1. 小松正史『耳の保養』
  2. 作曲家の裏のひとりごと ライブ
2024-05-04 1:24:00

作曲家の裏のひとりごと ライブ


---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/627e0afcfd1be6fc466131c8
08:32
はい、皆様こんばんは、小松正史でございます。
08:36
今日が110回目かな、YouTubeピアノライブでございますが、いかがお過ごしでしょうか。
08:43
えーとね、1週間前ね、これYouTubeピアノライブここでやったんだけど、
すごいね、体調悪化して、あれからね、もう本当に最悪の体調になってしまって、
まあだいぶ回復した感じですけどね、ちょっとかなり声がやばいですけどまだね、
09:00
まあなんとか回復しながら今に至っている感じですけどね。
すごい、やっぱりなんか、体調があれなんですかね、免疫が減っているのか弱いのか、
なんか本当に急激に体調悪くなって回復して、ちょうど1週間経ちましたけど、
いかがお過ごしでしょうか、ということで、1曲目ね、いつもの即興をやりつつ、
なんと、5月15日にこの漢方楽2がリリースしまーす。
イェーイということで、拍手ということでございますが、
このですね、4曲目と5曲目っていうのが、一応このアルバムの要なんですけどね、
4曲目で心をオープンにして、5曲目でレギュレイトっていう、これ英語ですけど、
英語でレギュレイトって調整するとかね、整えるって意味なんですよね。
それでやっていくというような、同じ調整で、しかも5曲目が今までにない曲というか、
ピアノのソロでは到底再現が不可能なんですけど、60奏ぐらいのピアノを入れたという、
すごく好評の曲になりつつあるという、レギュレイトという4曲目、5曲目ね、
早速この漢方楽ね、お届けしましたんですけど、いかがだったでしょうかね。
でね、これ、ちょっとYouTube上では分かりづらいと思うんだけど、開けてみましょうかね。
ジャーンっていう、あれCD、一応CDなんですけど、見えますよね。
普通CDの版って12センチなんですよ、これ。
それが12センチなんだけど、今回の新しいCDは、なんと、この紙ジャケットが18センチだ!
びっくりっていう、しかもバガス紙っていう、すごく質感の良い、ちょっとお高いめの紙を使っておりまして、
紙の材質も去ることながら、CDって最近売れないからね、物としての価値を高めるっていうのが、よく考えられるやり方なんですけど、
僕はそういう意味で、今回はですね、普通の12センチじゃなくて18センチやっちゃおうかなと思って作ったこのアルバムでございますが、
すごいでしょ、これね、なかなかこういうアルバムのデカさ。
これ初めに見たら、レコード?これレコードなの?っていうね、これぐらいの大きさなんで、あれ?っていう。
普通のCDの1.5倍ぐらいありますけどね、すごくびっくりしていただいてて、ご好評いただいてるようなね、こんな感じでございます。
ありがとうございます、デザインの松本くんにやっていただいて、松本さんは聞いていらっしゃるかな?
