1. 流行りモノ通信簿
  2. EP.78|オムニバス・ハヤツウ ..

第78回放送。

00:01
Speaker 1
みなさんこんにちは。この番組は、入りモノ通信簿は、身近な入りをテーマに話して学ぶ、緩くて浅めの情報バラエティ番組です。
毎週日曜0時配信、本日もホネストとコヘイでお届けします。
Speaker 2
コヘイさん、どうもコヘイです。
Speaker 1
第78回、10月の末回です。
そうですね。
10月25日ということで。
前回、前々回の時に発表できなかったんですけど。
Speaker 2
え?
Speaker 1
なんと。
Speaker 2
なんと?
Speaker 1
入りモノ通信簿、10周年記念グッズ作りました。
Speaker 2
2、3週間ずっと同じようなこと言ってる。
Speaker 1
言っておくけど、今年10周年記念イヤーなんで。
Speaker 2
前も聞いたわ。
Speaker 1
ずっとやってるかもしれないよ、1年間。
Speaker 2
毎週言い出すの?
今年10周年なんすよって毎週言うの?
Speaker 1
すげー鬱陶しいやつ。
グッズを作ろうかなどうしようかなってフラフラしてたら間に合わなかったじゃないですか。
Speaker 2
そんな話あったね。
Speaker 1
間に合わなかったのは僕のせいなんですけど。
作ってるとも聞かなかったけどね。
10周年なんでせっかくね。
今のこのロゴを使って、一旦10周年記念ロゴを作ろうと思いまして作ったんですよ、10周年記念ロゴを。
ロゴを作ったの?
そう、10周年10th Anniversaryのハイレモン通信簿のロゴをね、この10周年記念用のロゴを作ったんだけど。
それ作っただけじゃなんかね、もったいないというか、それ作ってはい終わりですみたいなのもあれかなと思ったんで。
今回はですね、スズリさんで。
Speaker 2
お、出たよ、噂のサービス。
Speaker 1
はい、スズリさんでいろんなアイテム作れるので、画像さえあれば。
なので、そこでですね、10周年記念グッズを何個か展開をしていこうかなという風に考えております。
Speaker 2
何個か展開しようと考えている?
Speaker 1
それにあたってね、実際にスズリで物を頼んだことなかったんですよ、僕。
Speaker 2
実際に物を頼んだことがなかったんですよ、僕。
うるさいな。
なんだその手、どうした?
Speaker 1
いや、なかったから、その出来具合が分からなかったわけ。
Speaker 2
まあね。
Speaker 1
で、なんか蓋開けてみてさ、届いたやつが結構しょぼかったらなんかショックじゃん。
Speaker 2
まあ、スズリに限ってそんなことはねえよ。
Speaker 1
まあ、そうだと思いつつも、やっぱり自分でね、頼んで見て、物を見て、
03:04
Speaker 1
この印刷のクオリティだったらまあまあいいかと。
こっちにね、見入りはほぼないような形にはすると思いますけど、
やっぱりクオリティ高い物をお届けしたいなという気持ちがあったので。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
公開する前に、自分用にだけ一旦ファイルアップして、パーカー頼んだんですよ。
Speaker 2
あらあら、パーカーを。
Speaker 1
そのロゴが入ったパーカー、10周年記念ロゴが背中にドーンと入った。
で、左胸のところに今の流行り物としてのロゴが白黒で入ってるやつを頼んだんです。
で、それがね、昨日、あの、収録日で言うと昨日なんですけど、届いたんですよ。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
いや、なかなかいいクオリティでね。
Speaker 2
自画自賛。
Speaker 1
いや、だから僕のデザインが云々っていうことではなく、
すずりさんの作るものの印刷のクオリティが、なかなか安っぽくもないし、
グッズとしては全然、買ってもグッズ届いたって感じになるなっていう感じになったので、
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
これはすずりさんで展開させていただこうと思いまして。
はぁはぁ。
Speaker 2
なのでパーカー以外にもTシャツとかね。
Tシャツ。
Speaker 1
いろいろアイテムあるので。
Speaker 2
何があんの?
Speaker 1
まだね、どれにするかってなるけど、子供用のTシャツとかも作れるし、
Speaker 2
子供用のTシャツ?
Speaker 1
あとね、よだれかけとかもできる。
Speaker 2
よだれかけ?
Speaker 1
あとロンパースとかもできる。
Speaker 2
なんだそのラインナップは。
Speaker 1
すごい、いろんなパターン作れるんで。
Speaker 2
そういうターゲット層なのか。
Speaker 1
でもさ、やっぱり子供が生まれたときにその子オリジナルのやつ作ろうってなったときにすごくいいサービス。
Speaker 2
なるほどな。
こんなポッドキャスト番組なんかはもともと相手にしてねえんだわ。
お前らがイレギュラーなんだわっていうスタンスってことが。
ありがとうございます。
勝手に解釈すな。
Speaker 1
まあでも、すごいいろんなアイテム作れて。
はぁはぁ。
で、何だろうな。
それからスマホケースとかもできるし。
なんかね、キーケースみたいなやつもできるし。
すごいいろんな。
ポスターももちろん作れるし。
ポスター?
結構ね、いろんなもの作れるんですよ。
Speaker 2
へえ。
Speaker 1
だからちょっと、あの、なんだろうな。
今日その全部のアイテムをね、ドカッと出すっていうよりもちょっと小出しにアイテム増やしていこうかなというふうに思ってるので。
Speaker 2
小出しに出していく?
また困るねえ。
Speaker 1
10周年記念イヤーですから。
Speaker 2
困るわ、こういう出し方。
第1弾とか第2弾とか出して、じゃあ最終的に第何弾まであるんだよってところが明かされないやり方だな。
くそー、卑怯者め。
Speaker 1
それ、でもさ、あの、別に全部買わなくていいから。
Speaker 2
言っとけ。
Speaker 1
こんなんあるんだって気になるものとか欲しいなと思ったものだけ皆さんお手に取っていただきたいなというふうに思いますんでね。
06:05
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
ぜひ、すずりのあのサイト、私のツイッターにも貼っておきますので、ぜひね、見ていただきたいなと思います。
なるほど。
まあでもすずりのサイト行って、はやつとかはやりもん通信本で検索していただけたら検索出てくるようにしますので。
Speaker 2
うーん。
Speaker 1
そちらのほうもぜひね、チェックしていただきたいというところが1点。
Speaker 2
1点。
Speaker 1
もう1点。
Speaker 2
もう1点。
Speaker 1
えー、この我々の番組10周年のタイミングでですね、
Speaker 2
うん。
Speaker 1
えー、ゼブラさんが。
Speaker 2
ゼブラさんが?
