1. そんない放送部「そんなことないっしょ」
  2. 第303回 最大6万円損した話。..
2019-01-22 57:16

第303回 最大6万円損した話。 byそんなことないっしょ @sonnaip

新そんなことないっしょ第303回です 竹内にプレゼントを送ろう 竹内からDropboxの紹介リンク ※ツイキャスはPC、スマートフォン、タブレットなどで動画を生配信ができるサービスです。 竹内のツイキャスを登録してくださ...
00:08
そんなことないっしょ?
そんなことないっしょ、第303回でございます。
お送りいたしますのは、竹内と
畑中です。
よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
日付を言うのをやめまして、
あ、そうなんですか。
めんどくさくなっちゃって、
確かにさらっときた感じがした。
なんかね、前回までは、
何年何月何日とか言ってたのかな?
うんうん。
ね、確かね。
ね、日付でもわかるようにね。
そう、ポッドキャストだから、
いつでも聞けるものだから、
いつ収録したやつだよとか、
いつ配信したやつだよっていうのを
わかってもらいたくて、
日付を言ってたんですけど、
そうですよね。
めんどくさくなったのでやめました。
よくミスってましたもんね。
元に戻しました。
最初の状態に戻しました。
でね、今週ね、
いろいろお話ししたいですが、
僕ね、年末年始、
実は大変だったっていう話をしたい。
実は?
あのね、気づいたのは年明け。
だけど、年末年始大変だった、僕は。
へー。
下手したら死んでた。
え?危ない。え?なになに?
っていう話をね、
ちょっとオープニングでしたいんですけどね。
えーとね、
僕、車乗ってるんだ。
三菱のアウトランダーPHEVっていうのをね、
乗ってるんだけど、
えっとね、ある日ね、
去年の末の話ですよ。
うん。
ある日、12月の中頃だったかな。
あのー、
左後ろのタイヤが、
やけに空気が抜けてる日があって。
えー。
なんだこれはと。
うん。
なんかすげー抜けてんじゃねーかと思って。
うん。
空気入れたのね。
はい。
ガソリンスタンド行ってさ、
空気くださいって言ったらさ、
いいよーなんつって。
えー。
自分で入れるんですか?
自分で入れたんだけどさ。
で、空気入れたのね。
して、
ちょっとこれで様子見ようと。
もしさ、ほらパンクとかしてたら、
すぐほらピッタンコなるじゃん。
あー、そうですよね。
様子見ようとしたら、
全然そっから大丈夫だったの。
うーん。
だけどほら、僕心配症じゃん。
ん?
僕は心配症でしょ。
あ、そうなんです。
えーと、
結構結構長いお付き合いをしてるよ。
ね。
僕ってすごく心配症でしょ。
お気にしたことなかったですけど、
心配症なんですね。
僕にはあまり興味ないからね。
もう言わなかった。
えーと、
僕は心配症だから、
一応ね、念のためね。
用心のためね。
うん。
ほらあのー、
最近さ。
そう、年末だったから、
ほら、これからほら、
03:00
車もすごい乗る時期じゃん。
年末年始ってさ。
あー、そうですね。
いろいろお買い物行ったり、
どっか出かけたりっていう。
うんうん。
いうので、
一応三菱のね、
電話して、
こういう状況だったんです。
すごく左後ろの、
うん。
タイヤがぺったんこってほどじゃない、
ちょっと空気が多めに抜けてたんですと。
一応空気入れたんだけど、
そっから何日か経って、
見ても特に減ってる様子はないでございますと。
うん。
どうすかね。
って話をして、
うんうん。
したらね、
なんかね、
なんかの衝撃で、
タイヤが、
変な形でさ、
うん。
その、
何、
どっかが、
タイヤがどっかに当たって、
変な形で歪むと、
そこの隙間から、
シュッて抜けることがたまにあるから、
それじゃねーの、
なんて言われて、
えー、
そんなこともあるんだ。
分かった。
じゃあ、
ちょっと様子見てみますわ、
なんつって。
うんうん。
で、
様子見てたのさ、
年末年始ずっとね。
はい。
で、
その間には、
結構隣の隣の市に、
買い物に行ったりさ、
うん。
えー、
年始には、
東京の実家まで、
高速道路で走って行ったりさ、
うん。
してたのね。
結構乗ってますね。
結構乗ってたね。
うん。
そしたらさ、
うん。
つい最近で、
一応ね、
バッテリーが積んである、
バッテリー積んであるというか、
一応、
電気自動車だから、
うんうんうん。
あのー、
その、
不動用のバッテリーを、
うんうん。
まあ、
点検を、
ただで見てくれるのね、
年に一回ね。
へー。
ね、
なので、
まあ、
見てもらうのに、
ついでに、
じゃあこれタイヤも、
ちょっと気になるから見てと。
あー、
なるほど。
で、
まあこれも気になるから見て、
いくつかお願いして、
うん。
入れたのさ。
はい。
で、
一応バッテリーのね、
チェックってね、
1日か1泊しないとね、
そうなんだ。
そうそうそう。
で、
丸1日、
うん。
まあ、
1泊2日みたいな感じの、
うん。
検査をして、
で、
そこでね、
電話が、
まあ、
次の日の夕方に電話がかかってきて、
うん。
竹内さんと、
えー、
タイヤの件でございますが、
はい。
えー、
とてもぶっとい、
ぶっとい、
ぶっとい、
うん。
釘が刺さっておりまして、
えー。
踏んじゃったのかな?
