1. 【シン野球トーク】 BaseBallCafe べかふぇ
  2. 2023.11.23 【パリーグFM】 ..
2023-11-23 07:20

2023.11.23 【パリーグFM】 後編:がんばれ、二保!

第216回配信 収録日:2023.11.22(水)

出演>April松田、zabo

◆April松田情報 https://1link.jp/11_jpn0622_3crows
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この度、野球系Podcast企画。
【BaseBallLoversCamp2024】 / #BLC24
という企画を打ち出しました。

是非、ご参加いただけますようお願いしたく存じます。
企画書はコチラです。(2023.11.05更新)

https://note.com/zabolab0794/n/nde72ea2fc122

ご不明な点などございましたらなんでもご質問くださいませ。

また、お手伝いが必要でしたら、お申し出くださませ。

皆さま方からの野球にまつわる音声、是非楽しみにお待ちしております。

▼受付フォーム

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScMgV0bj5JpVwcpKk8nvBLQ4LIggveHWSsSI16HQSiVbjpfkA/viewform

Summary

「ベカフェ」は主にNPP12球団を追いかける番組です。お試しのような形で放送させていただいています。ラジオミミックトライアルということですね。

べかふぇの取り組み
【シン野球トーク】 BaseBallCafe べかふぇの新コーナー、【パリーグFM】というものを作りました。
しばらく日本ポートキャスト協会の担当しているところがあって、そこに比重多く賭けすぎた手前、べかふぇが巨人の番組だと勘違いされることが多々ありまして。
巨人ファンの方がやってますからね。
そうそう。だから、えっと…
どうしてもトピックス的にも巨人のこと増えていくのは仕方がないんじゃないかなって思うんですけど。
ジャイアンツキャストっていうコーナーが月一でやってて、レギュラーメンバーもいる手前、彼らにどうしても甘えてしまったという結果。
なので、自分の不手際であると言わざるを得るのですが。
べかふぇは基本的にNPP12球団を追う番組とつもりでやっております。
公平に。
公平に、公平に。
さっき言ったような、教会の手前ですよ。
ジャイアンツに機銃が寄ってしまった結果、パリリーグをほとんど扱わなかったという反省点を出しまして。
パリリーグウェフン第1回、ゲストエルプリン松田さん、ホークスファン。
嬉しいですね、第1回。ありがとうございます、本当に。
ということなんですけども、これは何かと言いますと、松田さんはホークスファンじゃないですか。
はい、そうですね。
パリリーグは6球団があってホークスが1球団として、
ほか5球団の動きで気になるところがあれば、一言二言伺えないかというようなコーナーなんです。
そうなんですね。
ホークス以外5球団の動きを松田さんからお話を伺いたいと思うんですが、
一応事前にこんなことを話しますよという記者メールを送ってて、
パリリーグFM、たとえばこんな文言があるよということでも送ってますけども、
松田さんが気になるようなパリリーグ限定の現在の動きなんていうのは何かありますか。
千葉ロッテマリンズさん、入団テストにホークスから阪神に一席した日本っていうビッチャーがいるんですけど、
パリリーグ、千葉ロッテマリンズの一席をかけて入団テストを受けるっていうようなニュースを見て思ったのが、
結構これが狭き者らしくて、過去に何度か受けられた方もいらっしゃるんです。
有名なネームバリューが選手も受けられてて、
そういう方でも容赦なく落とされてるっていうのを、
ちょっと割と周りの野球界隈とか野球ファンの方とかも結構おっしゃってて、
日本って結構コントロールよりも急速の方に目が行くようなピッチングスタイルをとってるので、
そこら辺が、あれ、あだになってないといいなというか、
結構彼もパワーボールが軸の頭首なので、
ロッテの割と技巧派っていう、カラカラとかヒット落とした技巧派の中に、
うまく食い込めるようなピッチングできてるかどうかっていうところがネックかなっていうのが一個あるかなっていう。