はい、そんな感じですごく良い出来栄えで、ちょっとお高いですけどね、このアルバムの形が大きさが1.5倍だとすると、
12:07
価格も1.5倍って、そうくるかって感じですけど、税込みで3850円になっておりますが、
今日からでもね、こちらのリンク下に貼っておりますがね、リンクいただけると、クリックいただけるとですね、
詐欺のURLには飛ばないですよ、大丈夫ですよ、詐欺には飛びません。
ベースというネットのね、ショッピングサイトの方の小松の解説サイトの方に飛びますので、そこからね、見ていただけますとすごく嬉しいと思います。
こちらね、漢方楽2、早速ね、アルバムリリースっていう感じでやってしまいましたが、この曲ほとんど循環コードなんですよね。
循環コード、分かる循環コードって、繰り返しってことよね。
もうこれがずっとね、永遠と6分ぐらいあるっていう、しかも2曲同じやんっていうね、何?みたいな、それでも単純な繰り返し、
ワンコードでもいいと思うんだよね、ワンコードでずっとね、やっていってもいいと思うんですけど、
それでこう、うねるように漂いながらですね、この漢方音楽2の趣旨、美容と健康のためのね、
エステティシャンの方がご依頼いただきましてね、
エステティシャンって結構ね、力仕事なんですよね、すっごく大変だと思います、本当に、整えたりするの。
その整えを促していくっていうような、そういう楽曲として10曲作りまして、
しかもですね、オーダーがね、かなりね、高度なオーダーいただいたんですよ。
何かというと、全部10曲別々にしてって言われて、雰囲気をね。
だいたい僕の曲ってこう、傾向に似てますでしょ、ピアノソロとかっていう風にあるんだけど、
それをね、たくさんいろいろなアレンジとか、音色変えたりとか、速さ変えたりとかしながら作ったんですよ。
なので、えーっていう。
しかも僕が今までやった中ではですね、かなりマスタリングもね、いつも凝ってるんですけど、
自分のね、思うような音ができてましてですね、なんと奥行きが深い感じのね、アルバムになったと思います。
ちょうどね、新緑のこの時期、僕好きな季節ですね、新緑のその辺りにね、楽しんでいただける1枚になってるかなという感じなので、
一応言っとくけど、YouTubeとかね、Spotifyにも全曲聴けますよ、1ヶ月前から聴けるので。
それが良かったらもうそれで全然満足いただいて大丈夫。
でも立っての願いでね、クライアントさんが、今回はアルバムで形として作って欲しいって言われて、
じゃあ僕ももうね、再三考えると作れないんですよ、これ本当に。
結構高いですかね、プレスですからね、これね。
プレスCDなので大変ですよね、プレスね。
15:02
自分のお家でカラープリンターでね、しょこしょこやってるんじゃないのでね、
全部プレスですごく責任感重大なんですけども、
まあそれでやって欲しいって言われて、僕多分ね、最後のプレスだと思います、これ実は。
それほど一生に最後に1枚ぐらいはね、プレスでこんな大きなもの作りたいなと思ってやったので、
これがもししっかり売れたら、次もプレスのご希望の方多分いらっしゃると思います。
作ろうかなと思うので、ぜひ気起き1票よろしくお願いします。
宣伝でございました。選挙感みたいな感じでございますかね。
はい、もう喋りすぎるとね、もう離脱されるので次の曲いってみよう。
はい、ありがとうございます。2曲演奏しました。
24:39
はい、実はスタンドFMさんの方でもね、配信しておりました。
24:43
ありがとうございます。
24:45
みねみねさん、マーガレットもいただきまして、2つもありがとうございます。
うちのYouTube全然人気がないので、人気というか、4000時間1年間で聞かれてないのでスパチャ作れないんですよね。
ほんとはスパチャ入れたいんだけどね、なかなか弱小、一人小松ではなかなか難しいので、
こちらはね、スタンドFMさんの方も、リューザー全員がね、これできるんでね、嬉しいなと思いながらね、
それやるためにこれをつけとるんか、みたいなね、言われそうですけど、
まあね、いろいろとやっぱりね、細く長く音楽活動をやるためにはね、
やっぱりこう、聴いて終わり、としたたかにね、やる必要がありますからね、ほんとに。
まあそんな感じ、いやいや、それはほんとに、長いことにやっていくためには、
ということで、ほんとほんとにありがとうございます、というね、ライバーみたいなことをやっててね、
