1. 流行りモノ通信簿
  2. EP.123EX|オムニバス・ハヤツ..
2021-09-08 1:00:00

EP.123EX|オムニバス・ハヤツウ - 引き続き10周年記念です7 -

第123回放送に加えての追加エピソードです。

00:01
Speaker 2
みなさん、こんにちは。この番組、流行りモノ通信簿は、身近な流行りをテーマに話して学ぶ、有力て浅めの情報バラエティ番組です。
毎週日曜0時配信、本日もHonestとKoheiでお届けしまーす。
そんなわけで、Koheiさん。
Speaker 1
どうも、Koheiでーす。
Speaker 2
えー、今日はね。
うん。
ちょっと前回言ってなかったんですけども。
Speaker 1
おー、言ってなーい。
Speaker 2
唐突にね。
Speaker 1
急に来る配信。
Speaker 2
あれ?今日あれ?みたいな。
あれ?
みなさん、なんか。
配信間違ってますよ?みたいな。
お声が届きそうな、この感じなんですけど。
Speaker 1
そうですね。また、ご指摘の声が。
Speaker 2
いや、別に。間違いじゃないのよ、今日の配信。
あ、そうなんですか?
Speaker 1
今日はちょっとですね、毎週の日曜日の配信から、ちょっと出まして。
出まして?
Speaker 2
ええ。出ましてっていう表現もおかしいけどね。
まあ、昔で言うところのおまけ編なんですけど。
Speaker 1
おまけ編?なるほど。
Speaker 2
あのー、まあ今で言うと、あれですか。
ソサタワ?
ソサタワじゃないのよ。
Speaker 1
違うの?
Speaker 2
まあまあ、でもソサタワだね。
Speaker 1
ソサタワのつもりでどうぞ出ましたけども。
Speaker 2
ソサタワだわ。
Speaker 1
入り物通信簿、ソサタワ。
Speaker 2
ソサタワって言っちゃったらあれだろう。
Speaker 1
え?え?え?え?違う?違うの?
Speaker 2
ソサツー?
いやいや、うちソーサーって言ってないのよ。
Speaker 1
ソーサーたちの通信簿じゃないの?これ。
Speaker 2
読む人全部ソーサーになっちゃうけどね、そしたら。
Speaker 1
怒られる。怒られるわ。
Speaker 2
リスツーかな。
リスナーによる通信簿、リスツー。
Speaker 1
そうだな。ソサタワってより怒られるからな。
もうちょっとなんか怒らなそうな人のパクりたいな。
なんだろうな。
んー、7603からパクるか。
Speaker 2
フロックです、フロック。今日はフロックです。
フロック会でーす。
普段は漫画のことについて語ってるんですが、
今日は2人の雑談をお送りしたいと思います。
Speaker 1
短めの番組になってまーす。
Speaker 2
違うのよ。雑談じゃないのよ、今日。
Speaker 1
フロックって聞きましたけど違うんですか?
Speaker 2
フロックはフロックなのけど、
オムニバスハヤツーですね、うちで言ったら。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
お便りが今、大変たくさんいただいてるという現状がございますので、
Speaker 1
去年の10月、11月くらいにいただいた、
Speaker 2
10周年記念のプレゼント応募のお便りというのがまだまだたくさんあるという話を
延々ずっとこの1年間こすり倒してきたわけです。
Speaker 1
そうだね、1年間ずっと言ってるね。
Speaker 2
いよいよ来月10月なんですよ。
Speaker 1
そうだね、いよいよ11周年迎えるね。
Speaker 2
僕は冗談でずっと、1年間が10周年だからみたいなこと言ってたのが、
03:03
Speaker 1
いよいよちょっと終わんねえなってことに気づきまして、
Speaker 2
その言い訳通じなくなってきたんですよね、正直。
Speaker 1
冗談が冗談じゃなくなる瞬間が来るね。
Speaker 2
嘘から出た真ことっていう、こういうことなんだろうなって思うんですけど。
ということもありまして、
それこそユトタワさんじゃないですけど、
お便りがたくさんありますので、
ちょっと変則的に今回はお便り会というところでやらせていただこうかなと。
Speaker 1
なるほどね。
はいりもの通信本によるソサタワフロクがやってくるわけだ。
Speaker 2
そういうことです、そういうことです。
ソサタワフロクってお前は2つの番組から取ってくんじゃないの?
まあでも、今回一本になるか、もしくはまだあるなと思ったら、
9月、10月あたりでまた水曜日あたりに配信されてると思うんですけど。
Speaker 1
なるほど、水曜日に臨時配信じゃないけども、
Speaker 2
そうですね。
Speaker 1
ちょこちょことお便り会的なのをやっていこうと。
Speaker 2
そう、臨時配信をやっていこうじゃないかというところで、
今日は久々の臨時配信でございますよ。
Speaker 1
ってことは9月最終週くらいになって、
全然終わんねえよとか言って毎日配信してる未来があり得るってこと?
僕の予定では、9月に読み切るっていうよりも10月に読み切ろうかなと思ってる。
なるほどねー。
Speaker 2
まだ2ヶ月ある。
Speaker 1
なるほどねー。
Speaker 2
なのでそこら辺はちょっとみんな多めに見てね。
Speaker 1
うまいことごまかしていこうというスタンスでございます。
Speaker 2
ということで、今日はオムニバサヤ2なんですよ、小平さん。
なので早速お便り読んでいってよろしいですか?
Speaker 1
お願いします。
Speaker 2
ということで1通目のお便りでございます。
ブルーダイバーさんからいただきました。
Speaker 1
どうもでーす。
Speaker 2
初めましてということで。
うん。
ホンネストさん小平さん、初めまして。
10周年おめでとうございます。
Speaker 1
ありがとうございます。
Speaker 2
私は今年から聞き始めました。
Speaker 1
ありがとうございます。
Speaker 2
去年ですね。
Speaker 1
あ、そうかこれもらったの去年の12月ですって。
Speaker 2
はい。
もう9ヶ月経とうとして。
Speaker 1
まだ聞いてるといいな本当に。申し訳ねえ。
Speaker 2
なぜかというと今年1月に子供が生まれまして、その育児休暇中にポッドキャストを聞き始めてました。
いろいろ探してる中で面白そうな番組があるなと思って聞き始めたのがきっかけです。
Speaker 1
面白そうな番組って思ってもらえたんだね。
Speaker 2
よかった。
Speaker 1
すごいさすがあのアートワークだぜ。
Speaker 2
え、ディスってる?