Speaker 1
ブレンのね、
うん。
本体に。
うん。
ロゴをプリントするサービスというのを始めたんですよ。
Speaker 2
へー。
Speaker 1
それを見てね、
Speaker 2
うん。
Speaker 1
これはちょっとやっぱり、はやつと言ったらブレンだろうと。
そんなことはねえわ。
いや、やっぱりブレンの回の衝撃が僕も大きかったので。
Speaker 2
今それ配信してないわ。
Speaker 1
あ、そうね。昔のやつなんですけど。
Speaker 2
はあはあ。
Speaker 1
ブレンでアイテムを作りたいなという思いがずっとあったの。
Speaker 2
うーん。文房具じゃありがちだよね。
Speaker 1
うん。
で、このタイミングで内入れできるんだったらちょっとやってみようと思ってですね。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
えーと、これに関しては、
うん。
まあちょっと公式さんだとロゴが入らなかったんで、
うん。
えーと、ブレンにプリントできる別のね、その、
インジサービスの会社さんにお願いをして、
Speaker 2
はあ。
Speaker 1
えー、流行り物通信網のロゴをプリントした、
はあ。
ブレンをですね、
ほお。
ご用意いたしました。
なんでや。
で、これに関しては、
うん。
私が在庫を持つ形になりますので。
Speaker 2
はっはっはっは。
凝りないねえこいつも。
みなさん凝りてませんよ。
Speaker 1
ただ限定100本なんですよ。
Speaker 2
微妙な数だね。凝りてるような凝りてないような。
Speaker 1
で、過去の応募数からいくと多分十分な数あるはずなの。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
なのでこの100本に関しては、
うん。
お便りをいただいた方。
Speaker 2
いただいた方。
Speaker 1
えー、これからまあ1年間別にどのタイミングでもいいですけれども、
はあはあ。
この、入り物通信簿の、まあこれはね、
あの、10周年記念っていうロゴ入ってなくて、
うん。
単純に入り物通信簿って入ってるだけなので、
そう。
えーと、この入り物通信簿のブレン。
うん。
欲しいよっていう方は、
うん。
ブレン欲しいよ係までお便り送っていただければ、
Speaker 2
謎の係ができたよ。
Speaker 1
その方々には先着順で、
うん。
送りをするようにしますので。
Speaker 2
ただまあ頼むからブレン欲しいよっていうだけのお便りは勘弁してくれ。
そうね。
勘弁してくれ。それは勘弁してくれ。
Speaker 1
それは無視します。
Speaker 2
ついに、ついに無視しだしたぞこいつら。
Speaker 1
ブレン欲しいよだけあのね、
その200回記念とかの時もそうだったけど、
Speaker 2
あの物欲しいよだけのお便りをくれる人がいるんだけど、
09:03
Speaker 1
いや送ったけどね前までは。
せめて一言なんかくれ。
Speaker 2
ブレン欲しいよ。いつも聞いてます。
それだけ。
困るーってなって。
すげー困るーってなるんだよね。
Speaker 1
まあでもね、そのブレン100本限定にはなりますけれども、
作りましたので。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
そっちに関しては先着順で100本が無くなり次第、
これは終了。
Speaker 2
終了。
Speaker 1
はい。で、終了したタイミングでちゃんと番組で告知しますし、
番組のタイミングがちょっとずれちゃったなと思ったら、
はいるもの通信部でも、私のツイッターのアカウントでも、
一応締め切りましたっていうのはご連絡するようにします。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
ぜひぜひね、もしボールペン欲しいよっていう方がいらっしゃったら、
お便りと共に送りいただきたいなという風に思います。
Speaker 2
お願いします。
Speaker 1
はい。
まあね、10周年記念。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
どんだけ来るかなお便り。
Speaker 2
まあ5つくらいじゃないかな。
Speaker 1
9…
Speaker 2
95…
Speaker 1
まあでもブレンって1本そんなに高くないんですよ。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
ありがたいことに。
うん。
だからまあなんだろうな、そんな痛手ではないんだけど。
しかもボールペン自分で使うしね。
Speaker 2
送れば送るほどまた総力がかかるしな。
Speaker 1
そうなんですよ。
まあまあ、余ったら余ったで、
コヘイさんに50本くらい送る。
Speaker 2
なんでや。
使ってって言って。
言うほどブレン使わないんですけどね、僕ね。
Speaker 1
ジェットストリームかな。
Speaker 2
うん、ジェットストリームだね。
Speaker 1
はい。
ということで。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
まあ10周年記念のグッズに関しての告知はこれぐらいとしまして。
うん。
早速、今日の本編に入っていきたいと思うんですけれども。
はい。
今日はですね。
うん。
オミニバスハヤツー会でございまして。
Speaker 2
オミニバスハヤツー。
Speaker 1
お便りがたくさん来ておりますので。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
今日もお便り読んでいきたいと思いますよ。
はーい。
それでは早速本編に参りましょう。
10月のお便り会でーす。
おーい。
この言い方で思い出したけど、便所のつぶやきさんが終わってしまったという。
Speaker 2
なんかそれ間接的な思い出し方やめて。
一回黒猫先生を思い出した後に便所のつぶやきを思い出したでしょ。
それ違うから。
聞いてる人はーってなってるから。
黒猫先生は今引っ越しでちょっと配信が休んでるだけだから。
Speaker 1
なんかさ、こう、ちょっとずつこの番組さんが終わっていくのが最近あるじゃん。立て続いてるじゃん。
Speaker 2
悲しいなあ。
なんかそう。
もう効く番組ねえんすよ。
いっぱい登録しちゃうのに。
Speaker 1
言ってたよね。
でもさ、その、なんだろうな。
にむらさんとさ、ホイップボーイヤーさんが最後の最終回の時に言ってた。
12:02
Speaker 1
この惰性で続けようと思ったらいくらでも続けられるっていう話。
うん。
いやすごいわかるな。
7年半8年あるあるなんだなと思ってたよ。だから。
Speaker 2
まあそりゃそうだろうね。
Speaker 1
うちの番組もだって7年半とか8年ぐらいの時にさ、もうなんだろう。
こいつら何のためにやってんのかなみたいな番組配信してたじゃん、俺たち。
Speaker 2
そうだね。
Speaker 1
まあそこから仕切り直して今があるんですけど。
だから多分7年とか8年続けてる人はみんなあのゾーンに入るんだなっていうのはなんとなく感じたわ。
Speaker 2
まあ一緒なのかなどうなのかなわかんねえけどもな。
Speaker 1
クオリティはね全然違うと思いますけどもちろん。
ベンジョン・ツビヤキさんもずっと面白い配信続けられてましたから。
Speaker 2
そうだね。
Speaker 1
まあでも新たになって帰ってくることちょっと楽しみにしようかなと思ってますけど。
Speaker 2
そうだな。
Speaker 1
なんでしんみりしたんだろう。
Speaker 2
そりゃしんみりするだろ。終わった話だからな。
そうだよそっか。
悲しいなーってなるよ。
Speaker 1
はい。ということで早速1通目のお便り読ませていただきたいと思います。
はーい。
えーお名前。チケゾウさんからいただきました。
Speaker 2
どうもです。
Speaker 1
配信ライブに関してということでいただいております。
ほう。
こえさんほねすとさんこんにちは。
こんにちはー。
いつも楽しく聞かせていただいております。
チケゾウと申します。ありがとうございます。
Speaker 2
ダメです。
Speaker 1
コロナウイルスの関係でエンタメ関係がのきなみダメージを受けていますね。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
自分が応援している坂道グループも
日向坂46がアリーナツアーの中止払い戻しを発表しました。
Speaker 2
あらあらあらあら。
Speaker 1
大阪公演が2日あたっていたんですが行けなくなって残念です。
Speaker 2
坂道グループの話をする人々はやっぱり大阪公演当てがちだよね。
なんでだろうな。
Speaker 1
すごいねみんな。
Speaker 2
大阪って何穴場なの?
