1. めでラジ
  2. #106 俺のビブラフォンを越え..

Podcastツールサービス「LISTEN」にてAIによる文字起こしを提供中です!
めでラジ - LISTEN


お便り募集中!
Twitterで#めでラジ を付けてツイートするか、メールフォームよりメールをお願いします。


本放送で出てきたワード

『ゼルダの伝説 ティアーズ・オブ・ザ・キングダム』
ゼルダの伝説シリーズ最新作にして、超大作ブレスオブザワイルドの続編となる超超超大作です。
めでたいは収録後、この回の編集中に無事エンディングを迎えました。

『倍速視聴』
ラジオは昔から倍速視聴の文化や倍速前提の構成などが考えられていましたが、最近は映画やドラマなど映像作品で倍速の需要がありコンテンツの見方として物議を醸しているようです。

『めでたいが下北沢で収録した動画』
めでフェス直前のめでたい (オフィシャル)のツイートをご参照ください。

『ビブラフォン人口』
日本語でも英語でも、調べても「奏者人口が少ない」という話は出てきますが具体的な数は言及がありませんでした。
日本国内のヴァイオリン人口がすぐ辞めた人も含めて約10万人 (約1,200人に1人) という話もあり、吹奏楽を除く他の楽器はこれより相当少ないと考えられます。

私たちのハイラル生活
めでラジ第106回、私レギュラーパーソナリティーのめでたいです。
レギュラーパーソナリティーのひそやかです。よろしくお願いします。
お願いします。
はい。
あのー、ハイラルから帰れん。
いや帰れん、マジで。
助けてくれ、誰か。
誰か助けてくれ、マジで。
いやそのー、なんかさ、あのー、ま、仕事、平日仕事終わるじゃない。
はいはい。
終わって、え、ま、起動するじゃない。
うん。
ま、2時3時まで平気にやるじゃない。
もうやります、やります。
いやもう、さすがに2週目でガタきたわ。
いやわかる、もう、なんなら1週目から生活サイクルも全部壊れたんだよ。
そう。でさー、そのー、これ、今収録してんの月曜日なんだけどさ。
はい。
だから前日は日曜日だわけじゃん。
日曜日でしたね。
で日、俺昨日に関しては、そのー、なんならもう夕方からもうやめたもん。
えらすぎ。
もう、あ、待ってこれ、これ疲れてるわ、やめようと思って。
とりあえずやめて、寝て、起きるじゃない。
うん。
まだ体重いんだけど。
やっぱ世界を救うっていうのはそれだけね、肉体的に疲労が立たれるんですよ。
でさー、こんだけやっててさー、いやちょ、私もう70時間超えてんだけど。
はいはいはい。
終わる気配がせんのやけどまだ、その全然。
あのー、言わせてもらうと私さっき見たら150時間やってたんですけど。
もう倍近くやってんじゃないか。
ただ終わる気配のせんんですけど。
おい絶望させてくれるんじゃないか。
おい。
でもあのさっき見たら、前作の、まあ今Tears of the Kingてやきの話してたんですけど、
話が膨れ上がったハイラル
前作のBreath of the Wildが180時間ぐらいで終わってたんで私。
あー。
前作と同じぐらいでいけるんだったらあと何十時間ぐらいで。
はいはいはい。
多分回収要素とかも含めて終わるんじゃなかろうかと。
あー。
いやもう私はもう回収全然終わってないけど120をやってたもんね、Breath of the Wildは。
ただ明らかに前作よりもでかいからあらゆるものが。
でかい。
あー。
でかい。
なんかもうマップ3倍だしさ、そもそも。
そうなんか発売前は割となんていうか、マップ使い回しだからボリューム的にどうなんだとかキャラも一緒じゃないかみたいな話あったけど。
うん。
いやこれ全く違ってたらもう脳パンクしてたもん。
いや終わってたよ。
うん。
そのハイラルの土地感だかったら多分終わってたよね。
うん。
逆にそのなんか過去の土地感になんか悪影響されてるというかなんか。
うん。
過去の思い出のせいでなんか上手くいかないこととかもあったりするぐらい。
いやでも俺ちょっと覚悟してた。
そのなんか、俺スリラムービー、ムービー、スリラっていうの?トレーラー、トレーラーだ。
トレーラームービーとか見てたのよ。
はいはい。
で、そのトレーラームービーの中に、今で、今プレイしたら分かるんだけどその、あのーデスマウンテンの地下?
