1. 喫茶ホボハチ
  2. 第61回 特急ひのとりとポッド..
2023-03-12 35:57

第61回 特急ひのとりとポッドキャストフリークス

ポッドキャストフリークスの振り返りをしながらいろいろです

・ クラシFMから来ました
・ポッドキャストフリークスありがとうございました!
・近鉄特急ひのとり
・喫茶ジャンセン@心斎橋

ホボハチ物販 https://hobohachi.official.ec/

今週も珈琲のお供にどうぞ。

-------------------

番組感想や質問は https://forms.gle/SAUroN4VdPeo7Eu86 まで!

そのほか諸々のリンクはこちら

SNSでの投稿は#ホボハチでお願いします。

00:02
ポッドキャストフリークス、ありがとうございました。
竜間です。
バレー部のみんな、ありがとうございました。
翔太郎です。
この番組、喫茶ホボハチは、喫茶店好きの2人が送る、
気になること、日々のあれこれを取り留めもなく話す、
喫茶店のお供ポッドキャストです。
今週もコーヒーのお供に、どうぞよろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。
ポッドキャストフリークスの報告といきたいところですが、
はい。
先にですね、感想を頂いていますので、
じゃあちょっと読みますね。
はい。
アドラネームあやきちくんから頂きました。
ありがとうございます。
クライスさんのポッドキャストから飛んできました。
クライスさんとのコラボ会を聞いて、
翔太郎さんと竜間さんの会話のイントネーションに、
懐かしさと心地よさを感じました。
あれ?もしかしたら名古屋の方かも?
と思ったらドンピシャでびっくり。
私は名古屋出身、東京在住。
おそらく同世代くらいかなと思っています。
一緒に会話している気分で、気持ちのいい朝です。
これからも聞かせて頂きます。
とのことです。
多分同世代くらいでしょう。
こっち側からは本当にヒントないけど、
それ言って大丈夫かな。
クライスさんとのコラボ会からですね、聞いて頂いて。
聞いて頂いて。
懐かしいね。
4年くらい前と言われても、
あんまり遜色ないくらいの。
半年は経ってるな。
やっぱりちょっと不安なのは、
こっちのコラボ会でのクライスさんのトーンが、
確実にクラッシュFMのクライスさんとは違う。
そうなんですよ。
そこは確かにクラッシュFMから来た人、
びっくりしてるんじゃないかと。
新たなクライスさんの一面を見れた、
的な感想が頂けるのがあれば、
すごく嬉しいですけども。
っていうことは、
クラッシュFMの方で、
クラッシュさんがほぼ8っていう、
今朝ほぼ8に出ましたって。
紹介案内したってことかな。
一言二言言ってくれてた。
一応あれは、
自分のポッドキャスト聞いてくれてる人たちに、
見せてもいいと。
いい一面。
そうだね、そういうことになるね。
確かに。
聞かれたくない一面だったら、
出たことをひた隠しにするじゃない。
良かった。
ほぼ8出演が黒歴史として刻まれてないことが、
分かって良かったです。
解明とかしなくて良かったよ。
ありがたいですよ。
だなんてですよ。
方言をめちゃめちゃプッシュするわけでもないけど、
標準語に合わせるっていう気概もないけど。
たっちゃんは強いからね。
俺強いんだね。
今お前も大外野でって聞いてる人は思ってるかもしれない。
かもしれない。
留学先で隣に住んでた日本人の子に、
03:03
関西の人かと思ったって、
二度目ましてぐらいで言われて、
俺初めましてでもイントネーションとかに、
強く出てんだなって思ったのを思い出した。
標準語ではないなっていうことが分かるけどね。
不思議な感じだった。
ということで、
綾口くんの朝には引き続き、
ぼぼ8をお供にしていただければと思います。
ぜひぜひ。
今週もコーヒーいっぱいほどお付き合いください。
おやべーって喋っとるらしい。
脳がバグっちゃう。
3月4日の土曜日、
大阪で開催されたイベント、
ポッドキャストフリークスにお邪魔してきました。
はるはる大阪まで。
大阪まで。いやー楽しかったよ。
イベント前後も含めて。
