1. 童貞ネット
  2. 第466回 童貞ネット@ねとらじ..
2017-11-23 2:37:08

第466回 童貞ネット@ねとらじ 2017.11.19放送分

今回は引越し最終章ということで、激しいクライマックスと、そのあとの締めの夜の街についてをメインに語っておりますw毎週日曜日~までの2時間、ねとらじで放送しているラジオ「童貞ネット@ねとらじ」の音源ですwよかったら聞いてやってくださいwそしてリアルタイムでも聞いてくれると嬉しいですwポッドキャストにも対応しましたので、リアルタイムで聞けない人はポッドキャストに登録して、通勤通学の満員電車の中で音漏れさせながら聞いてくださいねw

音源ファイルはこちらからダウンロード!>>>





iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトに、←このバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できるんで宜しくですw









←こっちバナーを押すと紹介ページまで飛びます!wそこからiTunesへ登録が出来ます、実に簡単です!
00:02
本日ね、11月19日という事でね、
まぁ、あの日がね、過ぎてしまったんですけどもね、
何の日か、そう、えー、過ぎてしまった日、
こちらは、11月15日と、いうね、素晴らしい日がありましたよ。
もう皆さんね、ご存知だと思いますけどもね、
やはり日本で一番、まぁ、見てたい日というところで、
七五三ではないですよ。
いや、七五三なんですけどもね、
私もよく言われましたけどもね、七五三だ、七五三だと。
そう、私、誕生日でございましてね、
えー、とうとう37歳になってしまったと、
いう事で、今日のね、ラジオは、
37歳、初めてのラジオという事と、
あとはね、えー、前回も、
まぁ、同じとこでやりましたけども、
まぁ、渋谷のね、このパル内藤スタジオ、
こちらの方で、まぁ、ちゃんと本格的にね、
前回は、ちょっと気持ちがフワフワしていた。
まぁ、引っ越しも完了していなかった。
しかも、えー、当日お酒を飲んでいたとかね、
まぁ、色々重なりましてね、
いつも2時間以上やってるラジオをね、
1時間半ぐらいでやめてしまうっていうね、
そんな傍聴に出てしまいましたけどもね、
まぁ、そういうのありますよ。
36歳、最後の甘えじゃないですかと。
まぁ、今日は大丈夫。大人だから。
37歳というね、大人だから、
そりゃもうね、きっちりカッチリやりますから、
今日のこのラジオも、生放送、
22時からと言って、
今22時17分ですけどもね、
しっかりと遅れて。
これ、遅れなかったら危険ですから。
あれ、パルどうしたんだと、
偽物かなと、
いう風になってしまいますから、
まぁ、そんなわけでね、
あの、今日も、まぁ、しっかりね、
えー、時間遅れて、ね、
押し押しでやっていきたいと思いますんでね、
えー、37歳、最初のラジオね、
今日もね、やっていきたいと思いますんでね、
最後まで聞いていただけたらと思います。
パルナイトーの、
童貞ネット、
アットネトラジー!
改めまして、童貞ネット、アットネトラジーパーソナリティのパルナイトーです。
こんばんは、というわけで、
えー、私ね、誕生日、生誕祭でしたよ。
まぁ、でもね、えー、誕生日何があったのっていうと、
まぁ、本来であればね、
まぁ、みんなからおめでとうおめでとうと、
で、サプライズでね、ケーキを用意してもらってさ、
03:00
で、あれ、仕事をしていたのになんか急に停電したぞって、
なんだなんだ?って言って、
そしたら、ね、奥の方から、
なんか、ほのかな光がね、
近づいてきて、
で、みんなからね、合唱ですよ。
ハッピーバースデーと。
そんなの、ないです。
普通に誕生日の日は、
えー、仕事のトラブルがちょっとあってね、
普通に11時半ぐらいかね、
23時半ぐらいに仕事を終わって会社出るっていうね、
まぁ、素晴らしい、
えー、いつも通りの仕事。
もうね、そんなもんだなと思って。
だって別に彼女がいるわけでもないしさ、
友達はね、そうやってLINEとかくれるけどさ、
別に集まってやるわけでもないじゃない?そんなのね。
ま、2、そうだね、
うーん、ま、土日とかだったらね、
またあるかもしんないけど、
別にそんなわけでもなくね、
ま、特に、
誕生日、特別なことはなかったけども、
ま、特別じゃないことが、
逆に特別みたいな。
そういう、平和な日常を送れるっていうことが、
そもそも特別じゃないと。
そう言い聞かせてね、
えー、ちょっと涙をね、
あの、ちょっとこらえたところは、
なくはないですけどもね。
ま、そんなわけでね、
えー、37歳になってしまいましてね、
ほんとジジイだなと。
18歳の高校生いるでしょ?
聞いてる?ラジオ。
いるんだよ、たまにね。
たまにってか結構いるんだよね、その、
高校生、中学生とかさ、いるのよ。
そんな彼らが、
えー、
18×2と。
もう、2週回ってんだよ。
もう、誕生してから高校卒業するまでの人生というのを、
2週回って、さらに1年っていうのが、俺。
なのにこの手たらくというね。
まあでも、おじさんなると全員そうなるからね。
でもやっぱり、そういう、なんだろ、区切りというかさ、
あるよねと思って。
だから、36からは、
結構来るものあるね。
まあ35からかな。
四捨五入すると、で40だからアラフォーになるじゃない?
でもまだね、若干、狭間じゃない?
36になった瞬間に、
やはり18歳のね、
その人生を2回回っちゃってるっていう、
それ確定になっちゃうんじゃない?
だから結構きつい。
でも37でしょ?