多分ね。
へー。
刺さってて、
まあ、
うん。
まあ当然その釘抜いたら、
シューって抜けるよ。
うんうんうん。
だからまあ、
その釘がいい感じで、
だから蓋になってたんだろうね。
あー、
なるほどー。
でもさ、
でもさ、
うん。
釘刺さった状態でさ、
うん。
ずっと高速走ったりしてんだぞ。
えー、
すごいねー。
下手したら、
えー、
危なかったー。
下手したら、
うちの家族もろとも死んでたよ。
うんうん。
ね。
いやー、
06:00
なるほどー。
見ろ。
僕も見ろよって話だよね。
そこまで細かくね。
うん。
でもさ、
でもさ、
ちょっとめんどくさいじゃん。
ほら。
あのー、
ふふふふ。
自転車だったらね、
簡単にくるくるくるって見れますけどね。
いや、
え?
っていうのと、
まさかってのがあるから。
おー。
うん。
ちょっとねー。
まあでも、
まあまあ、
あのー、
穴の開いて、
ところが横っ腹じゃないから。
うん。
横っ腹?
横、
横がね、
横が、
あのー、
釘とか刺さっちゃうと、
もう交換なんだ。
へー。
修理できないから。
だけど、
あのー、
ちょうどこのね、
働かさんには何と説明すればいいんだ。
えーと、
道路。
地面に接するとか?
そうそうそうそう。
そこだから、
うんうん。
まああのー、
修理でどうにか。
買えなくていいの?
修理でどうにか。
とりあえずは。
あ。
ほうほうほうほう。
まあ修理が2千数百円で済んだ。
へー。
なんか安いって感じがする。
いやでもでもさ、
だったら年末にちゃんと見てもらって修理すれば、
まあ確かに。
安心だったよね。
あとあのー、
知らないで乗ってるって怖いね。
怖いねー。
ね。
あー。
気をつけたほうが。
何もなくてよかった。
気をつけたほうがいいよね。
はい。
車はね。
えー、
うん。
いうことでございまして、
はい。
えー、
今週もですね、
うん。
今週もというか、
先週休んじゃったから、
うん。
2週間の間にたくさんお便りをいただいております。
はい。
では、
田中さんのほうから、
えー、
この2週間の間に、
われわれに、
はい。
温かい、温かい、
はい。
メッセージを送ってくれた、
はい。
リスナーさんのお名前を、
温かい温かい気持ちで読んでいただきたいと、
このように思う次第でございます。
はい。
じゃあ2週間の間に送ってくださった、
うん?
温かいメールを送ってくださった方をご紹介いたします。
えーと、
ずっぴどぅさん、
およみだいすきさん、
ソニカルさん、
やわらかあるまじろさん、
こたてまんさん、
あっきーさん、
ままうさぎさん、
しみっちゃんと、
のんたこちゅさん、
めいおホワイトさん、
ばんぶーさん、
せつがんまにやさん、
以上の方々でした。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
はい、えーいうことで、
はい。
はたなかさん大変です。
え、また?
もしかしたら、
はたなかさん、
最大6万円損してたかもしれない。
えー、6万も?
09:00
はい。
えーとね、どういうことかというとね、
はたなかさんソフトバンクの、
うん。
携帯持ってるでしょ?
持ってます。
スマートフォン持ってるでしょ?
はい。
6万円最大損してたかもしれませんよ。
え、何が何が何が何が?
えーと、
これも去年の話ですよ。
2018年12月6日。
え、もう終わってる。
だいぶ終わってる。
ね。
この日に何が起きたか覚えてますか?
え、12月6日?
はい。
なんだっけ?
世間ではちょうどね、
ぺいぺいって、
あー。
大騒ぎしてた頃ですけど。
はいはいはい。
何があったか覚えてますか?
何があったか、
覚えてない。
えーとね、
2018年12月6日、
ソフトバンクの携帯電話において、
大規模な通信障害が発生した。
あー!
なんかあったー!
あったあったー!
あの午後ね、
1時39分から、
うんうん。
午後6時まで、
6時過ぎまで、
4時間以上にわたって、
障害が起きたと。
うん。
非常につながりにくい状態が起きたというね。
はいはいはい。
これ覚えてるでしょ?
うん。
で、結構な被害が出ているはずなんだ。
僕も仕事で使ってんのがソフトバンクだから、
うん。
お客さんからの電話が受け取れない、
電話もかけられない。
うんうん。
っていう時間が長い。
もうちょうど、
あれだよね、
仕事中も真っ只中だから。
うん。
で、あとはどこだっけ、
えー、
佐川急便だったかな。
うん。
どっか宅配の会社が、
うん。
えー、
全部営業が全員ソフトバンク持ってるんだよね。
あ、そうなんだ。
だから一切電話できなくなっちゃって困っちゃったとかね。
うーん。
結構被害が出てたっていう、
うん。
結構問題になった。
それもまあ、
基地局に使ってる何かの、
うん。
なんか、
有効期限かなんかが切れててっていう、
結構世界中であちこちで同時に起きたっぽいんだけど、
うーん。
まあまあその原因は置いといて、
うん。
ね?
うん。
畑中さんそれでなんか行動起こしましたか?
行動?
行動起こしましたか?
え、訴訟ってこと?
うん。
そこまで大げさにしなくていい。
え、何も。
あの、もうソフトバンクなんか使えねえ、やめてやる!とか。
よ。
ソフトバンクに電話して、
どういうことなんだ!って言ってみるとか。
よ。
ね。
あのね、そういう大穴。
畑中さんは実は6万円損してたかもしれない。
え、何何?
あのね、
あのね、
言ったほうが良かったの?
