1. Log1103 ログ.イチイチゼロサン
  2. #1959 美濃加茂イベントの様..
2023-10-04 19:56

#1959 美濃加茂イベントの様子。

国際ポッドキャストデーの日に開催された美濃加茂の小山会館でのイベント。残念ながら最後まで居る事が出来ませんでしたが、あれやこれや話してみましたよ。
00:07
おはようございます、1103ひとさんです。 岐阜県から帰ってきて数日が経っておりますが、本日ようやく岐阜の旅の最終話となります。
ということで今日も話しさせていただいております。1103と書きまして、ひとさんと言います。 よろしくお願いします。
昨日の配信では、意図せず行けた昭和村、元昭和村、そんなお話でしたけれども、そこでね、ダイエット中にも関わらず、かつカレーを食べてですね、
久々にちょっとこの脳内的な部分で、何やろう、ちょっとあの良かった、食べた、みたいな、そんな感じに半分なりながら、半分、かつカレーなんて食べてしまった、みたいな感じになりながら、
その後、美濃加茂の公民館、公民館の名前はね、小山海館というね、美濃加茂にある公民館でございました。
で、この場所のね、告知がなかなか出てこなかったんですよね。
で、本当にあるんだろうか、どんなイベントなんだろうか、なんてことを思っていると、
まあ、あの、そうですね、何日前か忘れましたけれども、
あの、こういうチラシ的なものがね、日本ポッドキャット協会さんのページでリンクされ出しましたので、
それを前のログイチチゼロさん、クソなとこ行こうと思うんですっていうところにはリンクをしております。
あの時ね、初めて見つけたんですよ。
で、まあまあ、そのイベントをですね、主催、企画されている方が、
トコマスタケシさんという方で、まあ皆さんご存知の方も多いかと思うんですけれども、ポッドキャスターの方です。
今回は国際ポッドキャストデーというのが9月30日にあって、
で、毎年ですね、その日に日本ポッドキャスト協会さんは、いろんなその音声データをですね、募集されて、
で、それをその日1日中、もう何十本ものポッドキャストをリレー形式で配信されると。
で、まあ今年はですね、30日と翌日の10月1日の日曜日、この2日間44本やったかな、配信をされておりました。
44本のうちの中の1本、僕の音声も入っていまして、当日その9月30日のね、4時半やったですかね、僕の順番だったんですけれども、
あの僕はもうその時このイベント会場におりました。で、ふと思い出してね、横に一緒にいたスモールパパさん。
そして反対の横側には、元日本ポッドキャスト協会の会長のポトフさんがいはって、
03:03
で、僕youtubeでね、その音声配信されてるっていうのが知りましたので、それ見たらね、ちょうど僕の6110さんのサムネがね、映ってました。
音声で配信されているちょうどその時でした。まあ配信していただいているのを確認してですね、
僕はもうそのイベント、オフイベントにちょっと没頭してですね、またその後を見てたわけなんですけれども、
日本ポッドキャスト協会さんとしてはそういう配信リレーというのと、そして僕がお邪魔していたオフのイベントを2本立てで開催されていたというそういう感じでした。
ただね、このオフのイベントというのは日本ポッドキャスト協会主催で、日本ポッドキャスト協会ってこんなんであんなのでそんなんでこんなことやりますよ、
というそういうイベントではこれございませんでして、日本ポッドキャスト協会の会長さんである徳松さんがイベントを企画して、そこに費用同じくしてますので、
ポッドキャスト要素も含めたイベントという風な形で開催をしていらっしゃいました。
なのでね、このイベントが開催されるまでしきりとトランプをする、トランプをすると、あの告知音声でもねお話しされてて、
おそらくみんなポッドキャストのイベントになんでトランプのイベントするの、なんでトランプゲームそんなしたがってんのっていうその頭の上にクエッションマークがいっぱいつくようなことばかりを
力説されておりまして、もう意味わからんってなってたんですが、でもね、あの蓋を開ければ、これ僕の主観の見方を言いますね、このイベントその初めて多分されてるんだと思うんです、その小山会館というところでね、そのご近所さんの
