラゴンボールのあのシェンロンが。
いや、でもその前にまず、白いヘビが上からファーって降ってきて、暗闇からワーってやってきて、
そしたらそのヘビがいきなりシェンロンにバンって化けて、
お前の願いを叶えてやる。
いいな。
叶える方法を教えようとか言うから、
マジですか?何ですか?それ教えてください。って言ったら、
それはって、なんかすごい、こうめっちゃ説明してくれてたんだけど、
全部忘れたような。
マジか。
おったいね。
でも、それが初夢だったんだよ、いつか。
すごい演技のいい夢ですね。
いやー、何があったかわかんないけど、でも、なんかそういうのとか、やっぱり、同じあれでもシェンロンなんだって思って。
ね、そうね。シェンロンだね。
うん、シェンロンだった、完全に。
緑ですか?金?
緑。
緑のシェンロン。
っていうか、ドラゴンボールで見る、もうまんまシェンロン。
ドラゴンボールのシェンロンって、ごめんなさい、色がね、結構あるんだよね、あれ、種類がね。
あっ、だったら緑。
緑だった。
初期。
初期のやつね。
ドラゴンボールZぐらい。
わかりました。なるほどね。ごめんなさい、細かく。
全然大丈夫。
そういうことか。
いいな。
そんなんあった。
夢の多重構造
とか、夢の中で起こされ続けるみたいな。
夢の中でも寝てて、でも、その夢の中でも夢を見てて、またさらに夢を見てるみたいな。
多重構造のね。
そう。起きて、起きて、起きて、起きて、起きたみたいな。
インセプションって映画が、そういう感じでしたね。
あっ、それだ。
そうそう、そういう多重構造のね。
途中、クマに起こされたり、うさぎに起こされたり、
なにそのファンシー。
リスに起こされたり。
どういうこと?
いや、でもそう、ずっとそうだった。
森の中にいるんですか?
うんうん、森の中で普通になんか家なんだけど、リスに起こされて、うさぎに起こされて、クマに起こされて。
すごいな。マジでファンタジックですね。なにその夢。
え、そのリスとかはリアルなんですか?
どういう言い手たちなの?
一応リアルで、私のね、鼻噛んできたんだよ。
鼻噛んで、いてーってなってて、目覚めたら、なんかこう、ああ、夢かあれはって。
で、それで、あ、なんかうさぎに起こされて、また次の夢に、みたいな。
え、うさぎもリアルなの?
うさぎもリアル。
へー。
うさぎも隣でモフモフしてんの、ずっと。
ずっとキャベツババババババって食べて。
ほうほうほう。
で、また起こされたら、次クマがさ、なんか横になって、大仏みたいに横に寝て、なんかお腹ポンポンしてくるからさ。
え、クマもリアルなの?
うん。
すごい。そうなの、それはちょっと怖いですね。
うん。
へー。
なにそれ、どういうあれなんでしょうね、結びつきでね。
いやさ、え、なに、そんな夢見ない?
あー。
逆にどんな夢見てんの、つるちゃん。
直近でよ。
僕は、でも、もうちょっと、なんか現実にねだした感じの夢のほうが多いかな。
現実?