はいはい。
風の地下の面がムービーの中にあったのよ。
うん。
あんなとこないじゃん。ブレワイに。
まあまあまあ、ないっすね。
なんか俺それ見た途端に、それまであー同じハイラルの舞台なんだって思ってたから、あれ見た瞬間に俺全てを察したもんね。
あ、あ、これやばいって思って。
あ、全然知らないとこあるこれって思って。
ゼルダ以外にかまけて
冷静に考えたら全く同じ出してくるわけないからな。
そう。
まさか、全く裏で全く違うものが存在してるって思わなかったけど。
そうそうそう。
知らない世界があると思ってなかったけど。
てな感じであの、我々もう終わってるんですけど生活が。
終わってる。その、なんかさ、とりあえずいっちゃん最初にさ、前作みたいにさ、あの、この4カ所行けーみたいな。
はいはい、チュートリアル面的なね。
うん、この、あのチュートリアル終わって、さあ行ってらっしゃーい、この4カ所やでーって言われるけど。
あーそっちか、はいはいはい。
そうそうそう、この4カ所やでーって言われるけどさ、もう一生たどり着かんねん。
いやわかる。前回と違って、なんか何をすべきかってだいたいなんかなんとなくわかっているんだけどたどり着かんねん。
たどり着かん。たどり着かんし、たどり着いてから長いし。
あー。
でも散々文句言ってるけどさ、その、やめどきが存在しないというかさ、やれるんだよね。
そうあの、長い長いって文句だっ、これはまあまあ、文句だけど、おもろいからしゃーないん。
そう。助けてくれ、マジで。
そんな長い日から始まって申し訳ないというか、まあ。
いやでも本当にね、語りたいことがいっぱいある、音楽も素晴らしいし。
たしかに。ただまあ、今語るのはね、ちょっとネタバレとかまだ我々クリアしてない人もあるし。
そうそうそう。
我々割とその、無理やり進めてる方であるから、視聴者側がもしやってたとしても、なんか同じ進度がとかでちょっと怖かったりもするんで。
そうそうそう。
まあちょっと落ち着いてからしかね、感想線は。
そうですね。
音楽含めて。
うん。ちょっとネタバレあれでね、語る回はやりたいですね。
そうですね。
まあというわけでその、正直ゼルダの話は一個も来てないんですけど、メールの方いくつか来てるんで。
はい。なんかゼルダで、その生活終わってないのかな、みんなは。
ゼルダ出る前から終わってるじゃん。
まあそんなこと聞いてもらう人にそんなこと言うのは良くないよ。
まあまあ確かに。
まあ本当に我々と違っても生活サイクルも非常に健全ですし。
はい。
文字起こしAIの乗っ取り
まあ優れた感受性を持った皆様からの。
うん。
あ、そう。お手入れの本、伝えすぎる前に、前回リッスンってサイトで文字起こしAIで始めたみたいな話をしたんですけど。
ああ、はいはい。
そしたらメデュラジウムナタカ氏からメール来まして。
うん。
とにかく文字起こしの権限、我々に知らないパソナリチェっていう。
なんか写真が2枚載ってて、
ちょっとその文字起こしのスクショを送られてきたんですけど、読みます?
はい。
佐藤、ないですよ、口角類。造形深くないんで。
織田翔、でもシャコとかうまいですよね。
佐藤、あーシャコね、シャコあんま食わないんだよな。
織田翔、シャコかなり背の命らしくて。
はい。
はい。
はい。
はい。
はい。
はい。
はい。
はい。
織田翔、シャコかなり背の命らしくて。
佐藤と織田翔が喋ってることになってる回があった。
なんかその口角類でシャコの話をしたのは覚えてる。
そう、その回の文字起こしに自動で名前も振られてたっぽいんですよ、誰が喋ったかみたいな。
はいはいはい。
それが佐藤と織田翔になって。
乗っ取られてます、AIに。
佐藤さんと織田さんに。
織田翔、本名もわかんないですけど、乗っ取られて、我々ハイラルに映し抜かしてる間に。
てなわけで、そんなメールからなんですけど、続いてメール。
はい。
メディフェス振り返り
メディアラジオのネーム、ビオラダカンナさんから。
はい。
しつやかさん、めでたいさん、こんばんは。
メディフェスお疲れ様でした。
ありがとうございます。
ツイッターを拝見するととても盛り上がったようで良かったです。
いや、本当に良かったよ。
しつやかさんの演奏、あのめで像くんの権限など、しつやさん待望の企画製造類で大いにフローを沸かせたと思います。
いや、本当に良かったんですよ、メディフェスは。
音楽イベントはやっぱり同じ空間で共に盛り上がるのが醍醐味ですよね。
うん。
私は申し込みしましたが、急遽伺えず申し訳ございませんでした。
いや、そうなんですよね、残念。
私以外にも当日参加できなかった人がいると思うので、メディフェスの裏返しが面白かった点などぜひラジオで取り上げてほしいです。
これ、前回の収録の後で出す直前ぐらいに届いたやつなんで。
ああ、はい。振り返りはね、前回ちょっとやりすぎなぐらいやってるんで。
また公開できる範囲で動画などもいつか取り上げていただけると嬉しいです。
動画も、ハッシュタグで調べると特にめでぞくんの動画とかは出回ってましたよね。
そうですね。やっぱ最初にハッシュタグでぜひつぶやいてくださいって話をしたのも良かったね。
そうですね。なので、ハッシュタグメディフェスで見ていただけるといくつか動画とかもあるかと思うので。
はい。
で、また次のイベントに行ってみたいですね。期待しています。
うん。
最近アドマチの東洋町の回見ました。
野球の話と大谷翔平
運河と縁のあふれる素敵な街で写真を撮りに行きたくなりました。
お共にTYCの楽曲を聴きながら行ってみようと思います。
ありがとうございます。アドマチの東洋町回は確かに良い特集でしたよ。見ました私も。
出たんですか?東洋町温度は。
全く出てないです。
ちょっとアドマチ側のリサーチが足りてないのかな。
いや違う違う。俺が恥かくてやめてほしいです。
スターがいるのに。
恥ずかしい。松坂大輔大フューチャーだから。俺が恥かくだけなんでやめてください。
テレビ局側も大変でしたよ。2大スターがいると。
2大スターとか言うな。平成の怪物だぞあっちは。
どっちかを取り上げるとどっちかの角が立つからっていうのは、今回は裏の力で取り上げられていただけなかった。
次は気を使って、その裏の力が働いてないです。
ひさやかさんがそんなこと言うんだったら、スターからメール来てるんで。
スター?