本当に40だからね、もうね、これはね。
アラフォー、
ちょっと片足突っ込んじゃったなーとかってね。
今まで思ってたけど、
いや、本当のアラフォーっていうね。
正真正銘でしたっていうね。
ところなってしまいましたからね。
ここから、私もね、こうやって新展示で
頑張っていこうというところ決めてますからね。
06:01
まあ37歳、いい歳にしたいなと思ってますんでね。
まあこれからもね、皆さんね、末長くね、
聞いていただけたら嬉しいなというところでございますぞと。
いうことでね、まあよかったらね、
そんなパルさんおめでとうっていうね、
お便りとかいらないんだけどさ、
いっぱいもらってもさ、
あんま紹介できないかもしれないからさ、
まあまあいただけたらね、
後で見ておいて嬉しいなで、
ちょっと終わるかもしれませんけどもね。
まあそんなね、励ましのお便りとかね、
あとはなんかこんな話聞きたいよとか、
あんな話どうだったのとか、
そんなあればお便りなんかをね、
いただけたらと思います。
お便りについては掲示板かメールでお待ちしてます。
掲示板の場合は童貞ネットとググっていただいて、
ホームページございますので、
そちらのラジオ様子例その10っていうところにね、
お便りいただけますか。
あとはメール、メールアドレスは
radio.netこちらになります。
事前にいただけるんであればメール、
リアルタイムでいただけるんであればね、
掲示板でいただけたらと思います。
いう感じでね、
まあいつも通り陽気な感じでね、
陽気なおじさんになれるよう頑張っていきたいなと、
思っておりますよとね、
いうことで、
なんだなんだ、
あのお便りね、
今来てますけどもね、
あの批判のお便りがね、
いっぱい来てますよ。
だから読まないんですけどもね、
いやいいのよ、
批判のお便り来たからって読まないわけじゃないのよ、
全然ね、
ただ面白くねえなと思って、
それを広げて面白く、
そもそもお前話広げられねえだろ、
面白くねえだろって言われてるんだけど、
でもそもそもさあっていうね、
出だしからこれ?
そんなハッピーバースディあるかいっていうね、
ところではございますけどもね、
まあそんなわけでね、
あの読まないぞってね、
もうね、
いや先週もなのよ、
先週終わりの方ね、
なんかいっぱいお便りもらってんだけど、
なんか読めねえなみたいになってたけど、
あの話を広げさせようという、
はがき職人としての魂というか、
感じられないよと、
ただただ単文をポコポコポコポコ送ってきて、
バッシングみたいにされても、
それはちょっと違うじゃないと、
見てくださいよ、
他のリスナーの方の長文のバッシングの、
いやバッシングじゃないですよ、
暖かいね、
そういう思いが乗ったさ、
お便りあるじゃない、長文の、
あれはさあいいじゃん、
よくないんだけど、
あれ読むじゃんなんだかんだでさ、
だからね、
09:00
そういうことなのよ結局、
なのでちょっと単発でね、
ポコポコってその、
チャットじゃないんでね、
一応ラジオという形式を、
私撮っているつもりではあるんでね、
お便りとしてちゃんといただけると、
読みやすいかなと思っておりますんでね、
よろしくお願いしたいと、
まあなんだかんだでね、
そういうお便りも含め、
今そろそろ丸9年、
ん?丸10年?
もう分かんなくなっちゃいましたけど、
もう感覚が分かりませんけども、
お便りの方も掲示板ってね、
一つのスレで、
セン、スレ、
じゃない、スレじゃないよね、
何、スレとレス、
うんレスだね、
セン、レス、
違うよ、
何スレとじゃないんだっつってんだろう、
頭おかしいんじゃねえか、
そう、あの、
スレじゃなくてレスね、
よく分かんなくなっちゃったな、
何スレとレス、
えー、セン、レス、
なんだよね、
一スレ、セン、レス、
よく分かったねこれでね、
これが、もう9個ね、
9スレ終わったんだよ、
ということは9センレスだから、
9セン2のお便りが、
来たっていうね、
ことになるわけですよね、
で、今回から、
10スレ目という風になりますから、
まあこれでね、
生まれば1万数のお便りをね、
もらったということになりますから、
これは本当にありがたいなと、
リスナー様あってのね、
このラジオですけどもね、
なのに、
うるせえ読まねえぞっつってね、
とうとうそんなこと言い始めましたけどもね、
いや、掲示板見てよ、
読めないじゃん、
やつを読んで、
ラジオが面白くなるんだったらいいよ、
ただの吐き口じゃない、
それは読めないですねっていうね、
ところで、
最初から喧嘩売ってんのかっていうね、
そうだよバカ野郎つってね、
好き勝手やらせてもらいますけどもね、
そんなわけで、
今日はね、
いろいろとお話ありますけども、
誕生日の話はもう終わりなんでね、
まあ引っ越しだよね、
メインは引っ越し、
あとは、
おすすめのサプリとか、
漫画とか、
そんなのもね、
ちょっとご紹介したいなと、
思ってますけども、
あとそんなもんなのかな、
言っても、
あとお便りをね、
結構その、
このね、
1週間でもらっていたものもございますのでね、
ちょっと読んでいこうかなって思ってますけども、
どっからいきましょうか、
やっぱり、
引っ越しかな、
引っ越しいこうかな、
うん、
あのね、
じゃあ、
どうする?
読む?
1個読む?
12:02
ラジオネーム19番さん、
先にね、これだけ読んどこうかね、
ダメだみんな、
単発のお便りとしての形を成していない書き込みは、
読まれないぞ!
あと、
続きまして同じ方ですけどもね、
嫌だなアパルさん、
僕ら素人ですよ、
しょうがなくないですか?
っていうね、
いただきました、
ありがとうございます。
いや、まあしょうがないんですよ、
俺もね、
あの、
アマチュアですから、
しょうがなくないですか?
になっちゃうけども、
そこはさ、
お互い全力を持ってさ、
やっていこうよってところじゃない?
ぶつかり合いだからさ、
ぶつかり稽古だからさ、
俺たちもさ、
まあそう考えるとね、
あの、
いいじゃない?
1行のお便りではなく、
3行にするとか、
これだけでもボリューミーになるからね、
なんかボリュームのあるボディーブローきたぞってね、
なって、
結局スルーするみたいなね、
ありますけどもね、
まあそんなんで、
私もね、
私も、
まあでも私、
芸能人、
もう芸能人どうすんだよこれ、
辞めるしかねえんだけどさ、
もうね、そんなね、
無駄金払ってもしょうがないしね、
って思うけど、
なんかすがりたくなってしまうね、
そんな私がね、
ここにいますけどもね、
まあそんなわけで、
まあ未来のことはね、
さておきですよ、
現実見ましょうということでね、
引っ越しなんですけどもね、
まあ、
先週ね、
先週のおさらいしときましょうか、
簡単に、
パソコンがすげえ、
火吹きそうになってんだけど大丈夫かな?
