1. バンクーバー ぼんやログ
  2. #19 祝カナダ移住半年!お酒を..
2023-12-27 53:40

#19 祝カナダ移住半年!お酒を飲みながら移住の感想をぼんやり振り返ります

spotify

2023年6月にカナダに移住し12月26日に半年がたちました!夫婦でお酒を飲みながらいつも以上にぼんやりとこの半年を振り返ります。 ※この音声はクリスマスに収録しています。

 

このポッドキャストについて:

バンクーバー郊外に住む夫婦のamagi(@amagitakayosi)とyulily(@yulily100)が、カナダへの親子移住、娘のモチちゃん(4歳)の子育てについてぼんやりと話す日常系Podcastです。 

Spotifyでも聞けます!

Summary

バンクーバーでのクリスマスの特別回でございます。バンクーバーのクリスマスイブの雰囲気や日本との違い、バンクーバーでの生活の経験を振り返っております。ボンイヤロフさんは振り返りとポッドキャストの話が中心で、不思議なことを考えております。最近ポッドキャストが流行っている一方で、ブログの方が個人のためによく書かれることが話題になっております。また、北米ではインスタントポットが人気であり、これによって運動量が減少していることも気になっております。暇すぎて困るようなことはなかったのですが、こちらには帰る実家もありませんし忘年会をする友達もおりませんので、ただただ暇でございます。子供たちは外に出たがらず、公園へ行くと言っても嫌だと言うので、どうしたものかと悩んでおります。なぜだろうか。イギリスさんはCELPIPをやろうとされているというお話で、カナダの永住権の申請に必要なテストについて話し合いながら、CELPIPのコンテンツやカナダの発音についても触れております。また、英語のテストを受ける目標を持つことや、英語のテストに取り組む性格の違いについてもお話しております。カナダでの半年間の暮らしを振り返りながら、若さや将来について語り合っております。また、趣味活動の難しさや安全面についても話し合っております。

バンクーバーのクリスマスイブ
amagi
バンクーバー ぼんやログ
メリークリスマス。
yulily
メリークリスマス。
amagi
はい、amagiです。
yulily
yulilyです。
二人合わせて、ぼんやログ。
じゃあ、今日もよろしくお願いします。
amagi
今日はクリスマス特別回ってことでね。
yulily
今日は、今収録しているのが、12月24日の夜10時半。
amagi
クリスマスイブの夜。
そう、いつもは昼間に収録してるんだけど、今日は子供を寝かせつけた後に、メリークリスマスって言ってね。お酒飲みながら。
yulily
乾杯する。
amagi
乾杯しようか。
yulily
かんぱーい。
なんかね、カナダは、12月25と6が祝日らしく。
で、なんだろう、年末、保育園がずっと休みなので。
そうなんですよね。
仕事納めをした。
amagi
そうそうそう。
っていう。
来週1週間保育園ないんで、もう僕は仕事納めにしました。まあ、ミーティングとかは多分あるけど。
yulily
うん。
amagi
それはね。
yulily
そうね、私もミーティングだけやれて。
amagi
yulilyさんもね、ミーティング、夕方とかやしね。日本の時間に合わせると、夕方、夜になるから。
うん。
まあ、日中は子供の世話をしてって感じだよね。
yulily
そうね。
うん。
がっつり作業時間とか取れへんよね。
amagi
うん。そう。で、1週間何すんだっていう話だよね。
マジで。クリスマスはね、もう、なんていうか、何するかっていうか、店とかマジで何もやってないんで。
yulily
うん。なんかまだ、明日、まだ分かんないけど、12月25日は、日本で言う1月1日みたいな感じらしくて、本当に店も何もやってないし、スーパーでさえも閉まる。
amagi
ね。そう。
yulily
感じなので。
amagi
そう。今日こっちイブなんですけど、まだイブの夜なんですけど、明日25日、メトロタウンのメトロポリス?
うん。
で、でっかいショッピングモールですら、クローズドって書いてあったから、本当に何もやってないんだなって思って。
yulily
うん。そう。毎度おなじみのセーフウェイ、スーパーマーケットも、明日だけクローズだったから。
うん。そうなんだよね。明日の分の牛乳、買い忘れたんだよね。
まあ、水でいいんちゃう?
amagi
水でいいか。いや、僕、朝ごはん、牛乳なしでシリアル食べると、結構、こう、もそもそして。
しんどいね。
yulily
水でいいんだね。
amagi
まあ、そうね。子供、娘優先で。
yulily
うん。
amagi
ああ、お酒おいしいね。
今日、あの、日本酒をね、飲んでるんですよね。
yulily
すごい。半年ぶりじゃない?