一番翔太郎が聞きたいであろうことから先に言うと、
メリーゴーランドミスドは行きませんでした。
あ、おいー。
めちゃくちゃ迷ったのよ。
おいー。行くかどうか。
片道30分っていう絶妙な距離にあって。
あ、そうなんだ。
そんな近くなかったのね。
帰ってきてみると行ったらよかったかもなって思うけど、
あっちにおるときはなかなか選択しづらいっていう、
本当に微妙なところだった。
確かに行きたいとこいっぱいあるよ。
順応って行くと、
前乗りして金曜日から行って、
金曜日も金曜日で、
関西にいるポッドキャストの友達と、
ご飯食べてお酒飲んで、
この話はまた後日したいと思うんだけど、
土曜日当日になって、
朝からマドロワの方々と茶芝居行ってから会場に行こうと思って、
ナンバーにある喫茶ロアっていうところに行って、
お仕置き三輪車さんが温度取ってくれたんだけど、
温度?
イベントの前に時間あればご一緒しましょうって温度取ってくれたんだけど、
何人か集まって、
もうナンバーにずっとあるような、
ちゃんと順気下で全席喫煙ぐらいの、
朝一で軽食食べるなりお飲み物飲むなりしてて、
同席した一人がミルクコーヒーを頼んだの。
ミルクコーヒー一つ。
ミルクコーヒー。
そしたら店のおばちゃんが、
あ、オーレねって言って、
あ、これこないだ話したやつやんってなって、
すごくいい体験をして、
06:00
そうだね、まさにだね。
しかもその、
いる人たちはほぼあちきいてくれてるから、
これこれって。
この確認でちょっと違ってザワッとするのいいなって。
嬉しいね。
非常に嬉しい。
準備搬入あったから先に抜けて会場行って、
しゃれ込んだ会場で、
ぽいね、写真見てよ。
結婚式の二次会とかで使いそうだなって感じだった。
俺らが一緒に行った新マイコの会場みたいな。
はいはいはい。
花火みたいですね。
チタハントのね。
あんな感じのシャレたところで、
ステージと物販ブースと分かれてて、
物販ブースの角に構えさせてもらって、
ステージが見えない角度だったのがちょっと残念ではあったんだけど、
ステージだったんだ。
そう、ステージでトークしたり歌ってたりしてて、
歌ってたりもしたの?
そう。
ポッドキャスターさん同士がコラボで曲出してたりしてて、
それも普通に生で聴けて、
ほぼリスナーですよ。
まあまあ。
リスナー的側面だいぶ強く行ったよ俺。
本当になかなか会えない方々が多かったから。
そうだね。
それこそ東京で開催されたポッドキャスターの
ウィークエンドは、関東の人は結構来てて、
こっちにいる人はわりと会いたい人は会えたりしてたから、
逆にその島根とか鳥取にいる人とかって、
マジで会えんと思ってて。
そういう人たちに会えたのはめちゃめちゃ嬉しかったね。
石でやったのが大きかったと。
わりとTwitterとかSNSでは顔出してない人とかも多かったから、
まあそっちの方が多いイメージだね。
現地に行って、この番組やってますこういう人ですって、
自己紹介しあって、
音だけ聞いてると脳内でイメージが作られる。
そうそう、わかるよ。
うわー違うわーって全員に思って。
基本違うんだよね。
マジで全員になるよ。
うわーでもみたいな。
会えた感動もひとしようですよ。
でもね、そっちだよね。
東京から何組か物販の方にも出してて、
顔見知りの方々もいたので、
どうもお久しぶりですって言って、
その夜も一緒に飲みに行ったりして、
で、一個すげーなって思ったのは、
その番組東京ご近所図っていう番組なんだけど、
09:01
4人の兄さん姉さんでやってる番組で、
もう本当にアートワークから何から洒落込んだ番組なんだけど、
そのうちの一人がお笑いの養成所に行ってて、
それは番組の中でも言ってるんだけど、
物販ブースでキャップとかパーカーとか売ってる中に、
ギャグ買えるチケットがあって。
すげーな。
1回100円で。
安いね。
普通にすげーなと思って。
そもそもそれをやること自体めちゃめちゃ腹くくってんなっていうのもあるし、
大阪もナンバーですよ。
ザだね。
ザだよ。
ナンバーグランドか月と漫才劇場が目と鼻の先にあるようなところで、
やるっていう。
そうだね。ほぼお笑いの聖地。
これもまたビビって。
すげーな。買った?
