1. 大相撲受信中
  2. 五月場所二日目!令和6年5月13日
2024-05-14 11:11

五月場所二日目!令和6年5月13日

大相撲の見どころ解説系ポッドキャストです。勝敗のネタバレがありますので気になる方は取組視聴後に楽しんでもらえれば。

二日目に早くも休場発生!本日の見どころの取り組みを中心に注目力士を取り上げています。!

▼注目の取り組み▼

大の里ー高安

宇良ー明生

錦富士ー美ノ海

 

おたよりフォーム→https://forms.gle/Wx5LZ97MgnwBaNKi9

NHKの特設サイトから個別に取組動画が見れますので気になった方はぜひ。

#声日記

00:00
大相撲出身中。どうも、本田受信料と申します。この番組は、大相撲ファンの私、本田が出身者目線で手軽に、大相撲の魅力や感想を喋っていきます。
勝敗はネタバレ全開でいきますので、取り組む結果が気になる方は後日お楽しみください。 ということで、本日5月13日、五月場所の二日目となりました。
まだまだね、始まったばかりという感じですね。 そして波乱の幕開けから一夜明けて、
まあなんとというか、予想通りというかですね。 この初日に横綱大関の4人、そして関分けの2人というのは、もう全員負けてしまったという、初日のスタートだったわけなんですけれども、
その初日を受けてですね、横綱の照ノ富士、それから大関の高慶尚、この2名が2日目から9畳ということになりました。
特にね、この2人はやっぱり怪我の状況が、かんばしくないと言いますか、まあそういったところも、まあやはり目に見えたので、
まあね、ここで1回ゆっくり休んでたということで、次の場所に備えるということだそうです。
いやー、そこも踏まえるとですね、初日に見に行けて良かったなぁと思いますね、両国に。
横綱も大関の高慶尚もしっかり見れたので、まあ勝てはしなかったですけどね、残念ながらなんですけど、その晩狂わせも含め楽しく見させてもらって、
まあ今場所ではですね、もうちょっと横綱大関、この2人は出てこないだろうというところで、そこが不在の中でまた優勝争いということになっていく2日目となりました。
そしてそれ以外のですね、薬力士は結構引きこもごもという感じで、大関の琴桜は本日は前頭筆頭の熱海富士に勝って1勝1敗。
これで琴桜という名前で初勝利をあげたということになります。
おじいちゃんのね、元横綱のおじいちゃんの名前を継いで初めての場所、大関琴桜、初めて1勝を掴んでですね、まずはこれで星を込むに戻すという状況です。
それから大関の霧島はですね、こちらも平戸梅に勝って1勝1敗と、なんとか星を戻しているという感じです。
なかなかまだ万全じゃないかなという感じですし、平戸梅も良い相撲を取ってはいたんですが、なんとか勝つことができました。
そしてそれからですね、豊昇龍、大関豊昇龍は関分け阿鼻に敗れて、これで0勝2敗となってしまいました。
03:08
関分けの阿鼻はですね、これでなんとか勝つことができて1勝1敗というところなんですけれども、ちょっと豊昇龍残念ですね。
一気に阿鼻に持ってかれた感じで、なんか呆然実質みたいな感じになってましたけれども。
ちょっとこの負けは痛いかなというところです。
特に豊昇龍に関しては大きな怪我もなく、大関としての初優勝決めたいっていう思いがある中でなんで、だいぶ悔しいこの何場所かっていう感じですよね。
ちょっとここは少し犬足を踏んでいる状況が続いているということです。
まあそういった形ですね。
上位陣はそれぞれ引き込む後も球場もありながら、勝ったり負けたりというところになっています。
さあそしてここからなんですけれども、今日はまあそういった上位陣の相撲以外に、やっぱりなんか熱いいい相撲多かったなぁというところもありますので、そのあたりを紹介していければと思います。
まずはですね、小結びの大の里対前頭3枚目の高安との一番で、押し出しで高安の勝利ということになっています。
小結びの大の里は昨日ですね、横綱に勝って調子を上げていたんですけれども、残念ながら高安には負けてしまうということになりました。
対する高安はですね、これで2連勝ということで幕打ち上位でありながら、高安も34歳のベテランですね、になりながら元大関というこのメンツを守って2連勝中ということですね。
また高安という力者はまた無関の帝王的なところがあるので、いわゆる優勝に向かって着実にというところでしょうか。
内容もですね、非常にベテランらしいというか、うまいスノーでしたね。
かなりね、大の里に当たり負けないっていうのも本当にそうですけれども、どんどんどんどんですね、回しを取ろうとしてくる大の里に対して本当に前さばきですね。
