1. 藤原の進捗
  2. 気分転換も大事です
2024-03-08 29:35

気分転換も大事です

仕事が落ち着いたので植物園に散歩行ってきました。桜の蕾が春の到来を予感させてくれて嬉しい。

後半でおたよりフォームから届いた、画像生成AIに関する質問にお答えしてます。

いつもに比べてかなりまったりモードなので、まったりしたい時にどうぞ。

ちょっと風切り音や衣擦れ音が思った以上に入ってたのでお聞き苦しくて申し訳ない…

#声日記

Summary

On March 8th, Hiro Fujiwara goes for a walk in the botanical garden to relax and enjoy the sights of the upcoming spring season. A rumor has been found that a certain image generation AI is associated with X. The image generation AI is currently developing and will soon become a part of society. It is important to take a break and exchange information and interact with people in online communities. The effectiveness of marketing through technology blogs is showing an increase.

Exploring the Botanical Garden
三月八日、藤原ヒロです。 Today is March 8th, I am Hiro Fujiwara.
今日は、ちょっと散歩に出ようと思って、 Today, I am going to go for a walk.
すごい、だらだらしゃべりの声に気を残そうかと思っています。 I am going to try to keep my voice quiet.
仕事が人段落して、 I have a lot of work to do.
締め切りというものを、あんまり明確に何日でしたっていうのは、 I don't want to say how many days it was,
ちょっと言うのは控えた方がいいという事情があるので、 I don't want to say when it was over,
いつが締め切りだったとかっていうことはあえて言わず、 I don't want to say when it was over,
ちょっとやっと遠慮なく外に出れる状態になったので、 I can finally go outside without hesitation,
植物園に春の気配を感じに行こうかと思っています。 so I'm going to go to the garden to feel the spring.
京都不律植物園は、一回の入園料が200円とかだったかな。 I think the entrance fee for the first time was about 200 yen.
年間パスが1000円とかなんで、私は年間パスを買っているので、入り放題です。 The annual pass is about 1000 yen, so I'm buying the annual pass, so I can enter as much as I want.
これは今、初めてやってみてるんですけど、 I'm doing this for the first time now,
アイフォンの純正の有線イヤホンを使って録音をしに行きます。 I'm going to record with an iPhone's genuine wired earphone.
どうやったかな、これ多分すごい前に買った iPhoneについてきてるイヤホンなので、 I don't know how good this is because it's an earphone I bought a long time ago.
これの質がどうのっていうのはちょっとよくわかんないんですけど、 I don't know the quality of this,
今売られているイヤホンじゃないやつなんで、 but it's not the earphone that's on sale right now.
まあでも、さっき試しに音を聞いてみたら、 Well, but when I tried to listen to the sound earlier,
まあまあ聞きやすい音質だったと思うので、 I think it was a pretty easy-to-hear sound quality,
ちょっと今回これで散歩収録をしてみたいと思います。 so I'd like to record a walk with this.
今から植物園に入ります。 I'm going to enter the garden now.
こんにちは。 Hello.
植物園は門が4ヶ所ぐらい入るところがあって、 There are about 4 gates in the garden.
今回は、多分結構マイナーな方の北千門っていう門から入ってます。 This time, I entered from a pretty minor gate called Hokusen-mon.
北千通りっていう道があるんですけど、 There is a road called Hokusendori,
それのどんつきのところから入れる、 and you can enter from the Don-tsuki gate.
プリーツ大学の校舎が一番近いところですね。 It's the closest to the Pritz University building.
そこの門から今入ってきました。 I entered from that gate.
入ったら結構ガッツリ、 When I entered the garden,