amagi
半年ぶりだよ。
yulily
カウン。
ね。
私は、あの、クリスマスなので、スパークリーを飲んでいますが。
はい。おめでとうございます。
まあ、今日はちょっとぬるっとした回ということでね。
amagi
そう。半年振り返り。我々、そう、こっち、カナダに渡航してきてから、えー、明後日で半年になるんですね。
yulily
そうそう。6月26日にカナダにやってきて、明後日で半年。
amagi
そう。いやー、早い。
yulily
早いね。
半年ね。
amagi
早いか分かんないけど、いろんな、いろんな感情が去来する。
去来する。
ボンヤログ。
yulily
え、どういう感情?
amagi
え?まあ、早いし、短いし、長かったなーみたいな。
yulily
うん。
amagi
なんかさ、もう渡航してきて最初の頃のさ、苦労とかさ、その、苦労したという事実は残ってるんだけど、感情として。
うん。
こう、どれだけ苦しかったかみたいなのを覚えてないなと思って。
yulily
あ、そう。私は結構覚えてるけど。
amagi
刻銘に、DNAに刻まれちゃった。
yulily
そっか。
最初の方は、長かったし、1日が、割と辛かったけど。
amagi
1日がそう、長かったんだよね。1日長いっつうか、子供が寝なくってね。
yulily
それもあるし、単純に時間の進みが遅いなーって思ってたり。
amagi
そう。家もない状態で。
yulily
うん。
amagi
あのー、エアビーの宿をさ、最初にこっち来てから、3カ所行ったんすよね。
うん。
2軒目のところが、10日くらいいたんだっけ?
どっかかな。
うん。あそこの、めちゃくちゃ暑い屋根裏部屋で仕事してたの、ほんときつかったな。
yulily
まぁ、あれも。
amagi
うん。なんかね、その、最初泊まってた辺りが、えーっと、ヒストリカルディストリクトみたいな感じで、すごい歴史的な、あのー、100年前に建てられた一軒家とか、いっぱいあるんすよ。
うん。
で、そこを、1908年に建てられた一軒家の、屋根裏部屋に泊まってて。
うん。
で、すごい、いいとこ。
うん。
いいとこだったんだけど。
うん。
yulily
あまりにも暑くてね。
ね。
うん。
びっくりするぐらいの、暑さ。
amagi
うん。
バンクーバー、気候いいんじゃなかったの?って、こう、思っちゃうくらいの。でも、外に行くと気持ちいいんだよね。
yulily
ね。なんかこう、外の方が、夜とかは特に、外に行った方が涼しくて、いい風も吹いてるのに。
そうそうそう。
屋根裏部屋は、日中の直射日光を、もう、モロに、こう、浴びて。
amagi
そう。大事に蓄えてるから。エネルギーを。
yulily
めちゃくちゃ、もう、ムッとした感じ。
amagi
なあ、よくあの、環境で寝れたわ。
yulily
ね、今考えるとね。
amagi
ね。寝かしつけ苦労したなあ。
yulily
でも、この家もさ、来年の8月ぐらいはさ、ヤバそうじゃない?
amagi
ヤバそうだよね。どうしよう。だって、エアコンがさ、エアコンが、聞いたり聞かなかったり。
yulily
うん。エアコン聞くんだけど、エアコンつけてると、めちゃくちゃ外の音がうるさいから。
amagi
そうそうそう。困っちゃうよね。どうしよう。うん。いや、本当にね、窓を開けたらうるさいし、駅前に住んでるんで、電車の音がうるさいから。
駅前に住んでるんで、電車の音がうるさいんですよね。
yulily
この、このラジオによく音入ってるもんね。
そうそうそう。
amagi
電車の音も。
マイクにしてから、ちょっと消えたけど。
うん。いや、でも先週は入ってたし。
あ、そう。そうね。夏だな。冬もしんどい。じゃあ、しんどい。いや、でも、なんか、慣れたっていうのもあるけど。
yulily
うん。
amagi
今年は、特にバンクーバーあったかいっていうのもあって。
yulily
うん。
amagi
全、なんか、恐れていたほどではないよね。今のところは。
yulily
そうね。
うん。
ちょっと、予想してたりするけど。
うん。
なんか、結構、最悪の予想をしてたから。
amagi
うん。そうそうそう。まあ、これから1月、2月で、シビアな状況がやってくるのかもしれないけど。
うん。
まださ、冬に入ってから、火災報知機のフォルスアラート?