めでらしネーム、翔谷ウォウヘイさんから。
ちょっと待ってください。スターじゃない。偽物ですよ。
違いますよ。
たーにたにたー。
待って待って。知らねえ鳴き声。
前回の配信、面白かったにぃ。
いや、バケモンだってだから。
一平は腹がつって、ピーンだ。
公開録音の公開シーン、つれえよな。
そういや、うちのチーム170キロ投げる後輩来たにぃ。
当たったらターンじゃ済まないたにぃ。
節分に乗じて相手ベンチ強襲させたら誰も敵わないたにぃ。
もうそれ野球じゃないよ。
老期も誘って、平均時速166キロの豆巻き、楽しみにしてるたにぃ。
ジャパンのみんな、待っててくれよな。
っていうことで。
誰なんだよそいつ。
翔太にぃ、ウォウヘイさんから。
どこに所属してんだよそいつ。
前回も送っていただいたときは、アメリカだとか日本に帰国するとか匂わせてる発言したから、
やっぱりメジャーなリーグで活躍してるんじゃないですか。
170キロの肩を攻撃に使ってたじゃないですか。
物理的な。
あれじゃないですか、やっぱりティアキンのやりすぎじゃないですか。
そういうこと?
素材投げるっていうのが追加されたから。
確かにね。
彼もやっぱりハイラルから抜け出せてないのかなと思うと。
ハイラルの奥深さ、感じますね。
下手すぎるって。
じゃあ続いて、メディレジェーム。
フラッシュよしこちゃん小56。
進学してますね。
めでてーかな。めでてーね。おはようございます。
前回放送も待ち待っていたのでとても楽しかったです。
めで2、10度のめでたみで流行の楽しみ方。
ちょっと待ってください。めでたみの進学に出てきてますって。
特別なように。
めで2って流行の楽しみ方。
メディレジェームを0.5倍速で聞いてます。
そんなそんなこと。ゆっくり聞くんだよ。早く聞けよせめて。
2時間後半の停水したようなお二人のラジオを楽しみつつ。
そんなことしてねえって。
倍の時間メディレジェームに浸れます。
やめろって。
急いでるときは1.4倍速で若干オタクムーブマシマシモードで聞いてます。
趣味悪いな。
前回は3時間半の特大ボリュームでした。
してねえよ。そんなことしてねえぜん。
アベンジャーズエンドゲームですかしら。
映画だとしたらね。
さて、びっくり。
先日は将棋、チェスみたいな難しいゲーム。
が、強い方の藤井聡太さんが7冠を言われてしまいましたね。
そうじゃないこの藤井聡太って誰なんだよ。
このままいくと84%の確率で8冠独占だそうです。
そんなに高いかわかんないですけどね。まあまあ、そう言われてますね。
全席一浪、小沢ではない。
ですら、打率3割8分7リンですから倍ですよ倍。
でも、8冠かっこ8冠だと、
8冠汗を発すると同じ音の音なんか嫌ですよね。
そこでメデュラジが新しいタイトルを作ることでどうでしょうか。
やめてくれ。
認知度と社会的影響力とパワー爆発のメデュラジです。
他にも探してみました。
メデュフェイスの収益でやってみましょう。
ないんだよメデュフェイスの収益。
①将棋新タイトル。
将棋界と競馬界のマーケティング
名人や既成など八つあるタイトルに魔王、めで王、めで雑魚のタイトルを追加しましょう。
将棋連盟と主催者の契約金の金額でグレードが決まるそうで、
一番ヤバい竜王が4400万円。
一番安い正、将棋の木に正で1100万円だそうです。
スポンサーはメディアが多いですから、人権派人情放送局メデュラジこそ新たな将棋界の帝王を取りましょう。
5000万円積めば確実に取れます。
やんないです。
②カンムリ共産レース。
競馬。
そっちもね、流行ってますね。
競馬という馬で一番速く競争する公営。
法的に認められているギャンブル。
デッドオアアラライブ。
笑っていいよそんなこと。
レースごとに好きなタイトルが入れられるそうです。
1万円から5万円ぐらいでできるそうです。
③ネーミングライツ。
スポーツ施設をメデュラジにお借りになる名前にしましょう。
おすすめは味の素スタジアムです。
来年2月末で切れるので、わくわくメデュラジスタジアムとでもつけましょう。
ダッセー。バッテリンドームよりダセー。
2億3千万円です。
知名度と宣伝効果化すればただみたいなもんですよ。
④ラグビー日本代表オキサルスポンサー。
5億から10億ぐらい積めば、日本代表トップパートナーの対象製薬と同じぐらいありがたがれるらしいので、
ユニフォームの動画の中にメデュラジが書かれます。
世界中が見ています。ワールドカップ100日切ってるのに時間がありません。
じゃあもう間に合わねえよ。
⑤文学賞を作るメデジマンコンテスト。
メデジマンコンテスト?