私のMacBook Proちゃんが、
全然スペックが高くなくてね、
あの、
やっぱりカスタマイズしないと
Macはダメだね、やっぱね、
このなんか、
デフォで売ってるやつだと、
何にもしてないのにさ、
すぐファンが回り始めちゃうからね、
困ってしまうんですけどもね、
どうなってんすかこれは、
これ消したらいいんですか?
なんか、消えねえじゃねえかよ、
もう困っちゃうわねえ、
ちょっと消せるもん消しましょうかね、
それで何かが起きると、
私嬉しいんですけどもね、
これ以上無理、
これ以上は消せない、
っていうところまで消しましたからね、
あと1時間半ぐらいね、
MacBook Proちゃんには、
ちょっと頑張っていただきたいと思うんですけどもね、
うちのね、
あのやっぱり肝ですからね、
彼がね、
そんなわけでさ、
引っ越しなんだけど、
先週の引っ越し、
酔っ払ってね、話していたからね、
ちゃんと伝わったかどうかは、
ちょっとまた微妙なんでね、
簡単にお話ししておきますけども、
地元のね、
友人に手伝ってもらって、
ということで、
頑張りましたと、
ただ、
荷物ね、
荷造りしないといけない、
いうところなんだけど、
結局荷造り自体も、
3分の2ちょっとぐらい、
15:01
までしか終わっていないと、
あ、ていうか、
最後はね、
あの、
本だよね、
本棚から本をね、
あんまり出していない状況と、
本がやっぱり多い、
本当に、
本だけにね、
ていうところかな、
あと服とかはね、
あの、
まあ別に、
あの、
多いっちゃ多いけど、
まあざっくりね、
持って、
そのまま移動しちゃえばいいから、
そんなのあったけども、
まあそんな感じだったんだよね、
そんで、
友人に手伝ってもらって、
やりましたけど、
まあそもそもの、
荷物量が多すぎると、
ということで、
まあいわゆるバンだよね、
ボンゴっていう、
言ったらハイエースみたいな車、
これを借りて6時間、
なんだけど、
結局6時間で、
2往復、
2往復だよね、
そうそう、
して、
だから2回荷物運んだんだけど、
そのボンゴをね、
パンパンにして、
やったんですけどもね、
まあどうしてもこれ、
荷物が入りきらなかったと、
ちょっと待ってもらっていいですか、
マックが火を吹く、
やめてよ、
なんでそういうことになるの、
いやいやいやいや、
勘弁してほしいですね、
そんなに処理多いことしてますか、
配信ですか、
そうかもしれないね、
配信はね、
あるかもしれないけども、
でもそんな毎週平気でしょうよ、
なんでですか、
また、
せっかく頑張ってラジオしようと思ってるのに、
邪魔をしてくるんですか、
まあね、
大丈夫でしょう、
僕ちょっと気にせずやってきますけどもね、
そんなんでね、
結局は、
引っ越し終わらなかった、
残っています3分の1、
いうところで、
なのに次の日バーベキュー行っちゃうっていうね、
まあクズ野郎なんですけどもね、
そんで今回ですよ、
残った3分の1、
これをどうしようかっていうところで、
この1週間いろいろ頑張りました、
何を頑張ったかっていうと、
まあいろんな手配しましたよ、
まあネットの買い役だったりとか、
あとはレンターカー借りたりとか、
なんか諸々やりましたけどもね、
で今回、
引っ越しの荷物で何が残ってるかっていうと、
まあいろいろ残ってるんだけど、
一番の大物はやっぱり本棚、
本棚は、
そこそこでかいんだよね、
2メートルぐらいはあるでしょ、
高さね、
で、
重い、
本を抜いても重い、
だからこれは、
一人でも行けなかないのかもしれない、
だけど、
まあ実際ね、
あの部屋の中で模様替えする時は、
18:01
自分で持ってるわけだから、
行けなかないんだけど、
ただそのマンションの中の階段をね、
通って運んでいくっていうところの行為までは、
一人ではきついかなと、
限界突破ギリギリバトルになっちゃうかなと思っていて、
っていうのが一つ、
やっぱり今回荷物としてはね、
大きいかなっていうところと、
あとは、
懸垂マシーンとか、
そうだね、
まあでもそんなもんか、
大きいのはね、
あとは細々したもんと、
そもそものぎっしり詰まっていた本ね、
本を全部持っていかないといけないっていうのは、
ただただ労働力が増えるって感じではあるけども、
まあ大変かなと、
いうところでできたらね、
やっぱり誰かに手伝ってもらいたいという気持ちがあるわけですよ、
ダンボールは私全部やります、
ただ本棚だけね、
本棚だけお願いしたいみたいなところは正直ありました、
これが一つ、
あとやはり手伝ってもらいたいもう一つの理由としては、
車だよね、
前回の引っ越しの時ね、
この間の引っ越しの時も、
友人に隣に座ってもらってたけどもね、
後半まで友人が乗ってくれたけども、
最初の時さ、
俺が久しぶりに運転したんだけど、
やっぱり一回ちょっと危ねえなってことがあったんだよね、
で、友人からちょっと危ねえっていう話があって、
お、お、お、つって、
で、大丈夫だったんだけど、
っていうのもあるからちょっとね、
運転一人では行きたくないんだよなと思って、
だから運転してくれなくていいよ全然、
ただ助手席に座って一緒に注意してほしい、
だからこの2点よ、
本棚、
あと助手席に座ってほしい、
これを満たしてくれれば、
今回はもうあと全部自分でやりますんで、
大丈夫なんでっていうところだったんだけど、
とはいえ、
その前回手伝ってもらったね、
友人にもう1回お願いとはもうちょっと言えないなっていう、
思うわけよ、
ここまで来たら一緒かもしれないけども、
いやさすがにっていうところが私にもありましてね、
じゃあ他の友人誰かなーつって、
意外とみんな引っ越し、
まあ業者に頼む人がほぼだと思うけど、
もしだよ、業者じゃなくて友人に引っ越しをお願いするってなった場合、
なんか難しくないと思って、
そう友人、まあそんな多くもないけど少ないわけでもないからさ、
でも引っ越しを頼める友人って何か特殊なんだよね、
なんだろうねあれは、
なんか頼みやすい頼みにくいもあるのかもしれないけど、
21:01