うん。
出てないじゃん。
バンクーバーでの生活の経験
amagi
うん。
出るんかな?思って。
yulily
ね、なんで?
amagi
冬って乾燥するじゃん。
yulily
あ、そういうこと?
amagi
うん。あの、うちの近くの、今度、Googleマップでレビューとか見てると、前住んでた人がレビューつけてるわけですよ。
うん。
どの今度のレビュー見ても、フォルスアラートがひどいって言って。
yulily
え、それは冬?
amagi
え、なんかね、わかんない。冬かもしんない。冬っていう情報を見た記憶があるんだけど、もう半年くらい前に見たから、ちょっと、定かではなくって。でも、その、火災報知機が鳴るのって、冬じゃんっていう思い込みがあったから。
yulily
あ、そう?
amagi
うん。恐れてたんだけど。どうでしょう。
yulily
まあ、もう壊れてるんだから。
amagi
もう、全部壊れてるから。うん。そうね。
yulily
私は、この、今の家に住み始めてからも、まあまあ辛いなっていう時期は、結構あったけど。
うん。
amagi君は、そうでもない?
amagi
いや、その、僕、本当に、過去のことを忘れていくタイプだっていうのもあるし。
yulily
あ、そう。うん。
amagi
まあ、比較的さ、その、yulilyさんの方が大変じゃん。その、喋れないとかさ。
まあね。
うん。そう、僕は、辛うじて喋れるっていうのもあって。まあ、それはそれで、大変だったんだけど。
うん。
その、車、買いますって言って。こう、こうして。
yulily
買いますって言って。こう、交渉して。やっぱ、ダメでしたみたいな。
amagi
銀行の人と。銀行の人はね、日本の人が対応してくれた方から良かったんだけど。
うん。
そうね。銀行に行ったのも、もう懐かしいな。
そうやね。
yulily
うん。銀行の手続き、日本語でできたのは良かったよね。
amagi
そうやね。TDっていう。メガバン。メガバン系だよね、多分。
メガバン。五台メガバン?
うん。
五台って、みたいな感じだけど。
ははは。
えー、TD、H、なんだっけ?HSBCだっけ?CIBCだっけ?と、モントリーオールバンクオブカナダ?あれ?なんかそういうやつと。
yulily
あ、知らないけど。
amagi
うん。いっぱいあるんすよ。
うん。
で、TDっていうやつが、なんだろうな、この辺、ブランチもいっぱいあるし。
うん。
っていうか、歩いて1分の所に支店があるんで。
うん。
TDにして良かったなって思って。
yulily
うんうんうんうん。
amagi
支店の人も優しいしね。
yulily
ね。
amagi
うん。
yulily
うん。
こう、日本人の銀行員の人がいる支店があって。
うん。
そこで全部やってもらってね。
そうそうそうそう。めっちゃタメ口でビックリするけどね。
amagi
あ、そう?タメ口やったっけ?
え、まあ、なんかその、それは別に悪いと思ってるんじゃないんだよ。
うん。
yulily
悪いと思ってるんじゃないんだけど、そう、めっちゃフランクな感じでさ。
うん。
amagi
たまにタメ口のことは、そうそう、わかる、みたいな感じの。
yulily
あー。
amagi
こう、合図違って。
うん。
まあ、英語を直訳したらそうなるわな、みたいな。
yulily
ははは。
amagi
帰国子女みたいな感じ。
yulily
帰国子女ではないけど、帰国子女感があったよね。
そうそうそう。
そうそう。
amagi
いやー、まあ、でも、ああいう雰囲気で、なんだろうな、帰国子女の人が日本に行ったときに味わう理不尽な苦労とかは、やっぱあるんだろうなっていうのを、あれ見て思ったな。
あ、そう?