お前なんな、大学教員で何しとるなってね、自分でツッコミ入れながら自分でやっていくという感じですけど、
ちょっと、ちょっとあの、トラブル発生したな、ちょっとトラブル、ちょっと待ってね、トラブルが、
なんかね、よいしょ、よいしょ、いけたかな、大丈夫かな、真っ暗になったんだけどね、
あの、USBをね、はわしてるのでね、あまりにもちょっと僕が動くとね、
USBちゃんがね、外れちゃって真っ暗になったっていう、やばいっすよね、
めっちゃ素人やんかとかね、ほんとにもう、ねえ、プロでやっとんちゃうかも、
画面が真っ暗やないかっていうね、でもスタンドエフの方ではね、関係ないですからね、
やっぱり音に集中していただけるということで、はい、ということでちょっとね、
YouTubeをディスっておりますが、2曲連続でお届けいたしました。
巡礼という、え、ちゃうわ、巡礼じゃない、巡礼だよね、この曲ね、
世界で大人気の、すごい再生回数なんですよ、巡礼、ほんとびっくりするぐらい、巡礼、そして、
今日はね、なんとジャパニーズでは緑の日って皆さん知ってました?今日お休み、ということで、
緑にちなんぜ、インザグリーンっていう、やったー、これ、もうほんとにインザグリーン弾くために
今日やってきたようなもんですからね、え、ちょっと演奏もね、なかなか自分にとっては
満足いく演奏ができたので、最高やね、ほんとにもう、ユーザーさんというかね、来ていらっしゃる方、
27:06
すいませんね、ほんとにね、もう自己満だけの、うん、あの、え、えっと、配信でね、
配信でね、あー、自分がこれ満足いったーっていうね、すごく満足いった演奏ということでございますが、
あー、ありがとうございます。
えー、なるほど、たらさんも、えー、音てっぺんさんが群馬の縄文、あー、てんです、いいねー、あー、
陰性で作った車内チャイムね、よかったのかな、それ、すごいいいねー、前に誰だったかな、あの、名前忘れちゃったな、
あのー、真珠ケーキのデザインね、あの音で、音の、えっと、駅メロ作った方なんですけど、
名前最近すぐ忘れるね、老化現象だな、その人と、な、なんか、他の大学と一緒になんか競い合って作ったようなね、
そんな記憶があるんですけど、関係なかったかな、えー、東京音大ね、東京音大、そうそう、い、いません、
に、日本大学と東京音大と、東京芸大とあとどっかみたいな感じでね、
聖火大学はないのかって感じでね、ほんとにもう、うちらもね、ちょっと荒ぬことをやってまして、
あのー、別にあのー、ある、とある伝説の許可も得ずにね、許可も得ずに、えー、駅メロ作ってね、あの、
ホームで流すっていう、これあってもいいのかな、みたいなね、そんな、あのー、ことを今から、どれぐらいかなー、
9年ぐらい前にしたのかな、ね、東京、その、東京音大より古いよ、うちのとこの方がね、ほんとに、うーん、
そして、それ、なんでそれできたかというとね、これあんまりやると、ちょっと、あのー、捕まる案件なのであんまり言いづらいところあるけど、
あのー、まあ、ね、あのー、なんちゅうかな、こう、出し逃げというか、音を出して逃げるっていう感じでね、
なんと、わが聖火大学はね、駅があるんですよ、歩いて0分のところに駅があって、しかも無人なので、
あの、それを作ってしまったというね、1回限りか2回ぐらいやったんですけど、えー、その後ですね、なんと、えー、ポピュラーカルシア学部のね、
4、今4年生かな、学生さん、えー、その方のね、駅メロが、えー、流れてるっていうね、えー、まあ、うちとその方と関係ないんですけど、
ね、そういう風に、こう、あのー、大学の近くの公共施設はね、存分に活用させていただくっていうのが、こう、京都聖火大のこう、強みなのでね、
これ社会実践、社会実装っていうんですかね、えー、そんな感じでやっておりますがね、はい、という、しゃべりながらで、きょう、
きょう、みなさん、連休何してた?何を?まあ、何してたってね、まあ、だいぶ、あの、天候がすごく京都あたりは良いので、ね、外に行かれた方もいらっしゃるのかなと思うんですけど、
僕はね、えーっと、えーっとね、嫁さんと2人で、5月2日の日、あったかな、あのー、滋賀県にね、訪れましたね、日、日帰りで、
ここから滋賀県すごい近いんですよ、30分あったら浜内に行けちゃうので、そこでね、ミシガンのクルーズ船に乗って、あとはね、今の光る、光る君へだったかな、忘れた、ね、あのー、NSKの大河ドラマですけど、そこのね、あのー、ちょっと、
