1. クリエイターエコノミーニュース
  2. stand.fmからYouTubeへ直接配..
【2023年10月19日配信】YouTubeがついにポッドキャストに完全対応しました。これまでもYouTubeはポッドキャストに対応していましたが、投稿するのはじつは動画だったり、YouTube Musicでは聴けなかったりと不完全でした。しかし今回ついにRSSフィード取り込みにも対応し、いよいよYouTubeポッドキャストが開始。この恩恵を一番受けるのは・・・。

「Audiostart News」ポッドキャスト、YouTube Musicで配信開始してみた
https://audiostart.info/2023/10/18/youtube-audiostartnews/

★今日の一言
職場の新しい体制にまだ慣れません。

★無料ニュースレター
https://creator.theletter.jp/

★ハイレゾ配信
https://kagua.fanbox.cc/

★公式Twitter
https://twitter.com/creator_enews

小春六花
https://tokyo6.tokyo/guidelines/

VOICEVOX:雀松朱司、猫使アル
https://voicevox.hiroshiba.jp/dormitory/

BGM by OtoLogic(CC BY 4.0)
https://otologic.jp/

#YouTube #YouTubeMusic #Podcast #ポッドキャスト #RSSフィード #集客 #音声配信の未来 #LISTENポッドキャスト
#TASCAM #DR07X #ハイレゾ #ひとり語り #男性トーカー #クリエイターエコノミー #毎日配信 #クリエコニュース202310 #AI読み上げ #AI #仕事術

Summary

YouTubeはポッドキャストに完全に対応しているため、業界は騒然としています。YouTubeにポッドキャストを取り込む方法や広告の制約事項について詳しく説明しています。また、スタンドfmから直接YouTubeへ配信することで、得する人と注意する人についての情報を共有しています。