Speaker 1
穴場なわけじゃないだろうけどさ。
Speaker 2
西野の卒業公演は大阪本公演でしたからねあれはね。
みんな大阪公演当てるなーっていう気がするよ。
Speaker 1
確かに。大阪公演っていう言葉めっちゃ聞くもん。
Speaker 2
そうめっちゃ聞くもん。
Speaker 1
ベビーメタルの時もそうじゃなかったかなって思っちゃう。
Speaker 2
なんでみんな大阪公演当てるのかなって思っちゃうよ。
Speaker 1
その代わりではないんですが、10月15日に配信ライブがあります。
Speaker 2
終わっとるかな。
Speaker 1
終わりました。日向坂が終わりましたね。
また乃木坂46の白石舞さんの卒業公演も配信ライブになりました。
そうなんですか。
これはね28日になるんですね。
もうすぐやんかな。
Speaker 2
もうすぐなんですよ。
みんな買った?当たった?当たった?大阪公演当たった?
大阪公演当たった?配信ライブの大阪公演とかあんの?
Speaker 1
大阪公演とかないです。配信ライブ。
そして欅坂46の最後のライブも無観客配信ライブということで、我が家は配信ライブが目白押しです。
Speaker 2
なるほどなー。
Speaker 1
これもね欅坂のやつやったんですよ。
Speaker 2
まあそっちは配信ライブで正しいよな。
Speaker 1
どういうこと?
Speaker 2
暴動起きるだろ?
Speaker 1
そんなファンじゃねーわみんな。
Speaker 2
その言い方もひどいっていう。
15:01
Speaker 1
なんでその暴動を起こすようなファンがいると思ってんだよ。
会場で一体となって盛り上がれないのは残念ですが。
Speaker 2
まあそりゃそうだな。
Speaker 1
チケットが取れないライブが見れるのはそれはそれでいいようにも思います。
Speaker 2
複雑だな。
Speaker 1
嵐も配信ライブをするみたいなので視聴したいなと思ってます。
Speaker 2
なるほど。みんな好きなんだなチケット屋さんはな。
Speaker 1
ところで世の皆さんは配信ライブをどのように視聴しているのでしょうか。
我が家はパソコンをプロジェクターにつなぎ、壁に引っ掛けている100インチのロールスクリーンに映します。
Speaker 2
しっかりとした設備。
Speaker 1
音は5.1チャンネルサラウンドシステムにつないでいます。
Speaker 2
それはあれでしょ。いつもライブDVD見るために用意してた系でしょ。
わかるよチケット屋さん。
Speaker 1
もうミニシアター家にあるタイプ。
Speaker 2
事前に用意してましたけどもうみたいな流れでしょ。
Speaker 1
ウーハーが聞くやつね。
Speaker 2
そうそう。あっちの方から客の歓声が聞こえるみたいな。
Speaker 1
ええな。そんなの持ってんの?
Speaker 2
小倉さんか。
Speaker 1
小倉さんのことよく知ってる人じゃないとわかりづらいツッコミだな。
Speaker 2
小倉さん特ダメで毎回そんな話するじゃないですか。
Speaker 1
特ダメで見てる人はみんな知ってると思うけど。地下にあるやつのすごいやつでしょ。
Speaker 2
その話もう何回聞いたんだかって思いながら聞いてるから。
Speaker 1
スクリーンは手巻き式でS字フックなどで引っ掛けます。
Speaker 2
手巻き式。小倉さんじゃねえな。
Speaker 1
小倉さん多分自動だから。
Speaker 2
ウィーンってなってるからな。
Speaker 1
壁には電気のスイッチやインターフォンがありますが、
スクリーンの裏に隠れてしまうので毎回片付けています。
Speaker 2
かなり面倒です。
Speaker 1
サウンドシステムも10年くらい前のもので、パソコンからLINE端子でつないでいます。
PCやプロジェクターから聞くよりは臨場感があります。
いろんなアーティストが配信ライブを行っていますが、
みなさんどんな主張をしているのでしょうか。
もっとより良い方法や効率の良い方法があるかもしれない。
もしかしたらテーマリクエストにもつながるかなと思いメールさせていただきました。
ようやく秋になってきました。
寒暖の差が大きくなってきましたので、お体ご支配くださいということでいただきました。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
喉が枯れております。
風邪の季節ですね。
Speaker 2
これからまた数ヶ月、鼻声とかになったりするんだろうな。
ホネスとか風邪が来たときは秋冬だなと思うんだよねみんなな。
去年も10月くらいからだったもんな。
別に記号じゃないのよ、俺が風邪ひくってことは。
ホネスと声枯れるみたいな記号が出てくるんだろうな。
Speaker 1
入れづらいし。
Speaker 2
どうしようかな。
ホネスとの四文字使うのちょっとダメだな。
骨の声とかにしようかな。
Speaker 1
骨の声じゃねえわ。
骨の声じゃねえわ、虫の声みたいに言うなよ、おい。
それ秋の記号だろ、それ。
Speaker 2
ホネスとの声が枯れてきたことから冬を感じるという一句みたいなのをどんどん生んでいこう。
Speaker 1
いっさとかに呼ばれるのかな、俺。
Speaker 2
そうだな、いいと思うよ。
Speaker 1
よくねえわ。
Speaker 2
ブレるんだわ、お便りの内容からブレまくりなんだわ。
Speaker 1
これオンライン配信のライブですって。
こえさんなんか見たことあります?
18:00
Speaker 2
一個もない、一個もないけども、アラスのライブは11月頭なんでしょ?
Speaker 1
見たよね。
それを嫁さんが見たいなって言ってたから、よし見ていいよって言ってるぐらい。
なるほどね。
僕も配信ライブはねえ、ライブで見たことないかも。
Speaker 2
え?配信ライブをライブで見たことがない?
え?
Speaker 1
あ、ごめん。ライブで見たことないかも。
Speaker 2
イントネーション変えてきたぞ。
Speaker 1
だから、オンタイムでさ、見るのが配信ライブの醍醐味だったりするわけじゃん。
Speaker 2
そりゃそうだね。
Speaker 1
でも、オンタイムで見たことってないかも。
Speaker 2
逆にその視聴方法って何?
え?録画って、え?配信ライブって有料限定配信みたいな感じじゃないの?