30:10
最近、あのー、舞台になっておりました、あの石山寺にね、紫式部がその場所で、えー、作品をお書きになられたという、まあ、そこまで行って、かなり心力の良い感じでございましたので、まあ、別にあの、お寺に別に行かなくても全然大丈夫なんですけど、心力良いですよね、ちょっと浴びていきましょうよ、心力っていうことで、えー、ブリンシャワーをね、あのー、インザグリーンという曲ですけど、お届けした次第でございます。
光る君へですよね、明日あるのかな、はい、なんか、吉高さんがね、あのー、ヒロインですかね、すごくあのー、演技派な感じですごくいいなと思いますけど、はい、そしたら、また弾きましょうか、何を弾こうかは全く考えていないというか、感じですね、YouTube見ながらスタイフ聞いてます、いいですね、それもまたね、両方というか、なんかやっぱプラットフォーム変わるとね、雰囲気変わっていくっていうね、えー、
マーシャル・マクフルガンの言い方みたいですね、メディアはメッセージという感じでございます。
はい、ありがとうございました、3曲弾きましたかね、はい、あのー、えーっと、海鉄、霧鉄、プログレス、なんか語呂合わせいいよね、海鉄、霧鉄、プログレス、なんか面白い、はい、ということでよく聴いていただきましてありがとうございましたー、書き込みもね、いろいろありがとうございます、本当に、えー、茶彦さんもいらっしゃいませー、
44:27
いらっしゃいませー、ありがとうございます、そして、えー、こちらのスタンドFMさんのね、クローバーがまた、えー、ミネミネさんにリンゴもいただいて、本当にもう働く食べすぎて、お腹いっぱいになっちゃうかもっていうね、えー、夜は、夜でさっき食べてね、お家で食べて、そしてここでライブっていう、この部屋ね、僕寝るとこなんですよ、本当に、このピアノのね、すぐ横にね、並行して、もう狭い狭いお家なので、そこで夜寝てんですけどね、はい、
44:56
本当にもう、寝室兼、論文書く場所兼、本を書く場所兼、作曲する場所兼、あとストレッチする場所もね、ここみたいなね、本当にね、もうここで全部やっちゃってるっていうね、はい、なんとも本当に狭いところで暮らしておる限りでございまして、狭いところだからこう、音をね、出してこう、じゃらんと弾いてね、こう、もわーんってするでしょ、もわーんってね、
45:26
イメージで、あ、ここ広いとこなんだ、あ、なんか狭い空間だけど、ここ広いなーって、1キロ先がまだ見えないよ、みたいな、まあそんな風にね、まあ妄想しながら実はやってるっていうね、まあ幻想というかね、音って今のこの場所じゃないところに持っていくところが多いので、現実をそこに持っていっても仕方ないなと僕思うんですよ、
45:50
本当はこのMCもどうかなと思うんだけどね、そう、MCをしないままずっと弾くっていう手もあるけどね、ただ僕あのちょっと、まあ久しぶりというかね、あの普段着でこうおしゃべりしてもいいのかなと思って、うん、こういうふうに雑談やってんだけど、雑談とピアノのこの音が何このギャップの違いってね、そりゃ同じはずじゃないだろうって感じだよね、同じ感じでやっちゃったらね、そんなもんね、
46:17
なんか僕のために聞いていただいてありがとう、まあそういうアーティストさんもいらっしゃるかもしれないけど、いやそんないないかな、まあまあまあまあね、こうなんとなく喋るというね、人に害を与えることは喋ろうとは思わないですけど、まあまあ自虐ネタみたいな感じでね、えーやっていくのがやっぱりいいのかなと思っておるのでね、これとやっぱこうピアノのギャップがあるなってよく言われてね、本当に、
あ、あ、触ってしまったこれ、あ、リンゴから大丈夫だな、リンゴね、触るとリンゴが消えちゃうのかと思ってね、はい、リンゴといえばAppleのね製品でございますが、本当僕Apple使いずっとしててね、あの大学今から30年以上前からずっとMacなんですよね、Windows使ったことがないんだけど、皆さんWindowsでしょ多分、ね、音楽作ってる人はまた別にして、
音楽使いでWindowsしてる人は聞いたことないよ本当に、うん、絶対Macだと思うんだけどね、別にMacが好きなわけじゃないんですけど、あの音楽を制作するソフトはどう考えてもMacが多いんですよね、まあAbletonはWindowsもMacもいけるし、あとLogic使うんでね、LogicはもうMacでしかないからね、うん、あの音もいいしね、まあいろいろありますけどソフトね、だからずっとMacを使って、