あのね、ネットでね、ちょっとね、
記事でね、見てね、びっくりしたんだわ。
うんうん。
あのね、
この時に、
例えば翌日とかに、
もう通信障害がこんなことが起きたらもう使ってられないからもうやめますと。
私はもうソフトバンクをやめてドコモに行きます。
12:00
うん。
っていう考えに至って、
そのMNP、ナンバー、
うんうんうん。
なんとかポータブリティ。
はいはい。
ね。
この辺いい加減なんだけど。
ね。
要は電話番号を変えずに、
他の他社に移るやつ。
移るやつね。
それをね、
それをやるのにまずソフトバンクに電話して、
うん。
番号をもらわないといけない。
その番号をもってドコモとかAUに行って、
うん。
乗り換えができる。電話番号そのままに乗り換えができる。
うん。
これをやるのにまずソフトバンクに電話するでしょ。
はい。
もう昨日の障害で、
ちょっともう呆れちゃったんで、
私はドコモに移るので、
MNPしたいございますって言うじゃん。
うん。
そしたらね、
どこまでかわからない。
うん。
どれくらいの割合の人がそういう対象だったかわからないけど、
うん。
お客さんも待ってくださいと。
うんうん。
ね。
えーと、
今、もしソフトバンクに残っていただけるのであれば、
うん。
えー、
2年間の間、
毎月、
1000円割引ましょう。
うーん。
っていうね、
うん。
交渉がなされてたらしい。
あー。
あ、違う。1000円。
これです。
違う違う。
6万円だからいくらだ?
もっとだよね?
もっとだよね?
違う違う。僕情報間違ってるこれ。
うん。
えーとね、
5千円。
毎月5千円。
うん。
を1年間だ。
えー。
毎月5千円1年間お値引きいたしますので、
うん。
残っていただけませんか?っていうことが起きてたらしい。
あー、すごいすごい。
要は6万円ですよ。1年間で6万円。
うんうん。
で、
これに近いことって普段からやってるんですよ。
ソフトバンクもAUもドコモもやってて、
俗に言う一目ポイントっていうね。
うんうん。
なんかよく話題に出てきますよね。
例えば、新しいiPhoneが出たと。
うん。
今までソフトバンク使ってたけども、
ドコモでもiPhoneあるし、
うんうん。
ちょうど切り替え時期だから、
新しいiPhoneも使いたいし、安く買いたいから、
うん。
ソフトバンク辞めて、
ドコモに移動するんだ、なんて。
うん。
したらちょっと安く買えるし、
ドコモだったら、
うん。
やった時に、
MNPしたいんですけどって、
ソフトバンクに言ったら、
お客さんはちょっとお待ちくださいと。
うん。
機種編で使える、
お客様が新しいiPhoneを買う時に使える、
3万円分のポイントを差し上げられることができますけど、
いかがですか?とかね。
15:01
え?
2万円分のポイント差し上げられますけど、
いかがですか?とかっていう案内をされるのよ。
うんうん。
これ俗に言う引き止めポイントですね。
うん。
これ各ユーザーのいろんな使用条件とかで、
うん。
違うらしくて、
へー。
例えば働かさんがそれをやりたくて電話したら、
うん。
そこで働かさんの情報を画面でポンって、
オペレーターの人がそこに出てくるんだって。
うん。
この人2万円差し上げられるよとか、
うん。
この人1万円差し上げられるよなんて。
うん。
で、一回それをエサに引き止めてくださいっていうのは、
これはよくある話で、
うん。
しかもだいたい僕が知ってるやつは、
うん。
機種編で使えるポイントなのよ。
うん。
新しいのを買ってもらえるんだったら、
うん。
それの本体代金から値引きできますよ。
みたいな感じのポイントが付くのはよく聞く話なんだけど、
今回のは訳が違って、
うん。
毎月5千円。
うん。
1年間。
うん。
要は、機種編しなくてもいいのよ。
うん。
引き続けてくれるんであれば、
うん。
毎月5千円引かれる。
電話料金から。
うん。
何の条件もなくていい。
いいねー。
っていうことをね、あったんだって。
へー。
そんな記事を見ちゃったからさ、
うん。
竹内さん一応、
うん。
取材をしなきゃいけないじゃん。
どういうことなのかってことね。
出た出た。
電話してみましたよ。
うんうんうん。
当然ね、
うん。
僕はもう、
うん。
電話したのもはるか後なので、
うん。
そっからはるか後なので、
対象外というか、
そんなのもその時点ではやってないの。
おー、もう終わっちゃってたってことか。
うん。
で、そういうのがあったらしいですよねって。
うんうんうん。
あ、もう聞いたんですか。
担当職人に。
もう担当職人に聞いたの。
ほうほうほう。
その出てくれたオペレーターの人は、
うん。
えーと、
その、
障害があったからその、
なんていうの、
謝罪の意味を込めた、
うん。
6万円というか、
毎月5000円の1年間の、
うん。
使えるポイントを、
っていうのは一切やってません。
うん、やってないよ。
一切やってません。
ただ、ただ、
うんうん。
タイミング的に、
たまたま、
うん。
たまたま障害が起きた翌日あたりから、
うん。
本当に短期間でしたけど、
うん。
やってました。
なんだろうりゃ。
いや、やっとね、
やってましたって言うとおかしいけど、
えっとね、
うんうん。
オペレーターの人が言うのは、
えっと、
その短期間の間、
たまたまその障害が起きた直後ぐらいに、
短期間だったんですけど、
18:01
うん。
お客さんによって、
そういう6万円分のポイントが付く、
っていう、
うん。
のが画面上に出てた人は確かに、
結構います。
あ、いるけど、
使ったかどうかは分かんないってことか。
うん。
だから結局それを案内された人は、
さあ、残るでしょ。
うん。
ほとんど残ってたと思うよ。
ただ、
うーん。
それって、
オペレーターの人が何かできるわけじゃないんだよね。
うん。
電話出たオペレーター。
あくまでも、
画面上に、
うん。
畑中さんの情報がボンと出てきて、
うん。
そこに、
あ、畑中さんはこういう条件だから、
6万円のポイント付けられますよって出てきたら、
それを案内できる。
うん。
出てこなかった人は案内できない。
うん。
っていう状況らしいんだけど、
うん。
でも、おそらくほとんど出てたんだろうね。
ね。
ふふふ。
へー。
毎月5千円も引かれたら0円になっちゃう。
ほぼ、ほぼただ、
で、
うん。
使えるんだよね、1年間ね、
これもらえた人に。
うん。
えー、ソフトバンクやばくなーい?