確かにあのアートワークで面白そうだなって感じるのはなかなか難があるなとは思っているけれども。
Speaker 1
でも何でだろう何がどう面白そうと思ったのか聞きたいぐらいだけどな。
Speaker 2
いや確かにね。
入り物通信簿っていうネーミングからなのか。
そうだな入り物通信簿っていうネーミングだいぶ面白そうだもんな。
え、ディスってる?
Speaker 1
自分で言っててつらくなってきたよ。
Speaker 2
回数は少なかったですが、子育ての話の回答がためになるなと思って聞いていました。
06:01
Speaker 2
うんうん。
花水救援機はまだ購入していませんがスタイは購入しました。
ほうほう。
ベイビービョルンのやつね。
Speaker 1
あービョルンのやつね。
Speaker 2
ビョルンのやつね。
今、保育園探しに難航しているところです。
ほうほう。
保育園入った時に大変だったこととかありますでしょうか。
Speaker 1
うんうん。
Speaker 2
またもし育児ネタがあればたまにやってもらえると嬉しいです。
Speaker 1
うんうん。
Speaker 2
個人的には家電会が好きです。
おうおう。
我が家では炊飯器はゾウ、掃除機はアイリス、トースターはバルミオダとバラバラなんですが。
Speaker 1
いい暮らししとるぅ。
Speaker 2
関連するものは揃っちゃってるので。
あ、シャープはない。
Speaker 1
あ、えぇ。
Speaker 2
誇張している部分も含めて面白く聞いています。
Speaker 1
ちょっとシャープは結構今致命的だぜ。
Speaker 2
聞けば聞くほど早く出会って聞いていたかったなと思っています。
うん。
これからも楽しい番組が続くことを願っております。掛けながら応援しております。
ということでいただきました。
ありがとうございます。
Speaker 1
どうもでーす。
Speaker 2
これ保育園探しに難航しているのが去年の12月ということはおそらく今年の4月くらいにもう保育園入られたんですかね。
Speaker 1
そうだねー。
入れてるといいなー。
Speaker 2
で、奥さんも会社復帰されてということなんでしょうね。保育園ということはね。
そうだねー。
Speaker 1
うーん。
まあリアルタイムに僕んちがそろそろ息子が保育園に入ろうという頃なんでね。
Speaker 2
そうじゃん。本当だ。
Speaker 1
そうなんですよ。いよいよですよ。いよいよ僕と息子の二人きりの土日がやってくるんですよ。
Speaker 2
このね、そうかそうよね。奥さんまあ土曜日働いて帰れてるっていうのもあるしね。
Speaker 1
そうそう。うちの嫁さん平日休みなんでね。ちょっと前にゲームなんとか辞めたのもありますけどもね。
まあ昔はやつもゲームなんとかも土曜日収録普通でやってましたからね。
Speaker 2
まあ今でもね、土曜日収録やってるっちゃやってるけど。
Speaker 1
まあただ息子が保育園入って嫁さんが復職してってなるといよいよ土曜日曜収録が不可能になってくるでね。
Speaker 2
まあね。
Speaker 1
なんかライフスタイルって変わるね。
Speaker 2
いや普通のこと言ったな今。
Speaker 1
まあ別にね。なんか何か頑張る話もできるわけでもなく変わってくなって思うだけの。
Speaker 2
だからそういう意味で言うとこれから収録はもうこの、今これ収録してんのは夜夜中の11時とか12時なんですけど。
うん。
このテンションになっていくってことだよね。
Speaker 1
そうだなあ。あくびしながらやることもあるかもしれんなあ。
Speaker 2
その時はもう小江さんの加工音源からうんとあーなるほどをちょっと取ってくるから。
俺の回の時はね。
まあでもこれから夜収録が増えることになるんですよ皆さん。
Speaker 1
そうですね。まあ夜収録で済めばいいですけどね。
まあ早祖だってダメだ今週無理とか言って休む時もあるかもしれませんのでね。そういう時は本当ごめんなさいね。
Speaker 2
そうかそういうことが起こり得るもんね。
Speaker 1
まあね僕の都合もあるけどもおねつと側だってねやんごとなきこと起きるかもしれんからね。
09:00
Speaker 2
まあ言ってないけどちょいちょい小江さんごめんみたいなあるからね。
Speaker 1
まあねそれはあるよね。
Speaker 2
平日にみたいな。過去に何回もあったから。僕はもう何も言えたきりじゃないですよ。それはもうわかってるしね。
Speaker 1
まあでもねこう変わるよね変わるというかね。
まあなんか自分でも思うね。
あのポッドキャストを趣味でやってるポッドキャストを続けられなくなる時ってこういう変化が起きる時なんだろうなって思うよね。
Speaker 2
そうね。
そうだね。
まあ他のいろんな番組さんもきっといろんなライフスタイルが変わって辞められていく方々っていっぱいいたからね今でもね。
今までもね。
Speaker 1
しょうがない話なんだろうなと思うよね。
Speaker 2
ずっと同じ環境っていうのもなかなかできるなんだろうな生活スタイルが変わってもできる方ももちろんいらっしゃるだろうし。
なかなかねやっぱり優先順位がそれぞれありますから人には。
Speaker 1
そうなんだよね。あくまでもねこのハヤツなんか趣味だからね。
Speaker 2
そうね。
Speaker 1
でもね逆にねこう趣味だからこそねあの去年とかのジャパンポッドキャストアワードとかでねギリギリでもショーに入れたのは嬉しいなと思ってるよね。
Speaker 2
そうだね本当だね。
Speaker 1
もうピュアにこう嫁さんに入ったなーって言っちゃったもんね。
Speaker 2
この前久々に兄貴と話した時に言ったもんね。
おお。
入ったんだよって。ジャパンポッドキャストアワード10年目に入ったんだよって言ったらうーんって言われそう。
興味。もっと興味入れて。
Speaker 1
まあまあまあポッドキャストのなこうまだ世間的にちょっとまだこう上り詰めてないからね。
Speaker 2
そうねいやわかるよ。
Speaker 1
何かこう例えば5年10年経った時になポッドキャストってもう日本国民も二人にそれが聞いてるぜってなった時にこうジャパンポッドキャストアワードの歴代受賞者がこうズラーって並んだ時にあれハイレモンズシンポン入ってんだ。
