1. 朝の散歩
  2. 9/12 夜の鈴虫散歩、高木さん..

9/12 夜の鈴虫散歩、高木さんご夫婦・テディさんの訪問を受ける

#声日記

Summary

オーストラリアからのお客様がアンノンラジオを庵野で聞いていることがわかり、収録を行いました。高木さんはスポティファイで偶然アンノンラジオを見つけ、それ以来、オーストラリアの鉱山で働いているということを語ってくれました。彼は神社での驚きや米国の大規模な鉱山、保護環境の構築についても話しました。

オーストラリアからのお客様
こんばんは。 9月11日、月曜日。
なんと、夜! 夜の散歩でございます。
なんか最近、この秋の虫、 これ何ですかね、鈴虫でいいんですか?
すごい 鳴いてるんですけど
朝も鳴いてるんですけど、帰り道にね、 自転車で走っていると
夜の方がさらに 元気で
すごい綺麗な音色で 虫が鳴いているので
ちょっと夜の 帰り道に
ふらりと 哲学の道を経由して
ちょっと録音しながら帰ってみようかなということで 夜の散歩
やってみています。 朝の散歩なのに夜の散歩を通おうと、また小田陣さんから
ツッコミを受けるかもしれませんが もう自由な形でやっていきますのでご容赦ください
いやーでも本当に 綺麗な音色ですね、これ
2種類ぐらい混じっている気がするので なんか1個は鈴虫かもしれないですけど
もう1個何なんでしょうね。 もし詳しい人がいたら
教えてください。 こんばんはー
今日なんですけど ちょっとすごいびっくりする出来事というか
嬉しかった出来事が会社でありまして
普段と同じように アンノン郷土で仕事をしてたんですけど
そこに突然のお客様がありました。 今まで知ってた方ではなくて
初めて会ったお客様 3人組ですね
の方がいらっしゃって
しかもその3人は オーストラリアから
のお客様でした。 3人で日本人の方が2人と
オーストラリア人の方が1人と 3人組だったんですけど
アンノンに来てくださって ちょっとオーストラリアから
日本に滞在中に寄ったっていうことだったんですけど なんとですよ
アンノンラジオを聞いていますって おっしゃられて
えーっていう なんか最近この話題多いですね
ボンドキャスト聞いてますっていう方と 会いましたみたいなのが
なんか続いていて 不思議に繋がるなっていうか続くなっていう
感じですけど 今日は本当にその初対面の
高木さんという方だったんですが
が訪ねてくださって いつもアンノンラジオを聞いてるんですと
オーストラリアに住んでる方がなぜ
アンノンラジオを 聞いてくださっているのかということで
こちらも興味津々でですね どういうことですかっていう
なぜそんなことになったんでしょうみたいな
ことを 聞いたんですけど
まあ伺っていくと その鉱山
鉱山で働いてるらしいんですね なんか
えーっとケースを取るのかなっていう そのオーストラリアの鉱山でお仕事されてて
でなんかその自宅から その鉱山に
すいません ちょっと今あの
外国人が
10人ぐらいタムロして なんか喋ってました
はいえーっと あそうそう だから鉱山ね鉱山に
通勤するのが車で なんか30分だか40分だかかかるので
まあそこで車の移動中に あの普段日本人とあまり合わないから
日本語の ポッドキャストは聞きたいと思って
調べていく中でたまたま アンノンラジオを見つけてくださったそうで
だからほんとその誰かの紹介とか あの知り合いの知り合いとかじゃなくて
もうただ スポティファイから
発見してくれて で聞いてみたらなんか面白かったんで
そのまま聞いてますみたいな話で マジですかみたいなね
でまぁしかもなんかすごいたくさん ポッドキャストを
いろいろ聞いている方なのかなぁと思いきや そんなに固定で
たくさん 聞いてらっしゃるってわけでもなかったので
まあその中で一個 あのアンノンラジオを選んでもらって
本当に嬉しいなぁと思って なんかまぁあの
できるだけそのアンノン京都に来てくださる方と お話を聞くっていう時に
一応意識していることがあって あんまりこうやっぱり内輪に閉じないというか
あの僕たちだけしかわからないような話 アンノンにいる人しかわからないとかにならないようにっていうのは思ってて
であとはまぁ
なんかいろんな職種の方とかいろんな経歴の方とか いろんなお仕事の方とか
来られるので 毎回毎回その専門分野は全然違うんですよね
