1. Zumba天国 / ながらcast
  2. ながらcast3/189 プレミアム率..
【最新情報も配信しました】ながらcast3/196 「しずトク商品券」続報! https://open.spotify.com/episode/1Fu2aqViqEzdekBpGttTyG?si=wk7JfdN5RZqdfzeMR-bHWw 自宅にチラシがポスティングされていたのでシェアします。ちなみに「プレミアム率」25%は、10,000円で12,500円分の商品券が買えるという意味で、通常の感覚だと12,500円のものを10,000円で買った、つまり20%OFFということになります。なんか言葉のマジックですね。【公式サイト】https://shizu-tokushouhinken.com/ 【合わせて聞きたい】ながらcast3/179 【読了本紹介】「ルビーの一歩」(ルビー・ブリッジズ、あすなろ書房) https://podcasts.apple.com/jp/podcast/zumba%E5%A4%A9%E5%9B%BD-%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89cast/id1489885503?i=1000650551486 ながらcast3/174 「アトロクブックフェア」の配信したよ♪ https://podcasts.apple.com/jp/podcast/zumba%E5%A4%A9%E5%9B%BD-%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89cast/id1489885503?i=1000647603968

Summary

「しずトク商品券」は、静岡市内で利用できるアプリを使用して購入し、25%オフで利用できます。静岡市で利用できる商品券の特徴や利用方法など、ながらcast3/189では詳しく説明されています。また、静得商品券の説明カウンターや出張カウンターの設置、申し込み条件の確認なども行われています。