あ。
で、
で、あくまでも、
これはもう、
しつこいように言ってたのは向こうがね、
うん。
障害とは無関係です。
ふふふふふ。
障害とは無関係で、
たまたまそのタイミングで、
そういうのが出てましたよね、
とは言ってた。
ふふふ。
よく言うよー。
絶対それなんだよ、
障害が起きて、
うん。
すっごい出てったらしいから、
あのタイミングで。
うん。
それでもそんな話があっても、
だいぶの、
だいぶユーザーは減ったらしいの、
あの障害で。
あー、ほんとですか。
うん。
あんま話題になんなかったですね。
あ、知らないだけかな。
うん、たぶんね。
ニュース出てたよ。
あ、うん。
それは知ってるけど、
そう。
でね、
障害の話は知ってるけどね。
あ、違う違う。
その後に、
すごい流出があったのもニュースになってた、
ちゃんと。
あ、ほんとですか。
うん。
あ、じゃあ全然、
気づかなかった。
あ、そう。
だからこれ、
こんな便利なポイントなんか、
配ったことたぶんないんじゃないかな。
うーん。
実習編とかしなくていいんだもん。
ね。
いいね。
そう。
おーいいなー。
そう。
だから最大6万円損してたかもしれないよ。
うーん。
だから、
えー、
今、
これ聞いてる皆さんも、
うん。
万が一今後、
何か、
障害が、
起きた場合、
うん。
翌日にダメ元で、
うん。
電話してみましょう。
ねー。
ね。
もしかしたら美味しいお話が、
もらえるかもしれない。
うーん。
これ嫌でしょ。
なんか聞かなきゃよかったって思うでしょ。
ちょっと。
あんまり答えてない。
あ、そう。
6万円、
もらえたかもしれないのに。
うーん。
なんか今もうすでに安く使えてるから、
21:01
別に、
って感じ。
あ、そう。
うん。
じゃあ、
じゃあいいや。
へへへへへへへ。
ちょっと、
僕、
ちょっと悔しかったからさ。
うーん。
悔しかった。
悔しかったから、
これ番組で、
喋ってあろうって、
いろんな人に知ってもらって、
うん。
悔しがる人もっといるだろうな。
えー、
いるでしょうね。
で、
そうなんだ。
そう。
だから、
悔しがりの分散をしたかった。
ほう。
で、
ニュースだけ見たら、
ほら、
ね、
ちょっとそれ読むだけだとちょっと嫌だから、
うん。
ちょっとソフトバンクに電話して、
いろいろ聞いてみたらさ、
えー。
本当にそうだったらしい。
Yモバイルはどうですか?
Yモバイルは、
ソフトバンクだっけ?
わからん。
Yモバイルにあんないんじゃないかな、
そういうのあんまり。
うーん。
そうなんだ。
うん。
なんかYモバイルだったら電話したかも。
ふははははは。
うん。
ね、
だからまあ、
今後、
何かあったら、
確実に電話してみるっていうのはあるかもしれない。
うん。
かもしれない。
もしかしたら、
得するかもしれない。
うん。
でもなんか電話ぐらいじゃないですか?
そうでもないか。
電気会社とかもそうか。
ガスとかさ。
いや、
わからん。
いやでも、
携帯電話系だけだろうね、
こんなことやるのね。
うーん。
うん。
だと思いますよ。
はい。
はい。
えー、
もう一つ。
うん。
もう一つどうしようかなこれ。
今何分?
22分喋ってるね、
今ね。
ふははは。
えーとね。
あと10分ですね。
えーとね、
ソ、
ソニー、
ソニーさんの話をするかどうか今悩んでる。
おう、
ソニーさん。
何だろう。
ソニーさんしっかりしてよって話をね。
えー。
したいんだ。
うん。
なんかありましたっけ?
うーん。
ちょっと、
今ちょっとソニーさんしっかりしてよって思う状況。
まあこれはまた今度にするわ。
また今度?
えー。
ちょっと話を変えて、
じゃあ。
はい。
ちょっと楽しい話というか楽しい企画のお話をしたい。
お、企画。
はい。
いえいえい。
えーとね、
じゃあその前に。
はい。
ちょっとお便りを一つ読もうかな。
はい。
えーとね、
名誉ホワイトさんからのお便りをご紹介していただいてもよろしいでしょうか。
はい、ご紹介いたします。
え、名誉ホワイトさん?
そうです。
名誉ホワイトさん。
名誉ホワイトさん。
少々お迷ってくださいませ。
上から2番。
あ、はい。
終わった。
ご紹介いたします。
はい。
竹内さん、畑中さんこんばんは。
こんばんは。
名誉ホワイトです。
竹内です。
竹内さん、
スイキャスライブおもしろかったですよ。
最初から聞けなかったり、
途中までしか聞けなかったりしましたけど、
YouTubeライブと一緒で、
やっぱりリアルタイムで参加できるっていいですね。
これからもだんだんお願いしますね。
24:01
僕もできる限り参加しますんで、
それではまた楽しい配信よろしくお願いします。
といただきました。
はい、ありがとうございます。
ありがとうございます。
えーとね、
ツイキャスライブをね、最近僕やってるんですよ。
うん、やってますね。
ツイキャスっていうサービスがありまして、
ポッドキャスティングって僕も本当にね、
ポッドキャスを始めた直後ぐらいから始めてるから、
えーそうなんだ。
じゃあどう?
