1. 純朴声活
  2. (24) 2024年のQ1が過ぎてゆく
2024-03-31 21:54

(24) 2024年のQ1が過ぎてゆく

#声活

 

00:02
元気なぞうさん、ぱおーん。どうも、純朴生活です。2024年3月31日の夜に喋っています。
先ほど調べ物してるときにですね、とある人物のプロフィール文を読んでいたら、元気象キャスターと書いてあったんで、
その天気予報とかで、喋って説明する係をかつてやっていた人だと思うんですよね、元気象キャスターということは。
ただこれね、音で聞いている皆さんからすると、元気象キャスターって素直に聞けると思うんですけども、
これね、自面で見るとね、僕は元気ぞうキャスターって呼んでですね、何言ってるんだろうと思ったらですね、
よくよく前後の文とかを読んでみたら、元気象キャスターだったということですね。
これあれですね、元の後に中黒っていうんですか、点を入れたいですね。元、点ってなっていれば元気象キャスターって僕も読めてたもんで、
それがないと元気ぞうキャスターになっちゃうという話でございました。
2024年のQ1が終わりますね。
いやもう本当に、すべてのポッドキャスターが言ってるんで、僕もご多分に漏れずという感じですが、早いですね。
1週間ぐらい前にね、ハッピーニューイヤーって言ってたなと思ったらね、気づけば3ヶ月経っているという、恐ろしいですよ。
まあいい、これは言ってもしょうがないんで。
そんでですね、Q1終わってみて、もうすぐ終わるんですよね。あと何十分かで終わるんですよ。
Q1過ごしてみてですね、僕この2024年の1月、2月、3月、楽しかったんですよ。
いい四半期だったなと思って。Q2も頑張りたいなと、楽しくやっていきたいなと思っているので、
今のテンションを音声にして残しておくかと思って、今こうしてマイクに向かって息を吐きかけているところです。
昨日もエピソード23、楽しくおしゃべりできたいを更新したんで、久しぶりに2日連続で更新しています。
最近1週間空いたり10日空いたりしてたんで、そういう更新ペースなのかなと思っていたところに、2日連続で皆さんのPodcastアプリの元にデータが届いてるでしょうか。
ミスとかじゃないんでね。これは撮りたいときに撮ってますんで、不定期更新でやっています。
Q1どうだったって話をちょっとして、私のスナップショットとしたいと思います。
03:00
おさらいとして、私は2008年の4月に東京にやってきて、フルタイムの労働者としての活動を始めて、週に5日働くみたいなやつを、それから2022年の年末までやってたんですよね。
2008年の3月31日に僕、飛行機に乗って羽田空港に降り立ってるから、何年前ってことになるんだ、16年前。
そうだね、16年前の今日に僕は飛行機で北海道から新千歳空港から羽田空港にやってきたんだな。
当時は陣体契約をしないまま東京に出てきてしまったので、カプセルホテルとかを点々としてたんだっけね、確かね。
確か家借りるの5月とかになったんじゃない、結局な。
すごいよね、無茶するなって感じ。今ならそんなスケジューリングはしないけど、当時は屋根があればなんとかなるっしょぐらいの、そういうノリでやってましたね。
当時は当時の元気さがあったね。今は今の元気さがあるけどね。
それが16年で、16年経ってですよ。
だから2008年の4月1日から2022年の年末までフルタイムの労働者をやって、
2023年、去年は丸1年あんまり仕事しなかったんですよ。
特に前半、6月末までは全く労働してなかったんですよね。
後半になってぽつぽつ、ちょっと労働するぞって感じじゃなかったんだけども、
活動をいろんな楽しそうなことをやってる中で、対価をいただける、お金をいただけるっていうのがあったので、それがありましたね。
2週間ぐらい前に確定申告、2023年分の確定申告をやったので、
僕は2023年の自分の稼ぎがどんぐらいだったかっていうのを割とオンメモリで把握してますが、
もう本当に会社員時代と比べたらびっくりですよね。半減とか4分の1でも効かないぐらいね。
2023年は稼ぎ0円でもOKと自分としてはそういう設定でやってたんで、