ロッテにしてみると、佐々木浪貴を中心にですよ。
例えば、巨人からロッテに移籍しております沢村もパワーピッチャーとしてありましたし、
似たタイプは数はあると思うので、
うまく魅力を引き出してくれるような、
例えばその、保守陣含めた指導陣もそうではあるんじゃないかというふうに思うし、
その二宝選手がどのようなパフォーマンスができるかってことですよね、そのテストでね。
あんまり彼は打たせて取るっていうところにあんまこだわってるタイプでもないので、
正直なんかもパワーで落ちていきたいっていう感じの投げ方をする時もあって、
7回までは持ったりもするのが割と次第っていうと言い方はあれなんですけど、
クオリティスタートがうまくできるときとできてないときの明暗がすごくはっきりしてしまうんですよ。
むらけがあるというか、
これも精神的なところなのかなっていうのはちょっと気になってて、入れたらいいなぁと思うんですよ。
ルーフとしての使い方とかもフォークスの時にできなかったので、
ちょっと黒木ピッチンコーチとか、腕のある、吉井さんも東州都出身なので、
ちょっと、もし入団テストが良かったらロッテでいろんな使い方して、
日本の投手としてのレベルが上がるっていうような絵面を見たいなっていうのは、
1位フォークスファンとしては願ってはいるところでございますからね。
対戦機会ももちろん増えるので、相手にはなってしまうんですけれども、
相手としてで見れたとしても成長した姿っていうと、なんか上からだなって思われるかもしれないんですけど、
いやいや。
なんかその、日本の人から向けたところが見たいかなっていう、
フォークスで見れなかった景色をロッテで見てほしいかなっていうのは思いますね。
ね。
増田君がそのように言ってくれるのは本当に嬉しくて。
そうなんですか?
あの、例えば巨人、僕は巨人ファンなんで巨人で首になった選手、
あるいはFAで取った選手で人的保障で多球台に打ちた選手、
これが活躍するとすごく悔しいっていうファンの中にいるんです。
いますよね、確かに。
僕は全く思わないんですよ。
進展値で活躍してくれるのが本当に嬉しいんですよ。
確かに僕も嬉しいですよ。
今年にいったらそれこそ大竹だったりとか、田中正義の例もあるので、
とにかく元フォークスだったっていうことだけが僕にとっては重要なことって言うとあれなんですけど、
フォークス、もし最初入った球団でダメでもリクルートのチャンスを本人が持つかご思いで頑張ってくれた成果が見れることのほうがでかいんじゃないかなって僕は思うんですよ。
FAで遺跡とか戦力外とかっていうのは確かにちょっときついのはわかるなっていうのは。
プロ野球選手の花の時期が短いんで。
そうですね。
ね、めでるチャンスがどこにあるかわからないし、めでる期間もどうかわからないし。
ね、大輪の花を咲かせてもらいましょうよ。
はい、そう願いたいです、ほんとに。
ね、入団テストを受けてる二子選手のお話をパリUFMの第1回としてさせてもらったらいいですか?
はい、大丈夫です。
ほい、ありがとうございました。
ラジオミミックタイアル
でですよ、ラジオミミックというものを発見しました。
はい。
これは何なんですか?
スタンドFMでラジオトークの公式トーカーさんのねこぜさんという方が、
制作組織というか、お声掛けしたラジオトークのユーザーさんたちと一緒に、
ラジオっぽいことをする音声配信をちゃんと作ろうみたいなことをやられてるんですって。
ねこぜさんという方が主催なんですね。
僕が今から、ラジオミミック自体が月曜日から土曜日まで、
一週間オールナイトニッポンみたいな形でやってるところを、
単発で日曜日の4回やってみないかって話があがったので、
ちょっと4回じゃあやらせていただけないかってことで、
今僕も日曜日の一生、お試しみたいなものでやらせていただいてるって形ですね。
それがラジオミミックトライアルってことですね。
トライアルですよ。
これは毎週日曜日は何時からやってるんですか?
20時更新ですね。
20時か。20時更新とおっしゃったけど、
収録なんだ。ライブじゃなくて。
ライブじゃなくて収録の意味って何かあるんですか?
収録のたぶんは、音声配信を盛り上げたいっていう意味でねこぜさんもやられてるんで、
だから収録でやってるんじゃないかなっていうところなんですよね。
それに時間も30分って決めてやってるんですよ、各曜日。
07:20

Comments

Scroll