まあおじいちゃんおばあちゃん、若夫婦、子供ちゃん含めてみんなその小山会館に遊びにおいでと、そこでいろんなトランプゲームもするよ、ポッドキャストの話もするよ、音楽ライブもやるよ、遊びにおいでっていうそういうね、なんかあの京都で言うたら地蔵本みたいな、その町内あげた子供祭りみたいなね、そんな風なイベント、僕の主観では最終的にはそう感じました。
でも全くポッドキャスト関係なかったわけでもなく、途中でね、その謎のトランプゲームが終わってから次のコーナーが徳松さんとその小山会館の近くにある、これね、ずっと神社やと思ってたんですけれども、お寺さんなんですよね、このお寺さんの住職さんを呼んで、で、その住職さんと徳松さんが一緒にポッドキャストをやったんです。
06:00
ポッドキャスト収録をすると、その住職さんに対しても、ポッドキャストってご存知ですか?から始まり、いろんなお話をされていたというね、そういう収録をして、で、会場にもね、たくさんのそのご近所の皆さんがいらっしゃるんですけれども、そういった方々にポッドキャストってあってね、なんていう話をされて、やったるな、なんとしたるな、じゃないけれども、ポッドキャストやっと出てきたわ、みたいなね、そんな感じになっていました。
で、その後、音楽ライブがあったんですけれども、僕ちょっと時間の都合で本当に申し訳なかったんですけれども、お一人目のアーティストさん、女性の方でしたけれども、お名前が安倍由里香さんという方がね、いらっしゃいました。
その方が2曲歌われて、アンコールで3曲目を歌われて、オリジナルソングを歌われて、で、お一人目終了のタイミングで置いとまさせてもらいました。
時間にして何時頃ですか?あれ6時半頃やったと思うんですけれども、でもね、それ帰って帰って家に着いたら11時回ってましたからね。
あれ、あのタイミングで出ていてよかったと思ったんですが、まあその出ていく前に、その安倍由里香さんが演奏されている時に徳松さんのところにちょいちょいと寄っていってね、でもご挨拶してすみません、ありがとうございましたって言って、今度は帰りますしって言って帰ったわけなんですが、
まあこのイベントが開催されるというのをなんとなく知ってた方はですね、そのトランプ大会をやるっていうのをなんとなく知ってた方はですね、何なんトランプゲーム、何のゲームなん、どんなことをするの、ルールもちょっとようわからんでという風な印象を持たれていた方もたくさんいらっしゃったと思うんです。
僕も当日行ってトランプゲームのルールをちゃんと見るまでは意味が全然わからなかったんですが、行ってすぐわかりました。
簡単に言うとね、トランプをするプレイヤーは、まあ別に複数人でもいいんですけども、一人なんですよ。
ババを含めるトランプカードを全部ですね、裏向きにして床にばら撒き、それを1枚ずつもしくは複数枚ずつとにかく表向けていくわけですよね。
で、表向けしていくと最終的にはタイミングのどこかで必ずババ抜きのババ、ジョーカーが出てきているわけですよ。
ジョーカーが出てきた時点で、はいゲームオーバーと言うなる、そういうことです。
最後の1枚がジョーカーになればその人がウィナーになれるという、ただそれだけの単純なゲームなんですけれども、これが難しい。
そりゃ難しいですよね。確率論的なものではあるんですけれども、50何枚あるトランプ、ジョーカー含まれたトランプ、どこにある、何がどこに裏向いてある。
まあ神経衰弱状態で、わけわからん状態、バラバラになっている状態で表向けていって、最後の1枚をジョーカーにしなあかんという、この難しさ。
09:09
結局ね、大人がやり、子供がやり、大人がやり、子供がやり、また子供がやり、もう1回子供がやり、何回も登場してくる子供たち。
なんですが、これ2時間やりました。3時から5時まで。2時間やりましたが、その名前、ゲームの名前、ラストジョーカーというらしいんですけれども、ウィナーになる人はいませんでした。
これウィナーになるとね、任天堂スイッチのUTLモデルがもらえるわけですよ。 僕ももらう気満々で、なんとなくもらえるんちゃうかっていう、アホな気持ち半分持ちながら
行って、実際ゲーム参加してきました。 これゲーム参加して当たったら子供たちみんなこっち見てるわけですよね。
いやいやそれでも持って帰るで、なんていうふうにこのおじさん思っていたわけなんですけれども、でも全然ね、ダメでしたね。
はい、どうされました?