Table of Contents

00:00
はい、sasayukiです。ながらcastを始めます。 この番組は、自分大好き60歳の私、sasayukiの声のブログ、声の日記です。
通勤途中に歩きながら収録してますので、息がハァハァ上がったり、周りの雑音、騒音、風切り音などが入ったりしますが、何卒ご容赦ください。
ということで、今日は雨で、 しかもさっき、今朝の8時半頃、
岐阜を震源とする地震があったようです。 ちょっと珍しいですね。
なんとなくこの山の中、しかも岐阜でっていうのは、あまり聞いたことなかったので、
ちょっとドキッとしてますが、まあそれほど大きな地震ではなさそうですけど、
僕の好きなグジョウハチマンなんかも一瞬、 映像で映ったんで、
被害がなければ、 いいなと祈っております。
夕べは、 夜中の2時まで
書き物をしていて、ちょっと今朝は、 やや疲れています。
TBSラジオのアトロックブックフェアに関わったご縁で、
本を紹介するっていうお仕事を依頼されたので、一冊、ちょっと紹介文を書いてたんですが、
こないだね、このポッドキャストでもお話しした、
Rubyの一歩。
私たち全ての問題だったかな?サブタイトル。
白人しかいなかった小学校に、初めて黒人として入学した女の子、
Ruby Bridgesさんが書いた、
写真絵本みたいなところもある。読みやすい本ですけどね。
それをさ、ポイント2つ書いてって言われたんですが、
なんかね、頭が整理できてなくて。
こないだのポッドキャストも、もうその話があった後で話したんで、
頭を整理しようかなっていうつもりで話したんですが、結局なんとなくね、
コンパクトにまとめることができてなくて、
ちょっとね、夜、ちょっともがいてました。
一応書けたのでね、ホッとはしてますけど、ちょっと長すぎたかなぁ、
とは思ってます。
そんなのでね、ちょっと今日は一応原稿を送ったので、気は楽なんですよ。
ただ今日はね、毎月出している通信の締め切りだったり、
夕方はね、アレックスランドルフさんの配信をするんでね、なんとなくバタバタしております。
まあでもね、無理せず、まぁちょっと無理したけど、頑張ろうと思っております。
静岡市の「しずトク商品券」
さて、今日はね、うちのポストにポスティングされていました。ついに来ました。
静岡市の静得商品圏の情報を共有しようと思います。
では、行ってみよう!
はい、これは静岡市の話になりますので、それ以外の方はごめんなさい。
ただ、そういうのがあるんだっていうことを知ることで、お住まいの自治体でもね、やってる可能性ありますのでね、
ちょっと聞いていただけたらなと思います。
これはですね、静岡市プレミアム付きデジタル商品圏という名前で、愛称静得商品圏だそうです。
プレミアム率25%。
ということでね、専用のアプリを使って、
5000円分の商品圏を
買うみたいですね。
一口5000円で、それが6250円分になります。
なのでそれがプレミアム率25%ってやつですね。
一人4口まで買えるようなので、
5000円×4で2万円ですね。
2万円分買うと2万5000円分なのかな。
だから5000円お得か。そんな
デジタル商品圏になっているようです。 さらに続けますね。
申し込み受付期間が4月1日から4月21日、月曜から日曜までの
3週間ですね。
申し込み多数の場合は抽選となります。
また、購入口数のご希望に添えない場合もございますと書いてありますね。
なので、この4月1日から21日の申し込み受付期間の間に、まずは申し込み。
多数の場合は抽選という流れになっているようです。
抽選結果は5月9日、木曜日中に通知とあります。
そして購入可能期間は5月10日から翌日ですね。
5月31日まで。 つまり5月いっぱいに購入すると。
さらに商品券が使える期間は5月10日の金曜日から
11月30日。ほぼ年末の方になりますけど、さすがに12月は避けたかな。
ちょっとね、レジが煩雑になるっていうことを考慮してくれたのかもしれませんが、
消費者側から見ても25%のプラスアルファ、プラスがある。
ボーナスというかプレミアムがつくっていうのはかなりの魅力ですよね。
20,000円で25,000円分の買い物ができる。
これが一人に月ですからね。 夫婦だったらその倍になるっていうことなんで、
25%オフ。まぁちょっと違いますけどね。 計算をちょっとちゃんとしないとダメだけど。
1万円で12,500円ってことですからね。12,500円を1万円で買ったってことなんで、
ちょっと割引率としては違いますけども、 いずれにしてもお得な制度ですね。
「しずトク商品券」の利用方法
注意点としては、まずアプリを入れて、
入れる必要があるということですね。
結構このチラシが、 通常だと表裏ぐらいなんですが、これは
2つ折りになっていて、 結構真ん中の
見開きのところが、 説明がいっぱい付いています。
しかも開きが逆なんだ。
利用方法としてはですね、
まずアカウントの登録をしなきゃいけないので、 アプリをとにかく入れると。
QRコードが付いてますけどね。そこからアプリをダウンロードして、 アカウントの登録をするよと。
商品券の申し込みをすると。その後ですね。
多分通知もこのアプリでされるんでしょうかね。
そうですね。抽選結果もアプリで確認できますね。
さらに、商品券の購入もこのアプリ上で行います。
支払いは、どうも、コンビニもしくはクレジットカードとなってますね。
そしてそのアプリを使って、店舗で決済に使うという流れのようです。
僕の職場でも、僕が申し込みをしたんで当然わかってるんですけども、
店舗側も参加。
希望を出せば、多分参加できるはずなので、
5月10日から使い始める人が出てくるっていうことなのでね。
まだちょっと先ですけど、ゴールデンウィークでバタバタした直後に始まるので、
準備をしておいた方がいいかなって気はします。 実は先週だったかな。
説明会もあったんですが、ちょっと僕はパスしちゃったんで、
またサポートデスクというか、そちらに
マニュアル等が多分出てくると思うので、聞いてみようかなと思っております。
「しずトク商品券」の申し込みと利用期間
このしずとく商品券、さっき25%のプレミアムが付くと話したんですが、
