1. 藤原の進捗
  2. 宣伝動画つくりました
2024-03-30 12:18

宣伝動画つくりました

「狂騒サイレント」掲載誌発売から1週間経ったので、ネタバレちょいアリな長めの宣伝動画を作りました。

iPad Proで、使用アプリはLumaFusionです。

 

きりさん、嬉しい感想ありがとうございました!!

#声日記

Summary

Hiro Fujihara shares Professor Hiro's promotional video on Twitter and YouTube and receives feedback from readers. He is also grateful for comments from Kirisan and Komuron. Responses to the reader survey are also awaited.

宣伝動画の反響
Hiro Fujiwara
2024年3月30日、藤原ヒロです。進捗、え?進捗声日記?進捗報告、進捗報告声日記でした。
はい、ということで、今日もボー氏です。 今日は何もないです。
進捗報告しますね。
狂騒サイレントの宣伝動画をやっとアップしました。
ボー氏
あれはTwitterだけ?
Hiro Fujiwara
いや、YouTubeとかにも上げてます。
ボー氏
あ、ほんまに? あれ後で撮る?
Hiro Fujiwara
あ、そうですね。作業としてはTwitterとかに先上げて、その後にYouTubeに上げたんで、もう多分上がってると思います。
いかがですか?
ボー氏
だいぶ見せたなっていう感じかな。
Hiro Fujiwara
あ、ネタバレ的な?
ボー氏
そのストーリーとかはそんなにしっかり載せてる感じじゃないから、
読んだ人はもう全部わかるっていう感じかな。
Hiro Fujiwara
うん、そうですね。
だいぶ見せてもいいタイミングかなと思いまして。
はい。
そんなハリウッド感感じてもらえましたかね?
ハリウッド感?ハリウッド感、そうですね。
はい。
ボー氏
そうですね。
Hiro Fujiwara
そうですね、はい。
ということで、それをTwitterでもシェアをしたので、
それに反応してくださってるコメントがちょいちょいいただきまして、
X、Xね。
Xより。
ミーネコさん、心踊りすぎてしまう宣伝ごちそうさまです。
私は次のお休みに雑誌購入予定なのですが楽しみです。仕方ないです。楽しみと好きになっちゃう気持ち広がれ。
ということで、まだ読んでない人がまあまあいるというか、
まあそりゃそうですねってちょっと思いました。
すいません、結構ネタバレですか?
ボー氏
ああ、どうなんかな。でもすぐ終わるやつだからね。
ダイジェストやから。今度の休みっていつなんでしょうね。
Hiro Fujiwara
次のお休みっていうのがね。
ボー氏
その平日休みか、休日休みなんかわからんし。
Hiro Fujiwara
わかんないですけど。
雑誌購入もね、そろそろちょっと書店になくなっていく時期かもしれないですけど、
最近どうなんかわからないですけど。
はい。
次、これは晴月さんだと思いますか?
ボー氏
どれ?
Hiro Fujiwara
これ。晴月さんかな?
ボー氏
いや、わからんな。
Hiro Fujiwara
はい。わからないんですけど、
Rin388さんですね、アットマーク。
ヒロ先生の読み切り急いで買いに行かなきゃということで、
ここにも買っておられない方がいらっしゃいました。
ボー氏
はいはい。
Hiro Fujiwara
ということで、これでちょっと気づいてくれる人も多ければいいなって改めて思いました。
多分ね、載ってるとか全然知らない人まだいっぱいいるような気がするって思いました。
ボー氏
そうですね、いるでしょうね。
Hiro Fujiwara
はい。
なので、そういうのも含めて改めて宣伝活動、この発売後1週間たった今出そうかなと思ってたので、
それで届いたならよかったです。
はい。
次、こむろんさん。
宣伝動画の編集もお疲れ様です。
すごい素敵、何度でも読み直したくなるそんな魅力が詰まってます。
夢を追う女と孤独に戦う男ってのが本当最高です。
ライバルのくだり読めば読むほど深さが増します。
増します。増しますですね、多分ね。
リオちゃんのありとあらゆるセリフがね、ジャック様にとって衝撃であり意味がある言葉だったっていうのが、
周回すればするほどじわじわくるので、ぜひ買って読んでアンケート送って先生にラブコールをしましょう。
連載化して続きが読みたい。下心満載。
洋画が見れない私がこれだけ楽しめたので、もし時代やらコンセプトが刺さらない人でも、
きっとヒロ先生らしさにより十分に楽しめるはずということで。
ありがとうございます。
こむろんさん、すごい。
まだ読んでない方に向けて一緒に宣伝頑張ってくださってる感がありがたいです。
いやいやいや、よかったです。
洋画ね、なかなかそんなみんながみんな洋画好きとかじゃないだろうし、
私もそんなに元から洋画がすごい好きでみたいな感じじゃないので、
その辺もマンガとして面白く読んで、洋画が楽しくなる入り口になったらいいなみたいな感じで書いてるので。
ボー氏
まあ単体で全然読んでもらってもね。
Hiro Fujiwara
はい。いやいや、ありがとうございます。
で、ちょっと遡って、