Speaker 1
あ、だからねえ、なんだろう、円盤で買うとか。
Speaker 2
あ、結構引いたってから買うのね。
あ、そうね。うん。
Speaker 1
あの、西野の卒業公演は、あの時まだコロナじゃなかったんだけど、
うん。
えっと、ブルーレイで4日間分全部買ったんです。
Speaker 2
すっげえ。
Speaker 1
え、だって西野の卒業公演。
Speaker 2
4日間分見るのが結構ちょっと億劫だわ。
Speaker 1
ただ、買ったのはいいんだけど、
Speaker 2
うん。
Speaker 1
あの、ほぼ見てない。
Speaker 2
西野、怒っていいぞ。
Speaker 1
違うのよ。
あれは、お金を落とすことが一番の目的であるので。
Speaker 2
ああ、すごいファン意識が、ファン意識が高いな。
よく、よく鍛えられたファンだな。
Speaker 1
あとね。
Speaker 2
見ようぜ。見て感想をツイッターに書こうぜ。
Speaker 1
あのね。
Speaker 2
そこまでが卒業ライブだわ。
涙したわって西野、今までありがとう、
ハッシュタグ七瀬丸にお礼を言うって書いてまでが配信ライブだわ。
そのハッシュタグ、うちしか使ってない。
早通しか引っかかんねえんだわって。
Speaker 1
違うんです。
うん。
あの、ブルーレイ買ったんですよ。きれいな状態で見たいと思って。
DVDよりブルーレイだと思って。ブルーレイ買ったの。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
で、俺の。
Speaker 2
10年前の話題だな、それ。
Speaker 1
これパソコン…ごめんな。
Speaker 2
DVDとブルーレイで迷うの?10年前の流行だわ。
Speaker 1
いや、パソコンで自分のiMacにつないでるやつで見れると思ったのよ、ブルーレイ。
で、よくよく見たらさ、俺が買ったやつ、DVDしか見れない。
Speaker 2
当たり前だろ。
ブルーレイディスク入ってるのあんまねえわ。
プレステ4かええ。
Speaker 1
それでさ、うちブルーレイ再生できるの、リビングのテレビしかないのよ。
Speaker 2
なるほど。
子供寝てるのすぐそばだから、夜になっても見れないじゃん。
おい、いつ見んの?って話になる。
これ、円盤買ったらいいけど、昼間だって平日は妻もいますし、「仕事しろよ!」みたいな目で見られるわけじゃん。
Speaker 1
で、子供帰ってきたら見れないじゃん。
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
俺これ、見れないんじゃね?みたいになってんの、今。
21:03
Speaker 1
なので、そのうち部屋で見れるブルーレイプレイヤーを買おうか。
Speaker 2
悲しいなあ。
ブルーレイドライブなかなかない問題に、今さら直面してる人がいますよ。
Speaker 1
俺、本当に流行り物通信やってる人なのかな?
Speaker 2
ブルーレイドライブ買った後に、多分その時に、また上位のブルーレイがあることに気づくパターンだよな。
いたたまれないですね。
Speaker 1
もう世の中DVDとか出てる時に、ようやくフロッピー使い始めました、みたいな話があるね。
ぜひ皆さんの配信ライブに関してもお便り送りいただければと思いますよ。
Speaker 2
どうもです。
Speaker 1
そして続いてのお便りです。
Speaker 2
はーい。
Speaker 1
メールでいただきました。
はい。
こえさん、ほねちゃま、お疲れ様です。高政です。
Speaker 2
どうもです、高政さん。
Speaker 1
いやー、こえさん、すいません。
ん?
今日はちょっとほねちゃまに一言物申しに来ました。
Speaker 2
あらあら、なんすか?
Speaker 1
ちょっとだけほねちゃまをお借りしますね。
Speaker 2
あ、じゃあ僕トイレ行ってきますね。
Speaker 1
これ、いか関西弁って書いてあるんで、ちょっとね、俺高政さんを一回おろさなきゃいけないです、これ。
Speaker 2
この高政さんのメールって、まじ高政さんを一回おろさなきゃいけないから。
それね、ゲームなんとかのあゆみさんも言ってたんだよね。
高政さんのやつって面白いんだけど、読むの結構エネルギー使うって言ってたんだよね。
Speaker 1
一回高政さんおろして、関西弁とか読みますね。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 1
はい。
いやいやいや、ほねちゃま!
なんや、あのエピソード65は。
この番組は全国の蕎麦屋で流れてるから、Pはやめろやと?
いつからそんな長い物に巻かれるやつになってもうたんや。
蕎麦だけにか、蕎麦だけに長い物に巻かれとんのか。
うまないわ、全然うまないわ。
昔はもっと尖ってたやんけ、片茹でやったやんけ。
いつからそんな蕎麦屋に忖度するやつになってもうたんや。
蕎麦屋のためにラジやってんちゃうやろ!
自分のためにやってんやろ!目覚ませ!パン!
Speaker 2
分かったか!
Speaker 1
満足か、高政さん。
Speaker 2
いやー、本番もんのが聞けた感じがしますね。
Speaker 1
こんなに声高いのかな、高政さん。
Speaker 2
いやー、あれだね。
配信7年半ぐらい経つとこういう状況に陥るみたいなのを高政さんも言ってくれたって話だね。
Speaker 1
悲しくなるな。
Speaker 2
昔はもっと片茹でやったやんけって言ってたね。
誰が片茹でやねん。
Speaker 1
うまないわ、ほんまに。
いや、すいません、小林さん。お待たせしました。
Speaker 2
どうもどうも。
Speaker 1
さあ、それでは気を取り直して参りましょう。
Speaker 2
今回僕がご用意したお話は、あなたの知らない蕎麦の世界です。
この手よりこっから長いんだぜ。
皆さん、今のでお腹いっぱいだったでしょう。
こっから長いですからね。気をつけてくださいね。
Speaker 1
そうだよ、そんたくだよ。
小林さん、いつもお世話になっております。お疲れ様です。
さて、無駄に骨ちゃまがビンタされたところで。
それでは突然ですが、そこで森蕎麦を美味しそうにすすっているコウヘイさん。
24:02
Speaker 1
森蕎麦の薬味と言えば何でしょう。
Speaker 2
薬味と言えば?
そう、ネギとわさびですね。
Speaker 1
答えが出たよ。
今では最もポピュラートされている薬味ですが、しかしそのわさび、実はもともとあるものの代用品だったのです。
さあ、そのあるものとは何でしょうか。続けてお答えください、コウヘイさん。
Speaker 2
え?わさびがもともとあるものの代用品だった?
Speaker 1
ああ、残念。タラタラしてんじゃねえよじゃありませんでした。
Speaker 2
どういうこと?高間さん、どういうこと?
Speaker 1
これ、タラタラしてんじゃねえよっていうお菓子を知ってる人どんだけいるのって話なのよ。
Speaker 2
これ、駄菓子のことなのね。
高間さんはボケとツッコミを自らどちらも回収するのはすごいんだけど、ちょっと高度すぎるんだわ。
ごめん、このさっきの関西弁以降、高間さんを一回解除したゆえに、ちょっと恥ずかしさがある。
Speaker 1
わさびは大根おろしの代用品だったのです。
その昔、ざるそばやもりそばは大根おろしの絞り汁に味噌を溶かしたり、そばつゆで割ったもので食されていたのです。
Speaker 2
すげえ、さらっと聞いた。答えは大根おろしだったのね。
Speaker 1
大根おろしだった。
Speaker 2
なるほどね。わさびは大根おろしの代用品だったと。
Speaker 1
はい。そして、辛味の効いた大根おろしがないときに、わさびを代用していたわけですね。
Speaker 2
どっちも乗ってるそばやない?
Speaker 1
あるよね。
Speaker 2
あるよね。
Speaker 1
だから、今ではお好みでどっちつけてもいいよってことなんじゃないの?
Speaker 2
じゃあ、どっちもあるからどっちもつけちゃおうってやつは、ちょっと辛すぎそばってこと?
Speaker 1
まあ、煮辛ってことよ。
Speaker 2
そういうこと?
Speaker 1
そう、そば煮辛ってことよ。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 1
だから、大根おろしだけだったら1辛よ。
Speaker 2
辛味増し増しで、みたいなこと言ったわけだ。
そうそうそうそう。
Speaker 1
あ、ご自由に2辛にできますんで、みたいな話だよね、あれ。
Speaker 2
本当だ。どっちも揃ってる。このそば屋わかってんなー、みたいな話ね。
そんなんなのかな?