yulily
うん。
amagi
なんか、そうそう、みたいなさ、こっちでは当然の反応をすると、なぜか怒られるみたいなあれやなって思って。
yulily
そっか。
うん。
バンクーバーと日本の違い
yulily
私は本当に全然気にならんかったかな。
うん。
amagi
そうか。
うん。
yulily
そうだっけ、みたいな。
ははは。
amagi
なんか、分かってはいたっていうか、予想はしてたんだけど。
うん。
予想よりも、なんか、フランクで。
yulily
あ、そうか。
amagi
そもそもこっちの人と話す機会がさ、
うん。
えーっと、こっち来て一回そこで行ったやん。
うん。
だから、まだ経験値が低い中で行ったから、
うん。
あ、そっか、日本語にするとこういう感じじゃないの。
ははは。
yulily
そっか。
amagi
うん。
ああ、でも、あれだよね、街行く人もフランクなのは、すごいやっぱいいよね、こっちは。
yulily
そうね。
amagi
うん。
今日、昨日もね、俺も後で買い物してて、娘、カートに乗せて、娘はアニメ見てたんだけど。
うん。
Oh, you have a supervisor! みたいな感じで、おばあちゃんが話しかけてきて。
ははは。
そうそう、スーパーバイザーね、つって。
yulily
ははは。
保育園の非言語コミュニケーション
amagi
彼女がボスなんで。
yulily
じゃあ、フランクに話しかけてくるよね。
ね。
amagi
それはいいとこだよね。
うん。
いや、なんか、分かんない、話しかけられるの嫌いな人は、しんどいだろうなとは思うけど。
うんうんうん。
yulily
うん。
なんかね、日本でもこう、絶対話しかけるなタイプの人とか結構いるから、そういう人だと結構つらそうやけど。
amagi
うん。なんだろうな。
yulily
天海君とか結構話しかけたいタイプだから。
amagi
うん。でもなんか、向こう、日本で話しかけられるのと、こっちで話しかけられるの、なんか、雰囲気が違うというか。
うん。
街のムードが違うからかもしんないけど。
うん。
なんか、やっぱギョッとしないんだよね。
yulily
まあね、まあそういうもんっていう。
amagi
そうそうそうそう。
yulily
思い込みがあるのとないのとで、結構違うよね。
amagi
やっぱそうなんかな。
うん。
日本は、でも、そういう感じは変わんないんかな。
うん。
別にそれが悪いって言ったわけじゃないんだけど。
いや、日本の時、日本でさ、子供の時とかさ。
うん。
こう、漫画のキャラはさ、みんなに話しかけてるのに。
うん。
もう、実際にアカウントに話しかけられると、話しかけると異常者みたいな眼差しを向けられる理不尽さが。
yulily
あ、そう。
amagi
っていう話、前もしたのかもしんないな。
yulily
そうやっけ。
amagi
うん。いや、ずっと思ってて。
yulily
うん。
amagi
こう、漫画を見て、いいな、こいつら話せてよって思って。
yulily
そんなこと思ってたんや。
amagi
うん。思ってた。
うん。
こう、あれですよ。半透明少女関係ですよ。
yulily
え?なにそれ。
amagi
関係なーいってさ、歌あるやん。座禅の。
yulily
歌詞はちゃんと分からんなー。
amagi
俺と貴様は関係ないっつって、その。人と、人との関係の結びがたさですよ。
yulily
笑。
笑。
まあね、この環境でなんか、子供がどう育っていくのかみたいなのは、楽しみやんね。
amagi
そうだね。あ、今のところ、うちの子はかなりシャイだけど。
yulily
うん。
amagi
シャイって言うと怒る人。
yulily
てかなんか、こう、このさ、ラジオの内容さ、子供が10歳ぐらいで聞いたときに、めちゃくちゃシャイって言ってるやんってこう思われると、結構気まずい気がするから、あんまり言わない方がいいのではないかって最近思い始めている。
amagi
いい指摘。そう、それはそうだね。うん。
いや、でもそれよりも多分。
うん。
うちの親、こんなおちゃらけてるんかみたいな。
yulily
あ、そう?
だから。
笑。
まあ、それはいいんじゃない?
amagi
うん。まあまあ。でも、ね、ラジオの我々の語り、口から、こう、どんだけ娘が愛されてるかっていうのは分かるかと思うんですけど。
yulily
笑。
amagi
うん。ね。どうだ、そうね、なんか日本にいた場合と比べて、どういう風に、そっちの世界線の娘と、
うん。
どういう性格の違いが出てくるのかっていうのは気になるよね。
yulily
ね。
amagi
うん。
yulily
なんか今の、その、保育園時代はあんまり変わんない気はするけど、
うん。
小学校以降が結構、全然違う気がする。
amagi
そうね。まあ、本当に社会的なコミュニケーションを取るようになってからだよね。
yulily
うん。そうやね。
amagi
今だって、猫ちゃんごっこしてるだけだもんな。
yulily
笑。猫ごっこ、犬ごっこ、コウモリごっこ。
コウモリごっこ。笑。
コウモリごっこをしてぶら下がって、キシャーって言ってるって。笑。
笑。
