第199回「会社にイベント部署を作ろう」#450投稿! ▼LINEスタンプランキングは無限に見れる ▽\ヴィレヴァン/ ▼エゴイストオクトパス あばらや204号室Rは皆さんからの声をお待ちしています。 メッセージは気...

投稿 第199回「会社にイベント部署を作ろう」#450あばらや204号室R に最初に表示されました。

Summary

最近公開したラインスタンプは、男性の10代や20代の間で人気がありますが、女性の20代や30代以上の間ではあまり支持されていません。また、売り上げもまだ1000円に満たないため、バイヤーの高橋さんは収益化を考えています。高橋さんは大学1年生の時にフリマアプリで物を売ることが好きで友達と参加しました。彼らは自分たちが作ったものを高く売られたくないという思いがありました。地元の百貨店や商業施設ではバーゲンセールが行われていますが、販売側が一生懸命買わせようとしている雰囲気が気になり、購買意欲が抑えられます。また、貯金の買い物エピソードやケチケチエピソードについても話し合われています。

ラインスタンプの製作とバズり
Speaker 1
- ラインスタンプが大好きでね。好きだね。あ、思う。
Speaker 2
- 思う。出してるもんね。
Speaker 1
- あ、そうです。僕は使うのが好きじゃなくて、作るのが大好きなんですね。
Speaker 2
- なんかいいのかな?そういう人っていいの?あんま良くないんじゃない?
Speaker 1
- え?合法、非合法的な話?
Speaker 2
- そこまでは言ってないけどさ、その、作家さんっていっぱい本読んでないとさ、なんか信用できなくない?
Speaker 1
- あ、え?作家で言うと俺は?本全然読まないのに出してるってこと?
Speaker 2
- に本を出版してることになるから、あまりリスペクトを受けにくそうじゃない?
Speaker 1
- ああ、出すだけ出してて、バックストーリーがないというか、下積みが。
- いや、それで言うとだってラインスタンプなんてなんですか?作家で言うとこの下積みって。
Speaker 2
- だから、使うですよ。
Speaker 1
- ああ、そういうことか。
- 全然使ってはないんだけどね。
Speaker 2
- いや、それで言うとまあまあ使ってるけどな、高橋。
Speaker 1
- いや、同じのをずっとでしょ?
Speaker 2
- ああ、まあまあ、そうかそうか。いろんなのを使ってはないか。
Speaker 1
- そう、あのー、なんだっけ?サルの、ジョージの、飼い主のヒーローおじさんが、OKってペコリってやってるのをよく使うね。
Speaker 2
- あれがいいんですよ。賢まってなさすぎてね。賢まってなさすぎて。賢まりすぎてなくて。
Speaker 1
まあ、もう慣れちゃったんで簡単に作れるんですよ、ラインスタンプ。
Speaker 2
- へえ、いいね。
Speaker 1
- で、まあ何がいいのかな、ラインスタンプのって思ったら、やっぱりその自分でね、PNG、ピング画像を作って送り付けるよりも、ラインスタンプにした方がなんかまあ公式感が出るというかね。
だから自分でピング作るぐらいなら申請してラインスタンプにしちゃうっていう感じなんですけど、今んとこ10種類ぐらい出してるんですよ。
Speaker 2
- ああ、そんなになったか。
Speaker 1
- なったね。
Speaker 2
- へえ、すごいね。
Speaker 1
- で、最近新たに1種類出して、それがタイトル言うと、連当に見せかけて徐々に真顔になっていくスタンプ。
- ああ、見た。はい。
- ありがとうございます。視聴者さん。
Speaker 2
- 見ました。
Speaker 1
- ああ、嬉しいですね。よく言われます、最近。
Speaker 2
- ああ、へえ。
Speaker 1
- これが、出したのは最近なんですけど、作ったのは1年前なんですよ。
これ誕生日に出そうと思って、せっせかせっせか作って。
Speaker 2
- 変な、変な効果音。
Speaker 1
- ちょっとリアルなスピードで言いましたけど、せっせかせっせか作って。
Speaker 2
- まあまあまあ、ちょっと早いね。1.2倍速ぐらい。
Speaker 1
- 実際、誕生日なのに今年何も出せるもんねえなあって急に焦り出して。
で、せっせかちょっと急いで作ったんですけど。
Speaker 2
- ちょっとだ。
Speaker 1
- そう、でもこれって急がなきゃいけなくて、本当に審査があるんですね。
3日ぐらいかかるんかなあ、最近だったら。
それで落ちちゃったんですよ、審査に。
なんかメッセージが来るんですよ、その審査ガイドラインに該当しました、みたいなのが来て。
何かって言ったら、スタンプ全体のバランスを著しく書いていますって。
Speaker 2
- へえ、なんか変な、変な忠告。
Speaker 1
- だからその下に注釈が書いてあって、似たものがいくつかあるようですって言われて。
Speaker 2
- はいはいはい。
Speaker 1
- いや、全部似てんのよ、それで言ったら。
- そうか。
- 徐々に変わっていくからね、マガオニー。
Speaker 2
- そういう趣旨のやつだもんね。
Speaker 1
- そうそうそうそうそう。
だから、そのガイドライン、該当してますって言われたら、こっちも変身できるのよ。
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- だからそれに対して、スタンプ全てが微妙に違う表情をしています。
スタンプコンセプト的に似た表情にせざるを得ないため、こちらでご検討いただきたく思っております。
Speaker 2
- はいはい、なるほど。
Speaker 1
- で、何回か送ったんですけど、帰ってこず。
Speaker 2
- ああ、そう、へえ。そうなんだ。
- 無視初めてだったんですけど、11個作って。
Speaker 1
え?なんか今、遠くに、遠くに天敵の山が聞こえたけど。
Speaker 2
- 天敵の山ではないけど、そういうビルマンみたいだなと思って、最近ネットで話題になってた。
Speaker 1
- ああ、ねえ。もう言っていいか。
Speaker 2
- はいはい。
Speaker 1
- ビレバンですよ、憎きねえ。
- ああね、長橋と連絡がうまくいかなくなった人。
- ねえ、まさか当事者になる日が来ると思わなかったですけど。
- うん。
- ええ、いいですよ、そんなビレバンの話。そんなビレバンの話なんかいいんですよ。
Speaker 2
- いやいやいや、いいですよ。
Speaker 1
- で、あきらめたんですね、とりあえずそのラインスタンプ。
- で、年明けて久しぶりにラインスタンプのサイトを開いて、そのスタンプの存在を思い出して、
- これって、もう一回リクエストするには何か変えないといけないんですよ。
Speaker 2
- へえ、あ、そうなんだ。
Speaker 1
- そう。だけど、スタンプ変える気はないですから、コンセプト的にね。
- で、ラインスタンプって、スタンプ一個一個にタグをつけられるんですよ。
Speaker 2
- はいはい。
Speaker 1
- それが何かっていうと、楽しいとか、怒りとか、要はそのスタンプがどういう場面で使われるのかっていう。
- それによって、たとえばラインスタンプ、ラインでね、みんなが文章打ったときに候補でたまにスタンプ出てくるじゃん。
Speaker 2
- あ、はいはい、あれ勝手に出てくるなと思ったけど、それを元にしてるんだ。
Speaker 1
- そう、あれに引っかかることができるんで、その笑顔のスタンプのタグに、素敵タグを追加して。
Speaker 2
- ちょっとだな、変更。
Speaker 1
- で、それでリクエストできるようになるから、出だしたら、普通に通ったのよ。
Speaker 2
- へえ、すごいね。
Speaker 1
- え、素敵って言って欲しかっただけなの?