うん。
たとえば。
なんか普通に、どっかの町にいるとか、
あー。
で、そこ旅行してるみたいな、なんか食べたりとかもしてるみたいな、夢のほうが多いかな。
んー。
あ、わりと、じゃあもう現実世界にリンクしたかたちで、
うん。
延長線みたいな。
そうね。
うん。
まあ、ちょっとでも、なんか不思議な感じの景色っていうのはあったりはするけど、
それでもやっぱそういう、わりと延長線上にあるような感じもあったりはするかな。
あー、そうね。
あと、気分によって見る夢変わるかも。
今、すごいファンタジーな夢見たけど、
うん。
もうひどく落ちてるときは、もう人に殺される夢見るとかあったもん。
あー。
うん。
なるほど。
うん。あったあった。
で、なんか頭の右上のこの脳天員のところに、なんか銃パーンって撃たれんねんけど、
うん。
でも夢だから、全然痛くなくて、
うん。
でも、頭の中で血がたまってる感じみたいなさ、
おー。
で、それで、あー、なんかフラフラすんなーとか思って、
うん。
で、そのときも、たぶん私はどっかに旅行に行ってて、
うん。
あのー、どっか景色をこう歩いてみてるんだけど、
うん。
で、あー、子供たちがかわいいなーとか、夕日がきれいだなーって感じた後、
えー、なんかたぶんレストランで、
うん。
ハンバーグ食べてて、
うん。
ハンバーグにナイフ入れた瞬間に、なんかその血がなんかガッてなって、
うん。
後ろにバーンって倒れて、
あ、私死ぬ瞬間、もうこんな感じなのかなーとか思って、パッて起きたとか、なんかそういうのはあったかも。
うーん。すごい、なんか刻明に覚えてるんですね。
うん。
全部覚えてるの、ほんとに。
うん。
あー。
そういうの、記憶できるっていうのも一つのなんかこう、デザイナーのスキルみたいな、
うん。
スキルって言うとあれかもしんないけど、なんかそういうのもあんのかなーっていうのちょっと思ったけど。
記憶する?それとか、ほら、なんかたまにノート取ってる人とかいるじゃない。
あー、いますね。
うん。
ちょっと危ないとか聞くけどね。
危ないんだ。
夢日記つけるって言ってたね。
夢日記つけると危ないの?
そう、夢日記ね、なんかつけてつけて、ちょっと精神に影響があるとか、
なにそれ。
聞いたことありますよ。
うん。
なんでだろう、見返したりするのがあれなのかな。
どうなんでしょうね、なんかその夢の世界を刻明に覚えちゃうとか、書き留めることで、
自分のなんか無意識と意識が混濁するというか、なんかそういう影響があったり、
無有病じゃないけど、
うん。
なんかそういうふうになっていっちゃう可能性があるみたいな。
え、じゃあ私なに、夢全部忘れきったほうがいい?
うーん、まあ夢日記じゃないからいいんじゃないですか。
そう、なにも残しはしてないんだけど、
でも、いやー、この夢面白かったなって思ったら、めっちゃ覚えちゃうんだよね。
それはなんかイメージ記憶でね、なんかできるでしょうね、きっとね。
印象的な夢は確かに覚えてられる気がする。
えー、そういうのもあるんやね。
夢って不思議やね、そう考えると。
でも夢の中で仕事はちょっとやだな。
そうですね。
そう、だから眠り、そうね、そういうモノクロで見る人とかも気になるけどね。
なんかいるとしてもね。
なかなか夢の話なんてしないからさ。
そうですね。夢の役割っていうのが、僕はなんか知りたいなっていう。
役割?考えたことないね、そういえば。
夢の役割とコントロール
寝なきゃいけないっていうのと、夢を見るってこと?
そもそもどうして必要なのかみたいなことをね、考えたりするんですよ。
まあ、疲労回復のためだっていうね、その側面。
で、その日起こった脳の出来事を整理するためとか、いろんな考え方できると思うんだけど、
なんかその仕組みが人間に用意されてる、生物に用意されてる理由みたいなのを考えちゃって、
頭がくらくらするときがあったりか。
ちょっと哲学的な感じなんですけど。
役割か。確かにね、そうよね。
そもそも寝るっていう行為については、シンプルに今、身体的な問題。
だけど夢って不思議だね、そう考えると。
どうして見る必要があるのか。
ほんまや。なんで?なんでや?
見ないほうがなんか、深い睡眠してるってよく言うじゃないですか。
であれば、見る機能いらなくない?って。
いらない。
進化の過程で、その機能なくしたほうがよくない?とか思っちゃうけど。
そのほうがスッキリ起きれるもんね。
あるってことは、何かしら必要だから残ってるのかな?とか思ったりとかするんですけど。
やばい、なんか急に面白くなってきた。
何の話だろって感じなんだけど。
じゃあ、見てきた夢については、何かしらやっぱり必要性があったから見たってこと?