そもそも体動かす派の人間なのかそうじゃないのかとかあるし、
なんかね難しかったなと思って、
そうすると一人いたんだけど、
前のコールセンターの仲良いやつが、
でそいつに連絡したら、その日ちょっと予定があるんだと、
ということで残念と、
分かった、
あのまず選定として選ぶのが、
日常的に車乗ってるかどうかだね、
これが多分一つの指標になるんだ、
だから俺の友達あんま車乗ってるやついないんだよね、
いやいるんだけど、
逆に車乗ってるやつらを想像すると、
なんか他の腰が悪いとかさ、
あるじゃない、なんか体が悪かったりするやつも結構いるからさ、
だからねちょっと引っ越しだからね、
力自慢が集まってくんないといけないわけですから、
そうすると車が乗れてある程度肉体労働ができるっていうところになっちゃうと、
なかなか適した人材がいないというところだったんだけど、
でも思い浮かんで連絡したら、
残念ながらその日はっていう回答が一個あって、
困ったぞいと思うじゃない、
地元の幼馴染もダメ、
ダメっていうかもうさすがに頼れない、
コールセンターの友達も頼れない、
さあどうしようという時に、
昔のねもっと前、
俺がコールセンター始めたばかりの頃の大学生上司がいたんだよ、
俺が27とかの頃かな、
その時にね大学生の上司が私いましてコールセンターで、
で彼とはちょっと一時ね温馴染不通がありましたけど、
最近ちょっと復活してさ、
年に2,3回、2回ぐらいかな、
2,3回だけどちょこちょこ会ったりしてるのよ、
そんでそいつの昔なんだけど、
そいつの引っ越しを一回手伝ったことあるの俺ね、
本当にもう近所に引っ越すみたいな、
でその時手伝ってね、
本当あのマンパワーでなんとかしたみたいなところだったんだけど、
これがあるのと、
あと俺が引っ越した時、
俺が大宮から隣の駅の日進ってところ引っ越しした時も、
結構手伝ってもらったんだよね、
なので引っ越し連盟なんだよ、
いたじゃんと思ってさ、
で元上司に連絡して、
引っ越しなんだがと、
24:01
どうだねと聞いたところ、
ちょっとその日仕事が入るかもしれないけど、
いいよと言ってくれたから、
仕事次第ってところはあるからね、
そこは可能性としてはね、
そういうのは起こるっていうことはね、
分かっといてねとは言われたので、
その時はしょうがないなと、
もう頼れる人もいないからさ、
分かりましたと、
なんとか来てもらえたらありがたいと、
ただダメだったらダメだって仕方ないと思ってます、
分かりましたということで、
手伝ってくれると、
で時間としては仕事があるからね、
夕方になってしまうということで、
17時からやろうということで、
私レンタカーもね17時に予約して、
あと1回行けば終わりだと思ってるから、
今後ね、さすがにだよ、
だから3時間だけレンタルして、
で17時から20時と予約してさ、
そんで本当はその1週間の間、
1回はその池袋の家に行って、
散らかったね、多少散らかってる荷物、
まあちょっと整理しないといけないなっていうところもあるから、
あの1回は池袋行って荷物をね、
荷造りをして、
でも完璧な状況にしておいて当日臨むと、
いうのを考えていましたけどもね、
誕生日でもトラブルが起きてしまうような、
このご時世ですから、
残念ながら平日に池袋に行くことはなく、
土曜日だなと思って、
で土曜日は17時からだから、
お昼ぐらいにね渋谷出て、
でお昼過ぎぐらいにね着けばさ、
そっから2時間ぐらいね、
用意すれば終わるかなと思ってるから、
でまあ頑張ろうということでね、
でもうこの平日過ごしていたわけです、
で金曜日の夜だよね、
明日じゃあねいよいよ引っ越しだと、
そんな時にその今回手伝ってくれる友人からLINEが来てさ、
あの行けなくなった連絡が来たのよ、
おいおいと思って、
マジかマジですマジかマジですってね、
そうかと思って行けなくなっちゃったら困っちゃうねと思って、
やっぱりさっき言ったように本棚と車がもう超不安だからさ、
でもやるしかねえなと思って、
だからもうしょうがないしょうがないと思ってさ、
で翌日ね迎えるわけだよね、
まあどっちにしろなんかプランが変わるわけでもないからさ、
車は17時だからさ、
昼過ぎくらいね向こう着いて煮作りして、
27:00
で車乗ってた、
夜のねまた都心を走るのも怖いなって思うけども、
まあ行った道ではあるからね、
1回なんとかなるでしょと思ってはいたんだけど、
でそんなんでさ疲れ切ったねこの平日、
やっぱり休みだとちょっと寝ちゃうわけでさ、
で起きたらさお昼ちょっと前ぐらいだったんだよね、
で友人からLINEが来たんだよね、
であの今日どうするってLINEが来たの、
えっと思って、
いや今日仕事だろうって、
今日だって手伝ってもらえないんだろうって思ったんだけど、
あの行けなくなったじゃなくて、
あの行けっていうのは勝手に
俺が想像してしまった言葉らしくて、
LINE時代を見直したらなくなったって書いたんだよね、
あの仕事が入るか入らないかって話してたからさ、
仕事がなくなったらしいのその日、
だから普通に手伝えるよって、
いうことだったらしいんだけどさ、
もう大体勘違いできてますから、
いや完全に行けなくなったと思ってさ、
うーと思って、
だったけどまぁ結果ね仕事がなくなったから
普通に手伝えるぞということでお昼ぐらいね連絡があって、
今日どうすると、
普通に17時に池袋来てくださいなと、
ありがとうございますすごく助かります、
私すごい頑張りますからって言いましたけどもね、
ただ車に関しては、
彼はね普通に車乗っている人だから、
全然車運転するよって言ってくれて、
ありがとうございますってね、
そんなんでさ、
あのじゃあ私はちゃんとね池袋に行き、
煮作りをして待ってますからという話をして、
了解っつってね、
じゃあ行けるぞと、
今日やれるぞと思ってさ、
でそんなんで池袋を向かいまして、
まぁなんだかんだね想定していた時間よりもね、
遅くなってしまいましたけどもね、
14時半ぐらい池袋着いて、
遅ぇなーっつってね、
でも言ってもさ、
ねえ17時からの予約だからね、
