1. 北海道之聲 Hello, Hokkaido
  2. The 冬一郎さんぽ #25  北海..

Summary

「冬一郎さんぽ #25 北海道犬《北海道狗》 北海道之聲」のエピソードでは、札幌の天候や冬一郎の散歩について話されています。冬の訪れが近づいている中で、冬一郎は寂しさを感じており、主人に対して頻繁に確認を取りに来る様子も見られました。また、冬一郎は若干の発情もしているようです。

札幌の天候と冬一郎の気持ち
はじめるラジオキャンパスウェンズデイ、11月8日です。
The 冬一郎さんぽのコーナーです。
今日は11月6日月曜日、7日火曜日、8日水曜日の朝、今朝のさんぽまで。
収録音源からお聞きいただくんですが、ちょっと雨模様の札幌ですね。
6日の朝は気温が上がって雨が降っていたという話で、冬一郎の季節がもうすぐやってくるよと。
週末からはまた気温が下がって、今度雪が降るんじゃないかってね。
そんな話になってきてるわけですね、天気の予報はね。
それから11月7日火曜日朝は雨の合間に、おさんぽをして。
この日夜、結構11時過ぎにさんぽに出かけました。
理由があって、ちょっと11月7日の夜とある収録をしてたんですね、私ね。
その間冬一郎が相当寂しかったみたいですね。
寂しかったらしくって、そんなにおしっこしたいわけでもなく、そんなにうんちしたいわけでもないんだけど、
一緒に散歩がしたかった感じで、とにかく散歩に連れてけと言うので、夜の深夜の散歩をしてきました。
頑張ったんで、ご褒美で散歩をしてあげました。
そして11月8日水曜日の朝、今朝虹が出ました。
虹の写真も撮りましたので、これもどっかにアップしたいと思うんですが、
冬一郎くん、やっぱりちょっとヒートし始めてるワンコちゃんがいるんですね、女の子のワンコちゃんが。
微妙な発情に走りました、今朝は。
迷走する朝散歩でしたけどね。
結構疲れました、今日の朝の散歩は。
一回河川敷散歩してまた戻るんですよね。
何かっていうと、匂いに反応してるんですね、冬一郎くん。
私の足にしがみついては腰振ってましたけども、そんな朝の散歩の収録音源からお聞きください。
11月6日月曜日朝の6時、豊平川の河川敷散歩。
まだ薄暗いですね、日が短くなりました。
今日は結構寒くないというか穏やかな天気ですね。
しばらくちょっと気温が高めと言っても十四、五度なんですが、ちょっと雨が降るのかな。
その後来週10日後ぐらいから気温が下がって雪が降るという。
しばらく雪が降るような、そんな予報になってきた札幌ですが、
冬一郎くんは相変わらず朝から元気ですね。
冬一郎の季節がやってきたと。
そんな感じでもう朝から早く散歩行こうぜと。
まだかまだかと急かされてやってきました。
はい、元気だね。ではまた。
11月7日火曜日朝の7時22分。
もう7日になっちゃいました。11月1週間早いですね。
朝の河川敷散歩ですが、今日は雨が降ってまして、
この後また雨が降るんですが、ちょうど今止んでて雨の合間にお散歩ですね。
また10時ぐらいから降るのかな、午前のね。
まあそんな感じで、もうイチョウの葉っぱがこんもりと道とか公園に積もってますね。
雨で葉っぱも重くなってます。
藻岩山どんより曇り、札幌市内もどんより曇り、今にも雨が降りそうです。
まあでも気温はちょっと高めで穏やかですね。
暑くもなく蒸し暑くもなく寒くもなく穏やかな気温です。
冬一郎くんはちょっとうんちが固くなってますね。
そんなことで、ではまた。
冬一郎の夜の散歩
11月7日火曜日夜の11時20分。
まさかの冬一郎くん夜散歩。
ちょっと寂しかったんでしょうかね。
あとおしっこがしたかったんですかね。
冬一郎くん夜の公園散歩です。
今一生懸命歩いてます。
もう帰るのかな。