YouTubeがポッドキャストに完全対応
Speaker 1
クリエイターやインフルエンサーの収益化や未来についてゆるーく深掘っていく番組
クリエイターエコノミーニュース。どうもカグアです。さあ今日はついにYouTubeがポッドキャストに完全対応ということで業界
騒然としてますのでそのニュースを取り上げていこうと思います。それでは早速行ってみましょう。
ではまずはこちらの記事です。
Speaker 2
2023年10月18日オーディオスタートニュースの記事です。オーディオスタートニュースのポッドキャスト
Speaker 1
YouTubeミュージックで配信開始してみた。はいいやーついに来ましたね。私10月の17日この配信のおとといぐらいにたまたまね
YouTubeスタジオのメニューの中でなんか来てないかなーぐらいな感じでちょろちょろって見てみたんですよ。
そうしたらねなんかRSSと接続するみたいなそういうメニューがあってこれはと思って見てみたら本当に同意文とか出てきて
RSSを取り込むということがついにできてたんですよね。でそれをもうすぐさまXでつぶやいたところ
もう翌日には業界騒然としてバタバタっとニュースが出ていました。 そしてまあそんな中でも一番詳しいのがやっぱりオーディオスタートニュースさん
いやーすごいですね。もう実際にオーディオスタートニュースさんのポッドキャストをYouTubeに取り込んでみたという内容を記事にしていました。
そしてその様子を全部キャプチャーと共に紹介していますのでこれからYouTubeにポッドキャストを取り込もうという人も本当に参考になる記事になっていますので
ぜひ概要欄のリンク見てみてください。いやーすごいですよ。今まではポッドキャスト対応といっても結局はね動画をアップロードしなくちゃいけなかったんですよね。
でも今回のでついにmp3音声ファイルをね連携させるということでYouTubeミュージックで配信ができるということですのでこれはね本当に手間がかからなくていいですよ
ハッシュタグクリエコ 具体的にはどうやるか見ていきましょう
まずはYouTubeスタジオというねYouTubeの配信者用の管理画面に行きます そして新しいポッドキャストというメニューを選びます
そうすると新しいポッドキャストを作成する既存の再生リストをポッドキャストとして設定する そしてRSSフィードを送信するとあって
ゼロからね動画をアップすることもできるし もともと投稿して動画をプレイリストとしてポッドキャストにすることもできるし
そして今回他のプラットフォーム例えばスタンドFM、ラジオトーク、リッスン、ポッドキャスター4、スポティファイとか音源をどこかのプラットフォームにアップしていて
RSSといって他のプラットフォームに配信できる配信用のURLを持っているプラットフォーム そのRSSフィードを読み込んで連携してYouTubeで配信するという3つが選べるようになって
今回実装されたのがこのRSSフィードを送信するというメニューなんですね こちらを選ぶといわゆる同意文というものが出てきて
そしてRSSフィード、そのプラットフォームから発行されているRSSのURL、ポッドキャストのアドレスを入力すると
そしてメールアドレスに認証コードが送られるということなのでそれを入力して認証が進めばもうこれで完了です
いやー素晴らしい本当にスポティファイと連携するとかAppleポッドキャストと連携するとかというような既存のポッドキャストプラットフォームとほぼ同じような感覚で
YouTubeがついに連携できるんですよ いやー動画を作る手間がなくなるというのは本当に素晴らしいですね
さらに今回評価が高かったのはこちら アップロードするにも実はもう一つ選べる項目があるんだよね
それがアップロードの中身の源泉 どういうことかというとRSS元々のポッドキャスト全部をアップロードするのか
それから何月何日以降のエピソードをアップロードするのか それから古いエピソードも元々そのプラットフォームで配信しているエピソードはアップロードしない
今後追加されたものだけをアップロードするのかというのを選べるらしいんだよね これありがたいよね
例えば私なんかはもうすでに動画としてYouTubeポッドキャストを配信していたんだけども 今後は例えば新しいものだけをアップロードするというチェックをすれば
今までのポッドキャストのプレイリストが活かせるわけだよね だからやっぱり考えられてるよね この辺は本当になんかGoogleらしいというかさすがYouTubeっていう感じ
もうこれで公開設定終わり
Speaker 2
ハッシュタグクリエコ
Speaker 1
さあそれで界隈でこのニュースで賑わっているのでいくつか状況を見ていきましょう
例えばやっぱりね今日本当に話題になっていたので なかなか全エピソード読み込んでくれないっていうコメントがあったり
YouTubeポッドキャストのメリットとデメリット
Speaker 1
ただまぁ少し時間が経つと大丈夫なんだけど あとはねやっぱり一定の数読み込んだあたりでストップしたとか
もしかするとあまりにも大量のフィードを読み込むと あまりにもね多く取り込むと負荷がかかるということで
もしかすると1日何百エピソードとかそういう制限が実は背後ではね あるかもしれないんだけども