それと比べるといくらか稼ぎにはなりましたけれども、ほとんど稼いでない状態でしたね。
2024年は最初の3ヶ月ですでに去年の年収を超えたので、
去年よりは2024年、今年のほうが年収は増えることにはなるでしょう。
でも会社員のときほどにはならないでしょうね、このペースでやっていたら。
だって来年とかどうすんの、どっかでもうちょっと稼がなきゃいけないってなるのか、
06:03
なんとなくこのままのらりくらりとやっていくのか。
でも今40歳だけど、このまま40年とか生きていくのは難しい感じがしてるから、
どうしましょうね、あんまり今は労働に対するモチベーション高くないけど、
こんな感じで40年生きていくのは難しい気はするよね。
どっかでまたワッショイワッショイと、ゼクゾっていう時期があるんでしょうか。
去年は本当にのらりくらりとやっていてですね、
でも今にして思うとね、あれは自分の一旦40歳まで生きてきて、
次の40年どうしようってつもりで無職期間っていうのを設定してみたんだけど、
今年が明けてみて、去年1年そんな感じで過ごしてみて、
年が明けて3ヶ月経ってみてみると、なんかタレ巻きしてたんだなと今は思ってます、2023年は。
2023年さ、気持ちの向くままに何か手出してみたり、誰かと関わってみたり、
何かを始めてみたり終わらせてみたりとやった結果、
2023年終わった時点でですね、なんやかんやで定常的に関わってるプロジェクトみたいなのが、
ざっくり1,2,3,4,5,6個ぐらい関わりがあるプロジェクト、一応プロジェクトとして何かしらの活動体っていう意味ではね。
それとは別に、このポッドキャスト純木生活とか、これの前からやってた2020年からやってる気まぐれFMってポッドキャストとか、
あるいは2019年8月23日から書き続けてるテキストの日記もあるので、そういうのも入れるともうちょっとあるんだけどね、
継続的に自分が取り組んでいるものっていう意味では。
自分一人で完結せずという意味だと、プロジェクト6個と気まぐれFMとっていう感じか。
それでね、楽しいから、2024年も一旦2023年の延長みたいな過ごし方でOKってことにしようと思って、
もう1年こんな調子でやってみようと思って3ヶ月経ったところですね。
でですね、2023年を種まきと先ほどそんな表現をしましたけれども、
種まきというからには芽が出て大きく育って、そこで実がなって、実の利というものを期待するわけですよね。
種まきで言えば。その実りっていうのが、場合によっては稼ぎだったりすると思うんですけども、生活費になるようなね。
09:08
僕去年、別にこれはお金にならなくてもいいやと思って、
でも自分としてすごくいい意味のあることだと思うから関わるってやったものがいくつかあってね。
例えば小学校のボランティア活動とかって、種まきというかね、投資といったらいいのかな、自分への。
小学校のボランティア活動かかっていたからといって、その後の自分の稼ぐ能力が高まるかっていうと、
直接的にそういうことを期待するのは難しいと思ってるんですよ、正直。
小学校からお金もらおうと思ってないしね、僕もね。
でももらえたとしても、会社員時代に稼いでいた学費と比べたら、
たぶんビビってあるものになるだろうから、そこからもらってもしょうがないというか、
公立小学校なんで松本市の財源からっていうことになりますし、
それだったら教員の方の給料に回してもらったほうが多分トータルでいいと思ってるんで、
別に小学校のボランティアとして関わることに何か身乗りを求めてるわけではないんですけども、
ただ自分の心の栄養には十分になってるので、すごいやってよかったなと思ってるんですよね。
だからこれが本当にわからない、後から、今は何か未来に対して期待してるわけじゃないんだけども、
後から見たときに、小学校で過ごしてた時間が今役に立ってるなって思える日が、思える瞬間が、
一瞬でも僕の生きてる間にくれば全然元は取れたなって思える。そんな感じで変わってますね。
金銭的な見返りみたいなのは全然期待してないし、もし金銭的な見返り期待するんだったら他のことやったほうがいいと思いますね、はっきり言ってね。
2023年はそんな感じで、何が自分の人生を豊かにしてくれるかわからないから、思いっきり自由に使える時間を確保した上で、