失筆中。お分かりいただけただろうか。
おかわりもいただきます。
次はTYC OUT OF HISTORICAさんの演奏と、
HISTORICA ON!メデュタイさんのパフォーマンス楽しみにしてます。
メデュテーなメデジマンコンテスト。
ていうことで。
実家は新聞撮ってるんだけど、
やっぱもう一面、
もう一面全部フジソーダだったね。
あれじゃないですけど、テレビで見てたわけじゃなくて、
アベマかなんかでちょうど番組見てたんですけど、ニュース公的になんか出てましたよ。
なんか通知みたいなのが。
なんかフジソーダぐらい、本当に中学生ぐらいからすげえすげえ言われてて、
実際ずっとすごい人ってなんか、
すごいすぎてよくわかんなくなってきましたね。
いやすごいすぎてよくわかんないし、もう。
だってその7巻も史上2人目だけど、当時のタイトルの数もなんか違うし、もう。
もう全人未踏ではあるんだよね。
大谷翔平と全人未踏の比較
それが本物の方の大谷翔平がメジャー行った時に、
何年ぶりに二刀流の記録がどうのこんなみたいなニュース見て、
何年ぶりの前の記録がベイブルースだったりしたのと、
同じような、時代も違うし、伝説となってる人が対抗として挙げられるぐらいの。
比較対象もすごすぎて、すごさが逆によくわかんないみたいな。
われわれ、われわれってククリにするのもあれですけど、
私なんかそんな何年ぶりの○○みたいな全く縁のない人生歩んでたんで。
一生に1個ぐらい撮ってみたいですけど、何年ぶりにこういうことやりましたみたいな。
でもあなたは何年ぶりとか人の通った道、通らないでしょ。
誰も通ってないみたいな獣道をずっと歩いてるでしょ。
たしかにマジな話あれだよね。
人と比較されるのを避けまくった結果みたいなところがあるかもしれないけど。
競争系のコミュニティだったりそういうところから逃げた結果、逆張りクソ人間が出来上がってしまった。
私も若干そのキャラがやるビブラホンダの日常気をつけることだな。
せめて2人いたら1人王道がいないと、ラジオとして。
だいぶなかった。常日頃思いながらやってますけどね。
だからこのラジオで王道、撮っていきたいですよね。
ラジオが王道じゃないんですよ。
マジックスパイスの建物とビブラフォンに出会う
紹介し忘れてたんですけど、さっきのビョロダカンナさん。
メディフェスに直前に来れなくなったってところで、そこの前後でもメールいただいてて、タイミング的に読めてなかったんですけど。
内容的にフェス向けの話は全部は読めないんですけど。
下北沢のメディフェスの会場付近にあるマジックスパイスというカレー屋さんが、美味しいかつ狂気に満ち溢れてるってところで説明されてたんで。
この前ちょっと訳あって、下北沢のフェスの別の日に行って、訳かっこ動画撮影で行った時に。
たまたまこのメール来る前だったんですけど、マジックスパイス通ったら、マジでネットラジオとはいえここで言えないような言葉でしか形容できないみたいな建物があって。
これ、こんなのあるってやばいんじゃないの?と思ってググったらカレー屋だったっていうのが。
日本語でもインド語でもないような、ヒンディ語でもないような謎の看板で、もう全面サイケデリックな色で、周り薬草みたいな匂いが充満してるみたいな謎の建物があって。
その時行かなかったんですけど、行ってみたいですよね、マジックスパイス。
なるほど。
はい、メール紹介終わりです。
はい。
あ、今回終わり?
メール終わり。
あー良かった良かった。
良かった?
いやいやいや、この時間が長く続いて欲しくないなって。
いやまあまあ、雑談なんですけど。
雑談、はい。
この2週間さ、ぶっちゃけさ、収録前マジで困るぐらいゼルダしかやってなかった時間、わけじゃん。
わかる、確かに。
ま、とは言いつつも、さすがにゼルダだけのただれた生活をしてたわけではなく、私は。
あれ、ゼルダだけやってる奴がただれてるみたいな言い方ですか?