すごいじゃんあの番組みたいな。
Speaker 2
そう2年目の初めてのリスナージチョイスでハイレモンズシンポン入ってんだってなれればね。
Speaker 1
この時はユトタワさんと並んでんの?すごない?みたいな。
Speaker 2
あのユトタワと?みたいになるわね確かに。
Speaker 1
並んでんの?みたいになるかもしれない。
Speaker 2
今やユトタワのお二人は普通にラジオ出てますからね。
Speaker 1
ハイレモンズシンポンって墓場のラジオさんとユトタワさんと同じイベント出てたの?みたいな。
Speaker 2
今やもう見る影もないという。
ほんとにこのことですよ。
Speaker 1
随分と差がついたもんだ。
Speaker 2
ユトタワさんはユトタワさんでも爆発的だし、もうあの二番組さんどもね、もうあの雑誌にも載られてますし。
Speaker 1
フンって言われちゃったよ。フンっていう間奏でしまっていくよ。
12:01
Speaker 2
いや、だいたい全部フンだよ。
俺たちはだいたい同じところでずっといるんだから。
Speaker 1
まあまあでもね、こう登りきることもないんでしょうけども、ただちょっと背伸びした位置で頑張っていきたいなと思ってますよ。
Speaker 2
まあでもほら、言うじゃないですか。あの滑走路を長く走った方が長く飛べるって。
Speaker 1
言うの?そういうことわざあんの?
Speaker 2
なんかあの秋元康先生が書いてたわ、歌詞で。
Speaker 1
そうだね、写真集の帯とかに書いてそうだもんね。
Speaker 2
そんなようなこと書いてた。365日の紙飛行機とかなんかで書いてた。
Speaker 1
康、紙飛行機は滑走路ねえぞ。
Speaker 2
ってことでね、かげながらでなく全面的に応援していただいてもいいのでね、ぜひ。
そうだね。
これからもよろしくお願いしたいと思いますよ。
Speaker 1
よくわかんないけど応援代とかできてると嬉しいなって思いますね。
Speaker 2
はい、そして続いてのお便りに行きたいと思います。
ドロマナ・ミエラさんからいただきました。
Speaker 1
なんか独特な名前でございますな。
Speaker 2
初めましてということで。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
こんにちは、初めまして。
Speaker 1
ダーマです。
Speaker 2
今年4月頃から聞き始めました。
Speaker 1
お!なんか似たパターン。
Speaker 2
最初にブレンのお話が出た時に欲しいと思いつつ、こういう早い物勝ち系のものはことごとく逃すタイプなので数週間傍観していました。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
まだいけそうかなと思い、ようやく重い腰を上げて初めてお便りをお送りします。
Speaker 1
ありがとうございます。
Speaker 2
ここで間に合わずに漏れたとしても悔いはありません。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
コロナ禍で週2回出勤体制、残りは自宅勤務となり、運動不足解消のために仕事帰りは六本木から渋谷まで徒歩にする習慣の中で、
耳は開いているので情報を入れることにしようとポッドキャストを聞く時間にしました。
おー。
いろんな番組を聞く中で、ハヤツは定着して毎回楽しみに聞かせていただいております。
Speaker 1
なんで?
Speaker 2
そこ疑問に思っちゃダメよ。さっきもそうだけど。
俺もなんでと思ってるんだけど。
ありがたいことじゃない?定着的に。
Speaker 1
嬉しいな、嬉しいぜ。
Speaker 2
なんでっていうのは、俺たちの恥ずかしさからくる強がりよ、みんな。
Speaker 1
みんな投票よろしくな。
Speaker 2
お二人の会話が面白くて、六本木通りの結構たくさん人が歩いているところで思わず声を上げて笑ってしまって、
自分の笑い声が街の雑踏と車の騒音にかき消されていることを祈りつつ、あることもある今日この頃です。
言い回しが素敵だね。
Speaker 1
でも思わず声を上げて笑ってしまったときは、
うわー、エレベーター絞って面白いなーっていうところまで言って正解かな。
Speaker 2
いやもう変態や、それはもう。
それはもう変態。
気持ち悪いと思われちゃうからね、周りの人から。
Speaker 1
その発言を聞いた周りの人が、
流行り者通信法ってなんだって思いながら帰っていくからな。
Speaker 2
いや、そこに引っかかる人はほとんどいなくて、
なんか今日さ、怖い人いたんだけど。
Speaker 1
えー、東京の人って冷たいなー。
15:02
Speaker 2
冷たくはないのよ。
いや、仮に宮城でもそうなるのよ。
Speaker 1
そんなことないと思うなー。
宮城の田舎っぺどもは流行り者通信法ってなんだろうなーって。
原作する?
帰りの道の中で気になってしょうがない。
Speaker 2
でもなんだろうな、残念なことに流行り者通信法の正しい表記をさ、
多分一発で当てれる人いないと思うんだよね、耳から聞いたら。
Speaker 1
そうなんだよ、流行り者通信法最大の弱点は検索で、
iTunesは特にな、
Apple Podcastは最近だいぶ緩くなってきて検索精度が悪かったんだー。
Speaker 2
そうなんだよ、漢字平仮名はカタカナ漢字だからね。
Speaker 1
そうなんだよ、そんなあなたは乃木坂で検索してください。
Speaker 2
あの、だいたい出ますからね。
だいたい出ますから。
これからも楽しい放送をよろしくお願いします。
寒さが増してきたおり、お二人も健康にはくれぐれも気をつけて、
心身ともに元気でお過ごしください。
では、また。
Speaker 1
もう季節が一周巡って寒さが増してきたからな。
Speaker 2
いや、マジでね。
Speaker 1
マジだよ。
Speaker 2
いや、でも、次の本当に寒さ厳しいときまでは全部読みたい。
そうだな。
いやいや、でも、すごいですね。六本木から渋谷まで歩くって結構な距離ですよ。
Speaker 1
もう覚えてないけど、どのくらい歩いて二、三十分かかる?