お妻は買った。
これは終わりがけに満札持ってったらどんだけやってくれるんだろうって思ったけど、
ちょっと終わりの方バタバタしちゃって、
結局できずだったんだけど。
満札持ってくはまじ鬼だね。
100個あるんかなーみたいな思ったけど。
そんな交流もしたり。
あとはリスナーさんの方でいうと、
他の番組で名前を聞いたことあるリスナーさんとか、
それこそおしおき三輪車さんっていうとりっ子たちのたわごととか、
ねおごじょうのらくえんとかのでかい番組のお便りで知った身だから、
あの有名リスナーさんやみたいな人もいたり。
有名リスナーさんね。
5話ひとつして、シレッドショップカードとマッチ渡して。
はいはいはい。
あと割とその番組の中のテンションそのままで来てる人たちもまあまあいたから。
まあまあオフ会みたいなもんだから。
あーおもろーって思った。
そんなおもろ感出るんやな。
一応想像つかまわ。
現実でもまんまおる。
だから聞いてる番組だからやっぱ好きな番組で好きな雰囲気がそのまま出てきてるからやっぱ嬉しいよね。
まあまあね、俺は嬉しいけど。
マドラーさんにはお会いしたんですか?
マドラーさんもたくさん来ていただきまして、
初めましての人から仲勝ちはしばいてる人まで。
はいはいはい。
11時オープンですぐ入ってきて、「あ、とうとうまだある!」って言って買ってってくれたり。
本当に安心してよ。
午前の部、午後の部あって、
あんだけ一番しかないって煽ってたとうとう午後まで残ったらどうしようとか思ってたけど。
確かに。
なんならそのまま使ってくれて会場を練り歩いてくれたから。
じゃあ最初に寄ってもらえるね。
広告等やってもらいました。
そっかそっか。
あと初めましての方もたくさん来てくれて、
ステッカー買ってくれたりとか、
あと我々のバイブルもブースに置いてたから、
12:01
それパラパラめくったり。
読んでもらってた?
読んでもらって、近くのとこ探してくれてとか、
そのままAmazonでポチってくださる人もいたりして。
嬉しい。
ステージやってる時間もあるから、
ステージやってる時間はごっそりお客さんがステージの方の席に座ってるんだけど、
その間そのショップブースのはちょっと人が減るから、
お店の人もお互いのブースフラフラしに行くんだけど、
その中でフラッと来られてる人が、
京都在住かそっちの方、関西の中でもそっち方面みたいで、
おすすめキッスありますかって聞いてきてくれたから、
どちらで言ってたら、京都で言ってたら、
京都なんか仕事もありますよってなって。
いいね、クリエイションできるのいいね。
いいサービスになるぞって思って。
なるね。
普通に紹介して、
有名なところから、
ちょっと遠めのところまで、
2、3軒紹介して、
実家が滋賀なんでって言ったから、
滋賀ちょっと広いけど、
ちょっと広いね。
彦根の方にあるんですけど、どうですかって。
彦根すぐ近くですって言うから、
遠くない。
ほぼ8でも紹介した、
UCCメルカード彦根店。
メルカードですね。
ここ良かったんですよって言って、
それバイブルにも載ってたから、
翔太郎のバイブルの方に。
そのページ開いて見せて、ここマジで良かったですって言ったら、
え、こここんな有名なんすか?