薔薇園の奥にある噴水がある場所に行ってます。 I found a fountain in the back of the garden.
冬の間は結構焚いてる花とかも少ないんで、 During the winter, there are few blooming flowers,
Discovering Spring Flowers
噴水の周りの植材も土の準備期間みたいな感じになるので、 and the food around the fountain is like a preparation period for the soil,
あんまり何もない状態だったんですけど、 so there wasn't much going on,
春に咲くであろう花が植えられたなっていう感じになってます。 but in the spring, I feel like the flowers have bloomed.
今からここから多分いろいろ大きくなるだろうなっていう。 I think it's going to get bigger from now on.
ピーケーギク、ヤナギチョウジ、カンナ、いろいろ植わってますね。 I have a lot of flowers in my garden.
写真撮っとこ。 I'll take a picture.
ちょっと今回は一眼レフも持ってきたので、 I brought an inner-view camera this time,
花の写真を久々に撮りながら観光したいと思います。 so I'd like to take a picture of the flowers and reflect on them.
このシャッター音とかがもう、どれくらいの音の感じで入るだろうって思ったんですけど。 I was wondering how much of this shutter sound would be in the video.
いやー、園芸をしたい。 I want to do some gardening.
ちょっとね、漫画をずっと本詰めて書いていたので、 I've been writing a lot of manga,
今から3月は、春の園芸シーズンのための準備をしないといけないなってずっと気にはなってたんで、 but I've been thinking about preparing for the spring gardening season,
明日以降はちょっといろいろ整えていきたいなと思っています。 so I'd like to do a lot of things starting tomorrow.
サンルームもお庭もちょっとしばらく徹末だったんで、 I've been away from the sunroom and the garden for a while,
噴水からバラ園に来ました。 so I came to the rose garden from the fountain.
その間に花の、油の中のなんか菜花が咲いてるエリアもあります。 There is also an area where flowers are blooming.
花園は今はあれですね、全部綺麗に切り戻されて、花は時期がもうだいぶ終わってしまっているので、花は全くない状態なんですけど、 The garden is now all cut back cleanly, and the flower season is over, so it's not in bloom at all.
結構めちゃくちゃ丁寧に管理されてるなって思いますね、この不立植物園。 I think this garden is managed very carefully.
不立植物園をほんと、なかなか今まであまり来なかったんですけど、結構来やすい位置に引っ越したっていうのもあって、 I've never been to a garden like this before, but it's pretty easy to come to.
これは、やっぱり来てみたら贅沢な気持ちになる植物園なんですよね。 This is a garden that makes you feel luxurious when you come here.
人がすごく少ない。どっちがいいのかっていう話なんですけど、経営的にはなかなか厳しいんじゃないかなって思っちゃったりするんですけど、 It's a little hard to manage, but it's cheap.
そんな値段で大丈夫かって思うぐらいの、どこにも金を落とさないみたいな。 I don't think it's that expensive.
でも別にこう、何かを買わせようっていう気も全然見受けられないっていう。 But I don't feel like I'm trying to buy something.
花園を抜けて、芝生の方にちょっと行ってみます。 I'm going to go to the lawn after leaving the garden.
今はなんか、春のなんとか展みたいなのをしてる時期じゃないかな。 I think it's time to do something like a spring exhibition.
すごい、夫婦喧嘩みたいなのしたがる。 It's like a couple's quarrel.
夫婦喧嘩をされている横を通って、日が増えてました。 I passed by a couple's quarrel and the sun was rising.
結構、今日はたまに風が出ていて、マイクの風切れに気になるかもしれない。 Today, the wind is blowing from time to time, so I'm worried about the wind cutting the microphone.
草春の草花展、2024。 2月9日から3月10日。 It's the year of grass flowers, 2024. From February 9th to March 10th.
色んな草花が売ってますね。 Wow, there are a lot of grass flowers.