逆に言うと20%オフっていうことになりますね。 12500円を1万円で買うんで、これいつもねちょっと惑わされちゃうんですけども、
25%お得っていう言い方もできるけど、まあ2割引きなんだと思った方が普段の感覚には近いですよね。
でもいずれにしても2割引きは大きいので、気になる方はぜひ参加されてはいかがでしょうか?
ということで、早速チラシのQRコードを読んでアプリをダウンロードしようと思って
行ってみたんですが、なんと残念なことにまだ準備中という表示になりました。
近日中にダウンロードできるようになるっていう風に書いてあったんですけどね。 まあちょっとチグハグな感じも否めませんね。
せっかくこんなさチラシをポスティングして回ってるのにさ、一番肝心のアプリダウンロードしてもらわないと何も始まらないわけじゃんね。
そのアプリがまだ準備できてないっていう状況で、ちょっと残念ではありますけどね。
今更ですけども、これってアプリがないと何もできないっていうシステムなので、スマホがない人はこれに乗っかれない、参加できないっていうことになるんですが
家族の中にそういうスマホ持ってない人がいる場合は対応するので連絡くれみたいな感じの表記になっていましたね。
まあ何をやるんだろうね。 既にアプリ登録している
家族がいて、そこにスマホのない家族が加わるっていう時に、なんかアカウントを切り替えるみたいな手法を使うのかもしれませんけどね。
ちょっとこの辺はわかりませんでした。
静岡市のしずトク商品券について
あとですね、
よくわからない人のために
説明カウンターみたいな、お客様対応カウンターみたいなものを臨時で出張で設けるようです。
僕の見た記憶で今話してるんですが、 新静岡瀬の場。これ曜日が、というか日にちが決まっているのでずっとやってるっていうわけじゃないんで、そこは
ちょっとチラシをちゃんと見なきゃいけないんですけどね。 あとJRの静岡駅もやりますね。
あと静鉄ストアの何店舗か、数店舗でもそういう出張カウンターを設けて、使い方の説明なのかな?
をしてくれるようです。
なので、自信のない方はスマホを持ってそこへ行けば、
まあきっとなんとかなるって感じでしょうかね。 別に何も他に用意するものは
なくて良さそうです。スマホを持っていけば その辺の手続きができるようです。
俺が今疑問なのは、 アカウントを登録してそのアプリを使うんですけど
アカウント登録というか、そもそもこれが利用できる資格って何なんだろう?っていうのが今疑問で
例えば 子供がいてそれがまだスマホ持ってない幼児
小学生だって言った場合に、その人の分って
買う権利があるのかどうか?
とかですね。 例えば僕がアカウントを作りますっていう時に
静岡市民であることが条件なのかとかね、その辺がちょっとまだわかってないね。
一回ちょっとチラシをもう一回見直してみようかなと思います。
はい、そんなわけで今日は静岡市がやっている 静得商品圏のお話をしてきました。
一応参加できる資格というのが、 静岡市に住んでいる人、
それから静岡市に通っている人。
仕事とか学校もかな。 だからまぁ
静岡市じゃないところに住んでいて、静岡市で働いている人なども対象だそうです。
まあなんか、どうやって確かめるのか。一応そういう
職場の情報とかを入れるようになっているんでしょうね。
まあ そんな感じで
結構対象者は広いのかなと思います。
さっき言ったように、やっぱりあの 子供とかでスマホ持ってない人に関しては
コールセンターに問い合わせてくれというようになっていたので、
多分子供の分とかもやれるんじゃないでしょうかね。 まあそれだったら
ありがたいじゃないですかね、皆さん。
申し込み条件と使える店について
で、繰り返しになりますが5,000円分を4口まで申し込み可能。
で、 抽選の結果、
まあその4口で申し込んでも
抽選で当たったのは3口分とか2口分ということもあるようです。 応募多数の場合は抽選。
多数じゃなければ全部、 申し込んだ通りに買えるっていうことでしょうね。
ただまぁ、実は今朝この 話を朝礼でシェアしたんですが職場の
例えば抽選で当たったとしても必ずしも購入するわけではないんじゃないかという
話も出ておりました。 まあそうですよね。
MAXでとりあえず申し込んどいて、
いざ買うお金をね、 チャージしなきゃいけないわけなので、
そこでね1人2万円かける人数分というとまあまあのお金が動きますよね。
なので、 いやーちょっと全部はやめとくかっていうのも出てくるんじゃないかなという気は
しております。
買える期間が確か4月いっぱいだったと思うんで、 そこを過ぎちゃったらもう買えないということになりますんでね。
もしそこで、 まだ市の方で予算が残っていたら
追加募集とかするんでしょうかね。 ちょっとこのあたりはまだ謎ですけどね。
まあとにかく、多数の場合抽選というこのある種煽りになっていると思うんですけどね。
まあ どのぐらい
周知されて
参加してくるか。 でも正直お得なのは間違いなくて、あとは使える店ですよね。
極端な話、普段自分が使っているスーパーとかで使えるなら、これは
使った方が得ですもんね。普段の買い物が2割引き相当になるっていうことですからね。
で、まあ僕の職場なんかも、そうやって2万5千円分チャージした人が来店されるっていう可能性も
大いにあるので、そういう意味ではね、
まあなんていうか、 チャンス
かなって気はしますね。 ゴールデンウィーク明けの5月10日から
早い人は使い始めるっていうことなんでね。
準備もしとこうかなと。 一応公式サイトのURLも貼っておきますのでね。
チラシもらってない人は、そのサイトで情報を確認してください。
で、このアプリのダウンロードは
4月1日からダウンロード可能ということのようでした。 なのでチラシは先に配ってということですね。
だったら4月1日からダウンロード可能って書いておいて欲しいなと思いましたが、 よく見るとどっかに書いてあるのかもしれないですね。
まあでもこういう チラシ巻いて周知するっていうのは早い方がいいんで
まあそれはそれで いいのかなって気はしております。
はいじゃあ今日はここまでです。 最後までお聞きいただきましてありがとうございました。
ではまたね!
ちゅーす!
21:09

Comments

Scroll