ただれてるだろ!
くー!
そのー、私その、今土日は、できる限りTYCの予定を入れてるんだけど。
はい。
そうじゃない土日っていうのも一応作るようにしてて。
おー。
で、そうじゃない土日は、あのー、ビブラ本をやるようにしてるのよ。
おー。
そのー、これラジオで言ったかな?
なんか、あのー、去年末ぐらいに。
はい。
まー、その時は、去年の9月ぐらいからTYCを本気でやり始めて、ライブやりまくってて。
で、ちょっともう来年もTYC、ガッといこうと思ってたところに。
はい。
ふと、その、俺ん家のキッチンの裏あたりに、あのビブラ本が置いてあって。
はいはい。ふと置いてあったのはあれはないけど。
そう、あの、置いてあるんですよ、まず。
その、ご自宅にね。
ご自宅に置いてあって、ずっと置いてるわけよ。
俺それを見たときに、いや、うちこんなんあんねんと思って。
ビブラ本に触発された音楽活動
まー、確かに。
何しとんねん俺はと。
バンドなの?ボーカルギターなの?
俺のアイデンティティはこれやと。
そう。
ま、ちょっと予兆はあったんだけどね。
その10月、その前の、去年の10月ぐらいに、そのセッション。
先輩が、大学の時の先輩が、セッションを企画してくれて。
そこに、もうなんか仕事が限界にあって、ビブラ本で乗り込んで。
バイタリティ。
その時の俺、マジでどうかしてた。どうかしてるぐらい仕事が終わってたんだけど。
ビブラ本当時全然やってないのよ。
うん。
やったときに、ま、楽しかったの。
はいはいはい。
っていう記憶が、もうちょっとあって、でもそっから別にやるわけでもなく。
で、年末にビブラ本を見たときに、いや、こんなんあんねんって。パーンってなって。
もうそこで、なんていうか、典型が降りたとでも言うか、それともまあ、おのれに自己内政したとでも言うか。
そう。ちょっとその、あれ、あのー、自分の今住んでるところの近くで、ジャズセッションに行き始めたんだよ。お店で。
おー。ちゃんとやってますね。
で、そっから割と月1以上は行ってるのよ。
はいはい。
東京に帰らない週の行けるときに。
うん。
ま、ちょっとそれはそれとして、こんなんあんねんが行き過ぎて、七年最初にミキサーとエフェクターを買うっていう事件はあるんですけど。
あー、なんか、おっしゃってたやつですね。
まあ、ちょっと、それはちょっと、やんなきゃなっていう。
まあ確かに、まず形から入るにしても何にしても、まあもう、ちゃんと進んでいかないとってことですもんね。
ちょっとそれは、買ったからになんかやんなきゃなって思ってるけど、まあそれはそれとして、ジャズ。
まあそれも、確かによくよく考えたら、それも、それ買ったのも最悪ジャズやんなくてもこっちはやんなきゃなって思いがあったかも。
あーね。
でも、でもそこは、俺も家でしこしこやる、準備は整ったけどそれはそれとして外に出ていくのも、その後頑張ったんだ。そうだ、ミキサー買った後。
うーん。
最初その身分を隠して、その鍵盤ハーモニカでスーッって顔で行って。
そのなんか流しの激うま…何て言うんだそれ。激うま形容しがたい人みたいな。
で、それでその鍵盤ハーモニカでセッション出て、いや、実は本当はビブラフォンやっててみたいな話をして、あ、じゃあ次から持ってきなよみたいな話になんか行って。
あ、確かに。あれですもんね。いきなりビブラフォン持ってったらやばい奴ですもんね。
あ、そうそうなんですよ。そうなんですよ。
セッションにしても。
そうそうそう。ちょっとあの、置ける置けないとかもあるし、初めてのお店だと。
そういう意味だと鍵盤ハーモニカだったら持ってって、最悪ダメでも普通になんか、あれですもんね、片手で担いでいくぐらいの。
初めてのセッション
そうそうそうそう。あの、私がビブラフォンでセッションに行く前ってそういうことをやるんですけど。
なんか、その、それでビブラフォンをいつでもセッションの日は持ってきていいよっていうお店が見つかって。
はいはいはい。
それで行ってたんす。行ってたんすよ。今も行ってんの。
うん。
てのやってるうちに、その、栃木のあたりにもその活動、プロとして活動してる人がいるみたいな話になって。
うん。
で、とはいえその、私宇都宮になく、宇都宮在住でもね、ちょっと離れてる。
ま、栃木って言っても広いですもんね。
そう。だからあんまり最近は来ないねみたいな話してたら、たまたま来る日があって。
あ、そのお店に?
