1. エターナル・オカメインコ⭐︎
  2. 2024/6/9 リーディング解説
2024-06-08 05:36

2024/6/9 リーディング解説

aki
aki
Host
6月9日

THE TAROT OF
CURIOUS CREATURES
QUEEN OF WANDS
GATEWAY ORACLE CARDS
RISING ABOVE

ライオンの女王は 我々を見守りながらも
厳しく導いてくれます
怒りや欲求不満 嫉妬をいかにして
美しいものに昇華させますか?
さらなる高みを目指しましょう

#オラクルカード
#タロットカード
#おうちカードカウンセラー
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/6320566f8fc92d08bafabf32
00:00
鶴は千年、亀は万年、エターナル・オカメインコ⭐︎
こんばんは、pimzoです。
では、2024年6月9日のカードリーディングの解説をしたいと思います。
まず、キュリオスクリーチャーズのタロットの方は、
クイーン・オブ・ワンズ、ワンドの女王ですね。
実は私、何でも好き嫌いで言っちゃうけど、
ワンドの女王って、
懐が深く、外交的で、エネルギーに満ちている、という女王様なんですね。
ちょっと私、この人怖いんですよね、このワンドの女王は。
ちょっと厳しさを感じるので、
まさにキュリオスクリーチャーのこの絵も、
ライオンの女王様ですから、すごい厳しさを感じています。
凛々しいですよね。
そして、ライジング・アボーブ、絵の通りですね。
美しいものとか、私はそういった綺麗なものしか見ない。
表面上だけでペラッとという意味じゃなくて、
マイナスとか負のものをあまり意識せずに、
すべて物事の良いもの、美しいところとか、そういったところを見て、
わーっていう感じになっているんじゃないかなと思っています。
ですので、このカードのリーディングとしては、
ライオンの女王は我々を見守りながらも厳しく導いてくれます。
怒りや欲求不満、嫉妬をいかにして美しいものに消化させますか。
さらなる高みを目指しましょう。
心の中にやはり怒りとか、
人と対しているとイラッときたりして、
怒りとか悪い感情がふっと湧いたりもするんですけれども、
それをいかに自分の中で良いものというか、
違うものに消化できるかというところですよね。
先日、学林というスクールというかな、
03:01
自己啓発系のセミナーの前講座みたいなのに参加したんですけれども、
そこですごく高名なコーチの方の言葉で、
例えば人に嫌な思いをさせられたとして、
それをいかに自分にとって良いものに変えるか、
勉強させていただきましたとか、
試練を与えてくださってありがとうございますって思うようにしてますって言われて、
なかなかできないよなって思いました。
思いながらお話を聞いていたんですけれども、
でも結局そういう人に出会って、
なんていうのかな、
あの人のことかわいそうだって思うのもあれなんだけれど、
そういう感情を持たせる相手に揺さぶられない、
しっかりした自分の軸を持つようにすればいいんじゃないかなと。
ということで、いかにしてそういった感情をもっと前向きで、
良いもの、美しいものに変換できますかねっていうような問いかけとさせていただきました。
ということで、実は1週間分まとめてカードを引いているんですね。
ここの子は日曜日なので、
なぜか私は火曜日から火曜日スタートにしているんですよ。
というのは、月曜日スタートにしちゃうと、
もう日曜日何が何でも全部カードをきっちり引いて、
リーディングもきっちりして、
準備万端整えないとこの月曜日が迎えられないっていうのがちょっと耐えられなくて、
1日遊びっていうか余裕を持って、
毎週火曜日スタートにしています。
ですけれども、日曜日のうちにしっかりとカードを引いて、
いろいろと資料を作成したいと思います。
では、9日が皆さんにとって良い1日でありますように。
ピムゾーでした。
05:36

Comments

Scroll