1. デジクリ - デジタルクリエイティブの話
  2. Ai牛丼|ChatGPTにレシピ教え..

Ai牛丼|ChatGPTにレシピ教えてもらったら旨すぎた。

毎日の献立に悩んだことはありませんか? ChatGPTが解決してくれるかもしれません。今回はそんなお話です。

🎧

今後も配信を聴いてみたいという方は、フォローしていただけると嬉しいです。番組やエピソードへの感想やメッセージお待ちしています。

お便りフォーム https://forms.gle/QyA1VSVM8XPKLMRw8 

Instagram https://www.instagram.com/hatamoto_s/ 

Threads https://www.threads.net/@hatamoto_s/ 

X (旧Twitter) https://twitter.com/hatamoto_s/ 

#AI #ChatGPT 

00:03
カメラと草花、ハタモトです。
毎日のこんだてに悩んだことってありませんか?
それをね、ChatGPTが解決してくれるかもしれないというお話を今回はしてみます。
対話型AIChatGPTのバージョンがGPT3からGPT4に進化したそうです。
ChatGPTって何?という人もいるかもしれません。
まだChatGPTをご存じない方のために、ちょっとね、ChatGPTとは?というものをそのChatGPTに質問してみました。
その答えが次の漢字です。
読みますね。
ChatGPTは人工知能の一種で自然な言語を学ぶことができます。
例えば、あなたがChatGPTにこんにちはと話しかけると、ChatGPTはあなたに挨拶を返してくれます。
またChatGPTは翻訳や文章の要約など様々な言語のタスクを行うことができます。
ChatGPTはコンピューターが人間と対話するためのツールとしても使用されます。
例えば、あなたがChatGPTに質問をすると、ChatGPTは最適な答えを提供してくれることがあります。
中学生でもChatGPTを使って質問や調べ物をすることができます。
ChatGPTは人間の言葉を理解することができるので、あなたが知りたいことを教えてくれるかもしれません。
かもしれませんというところが結構大事であってね。
それが正しいかどうかというのはまだ怪しいところもあるので、ご自身で、ChatGPTご自身で相互は曖昧にしているのかなと思います。
中学生でもって出てきましたけれども、それは最初に質問した時の回答がかなり難解だったので、
条件指定をしてね、中学生でもわかるレベルでというふうに付け加えてお願いしたから出てきたのかなと思います。
この文章であればね、ChatGPTをなんとなく理解できそうですよね。
で、これどう使うのというね、我々一般人には別に関係ないんじゃないのと思うかもしれないんですが、
すぐにでも活用できそうなおすすめの使用例があります。
それが何かというと、料理のこんだてとかレシピですね。
毎日料理している人もいると思います。
私も結構ほぼ毎日のように料理しているんですけれども、
03:03
料理ってね、作ること以上に面倒なことはありませんか。
今日の夕食何にしようとかね、そういう考えるのこんだてですね。
毎日毎日同じものもできませんし、工夫凝らして飽きないようにいろんなものを考えるじゃないですか。
それがね、かなり大変だったりします。
なのでね、ちょっとね、試しにChatGPTに冷蔵庫にある残り物でね、簡単にできるレシピを聞いてみました。
今回はですね、先日ね聞いてみたのは、人参とじゃがいもがあるけれど何ができるかというのを聞いてみました。
それとですね、人参とじゃがいものポタージュスープの提案をしてくれました。
材料とね、作る手順まで教えてくれるんですね。
でね、作業の中にね、ハンドブレンダーという道具が必要みたいな感じで書いてたんで、
それ持ってないって言ったら、代わりの方法もちゃんと教えてくれて、なかなか使えるなと思いました。
次の日にね、牛肉が安かったので、簡単で美味しい牛丼の作り方というのも教えてもらいました。
それがね、写真ね、これはコミュニティ、スタンドFMではコミュニティの方にも写真アップしますけれども、
noteの方にも写真はアップします。
なかなかね、美味しくできました。
レシピもnoteの方に貼っておきますけれども、
そんなね、ChatGPTのバージョンがGPT-3からGPT-4に先日なったそうです。
進化がね、かなり早いんですけれども、もっとね、これからどんどん進化のスピードは速くなってくるみたいですね。
ちょっとついていけるのかどうか心配になってきますけれども、
たぶんね、頭の良い偉い人たちがね、普通の人でも簡単に使いやすくなるようにしてくれると、
まあそう信じるしかないんですけれども、
そのGPT-4ね、画像まで理解するそうなんですよ。
今まで画像はね、あまり理解できなかったみたいなんですけれども、
今回画像を、中身をね、画像に何が写っているのか、どういう状況なのか、
何を伝えようとしている画像なのか、そういうことまで理解できることになっているみたいです。
すごくないですか?
でね、私的にちょっとそのChatGPT-4でお願いしたい、使ってみたい使い方があるんですけれども、
06:06
それが何かというと、
散歩中にね、見つけた植物。
いつもね、いろいろ植物あるんですけれども、
これ何の花やったかなとか、何の植物やったかな、何の草花やったかな、
知ってたはずやのになぁということが結構あるんですね、そういう植物との出会いがね。
それをね、スマホで写真撮ってChatGPT-4に質問したら、
種類とか性質、いつ花が咲くとかね、そういうことを教えてもらえるかなと思って、
これできたらかなり便利じゃないですかね。
画像を理解するChatGPT、あなたならどんなことに使ってみたいですか、教えていただけると嬉しいです。
ユードンのレシピはね、ノートにも貼っておきますのでね、ぜひチャレンジしてみてください。
作ったものはね、よろしければTwitterの方でね、
ハッシュタグAIレシピチャレンジをつけて写真投稿していただけると、
ちょっと見に行きやすいかなと思いますのでね、ぜひお願いします。
昨日ですね、ノートプロデューサーの特力さんが開催しているミライカフェのスタイフ会に参加させていただきましてね、
スタンドFMのライブ配信についていろいろ、
ツアモの人たちがね、コメント欄とかダンジョウとかに上がってきておりまして、
いろいろ教えていただきまして、かなり勉強になりました。
まあライブ配信ね、やっていきたいなと思うんですけれども、
なかなかね、すごいですね皆さんね、ライブでお話しできる言葉が出てこないんですよね、なかなかね。
こうやって収録配信だと、特に問題なくお話しできたりもするんですけれども、
最初の頃はね、それも収録でもお話し全然できなかったのでね、
まあ慣れていけばできるようにはなるんですけれども、
またね、ライブ配信で見つけていただけましたら、ちょっと入ってきていただけると嬉しいなと思います。
またね、ミライカフェもスタイフ会開催することありそうな感じなのでね、
その時にはね、またとこりきさんのチャンネルの方にね、お越しいただけると嬉しいかなと思います。
カメラで街の草花をスナップしています。
カメラ、写真が好きな人、草花が好きな人にお聞きいただけると嬉しいです。
09:02
番組やエピソードへの感想やメッセージを待ちしています。
カメラと草花、はたもとでした。
それではまた、バイバイ。
09:25

Comments

Scroll