ライブ、そのお店にというか、宇都宮にライブをしに来る日。
あー、そういうことか。
そう。あ、これはと思って。行って。でまぁ、あーって初めてその人の演奏を見て、わーすごいってなって。
うん。
全然そのもう50代ぐらいの人なんだけども。
はいはいはい。
あって、あーよかったーって思って、まぁちょっとあの、あのオタク発動して、その、まぁ何もせずにいたら、
あの、一緒に演奏しているプロの人がセッションホストとかで、俺が参加したセッションの。
はいはいはい。
俺のこと知ってるから、あ、ビブラ放送者同士みたいなこと言ってくれて。
あ、まあ気を利かしてなのかわかんないけど。
で、それのおかげでお話することができて。
うん。
えー、やってんの?で、これ、ビブラ放送者って、いないんですよ。
まあ、そうっすね。
そう。日本に正直100人いるかって言われるとわかんない、正直。
それプロでってこと?アマも込み?
プロアマ込みで。
まあ、プロはいないだろうな。アマ込みだと、ジャズをやってる人。
いや、いるかもしれないかなぐらい。
まあ、自分で楽器持ってまでいくと相当ハートル高いっすもんね。
相当いないだろうね。
うん。
楽器持ってるで言ったらマジでいないと思う、100は。
うん。
増えてるらしいんだけどね。昔に比べたら全然。
まあまあまあ。
だから基本的に他の奏者に会うことはみんな嬉しいんですよ。
まあその、このコミュニティが出来上がること自体がね。
ビブラフォンプレーヤーの稀少性
そうそうそうそう。
ほんとに珍しいことだっていうのもあるし。
そう。だからすごい喜んでくださって。
そしたら来週ここでセッションやってるから来てよって言われて。
おー。
で、行ったりもしましたよ。
広がってますね、輪が。
うん。
で、いろいろ話もさせていただいて。
でもマジでコミュニティが狭いのよ。出てくる名前大体知ってんのよ。
ていうか、そもそも日本ビブラ本会って2大すごい人がいて。
はいはいはい。
大体どちらかの弟子なのよ。
あれですよ、別に私やってるわけじゃないですけど一時期アコーディオンの会話調べてたことあって。
はいはいはい。
アコーディオンの会話も本当に日本って大体この人がこの人がこの人名前挙げたら大体その人の弟子みたいな。
そうそうそうそう。
らしいっすか。
この人の弟子かこの人の弟子か、あとは独学の異常者が何かいるぐらい。
本当にマイナーって言うとあれだけど、知名度的に全然マイナーですけど、やってない楽器だとそうなりますね。
そうそう。
だからその仲良くなった人はどちらかっていうと独学、独学でもないのかな。
でもその独自路線の人。
はいはい。
本人も独自路線って言ってたし、なんか突き詰めてった人。
うーん。
ジャズコミュニティの困難
まあとにかく出る名前出る名前知ってる名前で僕も何人か会ったことあるし。
僕は結局その日本トッププロ2人は両方ともお会いしたことあるし。
おー。
だからもういろんな人に君の話しとくよっていうか、てかもうしたよみたいな。
早いっすね回るのも。
いやそうなんだよ。
今度栃木に演奏でツアー来るけどビブラフォン借りられる人を探してて。
でも僕だとちょっと遠くて。
そしたらなんか宇都宮にやってる若い子がいるからもしかしたらその子がいいかもみたいな話したんだけどもしかしたら連絡するかもしれないみたいな。
なんかいろいろいろいろ。
肝心なシステムに組み込まれてるんですよビブラフォンシステムに。
そう、その界隈の、今までその勢力像にいなかったところに。
もういきなり一群。
別に演奏家として一群に入ったわけじゃなくて。
まあコミュニティのメンバーとしてになったっていう。
いるよみたいな。
だから、っていうその他にやってる人の話聞くと、また再会してよかったなってちょっと気になって。
で、直後に本当不思議な巡り合わせだと思うんだけど。
はいはい。
今私の所属してる大学の、していた大学のジャズ圏?
はいはいはい。
が、あんまり言葉を選ばず言うと壊滅状態らしくて。
もう。
コロナ禍で。
確かにね。
いやなんかこれは本当に問題で、東京の他の大学のジャズ圏には実際にそのサークルがなくなったところもあるのよ。
確かに数年できないともうそのコミュニティ自体なくなるっていうのはありますよね。
そう、実際問題、そういうことが東京のジャズ圏会話では実際に起きてて、一言ではなく。
で、うちの大学もそうなりかけてたんですって。
はいはい。
で、でもその進行度はひどく、その現役生だけではもうそのセッション、普段のその活動、セッションがもう成り立ちませんと。
もう、そうして結構もう本当に深刻なとこ行ってますね。
そう、だからもう本当にセッション活動日も金曜日から土曜日に移します。
そのOBさん、本当に来れる人は、その助けてくださいという状態なんですって。
ビブラフォンを志す学生
で、私のね、司会代の人でも行ってるらしいのよっていうことがあって。
はい。
この前行ってきたんですよ。
うん。母校二回戦。
母校二回戦で。で、そしたらえらいもんで、その新入生?