Speaker 1
そうそう、薬味の話で言えば。
うん。
先ほど、コウヘイさんは、ネギとわさび以外ありえねえ。張っ倒すぞ、とおっしゃいましたが。
Speaker 2
はい、言った言った言った言った。確かに言ったよね。
Speaker 1
関西出身のホネジャマと僕は、何か物足りない気持ちになるのです。
Speaker 2
おー、なるほど。
Speaker 1
ね、ホネジャマ。知らないコウヘイさんに言ってやってください。
そう、うずらの卵ですね。
Speaker 2
あ、そうなの?
Speaker 1
いや、まあ、言わんとしてることはわかるけど。
Speaker 2
あ、そうなの?うずらの卵はあるもんなんだ。
Speaker 1
うずらの卵、この先書いてあるんでちょっと読みますけど。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
関西では、もりそばやざるそばの薬味に、生のうずらの卵が付いてることが多いんですよ。
Speaker 2
あー、でも言われてみれば、そういうビジュアルは見たことある気がすんな。
Speaker 1
そうでしょ?
Speaker 2
卵の、ね、ちっちゃい卵乗ってるイメージがあんな。
Speaker 1
そうそうそう。で、ツーの皆さんには邪道と言われてしまうでしょうが。
そうでない皆さん、ぜひ一度お試しください。
Speaker 2
ツーだと邪道と感じちゃうの?うずらの卵。
Speaker 1
ツー、なんかさ、ツーのそばってその、なんか卵入れるのはもうそれはそばじゃねえみたいな考えの人いるんじゃない?
27:03
Speaker 2
なるほどね。まあいいや。そこは深く、なんか深淵な気がするからそこは覗かないでおこう。
もう、暗いよ。そこの方は。
Speaker 1
まろやかになってまた違った美味しさがありますよ。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 1
ちなみにツーで、やんごとない方々は。
Speaker 2
急にトータルテンポつけたよ。やんごとねえって。
Speaker 1
かまわんよ。
薬味は常に溶かさずに、そばにつけて食べるとか、むしろは薬味なんか使わずに塩で食べるほど、やんごとないらしいですよ。
えー。
糸お菓子ですね。
Speaker 2
そうだね、糸お菓子だな。
Speaker 1
でも確かに塩で食べる人いるよね。
Speaker 2
牛タンみてえだな。牛タンもわさびで食う人いるからな。
Speaker 1
あ、そうかそうか。でもそうだね。
Speaker 2
肉もさ、あのタレで食べる人とさ、いや塩だろうとかさ、わさびだろうとかっているよね。
Speaker 1
岩塩削ったやつで食べる人もいる。
Speaker 2
そうそう、なんかキムタクかなみたいな感じになるよな。
Speaker 1
でもね、わかる。
Speaker 2
スマスマで、あ、そう、ビストロで出るよねこれみたいな。
ああ、すげえ。
Speaker 1
めっちゃ削ってるみたいな。
Speaker 2
やっぱキムタクすげえみたいな。
Speaker 1
あ、ちょっとピンクなんですね岩塩って。
Speaker 2
オーダーとか言ったな。
懐かしすぎんだよもう。
Speaker 1
もうやってねえからあれ。
Speaker 2
デニアル前の話だわそれ。
Speaker 1
ただでさえ高松さんのタレ長いんだよ。
さあそんなわけで、今度は蕎麦を見てみましょう。
まだ見るの?
Speaker 2
終わらないお便りね。
Speaker 1
小江さんがすすっているその蕎麦は何色でしょうか。
白ですか?灰色ですか?
Speaker 2
灰色に黒っぽいつぶつぶが混じってるやつ。
Speaker 1
ざっくり分類すると、蕎麦の実を引いた際の一番子を使った白く上品な香りを持つさらしな蕎麦。
蕎麦殻を引き込んで灰色になった蕎麦の香りが強い田舎蕎麦。
そしてその中でも蕎麦粉100%の10割蕎麦と小麦と蕎麦粉の割合が2対8の28蕎麦。
この辺が割とメジャーかなと思うのですが。
なるほど。
さて、それではそこで280円の立ち食い蕎麦を食べている骨ちゃま。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
この蕎麦280円なのに白いぞ。まさか上質な一番子を使ったさらしな蕎麦なんか?と思ったかもしれませんが。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
骨ちゃま、それは多分蕎麦粉2割小麦粉8割の通称逆28蕎麦です。
というか、もはやただの細いうどんです。
食品表示上でも蕎麦と名乗ることを許されてないやつです。
Speaker 2
誰をディスったことになっているのか分かんないなこれな。
Speaker 1
あれはな、あれでめちゃめちゃうまいんだよ。
Speaker 2
もうだってもう蕎麦屋で流れてるからこの話題をして最終的に蕎麦屋をディスるってどういうこと高松さん。
Speaker 1
立ち食い蕎麦屋では流れてないと思うからね。
Speaker 2
そっか、よかった。そっかそっか、もっと上位層の方々があ、そうなんだ蕎麦と名乗れちゃいけないやつもあるんだなって思うわけだ。
Speaker 1
そうね、蕎麦って名乗れるのは協会が決まってるんですよね。
Speaker 2
蕎麦の協会が。
Speaker 1
蕎麦の協会があって、何割以上入ってないと蕎麦って名乗っちゃいけないっていう決まりをそこが決めていて。
30:05
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
だから沖縄蕎麦って本当は沖縄蕎麦って名乗っちゃいけなかったんですよ。
Speaker 2
ラクトアイスみたいな話な。
Speaker 1
あ、まあなぜアイスで例えたのかっていうところはさておいてそうね。
でもそうなんですって。
Speaker 2
なるほどね。じゃあホネストが今食べてたのは蕎麦と名乗っちゃいけないやつだと。
Speaker 1
まあ細いうどん。
Speaker 2
もはやただの細いうどん。
でも逆に丸亀製麺からしたらそんなんもううどんじゃねえっていうやつってことね。
Speaker 1
だから何の立ち位置でもないよね。だから。
だからハーフだよね。蕎麦とうどんのハーフ。
というわけで昨今ぬー腹だとか、たわけたことを言われがちな蕎麦についてのお話をしましたが。
本来蕎麦はズズッとすすって空気を含むことで鼻から抜ける香りを楽しみながら食べるものです。
パスタが音を立てて食べるマナーならば、蕎麦は音を立てて食べるマナーなのです。
というかここは日本やねんからズズッと言ったらええねん。
ね、蕎麦屋さん。ということでいただきました。
Speaker 2
いやーありがとうございます。すごい大調査でしたね。
Speaker 1
高政さんおろすのすごいわ、これ。
あってたかな。高政さんおろした感じあってたかな。
Speaker 2
いやーでもよくできてたと思いますよ。
やっぱりゲームなんとかでは誰も関西弁を話せるやつがいないからね。
そこはいつも申し訳ないと思ってたんですよ。
Speaker 1
そっかそっか。そうね。
Speaker 2
それに高政さんゲームなんとかに送るときはそんなに関西弁チックに話さないからね。
そこまで強調してこないからね。
今回のハヤツズ向けのやつなんでね、ホネスをバリバリ意識したっていうのを感じてますよ。
Speaker 1
申し訳なさすぎるわ。
いや、ありがたいんですよ。ここまで書いていただけるなんてなかなかないんですから。
Speaker 2
そうだね。
いやー僕の10年のポッドキャストレーキで一番お便りを送ってきたのは高政さんになった気がする。
Speaker 1
あ、ゲームなんとかも含めてね。
Speaker 2
ゲームなんとかまだ3,4本高政ストックある気がするもん。
Speaker 1
あの、高政ストックっていうのやめてあげて。
Speaker 2
高政ストックあるのにまた来たみたいなさ、追加4本目、5本目みたいな、また溜まったみたいな。
高政さんこれ永遠に終わらんでって思ってた。
Speaker 1
すごい備蓄じゃん。
Speaker 2
もう、なんかね、その時点で高政さんのお便りをなんとかとかできそうなんだよね。
Speaker 1
やってほしい。
Speaker 2
もうね、それやる時にホネスを呼ばなきゃいけない気がするんだよね。
Speaker 1
関西弁用意として。
高政界ね、いいじゃん。
ねえ、逸材言いましたけど、ぜひぜひ楽しみに待っていただきたいと思いますけど。
はい、ありがとうございます。
そして続いてのお便りです。
Speaker 2
はいはい。
Speaker 1
ねこねこさんからいただきました。
Speaker 2
ねこねこさん。
Speaker 1
ふつおたでございますが。
Speaker 2
どうもです。
Speaker 1
炊飯器手放しました。
え?