会社員を続けていたらやらなかっただろうことに手を出す、興味のままに手を出してみるっていうのをやって、
だから物によってはない。小学校のボランティアは多分極端な例で、一切これはお金とかそういう話にはならないだろうなって期待でやってるんだけれども、
その逆側が雇用、会社員になって月々これだけもらえる年収これぐらいになるっていうのを期待して、
その期待に織り込んでやるわけじゃなくて、その間ぐらいのものが結構あって、これは今すぐ全然お金にならない。
例えば今月これに30時間、時間を使ったとしても今月の給料みたいなのが毎月織り込まれるってことはないけど、
まあなんかこれに関わることで、3年後とか2、3年内に何かしらに何かしらの機会、稼ぎなり何なりになったらいいな、
12:14
もしかしたらそういうこともあるかもなーっていうテンションで関わっていたものもいくつかあるって感じなんだよね。
そういうのを見ながら、お金、僕はあんまりお金に対してモチベーションが高いタイプじゃないと思うんだけれども、
とはいえお金がないと生活していけないし、自分一人じゃなくて、僕がいつどれぐらい稼ぐかっていうのはさ、
僕一人というよりは妻と二人で今チームで活動してるっていうか生活してるんで、
チームの生活に大なり小なり影響してくる話なんで、
あまりにもお金は別にとか言って、極貧生活とかになっちゃうとわかりやすく幸福度が下がっちゃうかなと思ってるんで、今のところは。
極貧生活みたいなね、食べるものにも困るレベルにはならないようにしようと思ってるんですよね。
そんな感じで、あんまり真面目にポートフォリオ組んでどうこうとか、
数年後の収支のスプレッドシートとかがあったりするわけじゃないんだけども、
とはいえ何も考えずにいたら生活が破滅しちゃうと思うんで、ぼんやり考えてはいます。
この3ヶ月、思ってたより自分が2023年末の時点で、
なんとなくこんなふうに進んでいったらいいなと思っていたLINEよりは、
はるかにいろんなことが勢いよく進んでいて、そのうちのいくつかを話すか。
まずはティーチャーティーチャーっていうポッドキャスト、
お育てのラジオティーチャーティーチャーっていうポッドキャスト番組があって、
それは一つポッドキャスト番組なんだけど、
そのポッドキャスト番組を制作してるチームっていうのは、
別にポッドキャストだけをやってるわけじゃなくて、
教育分野に関してプロジェクトをやっていて、
ポッドキャスト番組はそのうちの一部っていう位置づけなんですよね。
そのプロジェクトに関わらせてもらうようになって、
そのプロジェクトが取り組みが拡大していって、
軌道に乗ったらお仕事につながるようなことは、
もしかしたらすごいうまくいけば将来的にそういうこともあるかもしれないなってね。
15:00
去年の段階からそういう話は仲の人たちも知ってたんですけれども、
そのティーチャーティーチャーが第5回ジャパンポッドキャストアワーズで大賞を取って、
日本一のポッドキャストにいきなりなったので、
急にいろんなことが進んでいて、今僕の関わり方っていうのも変化があったといっていいでしょう。
急に具体的にいろんなことが進み始めているので、
僕も去年以上に今のほうが強い関わりを持って接しているので、
これは今すっごく楽しい。
目の前のことに関しては直接別に稼ぎにどうするとか、
そろそろお金を、なんて僕から言い出すつもりは一切ないんだけれども、
プロジェクトとしてはかなり関わる人も増えてきてるし、
世の中に対するインパクトっていう意味でも、
去年とは全然違う規模でものが動いていきそうで、
そこに去年以上にがっつり関わらせてもらってるんで、
それがすごい楽しいですね。
このまま楽しいことになっていってくれると思っていて、
これが1個目が出た感じで、
自分の去年まいた種のうち1個が目を出して、
今日の自分の日々を形成する1つの大事な要素になってるなって感じですね。
もう1個が趣味でプロダクト開発を去年の11月ぐらいからやっていて、
最初の2ヶ月ぐらいずっと1人で考えて、
1人でプロダクトを制作して、
こんな感じかなとかってやってたんですけど、