なんかIT系の方もいれば
なんか まあまあなんかいろいろ
な分野の方がいるんで なんですけどだからまぁ個別に仕事話を聞いていくと
オーストラリアの鉱山で働く高木さんのエピソード
当然その専門的な内容っていうのはそれぞれ違うんですけど でもなんかどっかで
あのすごくちゃんと その仕事の話を突き詰めて聞いていった時に見えてくる
具体的に深く深く聞けば聞くほど逆に見えてくる なんか普遍的なものというか
仕事をしていくってどういうことなのかなぁとか 自分にあった仕事って何なのかなぁって
まあいろんな人が まあそれは答えを探して
いろいろ 試行錯誤すると思うんですけど
まあなんかそういうプロセスの 難しくもあり面白い部分とか
まあなんかそういうのを うまく抽出できたら面白いかなぁってちょっと思ってはいて
そういうものがうまく
出ていれば まあそれはもう国とかにも関係なく
あの 広くね 遠くの人にも
まあ有益なというかまぁ ちょっと面白いなって思ってもらえるんじゃないかみたいなことは一応あの
思ってはいるんですけど なんかそれが証明されたって言ったら
まあちょっと大げさかもしれないんですけど 本当にその海を越えて大陸が違うっていうね
南半球の オーストラリアでお仕事をされている
その高木さんという方の 何かちょっと心に届いて
ああこれは面白いって思ってもらえたんだなっていうのは 本当嬉しかったです
ということでちょっとまあそれがあまりにも嬉しかったこともあって ちょっと帰り道に収録してみてます
庵野京都のシェアキッチンがあるんですけど みんながちょっとした
飲み物を入れたりとかちょっとした料理作れるようなキッチンがありまして 急遽そこで
その高木さんたちと
3人 急遽ちょっと
その場で収録をさせてもらったので その様子もお聞きください
お名前なんておっしゃるんですか? 高木と言います
近藤です よろしくお願いいたします
高木さんと 妻の三羽です
私の名前はテリーです
今日あの今は西オーストラリア州の バンバリーという町に住んでるんですけど
オーストラリアから来ていただいたんですか? 庵野京都市
バンバリー パースから180キロぐらい南で 車で2時間くらい
私はその経営者 砂 ガラスの原料になった砂の鉱山の会社で働いてるんですけど
それが近くにあるので
今日はそのご近所のテリーさんが京都に行きたいというので 私も日本に一時帰国してるんで
連れてきてあげたんですか? 京都来るんだったら
私はいつも近藤さんのそのポッドキャスト 庵野ラジオ聞いてるので
車でだいたい通勤中30分ぐらいかかるので 山の中に行くのです
その間に鉱山に行くから カンガルー避けたり
エミューというダチョウがいるんですけど オーストラリアのダチョウが通勤路に出てくるんです
その間にやっぱり日本語聞きたいなと思って もう職場はオーストラリア人しかいませんから
それでいろいろスポーティファイを探してたら すごい良い声で喋ってらっしゃる方いるなぁと思って
テーマもすごくこちらに集まられる
その方々のお話が面白いので ずっと聞いてます
本当ですか?オーストラリアで庵野ラジオ聞いてくださってる 嬉しい
お会いできて嬉しいですよ オーストラリアの鉱山で勤めてる方が
僕のラジオ聞いてるってのは驚きでしかないんですけど
でもハテナも好きだったんで 元々最初やってた仕事はプログラマーだったんで
京都で
どうやって庵野ラジオ見つけたんですか?
スポーティファイでお勧めに出てきました
一番最初に聞いてたのはオフトピック
それもお二人の方の声が良いなと
声が好きなの?しかも男性?
男性と女性もいらっしゃいますけど これ変な意味じゃないですよ
柔らかい関西弁で喋られるじゃないですか
僕はもう何弁か分かってないです
関西弁? 京都弁か
わしも京都に11年くらい住んでたんだな
懐かしくて
たまたまスポーティファイで出てきて ちょっと経験によってなってから
結構聞いてくださってるんですか?
それは嬉しいな
誰かの繋がりとかじゃなくて
聞いてるとクリプトのバーを作られたりとか
ストーリーもあるじゃないですか
高木さんのアンノンラジオの聞き方
ずっと継続して聞かせていただいてます
今日は京都案内についでに案内に寄ってくださった
そうですね 最初は本当は清水寺とかに行こうかなと思ったんですけど