いないよね、やっぱWindowsで音楽作ってるっていう人、もう絶対Macに移動するからね、大丈夫なのかなっていうね、うーん、まあそんな感じで、あの聞いていただきました、本当にありがとうございます、もう気が付けばもう21時17分じゃないですか、もう、ね、10分か15分ぐらい喋ってる感じでね、もうね、このあの画角いいよね、すごく僕好きなんですよ、自分の画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好きなんですよ、この画角が好き
48:09
横顔が見えない、顔見せるもんじゃない、チラッとちょっと見えるぐらい、横顔が見えるぐらいでね、すごく僕は本当にこの画角気に入ってるんですけど、はい、という感じでございます。
ここでちょっとお知らせをいくつかさせてください。えー、毎回ですね、皆さんこれ無料でお届けはしてるんですけどね、あのあいにく、えー、ね、このスパチャね、スーパーチャットのシステムはあの搭載できないのでまだこまつ、あのかなり
再生回数少ないのでね、なので勝手に社会実装をしてるこのベースに飛ぶっていうね、えー、こちらのあの画面あるでしょ、画面の下にたくさんこうありますやん、あの今はね、かんぽ音楽2の予約サイトもね、あの使っていただいてるかどうかわからないですけどね、YouTube経由で買っていただけるかなと言うか、ほとんど多分ポイシー経由でね、お買い求めいただいてる方が多いのでね、もう感謝感激でございますが、えー、まあ一応その、あの新しいCDを買っていただいてるかどうかわからないですけどね、YouTube経由で買っていただけるかなと言うか、ほとんど多分ポイシー経由でね、お買い求めいただいてる方が多い
ですね、そしてあの、えっと毎回のお心づけ、ほんとありがとうございます、あの冗談抜きで連続いただいてて本当に、まあそれがあるからやろうかなっていうね、いやいやいやいやいや、そんなせちがらいことじゃないんですけどね、やっぱりモチベーションになってますよね、本当に、本当にもう自分単純なんだからっていう感じでね、本当にもう嬉しいです、あの投票みたいなもんだね、投票いただきましてね、投票というか、あの心づけで、お心づけをね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱりね、やっぱ
心づけをね、あのいただいた、あのお礼と言いますかね、確認としまして、あの僕の方から京都の今はね、売ってない非売品の、えっと絵ハガキ、写真ハガキをね、送るっていうことをしておりますのでね、はい、まあそういう意味ではね、あの1000円いただくだけで本当ありがたいんですけど、本当にね、あの経費的にやっちゃうと、あまり残らないなっていうことをあえてさせていただいてて、はい、コツコツをね、あの
そういうふうにお返ししてるということなので、もしよかったら、あの生身の人間、本当はね対面で京都とかでもやりたいよね、ライブみたいな感じなんですけど、あの一応ね、あのまあこういうプラットフォーム、youtube とか、あのスタンド fm とか、まあ手軽に今いる皆さんの場所で聞けるところ多いですよね、でもこれに慣れちゃいけねえよ、ほんと、僕もこれ、あのこれで全部どっぷり使って輸作してやってるわけじゃ全然ないんで、あの
僕は練習のためにやってね、やってるということで、それがありがたいことに毎回聞いていただく、そして、あのいろいろチャットもね、いただきまして、後で見てますよ、ちょっともう最近追えなくなってきてしまって、自分のしゃべりに、自分のしゃべりにこう没頭してると、自分本位でやってますからね、いや本当にあのチャットも賑やかにしていただきました、本当にありがとうございます、あの
51:05
ライブ中は、読めてるところと読めてないところってあるけどね、前は全部読んでたんですけど、あんまり読みすぎるとこう引けないなと思ったので、チラッと見る程度っていうね、感じであのオープンにしてるだけね、あの皆さんお使いいただけたらとてもありがたいですし、ということで何を言ってるかと言いましょう、まあね、そんな感じであのお心づけ毎回頂戴します、本当ありがとうございます、今回も受け付けております、受け付けております