もう9年ぐらいやってるんですけどね。
ツイキャスで気持ちよい。
ツイキャスがサービスを始めて、
本当に間もない頃に始めてる。
まだね、ツイキャスがこれからどうなるかわからない頃からやってるから、
結構ね、ツイキャスは思い入れがあるのに、
今でもだいぶね、いろいろ変わっちゃってて。
何かと言うとね、
生配信ができるサービスでして、
スマホ一つあれば、
どこでもいつでも簡単に生配信ができるよっていう売りのサービスで、
ツイキャスは皆さんもし興味がある人は、
一つはパソコンから見ることができるのと、
あともう一つはスマホのアンドロイドでもiPhoneでも、
スマホでツイキャスのアプリがありますんで、
これツイキャスのアプリがね、
青いやつと緑のやつがある。
2種類あるんですか?
緑のアプリの方は配信する用のアプリ。
緑の方のアプリは見る方のアプリ。
あ、違うんだ。
見る方のアプリをダウンロードしてもらって、
緑の方。
確かね、そんない竹内か何かで検索してもらえれば出てくると思います。
そんないで出てくると思いますよ。
そんないで出てくる。
それで登録しておいてもらえれば、
僕が生配信を始めたら皆さんのスマホにプッシュ通知が
ペロッてくるはずなので、
ぜひ登録しておいてもらえると嬉しいなって思います。
もう一つ、今生配信できるサービスがもう一つあって、
YouTubeの方のライブ配信のサービスがあって、
YouTubeライブっていうのがあるんですけど、
このね、このYouTubeライブはパソコンで見たり、
スマホのYouTubeアプリで見たりっていう、
そんないプロジェクトのアカウント。
毎週エンディングで畑中さんが、
いつものようにサラッと流す感じで告知してくれてるんですよ。
27:05
そんないP?
そんないPで検索すると出てくるのか?
そんないプロジェクトで検索すると出てくるのか?
わかんないけどね。検索してくださいよね、YouTubeの方で。
そんないプロジェクトのチャンネルがありますんで。
チャンネルあります。
それを登録しておいてもらえるといいです。
これもピコンってくるんですね。
このYouTubeライブの方はチャンネル登録っていうのがあるんで、
チャンネル登録します。
その横にベルマークみたいなのがあるんですよ。
鈴みたいなマークが。
これを押しといてもらわないと通知が来ないかな。
なるほど。
登録して、ベルを押して、待つ。
このYouTubeライブで、面白いかどうかわからないけどやってみたいことがある。
畑中さんにもちわっと相談したんですけど、
改めて説明を細かくするのと、
リスナーさんにもちょっと告知込みで。
何を今YouTubeライブでやりたがっているかっていうとね、
このそんなことないっしょっていう番組が、
今年の3月いっぱいで、
丸9年。
9年。
4月1日からは10年目になる。
10年突破?
突入。
なので、300回も超えたじゃん。
うん。超えた。
なんかやりたいなってずっと最近思ってて。
YouTubeライブって生配信です、まずね。
生配信で、
皆さんがリアルタイムで見に来てくれた人は、
YouTubeライブを聞きながらコメントを打つことができるんですね。
そうですね。
リアルタイムで。
そうそう。
そんな状況の中で、
例えば、僕と畑中さんが、
わかんない、まだ曜日とか時間とか決めてないけども、
例えば水曜日の夜10時半から、
YouTubeライブやりますと。
はい。
告知をします。
できるだけリスナーさんに集まってもらいたい。
生配信に集まってもらいたい。
みんなで一緒に、僕と畑中さんとリスナーさんでみんなで一緒に、
YouTubeライブで、
ライブで、そんなことないっしょの、
9年前の第1回の配信を聞く。
30:04
第1回、いいっすね。
多分ね、1回目だから30分くらいで終わってるはずなんだ。
とにかく30分みんなで聞きましょうと。
その間、聞きながらみなさんコメント打ちながら聞いてもらえればいいです。
僕と畑中さんは黙ってます。
しゃべっちゃダメなんですね。
しゃべっちゃダメ。
私をメール打っていいんすか?
メールは打たないで。コメントね。
コメントね。
だから僕らもしかしたらコメント打つかもしれないし。
みなさんもコメント打ちながら一緒に聞いてもらう。
一緒に、みんなで一緒に聞こうと。
おそらく竹内さんはこっ恥ずかしい状態になってます。
すっげえ恥ずかしい。
聞き終わった後に、その後また30分。
今度は僕と畑中さんが、その時の僕がちょっと裏話してみたり、
思い出したことをしゃべってみたり、
配信聞いてる間に、みなさんが打ってくれたコメントにちょっと答えてみたり、
っていうのを30分やるっていう1時間のYouTubeライブって面白くない?
寝ないように気をつけないと。
みんなで聞いてる間にね。
畑中さん寝ちゃう可能性あるよね。黙ってると。
いろいろちょっと考えたら、例えばYouTubeライブでステレオで流すじゃん。
右耳からは第一回目の配信が流れてて、
左耳からは僕と畑中さんの声が流れるっていう。
そんなこともできるんですか?
やることもできるんだ。
でもそれやっちゃうと、基本第一回聞いてる人なんて今のリスナーさんの中にはほとんどいないと思うから、
そうするとね、多分どっち聞いていいか分かんなくなっちゃうと思う。
やっぱり一番最初はみんなで一緒に聞きましょうの30分があって、
聞き終わった後にそれを聞いた上で、僕もだから聞いてないから何でも。
私無理。
当然畑中さんも聞いたことないでしょ。
どうせ聞いたことないでしょ。
一部だけはあるよ。
本当に?
