1. ピョン吉の航星日誌
  2. #658 Podcast Weekendというイ..
2023-12-17 07:33

#658 Podcast Weekendというイベントに行きたかった話

昨日は「Podcast Weekend 2023 Winter」というイベントが、下北沢のBonus Trackという施設で行われたみたいです。ポッドキャスターがブースを出して、マーケットのような形で、ポッドキャスター同士やリスナーさんと交流するというイベントみたいです。どんなイベントか分からなかったので、会場の様子を、Xのスペースで配信されていたので聴いていました。なかなか面白そうなイベント。ぜひ次回は行きたいと思いました。

Summary

昨日行われたPodcasterのイベント、Podcast Weekend 2023 Winterは、面白そうだったので、行きたかったと話していました。

00:00
はい、おはようございます。本日の放送は、2023年の12月17日、日曜日です。本日は、第658回目のお話となりまーす。
このチャンネルは、福島県郡山市在住の特撮アニメ漫画大好きおやじのピョン吉が響きになったことをだらだらと話をしていくという番組です。
そんなおやじの一言が気になりまして、もしもあなたの心には何かが残ってしまったら、ごめんなさい、悪気がなかったんです。
不幸にこの番組に興味を持ってしまったら、ぜひ今後もご批評のほどよろしくお願いいたします。
本日はショートバージョンです。
Podcasterのイベント
昨日はですね、Podcast Weekend 2023 Winterというイベントがあったみたいですね。
というので、気になっておりました。
このイベントですね、Podcasterが集まるイベントです。
今回はね、3回目のイベントです。
2回目らしいんですね。
場所はですね、下北沢、東京都世田谷区らしいですね。
自分の住むところがですね、検索しましたね。車で3時間くらいでね、着くところだったみたいですね。
住所を検索したらですね、ボーナストラックというのが出てきました。
ボーナストラックってですね、この地域のね、このイベントの会場、施設の名前らしいんですね。
じゃあ、Podcast Weekendの後にですね、このイベントの会場、施設の名前らしいんですね。
このイベントの中にですね、アットマーク、ボーナストラックってなっていたんでね、何かなと思ってたんですよ。
ボーナストラックってね、音楽のCDなんでね、おまけのようにね、入っている音楽ね、そういうののことですよね。
Podcastっていろんなところにですね、音楽が関係するところがあるんでね、自分の視点がね、専門用かなと思ってたんですね。
まさかですね、会場の名前だと思わなかったですね。
素敵なネーミングのね、イベント会場ですね。
このイベントね。
Podcasterがですね、ブースを出しましたね。
Podcaster同士のね、交流したりですね、リスナーと交流したりするイベントみたいなんですね。
Podcasterのね、飲みの市、フリーマーケット、同人誌即売会、一箱振る本市、みたいなもんでしょうかね。
こういうイベント好きなんですよね、自分ね。
面白そうと思っちゃいました。
Podcasterが集まってね、それでイベントして成り立つの?と思うんですがね。
結構ね。
多くの人が集まったようです。
会場はですね、野外のね、地域、それあと屋根のあるストア地域、それあとテントがあるですね、テント地域に置かれていますね。
それぞれね、いろんなブースが出てたみたいですね。
数えてみますとね、46のブースがあったみたいです。
中にはですね、TBSラジオ、あとAmazonミュージック、朝日新聞、読売新聞などね、そういった企業のね、ブースもあったみたいですね。
また、農系ポッドキャスト。
でですね、生産品のね、販売みたいなものをやっていたみたいですね。
このポッドキャストウィークエンドね、調べてみたらですね、第1回目が2022年の3月12日。
というわけで、1年ぐらい前なんですね。
そこの時はですね、ポッドキャスターがですね、集まったのはね、たった9組だったらしいんですよ。