さばいていって、なかなかうまく高安は回しを取られないようにさばいていき、着実にさばきつつ足を前に進めていって、この大の里を追い詰めていったという感じでした。
いやー、ベテランの意地を見せたというかですね、高安やはり実力者だなというところを感じる一番でした。
そして次はですね、前頭4枚目の裏と前頭5枚目の明星との一番で裏が押し出して勝利ということで、これで裏2連勝というところです。
06:10
裏、かなり調子がいいですね。
かなりですね、この裏という歴史本当に人気歴史で、昨日もね、実際に両国行った時も非常に盛り上がってましたけれども、今日もすごい盛り上がりをしてくれました。
明星に対してですね、やっぱり明星が取りたいという相撲をさせてくれないというか、うまく組ませずに、相手に密着させずに、自分の頭でもってですね、明星をちょっと食い止めるという感じで、絶妙な間合いをキープしてました。
それによってね、明星は得意の子を前に前に出るということができずに、何かもどかしい感じという感じでした。
でまたね、絶妙なところで裏は引いたり威なしたりしてくるので、そこのセンスもあるので、明星はですね、それに引きつられて、引かれてですね、そこをこう前に出ようとしたところを威なされて、
体勢がもう完全にガバッと変わったところを後ろからですね、裏が強烈な突き押しをしていくという形で沈めていきました。そんな感じですね。裏はそういううまさとか、トリッキーなセンスみたいなところもありますし、最近は最後の突き押しの強烈さみたいなところも含めて、
なんかパワーを感じるなーっていうところが、この1000場所ぐらいからのさらなる進化を見てる感じがしていて、何か楽しみだなーという、何というか予感を感じさせてくれる一番でした。
さて最後にもう一番紹介したいと思うんですけれども、これは幕下、幕打ちのですね、下の方に下がって前頭12枚目の日式富士対前頭13枚目、チュラノ海の一番で、押し出しでチュラノ海の勝利ということになります。
このチュラノ海という歴史をですね、結構前からこの幕打ちに上がってからちょっと応援してるんですけれども、このチュラノ海という名前はね、沖縄の方言ですよね、チュラさんとかね、チュラ海水族館とチュラってやつですね、美しいと書いてチュラと読むチュラノ海という沖縄出身の歴史なんですけれども、
とにかくですね、相撲が綺麗というか、動きが諸作とか動きとかその捌き方みたいなのが綺麗で結構惚れ惚れするなぁというのがあってすごく応援してる歴史なんですけれども、今日の日式富士との一番もですね、最初のあたりでいつもこのチュラノ海はあの相手の前回しを取ると非常に力強い強さを発揮するというそれが持ち味の歴史なんですけれども、
09:02
最初当たった時にね、なかなか上手く回し取れずに、逆に言うと後ろの方の回しを取る感じに流れの中でなってしまったんですけれどもね、ただそれでもあのしっかりその日式富士との工房の中で手をさばいていってですね、
なんとかあの中に潜っていくというところの手さばきみたいなところを見せて最後押していきましたね。こういう流れの中で綺麗な動きを見せてくれるっていうのが本当にチュラノ海の魅力の一つだなぁと思っていて、
今日それが非常に出た一番だったのでね、またこの場所も期待したいなぁというふうに思って見ていました。そんな形で今日はですね、上位陣というよりはそういったベテランの光であったりとかなんかそういったところも含まれて、かっこいい綺麗な相撲をちょっといくつかあげさせてもらいました。
まあね、これに負けてられず、昨日みたいに若手たちもですね、奮起してどんどん前に行く相撲というのを見せて盛り上げていってほしいなというふうに思いますしね、ここらへんどうなっていくかってまだまだ序盤で全然わからないので、優勝争いっていうのはもう本当にまだまだわかりませんので、どんどんどんどんこれはですね、状況をお伝えしていければと思いますのでよろしくお願いします。
さっきあげたような取り組みも含めてですね、概要欄のリンク貼ってるんですけれども、NHKの特設サイトからその取り組み動画って無料で閲覧できますので、このポッドキャストを聞いて気になった方はぜひ動画回してお楽しみいただければと思います。
それでは最後にこのポッドキャスト大相撲受信中お便りを募集しています。質問を知っている人も知らない人もどなたもぜひ本題を無茶振りを兼ねて送ってください。概要欄にリンクを貼っています。送るときはオリジナルのシコネームで応募いただければと思います。それではまた明日。ありがとうございました。
11:11

Comments

Scroll