途中で2ヶ月ぐらい1人で作った後に、
ちょっとこれをうまく、
このプロダクト開発をうまく軌道に乗せていきたいなと思って、
ちょうどその時に、
あの人と一緒にやったら、
これなんかもっと面白くなるかもって思い浮かんだ人がいたんで、
声をかけて、今はチームを組んでやってるんですよ。
それがこの3ヶ月ですごく進んで、
少なくとも開発チームのメンバーは毎日使うようなものになっていて、
毎日自分たちで、
ドックフーディング的に自分たちが利用者としてそれを触っては、
ここもっとこうだったらいいのになとか、
データ増えてきたらこれだと使い物にならなくなっちゃうねとかって話をしながら、
ちょっと前にアルファ版リリースみたいなのやったんですよ。
なんで開発チームとは別にアルファ協力者みたいな人で、
限定的にあなたにアルファの協力をお願いしますっていう人を入れて、
18:01
その人にも触ってもらって、
思うことあったらフィードバックもらって、
さらにプロダクトを改善していくっていうのをやっているとこですね。
まだ全然本格的なリリースはまだ遠いなと思ってるんですけれども、
今年はこれを世に出して、
一般リリースっていうんですか、
ローンチして誰でも使ってもらえるようなプロダクトになるところまで、
少なくともリリースまではこぎつけて、
自分が去年の秋ぐらいからこんなのあったらいいかなと考えてきて、
少なくとも自分が使いたいものはできてきてるんで、
それを世に出して、果たしてどれだけの人に喜んで使ってもらえるのか、
どれだけの人の生活の中でちゃんと価値を生み出すようなプロダクトにできるのかっていうのは、
一個勝負のポイント、勝負したいポイントだなと思ってます。
なかなか自分がこういう気持ちになるのって珍しいんですよね。
あんまり勝負っていう感じのメンタリティで生きてないんだけど、
今作ってるものは世にぶつけてみたいなっていう気持ちがあります。
これは多分にティーチャーティーチャーがポッドキャストでやっていくぞって言っていて、
それで大賞を取ったっていうのを間近で見たことで結構たきつけられた感じはしていますね。
なんでこれも去年一人で植えてすっごいちっちゃい種を植えたのが、
今は仲間がいて、アルファリリースとかこれから本格的にリミテッドアルファを
もうちょっと多くの人に限定で入ってもらって回していくっていうのをやるんですけれども、
一人でやってるときだといくらでも言い訳できるし、いつでも辞めていいっていう選択肢が常にあるんだけど、
やっぱり開発チーム作ってアルファユーザーみたいな人巻き込むと、
だんだん自分の気分で辞めていいものじゃなくなるというか、
辞めたかったら辞めてもいいんだけど、ここまで協力してもらってるのに辞めたくないなっていう気持ちが自然と湧いてくるので、
この感じでやりたいですね。他にもいくつかあるんだけど、
明確に今目が出てるなって感じてるのは、今関わらせてもらってるティーチャーティーチャーの活動。
今年たぶんすごく面白いことになると思うんで、いい景色を一緒に見ることができるんじゃないかなと思って楽しくやってるのと、
趣味で去年一人で作り始めたプロザクトが明確に自分一人で1馬力で漕いでた。
これよりはフェーズが次のフェーズにいっていて楽しくなってきてるところなんでね。
これが毎日楽しいんですよね。なんで2024年のQ2、Q3、Q4とこの辺を育てていくような日々になるのかなと思っています。
21:01
はい、それで今後ご飯を食べていけるのかは何にも分かりませんけれども、
今のところは別に生活に困ったりしてないんで、2024年いっぱいは今みたいなペースでやっていきたいかな。
やりたくて面白いと思っていることに、興味の向くままに全力を出せる状況を維持していきたいなと思っています。
はい、分からない。どこかの未来では、だめだ、やっぱり風邪がなきゃだめだって言ってるかもしれないんでね、
その時はこういうふうにやってほしいなと思います。
はい、そんな感じで2024年のQ1、皆さんはどんな日々を過ごしていたか、また次のエピソードでお会いしましょう。バイバイ。
はい、4月からも頑張って楽しくやっていきましょう。それでは。
21:54

Comments

Scroll