amagi
面白すぎる。笑。
yulily
でも、その、保育園で非言語コミュニケーションがまだまだできる年齢で良かったなって思うことはよくあるよね。
amagi
それは本当、やっぱり早いうちに越してきて良かったとこだよね。
yulily
うん。ちょっと小学校、中学年とかになると、結構言語が大事になってきそうだから。
amagi
そう。全く喋れないと本当に大変そうだもんな。
うん。
うん。
本当に日本人同士で仲間作るしかなくなっちゃうから。
うん。
うん。日本人の人もね、意外といるんだよね、保育園に。
yulily
なんか不思議といる。
amagi
不思議といるよね。
yulily
ね、今住んでるニューウェストミンスター市にはあんまり日本人っていないんやけど、なぜか保育園にはちょろちょろいるっていう。
amagi
2、3人いて。
うん。
で、ね、保護者の方々も普通に日本語喋れる感じやから。
うん。
それはまあ、良かった。いやでも、保育園で日本語喋ってないんだよな。笑。笑。
yulily
日本人の先生もいるけどね。
amagi
うん。日本語で言ってもいいんだよって言っても、やっぱりね、空気があるんだろうな。
yulily
うんうんうん。
amagi
それは申し訳ないと思いつつ。
yulily
うん。
申し訳ないけど、猫ごっこはできてて良かったね。
amagi
本当にね。猫ごっこもできるし、もうなんか普通に非言語コミュニケーションで友達とめっちゃ遊んでるもんな。
yulily
うん。
amagi
僕がこの前向かいに行ったときは、その、他の子がバイバイって言ってくれて、それに対して返答で、こう、にこにこーって、こう掛け寄っていって、その子の前で踊り出して Joy。
ピョンピョンピョンって。
yulily
やってたやつ。
酒とポッドキャスト
yulily
はあ。
amagi
すごい感情表現だと思って。
ひっ、ひっ。
うん、やっぱり言葉を獲得する前の人類ってこうやって踊って、踊りと歌で奴だけで、笑。
yulily
踊りね。そう。笑。
amagi
有自然のね
偉大ですよ
yulily
有効的な気持ちを表す
amagi
俺お前友達
yulily
確かに
amagi
でも本当にね
こっち来てからよく踊るようになった気もするな
その瞬間もね
yulily
なんとかして
感情を表すために
amagi
保育園のクリスマスコンサートでも
しっかり踊ってたからね
yulily
確かに確かに
amagi
うちのシャイな子があんなに踊れるなんて
考え深い
酒うめえな
yulily
なんか近くの
リカーストアに普通に売ってたね
日本酒
SAKEって書いてた
amagi
うちの最寄りのとこでももしかしたら売ってるのかな
yulily
売ってると思うよ
amagi
じゃあ探せばいいな
僕ワイン飲めないんですけど
ワイン飲めと吐いちゃうんですけど
日本酒はなぜかちょっと大丈夫なんですよね
だから
黄色人種なんで
もっと酒
飲めるといいなって思うんだけど
酒もこんな強くなくていいんだよな
14.5か
強くはない
ビールくらいのアルコール度数で酒があったらいいのにな
とか思って
yulily
確かに酒ってあんまり終わらないよね
amagi
知らんけど
何ですか
ミオみたいなやつ
ジーマーとか
スミノフソート
クラブで
20歳の子が飲んでるみたいな
yulily
確かに
amagi
そうそう
yulily
何の話してたっけ
振り返り
amagi
振り返りですよ
振り返ることも家にあるよね
yulily
このダラダラ具合で話していいなら
amagi
特別会だから
編集なしで行きますよ
なんだっけ
このボンイヤロフがさ
いいよね
やっててよかった
yulily
後から振り返りできるし
週1で
2人でやってるから
amagi
続くっていうか
yulily
1人だったら絶対諦めて
曜日と時間を決めてて
編集はほぼ
せず
amagi
ほぼっていうか
音量を上げて
スピードを上げるだけだよ
yulily
30分話したら
もうそれで出せるから
それで日々の
振り返りができるっていうのはいいよね
amagi
いいよね
あと
リッスンに上げてるっていうのが
結構いいなって思ってさ
ポッドキャストってさ
問題があって長いんですよ
yulily
どういうこと
amagi
僕聞きたいポッドキャストいっぱいあるけどさ
ありすぎて全然聞けてないの
聞く時間がこっち来てなくなったっていうのもあるんだけど
リッスンさ文字で読めるじゃん
それいいなって思って
yulily
そう
amagi
リッスンの用意書じゃなくて
ゆくゆくは全てのポッドキャストは
こうなるのかもしれないし
スポティファイでもさ
実は文字起こしあるんですよ
yulily
あるよね
amagi
めっちゃ
精度低いけど
yulily
あれはなんか
なんとかならんのかな
あれさ
amagi
ウィスパー使ったら
ええんちゃうのって思っちゃう
まあ
やったらいいだけなんだけど
それだけの
コス
見合うリターンがないってことなんかな
とか思って
文字起こしの有効性
yulily
そうなんかな
サーバー代とか
考えると
amagi
まあ
いいっすよね