一回テストでやってみて、面白かったら、好評だったら、
みんながリスナーさんが集まってくれるようであれば、
2回目3回目って。
あるかも。
あともう300回は続けられるじゃん。
まぁ。
33:04
やろうと思えば。
やろうと思えば。
で例えば毎週1回それを継続してやってたとするじゃん。
多分300回目ぐらいのYouTubeライブをやった後は、
その頃には多分ね、そんなことないでしょ。継続してれば600回ぐらいになってるはずなの。
600回なのにまた何年もかかっちゃうよ。
だからもうこれでずっと永遠できる企画ですよ。
やろうと思えばね。
ちょっとね、これやりたいなって思ったのが、理由は2つあって。
1つは、第1回目から全部要は今はPodcastだけで聞けるでしょ。
え?どういうこと?
Podcastじゃないか。正確にはホームページからだけ聞けるでしょ。第1回。
あーそうですね。
しかもちょっと探さなきゃ聞けないんだ。
まぁまぁ。
ので、ちょっとYouTubeに要はアップロードできるチャンスかなって。
うーん。
そのまま、要はYouTubeライブって生配信終わったらそのまま3回目で残るから。
うん。
あーそういうことか。
とりあえず全部。
番組だけ初回から聞きたい人は
探さなくてもYouTubeで?
そう。前半の30分だけ聞けばいいんだからさ。
へー。
なるほど。
っていうのと、あとは僕がちょっと思い出したいなって。
え?振り返りたいってこと?
振り返りたいな。
おー。なんだなんだ?
っていうのでね。
ちょっと色々考えてて。
まずは1回これ今話したからこんな企画をやりたいなっていうのを今説明したので。
僕と働くさんは、ちょっともしかしたら面白いかもしれないよねって思ってる。今ね。
うん。うんうん。
あとは、あなたたちリスナーさんがこの企画にどこまで乗ってるか。
YouTubeライブはやったほうがいいけどさ、
5人しかリアルタイムで聞いてくれませんでしたらちょっと悲しいじゃん。
ね。
だからどれくらい面白いと思ったらちょっとメールくださいよ。
うん。欲しいです。
もしくはこういう風にやったらどうですかとか。
あーいいですね。そういうのもね。提案もね。
そういう提案とかね。そういうのも1回ちょっと1週間寝かしましょうこれはね。
うんうん。
で、ある程度固まったらきちっと曜日と時間を決めて。
何月何日の何曜日何時からやるから。
君たちそれまでにちゃんとYouTubeを登録して。
36:01
うんうん。
そんなプロジェクトのチャンネル登録して。
よろしくね。一緒に聞こうぜ。
竹内さんが恥ずかしがってる姿を。
いじりましょうみんなで。
恥ずかしいから。ほんと恥ずかしいから。
ね。
何が恥ずかしいってさ。
自信持ってない感じって旗から見たら一番恥ずかしいじゃん。
今ほら慣れちゃったから。
こうやって録音して配信するっていう作業に慣れちゃったから。
ある程度。
聞いてくれてる人もこれだけいるっていう実績もあるから。
恥ずかしさってだいぶ初期の頃から減ってるの。
あーそらね。
だって聞いてくれてる人がいるんだもん。
ね。
でも最初の頃ってそれこそ初回って聞いてくれてる人なんかさ、
意外に等しいじゃん。
ねーそうですよね。すごいなー。
で、そんな中でもうなんかあれだよ?
ポッドキャッター気取ってさ、
喋るの聞いてないとすげーなんか恥ずかしいじゃん。
うん。めっちゃ楽しみ。
で、その恥ずかしいが出るの喋り方とかさ。
へー。
なんかどっか格好つけちゃってるというかさ、
なんか別に格好つけてないよみたいな。
普通に喋ってるだけだよみたいな感じのところ。
そんな状況ですよ。
うんうん。
じゃあちょっとよかったらみんなでどうかな?
うん。みんなでやりましょう。いじりましょう。
どうせ聞いてないでしょ君たちほとんど初回。
聞かせたいんでしょ?
聞かせたいというか思い出したいな。
はい。
で、あとはしたらいろんなこと多分思い出すと思うんだよ。
初回一番最初、どういうつもりでこういう構成でやったか。
うんうん。
なんか1時間で終わらなさげ。
ね。
うん。
だからそういう話もしたいから。
うん。リパのある日にしよう。
ということで、みなさんからのご意見とか。
絶対見に行くからやってねとか。
応援メールいいですね。
そういうのがいっぱい来るとやろうかなって感じになるんで。
お願いします。
はい。ということでございまして。
まだあれだよ。
ん?