おしっこ終わったか、冬一郎。
そっち行くのか。
もうそっち行かないぞお前。
お家帰るぞ。
冬一郎、はーじゃない。
ほれ、帰るぞ。
ということで、ではまた。
冬一郎の欲情と季節の変わり目
11月8日水曜日朝の7時15分。
豊平川の河川敷。
一度帰りかけたのはまた河川敷に戻ってきた冬一郎くん。
何かと思ったら、ちょっとあれですね。
微妙な発情をしてるんですね。
それで匂いを求めて戻ってきた。
鼻くんくんやって、人の話を聞かずに匂いに惑わされてますね。
微妙な発情の冬一郎くんです。
札幌、今日はちょっと冷え込んでますが、
そんなにめちゃくちゃ寒いわけでもなく、
イチョウの木は真っ黄色に色づいて、
雲はどんよりですね。雲が結構出てますね。
虹が出てますね。ちょっと虹の写真撮ろう。
ということで、冬一郎くんの
11月6日、7日、8日の散歩音源をお聴きいただきました。
不貞寝をしていた冬一郎くん、また戻ってきて、
私の手をペロペロ舐めて、
やっぱりちょっと欲情中なんですね、冬一郎くんね。
昨日もの寂しいというか、見ててちょっと切ない感じしますけど。
あとは冬の訪れが来るということでね。
そういう意味でもちょっと、なんでしょうね、少し、
やっぱり冬になると街がひっそりするんですよね、札幌はね。
人通りもやっぱり少なくなるというか、
皆さんこうだんだんだんだん、徐々に徐々に家にこもり始めるんですよね。
そんなことで、また冬が近づいてきたなという、
単に気温とか季節感だけじゃなくて、
人の動きがね、そんな風になってくる中で、
冬一郎くんはやっぱりちょっと退屈で寂しいんですね、きっとね。
で、私にかまってかまってという、
こいつは何を一人でマイクに向かって楽しそうにしゃべってんだっていう、
そんな感じで確認して、
確認してまた自分のベッドに戻っていきました。
いちいち確認してくるというね。
冬一郎くん今日偉かったのは、
最初にこう話したと思うんですけれども、
今日はその冬タイヤ、スタッドレスタイヤに変えるということで、
タイヤを積み込んでね、車にね。
さらに折り畳み自転車も積み込んで、
代車が手配できないというのも。
だけどこのタイミングでやっぱり冬タイヤに変えといた方がいいだろうと判断したので、
もう代車なくていいのでと言って、
それで予約をして、
今朝車にね、車を置いてきたんですね。
で、また午後3時ぐらいかな。
車を取りに自転車で1時間ぐらいかけていくんですけどね。
帰りは車で30分もかからないんですけど、
25分ぐらい。それでも25分ぐらいかかるのかな。
そんなことで冬一郎くんは今日2回お留守番しなきゃいけないということで、
今お留守番という言葉に反応してますけれども、
戦々恐々としてまたお留守番みたいな顔をしてこっち見てるんですけれども、
お留守番嫌なんだよな、冬一郎な。
今日頑張ったな。偉かったな。寂しかったな。
それもあってちょっと警戒してるのね。
またどっか出かけるんじゃないかということで、
おちおち寝てもいられないという。
いちいち私の所在を確認しに来るという。
そんな冬一郎くん可愛いですよ。
とてもけなげでね。
そんなことで今週のザ・冬一郎散歩はこんなところですかね。
最後までお聞きいただきありがとうございました。
冬一郎の名前由来当てクイズね。
まだしばらく引きずりますので、ゆっくりと。
この回答フォームをとにかく完成させれば正解ですので、
先着順で賞品をグレードつけようかな。
早い者勝ちということで、どんな賞品にするかは今考えてるんですけど、
先着3名様ぐらいまで何か豪華賞品を考えたいなと思ってますので、
お急ぎください。
そんなわけで、11月8日はじめるラジオキャンパスウェンズデイ、エンディングです。
10:28
Scroll