うん。
いわゆる大学一年生、もうほんと何人かいるな。一人二人ぐらい。
あ、でも一人二人なんですね。
あのね、その日来てたのがって話で。もうちょっといるらしい。
なるほど。
うん。その日来てたのが二人だったんだけど。
なんとですね、いやこれは、とにかく私個人情報を隠して言ってるんですけど、
ビブラフォンを志す子がいて。
うん。
マジでと思って。
で、なんか聞いたら、その、吹奏楽やってたけど、その、まあその吹奏楽団が肌に合わなかったと。
ただ、あ、高校の時ね。
はいはいはい。
ただ打楽器は、え、違う鍵盤はやりたい。
ってなってくると、もうその個人競技に近いやつで、鍵盤打楽器ってなると、もうジャズという、ビブラフォンというものがあるらしい。
うん。
そしてジャズビブラフォンがある大学はどうやらここだけらしいっていう。
結構細い線を辿ってきましたね。
そう、なんか、俺が、その、通ってきて二度と誰も、この道も、この勝った、勝った制限はもう使われないと思ってたんだけど。
もう獣道が。
そう。
まさか、そこを頼りに歩いてくるやつがいるとは。
そう。で別に本当に心相がジャズが好きでっていう状態でもないんだよ。これからなのよ。
うん。
鍵盤打楽器をやりたくて、たまたまジャズに、ジャズに行き着いたっていう状態らしくて。
うん。
これは、もう、惹かれない程度に僕はその、熱意を持って、抜けたらいいことあるよっていうことを言って、まあ演奏を見せて、帰ってきたっていうことがありました。
いやだからなんかほんとね、やってると不思議なことってほんといろいろあるもんだなと、思いましたね。
ちょっとだけ地語りしていいですか。
どうぞ。
コントラバスを始める
私高校からコントラバスって楽器始めたんですけど。
うん。
その、まあ私の高校もなんかその、割と人がいっぱい入る時期と入らない時期で結構極端に分かれてて。
はいはいはい。
全然高校行った時期はコロナ禍とか全然関係ない。普段からその何十人も入る年もあればその翌年急に4人しか入んないみたいなこともあるみたいな。
うんうん。
感じでそのいっぱい入る時にそのコントラバスが1人当てがわれるけど、それ以外の時は基本的にコントラバスなんかいない。
うん。
でも私の上の台にもたまたま1人いてその先輩はいたんだけど、私が入ってそっからたぶん5、6年はいなかったのかな。
あ、下がいなかったの。
下がいなかったんですけど。
うん。
その4年目、5年目ぐらいでたまたま人がそこそこ入る時期がまた来て1人入るって言うんで。
ちょっと滅茶苦茶によかったら教えに来てよみたいな。
あー、OBとしてね。
そう、当時からいてその顧問の先生に言われて行ったんですけど。
うん。
で、はじめましてみたいな感じで行って。
はじめましても朝8時に来てって言われて楽器担いで6時ぐらいに家出て行ったら、みんな来るの10時だよみたいなこと言われて。
2時間待ったみたいなのもありつつ、来て。
で、そういう感じで人がいっぱいいて、コントラバスやってみたかったんで、そこに入りましたみたいな感じで行ってて。
キソレンとかやってみようかみたいな感じでやってて。
ここってなんかちょっと無理矢理言ってる感じがするけど、こうした方がいいんじゃないみたいな。
ちょっとアドバイスしようとしたら。
でも今ちょっと教えてくださってる先生が、こうしろって言うんでちょっとそこは帰らないですみたいな感じで言われて。
きくに、学校が上がいない状態でコントラバスを入れるにあたって、そこに不安があったみたいで、どっかしらから先生と呼ばれる人をつけてるらしいと。
はいはいはいはい。
で、ただその人がこう教えてるから、今このポッドでのOBに言われてもちょっとそっちを優先することできないですみたいな。
あーはいはい。食い違ってたんだ。
そう。でもじゃあしょうがないかって言って、その後もなんか実際にその何ヶ月後かにやる曲がこれなんでみたいな。
なんかそこをこうした方がいいんじゃないみたいなところで、いやでも先生がこう言ってるんでみたいな感じで。
音楽活動の苦悩
なんか一個もトーンなくて。投げた球が。
なんかね、往々にしてやるんだよね。なんか教えたのが他の人が言ってたのと違うとか先生の言ってたのと違う問題はね。楽器屋で言ってるとね、結構あるんですけど。
ただ後から聞いたら、その先生と呼ばれてる人が、その高校近くコミュニティでやってる、コントローラー専門でもないアマチュアというか、素性の知らないおじさんだったみたいで。誰に何を教わってんだ。
全部否定されて。
全部否定されてて、しかも1時間半くらいで終わって、みんな合奏だからもう今日は終わりだよみたいなと言われて。
明日も来てよとかって言われて。
もうそこからその人の返信してないです、メールに。
もう高校行けないです、私は。
俺の話だと何の話してんだよ。
前の世代から俺に、俺の世代から次の世代に受け継がれていい話だなってやってただろうが今。
お前で唱えて悲しいなって話。