僕の嫁も昔働いてました?
僕の嫁も昔働いてました?
ちょっと待って。
分からんけど、中の人に勧めた感じになって、
ちょっと恥ずかしかった。
それ恥ずかしいけど、
あそこで勤めてたんだ。
すごい縁ですねって言うのが1個。
すごい縁ですね、それ。
何それ。
びっくりしたよ。
いいな、その人ら会いたい。
ワインの輪っていうポッドキャストやってらっしゃる方で、
やってらっしゃる方か、そかそか。
結構いろんなイベントにワイン持って行って、
ワイン売ったり、ワインの話したりしてて、
それこそポッドキャストウィーケンドにもいたんだけど、
え、俺ワイン詳しい人探してたから、めっちゃいいやん。
めちゃめちゃ偶然だね。
本当に?って疑いたくなるぐらいの偶然だね。
本当に本当に。
ブースがちょうど空間の対角にあったので、
なかなか絡みきれなかったけど、
追いかけいただいて、
そんな変わった縁を感じたりして、
とても良かったよ。
縁ですね。
縁ですね。
あとショップカード、
フリーで持ってきる場所を作ってくれたから、
そこにも置かせてもらって、
結構ハッシュタグ、
ポッドキャストフリックスで見ると、
今日の収穫みたいに全部、
もらったものあげてくれてる人の中に、
マッチとかショップカードあげてくれてる人もいたから、
はいはいはい。
ありがたい限りで、
ショップカードの裏のね、
15:01
限定音声、
石鹸の話を聞いてくれてることを願ってます。
そうだね。
そうだ。
良いトーンの限定音声だったなって、
割とちょうど良かったと思う。
ちょうど良い、ちょうど良い。
本当に1テーマ。
そんな感じで、
終えたポッドキャストフリックスだったね。
良いね。
そんな良いイベントだったんだね。
うん。
仕事もあったし、行けなかったんですけど、
行きたかったよ。
ほんとに、
聞いてくれてる人に会えるのと、
聞いてる番組に会えるのは、
嬉しいし、
あと1個、
1個思ったのは、
うん。
喋る側でお呼ばれしたいなっていうのがあった。
ああ、欲を言えば。
目標ですか?
まあ、お呼ばれじゃなくても、
自分らでやればいいって話なんだけど、
そのステージってこと?
みたいなのやってみたいなって思った。
シンプルに。
ステージ立つには、
芸みたいなのがないと。
だから、
一発ギャグか、
この人に似合う喫茶店は?
この人に似合うコーヒーは?
みたいなので、
適当に言うみたいな。
芸って、
芸って、
むずいんだね。
芸ってむずいよね。
一芸入試って、
すごいんだね。
喋ってる方は喋ってるので、
すげえ楽しそうだったから、
割と、
どっかでイベントやってみたい欲は高まりました。
なるほどね。
そうそう、
やろうやろう。
出張喫茶。
そろそろやろう。
やりたいので、
近辺の人にはお声掛けさせていただくかもしれないし、
これが実現されるかどうかもわからないですけど、
とりあえず今のところ熱は高まってます。
熱高いうちにやりたいね。
うん。
やりたいよ、俺は。
いいね、
どっかのご意見版のトーンになってきてすごくいいですよ。
今本気どうするか伝わってないな。
やりたいな。
めっちゃやりたい。
ともあれ、
ポッドキャストフリークス、
その前後にお時間いただいて遊んでくれた方々、
本当にありがとうございました。
ありがとうございました。
ポッドキャストフリークスに来ていただいた方から、
お便りが来ております。
早くも、ご丁寧に。
ありがとうございます。
マドラネーム、
天音さんからです。
天音さん、
こんにちは。
鉄道のお話です。
なんですか?