買いたい、これは。 I want to buy this.
めちゃくちゃいい匂い。 It smells so good.
いやー、めちゃくちゃ綺麗やった。 It was so beautiful.
可愛い花がいっぱいありました。 There were a lot of cute flowers.
芝生に沿った展示席みたいな感じで、たまに季節によって、ここで展示のイベントみたいなのをして貼るんですけど、 Sometimes, depending on the season, I hold an exhibition event here.
春のこの季節の花の香り、香りがすごかったな。 The scent of this season's flowers in spring was amazing.
一番、あれですかね、やっぱり香りが強い花が、春っていうのは多いのかもしれないですね。 I think there are a lot of flowers with a strong scent in spring.
この藤原の新着の方でも、お便りフォームっていうのを設けてて、 I put up a form for letters on this Fujiwara's new collection.
初めてそこにお便りをいただいたので、歩きながら答えようかなと思うんですけれども、 I got a letter there for the first time, so I'm going to answer it while walking.
これは匿名希望さんというか、ななしさんですね。 This is Nanashi from Tokumei Kibou.
Rumors about AI
えっとね、某画像生成AIがXと提携するという噂を見つけました。 I found a rumor that a certain image generation AI is associated with X.
審議のほどは置いておいて、もしも学習されるとなると、反則でも投稿をやめることになりますか?という質問。 This is a very difficult question.
生成AI、画像生成AI問題はクリエイターの中では意見が割れたりもするし、 I think there are various opinions among creators,
賛否いっぱいいろいろあるとは思うし、簡単な問題ではないので、 and I don't think it's a simple problem,
あんまり自分がどういう考えを持っているかみたいなんて、外に発信するっていうことはなかったような気はするので、 but I don't think I've ever talked about what I think.
今初めて言ってると思うんですけど、 I think this is the first time I'm saying this,
AIについては、この今配信しているリストもAIの書き起こしで、最初は始まったサービスで、 I'm going to talk about AI in the first part of this video.
ちょっとベンチに座ろうかな。 I'm going to sit on the bench.
結論としては、画像生成AIが発展して、いろんなもので学習して、 The conclusion is that image generation AI is developing, learning from various things,
何か社会の中に溶け込んでいくっていうことは、賛成っちゃ賛成なのかな。 and then it's going to melt into society.
それで進化するものっていうのが結構いっぱいあるとは思うので、 I think there are a lot of things that evolve from that,
それ自体はいいと思っています。 and I think that's a good thing in itself.
Xとかそういういろんなサービスで提携されるっていうのも、 I think it's good to be provided with various services like X.
いいというか、たぶん止めようがないことって思っています。 I think it's good, or I can't stop it.
不可逆でしたっけ。 Was it adverse?
例えば、インターネットが世の中に出て、すごい生活が変わったのと一緒で、 For example, the internet came into the world and changed my life.
もう一旦存在してしまったこの時代に AIがもうないっていう未来はないと思うし、 I don't think there's a future without AI in this era that has already existed.
そのAI学習っていうものが世の中のすべてに行われてるって思って過言ではないと思うので、 I don't think it's an exaggeration to think that AI learning is being done in everything in the world.
私にすごい関係するのはイラスト、絵っていうジャンルですけど、 It's a genre called illustration that has a lot to do with me.
それこそ音声とか、写真とか、動画とか全部、 That's the sound, pictures, videos, everything.
たぶん止めても、ずっと勝手に学習されていっちゃうと思うんですよね。 Even if I stop it, I think it will be learned on its own.
もうね、何かの記事というか何かの情報で見たことはあるんですけど、 I've seen some articles or some information,