Speaker 2
いや、二、三十分で行けるかな?
Speaker 1
あ、もっとあるんだ。やばー。
Speaker 2
おー、だって。
え?え?
え?青山墓地の方から行くってことなのかな?
青山墓地から行くと結構あるよ。
そこだって原宿行っての青山学院通ってのわーっと一時小屋があるから。
でも、もしかしたらトンネルの方なのかな?
んー、わかんないな。
Speaker 1
早津、長さ的に丁度いい?
Speaker 2
あ、でも丁度いいと思う。丁度いいかもしれない。
Speaker 1
なんか中途半端なところで切れたりしない?
Speaker 2
あ、でもさ、たぶんこの方は渋谷からまで電車に乗るでしょ?
うん。
だからその家に帰るまでには絶対終わってるよ。
Speaker 1
なるほどー、よかったー。
終わってればいいな。
Speaker 2
まあ、中途半端に二本目始まってるかもしれないけどな。
Speaker 1
その可能性はいなめないね。
Speaker 2
なんとか明日も途中から聞こうみたいな。
Speaker 1
まあまあ、でも聞いていただいてる分には本当にありがたいかもしれない。
ありがてーっす。
はい、ぜひね、出勤、今の状況でどうかわかりませんけども。
Speaker 2
そうだね、まあこのお便りくれた時とはまた事情が変わってるかもしれませんけどもね。
だいぶ感染者も増えましたからね、東京近辺では。
Speaker 1
そうだね。
はい。
Speaker 2
ぜひお体にお気をつけてね、過ごしていただければと思いますよ。
うんうん。
はい、では続いてのお便りです。
うん。
レミさんからいただきました。
ブレン欲しいよ。まだありますか?
Speaker 1
うんうん、どうもです。
Speaker 2
はじめまして。
2ヶ月ほど前からリニューアル後のハヤツーを聞き始めました新参リスナーです。
Speaker 1
おお、同じようなパターンが3連発。
すごい。
Speaker 2
と言ってもラジオクラウドでハヤツーを発見してから。
え?
18:00
Speaker 2
え?
ラジオクラウドでハヤツーを発見してから。
Speaker 1
ラジオクラウドでハヤツーを発見してから?
Speaker 2
発見いただいたんだ、あの中から。
Speaker 1
これはミステリーの予感。
Speaker 2
ミステリーではないよ、別に。
ただ、すごい気になるのは、あの数ある、数多ある、超有名ラジオ番組が密集するラジオクラウドの中からハヤツーを見つけていただいたって、ミステリーだね。
Speaker 1
ミステリーでしょ。
Speaker 2
すごいな。
どうしたんだ?
Speaker 1
わかんない。
なんかやっぱり、赤だから、アートワーク赤だから。
Speaker 2
まあね、幸いなことにラジオクラウドさんも同じ赤色なんですよ。
Speaker 1
あ、公式番組っぽいのかな?
ぽいかもしれない。
Speaker 2
なるほどな。
なんかすごい色がマッチしてるなって個人的に思う。
Speaker 1
確かに確かに、アプリカラーとほぼほぼ同じ色だもんな。
Speaker 2
しかもオリジナルっていうカテゴリーだからさ。
Speaker 1
本当だ、ラジオクラウドオリジナルっぽい。
Speaker 2
いやでもありがとうございます。
最初は気になるトピックを数話聞き、今はオムニバスと坂道グループの話以外を驚きにしまいました。
Speaker 1
出た出た。
Speaker 2
これよ。
これさ、オムニバスと坂道グループの話以外ほとんど聞いたってことは、このオムニバス聞いてない可能性あるからね。
Speaker 1
あ、本当だ。
Speaker 2
お手紙オムニバス読んでますから。
Speaker 1
そうすか。
Speaker 2
坂道グループの話聞いてもらえないんだよな。
Speaker 1
まあ、ホネスといじるよね。
Speaker 2
これいじられてるのかな?マジなのかな?どっちなんだろう。
Speaker 1
いじりだと信じたいけども。
信じたいね。
そのいじりだよね説が出てるのは大体オムニバスだという説はあるんだが。
Speaker 2
あ、そうか。そうだよね。もうこの人はいじってねえな。
Speaker 1
いやでもな、この書き方は坂道の話みんな聞かないんだよねってホネスの口を聞いた上で書いてるしか思えないんだよな。
Speaker 2
そうだよね、確かにね。
Speaker 1
いや聞いてんのかオムニバスわからんな。わからんぞ。いじりなのかいじりじゃないのか。続報待ちしております。
Speaker 2
いじりであってほしい。
Speaker 1
本当だよね。ガチだったらつらいもんね。
Speaker 2
で、もう全部聞き終わって聞くもんねえやん。でもとりあえず早札聞こうと思って、やむを得ず坂道グループのやつ聞いてもらってもいい。
Speaker 1
そうだな、遠藤さんがとか言ってる話だから。
Speaker 2
野球選手みたいだなっていう、小平さんのあのね。
Speaker 1
どっちがセカンドでどっちがショート?とか言うの。
Speaker 2
野球をあまり知らない小平さんがなんとかひねり出したあのボケをね。ぜひ聞いていただきたいなと思いますけど。
会社員でありながらとても面白いお二人の掛け合いに楽しく聞かせていただいております。
ありがとうございます。
そしていつも気になっているのが配信方法です。対面で撮っているようなタイミングと音質だったので東京宮城館で話しているとは驚きでした。
あと編集も自然な感じだったので実際どれくらい撮って編集にこれくらいかかってるみたいな裏側を聞いてみたいです。
21:03
Speaker 2
これから毎週楽しみに聞きますということでいただきました。
ありがとうございます。
Speaker 1
編集どのくらい時間かかってますか?