先日行われたポッドキャストフリークス、
愛知より近鉄特急日の鳥で向かいました。
18:00
はい。
もともと新幹線で行こうと思っていたのですが、
乗り換えが不安で車で行こうか悩んでいる、
と知事に話したところ、
日の鳥をお勧めしてもらい、当日利用しました。
おー。
結果、かっこいい、広い、静か、
と快適すぎる移動ができました。
おー。
残念ながら、今回は先頭車両の予約がいっぱいで、
走行中の線路は見ることができず、
あー、ほんと。
それでも2時間ポッドキャストを聞きながら、
外を眺め、ワクワクしながら向かうことができました。
ふふふ。
イベント当日、直接グッズを購入できて、
まさかのトートを買うことができました。
おー。
たつまさんとお話できて嬉しかったです。
とのことです。
おー。
ありがとうございます。
はい。
トートを買っていただいて、
会場してすぐお買い上げいただきました。
ありがとうございます。
あー、尚人さんだったんですね。ありがとうございます。
はい。尚人さんはお昼も一緒に食べて、
あ、そうなんだ。
朝の喫茶も一緒に行けたので、
えー、なに、身内じゃん。
当日は初めましてとは思えぬ気軽さで絡んできてくれて、
非常に嬉しかったです。
あ、そうか。初めましてなのか。
いやいや、ありがとうございます。
でも、そんだけね、当日喋った分、
翔太郎に気を使ってなのか、
お便り2行目で、ちゃんと鉄道のお話ですと言っていただいています。
これやっぱ、やっぱそうかな。
翔太郎さんに寄せてくれてるのかな。
いや、でもね、あの当日話してても、
今日日の通りに来たんですよって言ってくれたから。
たつま、どうウキるん?
あー、早いですよねー。
えへへ。
言ったけど。
名前は早そう。
僕、金鉄に乗ったことあるけど、日の通りにまだ乗ってないんですよね。
で、ちょっと留まっちゃって。
えへへ。
留めたねー。
まあ、多分その消化不良をお便りにいただいたと思うんだけど。
あー、じゃあじゃあ、受けますわ僕が。
あははは。
引き取りますね。
適切適所ポッドキャスト、素晴らしいなー。
いやー。日の通りに乗ったことある?
いや、まだないねー。
乗ってないよねー。
あー、どっちもなかった。
まあ、日の通りは一応解説しておくと、
金鉄特急ですよ。
金鉄名古屋駅から金鉄ナンバーまで走っております。
特急ですね。
結構走るよねー。
おー。
結構な距離、2時間くらいかな。
2時間くらいかかって、
まあそれ新幹線よりかかるけど、
値段は、まあ普通車なら半額かな。
あー。
じゃあ本当に時間倍の半額っていう。
そうね。
在来線よりかは早く、しかも快適で。
でもまあ新幹線よりは時間かかり。
ほんと中間、中間って中間だけど。
あー。
21:00
で、まあ結構最近デビューしたから。
コロナちょっと前くらいかな。
そうなの?
花々しくデビューだったよね。
なんか最近そんな特急で、
名前つけてバーンってデビューした特急。
それこそラビューぐらい。
ラビューの次ぐらいなのかな。
あんまないからね。
名前を見る感じだと、初期というか、
だいぶ前からありそうな特急だと思ってたけど。
鉄道的には当時は、
その年はもう完全に火の鳥の年と言ってもいいぐらいの盛り上がりだったと。
勝手に思ってるし。
そうなんだ。
赤くてかっこいいし、
最前列、
最先頭車両がかっこいいし、
と、まあ喋り出したきりがないんだけど。
窓でかい的なこと?
運転席の上に席があるみたいなこと?