えーっと、きりさん。
日誌更新、お疲れ様です。やっと読めました。
狂騒サイレント、感想を語りました。
桜もそろそろ咲きそうですね。
今日もゆるりと聞いていただければと思います。
狂騒サイレント、感想会ということで、
リンクを貼って、更新のお知らせみたいなツイートをされてて、
きりさんっていうのは、LISTENで声日記を、
ネリネ楽団の声日誌という声日記の番組を作ってらっしゃる方で、
以前から雑誌買ってるけどちょっと忙しくて読めてないっていうので、
で、ついに読めましたということで、感想を語ってくださいました。
聞きました?
聞いたよ。
ボー氏
コメントしてるんだって。
Hiro Fujiwara
あ、そうでしたね。ボー氏ちゃんと私より早くコメントしてくれてました。
はい。
きりさんは、この作品のヒロインはジャックだなって思いましたということで。
うん。
はい。どう思いますか?
ヒロインについての感想
ボー氏
俺はそのヒロインとかどういうあれなのかちょっとわかんないんですけど、
定義というか。だから、まあまあどっちもかなと。
Hiro Fujiwara
どっちもかな?
うん。
ヒロでもありヒロインでもあると。
私の個人的な感想は、相互的に作用し合う感じだから、
ボー氏
どっちでもあるかなと。
Hiro Fujiwara
ああ、その持つもたれつみたいな。
ボー氏
と思いますけどね。今後の展開次第ではって感じかな。
この読み切りだけではそうかもしれないですね。
Hiro Fujiwara
ああ。
確かに。
私は多分ヒーローかヒロインかみたいなところは、
どちらの方が弱さを感じるかとか、
かっこよく見えるかとか、頼もしく見えるかとか、
かわいく見えるかみたいな比率の話かなって思いまして。
あとは恋愛的なベクトルがどっち側からが強いかとか、
そういうところの少女漫画的ヒーローヒロインの立ち位置に照らし合わせてなのかなと思って。
ボー氏
なるほど。
Hiro Fujiwara
はい。
その視点で言うと完璧に弱がヒロインですねって思いました。
私前の連載の月島くんもね、月島くんがヒロインだったじゃないですか。
ボー氏
あんまわかんないですけどその定義が。
Hiro Fujiwara
ああそうですか。
エマの方がヒーローっぽい動きをしているなというのは書いている時も思ったんですけど、
読者からのコメントに対する感謝
Hiro Fujiwara
そもそもね、私すごい誰かに頼るっていうヒロイン書くのちょっと苦手みたいなところがありまして、
雪は地獄に落ちるのかな、雪は結構弱い面がいっぱいある主人公だったんですけど、
それでも結構ね、うじうじはするけど、すごい誰かに頼るみたいな感じは。
ボー氏
まあ二面性のあるキャラだったんで。
Hiro Fujiwara
はい。なので基本的に私、ヒロインとヒーローがちょっとこう変わるの多いような気がしました。
うーん。
はい。だからなんかあの、
キリさんが私藤原先生の男の子の照れ笑いみたいな不意打ちを受けた顔が好きで、みたいな感じで、
あの具体的に好きなコマとかを言ってくださってるんですけど、
あの男の子に照れさすみたいなのが結構書いてるなーって思いました。
ボー氏
ああ。
どっち?あ、でも男の人の方が多いか。
Hiro Fujiwara
なんかね、そうですね。女の子も全然照れることはあるんやけど、
なんかこう相手のことをすごい好きというか、キュンとして照れてるみたいなのは、
意外とこう男側でよく書いてるような気がするっていう。
はい。
はい。猫をどうにかしましたね。
ちょっと服を争う。あ、ヒロイン。
はい。猫が2匹今いるんでね。
どうぞ。
はい、どうぞ。という感じで、
あとはちょっとずつ笑いを入れてくるところとかは懐かしいって思ってくださったらしくて、
私のノリがこんな感じだったんだなっていうのを楽しんでいただけたようでよかったです。
ボー氏
よかったです。
Hiro Fujiwara
はい。
あとね、やっぱりこう案の定そらたんの、あきづき空太ん先生のファンっていうのがもう、
ボー氏
アオLaLaの。
Hiro Fujiwara
はい、もう予想通りっていう感じでしたね。
私もね、そらたんの絵は本当にデビュー前の投稿作から好きだったんで、
すごいわかるって思います。
そらたんの画力もすごいっすしね。
はい。
という感じかな。
はい。
あ、そうそう。ほんで、
今、LaLaが、昔のアオLaLaとかそういうんじゃなくて、
異世界転生とかBLとかでテーマ絞ってるLaLaあるよっていうやつに、
スウェーロの池ジュン子先生が初めてBL描きましたみたいなやつがあったけど、
それかなーって言ってた。多分それやと思います。
はい、キリさんありがとうございました。
ボー氏
ありがとうございました。
俺が言うのもあれだけど。
Hiro Fujiwara
そんな感じかな、今日は。
アンケート書いてない方はよかったら。
今からね、読んでいただける方も、
もしかしたら、今回アップした動画で初めて知ったっていう方もいらっしゃるかもしれないので、
今から買ってアンケート出すのも全然間に合いますので。
よかったら。
ボー氏
4月10日までなんで。
Hiro Fujiwara
よろしくお願いいたします。
ということで、今日もサクッと終わりましょうか。
はい。
ではでは、今日もお疲れ様でした。
ボー氏
お疲れ様でした。
12:18

Comments

Scroll