Speaker 2
- 素敵不足で、前回は。
Speaker 1
- すごい買ってくれてたんかな、逆にと思って。
- まあそんなことはない。たぶん審査基準がね、時代で変わったんかわかんないですけど、
- なんか時代が追いついたんですよ、この、伝統に見せかけて徐々に真顔になっていくスタンプにね。
Speaker 2
- はいはい。
Speaker 1
- 時代が追いついて、で、販売したら、あの、僕の知らないとこでなんかすごいバズってたんですよ。
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- それ見た?
Speaker 2
- 見た。
男性と女性の人気の差
Speaker 1
- ね、4万いいねぐらい。
Speaker 2
- へえ、そんなに?俺4千いいねで止まってたな。
Speaker 1
- あ、へえ。俺が2千3千いいねで止まってますから、もう本気より全然遠くでバズってて、
- で、現にやっぱり初日よりね、そのバズった日の方がスタンプ買ってくれたんですよ、みんな。
Speaker 2
- ほんまごめん、何個?
Speaker 1
- ああ、何個だろうな。えー、集計します、今から。
Speaker 2
- ほんまごめん、これだけは本当に聞きたい。
- 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10。
- その数え方?すごいかかるなあ。
Speaker 1
- で、バズった日が160。
Speaker 2
- ああすごい上回った。
Speaker 1
- そうなんですよ。えーっと思ってさ、いやなんか最近ね、やっぱ暗いニュースが多かったですから、
- 僕もなんかね、なんか世の中の役に立ちたいなあとは思ってましたけど、
- まさか連登に見せかけて徐々に真顔になっていくスタンプで世の中明るくできるとは思ってなかったですよ。
Speaker 2
- そうだね、社会貢献だ。
Speaker 1
- できたんかなあと思ってね。
- で、あの、LINEスタンプの好きなところ、僕もう1個あって、
- ランキングが見れるんですよ。
Speaker 2
- ああ、スタンプごとのね。
Speaker 1
- いいえ?スタンプごとの?
Speaker 2
- いいえって言わないでよ。すごい嫌な気持ちになった今。英語かと思った。
Speaker 1
- スタンプごとで合ってるかな。まあその日の何スタンプが売れてるかね。
Speaker 2
- はいはい。
Speaker 1
- はいはいはいはい。まあ合ってたかもしれませんね。
Speaker 2
- え、え、ちょちょ、スタンプごと見れるよね。あの、40個スタンプ出してたら、
- そのスタンプが、このこんにちはスタンプが、
Speaker 1
- はいはいはいはいはい。あるね、今日は何回使われましたみたいなね。
- その機能も面白いんですけど、僕は普通に売り上げランキングの方なんですね。
- まあ、っていうのもバズったおかげで総合ランキングで54位に入ってたんですよ。
- うーん。
- うーんと思って、でこれが、男性のみ女性のみとか、10代20代とか、こう、詳細にランキングを出せるんですよ。
Speaker 2
- えーあ、そうなんだ。
- で見てみようと思って、まず男の全体、これが249位だったんですね。
- はいはい。
Speaker 1
- え、ってことは、総合で54位でしょ?男で249位ってことは意外と?と思ってみたら、女全体が1324位だったんですよ。
Speaker 2
- どういうこと?
Speaker 1
- どういうこと?54位何?って。
- 男とも女とも思ってない人にファン大量にいる?俺。
- そうだね、割合が多すぎるね、そうだとしても。
- ねー、そうそう割合もそうだし。
- まあ俺の予想ですけど、LINEのアカウントに情報打ち込んでない人がいるんかなって。
Speaker 2
- あーなるほどね。
- 総合にした時だけ入ってくるのかなって。
- はいはい。
Speaker 1
- 思って、で、まあもっと区切れるわけですね。
- まず一番多かったのがどの層かっていうのを調べたら、これが男の10代。
Speaker 2
- はいはい、まあいいね。
Speaker 1
- これ80位。
Speaker 2
- 強い。
Speaker 1
- で、次が男の20代でこれは224位。
- で、ちなみに女20代は1002位。
Speaker 2
- はいはいはい。
Speaker 1
- 1002位なんですよ。
Speaker 2
- 言いづらいね。
Speaker 1
- うん。で、やっぱ年齢が上がっていくと減ってって、男30代だと1693位。
女性の人気の低さ
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- で、女30代だと2482位。
Speaker 2
- はいはい、すごいそんなカウントしてるんだ。
Speaker 1
- いやそう、気づかないここまで見てさ、俺とんでもないぐらいスクロールしてんのよ。
Speaker 2
- あ、それスクロールしないと見れないとこなんだ。
Speaker 1
- そう、データでバーンって出てるわけじゃなくて1位から順番にいるかな、いるかな、で下まで行くとこ行ったらちょっと労働画面入って。
Speaker 2
- はいはいはい。
Speaker 1
- で出て、やって、で30位ぐらい出たらまた止まっちゃうから。
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- っていうのを繰り返して、1000位まだ出てない、続けよう。
Speaker 2
- やば。
Speaker 1
- 1200位出ない。
- っていうのを女30代、2482位。
Speaker 2
- え、それってさ、いないかもしれないわけだよね。
Speaker 1
- はいはいはいはい。
- いやでも今んとこ無限なのよ。
Speaker 2
- あーどこまでも遡れるんだ。
Speaker 1
- そうそうそうそうそう。
- で、だから今30代まで見たじゃん。
Speaker 2
- うんうん。
Speaker 1
- 最後の年齢区分が40代以上なのよ。
Speaker 2
- はいはい。
Speaker 1
- もう正直やめたいなと思ってんのよ。
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- でも統計取り始めちゃってるから。
Speaker 2
- まぁちゃってるからってお前が勝手にやってるだけだけど。
Speaker 1
- え、でもここまで出たからね。
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- で、まず男の方はまあ大丈夫だから。
Speaker 2
- はいはいおそらくね。
Speaker 1
- 男40代以上見てみようと思って。
- うん。
- バーってね、そう今までのね培った技術を駆使してね、
- 労働してる間にちょっと前に戻ってみて、
- 労働し終わったらまた進んでみたいな。
Speaker 2
- 早いんだ。
Speaker 1
- やってんだけど、3000位超えてもないのよ今度。
- 男なのに。
Speaker 2
- はい、やばいね。
Speaker 1
- で、4000位まで行ってもなくて、
- で、ここまでで15分くらい経ってますよね。
Speaker 2
- そうだよね。
Speaker 1
- で、5000位行ったところで、
- 510位で下に行けなくなっちゃったのよ。
Speaker 2
- やば。
Speaker 1
- 限界あんのかよ!