Speaker 2
収録がだいたいうちの番組1時間前後くらいじゃないですか。
Speaker 1
そうだね、1本あたりね。
Speaker 2
1本あたり1時間ぐらい。だいたい2本撮るので2時間から2時間半ぐらい撮るんですよね。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
1日ね。
編集は正直それの1.5から1.7掛けぐらいかかるんですよ。
Speaker 1
じゃあ1時間撮ったら1時間半ぐらい編集してる?
Speaker 2
そうそう。1時間半から40分ぐらいは結局1時間は確実にかかるわけじゃない。聞き直すから全部。
Speaker 1
まあそうだよね。
Speaker 2
聞き直しながら、これあんまりうちの番組内で言ったことないんですけど、結構編集してるんですよ。
もちろん編集ないように自然な形では編集してるんだけど、何を編集するかって2人の会話をかいつまむとかっていうことよりも、
やっぱり対面収録でないので、最近はそんなに気にならなくはなってきたんだけど、やっぱりどうしてもお互いに収録してるじゃないですか。
小江さんは小江さんの音声を自分で撮ってるし、僕は僕の音声を自分で撮ってるので、やっぱりそれぞれの音源でそれぞれの人の声しか入ってない。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
それをタイミング合わせて2本一緒に再生をして、ちょっと変な間が空いてるなとか、ここ噛んでるなとか、小江さんここ噛んでるからここ綺麗にしようとか、
Speaker 1
ここの話はちょっと周りくどいからいらないな、切っちゃおうとか、そういうのを僕が普通に再生しながら聞いていて、気になったところ全部カットしてその間の調整とかをしてるんですよ。
Speaker 2
その上で1.5から1.7倍くらいの時間がかかるので、
そうですね。だいたいね、1本あたり前、何回か測ったというか数えたことあるんですけど、
一つの音声ファイルを1とすると、それを280分割くらいしてます。
Speaker 1
じゃあなんか小刻みになったファイルが繋がって繋がってみたいな。
Speaker 2
そうそう、280カットして間を調整したりとかっていう感じにはしてるんですけど、
でもね、何だろう、あえて間を詰めるとか開けるとかっていうのはそんなにしてなくて、実は。
何をしてるかっていうと、えーと、とか、まあとか、あのーとか、いらねーなこの言葉っていうものを切ったりとかが多いかな。
24:05
Speaker 1
なるほどねー。うーんとかは切れてるわけか。
Speaker 2
でも必要なうーんもあるのよ。わからないうーん。これいらないうーんね。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 2
でもなんだろうな、えーとかさ、やっぱり言っちゃうじゃん、喋ってると。
Speaker 1
そうだね、説明すると特にね。
Speaker 2
そう、でさ、やっぱりお互いに何か自分が用意したメモを読もうとするときで、えーとかあーとか言っちゃうんだよ、どうしても。
Speaker 1
うん、あとなんか微妙にね、なんか癖づいちゃったなと自分でも思うのがさ、
これスカイプで撮っててさ、別に顔とかお互い見てないで電話形式だったりじゃないですか。
Speaker 2
音だけだからね、お互い。
Speaker 1
僕の話まだ終わってないよみたいなアピールでさ、えーって繋ぐときが自分でもあるなってちょっと思うんだよね。
Speaker 2
あーだから僕が喋り出さないようにでしょ。
Speaker 1
そうそうそう、それの表現みたいな方法でなってるのがいつもにか癖になってるなってちょっと感じてるよね。
Speaker 2
そうそう、でもそういうところは逆に切ってるかもしれない。
Speaker 1
うん、だと思う。
Speaker 2
あとね、どうしても音だけでやってる。
ビデオ繋ぎはいいんだけどさ、でもこのビデオなしでもう10年やってきてるから、今更ビデオつけてっていうのは僕はない、まあお互いにないなと思ってると思うんだけど。
Speaker 1
まあね。
Speaker 2
恥ずかしいしね。
Speaker 1
そうだね、見たくないしね。
Speaker 2
おっさんの顔をね。
Speaker 1
見たらなんか急にテンション下がるかもしれないからね。
Speaker 2
上げてくれそこは。
いやだから、なんだろうな、その対面じゃないがゆえのさ、この空気感、息遣いとかもわかんないし、
それを埋めるために向こうが喋ってないときにこっちは必要以上にあいずちを打ってしまうのよ。
Speaker 1
はあはあはあ。
Speaker 2
ちょっとでも間が空きそうだなと思ったら僕はうんって言うし。
そうすると、なんかうん、うんうんうん、うん、みたいな。すげえ普通に聞いたら鬱陶しいやつみたいになっちゃうから。
Speaker 1
まあそうだよね、あいずち多いとそうなるよね。
Speaker 2
そう、だからそういう必要のないうんは最近は切るようにしてるかな。
うーん。
なんかこう、聞き心地、そうだね、音質とかはもちろんよくするっていうところはあるんだけど、
僕が聞いてて聞き心地がちょっと、なんかああ、これは反応が鬱陶しいなみたいな、
なんかこれちょっと嫌な感じするなっていうところは編集してるっていう感じなので。
Speaker 1
うんうん、なるほど。
Speaker 2
そんな回答でよかったですか。
Speaker 1
まあそうだね、編集の部分はそうだし、あとは別にね、撮るときは普通にスカイプで通話してるよってだけだからね。
Speaker 2
そうだね。
Speaker 1
なんかね、この距離を埋めるための対面に寄せるためのみたいなのはない気がする。
Speaker 2
ああはないね、別に対面ぽくしようとはしてないしね。
さっきのタイミングというかその280分割してますっていうのも、
27:03
Speaker 2
タイミングをあえて対面ぽくしようっていう形にはしてなくて、
実は収録した1本のものをそのまま出しても僕は平気と言えば平気なんですよ。
別に間がおかしいとかっていうことは基本的にないし、そのまま出してもね。
なんだけど、そのお互いの間をちょっと被っちゃった部分とかを一応きれいにした方が聞きやすいだろうなと思ってやってるだけなんで。
まあそれぐらいだと思っていただければいいかなと思いますけどね。
ですって!