文字で残るっていうのは
これから
どんどんそうなってくんじゃないかな
YouTubeの動画とかもさ
yulily
長いもん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
amagi
うん
うん
うん
amagi
うん
うん
うん
うん
amagi
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
yulily
うん
うん
うん
うん
うん
yulily
うん
うん
yulily
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
amagi
若者はタイパーを気にするとか言い出してさ
映画も文字起こしで読むんすよ
yulily
知らんけど
知らんけどさ
amagi
Netflixに文字起こし機能って字幕をさ
ダウンロードできる機能がついて
それをみんなチャットGPDに食わせて
yulily
うん
amagi
要約してって言って
yulily
うん
amagi
そう
140文字で映画を語れるみたいな
そうか
yulily
うん
amagi
なってくんじゃない
yulily
そうなんかな
そのようやく読む時間
うん
うん
ようやくを読む時間がなんか無駄じゃないみたいな
amagi
いやまあ映画はね
yulily
思って
amagi
映画はそうだよ
そうなんやさ
Vlog
yulily
2時間かけて
うん
まあ映画の話
amagi
映画は
yulily
2時間かけて見られたものがこう
amagi
うん
yulily
概要だけ読んで
amagi
うん
yulily
その10分で読めるかもしれないけど
その10分は無だから
そう
amagi
見たくない
見なきゃいけないけど
あんま面白くないやつとかあるじゃん
yulily
まあそれはね
それはいいよね
amagi
そうそう
リスペクトがなさすぎる
作りてえの
でもそのポッドキャストの話に戻すと
本当に全然聞けなくて
友達のポッドキャストもいっぱいあるし
yulily
うん
amagi
で一個さ
我々も人のこと言えないけど
2時間とかあるわけじゃん
yulily
うん
amagi
いつ聞くんつって
yulily
ポッドキャストの流行とブログの目的
yulily
なんか最近めっちゃポッドキャスト流行ってる感じはするけど
うん
そう結局
可処分
時間の
amagi
うん
取り合いで
だからその10人友達がいて
全員ポッドキャストして
全員1時間やったらさ
yulily
うん
amagi
全員
自分の収録1時間と
友達の聞く9時間で
全員週のうち10時間をポッドキャストに当てるわけでしょ
やばいよね
スケールしなさすぎる
yulily
結局なんか
amagi
うん
yulily
別に
我々がやってるポッドキャスト
視聴者が
いてもいなくてもいいみたいなスタンスというか
うん
自分のためにやってる部分が大きいから
amagi
そうそうそう
自分たちのために
この1週間何かあったか
yulily
うん
amagi
うん
yulily
このポッドキャストがなかったら結構
消え去っている
いろんなことがありそうよね
amagi
そうそうそう
インスタントポットの人気と運動量の減少
amagi
見返しやすいのもいいし
あーこの日は
あのハロウィンの
イベントに行ったんだなとかさ
さーっと見てわかるもんね
yulily
車を買おうとして
いけそうかと思ったら無理でしたみたいな
amagi
こんなに車の話してたんかつって
yulily
yulily
,あんまりブログにはそういうの書かへんやん
amagi
うん
yulily
結局無理でしたみたいなこと
amagi
そうそうそう恥ずかしいし
yulily
amagi
ブログ書いてないんですよね
書かないとなーと思いつつ
yulily
書きたいという気持ちはあるんや
amagi
書かないとなーと思ってることがいっぱいありすぎてさ
yulily
だから書けないんだよ
amagi
カナダに来た理由とかさ
yulily
書いてへんのか
amagi
あとフリーランス3年
yulily
うん
amagi
インドのスタートアップ2年
yulily
まじか
そっか
amagi
そう
今年買ってよかったもの
yulily
うん
amagi
今年
えっと
読んでよかった漫画
yulily
うん
amagi
いっぱいあるよ
yulily
そっか
amagi
うん
何かある
yulily
え私が書きそびれているもの
amagi
あるいは
買ってよかったもの
yulily
買ってよかったものは
うん
普通にこの後書こうかなって思ってるけど
amagi
あそっか
yulily
うん
amagi
じゃあネタバレになるからいいや
yulily
あ今話す
うん
えでもこの半年で言うと
うん
そのやっぱ生活を
ゼロから始めたということで
うん
結構家電系が多いんじゃないかなと思って
うん
まあ私はほぼ毎日
インスタントポット使っているわけだから
amagi
うん
yulily
買ってよかったよね
amagi
そうねインスタントポットは
