1. THE SOUNDTRACK // MY CUP OF TEA
  2. 小説とオーディオブックがセッ..
2021-04-08 07:36

小説とオーディオブックがセットで配信

spotify
小説とオーディオブックがセットで配信される、Serial Boxというアプリが、Realmという名前に変わってリニューアルされてました。 #ポトフさん https://www.realm.fm

---

Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/potaufeu/message
00:00
えーどうも、ポトフです。なんかね、相変わらず忙しいんですよ。
もう年度末が今延長戦に入ってましてですね。 まあ終わらない。今日もちょっと帰りは遅くなっております。
最近疲れてさあ、帰ったらもう何もできないのね。 いやもう頭が死んでます。
はい。 今日ね、iPhone、まあまあ眺めてたら見慣れないアプリだって。
なんだこのアプリ?と思って開いてみるとね、 あ、見慣れた画面と思って。見慣れたというか、中はね。
あの知ってるやつ。 どうやらアプリの名称とアイコンがガラッと変わったようで
リルムっていうね アプリなんですけども、新しくなったのが
リアルMって書いて、多分リルムと読むんだろうなと思うんですけど。 前のね、アプリ名がシリアルフォックスっていう
アプリ名だったんですよ。 これ何かっていうと、
オーディオブックと文字の本が一緒になったようなやつで、
マーガベルとかDCコミックと実は契約をしていて、 開くとね、
ブラックウィドウであったり、ブラックパンサー、ワンダーウーマン、 あと何だったかな、マイティソーとか、そういう話がね、
読めます。 読んだり聞いたりです。
で、面白い仕組みだなぁと思って。
あの結構ね、 オリジナルで新しく書き起こしているんですよ。
で、前に 先行リリースで買うと安かったので、ブラックウィドウを買ってみてたんですね。
これの面白いところが、 オーディオと文字のエピソードが配信されるんですけども、
毎週毎週追加されていくんです。 で、その時に、テレビのドラマとかと一緒で、毎回書く人が違うみたいな感じ。
で、文行性にすることで毎週毎週リリースできますよっていう感じなんですね。
で、以前、もうちょっと話してるんですけどもシリアルボックスの話はね、
オーファンブラックっていうのもあって、昔ドラマでやってたオーファンブラックってやつがあるんですけども、
それの何年か後の話をやっていて、 オーディオブックの方がですね、その当時の女優さんが
声をやっているという感じでね、 なかなか面白いなと。
で、ブラックビデオを買ったんですよ。 ただ、英語は特にわからないので、
03:05
これはわからないだろうなと思いながら買っていて、案の定エピソード1で止まっております。
久々に開いて見てみて、 まあその1話目の一番最初、
ナタアショロマノフで始まるから、 馴染みのある単語だなと思いつつ、 で、やっぱりさ、大人向けなんだろうね。
単語がわからないのも多い。 しかも、
ヒーロー者なので、 スーパーソニックだったかな、なんかそういう
単語も出てきたり、特殊なと、特殊じゃないか、スーパーソニックだか、 ミトコンドリアズとかなんかそんなの出てきたけど、あれは人の名前なんだろうか、みたいな感じがね、
出てきてまして、 ちょっとね、まあだけど耳と目と、ね、
両方見ることができるので、 もしかしたら勉強になるかなと思いながら
見てたんですけど、残念なのは、文字を見ながら聞くのはできないみたい。 オーディオブックとして聞くだけか、文字として見るだけか、みたいな。
まあけどちょっとゆっくりでもいいんで、見てみようかなと思いつつ、
ちょうどね、それ買ったのが、マーベルと契約しましたよ、 提携しましたよ、みたいな話の時買ったんですけど、そこからなんか増えててね、
ブラックファンサーとかあったけど、ちょっと気になるなぁとかね、 思ったりです。で、前はその全エピソード、全部で10話ぐらいとかを
まとめて先行リリースで買うといくらとか、 あとは1話ごとにいくらみたいな感じだったんですけども、なんかサブスクみたいなのも始めましたみたいなことを
チラッと見ました。 まだちょっとちゃんと見れてないですけど、
前はシリアルボックスっていう名前だったんですけども、リルムっていう方来て、 なんで名前を変えたかっていうのをどっかに書いてありました。
やっぱりシリアルボックスっていうのが、 ちょっと長いと、もうちょっと短いやつがいいと、
あと、 要はね、ポッドキャスト、アメリカでね、
ヒットしたきっかけがシリアルっていう犯罪 実録ものみたいな感じだったんですね。
シリアルと、ちょっとかけてシリアルボックス、 あの、あれですね、朝食とかで食べるシリアルのボックスですよね。
かけてシリアルボックスにしたんだけど、 その、かけてるのが通じず、
シリアルボックス?みたいな、なんか変な顔されたりとか、 あ、シリアルにいたんですか?みたいな感じで言われたりとか、
そういうことがあって、徐々にストレスだったみたいで、 短いやつに変えて、なんか、キャラクターも作ってみたいな感じがしたかったらしい。
で、変えたらしいです。 で、結構ね、アイコンが目立つアイコンで紫っぽい感じかな。
06:06
まあまあ、かえて正解なんじゃないと。 シリアルボックスってあんまり、
まあ、わかる人にはわかるけど、みたいな感じだけどね。 ポッドキャストと関係あるの?みたいな感じはあるけど、
そんなにいい名前でもないので、まあ、よかったんじゃないかなと。 あの、英語がわかる人は、
ぜひちょっと覗いてみてもらってもいいんじゃないかなと思いますが、 概要欄に、まあ、リンクは貼っておきます。
はい、ちょっとずつでも、英語の読み進めてみようかな。
ナタシャ・ロマノフの話。 映画もね、
延期になってるしね。 はい、ただ全然違う、多分、オリジナルの話だと思うんだよね。
逆にもうちょっと、もうちょっと読みやすいといいな。 これ難易度があるといいんだけどな。
逆にあれかな、ブラックパンサーの方がいいかな。 いやー、わかんないな。
まあまあまあ、ちょっとあの、ただでさえ日本語でも読むのが遅いので、 英語なので、もうますます。
ただあれだね、画面長押しすると、 意味が調べられるのは便利ですね、iPhoneね。
ちょっとそんな感じで、シリアルボックスが名前変わって、 ビルムってなってましたが、おすすめです。
日本でも出ないかな、こういうのな。 日本ので出るといいけどなと思いつつですがね。
はい、ポトフでした。じゃーにー。
07:36

Comments

Scroll