雨やしでここは私が来たいと思ってたんで
寄らせてもらって
ちょっと泊まれるところとか
ワーキングスペースとか見ようかなと思って
まさかお会いできるとは思わなかったです
毎日いますので
ぜひまた泊まらせてもらったらね
他にちなみにどんな番組聞いてるんですか?
あんまりそこはねオフトピックぐらいじゃないかな
2個のうちの1個なんですね
他のポッドキャストも聞かないですか?英語のやつとか
英語のやつはたまに聞きますけど
テック関係のやつとか
あんまり継続的には聞いてないです
良かったです
なんで続くんですか?
なんでしょうね
結構長時間
長いですね
往復行って帰って1時間ぐらい
1時間ちょいぐらいかかるかな
長いからいい
行きで半分聞いて
帰りで半分聞くとちょうど一応
1時間半から2時間ぐらいですか
なるほど
それも良いのと
アットホームでも聞きます
嬉しい限り
そうですか
広めますよ
今回はどういうところにいるんですか?
ずっと大阪に泊まってたんですけど
私が大阪に住んでるので
日本の家は
今日初めて京都に来て
今伏見成りに行ったり
伏見成りに行って
でも雨が
雨が降って
山登りですか
後ろの山登りはしなかったんですけど
手前の鳥居のところをちょっと歩いて
Uターンして帰ってきました
そうですね
日本に住む時間は?
2週間
全体で3週間
京都だけ?
東京だけ
フィッシュシティは?
東京は4日で
伏見成りに行って
大阪に
金曜日に到着
金曜日は広島に帰ります
その後は北に行って
電車で
広島で原爆ドームとか
宮島とか行きたい
この後明日
明後日か
それまでの間
大阪で過ごそうと
旅のテーマは?
いや、どうしようね
彼はもう世界各国回ってきてるので
日本は来たことないと言ってたんで
私が一時帰国する間に
じゃあ行くって
本当に近所なんですよ
初めての日本訪問
2軒どなり
こっちで言うところの長屋みたいなところ
タウンハウス
で、いつも週末を昼食べて
ずっと一緒に行動してるんじゃなくて
お家あったって感じ?
あ、そうです
大阪に来てくれたんで
大阪とか京都とか一緒に回ろうかって
なるほど
じゃあ、初めて
初めて日本に来たの?
そうです
実は4年前に来たんです
台湾に来た時
日本に来た時
コロナで
2020年2月
だから買わなきゃ
日本の友達を作って
今は日本に来て
そうか
日本での感想
日本についてどう思う?
大好き
日本人が大好き
人が多いって?
少し違う
アジアの人が多い
日本はちょっと違う
ベトナムはすごくよく行ってて
そこで英語を教えてたり
日本のどこが好きですか?
日本のどういうところが
日本のどこが好きですか?
どこが好きですか?
言うのが早すぎる
言うのが早すぎる
言うのが早すぎるかな
東京に行って
箱根に行って
足湖は美しい
足?
足湖
箱根ですね
箱根にも行ってきてるんですよ
足湖
足湖
足湖じゃない
私も箱根に行ったことない
マルフォーチン
景色が綺麗だもんね
そこがよかったみたいですね
そこがよかったみたいですね
一緒に家族の家でご飯食べたりとか
アットホームにやってるので
ぜひやってみてください
鉱山の仕事と環境保護
ぜひやってみてください
私は神社に行ったの
神社の名前はなんて言うの?
不死身なり
不死身なり
寺院の仏像を見て
とても驚いた
とても驚いた
とても驚いた
特殊だった
特殊だった
とても驚いた
どうだった?
また出会えるの嬉しいです
ありがとうございます
ここにまた今の仕事が終わって
あまり言わないほうがいいかな
それはカットしてください
これ多分僕の講演日記のほうに
あげると大丈夫です
そうなんですか
そんなに聞いてる人は
いいでしょう
分かりました
今流れてるんですか
今撮ってるんですけど
毎日講演日記って日記みたいに
更新してる
そうなんですか
すごい一部の人だけ聞いてる
ポッドキャストっていうかもあって
そこに挙げさせていただきます
いつかこうやって
ふらっと泊まりに来る時
まだに京都にも友達はいるし
もともと京都の大学に行ってた
それで11年いらっしゃった
その時はぜひ長い尺の
あんなんなじも撮りましょう
ありがとうございます
よろしくお願いします
そんな海外でお仕事されてたら
絶対面白い話ばかり
いやいや面白いでしょ
だってその軽石
軽素の鉱山というのが
そもそも興味津々ですもん
見たことないし