38分、39分ぐらいしか喋ってないのに。
30分番組なのに9分オーバーだ。
いやいやいやそういうことじゃない。
39:01
そういうことじゃなくて。
はい。
まだそれしか喋ってないのに、
かかわらず本編が終わろうとしております。
ほう。
はい。ということでエンディングでーす。
はい。
はい。
えー。
エンディングでーす。
ごめんなさいのコーナー。
ごめんなさーい。
えっと、じゃあまずはたなかさんの方からメールをご紹介していただきたいと思います。
じゃあまずは、
こよみだいすきさんからいただいたお便りをご紹介してください。
はい。ご紹介します。
竹内さん、はたなかさん、こんにちは。こよみだいすきです。
1月8日の配信はないかなと思っていたので、配信嬉しかったです。
302回のエンディングの初めの方で、こよみだいすきからのメールをご紹介していましたが、
あの内容は私の送ったものではありません。ご確認お願いいたします。
はい。えー、じゃあ続きまして、
せつがんまにやさんからのお便りをご紹介してください。
はい。ご紹介いたします。
竹内さん、302回たった今聞きましたが、ふんだりけったりです。
302回の放送のエンディングで紹介したメールの差し出し人は、私、わたくし、せつがんまにやです。
番組ではこよみだいすきさんと紹介されていましたが間違いです。
至急ご確認を。
このままではこよみだいすきさんにも迷惑がかかってしまいます。
よろしくお願いします。
ということでございまして、ご説明させていただきます。
はい、お願いします。
去年の末に、300回になるんでね。
リスナーさんから300回になりますから、
今までこの番組を聞いている中で思い出に残っているエピソードとか、
この番組を聞き始めたきっかけとか、
そういったメールをもらえるとうれしいな、なんて話をしてて。
300回でご紹介しますんで、なんつって。
42:03
募集してたじゃないですか。
しましたね。
たくさんお便りいただきました。
たくさん。読みきれないぐらい。
全部きれいに整頓をして、
はたなかさんに読んでもらったつもりだったんですが、
いつ見逃してたのがあるらしい。
送ったのに読まれなくて悲しかったですっていうお便りをいただいたんです。
300回の配信があった後に。
これはまずいと。
これはもう謝らなければいけないと。
いうので、
前回の配信のエンディングで、302回のエンディングで、
その読まれなかったんですっていうお便りをご紹介して、
ごめんなさいってしたんです。
ですが、
今読んでいただいたようにメールを。
本当は雪眼マニアさんのメールを僕が300回記念で見落として、
雪眼マニアさんからいただいたメールを前回紹介して、
ごめんなさいってしなきゃいけなかったのが、
雪眼マニアさんからいただいた300回用のメールを読まず、
その後にいただいた雪眼マニアさんからのメールを紹介したはいいけども、
ごめんなさいをしたはいいけども、
なぜか小読大好きさんからいただいたメールっていうことになって、
二重のごめんなさいを犯してしまっていた。
こういう状況でございます。ご理解いただけましたでしょうか。
何が起きたかと言いますと、
まず雪眼マニアさんからいただいた300回用のメールを単純に見落としたのは、
これは僕のボンミスでございます。
多分見逃してたんだと思います。申し訳ございません。
改めて申し訳ございません。
それを踏まえて、なんで前回の302回の読まれなかったよっていうメールを、
雪眼マニアさんではなくて小読大好きさんっていうことになってたか。
これね、はたなかさんは理解してくれると思うんだよ。
僕、毎週1週間の間でいただいたメールを全部はたなかさんに送るのに、
一回ソフトでメモアプリみたいなやつで全部コピペするのよ。
で、はたなかさんがオープニングの最後に、
今週メールいただいたリスナーさんのお名前をご紹介しますって紹介するでしょ。
45:04
紹介しやすいように、
いただいたメールを全部コピペした上で、
ラジオネームだけをまた別のとこにコピーして一覧にして、
別に貼り付けてるんですよ。
で、このコピペの最中に、
雪眼マニアさんのやつをコピーして、
雪眼マニアっていうラジオネームをコピーして、
貼り付けて、なんて作業をやってる時に、
おそらく小読大好きっていうラジオネームをコピーして、
貼り付けました。
その次に雪眼マニアっていうこの文字を選択して、
コピーしなきゃいけなかったのを貼り付けたんだな。
エーストしちゃった。
多分ね。
おそらく。
だからね、今思えば前回エンディングで、
はたなかさんが読んでる時に、
小読大好きさんだったっけなって思いながら聞いてた。
確かに。
違ってた。雪眼マニアさんだった気がするよなって、
気がしてたんだけど、
僕もコピペしたやつを一緒に見てるからさ、
ここにも書いてあるよなって思った。
申し訳ございませんでした。
普段はこういうのって、
皆さんからいただいたメールに、
直接メールをお返しするってことを基本的にやってないんですよ。
いただいたお便りに対して返事をするのは、
やっぱり番組上でしたいっていうのが僕の中にあるので、
してないんですが、
今回ばかりは雪眼マニアさんと小読大好きさんに、
僕メールしてごめんなさいしておきました。
そうでしたか。
事前にしておきました。
お許しはいただいております。
よかったです。本当にすみません。
そういうこともあるよ。
ということで、改めまして、
300回記念用に送っていただいた、
雪眼マニアさんからのお便りを、
はたなかさんから紹介してもらいたいと思います。
ちょっと待ってください。
何?何?
何かね、何かどこ行ったか分かんなくなっちゃった。
一番最後。一番最後。
違う。違う。違う。それがね、
それすら、
48:04
これ?
違うの。違うの。
ではですね、私の方からご紹介したいと思います。
ちょっと待って。大丈夫。
あった?あった?あった?
じゃあ、お願いします。
これ続きですよね。
はい。
あとでいいですよね。
違いますよ。
はたなかさん、そこだけ打ち合わせしたよね。
あれ?したっけ?
では、私の方からご紹介したいと思います。
そんなプロジェクトのポッドキャストを聞くきっかけになったのは、
たしか瀬戸孝司さんのYouTubeだったかと思います。
瀬戸さんが竹内さんの家に行って収録するやつですね。
竹内さんが瀬戸さんの好きなコーヒー牛乳のリッターパックを用意してたのが印象に残っています。
印象に残っているところか、瀬戸さんのところに動画も残ってますが、
かっこ笑い。
残ってるんだよ。瀬戸孝司さんのYouTubeのチャンネルに僕、まだ残ってるんだよ。
それ見ると、僕の当時の収録環境とかも見れるから、よかったら見るといいよ。
メールが途切れてますよ。
そんなことないっしょは、通勤時、車の中で聞いています。
通勤時間が約15分なので、行き帰り30分。
番組が1時間の時は2日かかりで聞いています。ごめんなさい。
いいの?15分。
僕の聞くスタイルはこんな感じ。なので番組がないときは通勤時間がちょっと物足りなくなります。
逆にそんなきっかけで聞くようになったポッドキャスト番組もあります。
それはスマートフォン王国竹内さんがイベントに行った話などを聞いて聞くようになりました。
竹内さん、はたなかさん、竹内さんの、はたなかさん。
ん?ログド?