評判いいだけあるなって感じだよね
yulily
なんか本当に
北米の生活に
めちゃくちゃ
マッチしてるっていうか
amagi
これまで
そのみんなが求めていたものが
そこにあるって感じ
yulily
うん
amagi
なかったら成り立たないもんね
生活
yulily
なんか結構めっちゃでかくてさ
うん
ものが
amagi
うん
yulily
でこの大きさだと
amagi
うん
yulily
日本では絶対に入らないなっていう感じはするんやけど
うん
この北米サイズのキッチンで
amagi
うん
yulily
しかもブロック肉とかが
amagi
うん
yulily
ガンガン売られている土壌で
amagi
うん
yulily
っていうのがあったら
amagi
うん
yulily
なかなか
amagi
うん
yulily
ぴったりくる
amagi
うん
yulily
感じがするかな
amagi
そうね
いつも料理はゆりゆりさんやと思ってるんですけど
yulily
まあ普通に米炊けるのがね強いよね
amagi
そうね
yulily
そう
うん
うん
うん
amagi
うん
うん
yulily
うん
うん
うん
amagi
うん
うん
yulily
炊飯器置くぐらいなら
炊飯器にもなるし
うん
何役もできるっていう
amagi
うん
yulily
インスタントポット最強
amagi
そう最強
もう一個欲しい
yulily
もう一個はいらん
amagi
米炊く用途さ
yulily
まあ我々そんな米食べへんや
amagi
そうね
パスタ結構食べてるからね
yulily
うん
amagi
うん
yulily
いやなんかそういうのじゃなくて
うん
そのご家庭によってはさ
amagi
ああ
yulily
毎日
うん
炊飯器3合帯で全部食べる
amagi
そういう話ね
消費量の話
yulily
家庭悪いやん
うん
そういう家庭だと
ちょっとそこまで向かないと思うけど
amagi
あれあれねだって
2人合わせて
いや3人合わせて
1合くらい
yulily
そう
最近は
amagi
うん
yulily
何合やろ
3
3合
ぐらい炊いて
うん
3日分ぐらいかな
amagi
うんうん
yulily
3合か4合ぐらい
amagi
えじゃあ
うちの娘食べる量増えてんのかな
京都の時はさ
yulily
うん
amagi
2合で炊いてさ
yulily
うん
amagi
2、3日分あったからさ
yulily
うん
amagi
うん
うん
うん
amagi
うん
うん
うん
うん
amagi
うん
yulily
うん
うん
yulily
うん
うん
うん
amagi
うん
うん
うん
うん
うん
うん
うん
yulily
あーどうだろう
amagi
うん
yulily
わかんない
amagi
わかんない
yulily
そんなに
でも子供の
子供はそんな増えてないと思う
amagi
我々が増えた
yulily
かな
私かもしれん
amagi
やばいなー
いやーなんかこっち来てからさ
yulily
うん
amagi
そう
最近ね
あの
スマートフォッチを買ったんですよ
yulily
うん
amagi
ナッシングっていうブランドのね
保守表示機能があって
もともとその
ゆりさんにプレゼントしてもらった
ガーミンっていうブランドの時で使ってて
yulily
うん
amagi
なんだけど
こっち
渡航してきて
1週間でなくして
yulily
そこでなくすんかい
っていうね
amagi
いや本当に
yulily
申し訳ないなって思って
いやいいんやけど
amagi
いや
yulily
京都で
京都と
amagi
うん
yulily
カナダの引っ越しのゴタゴタで
なくすとかならわかるんやけど
amagi
いや油断したんかな
yulily
思って
引っ越してからなくすんかい
みたいな
amagi
うん
いやそんで
そう
それからその
保守とかね
毎日どんだけ歩いてるかとか
まあスマホで見れるんだけど
あんま気にしてなくって
yulily
うん
amagi
ででもこの時計買ったらね
見るわけですよ
yulily
うん
amagi
そしたら
この前ダウンタウン行ってきて
スマホで
yulily
うん
amagi
あれそんだけ
って思って
yulily
あそう
amagi
いや京都にいた時だったらこう
結構1日
毎日80009000は歩いてたから
yulily
あそうなんや
amagi
そうなんだよ
yulily
えらい
amagi
いやなんか自然に
そのカラスマ
大池まで
じゃあ市場カラスマまで
バスで行ったりして
仕事して帰ってくると
そんくらいなんのよ
yulily
あそう
すご
amagi
いや今こっち来てからさ
車乗るようになって
マジで歩かなくなったから
これはまずいなって
うん
yulily
私もやばい
amagi
うん
なのに米は食ってる
yulily
私京都にいた頃
は通勤が片道2時間
通勤が片道20分で
amagi
500台まで
yulily
片道20分で
で往復40分
amagi
うん
yulily
で保育園の送り迎えが
片道10分
amagi
いやーハドコアだったね