Speaker 2
- ずっとするね。
Speaker 1
- 本当に、おい!って言ったら家で。
- 年齢違えてんのに。
Speaker 2
- 出るわさすがに。
Speaker 1
- 裏切りだろって。
Speaker 2
- うん。
- 510位で止まるのは、
- 変な数字で。
ラインスタンプ売り上げの振り込み待ち
Speaker 1
- 何の2の乗数でもないし、
- なんか2の乗数ならさ、
- なんかカンストかなと思えるけどさ。
Speaker 2
- そうだね。
Speaker 1
- 何、5000でちょっとおまけしましたよみたいなツラしてんの?
- でも、女40代以上に関しては、
- もう、あの、今も継続中です。
Speaker 2
- やっとんかい。
Speaker 1
- 今もスクロールしながらラジオ撮ってます。
Speaker 2
- やめろやめろ、集中しろ。
Speaker 1
- 高橋です。
Speaker 2
- 兜です。
Speaker 1
- お願いします。
Speaker 2
- お願いします。
Speaker 1
- 男10代のとこら辺でバズったんですね。
- 今回は中心にね。
Speaker 2
- えー、まあそう嬉しいね。
Speaker 1
- えー。
Speaker 2
- あのさっき俺が話した、
- スタンプごとの使われランキングも相当いい結果出てると思うけどな。
Speaker 1
- あー、でも面白かったよ。
Speaker 2
- ね。
Speaker 1
- 見たらね、
- 一番最初のスタンプが笑顔で、40個目が真顔なんですよ。
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- これ一番多いのはやっぱり、
- えー、あ、真顔ですね。
- 一番最後の。
Speaker 2
- 一番最後。
Speaker 1
- これ1340で、
- で、まあ2位が最初の1320なんだけど、
- なんかね、3番目がね、一番中間の中途半端な顔なんですよね。
Speaker 2
- へー、そう面白いよね。
Speaker 1
- そう、ど真ん中。
- へーって感じですけど、
- まあみんなそれぞれ遊び方を開発してくれててね。
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- こうやってさらに売れるんだねって思いましたけど。
Speaker 2
- いいですね。
Speaker 1
- うん。
- 高橋さんもラインスタンプ出してますよね。
Speaker 2
- あー嬉しい。
- え、これ広告オッケー?このラジオ。
Speaker 1
- もちろんもちろん。そのために10年目ですよ。
Speaker 2
- えー?
- 僕が、
Speaker 1
- ちょっと待って、そう、最近さ、
Speaker 2
- 俺、それ本当?なんか高橋言ってたでしょ?なんかで。
Speaker 1
- そう、なんかで言ったんだけどさ、
- 俺さ、ずっと8年目8年目って言ってたけどさ、
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- でもその、アバラヤのホームページ?
Speaker 2
- はい。
Speaker 1
- 見たら、あ、ホームページじゃない、ポッドキャスト見たら2015年からって書いてたでしょ?
- 2015年2月から。
Speaker 2
- はいはい。
Speaker 1
- ってことは、10年目じゃない?10、2015年が1年目でしょ?
Speaker 2
- はいはい。
- 16、17、18、19、20、21、22、23、24。
- 指折りね。
Speaker 1
- これ10年目だ。
Speaker 2
- 10年目ってちょっと、8、8年目だったのに急に?
Speaker 1
- そう、だから俺らずっと、3年間8年目って言ってたんだよ。
Speaker 2
- あーそう、すごい良い年だったんだよね、その年が。
Speaker 1
- いやそう、末広がり。でも確かに末広がりって、俺ずっと言ってた気がする。
Speaker 2
- 確かに。
Speaker 1
- 10年目でした、皆さん。で、まもなく11年目になります。
Speaker 2
- え?あ、そっか。俺年目の数え方わかんないな。なんか数え年みたいでむずい。
Speaker 1
- あ、違うか。違う違う違う。2月過ぎたら10年目だね。
- 初回が2月ぐらいか、3月とか。
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- 今9年目か。
Speaker 2
- あーまあじゃあ、まだ大丈夫か。
Speaker 1
- アニバーサリーじゃん。え?10周年って何年目のこと?
Speaker 2
- え?でも10年目、とつにゃーって言うよね。
- そうだね。
- だから、やっぱ10年を満期の時が周年。だって1周年だもんね。1年やり通したら1周年だから。
Speaker 1
- そうかそうか。じゃあ10周年ってなんかキモいね。
Speaker 2
- そうだね。
Speaker 1
- ま、いや、逆か。10年目がキモいのかどっちかというと。
- え、どっちもキモいよ。なんか違う?
- 10年がキモい、そもそも。
Speaker 2
- そうだね。10がキモいかも。
Speaker 1
- どうしよう。やめる?周年でなんかキモいから。これ以降ずっとキモいよ。
Speaker 2
- でも16ぐらいでさ、キモくないの周期入る可能性あるよ。
Speaker 1
- 16に入ったら、あ、意外と大御所なんですね。ノゾーンじゃない?
Speaker 2
- そうだね。ハイハイとかね。
Speaker 1
- いやー、頑張りましょう。頑張らないよ。
- 頑張れよ!
Speaker 2
- 204号室 R!
- 当ポッドキャストでは、バイヤー高橋とオカブトが生きる上で特に必要のないことを話していきます。
- 毎週土曜日、夜9時配信。
- 俺のわがままタコさんの話、割り込んだでしょ。
Speaker 1
- あー、すまんすまん。告知割り込んじゃった。
Speaker 2
- そうだよ。俺はね、9年前ぐらいにね、わがままタコさんっていうね、使いやすいスタンプをリリースしてます。一人で。
Speaker 1
- 何?アバラ屋1年目で商売してんの?
- 贅沢だなぁ。
Speaker 2
- 早かったね。俺はスタンプに目をつけるのが。
- 早いね。
- 俺が手書きで8枚書いて売ってます。
- わがままなタコさん?タコさんじゃなくて?
- 英語名も入力できたから、エゴイストオクトパスで販売してます。
Speaker 1
- まあまあ、そうか。伝わるか。
- エゴイストオクトパスでいいんじゃない?日本語も。
Speaker 2
- まあね、そうだね。順番で言うとそうだけど。
- だから、これがね、
Speaker 1
- これがLINEスタンプ売るよりも早いですね。
Speaker 2
- もちろん。
Speaker 1
- すごい。
Speaker 2
- ただね、これ高橋に唯一1個だけ負けてるかなっていうところがあって、
- あのスタンプって最初売り上げが1000円超えないと監禁できないんですけど、
Speaker 1
- はいはいはい。
Speaker 2
- まだ。
- ええ!?
Speaker 1
- うっそ。衝撃。
Speaker 2
- まだ。毎月来る。LINEからね。
- 今月分の売上報告、1000円に満たなかったため、みたいな。
- 来月に持ち越しですね。っていうのがね、いまだに毎月来てます。
Speaker 1
- 株とLINEスタンプに口座持ってんの?