日本の漫画家って結構な確率で勝手に学習素材になっているっていうのをどっかで見かけたんですよ。 I saw somewhere that Japanese cartoonists are quite likely to be learning materials on their own.
誰がその学習の中に入っているかっていう一覧みたいなのが流出なのか発表なのかわかんない、 I don't know who's in the study,
すごいあやふやなことを今言っているんですけど、 I don't know if it's an outline or a presentation,
漫画家一覧みたいな中に私の名前もあったので、 I don't know if it's an outline or a presentation,
普通に考えて、もう素材の一部として学習されているはず。 I think it's just a part of the material.
で、Xとかは全然無防備な状態で何も対策をせずに私はイラストを載せたりとかはしているので、 For example, I don't take any measures against X, I just put illustrations on it.
それらに関してどこでどうされようが、どうしようもないことかなとは思っています。 I think there's nothing we can do about it.
私が一番危惧するのは、悪用されることなんですよね。 What I'm most afraid of is being abused.
自分が描いたものではないけど、自分が描いたように悪意を持って、何かしら世に出されて誤解をされたりとか、 It's not what I drew, but it's what I drew.
何かしら世に出されて誤解をされたりとか、誰かを傷つける道具にされたりとか、 It's not what I drew, but it's what I drew. It's what I drew.
そういうことが起こり始めるのが、一番今想像できる、何でしょう、デメリットというか悪い、悪いこと、良くないこと、怒って欲しくないことなんですけど、 That's what I'm most afraid of.
それに対してじゃあ何ができるかって言ったときに、 So what can we do about it?
Concerns and Interactions on the Internet
もう、こうやって日常的に自分が何かしら発信をして、そういうことをしない人ですよっていう、 Such a person who doesn't do that kind of thing on a daily basis.
そういう、何でしょう、日々の数を、自分ってこういう人ですよっていうことを、発信することみたいな、かなってちょっと思ってるところはあって、 I think it's like sending out the number of such a person.
こういう点でも、今まで結構その、何かをインターネット上とか、どこかに発信するときって、出来上がったものを出すとか、 Well, even now, when I send something out on the Internet or somewhere, I send out what I've done.
落書きって言っても、スケッチみたいなのはあったりするんですけど、そういうのも、 Well, even if it's graffiti, there are some sketches,
今、絵の練習してますよ、みたいなアピールみたいな感じで、出せるというか、今、修行してますぐらいの漫画家として、 I can say that I'm practicing drawing now, like an appeal,
今、修行してますぐらいの漫画家として、そういうのも需要があるかなと思って、出したりとかはしてて、 I think there is a need for that kind of thing, so I send it out.
でも、その他の余分なことっていうのは、あまり出せば出すほど、何かしら、そこに、 I think the more I send out, the more there is a risk of saying and writing unnecessary things.
余計なことを言っちゃった、書いちゃった、みたいなリスクが伴うかなと思って、あまり発信をしないようにはなってたんですけど、 I think the more I send out, the more there is a risk of saying and writing unnecessary things.
ここに来て結構、その人となりっていうものが、知ろうと思えば知れる状態にするっていう方が、逆に良い、世の中というか、距離感とか、 When I came here, I thought it would be better to be able to get to know people.
昔はね、ツイッターとかで出したときは、読者との距離感を保たないと、みたいな、編集さんに言われたりとか、 In the past, when I posted on Twitter, I was told by the editor that I had to keep a distance from the reader.
いろいろこう、どういうぐらいの交流をインターネット上でして大丈夫かみたいな、探り探りとかはあったんですけど、 I was asked about how much interaction I could have on the Internet.
最近は本当に、もっと身近に感じれるっていう、そういう空気の方が、自分も求めてるし、求められてることなのかもしれないなっていう気持ちがあって、 I feel like I'm more likely to feel closer to people these days.
ネットコミュニティの盛り上がり