まあまあ時間の問題で大丈夫だろうという感じだね
そしてミュージックの画面では動画と音楽と選べて 音楽だけの場合はサムネイルがそのまま出る感じ
だけど動画もねできるっていうことでは いわゆるビデオポッドキャストも対応するんだろうなという感じ
Speaker 2
ただスポティファイのビデオポッドキャストは取り込めないから 実質 youtube だけかなそれは
Speaker 1
そうなので続々とね今 youtube ミュージックでポッドキャストが立ち上がっている それから後興味深いのはやっぱり youtube って
youtube スタジオ youtube アナリティックスがあるように 結構ねアクセス解析がやっぱりむちゃくちゃ優秀なんだよね
この辺はさすが google っていう感じで特にオウンドポッドキャスト 仕事として誰かのポッドキャストを配信しているというような場合には
Speaker 2
レポートをね本当に詳細に作れると思うのでその辺も便利だと思う 著作権収益か美味しいの
そんな初心者クリエイターにわかりやすく解説している番組があるわよ その名もクリエイターエコノミーニュース
Speaker 1
botify youtube アップルポッドキャストで好評配信中 クリエイターエコノミーニュースで検索ね
さあそれでは今回の youtube ポッドキャスト まあそれぞれメリットデメリットね見ていこうと思う
まずはデメリットからなんだけども実は一つだけ制約事項がある それがフィードの中に広告を含めてはいけないということなんだよね
まあいけないわけじゃないんだけども基本的に youtube 側はほら youtube の広告を使って欲しいから
広告を含むものは基本NG ただまあプロモーションが入っている場合はチェックをしてくれっていうのがあるんだけど
基本NGなんだよね だからもうすでにスタンドFMとかラジオトークとか自分のポッドキャストでほら広告をね
口頭で喋ってる配信をしている人もいると思うんだけどそういうのは基本NGなんだよね だからそこは排除したものを
何か別途作るとかまあちょっと一旦別なポッドキャストで試してみるとかっていうふうに まあなるかなっていうところかな
ただオーディオスタートなど別のプラットフォームを介して広告配信している場合は単純にね 元々の RSS を登録すればいいだけなので
多分そこは大丈夫なはず なので先行している海外では何でもかんでも youtube ポッドキャストにするという動きではないっぽい
例えばオーディオスタートニュースでも英国ポッドキャスト上位25番組中8番組のみ youtube 対応と報じている
これやっぱりその広告がねもうポッドキャストって海外ってほらすごい広がってるじゃない 普及してるじゃない
だからもう自分たちで自前でね広告を用意している番組も結構あるんだよね っていうところでは
様子を見ているところが半分以上占めるとなわけだよね
でも youtube っていうすごいプラットフォームに配信できればそれだけでリスナー増えるじゃんと思うかもしれないけども
でもそれってほら広告がない配信と広告がある配信を仮に出し分けたとして配信するじゃない
そうすると広告がない方にもリスナーさんが行っちゃうわけじゃん
そうすると今度広告がある方の再生回数が減って いやいやいや待ってよということになるじゃない
だから結構ね様子見な番組があると分析している 確かにそうだよねそうだから私も今スタンド fm で収益化が始まったんだけども
実は始めてないのねでもそれはやっぱり youtube の広告がもうちょっとで収益化の資格に達するので
ちょっとそのあたりと足並み揃えたいっていうのもあって実はやっていない
そうだからこの辺は結構多くのプラットフォームに配信できるポッドキャストだからこそ結構長尻を合わせるのは意外と大変っていうのはなんかわかる気がするな
ただ広告をね全然やってないという人はまあまあデメリットはそんなないんじゃないかなとは思う
YouTubeポッドキャストの配信注意点
Speaker 1
一方でメリットというか今回最大のメリットを享受できる人
それはラジオトークおよびスタンド fm で楽曲申請をちゃんとして著作権処理をちゃんとクリアして堂々と歌ってみた配信などをしている人だと思う
これはね一番ねメリット享受あるんじゃないかなというのも実は youtube はネクストーンジャスラックといった日本の大手著作権団体と包括提携を結んでいる
そして包括提携というのは実は楽曲申請さえも必要なく歌ってみた配信をしていいんだよね
そうだから例えばスタンド fm でミスターツイートラーの音曲を歌っているとでスタンド fm の方ではちゃんと楽曲申請をして堂々と配信していると
でそれをポッドキャスト youtube に配信しても申請なくもうそのまま youtube でそれを流して ok
で youtube はほら曲の再生とかも本当に市場大きいじゃない だからむちゃくちゃ跳ねる可能性があるなので今回特に歌ってみた配信をしている人はもうこれは
ね乗っかるのがいいんじゃないかなと思うな ただ youtube は一方でものすごく市場が大きいので今まで音声配信っていう比較的小さな市場で
こじんまるとやってきた人が大沢でいきなり日の目を浴びるとそうすると思いがけない 辛辣なコメントが来たりするわけよ