まぁあと2時間半、
まぁ駅までねちょっと行かないといけないから、
まぁ2時間15分ぐらいあるぞと、
余裕だねと思ってさ、
でドンキホーテ行ってさ、
ダンボールとかもねちょっと買い足して、
で部屋の掃除をしつつ、
荷物をねまとめてと、
で16時ぐらいかな、
30:02
16時半ぐらいか、
あと30分ぐらいだなと思って、
したらその友人から、
あの連絡が入って、
遅れますと、
あれ?と思って、
昼寝しちゃってて、
寝過ごしたっつって、
あ、マジかと思って、
まぁ大丈夫だろ、
どんぐらい遅れるの?つって、
30分ぐらいって言う、
レンタカーがあるからちょっと聞くねって思ってさ、
でレンタカーのね、
あの人に連絡してさ聞いたんだけどさ、
別に遅れてくる分にはいいんだけどって、
次の人が予約入っちゃってるから車がね、
延長ができないんですと、
22時までになるんですけど大丈夫ですかって言われて、
頑張りますっつってね、
そんなわけで、
遅れてきても終わり22時だからってね、
いうことだけ友人に伝えて、
でそんなんでさ、
さぁどうしようみたいなところはあったけど、
まぁ俺もねちゃんと荷造りは終わってたからさ、
だからあと本当に運び出すだけっていうところと、
あと、
本当は持っていこうと思っていた荷物とかもいくつかあったんだけど、
もう全部素材ごみ、
素材ごみがね、
えーと6個ぐらいかな、
出してさ、
全部素材ごみシール貼ってさ、
んで2400円分ですよ、
だいたい1個400円ぐらい素材ごみね、
そんな大きいもんじゃないから、
でそんなんでさ、
そういうのを捨てるっていう風になるから、
まぁ多少抑えられるかなと、
でも結果荷造りしたものとして、
段ボール8箱ぐらい、
中サイズぐらいの段ボール8箱と、
あと何だろう、
その懸垂マシンとカラーボックス1つと、
あと自転車と、
なんで衣装ケースみたいなの3つぐらいとみたいな、
あとポールのハンガーみたいなのと、
ゴロゴロありまして、
あとあるズボンのプレッサーとかね、
なんかよくわかんないのがいっぱいあって、
でまぁまぁね、
あの全部積むしかないしと思ってね、
でそんなわけでさ、
用意はできましたと、
でじゃあ30分遅れるってことであれば、
まぁ俺もね、
17時の25分ぐらいに着いて、
ちょっと処理だけ、
手続きだけして、
で来たところをね、
合流してっていう、
車自体、
乗らないんでいいんだったら乗りたくないんでね、
本当は借りてね、
家の前まで車持って行っちゃえばよかったんだけど、
やっぱあんま人が乗ってない時に乗りたくないからさ、
だから普通にレンタカー屋で待ってるわってね、
でそんなんで、
そしたらさ、
33:01
あの17時、
まぁ俺もそれで池袋をね、
あの家出てさ、
でレンタカー屋まで行ったんだけどさ、
いやその時、
あの歩きながら、
あのLINEしてたんだけど、
友人から、
電車乗り間違えたんすってね、
あの久しぶりに東京とか池袋に、
いつも車乗ってるから電車乗らないらしくてさ、
勘違いしちゃったらしくて色々、
でちょっとね、
想定よりもまたちょっと遅れてしまうつって、
で結果、
合流したのが17時45分とか、
40分45分ぐらいよ、
で、
なかなかだよと思って、
で友人ももうダッシュで来てっからさ、
汗だくでさ来てさ、
すまんつってさ、
でそんなんでさ、
じゃあこっからだなつって、
で、
大体の想定としてだよ、
もうこの時点で考えられる想定として、
レンタカー屋から池袋の俺の家まで、
まあねあの池袋の大通りみたいに通るから、
ちょっと時間かかるから、
10分ぐらいかかるでしょ、
で荷物を積み込みますと、
まあ30分ぐらいかかるんじゃないかなと思うわけ、
なんだかんだでね、
あのまあイレギュラーなこともあるし、
そんで池袋から渋谷まで、
来るまで40分ぐらいかかるんだよ、
あの昼間とか混んでてね、
渋滞しとかしてるとさ、
かかるから土曜日の夜じゃん、
やっぱ混んでると思うのよね、
17時とかで一番じゃんそんなんのさ、
40分、
で荷卸でまた30分、
そっから戻って40分、
あれ?今計算しました?
10分30分40分30分40分、
合計150分っていうね、
2時間半目、
車のレンタルは3時間、
でも45分も過ぎてるの、
ということはオーバーしちゃうっていうね、
簡単な計算が成り立つんだけど、
これ困ったぞということで、
まあ車ね走らせながら、
友人にそんなこと伝え、
じゃあちょっと巻いていかないといけないねってね、
どこまで巻けるのかわかんないけど
って2人で言ってて、
で部屋戻って、
で荷物がこんぐらいありますと、
普通の一人暮らしの荷物ぐらいあるねってね、
そうなんだよねって、
でまあやっていくしかねえなって、
でガンガンガンガン荷物を移動させ、乗せ、
で結局、
あのボンゴまたパンパンなっちゃって、
でパンパン過ぎちゃって、
あの最後自転車が乗らないっていうね、
でまあ自転車はあの最悪いいやと思ってて、
36:00
その土曜日がね引っ越しだけど、
日曜日にその明け渡しがあるの部屋の、
その時明け渡しして、
そのまま自転車で帰ればいいじゃない、
なので自転車はいいやつ、
で他のが入ればもういいからって、
自転車だけ残して、
荷物全部ぶち込んで、
さあ行こうと、
でこの時点で、
多分ね荷物入れたの、
30分かかると思ったけど、
20分ぐらいでできてんだよね、
おし負けてる負けてるつって、
で次にそのままね、
あの車で走ってって、
でえー、
まあ私もうカンナビなくてもね、
分かっちゃうぐらいあの往復してますから、
でこっちまっすぐ行ってこうやって行ってですね、
であのナビ私の方でしながらね、
ちょっとやりましたけども、
であの渋谷の方着いて、
でこの荷卸しだよね、
でもう卸す場所がないね部屋の中に、
そもそも先週のやつで、
あのほぼその荷ほどきしてないから、
テレビとベッドと、
あとパソコンが使えるっていう状況はあるんだけど、
それ以外何もしてないよね、
っていうのもできないんだよね、
その懸垂マシーンとかあんじゃん、
そこに洋服をかけたりとかもするし、