というね、一つお知らせでございます、そして冒頭の方ではあのちょっと紹介したんですけど、このニューアルバムね、漢方音楽2、美容と健康のための換気音楽がついに出ましてですね、18センチのCDの紙ジャケット、質感がとても良いという、そこにあの今回ご依頼いただきました小林沙織さん、そして本当偶然なんですけど、山田香織さんっていうね、あの僕20年以上前、
からのあの本当にお世話になっている方のご縁でこれできたという、すごく大事なCDできましたので、本当に僕満足、今回も全部満足してんだけど、本当にプレスで、多分プレスでは最後になるでしょうね、いや本当僕の手売りで10枚売れたらいいぐらいのレベルでやってるので、それでプレスはないですよね、やっぱりね、それもねご好意で小林さんサイドの方でまた展開してくださるということなので、
まあもう最後のこのプレスCDしかも18ねセンチ、よかったら是非是非まだもう少し僕のところね、あの在庫ございますので、はい宣伝しとるなこのバカヤローって言われるかもしれないけど、僕しか宣伝できないので是非宣伝をさせてください、はいという感じのこの漢方音楽2、いいでしょうっていうのをね、こちらもサイトをこちらURL貼ってございますので、
よかったらポチってください、発送します、明日、僕日曜日に発送するんですよ、普段も発送できないんで忙しすぎて、日曜日でね、うちの近くの郵便局ありがたいことに朝9時から夕方6時まで空いてるのでね、時間外窓口受付みたいなのがあって、そこに並ぶと皆さんの手元にね、
最近ちょっとあの郵便局さんの方もね、人手の関係でね、そんな早くは届かないですけど、まあまあ4、5日以内には届くでしょうっていう感じで、よかったらそちらの方ね、応援いただけますと幸いでございます、今日はしつこいな、今日はたくさん説明してだいぶ体調戻ってきたので、これぐらいまで喋れるようになってきました
そしてお知らせ3つ、しゃべりすぎるとチャットどんどんチャットじゃない、参加者減ってるような気がするんだけど、まあいいでしょう、自分のやり方で、5月のね、18日なんだけど、稲町っていう京都の北部の船屋の里で有名なところで、僕のライブね、ピアノコンサート、稲町船屋保存協議会のね、ご好意と言いますか、お誘いによって実現する、ものすごくね、
54:19
暖かい木の雰囲気のする、ソフトな感じのホールで演奏することになりまして、なんと入場無料、物販はできないって聞いたんで、物販しないんですけどね、できないんですけど、入場無料っていう、そして僕が30年ほど前に書かせてもらった、時事通信社というね、出版会社の中で作った本がございましてね、
あったかな、小さな音風景、どこ行ったかな、ないかな、パッと出てこない、どっか行ったね、先週もそれやってたよね、1週間前と同じことしてるよね、小さな音風景がないな、どっか行った、ああもう、終わった頃にこれ出てくるんだと思うんだけど、
えー、どこ行ったかな、まあまあまあ、その物語を小松が朗読っていう、はい、そんなことをやろうかなと思ってね、しておりますので、5月の18日の土曜日、午後3時から稲町のね、どこだ、ふれあいセンターだったかな、稲役場のところにあるやつですね、はい、よかったら遊びにおいでくださいませ。
ということで、喋りすぎたかな、今何時だろう、ああ、25分だ、10分くらい喋ったですね、みなさんもあの、ね、そろそろ暑くなってきてるので、あの、水分もね、あの、ぜひとっていただき、さて、最後、1曲か何曲か、しましょうかね、さあ、今日何を弾こうかな、あの曲と、うーんと、あの曲と、うーん、ちょっと、ちょっと変えてみようかな、こんな曲をどうぞ。
はい、ありがとうございました、2曲をお届けいたしました、えー、曲としては、えっと、マヒナか、マヒナ、今から、えー、ちょうど20年前にね、制作した、あの、マヒナというアルバム、これもいい、あの、神酒って使わせてもらいましたね、めちゃくちゃその、それとこれと今回似てると思うんですけど、そして、えー、ニューアルバムからですね、い、今の即興っぽい曲ね、ウェルカムっていう曲なんですけど、えー、演奏していきました、いかがだったでしょうか。
1:03:55
このウェルカムっていう曲ね、即興で、かつてYouTubeで、えー、10月か11月に弾かせてもらったんですかね、それで、後で聴いてみると、本当にいい、あの、演奏だったので、それを採用させていただいて、ということで、えー、今回ですね、それがとびらの曲になりましたね、はい。
1:04:14