yulily
とかやったから
うん
1日1時間自転車漕いでたのに
amagi
うん
yulily
今では車だから
amagi
うん
yulily
1日1000歩
amagi
1000歩はやばいよね
yulily
ちょっと
ちょっとやばいよね
amagi
この先が
老後が不安になるレベルだよね
1日1000歩は
うん
yulily
amagi
どうしよう
yulily
なんかこう勝手な
amagi
うん
yulily
北米人のイメージとして
まあやっぱちょっと太ってるみたいな
イメージがあるんやけど
amagi
うん
yulily
やっぱこういう車中心になると
amagi
うん
yulily
どうしても運動量が減っちゃうのかなっていう
amagi
そうだよね
うーん
なんか僕はダウンタウンに行く回数を増やすことで
yulily
うん
amagi
歩数稼げると思うんだけど
yulily
うん
amagi
ゆりぃさんはどうしたらいいんだろうね
yulily
いやまあ私もランニングとか
amagi
ランニングとか
yulily
したらいいんやけど
amagi
そうなんやけどね
yulily
ただただめんどくさいっていう
amagi
そう
そうね
ゆりぃさんあんまり毎日同じコース走っても
あんまり苦にはならないタイプ
yulily
うん
amagi
うん
僕ランニングやってた頃もさ
毎日走るコース変えてたからさ
yulily
すごい
amagi
いやすごいとかじゃなくて
飽きちゃうから
yulily
私は逆になんかこう
amagi
うん
yulily
ルーティーンをこう
黙々とこなしたいみたいな
amagi
うん
yulily
タイプだから
うん
今生ハムを食べています
うん
amagi
ちょっと思ったより上手すぎて喋れなくなった
yulily
そうなんだ
amagi
そうか
yulily
今娘が起きてくると結構気まずいな
amagi
気まずいな
何してんの?つって
また来年って言って止める
yulily
まあ今日はだらだら回ということでね
amagi
そうね
来年は
今年は
1月1日が月曜日?
ホリデーシーズンのスケジュール作成
amagi
違うか
yulily
1月1日
amagi
あ月曜日だ
だからまあ月曜日は収録できなくって
2日っすね
喋ることあるか?
まあクリスマス何してるか
ホリデーシーズン
yulily
このホリデー
カナダでのホリデー何するか問題について
amagi
それ切実な問題だからさ
yulily
今直面してるよね
amagi
ちょっと割と無策で突入してしまって
グランビルアイランドっていうでっかい島に遊びに行くとか
そういうざっくりした予定はあるんだけど
スケジュール作んないとね
yulily
あと10日くらえるから
amagi
やばいな
yulily
やばいね
amagi
スケジュール作ってないとね
スケジュール作んなきゃいけないけど
この後M1も見ないといけない
yulily
いいじゃん
amagi
これはマストだから
yulily
なんかこう日本でも
正月とか年末年始でこう実家に帰ったりするやん
でこう両方ともの実家に行ったりするから
まあなんか結局忙しかったりするんやけど
amagi
そうそうそう
なんか大変さはありつつ
その予定がすでに詰まってるっつう
暇な年末
yulily
なんか暇すぎて困るみたいなのはなかったけど
こっちは帰る実家もなければ
忘年会する友達もいないから
amagi
そうだね
yulily
ただただ暇で
子供は外に出たがんないし
amagi
子供が外に出たがんないんだよね
これが
公園行くっつってもいいやって言うから
どうしたものか
yulily
なんでなんやろ
amagi
公園別にコミュニケーションとかないのにな
yulily
寒いんかな
amagi
寒くない
でも京都より断然あったかいで
どうしたらいいの
インド派なら別にいいんだけど
子供の学習
amagi
なぜか異様に家で遊ぶのが好き
インド派ならね
別にいいんだけど
もうちょっと早く文字を覚えてほしい
yulily
そうね
amagi
これは
押し付けとかじゃなくてさ
絶対文字読めた方が楽しいからっていう理由
yulily
実益的な理由で
amagi
この世にはこんなにも面白い
漫画や本や
ゲームがあふれているのに
文字読めないとアクセスできないから
早く文字読めるようになって
この世に
コロコロコミック見て爆笑してほしい
yulily
絵本とかもね
読めたらめっちゃ面白いのに
図鑑とかね
amagi
この前さ
ありがとうって書いてあるの見て
これ全部読めるよ
読んでみって言って
がはさ
てんてんついてるからわからなかったんだけど
あーもわかるし
りも読めたし
とも読めたし
うも読めるし
だからこれありがとうだよって言ったら
ポカーンとしてる
文字一個一個はわかるんだけど
まだ
英語の勉強
amagi
なんか
結びついてないかなと思って
yulily
あー
うん
amagi
うん
うん
yulily
うん
保育園で
めっちゃ
アルファベット
やってるから
amagi
うん
なんか
yulily
なんだろ
どっちも