あと棚とかレイアウトとか、
決めないと荷物入れちゃうと動かせなくなっちゃうから、
ということでいろんなことがあり、
えー何もしてないということで、
でなんとかかんとか隙間をね作っといたからさ、
まあそこにじゃあ乗せていくしかねえなってね、
ゴンゴンゴンゴンそれを乗せてってさ、
でも部屋の中パンパンですよ、
本当に足の踏み場がないとはこのことというね、
こんなことあるっていうぐらい、
荷物パンパンだったんだけどもね、
まあその荷物パンパン具合に関しましては、
youtubeの方に動画を上げさせていただきましたから、
まあ見ていただけるとね、
こんな感じかと、
結構激しいねということでね、
なんだかんだで、
あの大中小ね段ボールありますけど、
箱的には結局27個ぐらい箱があったもんね、
どんだけあんのよって話はあるんだけどさ、
でもその中の7箱ぐらいは、
今までもねずっとそのままにしておいた箱というか、
まあ段ボールというかね、
普通に収納として使っていた箱に近いんだけどさ、
まあそういうのもあるから、
でも言っても15から20ぐらいの普通の段ボール、
今回新しく新規で買ってきた段ボールだったりはするからね、
まあ部屋がねせめえなと思うんだけど、
まあでもだいたい本となんか服だった気がする、
39:01
追加分とか特にね、
まあそんなんでさ、でパンパンに入れてさ、
で全部荷物卸し終わったと、
何時だっつって、
予定よりも5分ぐらい早くなってるもん今度、
荷卸しとかも結構スムーズにいってさ、
じゃあそんなんでさ、
あ大丈夫じゃん全然大丈夫じゃんつって、
で帰り40分もかかんないし多分、
だから普通にね、
あのその8時前、20時前に着くじゃんつって、
やったぜつってさ、
でそんなんでさ、
なんだかんだでね、
帰りちょっと道をね、
ナビの入力したね、
番地が違ってるのかわかんないけどもね、
ちょっとぐるぐるしちゃったんだけど、
それでも20時の5分前、
19時55分にちゃんとレンタカー屋さんにね、
車返せてさ、
そんなわけで土曜日、
引っ越しね無事完了しましてね、
本当本棚はね、
1人じゃ無理だったね、
重いっていうのももちろんあるし、
持ちにくいっていうのもあるし、
でもダブルであれは無理だわっていうね、
ほんと良かったなって思って、
そんなわけでね、
本当にありがたい助かったなーつって、
でね、
あの手伝ってくれたお礼にと、
あの飲み行こうよとね、
おごるからと、
そんぐらいしか報酬ないんですか?
って言うかもしんないけど、
まあまあね、
そんなもんだよ、
友達だからボランティアだからそれはね、
でもちゃんとね、
それは飲み屋さんはおごりますから、
ということで、
で池袋で飲み屋なんだけど、
前々から行きたいなーって思ったけど、
なかなか行けなかったところでさ、
あの林屋っていう焼き鳥屋があるんだけど、
いっぱいあるのよ、
何号店も池袋にあって、
でもなんか知んないけど、
この4年、
まあ北大塚の時代も含める6年あんだけど、
1回も行ったことなくてさ、
で池袋から出ちゃったらもう、
行くことないなと思って、
じゃあね、
ちょうど目の前に林屋があるから、
林屋ってあの、
林って書かないんだよね、
木、
時々とかの、
何て言うの、時々だってのが、
あの、時々の次に着くやつあんじゃん、
あれが木があって、
その時々の時があって、
えー、宿、
家かな、
木が複数本あるから、
林と林屋というね、
そんなね豆知識はどうでもいいんですけども、
でそんなんでさ、
そこは日本酒とかもね、
ちょっと豊富で、
あのよろしいよということでね、
あのメニュー見たら、
私大好きな、
あの千金もね置いてあったから、
やるじゃんとか思いつつ、
結局はビールしか飲まなかったんですけどもね、
でそんなんでさ、
飲んでさ、
まあだいたいね、
42:00
1人4000円いかないぐらいだったかな、
なんでね、
安い、
安いバイト代にはなってしまいますけどもね、
まあこんな感じでしょうよ、
ありがとう、
いうところでさ、
そんで、
じゃあどうしようかと、
2軒目行こうかみたいな話になって、
でもそのね、
その彼は、
あの、
2軒目ってなるとさ、
絶対女の子が絡んだ店に行きたがるのよね、
なんか知んないけど、
別にそういうのよく言ってる人じゃないんだけど、
まあ一応友人じゃない、
その、
結構仲のいい友人とさ、
飲むとさ、
そういう女の子のいるところ行きたくなっちゃう病があるらしいんだよね、
で、
ちょっと行こうよ、
ガールズバー行こうよってずっと言ってんの、
えーと思って、
でも俺も池袋のガールズバー行ったことないし、
行ってみたいななんていうお店はいくつかあったのよ、
で、
うろうろしてさ、
で、ここね、
知ってんだよ俺もさ、
場所を、
だからこことかあるし、
こっちもあるし、
こんなところもあるけど、
どうかなーみたいな、
そもそも俺が乗り気じゃないから、
その、
女の子と飲みたくないんだよね、
苦手だからさ、
だから、
女とは飲みたくないけど、
ガールズバーの場所は知ってるから一応案内するみたいな、
もうよくわかんない図なんだけどさ、
でも行きたくないじゃん俺もさ、
だから、
で、
その、
友人もさ、
そんな押してこないわけ、
言うほどじゃあここ行こうよとかって言ってこないわけ、
万丈一致でなんかいいねってなんないと、
押してこないタイプでさ、
だからさ、
二人ともなんかあんまり決定力がなくさ、
街を徘徊するわけ、
何店舗かな、
結構メジャーというか、
路面店でさ、
あの、
もう1階で、
ガラス張りみたいなさ、
ガラス張りって入り口がねガラスになってて、
中が見えるタイプの、
ガールズバーが結構多くてさ、
それだけで、
ね、なんか、
7、8軒ぐらい回ったのかな、
ここ回ってここ回って気になってたんだ、つって、
でも行かないんだけどさ、
うん、つって、
もうお互いどうしようもないんだけどさ、
結局30分40分、
池袋の街をぐるぐる回って、
キャッチのお兄さんとかにも、
すげえ声かけられるじゃない、
俺はもう慣れたもんじゃない、
帰り道だから普通のさ、
ああ、いいっす、