うん。
まあもっと詳しい話が聞きたければまたお便りを送っていただければお話しますんでね。
Speaker 1
教えてほねすと君のコーナーへ。
Speaker 2
そんなコーナーねえわ。
Speaker 1
なかったの?
Speaker 2
いや、送ってきていただいていいですよ。懸命で教えてほねすと君って書いてくれればいろいろ教えますけど。
Speaker 1
教えてほね野郎のコーナーでもいいですよ。
Speaker 2
ほね野郎って書く人いないですけどね、今ね。
はい、ありがとうございます。
そして続いてのお便りです。
Speaker 1
はーい。
Speaker 2
キリンさんからいただきました。
Speaker 1
お、キリンさんから。次はゾウさんかな。
Speaker 2
10周年お疲れ様です。
なんでアリさんマークみたいなの。
松本引っ越したか、あっちは。
Speaker 1
キリンさんが来たら次ゾウさんかな。
Speaker 2
ボールペンにつられ初お便りです。
Speaker 1
お、どうもです。
Speaker 2
果物屋をやっているキリンと申します。
昨年末から作業用BGMとしてポッドキャストを利用し始め、偶然見つけたハヤツにドハマり、毎週欠かさず楽しませていただいております。
Speaker 1
なんか今日紹介するの全部なんかこう慣れそめがなんとなく見つけたよっていうのが全部なんだけど。
Speaker 2
ここすごいいっぱいあったんだね。
Speaker 1
なんか最近なんかなんとなくで見つけたよっていうのが今4連発ぐらい来てるんだけど。
Speaker 2
本当だね。なんか偶然なんだけどね。これ別になんかこう順番入れ替えたりとかしてないからさ。
Speaker 1
どうしたのみんな。
Speaker 2
すごいね。偶然見つけたパターン多いですね。
Speaker 1
そうだね。偶然パターンだね。
Speaker 2
聞き始めの頃、メルカリで成果が売れているなんて個人的にかなり有益な情報も得られ、最初は情報番組として現在はバラエティ番組として毎回楽しく聞かせていただいております。
Speaker 1
なるほど。
Speaker 2
お便り多いとのことで言いたいことは短めに。
ほうほう。
様々な変化が生まれた2020年。そんな2020年最後にして最大のニュース。
12月16日バルミューダマザーズ上場。
おほう。
日経新聞にまで変わり者社長テラオゲンとどこまでもいじられるテラオゲンのお話また聞けることを期待しております。
ということでね。いただきました。ありがとうございます。
Speaker 1
ありがとうございます。
Speaker 2
あ、下の方に本当にいつも楽しませていただいておりますと。
補正簿代わりと言ってはなんですが、ケントクさんの希少天書。
Speaker 1
ほう。
Speaker 2
を本日とさんと小江さんにお送りしたいと思っております。
Speaker 1
ほう。
Speaker 2
もしよろしければ宛先を送ってくださいといただきましたが。
うん。
30:00
Speaker 2
えー、送ってません。
Speaker 1
大丈夫でーす。
Speaker 2
これね、そうなんですよ。申し訳なくて毎回受け取るのね。本当に。
ありがとう。そのお気持ちだけで本当にありがとうございますっていうのをいつも言わせていただいてますけど。
そうですね。
Speaker 1
うーん。
ねー。
ポケットマルシェで売ってくれれば買うかもしれないです。
Speaker 2
あ、確かにね。ちょっとじゃあ中田区さんに。
Speaker 1
中田区さんにお願いしまーす。
Speaker 2
でもさ、果物屋さんなんだよね。
うん。
だから農家さんじゃないんでしょ多分。
Speaker 1
え、果物はダメなの?ポケットマルシェ。
Speaker 2
いや、違う違う違う。だってあれ農家さん側が出すやつじゃないの。
その卸した果物屋の屋さんが出すやつ。
Speaker 1
あー。そっか。そうかそうか。直接生産してる人じゃないのか。
Speaker 2
そうなんだよ。そういうことじゃないのかな。
Speaker 1
そういうことかもしれんなー。そうだよね。メルカリで売れるとかそういう情報キャッチだとそうかもしれんなー。
そうね。
じゃあ、大丈夫でーす。
Speaker 2
いや、さらに申し訳ないじゃん。その、なんか、農家さんが送ってくれるのはなんか自分の家用に残しておいたものの中から送ってくれますとかなら、
あ、すいませんってなるけど、果物屋さんはさ、売り物なわけじゃん。
Speaker 1
そうね。ガチ売り物だね。仕入れた売り物だからね。
Speaker 2
仕入れたものをさ、こっちに送っていただけるってめちゃめちゃ申し訳ないじゃん。
そう、本当にね、それはもうお気遣いだけど本当にありがたいので、本当に。ご自身で食べていただければね、いいかなと思いますけど。
Speaker 1
いやー、すごいねー。
Speaker 2
でもね、偶然見つけた人がこんだけ固まるとちょっと面白いですね。
Speaker 1
なんだろうなー。
Speaker 2
何があったんだろう、この時期。
Speaker 1
そうだよね、この時期何あったの、みんな。
Speaker 2
何にもないよね。
Speaker 1
何にもない。入り物寿司坊は何にもない。10周年迎えてたけど10周年って何にもない。
Speaker 2
何なんだろう。
Speaker 1
まあ、突き詰めても別に面白いことはないんだけどね。
Speaker 2
まあ、間違いないね。
バルミューダーのね、まずは事情上のお話を振っていただいたっていうところですけど。
Speaker 1
そうだねー。なんだっけ、この番組で話したのね、バルミューダーテクノロジーができたね。
Speaker 2
あ、そうね、スマホのやつね。
Speaker 1
僕まだちゃんと調べきってなくて、スマホのやつの続報出てからにしようと思ったけども、
ケン君、チーフデザイナーって肩書き変えたよね、あの人。
Speaker 2
変えた。
あれ、わざと?