小江さん、ほねそさん、はじめまして。
はじめまして。
とにかく早い炊飯の回、楽しく聞かせていただきました。
Speaker 2
自分で名付けといたらあれだけど、とにかく明るい安村さんみたいだよね。
Speaker 1
意識してたんじゃない?
Speaker 2
意識してなかった。
Speaker 1
あ、そう。たまたまだ。
Speaker 2
たまたまだった。
Speaker 1
我が家は約1年前に炊飯器を手放し。
33:01
Speaker 1
うん。
今では手持ちのフライパンや鍋でご飯を炊いています。
Speaker 2
えー。
Speaker 1
それまでは炊飯器の回を聞くたびになぜだか胸がざわざわしていましたが。
すいません。
手放してからは穏やかな気持ちで聞くことができています。
Speaker 2
うん、なるほどな。
Speaker 1
最近では本当にいろいろな炊飯器が出ていますね。
うん。
ゾウトラ合戦、今後も楽しみにしています。
ありがとうございます。
猿カニみたいになっちゃったね。
Speaker 2
そうだな。
猿カニ合戦、ゾウトラ合戦。
うん。
猿カニみたいな楽しいオチは待ってるかな。
Speaker 1
あれは猿が悪者だからね。
Speaker 2
ってことはゾウが悪者なのか。
Speaker 1
まあ、並びで言ったら。
Speaker 2
並びで言ったらそうだよね。
Speaker 1
でもゾウってどっちかっていうといい人イメージない?
Speaker 2
まあ、そうだな。
トラは凶暴なイメージがあるもんな。
Speaker 1
そう、だから悪者になるとしたら多分トラの方が悪者になりがちじゃん。
Speaker 2
そうだな、なんか変だな。
ちょこざいな悪巧みをしてな。
ゾウを込めらしてやる!
Speaker 1
よし!
Speaker 2
とか言ってな。
Speaker 1
で、ゆったりしているゾウはあんまり気にせずそこをするし、
最終的にトラがなぜか自分でかけた罠に自分ではまるみたいな。
Speaker 2
そうそう。ゾウが歩く道のとこに罠を置いておこうって言って。
ゾウがブスブスって言っても全く気づかない。
あれー?とか言って。
とか言って、なんかちくしょーって言って帰ったら自分で罠を踏んじゃってトラがあいてーみたいな絵本。
あれ、これいけるんじゃないの?
煙突末のプペルがいけるんだったらいけるんじゃない?これ。
プペルと同率で語るなお前は。
レベルが全然違うわ。
いけるんじゃないの?ゾウトラ合戦いけるんじゃないの?
連作シリーズいけない?これ。
俺、描こうかな。
ちょっと、ポッドキャストやめて、絵本作家になるかみんなでな。
Speaker 1
絵本作家じゃねえよ。
Speaker 2
ちょっと誰か絵描かない?
Speaker 1
あ、そうね、誰か。
Speaker 2
ホネス、朗読しといて、それ。
Speaker 1
あ、わかりました。
Speaker 2
じゃあ、アレクサー、ゾウトラ合戦読んでって言ったら、それ急に読み出す感じ。
Speaker 1
俺じゃん。
おかしいじゃん、それ。
まあね、ゾウトラ合戦楽しみにしてるというありましたけど、炊飯器手放したんですって。
Speaker 2
そっかー。
Speaker 1
まあでも炊飯器なくても炊けるからね。
Speaker 2
いやー、まあ、本当は思うけどさ、そのご飯専用の調理家電っているの?って言われたら、別にいらないよね。
Speaker 1
いつぞや、あのー、うちの妻がですね、何を持ったか突然、あのー、無印でさ、お米炊ける土鍋あるじゃん。
Speaker 2
ありますねー。
Speaker 1
あれ欲しいんだけどって言って。
Speaker 2
はい。
Speaker 1
今家にあります。
Speaker 2
お!卒業手前じゃないすかー。
いや、まあまあめんどくさいんですよ。
Speaker 1
だからうち、米だけを炊くためのものが2つあるのよ。
Speaker 2
へー。
Speaker 1
でも、土鍋はね、何がいいって、その炊き込みご飯とかするときは、きれいにお焦げができるの。
Speaker 2
いや、それモード知らないだけだよ。
Speaker 1
お焦げモードね。
36:01
Speaker 2
まあ、アイリスにあるか知らんけども。
あと、あのー、それ、今の骨すとけの完全に中間にいるのがバーミキュラなんですよね。
マジ、中間に位置するやついるんだよね。
Speaker 1
投げ割るわ。
Speaker 2
そう、最後そこに行って、多分落ち着くんじゃない?
Speaker 1
あの土鍋ちょっと、投げ割ろう。
Speaker 2
あのー、結構なスペース取んのよ、あれ。
ちょうどだと思った。
なんでよ、無印のやつは間違いなく質はいいからね。
Speaker 1
そう、だから、別にね。
Speaker 2
譲ってやってくれよ、メルカリに行ってくれよ。
Speaker 1
あ、メルカリか。
Speaker 2
メルカリに行って、タモリさんのに解説してもらえよ。
Speaker 1
最近CMやってるからな。
いや、でも、あれ買って、何だろうな、後悔してるものではもちろんないんだけど。
Speaker 2
もちろんね。
Speaker 1
うん、いいご飯炊ける、おいしいなってふっくらしてるなっていうのはあるんだけど。
Speaker 2
めちゃくちゃうまい雑炊炊けるで。
Speaker 1
それは確かにそうね。
Speaker 2
めちゃくちゃうまい10倍ぐらいとか炊けるかな。
Speaker 1
炊けんじゃない?
Speaker 2
すごいな。
子供向けに。
気合入りすぎだってね。
Speaker 1
でもさ、あの土鍋って育てるんですよね、基本。
Speaker 2
あー、出た。鍋育てる人ね、出たよ。
Speaker 1
あの、鉄鍋と一緒で。
Speaker 2
意識高い人だ。
Speaker 1
高くないんだよ。育てなきゃ使えないんだ、あれ。
あのさ、その、なに?
