1. 大相撲受信中
  2. 五月場所三日目!令和6年5月14日
2024-05-15 11:05

五月場所三日目!令和6年5月14日

大相撲の見どころ解説系ポッドキャストです。勝敗のネタバレがありますので気になる方は取組視聴後に楽しんでもらえれば。

三日目!本日時点で3連勝中の力士の中から注目の取り組みを紹介します。

▼注目の取り組み▼

阿武咲ー宇良

錦木ー御嶽海

湘南乃海ー琴勝峰

 

高安ぅ…!

おたよりフォーム→https://forms.gle/Wx5LZ97MgnwBaNKi9

NHKの特設サイトから個別に取組動画が見れますので気になった方はぜひ。

#声日記

00:00
大相撲受信中。
どうも、本田受信料と申します。
この番組は、大相撲ファンの私、本田が、初心者目線で、手軽に大相撲の魅力や感想を喋っていきます。
紹介はネタバレ全開でいきますので、取り組み結果が気になる方は、後日お楽しみください。
それでは、本日は5月14日、五月場所の三日目となりました。
いやー、まあ、今日もね、いろいろ波乱尽くしというか、動きはあったんですけれども、
まずはですね、この高康の球場というところですかね。
これまで、あの二連勝でですね、関和系の若元春や小結びの王の里を連続して破って力強さを見せていた高康だったんですけれども、
ここに来てまさかの腰を痛めたということで、球場に入ったということなんですよね。
これは本当に痛いですね。
ちょっと本人は戻ってきたいみたいな話なんですけれども、
まあ、戻ってきたとしても、ちょっと優勝争いというところは厳しいかなというところですね。
かなり調子の良さを見せていただけに、ちょっと残念かなということになります。
まあ、これでね、横綱大関と続いて優勝争いが期待されていた高康の脱落ということになってしまいました。
まあ、そんなところの三日目というところなんですけれども、
まあ、今日もですね、大関人全員安泰とはいきませんでしたね。
最後の最後、結びの一番で大関霧島がですね、前頭筆頭の熱海富士に押し出しで破れてしまって、
一勝二敗と負け越し先行、そして門番というね、
この場所をもし負け越したら、先場所も負け越したので、
二連続ということで大関から陥落してしまうという、そんな状況に立たされているんですよね。
はい、ちょっとそこはちょっと心配なところですね。
まあ、なかなか怪我の状況があるようで厳しい状況というのが変わっておりません。
対してですね、他の二人の大関は何とか勝つということができました。
大関琴桜は平戸海に勝って二勝一敗。
もう一人の大関奉祥隆は大英章に勝って一勝二敗ということで、
これまでね、ちょっと二連敗していたところを仕切り直して一勝とすることができました。
まあもうこの時点でですね、咳分け小結び含めて3勝勝ちっぱなしという力士が全くいないんですよね。
いやーここがもう波乱の幕開けを表しているかなというふうに思います。
小結びのね、大之里は何とか勝ってですね、鳥猿に勝って二勝一敗としています。
03:05
他のね、咳分け阿備、咳分け若本晴も勝利としていますので、
こうなってくるとですね、咳分け小結び陣は二勝一敗ということで、
優勝争いにも食い込める状況にはいるというところなんですよね。
そんな中でちょっと今日挙げていきたいのは、逆に言うとですね、
参照したりしている調子のいい力士をもう少し紹介していければなと思います。
まず一番はですね、前頭4枚目裏対前頭5枚目の大之里の一番で、
片透かしで裏の勝利ということになっています。
裏これで3連勝中ということでかなり調子がいいですね。
そして毎場所なんですけれども、今回も裏らしさというのをすごく見せてくれています。
いやー今回もね、なんかこれぜひねちょっと取り組み動画見直すこのNHKで無料で見れるので、
見てもらいたいと思うんですけれども、まあなんとも面白いですよ。
こう説明がすごい難しいんですけれども、大之里というのは突き押しが得意な力士で、
突き押して裏を土俵際に追い詰めていきたいというところがあるんですけれども、
裏はですね正面から当たりたくないので、少し体勢をずらしたり低く当たったりして、
相手をうまく組み止めて持っていきたいという感じだったんですけれども、
まあそれがよく出ましたね。裏、あの当たりからかなり低く入っていって、
大之里のその突き押しというところをうまく避けることができていました。
その上で本当に何が起こったかわからないっていうぐらい一瞬の組み合いがあった後に、
ぐるんとですね大之里が持っていかれる形で放り投げていかれました。
まあこれがね決まり手片透かしということなんですけれども、
まあこれ多分本当に裏のね技量なんでしょうね。
なんかどっかのタイミングでしっかり力を外すっていうんですかね。