どうなんだろう。
Speaker 1
ちょっと裏が取れないんだよね。今までデザインチームの大里しか言ってなかったはずなんだけども、
Speaker 2
チーフデザイナーって言い出したのは何か意図があるの?彼ってもう言いながらね。
いや、今までチーフデザイナーだったんだけど、ポエムの中ではそれを言ってなかっただけかもしれないよ。
Speaker 1
そう、だとしたら結構心変わりがあるはずじゃん。
チーフデザイナーって言い始めたとこいつっていうところに僕のいじり箇所があるんですよ。
Speaker 2
確かにね、今まで代表取締役としか書いてなかったもんね。
Speaker 1
そうなのよ。代表、そう、取締役代表って言いながら、
33:04
Speaker 1
言いながら、デザインチームの長が僕なんですけどね、みたいなこと言ってないけど、
ちゃんとチーフデザイナーってなんかアピールしてるじゃん、こいつ。
Speaker 2
確かに書いてたわ。
Speaker 1
あれ?何これ?
Speaker 2
また何?センター試験できんじゃん、ここ。
Speaker 1
そうなのよ、またポエムしっかり読み込まなきゃいけない。
Speaker 2
作者の心変わりを1から4の中から選べるみたいな。
Speaker 1
そうそう、今前振りの情報はちょっと仕入れてるんだけど、ここのいじり方はまだ突き詰めきれてないっていうね。
Speaker 2
いや、まだ出てないしね。でもこれからあと2ヶ月ぐらいで出ますから。
Speaker 1
そうそう、もうちょっとなんだよ、これやべえぞって思いながら。
Speaker 2
これはちょっと期待ですな。
いや、ちょっとそれまでの間に、バルンビオドの株買っとこうかなって。
楽天のポイントで買えるやつみたいな。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
またね、バルミューダはこれからも動きを注目して見ていきたいと思いますよ。
そして続いてのお便りです。
はーい。
かつどんさんからいただきました。
Speaker 1
急に食べ物シリーズ来たぞ。
Speaker 2
ブレンに釣られてお便りしました。
Speaker 1
はじめまして。10周年おめでとうございます。
Speaker 2
ありがとうございます。
Speaker 1
8年ほどサイレントリスナーでしたが、ブレンに釣られてお便りします。
Speaker 2
お、なんか流れをぶった切る、ずっと聞いてる人が現れた。嬉しいね。
これもこれも嬉しいですよ。8年も聞いていただいて。
私は結婚7年目。
子供が欲しいけれどなかなかできないので、夫婦2人で生きていくのもいいよねと考え、ひっそり生きている主婦です。
その中、ほねそさんに子供が生まれていたと聞き、うらやましく。
親さんにもできてうらやましくと思っていたら、今年の春に双子を授かりました。
ほねそさんが買ってよかったものを夫に宣伝し、
花水には高いかもしれないけど双子は大変だろうし、それは良さそうだから買おうとなり、
これはよちよち父も買っておたりしようと思っていたら、お腹の赤ちゃんの脈が止まっており、流産しました。
ご餌のお子様が生まれた頃、流産の手術で婦人科に入院していたので、コロナの中での入院話は共感できました。
Speaker 1
他の部屋から赤ちゃんの鳴き声が聞こえるのが辛かったです。
Speaker 2
今は悲しみも落ち着き、またよちよち父を買うチャンスが来るといいなと思いながら、毎週月曜の流行図を楽しみに拝聴しています。
アイドルや俳優さん、女優さんはほとんど存じ上げないので、ほねそさんのお話を聞きつつ、ネット検索をし、なるほどなぁと世界が広がっています。
またほねたらやってください。
ご餌のボケも好きです。
夫婦揃ってゲーム好きなので、ゲームなんとか二人で聞くことも多いです。
いろいろなことに配慮しながらも、聞きやすく丁寧で笑える素敵な番組だからこそ、ファンも多く愛されているのだと思います。
まとまりのない文章で申し訳ないのですが、これからもお体ご自愛しつつ、配信頑張ってください。応援しています。
いただきました。
Speaker 1
いろんなことがあるよね。
Speaker 2
そうなんです。このお便りは去年の12月にいただいて、この部年を送るときに、僕はそれぞれの方に一筆書いてるんですよ。
36:11
Speaker 2
そのご応募をいただきましたっていう印刷した紙に、下の方にいただいたお便りに対してのコメントを書いてるんですけど。
正直ね、ものすごくいっぱい書こうと思ってたの、この活動さんには。多分いろいろな気持ちがあるんじゃないですか。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
多分活動さん的にもいろいろ思ってたこともあるだろうしね。
Speaker 1
そりゃそうだろうね。
Speaker 2
しかもそんな中で我々は子育ての話とかをしてきてるわけじゃない。
活動さんだけではないと思うんですよ。いろんな方が聞いていただいてるので。
それこそおそらく不妊治療されてる方とかもいらっしゃるだろうし。
だからなんとかいろいろ書こうかなと思ったり、あとは個人的な話というか、私の周りでもやっぱり同じような経験をされてる方も実際いらっしゃって。
やっぱり本当にいろんなことを考えると、書ける言葉が見つからないなっていうのが正直なところなんですよね。
Speaker 1
本当にね、手紙を書いては捨て書いては捨てっていう状態ではあったんですけど、あんまり書きすぎても気持ち悪いかなと思って。
Speaker 2
嫌じゃない?なんかすげー重めの手紙来たなって、ホネストから。
Speaker 1
まあねー。
Speaker 2
思われても嫌だったんで、最後に2行ぐらいのコメントでお返ししましたけど、
でもこうしてお便りで書くのにもいろいろたぶん勇気がいったと思うんですよ。
そうだね。
だから本当にお便り書いていただいてありがとうございますっていうところがやっぱり一番だしね。
Speaker 1
まあねー。
まあそんなね、死に迫った響くようなことは何も言えないんだけどもね。
まあ現実のお天気に喜んでる場面とかもいっぱいあるしね。