米のその、澱粉質がうまく浸透していけば浸透していくほどいいみたいな。
Speaker 2
なるほどな。
Speaker 1
あるじゃない。
Speaker 2
スキレットみたいな話だな。
Speaker 1
あ、そうそう、スキレットみたいなことよ。
Speaker 2
何の話してんだ、これもう。
もう、いつからこんなオシャレ情報番組になったんだよ。
全然オシャレじゃねえんだわ。
Speaker 1
まあでも、あのー。
Speaker 2
インスタバイトが狙ってねえわ。
Speaker 1
手放すのも一つ手だと思いますからね。
Speaker 2
本当だよ、もう。
ハイルムの通信部の世界線ではね、いつまでもバカな炊飯器合戦やってますけども、
Speaker 1
そう。
Speaker 2
多分もう、炊飯器の価値観ない古いっすよ。
Speaker 1
まあ、もうそうなってくるだろうね、多分ね。
Speaker 2
いらんくないって、おげんが言うよ。
Speaker 1
おげんさんにしてやるなよ。
Speaker 2
おげんが言うよ。
おげんさんと一緒で。
ゲストにおげん出てくるよ、きっと。
Speaker 1
出てこねえわ。
Speaker 2
おげんとおげんが出会って、炊飯器いらなくね?っていう話になって終わるんだよ。
そうだな、俺たちはギターがあればもう何もいらないって言ってな。
二人とも歌うから。
Speaker 1
そこでなんかシンパシー感じてんじゃないの、二人で。
Speaker 2
やめろ。
ちょっといいポエムあるんですけども、歌ってくれませんみたいな話になってな。
あれに歌つけんの?
Speaker 1
星野の方が?やめてくれ。
Speaker 2
なんか、Fメロぐらいまであるんだよな。
Speaker 1
もう、それメロディじゃねえよ、もう。
Speaker 2
ポエトリーリーディング始まった!
Speaker 1
もうやめろやめろ、もう。世界には愛しかないじゃないんだよ。
はい、ということで続いて読んでいきます。
ケリーさんから頂きました。
10周年おめでとうございますということです。
Speaker 2
どうもです。
Speaker 1
小泉さん、オネエストさん、おはようございます。
どうもです。
配信10周年おめでとうございます。
Speaker 2
ありがとうございます。
39:00
Speaker 1
10年くらい前にポッドキャストになるものを知って、間もなく入り物通信網を見つけて聞くようになりました。
確かな記憶があるのは、まだ配信回数が2桁の時でした。
なるほど。
Speaker 2
え?2桁の時から聞いてんの?
2桁の時よ。
ちょっとちょっと。
Speaker 1
だいぶ前よ。
Speaker 2
忘れて?
Speaker 1
記憶抹殺しようと思ってないよ。
ほんと忘れて?
Speaker 2
やめなさいよ。
Speaker 1
記念会の時に頂いた番組グッズは、ポッドキャスト専用の宝箱に大切にしまってあります。
かわいい。
イヤホンのコードをマキマキするのは、ワイヤレスイヤホンを使うようになったので、今は親子ごめんになっています。
Speaker 2
風化していくね。
Speaker 1
あの頃から聞いていた番組で、今日まで続いている番組は少なくなりました。
Speaker 2
そうだな。
Speaker 1
続いていても配信頻度が減ってしまっている番組が多い中、
そうだな。
はいりもん通信部はずっとペースを乱さずに配信していただけるので、すごいことだと感心しております。
Speaker 2
そうなのかな。
Speaker 1
今後僕もお二人を見習って精進していきたいです。ではまたメールしますねと頂きました。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
けりーさんの番組の方が圧倒的に人気ですよ。
そうだね。
Speaker 2
あとけりーさん、けりーさんのお便りより前のところをふざけすぎて時間がないので、あっさり流しますね。
なんでだよ。触れてやれちょっと。
いやなんかもう、ホンエスがオープニングというか、ベンジョン・ツブヘクさんの話をしちゃったから、けりーさんの時に話そうと思ったことなくなっちゃってさ。
Speaker 1
けりーさんごめん。
Speaker 2
そうなんだよ。
まさしく長寿番組終わってるのが続いててさ、寂しいなっていうことぐらいなんですよ。
Speaker 1
このお便りの感想は冒頭に聞いたと思ってます。
でもありがたいね。ずっと聞いていただけてるからね、けりーさんは本当に。
Speaker 2
そうだね。まあ確かにけりーさんはお便りも、そうだな。さっき高松さんが咲いたって言ったかもしれないけどけりーさんも多いもんな。咲いたかもしれんな。
Speaker 1
けりーさん多いよ。けりーさんは本当にいっぱい送ってきていただけるし、その後ご自身で番組始められたのもあるし、もう本当にポッドキャスト仲間ですよ。
Speaker 2
そうだな、けりーさんずっと一番付き合い長いかもしれないな。
Speaker 1
そうね。まあそのお便り送ってきていただいてる方の中ではそうかもね。
うん。認知してる中で一番付き合い長い気がしないでもない。
Speaker 2
同じぐらいの人がわからない。いるかもしれないけどわからない。
Speaker 1
そう確かに。今後もぜひよろしくお願いしたいと思います。
Speaker 2
この先もよろしくお願いしますね。
Speaker 1
そしてここからはですね。
Speaker 2
ここからは?
Speaker 1
76回の私のトロンの回がありましたけれども。
Speaker 2
あ、ありましたねトロンの回。
Speaker 1
あの10周年記念回としてやらせていただいた、まあ何かがおかしいよねっていうのを投げかけて終わった回。
Speaker 2
そうだね。泣けっぱなしだったねほんとね。
Speaker 1
もうすごかったですよ反響が。
Speaker 2
泣けっぱなしだな。
Speaker 1
ふざけすぎとか。
Speaker 2
そうだな、ふざけすぎ。ふざけすぎって言われたなごめんな。
Speaker 1
でもあの回改めて僕3,4回聞きましたけど自分で。
42:02
Speaker 1
うん。
ふざけすぎだね。
Speaker 2
まあそれはまあ否定できない。
Speaker 1
でもそれはなぜなのかということをねちょっと今日皆さんにね正解を発表するんですけども。
うん。
それにあたってのお便り何つか来ておりますので今日はそれを全部読み切って終わっていこうと思うので
ちょっと長めになると思いますがそこはご了承ください。
はーい。
まず1つ目よりぴとさんからいただきました。
Speaker 2
どうもです。
Speaker 1
トロンの苦い思い出ということで。
Speaker 2
トロンの苦い思い出?
Speaker 1
前略。
うん。
幻のOSトロンの回興味深く拝聴しました。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
カッコトロンが流行りものなのかはさておき。
Speaker 2
本当だよね。流行ってないと思うよ。
Speaker 1
ところでホネストさんはトロンOSを触られたことありますでしょうか?
Speaker 2
ありますでしょうか?
Speaker 1
ないです。
Speaker 2
え?自分で話しといて?