まあ、声かけしてね、そうして始めたらしいんですね。
でも、参加者がね、2000人ぐらいいたらしいんですね。
そうすると、昨年のね、10月の1日に第2回が行われましてね、今度は19組ポッドキャスターがね、集まったらしいんですね。
また、その他のね、農系のポッドキャストの人たちのブースを作ったりとしたらね、そういう3000人の人がね、集まったらしいんですよ。
で、今回が3回目、というわけですね。
2回目の時にですね、来場者アンケートを取ったみたいですね。
来場者はですね、20代から30代みたいです。
自分のようなおじさんはね、なかなか参加していない。
自分のようなおじさんはね、なかなか参加していない。
参加する人いないみたいですね。
でも、若い人がいるってのは、これはいいことだと思うんですよね。
これから発展する余地、いろいろあると思うんですよね。
そしてですね、来場者のね、4分の1がですね、実は自分もポッドキャスターの番組を持っている方だったらしいんですね。
いや、本当にマジでですね、ポッドキャスターのイベントですね、こうなったね。
そして、来場の目的がですね、出展者たちさんとね、交流のためだったそうです。
わかります。
ポッドキャスターを聞いてもね、どんな人かなってね、わかんないですね。
で、実際に顔を見てみたいなってことはよくあるんですね。
また、実際にね、ちょっと話してみたいなってこともあるんですね。
そういうのをね、希望してこの会場に来たんでしょうね。
またですね、アンケートでですね、どんな機材を使っているかとかね、どんな編集ソフトを使っているか、そういうのもやったみたいですね。
そういう情報をやり取りできるのも嬉しいですね、確かにね。
会場のブースと参加者
なんか、そういった会場でね、どんな風な機材を使っているのかね、目にするのも楽しそうですね。
先ほど見ましたようにね、1回目、2回目ですね、ポッドキャスターをね、依頼してね、そしてブース出してもらったんですがね、
今回から3回目がですね、完全に申し込み制になったみたいですね。
で、今回のブースはですね、9月14日にですね、募集の締め切りだったみたいです。
それでね、集まったブース、それでやってみたいですね。
昨日はですね、その会場のイベントをやっている最中ですね、
7.5時間に渡りましてね、X、元ツイッターですね、そちらのスペース、それを使ってね、配信したみたいです。
ポッドキャストウィークエンドっていうのにね、なんでポッドキャストじゃなくてですね、Xのスペース使ったのかね、ちょっとそこが不思議なんですかね。
まあ、ポッドキャストはいろいろとね、Amazonだとか、Googleだとかね、Appleだとか、いろいろと派閥みたいなのがありますからね。
まあ、ちょっと偏らないようにってことなんでしょうかね。
で、自分もそのスペースを聞いていたんですが、
最初の方で聞いていたんですが、35人くらいのリスナーとなって聞いていました。
思ったより少ないなあって感じでしたね。
で、聞いていたんですがね、最初の2時間ほど聞いておりました。
残念ながらですね、あのー、家庭の事情でね、後半の5時間は聞くことができなかったんですね。
本当に残念です。
でも本当にその聞いていてね、楽しそうな会場だったみたいでね、ああ、いいなあと思いましたね。
本当にいかなかった音ね。
だから今回はですね、公開しました。
次回の参加を希望
まあ、実を言うとね、あのー、夕方から忘年会があったんでね、そのためにいけなかったんですけどね。
というわけでね、次回のね、開催の時に是非ね、参加したいなという風に思ってます。
まあ、一般参加なのか、ね、あのブース側のとして参加なのかね、それは未定なんですかね。
というわけでですね、今回はですね、昨日行われたPodcasterのイベント。
Podcast WAKE END 2023 WINTERが、
面白そうだったらね行きたかったよという話でした
本当次回ですねぜひ行きたいと思っています
次回の開催日が決まったらね
ぜひ早く知りたいなと思っております
はいそれではまた次回よろしく
本日もお楽しみにお付き合いくださいね
本日もお聞きくださいまして誠にありがとうございました
07:33

Comments

Scroll