どうだったかな。
まあ窓でかい。
グリーン車みたいなのが先頭で。
この人は愛知より火の鳥で向かいましたって。
なんか独特だよね。
なんかこないだ、
浜松さんお便りで紹介してくれた、
喫茶店が三河だったから。
これやっぱり名古屋じゃないやつ?
名鉄なりJRで、
名古屋駅まで出て、
近鉄いらっしゃったんじゃないかな。
ああ、そういうことか。
いいね。なんかちょっと面白い人だなって思うよ。
乗り換えが不安で、
新幹線を乗って火の鳥で来ましたって。
違うよ。乗り換えが不安で車で行こうか悩んでたんだからね。
いや、それで相談した友達間違えたんじゃん。
いや、でも名駅から南蛮に直接行ける火の鳥と、
名古屋駅ね。
名古屋駅から新大阪でて、
新大阪からマジで知らん大阪の電車、
地下鉄なのかJRなのかを乗り継いで南蛮に行くだったら、
なるほど。
新大阪の地下っていうか、
新大阪の接続がどのくらい迷宮なのかっていう不安はやっぱりあるよね。
そうかそうか。地元寄りで乗り換えるか、
旅先で乗り換えるかの差はでかいと思う。
南蛮とか梅田とかもだけど、地下は迷宮だからさ。
南蛮とか梅田とか、いろいろあってややこいもんね。
そう。
って思うと、
慣れないところに浅い地で向かうっていう、
ことだよと乗り換えのハードがでかいかもね。
うん。じゃあ、いい友達を持ちましたね。
そう。だって新幹線で行って迷ってたら、
とうとう買えなかったかもしれないんだから。
いや、乗りたいよね。乗らないといけないと思う。むしろ。
あんだけ、
名古屋に住んでて、
大阪行ったことあるのにヒンドルに乗ってないっていうのはね、
もうこれは、
あんまり言えないぐらいです。
わかるけど、なんか変なプライドついた気するな。
そんなこと言ってる間になくなっちゃうんですよ、日の鳥が。
そうだね。
別に新しいからしばらくなくならんとかじゃないしね。
そうそう。本当。
24:01
また、将太郎が日の鳥に乗ってきたら、
レポート会がきっとあるので、お楽しみに。
天乙さん、引き継いでください。
はい。
お便りありがとうございました。
ありがとうございました。
エンディングです。
はい。
今週はですね、
せっかくなので、大阪で行ってきた喫茶店を
紹介しようかなと思うんですけれども、
1個だけだぞ。
えっとね、
1、
2、
3、
3ぐらい行ったかな?
4行ったかな?
行ったね。
でもね、行っちゃうよね。
やっぱ、近道日で3日おったら、
3か4は行くと思うね。
3日もおったら行くわ。
よく押さえた。
ポッドキャストフリークス当日の夜に行った、
これどこだ?
震災橋になるのかな?
うんうん。
喫茶ジャンセンっていうところ。
ジャンセン。
ここがね、
夕方から朝4時とか5時とか。
あー。
変わった時間帯の営業の。
あるね、そういう。
喫茶なの?っていう。
そうそうそうそう。
本当に喫茶なの?あなたっていう、営業時間のお店あるよね。
で、思った通りで、
この震災橋のこの区画、このエリアが、
結構夜のお店が多いところで、
それって飲み屋?それかもう大人のお店?