どうされました? ロコさんはどうされました?
ちょっとロコ呼びに来たので、一回中断します。
さて中断復活でございます。 トランプゲームの話しておりましたけれども、とにかくね、そのラストジョーカーというゲームが
なかなか難しく、2時間やっても誰も勝ちにならない、 ウィナーにならない、そういう状況が続きました。
子供たちはね、本当も任天堂スイッチが欲しいわけですよ。 このおじさんも欲しいわけですよ。持ってますけれども、僕のじゃないんでね。
僕も借りてやってるんで、自分のが欲しいという意気込みではあったんですけれども、 子供たちはね、もう可愛らしいもんですよ。遠慮も何もなく、もう一回、もう一回言うていくわけなんですけれども、この時間一回やって破れてからですね、もう一回言うていくのはちょっとなんぼなんでもね、よくない。
よくないなと思い、もう行きませんでしたけれども、とにかくその子供たちの様子を見ていると、もうとにかく本気で欲しい子。 あとはノリでやったらもらえるんちゃうかな、いうようなめくり方をする子。
いろいろなんですよね。 ある時、コクマスさんがあの子泣いてるというようなことをポロッと言われて、その子を皆さんがパッと見た時に、青いTシャツを着た男の子、多分ね、小学1年生か2年生ぐらいだと思うんですよ。
その子がね、目真っ赤にして、お母さんの横でね、座って泣いてるわけなんですよね。 ニンテンドースイッチがもらえなかって悔しくて泣いてるんやな、悔しいのか悲しいのか、泣いてるんやなっていうような状況でした。
12:13
いろんな子供たちがね、一通りそのゲームに参加して、結局はジョーカーに敗れってなった時に、コクマスさんはその泣いていた子供をね、もう一回やるかって言って声かけをしてですね、もう一度2回目のチャレンジが始まりました。
でもね、やっぱりダメなんですよね。 その子2回目OKということは、他の子も2回目3回目OKということで、もうそこからね、長い旅を始まりました。
長い旅を始まったんですが、その旅の途中にね、その青い子の順番が回ってくるわけですよ。 でね、多分ね、あの会場にいる大人半分以上ぐらいは
なんとかこの子に取らしたってっていうような気持ちになってた方多いと思います。 僕もね、最初は自分でもらって帰るつもりだったんですけども、もし今もっかい僕がやられたとして、取れたらあの子にあげようと思って。
おっちゃん取ったけど、何々くんにあげるわー言うて、 言いたいぐらいのね、そんな気持ちになってましたし、一緒に行ったスモールパパさんはね
あのもうここにいる大人1人1000円ずつ出して、なんとかあれをこうたらんかーみたいなことをね 言い出してるし
ポトスさん横で笑ってるし、笑ってるっていうのは、あのいろいろ面白いシーンがあったんでね、笑ってあったんです。 別に子供を見て笑ってあったわけではないですが
ね、まあそういうあの何やろう 楽しいこともあり時に考えさせる
もうそのね、そのゲームを考案された方も言ってましたよ あの一言、もうここまでダメなんやったら多分明日お母さんスイッチ買うでしょ
言うて、言うてあったんですけど、僕もそうやな、買いに行ったりやろうなーなんていうふうなことをね 思いながら見てましたが、最終的には決着をつかずですね、その子の
あの ラスト
トライも虚しくダメでして、でその後ね ライブの予定がありましたので、いつまでもトランプやってられへんということで
最終的にはですね、すべてのトランプを裏向けて一人一枚ずつ めくっていって一枚ずつね
でそこで逆にジョーカーを取ったものがウィーナーとなるっていうね、最終 まあ言ってみたらサッカーで言うたらPK合戦的なサドンデス的なそういうふうな
モードに変わりました そのモードになってからね2人目にチャレンジした男の子が
15:01