私は私のものです。
書いてある。
原文そのまま読むよ、僕は。
竹内さんの、はたなかさん。
これからもゆるゆるとでもいいので、番組続けていってくれたら嬉しいです。
雪岩マニアということでいただきました。ありがとうございます。
ありがとうございます。
多分竹内さん、はたなかさんって書きたかったのかな。
竹内さんの、はたなかさんはちょっといろんな意味に取れちゃうからやめて。
はい、ということでございまして、これから気を引き締めて。
こういう失態をね、僕が起こしたからといって、
明日僕に電話をかけてきて、
ポッドキャストも聞かないと、そんなこと聞かないと、
51:00
明日からは違う番組を聞くんだって言っても、
月々5000円はあげないですからね、僕はね。
でも5000ポイントぐらいはあげてもいいんじゃないですか。
ポイント、何に使えるかわかんないけどね。
そうそうそう。
じゃあそうですね、連絡してきてくれた人には5000ポイントを。
じゃあ2人もらえるんじゃないですか。
それはほら、ちゃんと電話してきてくれた人に対して、
ちょっと待ってくださいと、聞き続けていただけるのであればと、
5000ポイント12ヶ月は差し上げることができますけども、
いかがなさりますかというご案内はします。
一時的にだと思いますけどね。
明日から電話が乗りっぱなしかもしれませんよ。
電話番号知らないだろ君たち。
実は一時乗ってたんだぜ。
ソメプロジェクトのホームページの右下に寄付のご案内っていう。
何のご案内?
寄付。
ご寄付のご案内。
寄付のご案内ってのがあって、そこを飛んでもらうと、
こういった用途で使わせていただきますっていうような案内があってね。
銀行の振り込み先みたいなのが書いてあって。
そこに一応携帯番号を載せてたんです。
ちょっと前まで。
で、ある事情で今はそれ消しちゃったんだけど。
それはもうソンライプロジェクト専用の電話番号なので、
それを知ってる人はかけてくればいいんじゃないかな。
登録してる人いるかも。
いるかもしんないね。
ということで。
じゃあ、花咲さん、告知してください。
はい、告知します。
そんなこと内緒では、皆さんからのご意見ご感想など、
メールをお待ちしております。
メールアドレスは、
ソンライアットマーク0438.jp
ソン・エヌ・エヌ・エー・アイ
アットマーク数字で0438.jpです。
ソンライドナの継ぐ番組は他にも、
ソンライ理科の時間B、
ソンライ美術の時間、
ソンライ雑貨店と3番組ありまして、
ソンライプロジェクトというグループでお送りしています。
ソンライプロジェクトにはホームページもありまして、
そこから今配信中の番組や、
過去に配信していた番組を聞くことができ、
ブログも読むことができます。
URLは、ソンライドットコム
ソン・エヌ・エヌ・エー・アイ
ドット・シー・オー・エムとなっています。
また、ツイッターやYouTubeもやっていますので、
そちらの方は、ソンライPで検索してみてください。
YouTubeライブ見てください。
54:00
よろしくお願いいたします。
YouTubeライブとかツイキャスの方は、
ちょこちょこやってますんでね。
特にYouTubeライブは、僕らだけでなくて、
ソンライ雑貨店のメンバーとか
やってます?
やってたりしますし、
金曜日の夜に、
ソンライプロジェクトはみんなで
スカイプで集まって会議をするんですけど、
会議という名の雑談をするんですけど、
その時に僕が悪ふざけでYouTubeライブ始めたり、
いろいろやってますんでね。
YouTubeの方、チャンネル登録してください。
雑談が聞けます。
雑談が聞けます。
この間はね、
この間はツイキャスをやった時に、
はたなかさん最後の方でチラッと来てくれたけど、
先週の金じゃないか。
僕がやり始めて、
誰かソンライプロジェクトのメンバー、
暇な人来たよ。
一緒に喋ろうぜって言ったら、
来てくれたのが、
ソンライ理科の時間Bのかおりさんで、
珍しい。なかなか捕まらないかおりさん。
僕とかおりさんが2人で喋るってあんまりないので、
すごいレア配信だったと思います。
いうことです。
では、また来週配信できると思います。
はい、できると思います。
自信ないけど配信できると思います。
頑張るよ。
結局なんだかんだで1時間近くなっちゃってるんだよ。
でもなんか、
メール見てるとゆるゆるやってくださいっていう人多いですよね。
どうなんだろうね。
許されてる。
どっちでもいいんじゃない?
iTunes。
iTunesのポッドキャストの方の登録もしてて、
ここでコメントというか、
メッセージを書いていただくこともできるんですけども、
いただいているのが、
ハンプティダンプティ2019さんが書いていただいた新版コメントで、
エンディングのイカオヤジガっていうタイトルでいただいています。
竹内さんの話が楽しい。
畑中さんとの掛け合いが絶妙な名コンビだと思います。
それにしてもエンディングのイカオヤジガ、
歌が美容に気にかかる。
誰が歌ってるんだろう。
しかし、作曲は誰?っていただいております。
57:03
プレイクの予感。
お送りいたしましたのは竹内と。
畑中でした。
ありがとうございました。
ありがとうございます。
57:16

Comments