ちょっと思い出しましたね。
待って、同じ土俵で語らないでほしい。
ダメダメダメダメダメ。納得いかないです。
わざわざ駅から学校まで遠いんですよね。歩いて40分くらいかかるから。
楽器運んでたらなおさらだからもうバス無理矢理乗ってそれで行って。
失敗したバトンタッチ
誰も来てないって言うから一人自主練して来たら全部否定されて。
午後はみんなでやるからOBはいらないって返されて。
ごめんわかったよ。
変なスイッチ入れて。
願わけば彼も私の知らないところで今で楽器とか続けてたらいいですけどね。
地雷掘っちゃったな。
実際そういう良くない例は一旦置いておくとして、
細い道を辿ってきてくれた後輩がいるということで、
そこでもう本当に世代を通り越してバトンを繋いでいくっていうのは一般には良いこととされてますから。
確かに。
そういう良い話をしたかったんですけどね。
皆さんも楽器を続けてれば良いことがあるということで、良くないこともあるということで。
このラジオの感想はTwitterのハッシュタグメデュラジオでぜひつぶやいてください。
メデュラジオひながらラジオがカタカナです。
ご意見ご感想。
うちの部活でこういうことがあって追い出されてよみたいな話はメールでも募集しております。
メデュラジオのウェブサイトのホームページにメールフォームのリンク貼ってありますので、
ぜひお願いいたします。
みなさんひそやか。それぞれの活動もよろしくお願いいたします。
ひそやかDYCのライブをやっております。
この収録の直近ですと、江東区でのワンマンライブ。
それと、赤坂でのライブ。
それから東公園寺でリンゴ音楽祭っていう長野県上田市のフェスに出れるかもしれないっていうオーディションライブがあります。
それはマジで来てほしい。
駐客も審査対象のひとつだし。
マジでこれの人僕に連絡してください。マジで。
とか、7月には渋谷の野外イベント。これタダです。
人に進みやすいね。
などなど、ライブ予定詰まっております。
ぜひ公式Twitter等のSNSをチェックしてみてください。
めでたいの方は、フェスのところでやるやる言ってましたが、
フェスで初公開した曲とかミュージックビデオを作っている。
ちょっとまだいつ出せるかは決まってないんですけど、
もし見てどう分かりましたらTwitterですとかこのラジオの中で告知いたします。
あと曲は作ってるんですけど、
たぶん世に出るのは相当先になると思うんで、
気長にお待ちいただければと思います。
せっかくなんでメルフェスの遺産を引きずって、
あの場で初披露した曲ですね。2曲目で流しました。
魔界の住人選択診断やってみたっていう曲。
音源で初公開ですね。意外と楽しみにしてました。
そうですね。流す前にお伝えすると、いわゆるハードコアテクノ的な、
ガバーっていうのはそういう感じの曲で、
そこにめでぞくんの動画みたいな感じの音を載せてるみたいな感じですね。
割とクラブで使える使えない置いとくとして、
あの場合にはいい感じになったんじゃないかなと思うので、
ぜひ今回改めて聴いていただければと思います。
はい、では今回もご視聴いただきありがとうございました。
ここまでのネタは私めでたいと、ひそやかがお送りいたしました。
ありがとうございました。
ありがとうございました。
魔界の住人選択診断
マスコットキャラクターのめでぞーくんでーす。
今日は魔界の住人選択診断をやっていきたいと思いまーす。
どんな結果が出るか楽しみですね。
それでは早速やっていきましょう。
他人に対して思いやりがある方だ。
うーん、これはどちらかと言ったらそうかもしれないですね。
緊張しやすい。
実はこれは恥ずかしながらそうなんですよ。
次に行きます。
理論派というより感覚派だ。
多分これは違いますね。
どちらかと言うといいえ。
食事の時間が規則的だ。
いいえ。
流れてくる矢印を読み上げてください。
上? 下? 右? 左? 下? 下? 右?
やー、なんかここまでやってきて性格診断じゃないようなものもあった気がするんですけど、
ここからが後半戦ですね。
このまま最後までどんどん答えていきましょう。
競王や暴君ゆえにも、司祭や教皇を恐れている。
うーん、どちらかと言うとはい、
はい。神や悪魔に祈りを授けるのは合理的な行動だ。
これは難しいですね。どちらとも言えない。
生贄にされるのは名誉のことなので受け入れる。
うーん、どちらかというといいえ。
忠誠を誓う偉大なる存在がいる。
いいえ。
の儀式を知っている。
はい。
の称号はこちらを見ている。
はい。第7の目を得られたのは…だ。
いいえ。
と、は、同一現物だ。
いいえ。
現実世界では…と呼ばれる諸物の中で
召喚のために必要な暗号と呼ばれている数式を
読み上げてください。
0、3、4、5、6、7、8、
0、1、2、1、4、1、
結果が出ました。
私、めでぞうくん、優勝です。
51:49

Comments

Scroll