どうなんでしょうね。人それぞれかもしれないけど。
必要ないんだったら、もう必要ないじゃん。
でも、きっと何かしら必要だから脳に浮かんだんだよね、たぶんね。
でしょうね。
そういうことだよね。
いつものデザインの話。
ちょっとその視点で考えてみようかな。
あとは、寝てる最中は、ある意味、過死状態。
死んでる状態に近い、過死状態に近いっていう説とかもあって、
その間、もう魂が自分から離れてるとか、そういう考え方とかもあったりするんですよ。
魂が離れてる?
魂が離れてる。正確に言うと魂とかじゃないんですけど、自分の霊みたいなのが、
一時的に自分の体から離れて、違うとこに休みに行ってるみたいな、そういう考え方とかもあったりとかして、
そういうのとかも考えみると、不思議だなって思う。
そうだよね。かつさ、操作できるものでもないもんね、夢って。
そうなんですよね。
うん。
名責無っていうね、テクニックっていうものがあるらしいんですけど、
何?名責無って。
夢をコントロールするっていうことです。
名責無っていう手法みたいなのがあるんですけど、
自分が念じたことを夢の中で再現することができるようになる訓練方法みたいなのがあって、
そんなのあんの?
そう。それを名責無っていうんですけど、何だかチャレンジしたいなと思ったことあったけど、
チャレンジ?
たまにできるんですよね。
え、嘘?
頭に浮かんだやつを具現化するみたいなことが、
あ、今自分夢見てるなって認識して、夢であればこれ作れそうだなっていうのが、ほんとにたまにある。
うーん。
どういうそれ?
夢の中での自己デザイン
そう。それはある意味、夢の中に自分でデザインするみたいなことだから、
デザイナーの人ができる人が多いのかもしれないとか、ちょっと思ったことあるけど。
すごい。
じゃあ、この夢を見たいから、見たいですみたいにできるってこと?
そう。最初から最後まで全部はできない、できる人がいるのかわかんないけど、
見てるときに、自分は今夢見てるなっていうまず認識をする。
であれば、変化つけられるんじゃないか、改造できるんじゃないかみたいな。
ちょっと待って、楽しそうだね、それ。
そう。それもちょっと夢日記的に危ないさもあるんですけどね。
へー。あ、要は自分が夢を見てる中で、夢だってちゃんと認識できてるっていうこと?
そう。
うわー、それいいな。
チャレンジしたくなるでしょ。
え、なにそれ、楽しそうだね。
あちこさん、好奇心強いですからね。
あ、そう。いや、それができたらさ、夢の中でもバリバリ本当に仕事できるじゃんね。
まあ、確かにね。いいのか悪いのかどうかわかんないけど、ラフ書きとかしてね、整理するにはちょうどいい。
超時間の有効活用じゃん。
確かにね。ワーカホリックすぎて返答に困ってしまうんですが。
そっか。まあでも、今のは例外だとしても、なんかそういうふうにしてできるってことだよね。
そうですね。
やろうと思えば、もしかしたら。
うん。訓練次第で。
へー、どうやって訓練すんの、それ。
寝る前に、認識すると認識すると、みたいな思いを持ってるみたいな感じだから。
念じるの?やっぱそこで。
うん。たぶん念じてる。まあ念じてないときもあるんですけど、ふと思ったりとかして。
え、成功例聞いていい?
成功例?
うん。
なんか、飛べる夢とか?
うん。
その、認識して、今夢だから、たぶんジャンプすればこのまま飛べるな、みたいな思ったときとかあって、それでそのまま飛んでる夢とか見たことある。
うーん。
なんかドラゴンボールの武空術使うみたいな。
はいはいはいはい。
飛んでて、スーッみたいな。
あ、ナイス。
めっちゃいい、めっちゃいい。
そう、なんか無重力空間みたいなのを自分で認識するってことはあったかな。
うーん。やばい、楽しそうだね、それ。
そう。なんかそれがこうね、現実世界にも影響を及ぼして、え、現実世界でもできるようにならないかなみたいな。
ちょっと映画のマトリックスみたいな、そういうなんだろうな感じ。
ほんまやね。
すごい夢見たときとかありました。
あー、これできたらいいのになーってね。
そう。
うんうんうんうん。
なんてね。
えー。
ちょっとね、不思議な話になってるんですけど。
いや、いいよ、めっちゃ。
だって、そういうね、不思議なことを考えれるって、結構デザイナー必要じゃない?