こんな感じのいざないから始まって そしてウェルカム そしてシチュメレイト
1:04:21
そしてスースかな 軽いって意味かな そしてオープンとレギュレート
リリース リラックス ファームに カールム そして最後 スイユーという
全て違った曲ということでですね なんとありがとうございます 山田
川上さん ご聴きいただきありがとうございます 本当に今回のアルバムの制作
のね 本当に海の親というか立役者 と言い方いいのかな 本当にありがとうございます
リリース記念イベントもね 実は 昨日 打ち合わせをしまして 山田
さんと そして小松と そして小林 さんの3人でですね 打ち合わせ
をしまして 2回コンサートをやる ということで ほぼほぼ決まって
きております 9月のいつだったかな 9月の7日が自由が丘 目黒区ね そして
9月の8日がつくば市ということで そして8日の日はつくどんっていう
山田さんの手掛けていらっしゃる 和太鼓のグループがございまして
そのグループとですね コラボを させていただく しかもその間ですね
身体表現ですねのダンスといいますか コンテンプラリーダンスをやって
おられる方とも合わせながらという かなりすごく新しいワクワクする
1:06:01
ような そんな日曜日となると思 うんですけども 目黒のほうのライブ
はいつかな 目黒が9月の すぐ忘れる よね 9月7日か お昼あたりぐらい
かな お昼あたりぐらいから始まる っていう感じ そして つくばの
ほうは何時かな 今 最終調整だと 思うんですけど 午後の早いあたり
ぐらいかなという感じでございます ね そんな感じで ご予定もしよかったら
開けといてくださいということ ですね 京都のほうではしないの
かなということを またお問い合わせ ちょっとちらほら受けてるんですけど
一応 多分ですけど京都タワーの 展望室で7月の最初に行うことが
あるかなっていう感じでしょうか ね まだちょっと本気生まれじゃないん
ですけど それ以外でもちょっと やってみたいなと思いながら 少し
もうちょっと調整がいるかなという あんまりたくさんやっても いろいろ
副業って言い方変ですけど 本業 でかなりエネルギーを使ってる
ので 本当にフリーランスでやれてる 人はうらやましいんですけど それぞれの
立場でございますが 限られた時間 を縫ってやってる 多分YouTubeやる
のもそうだと思いますよ 時間が すごく確保難しいので 土曜日の
この時間帯にやるっていうことを 決めて ずっと続けさせてもらって
本当 おかげさまで皆さんに聞いて いただいてるっていうところがある
と思うんですけど そういうふうに やっぱりやってる方も多いと思う
ので すごく元気をいただく感じ かな 皆さんもやってる 山田さん
もやってるなとか 僕も細々とでも 長く ふくり効果のようにやってる
という 本当にありがたいですね 今でも13人聞いていらっしゃる
じゃないですか 前はありえない ですよ 1人か2人 ゼロっていうの
も結構ありましたから 同時に10倍 ってすごいよね これずっと続けて
いったらどうなるのかね また 楽しみですけど 別に数で狙ってる
わけじゃ全くないんですけど それにしてもちょこちょこチャンネル
登録者っていうのかな YouTubeでいう とフォロワーとは言わないんです
よね チャンネル登録者が 1日1人 か2人ぐらい増えてますよね それは
もう10人とか20人っていう そういう オーダーじゃないんですけど 別に
でもすごいです ちょこちょこ ちょこちょこね あれ この前 去年の
夏ごろ2000人ぐらいいったかな みたいなこととかね もう今2400人
ぐらいですからね すごくありがたい どんどん加速度的にだんだん
増えてる感じはしますよね 特に 海外の方はたくさん聞いていただ
いてるような感じで 英語ができ たらいいですけどね ということ
で ちゃんにこさんありがとうございます 素敵な楽曲ね 本当にいい曲が
多くて 自分で言うのも変ですけど あれっていう曲もあったりね そんな
1:09:00
感じで 今日はね 4曲目と5曲目と 1曲目を弾けましたね これだんだん
こうね 秋の9月に向けて 皆さんの この貴重なお聴きいただいてる
時間帯でございますけど 僕の貴重 な練習の場所でもありますから
ね またそんな感じで聞いていただけ ますと幸いです 今日 たくさん弾いて
たくさんしゃべったわりには すごいですね まだ1時間ちょっと