もともとガラス瓶の会社にいたんです
その原料で転職して
その前中国にいた
オーストラリアだと露天堀ですか
いや違うんです
違うんですか
あのドレッシング方式っていまして
まず穴を開けていきますよね
そうすると地下水が流れてるんで
その地下水がある層をぶち破って
一回域を作るんですね
水があふれて
地上に
あのそこまで掘ると
自然に地下水があふれ出してくるんですよ
自然に域ができる
地上に域ができる
欲しいのはその地下水の底にある
砂なので成分的に
そのできた湖の上に船みたいなものをかぶって
そこからドリル
先にドリルがついたポンプを下ろして
ガリガリガリガリ地層を掘りながら
砂を吸い上げる
ドレッシング方式って言うんですけど
じゃあ人間は戻らずに
なんかこういう
クダみたいなものが地中に入って
野土みたいな
そう入れて
ガリガリガリガリ地層を掘って
水と一緒に吸い上げる
ドレッシングっていう方式でやってます
ポピュラーなのは露天掘りなんですけど
オーストラリアって言ったら
地理の教科書で
露天掘りが有名っていう
鉄鉱石とか
そうそう鉄鉱石もそうですし
他にやってらっしゃる
水美翔司さんがやってるような
大きいところは
そういう露天掘りなんですけど
多分西オーストラリアだったら
うちの会社が唯一なんですけど
パイプで吸い上げて
水美
だから水美はどんどんできてくるんで
面白いですね
はい面白いです
で私はどっちかというと
掘った後の
環境をいかに保護するか
みたいなことで
行政にレポートを出さないといけないですけど
それをまとめたりとか
それ管外にとかには使えないんですか?
管外に?
管外
管外は使えないですね
管外するってなったら
農業に持っていく感じになりますよね
水なんか消えそうじゃないですかその水が
そうとは限らないですね
いろんな地層から出てくるんで
だから全部水の成分を調べて
報告しないといけないので
結構厳しいんですよ
水美は最後埋めるんですか?
埋めれないです
そのまま出たまま?
塞がないんですね
その代わり他の土地を
未植物を植えたり
そういうことをしています
森が消えちゃうから
その分どっかに植えるっていうことですか?
いやっていう話
めっちゃ面白いですけどね
面白いですか?
面白いです面白いです
ダイナミックすぎません?
水美作ったんでその分森を作りますとか
日本ではないですね
普通日本ではない
スケールが違いですね
スケールはでかいんですよ
というのは
もともとの土地が
東京ディズニーランドの26倍ぐらいある
かなり計算したら
USJだと34倍あるんですよ
でも全部が掘れるわけじゃなくて
だから干し砂があるとこと
環境的に許してもらえる
権利をもらえるところは
3分の1以下なので
でもそれでも東京ドームの100個分ぐらい
どうせ銃器とかもめっちゃでかいでしょ
でかいです
そういうイメージでした
トラックみたいな
そこで働いてるのは10人ぐらいなので
私は10人か11人ぐらい
結構機械化されてるってことですか
そうですね
だから
街灯もないんで
暗くなる前に買えよ
日本のようにオーバーワークはできない
自然の光とともに
見えなかった色んな動物が飛び出してくる
面白い
それ経営されてるんですか
雇われ副社長です
経営人ですよね
そんな方が海の向こうで
ホッドキャストを聞いてくださって
面白いです
嬉しいし
想像もしなかったです
リスナーさん
でも結構海外で働いてる方出られてるじゃないですか
そうですね
宿だし
いろいろあったと思うんで
そうですけど
さっきも言わないでしょ
プラダンスやってる方の会議
すごいですよね
びっくりしました
面白かったですね
ありがとうございます
急な訪問でしたけど
いえいえすいません
ありがとうございました
恐縮です
お会いできて嬉しいです
また来させてもらいます
ありがとうございます
24:47

Comments

最近、テレビの企画でそんなところでとか、普段見えない仕事の裏側とかを扱うものが多くなっていますが、まさしくリスナーの日々の暮らしそれも海外で想像の域を超える分野でのご活躍と貴重なお話でした。 近藤さんのコメントのようにアンノウンラジオ本編でお聞きしたいと思いました。

そうですよねー。次の機会があれば、ぜひアンノウンラジオ本編でお話させていただきたいと思います😊

Scroll