Speaker 2
- ああ、そうだね。10年間かけて徐々に貯めてきた口座があって、
- まだ振り込みLINEに達してない。
Speaker 1
- しかも増えないじゃん。お宅の口座。
スタンプの収益化
Speaker 2
- たまに増えますよ。半年に1個ぐらい買ってくれる人がいる思い立って。
Speaker 1
- ああ、そういうことか。
- それはもうちゃんと預けたお金みたいなもんだからね。お客さんが。
- あら、え、いくらあと?
- あと90円ぐらい。
- ああ、間もなく。え、違う。3個ぐらい売れたら?
Speaker 2
- はい。1個売れると30円ちょっとだから、
Speaker 1
- あと3人、俺のわがままタコさんを買ってくれたら、ついに換金できる。
Speaker 2
- これはもう、ポッドキャストが収益化されたようなもんだね。これで3つ売れたらね。
- 売れたらね。
Speaker 2
- 売れないか。
- そうだね。欲しい人のところにはもう行き届いているから。
Speaker 1
- そう、LINEスタンプってね、多く買えないんだよね。
Speaker 2
- ああ、確かにね。1人1個しか買えない。
Speaker 1
- まあでもプレゼントできるのか。
Speaker 2
- ああ、まあそうか。そうだね。
Speaker 1
- もうそれも行き届いてるか。
- 親族類々買ってくれて、今。
- なんぼ710円とか?
- 910円。
インターネットお笑いとダイヤモンドの寄生
Speaker 1
- 頑張んな、ちょっと、その、集めたツイッターのフォロワーでさ。
Speaker 2
- うん、そうだね。選んで…うん、確かに。
Speaker 1
- え、最悪でもそうか。自分で買ってプレゼントしてやればいいのか?
Speaker 2
- ええ、だから損しちゃうでしょ?
- ああ、損か。
Speaker 1
- LINEスタンプね。僕はほんとLINEスタンプみんなやったらいいと思うんだよな。
Speaker 2
- へえ。
Speaker 1
- LINEブームとかさ、
- まあ怪しげじゃない?めちゃくちゃ。
Speaker 2
- ああ、はいはい。あのあれね、日記みたいな機能。
Speaker 1
- あ、それ…あ、それもか。でも主に動画ですよね、LINEブームって。
Speaker 2
- ああ、そうなんだ。
Speaker 1
- そうそうそう。だから怪しいからみんな知らないじゃない?よく。
- でもLINEはみんな使うでしょ?
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- でさ、俺LINEスタンプ出した時さ、ある程度の人の上のバナーに俺のスタンプの広告が出たのよ。
Speaker 2
- へえ、嬉しいね。それ相当いいじゃん。
Speaker 1
- そう、バイヤー高橋がスタンプ出しましたって。
- で、これってやっぱり多分LINEで売ってる内容を分析して、
- あ、この人はバイヤー高橋になんだ?気がある、気があるというか。
Speaker 2
- はいはい。
Speaker 1
- 興味があるなと思って出るでしょ?
Speaker 2
- 気がある。
Speaker 1
- だからLINE周りでもっと出した方がいいのよみんな多分。
Speaker 2
- うん、なるほどね。
Speaker 1
- そう、だから俺のLINEブームの動画もそのようにしてなんか見てもらえてるかもしれないしね。
Speaker 2
- ああ、そうかそうか。
Speaker 1
- そう、でまた俺のスタンプを使えば俺の動画が出て、
- 俺の動画を見たら俺のLINEスタンプの広告が出るかもしれないから。
Speaker 2
- うん。
Speaker 1
- もっと出したいね。
Speaker 2
- 確かに俺も出すぞー。わがままいかさん。
Speaker 1
- ちょっと自分に紐付けた方がいいかもしれないですね。
Speaker 2
- わがまま株さん?
Speaker 1
- まあ全然それでいいとよ。
- わがままエゴイスト株とで。
- うるさいな。エゴイストって言われるとすごい嫌だな。
- エゴ株でいいのよ。
Speaker 2
- エゴ株でいいんだ。
Speaker 1
- あのー、年末ね。
- 年末。
Speaker 2
- 年末に俺あのあれ応募したけど当たんなかったんですよ。ダイヤモンドの寄生。
Speaker 1
- あー、ダイヤモンドっていうコンビのね。
Speaker 2
- お笑いコンビのライブで、新年だから縁起良くて寄生って付けてるんですけど。
Speaker 1
- はいはいはい。あれなんか見たな。
Speaker 2
- あれ結構毎年インターネットで話題になる。なんかそういうインターネットお笑いの人がよく出てるから。
Speaker 1
- あ、へー、そうなんだ。
- 今年も?そんな感じだったの?
Speaker 2
- あ、インターネットお笑いって言ってもあれだよ。そこまでのインターネットじゃない。
Speaker 1
- えーと、Aマッソ、真空ジェシカ、ママタルトみたいな。
- インターネットお笑いって言って怒りそうな人たちじゃない?
Speaker 2
- インターネットの目沢といいサブカルの人がよく愛してるコンビたちという意味ですよ。
Speaker 1
- 雑誌で言うと芸人芸人芸人を飼っている人が好きそうなね。
Speaker 2
- あー、そうそう。その通りその通り。
Speaker 1
- はいはいはい。ちょっとこれ細かい話になりましたけど。
- 確かにね。Aマッソ出てると思ったもん、俺も。
Speaker 2
- あー、いやね。かなりやってた。
Speaker 1
- インターネット芸人って聞いたらもうベテランチとか浮かべちゃいますよ。
Speaker 2
- あー、そこまで。
Speaker 1
- バキ堂とかね。
Speaker 2
- バキ堂とかね。
- で、そのダイヤモンドの寄せに出るネタの毎年の特徴が
その去年流行ったお笑いめっちゃパクったりパロディしてもOKみたいなノリがあって。
Speaker 1
- はいはい。予告そんな感じだったな。
Speaker 2
- そうそう。チャンピオンズとかM1のそれこそ敗者復活のスタミナパンとかトムブラウンのネタをそのまま一くだりやっちゃうみたいな。
Speaker 1
- そうだよね。なんか予告しか俺見れてなかったんだけど、
あ、ネタをシャッフルするライブなのねと思ったよ。
Aマスがフルでピュン、ピュンピュン、ピュン、ピュンピュンってやったから。
- トムブラウンだね。
- 完コピ寄せなのねと思ったけど、そうではないのか。
Speaker 2
- そう、完コピではないけど相当好き勝手やっていいみたいな。
Speaker 1
- はいはい。面白そうだった、めちゃくちゃ。
Speaker 2
- で、それがどうしても見たかったから、配信を10日までなんですよね。10日までに購入。
Speaker 1
- 今日だ!
Speaker 2
- そうだね。で、買いました。
Speaker 1
- あーいいなー。
Speaker 2
- で、買ったんだけど、もうやっぱね、事前に攻略サイトみたいなのがすでにあって。
Speaker 1
- 攻略サイト?