そういうのをやったことで大之里の力もうまく活用してですね、
ぐるんと放り投げていかれていきましたね。
これはまあ見物というか素晴らしいなあというところで、
裏はね、なかなか長い間この幕氏の上位を張っていて、
本当にすごいなと思うんですけれども、
この場所かなり調子がいいというかですね、裏のやり口にみんなやられてしまっているというのが、
この3連勝の状況なので非常に見ていて面白いなと思いますし、
上位陣の中でこの3勝というのは大きいので期待できるのかなというふうに思います。
そしてもう一人幕打ち上位陣で、上位というかまあ中盤ですかね。
06:02
連勝中というのが三丈海になっています。
前頭7枚目の三丈海対前頭同じく7枚目の西木義で寄り切って三丈海の勝ちということになっています。
これもねこの三丈海元大関なんですけれども、そして優勝経験もあるというね、
なかなかこの1,2年大関陥落してから怪我もあったのかいい状況ではなかったんですけれども、
先場所先々場所ぐらいからですね調子は見せ始めていて、
この場所ついに3連勝中ということです。
で、当たりの強いですね岩と称される西木義に対してもですね、
しっかり圧力かけていって仕事させなかったですね。
この前に出る力とスピードっていうのを持っている三丈海は本当に強いなーっていつも思っているので、
このね圧力というか突破力みたいなものを今後もちょっと期待したいなというところで、
三丈海ちょっと復活の兆しかというところで三将というところになっています。
さあ、それから最後にもう一人ですね三将を紹介したいなと思います。
これがですね湘南の海とこと商法の一番で前頭10枚目。
湘南の海がですね寄り切りで勝って三将中ということになります。
この湘南の海もかなり身長が高いんですよね。
190センチぐらいある力士で戦場所、
昨年ですね新入幕してきてかなり調子よく勝っていたりしたんですけれども、
直近の1月場所ですね、
今年の初場所とかはちょっと負け越してしまったりっていう大きく負け越すという形で何か調子の悪さがあったんですけれども、
戦場所はですねちゃんと賢して、
本場所もうまく三連中その大きな身長を生かしたですね相撲をとっているなと思います。
今日のねこと商法戦でもこと商法も結構大柄の力士でしっかり組んでいく力士なので、
お互い組み合った状態にはなったんですけれども、
まあそこからですね一気に持っていける突破力っていうところも湘南の海今回発揮していました。
湘南の海もですね、かなり若手で期待されている力士ですので、
名前もね面白いですよね湘南の海ということでキラキラネームなんですよね。
湘南出身ということなので、そんな湘南の海がしっかり揺り切って三連勝中ということです。
この辺ねなんかダークホースになるんじゃないかなという爆発力を秘めた3人になってますので、
今後の取り組みも期待できるかなと思います。
まだこの3日目の状況なのでまだまだ全然わかりませんのでどうなっていくかっていうところは今後次第なんですけれども、
09:05
今日のですね取り組み自体も非常に力強さを見せてくれるそれぞれの力士らしさがすごい見れた一番だったので挙げさせていただきました。
ちょっと本当に注目の力士とか取り上げたい力士を説明していくともうキリがないんでね、
なかなか毎回これ迷ってしまうんですけれども、
今日なんかね玉足の一番とかもすごい見てほしかったですけどね。
いや本当にこの玉足という力士が今幕打ち最高齢で39歳。
この39歳であの厳しい突き押しできるのかっていうのはかっこいいですよね。
今日も本当に将来に対してなんというかもう全く負けないというか息を切らせぬ厳しい突きっていうのができるっていうのはね、
39歳とは思えないのでやっぱり鉄人と呼ばれるゆえんですよね。
こういうベテランの活躍なんかも結構この場所は新世代のタイトーと対照的にすごく期待されてるし、
すごく奮闘してる感じもかなりあるのでその辺は見ていきたいなともそういうふうに思っています。
はいそんな感じでしょうか。
まだまだこれから間に合いますのでぜひぜひ見ていただいてこのポッドキャストを聞いてですね気になった方は概要欄のリンクにですね
NHKの特設サイト貼ってますけどそこから直近の取り組み動画って無料で閲覧できますのでぜひ気になる一番だけでも見てもらえればなと思います。
それでは最後にこのポッドキャスト大相撲受信中お便りを募集しています。
それも知らない人も知っている人もどなたもぜひ本題無茶振りを兼ねて送ってください。
概要欄にリンクを貼っています。
送る時はオリジナルのシコネームで応募していただければと思います。
それではまた明日ありがとうございました。
11:05

Comments

Scroll