そうですね。
うん。
まあ、ひいてはアーティストだったりとか。
うーん、そうよ。
うん。
もう、そんなことを恥ずかしげもなく、こうね、話をして、で、さらにこう、製作物に昇華していくっていうね。
そうですね。
うん。
それはもう、デザイナーにはあってしかるべき競争ですよ。
確かに。
そう、ひらめきもね、大事だから。
そうだよ、夢ってきっとひらめきだよ。
あー、そうかもしれないですね。
うん。
もし役割があるとするなら。
うんうんうん。
うん。
ひらめきのなんか、きっかけというかね、一条になってるような感じがする。
うん。
だって、ドラえもん生まれたのもあれ夢でしょ。
そうなの?
うん。
へー。
一条先生が子育てをね、奮闘してる最中に、
やばい、もう次の連載の新しいキャラクター、マジ浮かばえみたいな話で寝てたんよ、確かね。
夢の中での働き方
うん。
それで、そしたら、たぶんその子供の起き上がりこぼし?
うん。
赤ちゃんの二頭身の形にしたあれを、確か夢の中で見たのか、起き抜けに見たか、ちょっと話忘れたけど、
要はその、確か夢の中か、寝てる最中か、起きた瞬間かで、見たその起き上がりこぼしで、
あ、ドラえもんだ、これをもう作ろうって言って、できたのがドラえもんだったはず、確か。
あ、そうなんだ。
うん。
へー、じゃあ、ほんとそれがきっかけになって、
うん。
どう?
そう、なんかそれ見たよ。もし間違ってたらごめんなさいね。
いやいや。
皆さん調べてください。
じゃあ、やっぱ夢の内容ってのもね、重要ですね。
うん。
そうそう、冒頭に言うと、だから夢の中で仕事してすぐ作れたっていうのも、だからそういう役割で。
あ、そうですね。
うん。
うんうん。
確かに。いいな、その使い方したいな、夢の中。
うん、私もちょっとこれやりたい。
うんうんうん。
そうか。
うん、だからね、もし意味があるなら、そういうことじゃないですか。
そうかもしれない。
うんうん。ひらがきだったり、新しい自分の発見だったり。
確かに。
うん、そうかもしれません。
そうか。
えー。
だから私も虫の夢見たら、あ、ちゃんと休もうかなとかね。
そうね。
でもある程度、指針になるからね。
あー、確かに。
うん、あー見ちゃったなーって。
うんうんうん。
そうか、それも調べてみると面白いですね。
そう、面白い面白い。
意外とネガティブな夢のほうが、ポジティブだったりするんだよ。
あー、そうですね。
うん。
それもなんかこう、人から殺されちゃうみたいなのも、意外とポジティブだったりするんじゃない?
うん、そう、私もだから、もちろんのこと調べてみたら、なんか新しい何かの始まりみたいなのが出てきて。
あー、やっぱそうなんですね。
そう、あるかもしれない。
うんうんうん。
そっかそっか。
うん。
じゃあ、ちょっと気になった夢があったら、たまに調べてみようかな。
うん、意外と面白いかも。
はい。
うん、です。
ねー、そんな感じでね、ちょっと夢について語ってきましたが、いろいろ面白いですね。
ねー、みなさんもね、夢ね、聞きたいね。
聞きたいね。
そうですね、なんか面白いよね、夢があったらね、教えていただけると。
はい。
はい。
嬉しいですね。
はい。
今日はこんな感じで、夢の話終わりにしたいと思います。
はい、みなさんもいい夢見てください。
おやすみなさい。
おやすみなさい。
違うか。
いいんじゃない?
おやすみなさい。
はい、おやすみなさい。
今回もおやすみなさい。
さよならー。
さよならー。
失礼します。
27:46

Comments

Scroll