ぐらいか ということで 最後の曲 行ってみましょうかね 今日 たくさん
弾けてる感じがしますね なんか 良い集中力じゃないでしょうかね
今日はね トラブルもなかった すごい 先々週は画面ガクガク状態
になって 先週は小松の体調が悪 かみたいな 今日はあんまりないですよ
ね トラブル ちょっと途中で USBがちぎれたというか ちょっとおかしく
なって 画面真っ暗状態になりました けどね ということで 最後はこの
曲でお別れいたしましょう 今日 もお聴きいただきまして ありがとう
ございました ありがとうございました 最後は やはり君の1曲という 君の
1:15:26
そばにというね 漢方音楽の1の 方のアルバムで ちょっと1と2と
1:15:31
雰囲気違うんですけど 1はまたまた 良かったなという 僕ね 1を作った
きっかけでね もう5年になります けど 毎日ね 漢方薬 煎じて飲んで
るんですけど やっぱりすごく整 ってきますね 鈴木先生 ありがとうございます
という感じでございますが 音楽 をやってなかったら 本当に皆さん
と出会うこともなかったと思う し こうしてね YouTubeも通じて こう
して話すといいますかね やり取り できることも多分なかったと思う
ので やっぱり音楽 それを狙って やってたわけじゃないですけど
つながるっていうことはね もう 本当に多分なかったと思うんですよ
ね こういう音楽なかったら皆さん とお出会いできてないので いや
感謝感激でございますねという 毎回毎回同じこと言ってますけど
その連続でね 過ごしていくような 感じでございましょうかね 日々
の積み上げ とても大事ですね コツ コツやっていく コツコツやって
今日が110回目か 来週できたら111 回目になりますけどね 本当コツ
コツなんですよね カブカみたい ガーッともう停滞が本当半年とか
1年ぐらい続いて 1年のうちに2日 か3日ぐらい調子いいんですよ
シュッて上がるときね ピアノも そうなんですよね 多分お聴きになって
ると分かると思うんだけど 今日 がそういう日だと思うんですよね
今日すごく僕 調子いいんですよ なんかね すーっと違う次元に
自分の音が持っていってくださる という これアーカイブで聴いて
もあれって思うけど 今リアルで 聴いてるから これね 今日は皆さん
良かったと思いますよ 今日は 僕 調子良かったからね 調子悪いと
いう 先週と全然違うからね これね そんな感じで ぜひともこれを
リアルな場所で 山田さんのお計らい で この9月の7と8と関東方面の方
ぜひぜひお出会いしましょうね ということでございました 本日も
本当スタンドエイムさんのほうでも 本当にありがとうございます 多くの
皆さんがね Bird Tripさんも聴いていただき つつ 本当ありがとうございます クローバー
もたくさん お弁当ももらった お弁当か ありがとうございます 本当
お弁当もいただきました 本当に 感謝 感激でございますので またいろいろ
とつながりがありましたら ありがとうございます それでは また今日も良き1日を そして
1:18:00
ゴールデンウィーク2日間あとあります けど お休みになられる方は また
良き1日を2日をお過ごしください うちは 月曜日から授業があるよ
っていうね 明日が最後のゴールデン ウィークとなっております 音てっぺん
さんもね 明日も出かけていいですね 楽しめるときに 命のある限り楽しめ
たらいいですね 命があるのは本当に 何ですか 偶然というか 当たり前
じゃないですからね ということで 今日も聴いていただきまして ありがとうございます
学校行けるのもありがたいです やっぱり すごくそれは それを言える
のは確かに 逆にすごくありがたい ことです いやと言えるのもいい
と思いますよ 僕もめんどくさくて 重いからね 仕事だから でも行ったら
楽しんだ 行ったら そこでピアノも 弾くまでがどうしようかなと思う
けど 弾いたら面白くなっちゃい くので その場に行くだけでもう
勝ちですよ ということで 今日も お聞きいただきまして ありがとう
ございました チャットの欄 ちょっと残しておきますので また
よかったらご活用ください 本日も お聞きいただき ありがとうございました
またまたお会いいたしましょう それでは失礼いたします 今日 髪切った
01:24:00

Comments

Scroll