ないんですよ。
なんてまたコオロギーパウダーと同じ話だよ。
Speaker 1
あるのかもしれない。知らないうちに触っているのかもしれないけど
うん。
それがトロンと思って触ってはないと思う。
Speaker 2
まあそんなもんだろうな。
Speaker 1
うん。まあわかんないですけど。
わかんないからな。
私は20年以上前にセイコーインストゥルメンツが発売したトロンOS搭載のPDA
ブレインパッドティポを使っていたため
トロンOSの使用経験があります。
えーすごい。
番組でも触れられていたようにトロンOSにはいくつもの種類があり
ティポではBトロンが採用されていました。
Speaker 2
Bトロン。
Speaker 1
Bトロンはいわゆる普通のパソコンでいうファイルやフォルダによる釣り構図の概念とは異なり
実診と過診という奇妙な構造になっています。
簡単に言うと固有のデータを実診と言い
本で言うところの本文といったデータそのものに相当します。
対して表紙に相当するのが過診という感じです。
と言ってもピンとこないと考えますが。
そうだね。
要するに従来の慣れ親しんできたパソコンの概念とは全く異なっているため
それが体感的に理解できないと
Speaker 2
Bトロンはクソ使いづらいややこしいだけのシステムになり下がってしまう欠点がありました。
ややこしいね。
Speaker 1
前述のPDAブレインパッドティポはそんな概念の理解だけでもめんどくさいシステムではあるにもかかわらず
動作がもっさりしていたことや
そもそもタダでさえ小さな液晶画面なのにバックライトがついていないので
何が表示されているのがよく見えないというありさま。
Speaker 2
あるよね。
私は一年ほど我慢して使ってみたものの使うたびに苦痛すぎてまさに苦評。
ある日怒りに任せて投げ捨てるようにゴミ箱へ放り込みました。
Speaker 1
そんな忘れかけていた苦い思い出がよみがえる回でした。
Speaker 2
なるほどな。申し訳ございませんでした。
Speaker 1
申し訳ございませんでした。
Speaker 2
ちょっと古傷を掘り起こしちゃったみたいで。
Speaker 1
そうね。でも今となってはいい思い出ですってなってるかな。
45:04
Speaker 2
書いてないからなってないかもしれないよ。
なってないか。
Speaker 1
そうか。よれびとさん今、僕たちよりも多分、もちろん上だと思いますけど
今のどれくらいなんだろう。40代の方、50代くらいの方使ったことあるのかな。
Speaker 2
でも僕、トロン家だったかどうかって言われるとわかんないんですけども
僕とかが小学校の時とかもPDAって結構あったじゃないですか。
Speaker 1
はいはい、ありましたね。
Speaker 2
僕なんかよくわかんないけどすげえ物欲として憧れはあったんですよね。
Speaker 1
なんかかっこよく見えるよね、PDAってね。
Speaker 2
なんか当時スマホとかなくてさ、携帯もなかったような時代だったからさ。
Speaker 1
ないね。
Speaker 2
外で持ち歩けるパソコンみたいなやつってめちゃくちゃかっこよく見えたんだよね。
Speaker 1
わかる。だから電子なんちゃらってすごい光って見えるじゃん。
Speaker 2
そうだね。電子手帳とかいう時代があったんですよ。
Speaker 1
そう、電子辞書とかね。
そう。
そうそう、わかるわかる。
Speaker 2
その時にPDAって謎の3文字。
Speaker 1
そう、わかるね。
Speaker 2
めちゃくちゃかっこよかったからね、欲しかった。意識はあったよ。すごい気持ちは強かったけども。
Speaker 1
でも使ってたらこんなことになってたんだよ、多分。
Speaker 2
まあね、多分現実小学校ぐらいの頃持っても多分使う道ほぼなかった気がするし。
Speaker 1
まあ、そうね。
Speaker 2
多分、そして買った時にジュシーンカシーンとか言って、うーんってなってたんだと思うよね。
Speaker 1
そうね。
Speaker 2
まあ今だったらギリギリ理解できるのかな。これは多分ポインターみたいな話でしょ、きっと。
Speaker 1
そうですね。カシーンの方がポインターになってそこを指してます。で、触るときは自身の方を触りますみたいな話だよ。
Speaker 2
C言語かみたいな話でしょ。
そうよ、ほぼもC言語だよね。
やだわ、河之助何考えてんだわっていうわ。
Speaker 1
下の名前で呼ぶなって。いないんだあんまり。
松下さんのことをコーノスケで呼ぶやつ。
Speaker 2
コーノスケーって。
コーノスケーって。
Speaker 1
親ぐらいだわ、松下コーノスケの。
まあまあ、そうですか。触ったことある人のこの話はちょっと貴重だね。
Speaker 2
そうだなあ。
Speaker 1
えー、そして続いてのお便りから皆さんの謎解きが始まるわけですけれども。
Speaker 2
なるほど。
Speaker 1
西郷さんから頂きました。
ダメです。
違和感当ててみようのコーナーということで。
Speaker 2
お、そんなコーナーあったんだね。
Speaker 1
うん。
西郷さん、コウヘイさん、こんにちは。
Speaker 2
こんにちは。
Speaker 1
ハヤツゲームスから来ました。
Speaker 2
お、どうもです。
Speaker 1
かっこ嘘です。
Speaker 2
なんでついたその嘘を。
Speaker 1
なんで?
この度は10周年おめでとうございます。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
11年目指して頑張ってください。
Speaker 2
どうもです。
Speaker 1
楽しみにしています。
ぶっちゃけリニューアル後から聞き始めました、新山本です。
Speaker 2
どうもです、どうもです。
Speaker 1
私にとって今や週1回の楽しみになりました。
ありがとうございます。
時に違和感の件ですが。
Speaker 2
うん。
Speaker 1
聞いて正直わからなかったのですが。
うん。
番組最後のお二人のコメントで。
48:01
Speaker 1
うん。
コウヘイさんは演者側なので違和感を感じていた。
Speaker 2
うんうん。
Speaker 1
ホネストは何か疲れた。
Speaker 2
なぜかホネストに敬語なし。
Speaker 1
きつい。
ホネストは何か疲れたというお言葉。
この言葉から推測するに、
おそらくお二人とも対固式マッサージの施術をされながら収録していたのではないかと思います。
Speaker 2
なるほどね。
Speaker 1
嘘です。
Speaker 2
ホネストへのいじりのインパクトが強かったね。
Speaker 1
本当の答えは本編はノーカットだったのではないでしょうか。
Speaker 2
はあはあはあ。
Speaker 1
これも自信はありません。
うん。
他の回もすぐに聞き直してみましたがあまり差はなかったように感じました。
なるほど。
実はお互いがお互いのモノマネで入れ替わってやってたとか、
全編全セリフが最初から決まっていたとかそんなこともよぎりましたが違うと思います。
うんうん。
もう分かりませんのでここら辺で終わりにしたいと思います。
これからも元気に頑張ってください。
Speaker 2
なるほどね。
ノーカットね。
Speaker 1
ノーカット説ね。
Speaker 2
あの回そんなカットしてないでしょ。
Speaker 1
あーでもほぼほぼ、
Speaker 2
そうね。
Speaker 1
あのちょっと噛んだ、噛みすぎたみたいなところは編集しましたけど、
あんまり編集してないかも。
Speaker 2
そうでしょ、もう整えたぐらいの話でしょ。
Speaker 1
うんうん、そうね。
Speaker 2
いやまあある種正解かもしれない。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
まあでもそういう回結構ザラにやるからな。
毎回そんなめちゃくちゃガッツリ編集してるってわけじゃないからな。
Speaker 1
でもね、あそうそう、言葉を切ったりとかってガッツリやってるのはほぼ毎回ないけど、
だいたい毎回やるのはその間の取り方とか、言葉重なってるところでちょっと変えたりとかぐらいかな。
うん。
だから、