なので心配な人は youtube ポッドキャストはコメントをオフにしておけばいいと思う コメントできないようにもうしておけばいいと思う
その辺は youtube のコメント投稿はね辛辣なものが来るから来る傾向があるから まあまあ心配な人はオフにしておけばいいんじゃないかな
いやーというわけで思った以上に早く来たなぁという印象の youtube ポッドキャスト完全対応と
いやーでもこれだから youtube で音声配信をする人がどんどん増えていくという中では まあまあコンテンツが本当に増えていくから
いやー今まで以上に一方で収客とか大変になっていくのかなぁとは思う だけども youtube という大海原でまた新たなリスナーさんとの出会いが絶対あるはずなんで
Speaker 2
ぜひ概要欄の記事をチェックしてポッドキャスト配信興味ある人は調べてみてください クリエイター
Speaker 1
エコノミーニュース はいというわけでアフタートークです
スタンドfmの収益化について
Speaker 1
さあそんな youtube ポッドキャストという新しいねまたうねりが来ましたが まあその少し前にスタンド fm 大手音声配信アプリのスタンド fm の方で収益化に
分配がね次行われたということでプラットフォーム内で話題になっていました いやー皆さん収益の報告をする配信で本当に際っていましたね
私が見た中では76ポイント というのを見たという人が一番最高だったかなという気がする
まあ概ねこんなもんだろうっていう人がほとんどだったけどやっぱりせめて100円 ぐらいはあるんじゃないかって思ってた
落胆していた人もやっぱりいたねただこれねちょっと考えると まあそんなもんだろうなっていうふうには思うんでというのも
スタンド fm は一応交渉では110万ユーザー 110万ダウンロードかなっていう110万という数字がまあよく出てるんですよ
で仮にそれが全員アクティブじゃない時にまあ2割で20万としすると で20万ユーザーで収益化している人がさらにその1割2万人だとすると
そうすると2万人に10ポイントだとしても20万円なわけじゃない で仮に100ポイントだと200万円になるわけじゃない
で毎月200万ってまあまあ結構な資質だと思うんだよね だってスタンド fm はそもそも売上げのベースがまだ今のところほとんどないわけだから
そういう意味ではまあまあやっぱり分配なんだよね だからもともとの何かがあってそれをみんなで分配するって感じなんだよね
多くの人は多分再生回数が上がればたくさんもらえるって思ってるかもしれないけど ただ基本はね多分分配なんだよね
再生回数が多かろうがもともとの原始を多分割り算するっていう考え方の方の 係数の方が多分多いんじゃないかなぁとは思うな
実際アマゾンキンドルあのアマゾンでさえクリエイターに分配するものはやっぱり分配 金基金を積み立てて分配するっていう規則それでやっているので
まあやっぱりそこはねそんなもんじゃないかなぁとは思うな ただまあスタンド fm でも少しでも収益化がされるそして youtube ポッドキャストでも
まあ1000人以上とかね1000人以上4000時間超えれば 収益化もできるということでは本当に音声配信もね
日本もついにその広告でわずかながらでも収益が出てくるというモデルがついにね 確立されたねー
いやーなんか感慨深いね長年音声配信の業界を見て毎週音声配信ニュースをお届けして きた身としてはなんか感慨深いところがあるなぁ
今のところは音声ライブをやっているライバーさんがね ものすごく稼いではいるんだけども
もしくはチキリンさんのようなね知名人の方のメンバーシップがものすごい稼いでは いるわけだけども
ただなんだろうなあの広く薄くお小遣い程度と言っちゃうと言葉悪いけども でも広く薄くでもほらリスナーさんがね
ついているファンの多い番組って息が長かったりするじゃない ラジオ番組って息が長かったりするじゃない
そんな感じで結構細く長く続く番組っていうのも意外と実は増えるんじゃないかなと 私は見ている
まあ私もなんかそういうふうにはなりたいなぁと思うし 音声のなんか醍醐味ってそういうこう
こじんまりとしたささやかなんだけどなんかあったかいっていうそういう場所が魅力だと僕は思っているのでこれからも頑張っていきたいと思う
ちょっと最近サブリギミだったけどもまだまだポッドキャストアワードノミネートを目指して頑張っているので皆さん応援どうぞよろしくお願いします
緩いながらも一時早々をちゃんと確認するメディアクリエイターエコノミーニュースでは カグヤが毎日クリエイターエコノミーに関するニュースをブックマークしていく中で心揺さべられたものをお届けしています
毎日の収録配信と週に1回の無料のニュースレター 2つの媒体で情報発信をしていますのでぜひフォロー登録
よろしくお願いします仕事の新しい体制 相変わらずまだまだちょっと相変わらず慣れてないなぁ
なんか急にちょっとサブリーダーっぽくなっちゃって なんかまだ慣れてないんだよねはい皆さんもチェストの代わりめ
影響つけて生活していきましょうポッドキャスターアワードのミニーに俺はなる また明日もこの部屋で待ってるぜ
Speaker 2
ではではばいばーい
17:09

Episodes Mentioning This Episode

Comments

Scroll