年末年始の番組
Speaker 2
- 全部のネタを理解したい場合は、M1の3回戦順々決勝、
ハイジャー復活、決勝、面白そう、ザ・W、キングオブコント、
わらがみさまは突然に、を履修することっていう。
Speaker 1
- わらがみさまきついぜ。
Speaker 2
- っていうのを見ちゃったから、俺はどうしてもお笑いの配信を見る前にちゃんと全部履修しなきゃって思った結果、
もう年末年始テレビとTVerを見るので本当に終わった。
- いやー、ちょっと本当に、俺それお笑いの好きなとこでもあり嫌いなとこでもあるんだよなー。
- テレビ面白すぎ。
Speaker 1
- ねー、あのー、同じようなので言うとさ、
大喜利人の芸人を題材にした大喜利の時、
Speaker 2
こんだけお笑い好きなのに全然ついていけないんだよね。
- いやね、あれね。
Speaker 1
- 多分M13回戦とかのネタのオマージュとかが入ってたりするんだけど、
わからんのよなー。
最前線だよね、マジでお笑いの。
Speaker 2
- そうだね。
Speaker 1
- あ、そういう感じなんだ、わらがみさま!
Speaker 2
- とかも履修しないとダメだったね。
- ストップ!のやつでしょ?
- そうそうそう、もう最近は内村ストップもあんまない。
Speaker 1
- へー。
Speaker 2
- Vを見る要素が多すぎ。
これぐらいかな、俺の年末年始は。
今年ね、今回の収録が2024年初めての収録なんですよね。
Speaker 1
- へー。だって結構あってないよ、俺ら。
Speaker 2
- うん、え?
高橋ってあばら屋の収録することアウって言ってんの?
Speaker 1
- いや、ミートミート!
Speaker 2
- あ、本当のミート?
Speaker 1
- 本当のミート?リアルミート?
Speaker 2
- リアルミートってか…
Speaker 1
- 人肉?
Speaker 2
- いやいや、そこまでのリアルミートじゃなくて、
リアルミートなのか、リスン・トゥ・イヤホンなのか…
Speaker 1
- はー、ね、加納栄光さんみたいになってる。
Speaker 2
- だからリスン・トゥ・イヤホンは久しぶりですけど…
Speaker 1
- はいはい。いや、ミートミートよ!
Speaker 2
- ミートってどっち?
フリーマーケットの参加
Speaker 2
- アウ!
- アウアウ!
- えー、その、2人が手を出したら握手できる距離でアウっていう方のミート?
Speaker 1
- うん、そっちじゃない方のミートって何?
Speaker 2
- あー、そっちか。
- いやその、あばら屋を収録することをミートって呼んでんのかなと思って…
Speaker 1
- あー、なるほどね。合コミートっていうみたいなノリでね。
Speaker 2
- そう、だから変なノリって思ったんですけど…
- ボズナリイコウか。
Speaker 1
- え?ボズナリイコウ?
Speaker 2
- え?
- え?ボズナリイコウ…
- ミートしてないでしょ?
Speaker 1
- あー、そういうことね。
- うん。
- いや、それはもうリアルミートだから。
Speaker 2
- リアルミートって…
- 何?ジンニクみたいなこと?
Speaker 1
- 違う違う違う。そこまでのリアルじゃないのよ。
- その後何て言ったか覚えてないからもうこれで終わりですけど。
Speaker 2
- えー、あばら屋はそうだね。はい。
Speaker 1
- そうかい?他何もしてない?
Speaker 2
- 他は何もしてないね。渋谷に行って…
Speaker 1
- はい。
Speaker 2
- なんかデザフェスのマンションみたいなとこがあるんですよ。
Speaker 1
- えー、それはもうフェスじゃなくて常駐してんじゃん。
Speaker 2
- なんかデザフェスっていうデザイン系のビッグイベントがあって…
Speaker 1
- アイベント。
Speaker 2
- そこのイベント運営が買い取ってるアトリエみたいな。
Speaker 1
- へー、常にあるんだ。
Speaker 2
- そうそう。で、そこには展示室が12個あって…
Speaker 1
- よく行くね、そういうとこあんた。
Speaker 2
- そうそう、なんか運命の出あるかなと思って行って何もないっていうのを繰り返してるんですけど…
Speaker 1
- コンカツかい。
Speaker 2
- で、普通に俺らってお金出したらそこ借りれるギャラリーをね、一部屋。
Speaker 1
- あ、へー、いくら?
- いくら…
- どうせ把握してるんでしょ?
Speaker 2
- 4日で2万とかそういう感じですよ。
Speaker 1
- グースグース…
Speaker 2
- グースグース…
- なんか意外と高齢グースみたいに言うな。
- いいと思います。
- とかね、行って、そういうところ行くと
- 超有名人しかいないのかと思いきや
- 本当にフォロワー60のおじさんとかも平気でいて
- へー。
- でも写真はめっちゃかっこいいみたいな。
Speaker 1
- はいはいはい、いやー厳しい世界ですね。
Speaker 2
- ね、ほんと厳しいって思ったりしてました。
- これぐらいか、ざっくり。
Speaker 1
- 年末年越しは何の番組見てました?
Speaker 2
- えー、あれだよ。
- あのー、アイドルがすごい良かった番組なんだっけ?
Speaker 1
- アイドルがすごい良かった?
- 紅白歌合戦。
Speaker 2
- ジャニーズの年越し?
Speaker 1
- 紅白歌合戦です。
- あー、ちょっと、すいませんNHK見たことないんで。
Speaker 2
- えー、絶対払ってないじゃん、視聴量。
Speaker 1
- いやー、そんな野望じゃないの。
- そんなこと聞いてきたら払ったって言っても
- 払ってないみたいになるし。
- 払ってないって言っても払ったみたいになるし。
Speaker 2
- なってない、全然なってないよ。
Speaker 1
- 払ってないみたいになってるよ。
- お金の話なんか野望ですよ。
Speaker 2
- 急に早口になるなよ。
Speaker 1
- 困った困った。
- 僕はねー、逃走中でしたね。
- つー。
- めっちゃ面白かった、なんか逃走中。
- へー。
- 油断してたわ。
- なんかねー、リアルな挑戦な感じで。
- 生逃走中やったのよ、年越しで。
Speaker 2
- あ、はいはい、一緒に見たわ。
Speaker 1
- で、本当に
- 伊藤アナウンサーだったかな?