見事 ゲットしてました
その男の子 さっきの男の子ではありません
ねまああの 世の中そういうもんなんですよきっと
でもそのねゲットした男の子はその青い男の子のことなんて別に関係ないわけで 自分がゲットして嬉しいがんまりもうね漫画みたいでした
その時ねチビマルコちゃんの漫画見てるみたいなと思いました サザエさんではないなと思ってなんかねゲットした男の子が
任天堂スイッチの箱をですね 両手でタガタガと頭の上に持ちその会場を走り回るんですよね
それを見ている青い男の子みたいなそんな風景がありました まあねなんかほんまに
人生あの 何やろスモールワールド人生のスモールワールドの一つを一部分を見てるかのような気が
しました あの男の子とあの男の子のお母さん未だに顔カラーで出てきますけれどもね
あの後あのぼくちゃんはスイッチ買ってもらったんやろうかどうなんやろなぁなんて いうふうなことをね話しながらも思い出してしまいます
とまあねそんなことがあってまあ急いで帰りました 帰った京都はですねもうなんかもびっくりするぐらいのアホみたいに雨降ってまして
カミヤリバリバリなってまして終電バスはなくなるわ もうタクシーで
もよりから帰りましたけれどもまあとにかくもうね何もかも含めて その最終目的地であった小山海間
観光地でも何でもないわけですよ その小山海間に集まったご近所の皆さんの顔なんて初めて見るわけですよ
でもね初めて見ててもあんだけ時を一緒にしてそのトランプゲーム2時間ですよ 人がやってるゲーム2時間見てるとね
なんかね自分があたかもそこに住んでるかのような気持ちになりますねうちの近所の 近所には公民館ないですけれども仮にそういうものがあれば
徳松さんうちの町内来てラストジョーカーやってくれへんかった これね別に僕がやってもいいわけですけれどもでもやっぱり徳松さんですよ
そこはね盛り上げ方がうまいというかあの なんか今回初めて徳松さんとお会いしましたけれども
いつもね youtube live とかポトフさんと喋ってるのを聞いてると言葉選ばず言うと何言ったのかわからん っていうのがほとんどあるんですけれども
今回はめちゃくちゃ進行最高や面白いやんっていう 感じでね
18:01
いつもあれは何か予想たる何言ってるのかわからんような感じで予想たるんかな いかしこれ仕事やったかわかんないですけれども仕事となりその場を回していく
こんな面白いこんなうまく回せる人なんかっていう風な ちょっと持ち上げた言い方して今日は終わっておきたいと思いますけど
いやでもねほんまにお会いできてよかったです徳松さんずーっとね なんであの時カフェをやったはる時から僕は知ってますがそのうちいきたいそのうちいきたい
なんかカレーも1回食べてみたい ポッドキャストなんで全然知らん顔して言って知ってますかって言われて収録収録を無理やりさせ
られるところになってみたいなんて思ってたんですけれども残念ながらもう今はね お店はもう閉めてしまわれましたけれども
その後このような形であったとはいえお会いできてよかったです はい最後におまけで一つ言うときますと僕が小山会館に入った時に
徳松さん玄関近くまでパタパタパターと走ってきていただきましてね で開講一番
デイサービスの方ですか って聞かれましたので僕ははいそうですと答えその後約5分ぐらい
わけのわからん会話が続きましたはいそれが出会いの最初でしたけど面白かったですね ということでなんだかんだ喋りましたけれども数日に分けて話をした
岐阜の旅でしたけれどもいかがだったでしょうか 明日からまたね通常のログ1103に戻ってここ最近のあんなことこんなことを話していくの
かなぁなんて思いますが またまた今後ともどうぞよろしくお願いします
長々とありがとうございました
19:56

Comments

Scroll