大丈夫っす、
ねえ、
まあ声出さない時もありますよ、
でもさ、
友人はさ、
いや大丈夫なんで、
ごめんなさいごめんなさい、
みたいな、
全部受け答えしてんのよ、
いやもう、
無理じゃんそんなのみたいな、
なんだけどさ、
ねえ、
もうずっとぐるぐるしてっから、
45:00
キャッチの人もさ、
なんだあいつらぐるぐるしてんだぞ、
でも声かけると断ってるし、
なんなんだろうつってね、
まあそんなのもね、
あったかなと思うんですけどもね、
で結局どうするのみたいな、
やめるかみたいな、
話もあったんだけど、
でもここまで来たんだからやっぱし行こうよと、
で池袋最後の夜じゃんつってね、
どっか行こうよみたいなことになって、
分かりましたと、
キャッチに捕まるのも、
まあ悪くはないんだよ、
なんだけど、
そしたら、
無料案内所に行こうよと、
でそこで、
おすすめのお店があったら、
そこに入って終わりにしようと、
いう風に言ってさ、
で無料案内所に行ったわけ、
したらさ、
無料案内所の中に、
まあいろいろね、
案内所っていうのは、
まあ本当にその、
なんだろうな、
無料案内所ってそもそも何なのって話なんだけどさ、
あれって、
社会的にっていうかさ、
公認のお店なの、
警視庁が公認してますみたいな店ではない、
けども安心だよなと、
何基準なんだかちょっと分かんないんだけど、
まあ無料案内所って本当に安心な、
良心的なお店しかね、
紹介してこないというね、
素晴らしい場所なんだけどもさ、
そんなわけで、
そこ入って、
でキャバクラとかね、
それはねデリヘルとか、
ソープとかなんかいっぱいあるんだろうけど、
今回ガールズバーだと、
いうことで言ったらさ、
あ、ガールズバーありますよって、
でこちらになります、
1時間1900円、
安い、
ガールズバー最近安いよねって思うけど、
さすが無料案内所、
良心的価格、
言ってもでもね、
今のガールズバーの相場は、
2000円から2500円ぐらいじゃないのと思うんだけどね、
なんだけど、
あの池袋北口の駅前にさ、
いつも、
なんか1時間1000円ですっていうさ、
ガールズバーがあって、
いつも女の子が何人も立って言ってんの、
いやそんな無理でしょって思って、
こんだけの女の子がいて、
1時間1000円で飲み放題みたいな、
じゃあ女の子の地球いくらよ、
なると思うんだけど、
毎日やってんのよそれ、
そしたらなんかね、
色々私の方も、
その30分40分で歩いてね、
情報を仕入れたところ、
あれは実際にやっぱ1000円なんだ、
だけど、
別途料金が色々かかってくるんだってさ、
なので、
ちゃんとそれは中に入る時に言ってから、
それを同意してもらって入るらしいんだけど、
ただやっぱり引きが強いからね、
そういう表現を使ってるらしくて、
48:00
飲み放題自体はね、
本当1000円っていうところらしいんだよね、
チャージ料とかかかるらしいよ、別途ね、
結局、
まあ多分もうちょっと行っちゃうんだろうね、
っていうところではあるんだけど、
ただその、
無料案内所で紹介している1900円に関しては、
本当にもう、
そういうのないっす、
何にもなければ、
ちゃんと飲み放題でビールも飲めるよ、
ビール、ウイスキー、焼酎、
あとソフトドリンクも飲み放題、
それで1時間1900円、
別の料金かかりませんから、
もちろん女の子がね、
お酒を飲みたいとか、
あとその飲み放題以外のメニューだよね、
頼んだりとかした場合は、
それ別途かかりますけどね、
それ以外で、
あとは基本的にはかかりませんと、
お客さんの方でなんか変なことしてなければ、
かかりませんからっつってね、
じゃあそこで決まりですねっつってね、
で行ってさ、
でお店入ったの、
まあ前々からね、
その目の前は結構塔ってやっぱ、
やっぱまあいたんだよね、
だからこの建物かっつって、
で上登ってってみたいなところだったんだけどさ、
中入ったらちょっとね、
あのライトがね、
青いんだよね、
もう暗い部屋でライトが青いんだよね、
でカウンターがあって女の子が立ってるみたいなところで、
でちょっと狭いんだけど、
まあそれがまたいいのかどうかわかんないけど、
アットホームなの、
若干ね、
で、えーじゃあ奥のね、
そのカウンターのところを通そうっつって、
通されて、
でこんばんわーっつってね、
また始まったなと、
人見知りがと思うんだけどさ、
で女の子は一人は、
なんかギャル、ギャルっていうか、
うーん、
表現が難しいなー、
ゴリラみたいな、
いやゴリラじゃないな、
ゴリラギャル、
ひどい、そんなことない、
かわいいゴリラギャル、
ひど、ひどさが増してきたぞ、
でもなんかちょっと違うんだよ、
なんかねー、
俺の好みではない、
あのギャルだったね、
普通のギャルだったら、
いいんだけど、
ギャルは抜けるなと思ってやっぱり、
最近やっぱりね、
AVとか見るときもね、
ギャルものもね、
たしなみますから、
ギャルの方がエロいなって、
思うときはあるんだけど、
そのギャルはもうエロくない、
ゴリラ、いやゴリラじゃないよ、
そんなんいいんだけどさ、
そん、すごいいい子だったからね、
すいませんあの、申し上げないんだけどね、
その子がいますと、
でもう一人の子も、
かわいいんだよ、
この子はかわいい、
タイプっちゃタイプだよね、
あの、
ヨシキリサ、
みたいな感じ、
の子、
だったんだよね、
でー、
あー、
じゃあね、
頑張ろうと思って、
キャバクラはね、
やっぱ満通になっちゃうから、
女の子とね、
満通だから喋ることないけどさ、
もうこれはね、
ガールズバフはちゃんと、
隣に友人がいて喋るからさ、
51:01
でそこで、
間入ってきてもらってね、
女の子と楽しく喋ればいいじゃない、
いうところだから、
ガールズバーでそこまで嫌な思いしたことって、
あんまないんだよね、
友人間で話せてれば、
俺も話せるからさ、
でそことプラス女の子がいるっていう、
楽しい空間になるから、
まだね、
ガールズバーはって思ってる、
で、
えーと、
で、
その、
一応ガールズバー入る前なんだけど、