- うちテレビだったら。
- ネプリーグのね、天の声やってる。
- 年を越すときは皆さんね、
- ツイッターとかやるから回線が込みますので
- テレビが止まる可能性ありますけども
- それを含めて、ちょっとチャレンジにやってみたいと思います。
- みたいなのが。
- なんかいいね、インターネットに寄ってきたね。
Speaker 2
- って感じがしてね。
Speaker 1
- 確かに確かに、配慮。
- 紅白、結局見たことないな、全然。
Speaker 2
- えー、今年のね、アイドルがね、
- 本当に良かったんですよ。
- なんかみんな言ってるね。
- いやー、あれは本当に良かった。良かったとしか言えん。
Speaker 1
- でもなんか、両極端な
- 意見が出てるよね。
- なんかその、良かったっていう意見と
- 夜遊びがそんな映ってなくて
- あんま嫌だったみたいな。
Speaker 2
- あー、まあまあまあ。
Speaker 1
- そういう目線はあるか。
- あー、そうなんだ。
Speaker 2
- まあ歌はね、難しいですよね。
Speaker 1
- ね。
- でもまあ、年明けて10日経ってるわけですけどね。
Speaker 2
- はい、あ、そんなとったか。
Speaker 1
- そう。え、年明けても何もしてないの?あなた。
Speaker 2
- 心配よ、私。
- 年明けても、
- ちょっと調べたのは、
- 今年やりたいこととして
- なんかその、同人誌とか
- エッチ。
- エッチじゃない、あ、それヤバいよ。
- 界隈の人に言ったら、袋叩き。
Speaker 1
- 袋叩き?それもエロいね。
Speaker 2
- あー、ちょっと。
- エッチ。
Speaker 1
- ダブリューじゃなくてちょっとダブリューじゃなくて
Speaker 2
- ちょっとエッチ。
- 草みたいな感じで。
- あの、リトルプレスとかジンとか言うんですけど
- 自分で30ページくらいの本を作って
- 配ったり販売したりするってやつ。
- あー。
- あれやりてーって思ったね。
Speaker 1
- 前に思ってたよ。
- あなた忘れてるかもしれないけど。
Speaker 2
- 覚えてるけど、
- 年を新たに、2024年版のカブトもそうですよっていう。
- へー。
Speaker 1
- 調べたっていうのは?
Speaker 2
- 出版ルートとか
- あ、へー。
Speaker 1
- 例えば自分で。
Speaker 2
- 前は確かコミケで出したいっていう話だったんですよね。
- そうそうそう。今回はハンロを調べましたという。
Speaker 1
- へー、そうなんだ。
Speaker 2
- 普通の
- 一般の俺みたいな人が
- 自分で60ページの
- 本を作って
- 普通に世の中にある
- ポスター印刷してくれるみたいな
Speaker 1
- サイトあるじゃん。
Speaker 2
- そこで50冊すって
- 普通に個人の本屋さんにメールで
- 定価の
- 0.6倍の金額で
- 卸しますので、お店に並べてくれませんか?
- みたいな
- 意外と
- できなくないじゃん、と思って。
- へー、面白いね。
Speaker 1
- いいでしょ。
Speaker 2
- 視聴者さんの本屋さんにでもね。
Speaker 1
- 最近本屋さん探してたよね、俺ら。
- サイン会したいからだ。
- あー、
Speaker 2
- 言ってたね、何回か前に。
Speaker 1
- 本屋さんじゃなくてもいいけどさ
- 本を置いてるお店やってる人いないのかな?
- 確かに。
ポッドキャストイベント
Speaker 1
- それだけで
- それだけでどっちも成立するよね。
- 本屋って言わせてもらって、YouTube上では。
Speaker 2
- そうだね。
Speaker 1
- あー、それ目標だな。
- 今年はイベントもそうですけど
- 本屋でなんかやりたいね。
Speaker 2
- へー、これ今やりたいこと言っていい時間?
Speaker 1
- まー、いいでしょ。
Speaker 2
- 何も考えてきてないようなので、今日話すこと。
Speaker 1
- フリーマーケットやりたい。
Speaker 2
- フリーマー?
Speaker 1
- フリーマー俺好きなんだよな。
- フリーマーって言うと、
- 意味ないイメージありますよね?
- うーん、そうなんですよ。
Speaker 2
- え、それは主催?
Speaker 1
- 寝てない!
Speaker 2
- いいわいいわ!今決めれ!
- 寝てない寝てない!
- 俺考えて喋る。
Speaker 1
- 全部台本で喋ってるから。
Speaker 2
- 出典、そうだったのか。
Speaker 1
- あ、今見出してる。コピーしてる。
Speaker 2
- 台本を。
- 違う違う、あるけど、うるさいプリンター。
Speaker 1
- ま、出典者としてですよね、たぶんね。
Speaker 2
- 出典者でもいいし、
- 主催でもいいですよ。
Speaker 1
- なんかね、
- その面白いフリーマーに出たいもんね、出るとしたら。
Speaker 2
- まあね。
Speaker 1
- コミケはフリーマーじゃないんだもんな。
Speaker 2
- フリーマーではないね。
Speaker 1
- なんか東京でさ、
- ポッドキャストのイベントやってたじゃん。
- どっかオシャレな地域で。
- あれはフリーマー?
Speaker 2
- フリーマー…
- なんか物売ってたよね?
- あー売ってた、普通に1人1ブース与えられて。
Speaker 1
- 名前出したいけどせっかくなら。なんだっけ?
Speaker 2
- ポッドキャストって絶対入ってるんだよな。
Speaker 1
- 絶対入ってますよ、皆さん。
- ポッドキャストイベントで調べて欲しいんですけど。
- どこだっけ?下北?
Speaker 2
- あ、すごい。そんな良い場所でやってたんだ。
Speaker 1
- そうだよ。カブトと俺が食いつく場所だよ。
Speaker 2
- そうか。
- 下北…
- 俺が100円で可愛いシャツを買った場所だね、下北は。
Speaker 1
- あ、ポッドキャストウィークエンドだね。
Speaker 2
- あーはいはい。
Speaker 1
- なんかこれいいなと思ったんだよね。
- ねー。
- せっかくなんでポッドキャストウィークエンド。
- 声をハグする。
Speaker 2
- あら、なに?エッチの伏線回収?
Speaker 1
- いや、あ、
- 土手?ハグがエッチってことは。
- フリマで
- 何したいの?
Speaker 2
- だから、物を…えっとね、これは
- 俺らが活動者であることは
- もう一回全部抜きにしてもらって
- ああ。
フリマアプリでの販売
Speaker 2
- 俺は、なんか、本とか服を
- 捨てるのがすごい嫌なの。
Speaker 1
- ああ、それはもったいないから。
Speaker 2
- 悔しいから。なんか自分の選択が
- 間違ってたみたいじゃん。
Speaker 1
- はあ、なるほどね。
Speaker 2
- そう、だから、誰かに対して
- まあ安くてもいいから、売ることで
- 俺の意思を受け継いでください
- っていうフリマがすごい好きで
- 大学1年の時とかにやったりしたんですよ、一回。
Speaker 1
- えー、そうなんだ。
Speaker 2
- 出展。
- そう、弘前図書館の前の広場のところで
- 学科の友達と2人で
- 合法?
- 合法合法。3000円払ったから、ちゃんと。
Speaker 1
- ああ、払うんだね。場代をね。
Speaker 2
- で、俺がなんか、ブックオフで
- 10円で売ってたから買ったCDとかをね。
- ああ。
- まあ10円だとあれだから、50円くらいで売ってたら
Speaker 1
- 転売じゃん。
Speaker 2
- いや、いいですよね。山嵐とか
- 声かけられたりもするの。
Speaker 1
- めっちゃよくない?
Speaker 2
- 山嵐知ってんの?
Speaker 1
- いや、知らない。俺10円だから買ってるから。
物の価値と感情
Speaker 2
- え、どうしたの?その質問に対して。
- いや、ジャケットがねーって言ったよ。
- いや、嘘つき転売ヤーじゃん。
Speaker 1
- 嘘つき転売ヤーじゃないよ。
Speaker 2
- 今のところは?