あのー、キャバクラとか、
キャバレー。
古き良きキャバレーみたいなところもあれば、
キャバクラもあれば、
とかそのドレス売ってるお店とかから、
なんだろう、錦糸町とか歌舞伎町とか、
名古屋で言えば日式みたいなところなのかなと、
歩いてて思ったけど、
まあだからそういうところだったら、
それ朝までやるわなっていうので。
なるほどね。
それで営業時間は割としっくりきて、
で入ると、やっぱゴージャスで。
おー、そういう店たちに負けないようにというか。
そうそうそう。
スペースか、配信で話したことないけど、
大阪の喫茶店のイメージって、
割とどこ行っても結構シャンデリアあったり、
壁の装飾が大きかったりで、
派手ゴージャスってイメージあるけど、
なんかその大阪の特徴、
大阪の喫茶っていう特徴とはまた別の豪華さがあって、
ちょっと違うんだ。
やっぱりその夜の街っていう感じのイメージ。
店内も割とガヤガヤしてて、
これから出勤の人なのか、
27:00
近くに住んでる人なのか、
それか夜までやってるから来てる人なのか、
いろんな人。
老若男女。
若の男女が多かったかな。
若男女。
待ち合わせしてる人もいれば。
でもそっか、その周りのお店の人たちばっかでもない。
うん。
喫茶店っていう使われ方だなって安心はしつつ、
どこ行っても時間帯違えど。
6人で行ったから気持ち、
人数多すぎて、
座る場所むずいとはなったけど。
そっちだね、確かに。
それは別に場所柄とか店のあれじゃなくて、
6人で行った側のやつだから。
で、相も変わらずクリームソーダ頼んだら、
あのね、グラスがごっついの。
どんぐらい?
グラスの分厚さ?
はいはいはい。
割とティピカルなクリームソーダのイメージって、
ワイングラスを縦にウニョって伸ばした、
ワイングラスほど薄くはないけど、
足のあるグラスのイメージだと思うのよ。
うん。
じゃなくて、
ジョッキの分厚さのガラスを、
はいはい。
クリームソーダ用の容器にしましたみたいなやつで。
容器はもうクリームソーダのあれなんよ。
ちょっと足があって、逆三角形の、
パフェグラス、クリームソーダグラスみたいな感じだったんだけど。
あいつが分厚いんか。
あいつが分厚いんか。
なんかね、力強くてね。
力強い。
好きだったなあ。
武骨な。あんま見ない。
あんま見ない。
いいね。なんかさ、
クリームソーダって、
ネオ喫茶の流れ的にもさ、
可愛い物でフォルメされて、
ホップなアイコンになりつつあるけど、
いいじゃん。
なんか、こっち方面の
あったかーってなった。
えー。
なんかその、プリントしてあるとかじゃなくて、
ガラスをデコボコさせて、
ちょっと加工するみたいなので。
分厚くないとできんような加工がしてるわけですよ。
ちょっと彫って、凹凸つけたりして。
それがまた良くて。
いいね。
結構印象に残るクリームソーダだったね。
いいね。
たとえばできるんじゃない?
フラッシュクリームソーダ。
1ゲーで。
俺できると思う。多分。
いや、そう。
記憶力もいいやん。なんか。
なんか、俺の撮った写真素材でやってくれたら、
結構いい点出せると思う。
ね。本当にできそう。
あとね、ここのクリームソーダ、
中身で特徴的だったのは、
チェリーが沈んでるの。
30:00
ちょっと待って。
なんか、武骨とは別だな。悲劇。
チェリーって、
イラストとかデフォルメされてるやつを思い出して、
クリームソーダの上に乗ってるじゃん。
そうだよ。そこにポチョンって。
アイスの横の氷の上とかに乗ってるんだけど。
サクランボって基本乗ってるんだから、上にちょこんって。
で、最後に色のアクセントも含めてね。
ファッて乗せるの。
違ったよ。沈んでて。
これ沈んじゃったとかじゃないの。絶対。
意図して下に入れてるの。
沈めてるの?へぇー。
一番下にアイス食べる長いスプーンが刺さってて、
その上に綺麗に乗って出てきたから。
それすごいね。そんな上手に乗せるんだね。
一番最初にスプーン入れて、その次にチェリー入れて、
シロップソーダ入れたくらいの。