一応取り決めが一個あって、
友人と話していて、
えーじゃあ、
俺ね、
あのやっぱ今回手伝ってもらったからと、
あのー、
この、
ガールズバー代も出しますよと、
ただ、
出すのはこの1900円の、
そのワンセットしか出さないからねと、
ね、俺と、
ね、友人の分、
合計で3800円しか出しませんと、
これ以上なんかがあったとき、
超過した分は、
あの俺知らないですからねと、
俺だからもう、
完全に俺はもう、
女の子が何飲みたいって言ってももう、
飲ませないし、
延長もないし、
指名とかそういうのもないから、
俺はもうそういうのは、
あのー、
もうノータッチだからと、
あとなんか、
ね、
そういうの追加するような、
判断することが、
出てきたら、
それは全部友人に任せるからと、
それはもう勝手に、
やってもらって、
超過分も払ってねと、
いうことを言ってさ、
じゃあOKOKと、
ね、そういう取り決めある中ですよ、
で、行きました。
で、ね、初めましてーっつってさ、
で、なんか、
どんな友達なんですか?とかさ、
で、どこ住んでるんですか?とか、
今日何やってたんですか?とかね、
お酒飲んできたんですか?とかね、
いつも通りの話、
ね、ちょこちょこしながらさ、
で、
ね、
いや池袋住んでてさ、つって、
で、引っ越しで手伝ってもらって、
で、今日ね、
その池袋最後の夜だからさ、
ちょっとね、
あの、こういうところもね、
いいんじゃないか?つって、
で、来たんです、みたいな話をね、
ちょこちょこしてさ、
で、
まあ話は進み、
まあ、若干つらかったんですよ、
その、
ね、毎度のことのようにやっぱり俺も、
あ、これ喋れなくなってくるなーって、
思って、
いやー俺ほんと、あの、
人見知りで初対面の人となかなかね、
盛り上がれなくてと、
慣れちゃえば結構盛り上がるんだけど、
みたいな話してさ、
そしたら女の子たちもね、
同意するんで、
そうだよねーっつって、
私もそう、私もそうっつって、
お前らすげーなーって思うんだけど、
でもまあまあ、
あのーやっぱ仕事モードだから喋れるのもね、
あるらしいというところとかね、
まあいろんなね話をしたわけ、
趣味は何ですかとかね、
でー、
俺もね、
ラジオのことをね、
ちょっと、なんかほのめかし、
まあなんか、
うーん、
まあ確かに盛り上がって、
まあでもさ、最後まで引っ張ったっちゃ、
引っ張ったんだけどさ、
話もねーから、
で、そんなん、
そしたらなんか、
女の子とかね、
54:01
私も趣味あってーっつって、
ピアノがもう十何年、
十六年ぐらいやっててーっつって、
あと和太鼓やっててーっつって、
和太鼓も十三年ぐらいやっててーっつって、
すげーなーと思って、
だからねー、
なんかそういうちょっと、
なんか、
面白いなと思って、
それはあの、
吉木梨沙の方がね、
和太鼓やってるっつって、
なんか、
やっぱそういう珍しいものを、
長くやってるっていう子見ると、
おっ、
いいなって思っちゃうね。
そこでちょっとね、
いいなって思っちゃうところがありましたけどもね。
あとゴリラギャルは、
あんまりなんか、
趣味ないらしいんですよ。
あ、あったけどさ。
でも頑張ってね、
話してくれてさ、
なんかすごいなと思って。
俺も友人も、
若干、
その、
やっぱ波に乗るまでが大変だからさ、
二人とも。
だから、少し、
無言になりかけるんだけど、
そこをさ、
女の子もさ、
二人タッグで来てるからさ、
盛り上げてくれんのよね。
上手く上手く。
二人で話して、
ちょっと盛り上げて盛り上げて、
振ってくるみたいなさ。
さすがだねと思う。
ガールズバーはね、
男側も女側も、
それができるのがいいよね。
その、
男と女で喋ったら、
沈黙しちゃうかもしんないけど、
横の繋がりで盛り上げて振る。
横の繋がりで盛り上げて振るってことをね、
すれば、
なんとかなるっていうね。
ちょっとプロ根性をね、
ちょっとね、
見まして。
あの、終わった後ね、
友人と、
いや、プロだったねーっすね。
すっごかったね。
いう話はしたんだけどさ。
そんなわけでね、
あの、
ま、いろいろとお話をして。
で、
話してる最中に、
ドリンク、
いただいてもいいですか?
いうわけ、女の子が。
いや、私知らんっすよ。
ねえ、
私3800円までしか
払えない男ですからと。
で、あと知らんっす。
で、友人に、
どう?つって。
あと全部お任せですけど。
そしたら、
あの、
のの、
飲んでいいよ!つって。
で、
女の子2人ともね、
じゃあいただきまーすって飲んで。
えっと一応説明もあるんだよ。
あの、
1杯900円。
プラス消費税が10%かな。
タックスがかかって。つって。
消費税が、
消費税じゃないもん。
ただのタックスだからね。
だからただの税金。
何の税だか分かんないやつ。
で、
だから990円が、
上乗せされるから
×2だよね。
これでもう2000円。
上乗せ。
でもまあね、
友人は、
断れないんで多分ね。
なかなか。
で、そんなんでまた話しててさ。
そしたらまた少し時間たったらさ、
一応40分で、
その1900円ぐらいだからさ。
40分ずっと喋ってたらね、
喉乾くよ女の子も。
2杯目。
いいですか?つって。
いや、俺知らんし。
どうぞ飲んで。つってね。
友人が言って。
57:01
飲んじゃって。
で、
プラス、
さらに2000円だから4000円ね。
俺が払うお金よりも高くなっちゃってね。
で、
そこからさらに、
指名料みたいなのがあるらしいの。
で、
今すごく楽しいから。
このまま、
今ついてくれてる女の子2人。
をキープするみたいな。
フレンドリーシップみたいなのがあるらしくてさ。
それ、
やってくれないですか?つって。
いや、俺知らんし。つって。
いいよそれも。つってね。
その、友人が言って。
ま、それも話されて。
ま、結果、
あの、いい時間だったと思うのよ。その、
楽しい時間だったと思うのよ。
で、
40分普通に過ぎていって。
で、延長どうしますか?って言われて。
で、延長の説明聞いたんだけど、
さすがにそれはちょっと、
取りすぎだろっていうぐらい、