- 悪質じゃないだけの。
- じゃあいいけど。やりたい振り間はね。
Speaker 1
- まあ確かに、うちも捨てるもの山ほどあるしな。
- なんかね、でもね、ちょっとごめん。
Speaker 2
- これ、活動者としての俺らを1個戻すんですけど。
- ああ戻ってきた、俺らの。さっきは無名だったようです。
Speaker 1
- その振り間をやるけど、
Speaker 2
- 俺らが作ったり持ってるものだからといって
- 高く買われたくないという気持ちもあるんですよね。
- ああ、まあそうね。
- それはある、確かに。
Speaker 1
- 適正価格で150円とかで買われたいっていう。
Speaker 2
- だからちょっとむずいね、ここは。
- まあ100円くらい乗させてもらっていいですか?
- まあそうですね。
Speaker 1
- 名前たい。
Speaker 2
- という感じです。
- はいはい、まあちょっと面白いね。
- ね、いやそうなんですよ。
Speaker 1
- だから会社を作ってさ、
Speaker 2
- はいはい。
Speaker 1
- イベント部門とか動画部門って作りたいよね。
- ああいいね。
振り間の難しさ
Speaker 1
- 正直振り間はね、俺の中ではもう8番目。
- イベント部門とか動画部門って作りたいよね。
- ああいいね。
- 俺の中ではもう8番目。
Speaker 2
- イベントとしては。
- 1から7まで聞かせてもらおうかな。
Speaker 1
- 1から7まで聞かせてもらおうかな。
- いやそう、ボズナレみたいのが7個ですよ。
- いやそう、ボズナレみたいのが7個ですよ。
- ああはいはいはい、例えばね。
Speaker 2
- だから逆に言うと1年に8個イベントやるなら入ってくるわけですよ。
Speaker 1
- ああはいはいはい。
Speaker 2
- そんくらい打ちたいよね、イベントをね。
Speaker 1
- ね、打つ。
- 打つ。というわけで、
- ミスでボズナレのアーカイブが1ヶ月伸びたので、
- ミスでボズナレのアーカイブが1ヶ月伸びたので、
Speaker 2
- 見てくださーい。
Speaker 1
- やったー、見てねー。
Speaker 2
- くそー。
- 放線量がね、海外のサイトだから時差がね、あるから。
Speaker 1
- 放線量がね、海外のサイトだから時差がね、あるから。
- ねー。
Speaker 1
- AI歌謡祭ー。
- AI歌謡祭ー。
- このコーナーでは視聴者の皆さんに歌詞を送っていただきまして、
- このコーナーでは視聴者の皆さんに歌詞を送っていただきまして、
- それをAIさんに歌っていただいております。
- それでは今日の曲、参りましょう。
- AIさんで、
- ポップコーン高橋のテーマ。
- YouTube文字起こしバージョン。
- 続いてはこちらのコーナー。
- 作家100人。
- このコーナーでは視聴者の皆さんに作家になっていただきまして、
- バイヤー高橋チャンネルでやるべき企画の企画書を送ってもらうコーナーです。
- さっそく参りましょう。
- ラジオネームランドルト缶。
- タイトル、ビンゴ文庫。
- 名前は知ってるけど読んだことがない本。
- 一冊を題材に、
- その本の中にありそうな単語や表現を
- ビンゴカードに書きます。
- その後、ランダムに選ばれた数字と
- 同じ数のページを開き、
- その単語が入っているかどうか確認し、
- ビンゴをする。
Speaker 2
- はいはい。
- へー。
Speaker 1
- これ、本だからちょっとマニアックですけど、
- 例えば俺がね、
- いやーこれ賛否あると思うんですけど、
- うん。
- 結構オシャレな人の
- モーニングルーティーンとか見るの好きで、
- はい。
- これは良い意味ですよ、良い意味で
- いやそこまでドゥルンかい!みたいな。
- あらあら、悪口。
- 感じて、まあ正直斜めに見てる時もあるんですね。
- うん。
- だから、
- じゃあこの人のモーニングルーティーンって決めて、
- 出てきそうなのをお互いビンゴカードに書いて、
- で、
- 俺がその人のモーニングルーティーン再現した動画を見ながら
- 答え合わせてくれるみたいなね。
Speaker 2
- そうかそうか、そのままは使えないもんね。
Speaker 1
- そうそうそう、まあ協力を得てかね。
- うん。
- 意外とビンゴでこの形やったことないかっていう、
- この順番に数字が出てくるっていうのを
- ゼロ秒から動画を見るという形式に変えて
- はいはいはい。
- だからまあ、
- ビンゴだけをもらった形ですけど、ランドルドガンの。
- うん。
- ありがとうございました。
Speaker 2
- 続いてヒーちゃんさん。
- 考えた企画は、これに名前あるのトロッコアドベンチャーです。
- 出たトロッコアドベンチャーシリーズ。
Speaker 1
- ラバーペンシルイリュージョンなど、
Speaker 2
- 動画やラジオなど、
- カブトさんの発言内で、
- これに名前あったの?と思った現象がいくつかありました。
- はあはあはあ。
- そこで珍しい現象名を取材して、
- それを表している正しいイラストはどっち?
- っていうクイズを思いつきました。
- ああ。
Speaker 1
- まあこれはね、前に僕がトロッコアドベンチャーの
- 動画を作って、
- テンプレートがあるんで、
- それでいっぱい作ろうやっていうね。
Speaker 2
- お前飯食いながらラジオ撮ったんかい。
Speaker 1
- ふっ。
- 6つ高い予想してたなあ。
- ちょっとうってなっちゃいましたけどね。
- はいはい。
- これいいですね。
- いいよね。
- まあこれに名前あったの系はね、
- テレビとかでもいまだにたびたびありますけど、
- パンのあれとかね。
Speaker 2
- どれ?マーフィーの法則みたいな。
Speaker 1
- そんなんのパン。
- パン買いに。
Speaker 2
- あれ?何ちなみにパンは?そっちのパンは。
Speaker 1
- 食パンを束ねる
- あのクリップみたいなやつ。
- ああバッククロージャーね。
Speaker 2
- すごいね出るね。
- 俺すごいね。小学校の時トリビア係だったから。
Speaker 1
- トリビア係?
Speaker 2
- 5人組で
- 各週、各曜日で
- 毎朝トリビア1個言うでしょ。
Speaker 1
- やばいね後半。
Speaker 2
- そうだね。歳の。
Speaker 1
- 1楽器2楽器3楽器の
- トリビア係おもにだね結構。
Speaker 2
- まあそうだね難易度変わってくる。
Speaker 1
- 前任者が。
- あれ係って
- 楽器ごとに変わってたか覚えてる?