で、こうやって公園日記とかを撮ったりっていうのも、そんなつもりで始めたわけじゃないけど、結果的に、それができるんだったら、よりいいことなのかもしれないなと思っています。
なので、この画像生成AIがXと提携するっていうことが、もし起こったとしても、別に投稿はやめないと思いますし、それが理由でっていう。
いつかそのXがサービスとして全く魅力がなくなってしまって、自分がアカウントを消すっていうことは、いつの日かは絶対来ると思うんですけど、
やっぱり結局、今一番拡散力がまだダントツであるのはXっていうツイッターだし、今は多分まだやめないですね。
全部有料化になってしまうとかがあったらもうやめると思うんですけど、現状特に何かをしまっていこうみたいな感じは私はなくて、
すごい今バラ園のベンチに座ってるんですけど、バラ園はすごい大きい木の下にテーブルと椅子が置いてあって、結構ガッツリ休憩できるエリアがあるんですけど、
それが見える位置のベンチに今座ってて、私より10歳ぐらい年上の夫婦かな、がすごいテンション上がって喋ってはるんやけど、
喧嘩なのかテンション上がって喋ってるのかわかんないというのがこれ関西だなって思いますね。
ちょっとどうでもいい実況なんですけど。
Xでつぶやく内容に関しては、前までXでつぶやいてたようなことを最近はもっぱらスレッズでつぶやいてるなーって思ってます。
スレッズは文字数の制限があんまりTwitterほど短くないので、一気に書こうと思ってたことを一つの投稿でできるっていうのがいいのと、
あとはまあタイムラインの平和な感じがスレッズが一番何かを気軽につぶやくっていう、つぶやきやすいなーっていうのは今でも思ってるとこですね。
サービス開始の時から結構その雰囲気は心地がいいなーと思って使ってたんですけど。
ブルース界も始めたけど、ブルース界はちょっとあんまりスレッズが先にあってしまったらからなのか、
技術ブログを書く
あんまり使い道は今のところまだ分かってない状態というか、決めかねてるみたいな感じで、
Xが終わったらブルース界に流れるだろうなっていうのはあるけど、
それもその時に拡散力を求めた時にどのSNSが一番効果的なのかっていうのを考えて、
多分漫画の宣伝とか何かお知らせがある時は使うんだろうなーと思ってます。
スレッズはどちらかというと本当に日常のつぶやきっていう感じで、拡散力にはそんな期待してないですね。
インスタグラムも持っているというか、前から使っているんですけど、
拡散という感じではない。お知らせとして結構いろんな人に届いてるなぁとは思ってるけど、
リツイートとかそういうのがそういう文化ではないSNSなので、
そう思うとXも別にそんなに変わらないのかな?正直ちょっとよくわかんないというか、
その体感として今何が一番効果的にお知らせできているのか。
これもXなのかな?やっぱり結局は。
ということで一応お便りの返事としては、
学習されるとなっても、反則とかもちろんですけど投稿はやめないです。
多分、今はやめないと思ってるけど。
次何かしら画像生成AIとかXとかについての悪いニュースとか明らかになったことみたいな感じで、
事情が一変したらどうなるかはわからないです。
今日もさっきヒロナンの収録をしてたんですけど、
料理を作ったりとか、こんだてを考えたりとか、
あとは春の園芸シーズンでいろいろやりたいとか、
日常にやりたいことがめちゃくちゃいっぱいあって、
それ仕事とかをせずとも生きてるだけで幸せなことがいっぱいあるみたいな話をしたところです。
ちょっとね日常が、日常が幸せすぎて、
そうですね、何もなくて幸せって本当に素晴らしいことだと思うんですけど、
まあね、つらいこととかかなりたくさんあるっちゃあるんですけど、
それにばっかりとらわれずに気分を変えれるっていうところが、
それが幸せなんですかね。
こういう感じで私は日々何にもないのに幸せやなーってよく言うてます。
一緒にいる、ほとんどずっと一緒にいる坊主は、
幸せというものがわからないという人間なので、
一緒に幸せやなーって言い合うとかじゃなくて、
よかったねって言われるぐらいなんですけど、
この幸せやなーっていうのがわからないっていうのがかわいそうだなって思いますね。
かわいそうっていう上から目線はちょっとどうかと思うんですけど、
日々つらいことがいっぱいあるらしいんですけど、
そのつらいことへの感度が高いというのはちょっとかわいそうって思いますね。
ほぼほぼ一緒の生活している私が何もないのに幸せやって言ってるのにみたいなね。
これはのろけになるんだろうか。
漫画の原稿を書いている時に、
あれこれ、こういうことを喋ったらいいんじゃないかみたいな、
この小ネタみたいなのを結構思いついたりするんですけど、
だいたいそれを思っている時に、
でもこれは今すぐ喋らないとすぐ忘れるだろうなーって思いながら、
こう、メモも取らずいてるんで見事に全部忘れてるみたいな感じです。
今有線のイヤホンをしながら喋ってるんですけど、
右耳ばっかりすごいすぐ落ちるっていうこのね、
カナル型のイヤホンに慣れてると、
カナル型じゃないイヤホンの落ちやすさ、
長らく忘れてたけど、すごい落ちるなーって思ってて、
それだけがちょっとネックです。
でもこれで結構ね、問題なく撮れてるんだったら、
散歩する時とか、買い出し行く時とかに、
パッと収録みたいなのはやりやすいかな。
結構その携帯を持って、
口元に近づけて喋るみたいなのが、
私はちょっとめんどくさいというか、
収録してる感がすごいあって、
できればイヤホンとかでできたらいいのになーってふんわり思ってたんで。
なるほど、純正の有線イヤホンだったら、
割といい音質で撮れるのかと思って、
ちょっと今試してるところです。
というわけで、結構いい長い時間撮ってるので、
この辺で終わりたいと思います。
やっぱりこう、外で一人ごとみたいな感じになると、
めっちゃボソボソ喋ってるけど、
どういうテンションに移ってるのかちょっとわかんないですね。
だいぶ今は日向ぼっこをして、
落ち着くなーって思いながら、
なんか夫婦喧嘩なのか仲がいいのかわからない、
夫婦をぼんやり見ながら、
いい感じで、いい感じの気持ちでちょっと、
シルアウトみたいな気持ちで喋ってます。
はい、ということで、
皆さんもいい時間が過ごせますように。
お疲れ様でした。
29:35

Comments

Scroll