その位置初だよね。
落ちちゃったみたいなやつはいくつか見かけたことがあるけど、
一種を感じたのは珍しいよ。
アイスが詰まってるから、そんな下まで落ちづらいよね。
落ちちゃったって言いつつも、中盤でフラフラしてるのが結構あるけど。
あれは良かったです。
そんなに特徴を出せるんだね。クリームソーダで。
クリームソーダ巡起した巡りを読んでいろいろ言ってるけど、
クリームソーダでそれ一冊描けるわって思った。
かっけーな、それ。
緑と明るめのピンク、何なら赤くらいの色だから、
沈んでると結構暗い色になっちゃうっていうのが、
ジェリーのこの差し色的な役割が、
潰されてる。
でもいいですよ、店内がゴージャスだからいいんですよ。
そこで調和取ってるんだから。
そこでトントン。
気になるな、そのクリームソーダ。
イベントの後に行ったっていうのと、
その喫茶店行く前に行ったご飯もめちゃめちゃ美味しかったからで、
その流れも込みでめちゃめちゃいい時間だったっていう補正は間違いなくあるんだけど。
このジョッキ系のグラス、武骨なグラスっていうのはね、
結構唯一無二って感じがして。
行きたくなるね、それは。
これ、多分当日のTwitterに上げた気がするからね、
また改めてリツイートしておきますけど、ぜひ見てください。
うんうん、見てみたい。
分厚いっす。
ということで、大阪震災橋の喫茶ジャンセンでした。
ジャンセン。
夕方5時からとかそこだけ気をつけて。
そうだね、モーニングとかはやってない。
ということで、
喫茶ホバチでは番組の感想と2人の質問、
33:03
火の鳥に乗った感想、
火の鳥との思い出、
ポッドキャストフリークスの感想などなどを募集しております。
近鉄の思い出。
お便りフォームは番組の詳細、エピソードの概要欄、
Twitterの固定ツイートにありますので、
そちらからどしどしとお寄せください。
奈良県に住んでます。
Twitter、インスタグラムどちらもアットマークホボハチでやっております。
感想ツイートくださる際は、
ハッシュタグホボハチ、ホボハチはカタカナで、
エピソードのリンクもつけてくださると、
これ幸いにございます。
他にお知らせはありますか?
この度ですね、
ただいま、
通販で、
ベースで、
グッズが買えます。
はい、
そうです。
グッズ買います。
エプロンとトートバッグに関しては、
3月19日かな。
来週までに注文いただければと思います。
その先に販売するかどうかは未定でございます。
はい。
じゃあ、ちょっと急ぎましょう。
コースター、ステッカーについては、
ある分だけということで。
あら。
はい。
全部急いでって話です。
そうか、とりあえずアドバイスとしては急いで。
そう。
これね、
ポッドキャストフリックスで
喋ったお客さんで、
本当に、
喫茶店っぽいグッズで固めていったから、
ちゃんと、
実際にお店とかやられているんですか?
って聞いてくれた方がいて。
え?
それ、
本当にそんなこと言ってくれるの?
嬉しいね。
で、そのショップカードの裏を見せて、
架空の喫茶店というか、
その番組の名前を付けさせてもらって、
番組でこういう風にやっています。
で、グッズを全部買っていってもらうと、
お家に喫茶店ができますよっていう感じで、
グッズも作っています。
っていう、
言いたいことを言わせてくれて、
質問をくれたので、
その説をありがとうございました。
月刊純喫茶みたいな。
ディアゴースティーに喫茶をおばあちゃんへ、
みたいなことになっているから、今。
そうね。
お買い上げいただいた方も、
SNS等で、
こんな使い方をしております、
っていうのをあげてくださると、
僕らもとても嬉しく思うので、
ぜひお願い致します。
ちなみに、通販ベースで買ったら、
特定音声って付くんですか?
もちろん付きます。
それだけ?
一筆添えます。
一筆添えか。
あるよ。
いい一筆書く紙。
ということで、きさわちまた来週、
昼下がりにお会いいたしましょう。
バイバイ。
さよなら。
35:57

Comments

Scroll