Speaker 2
- いや変わってたと思う。
- だよね。
Speaker 1
- けどトリビア係はもう通気よ。
- ああそれは暗黙の了解があった。
Speaker 2
- そうそう誰もやりたがんないから。
Speaker 1
- やだ小学校に暗黙の了解あるな。
- いいんですよ。
- ありがとうございます。
Speaker 2
- ありがとうございました。
Speaker 1
- ラストラジオネーム牛乳
タイトル
津軽市接客態度の悪い店に行ってみた
- ああ出た。
- 高橋がロケとして客に対して
その悪い津軽人が接客を行う
お店に入ります。
そこでは店員が津軽弁で悪口や
暴言を言ってくるので
高橋は謝るなり
津軽弁が分からない人に説明するなりを
しなければなりません。
っていうところで
最近話題の態度の悪い店
これのオマージュですよね。
実際にある
津軽のそういうお店に行こうってことじゃなくて
Speaker 2
兜がやるんでしょうね。
Speaker 1
- はいはいそうだね。
あれに対する
反応の正解が分からないから
ちょっとクイズに落とし込み
Speaker 2
づらいけど
- 確かに反抗したりしょんぼりしたりがあるからね。
Speaker 1
- はいはいはいはい。
あれ?みんなどうしてんだろうな。
なんかみんなが
あのネタこすりすぎて意外と
その態度の悪い店に
行ってる動画見たことないんだけど。
Speaker 2
- ああやっぱしょんぼりするのが基本で
いやそこまで言わなくても
Speaker 1
みたいな。
Speaker 2
- そうそうそう。
たまに反抗するタイプの人がいるっていう感じ。
Speaker 1
- はいはいはいはい。
もうそろそろね
このコンテンツも一旦終焉を迎えそうですしね。
多分
一時期のマナー行使の人
ぐらいは注目されたんじゃない?
Speaker 2
- ああ確かに。
- 一時期めっちゃ出てたもんね。
Speaker 1
今も映画チャンネル
単独の専属の人になりましたけど。
- あの白ジャケットのね。
- 白ジャケットの。ありがとうございました。
- ありがとうございました。
- というわけで採用ありませんでしょうか?
Speaker 2
- 今回はありませんでした。
高橋さんはありますか?
Speaker 1
- ありませんが
二重となり肉となります。
Speaker 2
- よかった。
それがあるだけで違うのよね。
Speaker 1
- そうね。
先に二重になっちゃってるんで
肉がこけちゃってるかなと思うんですけど。
というわけで
Speaker 2
来週も募集しております。
- 体格クラブに行った話と
この人に文句を言う話です。
Speaker 1
- 人生と呼ぶには
あまりに薄い人生。
高橋、お願いします。
- ああバラヤ!
Speaker 2
二割の本質、ある!
- エンディングです。
- 人た、
胸からと間違えられるあいつさん。
高橋さん、兜さん、
Speaker 1
こんばんは。
Speaker 2
僕は元日におせちを食べたのですが
おせち料理は料理として出されているのに
基本温かくなく
しかも甘い味付けのものが多いので
お箸が進まず
自分、おせち苦手かもなぁ。
と、この年になって初めて気づきました。
お二人は
大人になってから苦手であることに
気づいた食べ物はありますか?
Speaker 1
- 正月早々文句ですか。
Speaker 2
- おせちはね、でも正直
意味不だからな。
なんかまずいものを時間かけて作ってるもん。
Speaker 1
- 早かったなぁ。
小気味早かったね。
Speaker 2
- さすがにね、おせちはね。
Speaker 1
- あ、そうね。
あんま食べたことないかもな、おせちって。
Speaker 2
- いや、俺もないわ。立派なおせちの形としてのやつは。
Speaker 1
- ね。
なんかどうせコンビニで売ってるけど
バーゲンセールの気になる販売側
Speaker 1
すぐ売り切れるんでしょう?と思って
Speaker 2
意味も返してないな。
- 何?どういうこと?
Speaker 1
おせちにコンビニのイメージある?
- クリスマスケーキとかと同じように
予約が始まるじゃん。
どうせあっという間に売り切れるんでしょう?と思って
申し込もうと思ったことすらないし。
これの場合は
大学の時周りにコンビニバイトを
してる人が多かったから
買わんみたいな言われてたんだ。
Speaker 2
- あーなるほどね。
- それで自覚があるんだ。
Speaker 1
大人になってから
苦手であることに気づいたな。
何だろうな。普通逆ですけどね。
Speaker 2
- そうだね。子供の時
克服するから。
Speaker 1
- うん。大人になって
食べる機会が改めて出た。
それで言うと
なんか珍しい肉とかね。
Speaker 2
- アジビエ。
Speaker 1
- アジビエとかそうそうそう。
あれかな。
あれだ。ケバブ。
- え?
- 苦手ですね。六本木のケバブ。
Speaker 2
- どこが苦手なの?
Speaker 1
- いやだからね、六本木の
ケバブ?
まず六本木ってね、空気が汚いのよ。
Speaker 2
- あーはいはい。なるほど。
Speaker 1
- そこでずっと回ってるの。ケバブが。
- 確かにね。
六本木だったな。
前に厚英語さんとコラボ撮ったとき
そこは六本木じゃなかった
そこは空気良かったから二人で食べれたんだけどね。
夜だったし
Speaker 2
交通量も少なくて。
- 厚英語さんもそうやって言ってた?
交通量少ないしケバブにしましょうか。
ハワイヨーって言ってた?
Speaker 1
- いやいや。そんな
常時やってないから英語。
まあそんなケバブかな。
Speaker 2
- あー。
俺はちょっと正直本当に嫌いなものが
ないんですけど
大人になってから
あまりにも嫌いなものがない人間も
つまんないかなと思って
ちょっとハードルを下げて
人参ちょっと苦手なんだよなとか言ったりしてます。
Speaker 1
- 全然なんでしょ本当は。
Speaker 2
- 本当は全然。
でも白菜の方が大好き
Speaker 1
ではある。
Speaker 2
白菜が10好きで
人参は6好きなんだけど
しゃーないから6好きはもう
苦手という風な感じで振る舞おう
っていう時があります。
Speaker 1
- じゃあ暫定再開気味ではあるんだ。
Speaker 2
- では一応あるね。
Speaker 1
- パクチーとかセロリも大丈夫なんかな?
Speaker 2
- 全然いける。
- へーすごいね。
- パクチーの方が人参よりあれだけど
パクチー苦手って言ってもさ
場が冷めるじゃん。
Speaker 1
- 共感は生まれるとは思いますけど
新発見はないね。
カウスさんパクチー苦手なんだ
とはならないもんね。
Speaker 2
- そうでもしてくれないでしょ。
- ありがとうございました。続いて
ふつおた、ワードクマさん。
Speaker 1
- ワードクマ。
Speaker 2
- 今年もよろしくお願いします。
- よろしくお願いします。
- 年が明け、地元の百貨店や商業施設では
バーゲンセールが行われていますが
私は販売側が一生懸命
買わせようとしている感じが気になり
購買意欲が
ガッと抑圧してしまいます。
貯金の買い物エピソード
Speaker 2
うねうね悩んだ挙句
物を買わないことが多いです。
お二人の
貯金の買い物エピソード
特に兜さんのケチケチエピソードが
ありましたら教えてください。
Speaker 1
- なんか勝手にレッテル貼ってるね
Speaker 2
カウトに。
Speaker 1
- ね、失礼。
- 思ってません。
- 貯金があるという意味ですからケチケチっていうのはね。
- ああよかったほ。
- 実際カウトの方が貯金ありますから。