この手の話題に限らず、残念ながらハヤツ何年もやってて、結局無責任なことは何度も言ってるんでね。
そうねー。
今更取り繕うようなことも言えないんですけどもね。
まあねー。
まあだから多分ね、勝須野さんなんかは特に僕とかの発言とかは、勝須野さんにというわけではなく他の人にも当てはまることなのかもしれないんですけども、
まあたぶんイラッとすることは普通にあると思うんですよ。
Speaker 2
うん、そうね。
Speaker 1
これまでもこれからも。
Speaker 2
まあそれは僕の発言もそうだしね。
Speaker 1
どうしてもね、僕らの本意とは違って、なんか嫌な思いをさせてしまう場面はあると思うんですよね。
まあその時は普通に聞かなくなるっていうのを対応してもらって構わないんでね。
39:04
Speaker 2
そうだね。
Speaker 1
まあ聞きたい時だけ聞いてもらって、嫌だなって思ったら離れてもらうっていうぐらいの、そのぐらいのドライな関係でも構いませんでね。
Speaker 2
楽しめてるうちだけ楽しんでもらえればなと思います。
まあでも、なんでしょうね、8年も聞いていただいてるということなんで。
Speaker 1
申し訳ねえなあ、そんな中なあ。
Speaker 2
でもゲームなんとかも聞いてるってよ。
Speaker 1
やめちゃったらごめんなさいなあ。
Speaker 2
まあでもね、これからも僕は変わらずアイドルの話をしていきたいと思いますし。
まあいろんな人にいろんなこと言われながらね、ちょっとそこはやっていきたいと思いますし。
うんうん。
まあまたね、お便りも送りいただければなというふうに思いますよ。
うん。
Speaker 1
どうもです。
Speaker 2
はい、岡田。
まあ本当にかつおさんもこのコロナ禍でね、いろいろ大変かと思いますので。
ご支援いただければと思いますよ。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
はい、ありがとうございます。
続いてのお便りです。
Speaker 1
うん。
Speaker 2
東北新幹線さんからいただきました。
おーい。
いきなり乗り物になったけど。
Speaker 1
ねえ、急になんかまた一貫性がないな、今日はな。
Speaker 2
いや、あのね、別にハンドルでも一貫性ってないんだよ。
知らなかったと思うけど。
初メールということで。
はいはい。
こんにちはさん、小江さん、こんにちは。
こんにちは。
国家試験を控えた大学生です。
Speaker 1
うえーい。
Speaker 2
最近、アマプラにポッドキャスト機能が付き、ハヤツを発見いたしました。
Speaker 1
なんでや。
Speaker 2
勉強しながら過去回を漁っています。
Speaker 1
勉強しろ。
Speaker 2
ブレン希望です。
Speaker 1
おう。
Speaker 2
勉強に使わせてください。
Speaker 1
使ってるかな。
Speaker 2
私の知るポッドキャストはiPod nano時代のもので。
ほう。
2007年から2010年、アングラ感もりもり。
周りに聞いてるやつなんていなくて、今のこのポッドキャストで何聞いてるかを友人と話せる未来が来るとは思ってもいませんでした。
うえーい。
これからも楽しく聞かせていただきます。
それでは来ました。ありがとうございます。
Speaker 1
ええー、ありがとうございます。
Speaker 2
国家試験どうだったんだろう。
Speaker 1
国家試験もそうだけど、2007から2010のポッドキャスト。
ええー、だってこの人大学生でしょ。
Speaker 2
え、そうだ。
Speaker 1
すげー若い頃っていうか、もう幼い頃に聞いてたみたいな話だね。すっごいね。
Speaker 2
え、待って待って、10年前ってことだから。
Speaker 1
うん、だからホネスかノストラダムスが生んだかんだって言ってた時代にポッドキャスト聞いてたんだよ。
Speaker 2
いやいや、それと同等ぐらいの時ってことね。
でも、下手したら小学生ってことでしょ。
Speaker 1
そうだね、そうか、そうだね。
Speaker 2
小学、中学ぐらいってことよ。
そうよ、僕がエヴァがエヴァがって、あんのあんのって言った頃と、ホネスかノストラダムスかノストラダムスかって言った頃に、ホネスかポッドキャストのアホっぽいの。
ねえ、しゃべり方。
いやでもそういうことよ。
Speaker 1
はあ、すごいね。
Speaker 2
でも2010年ぐらいっていうことは? 配圧はやってるよ?
Speaker 1
やってるけど、まあ聞いてない。
Speaker 2
聞いてないか。
42:00
Speaker 1
アマプラに入ってから気づいた。
Speaker 2
そうね。かけらじ版?
Speaker 1
かけらじは…。
Speaker 2
かけらじ2009年だ。
Speaker 1
まあ確かにかけらじってアングラ感あるもんな、確かにな。
アングラでしかないからな、この番組は。
Speaker 2
2009年ぐらいにやってたかけらじを知っているかな?知らないかな?アマプラにもないしね、かけらじ。
Speaker 1
そうだな、アマプラにもないな、そうだな。
Speaker 2
ぜひアングラ感が好きであればかけらじ、今まだ過去回全部残ってますって。
Speaker 1
そうだな、まあ確かにそんな人が今のポッドキャスト回、そうだね、随分とプレイヤーが増えたなみたいな感じになるよね。
Speaker 2
あとなんかアングラ感がなくなっちゃったもんね。
Speaker 1
なくなっちゃった?うん、なくなっちゃったか。
Speaker 2
表層だけを見ている人たちからはアングラ感って感じないんじゃない?もちろんアングラのものもいっぱいあるんだけど。
Speaker 1
そうだよな、かけらじとかな。
Speaker 2
そうでない番組がものすごい増えたじゃん。なんか華やかというか。
Speaker 1
陽キャ的になってるんですね。
Speaker 2
あ、そうそう、ほんと陽キャがやってる番組みたいのが増えたじゃん。
Speaker 1
そうだな。
Speaker 2
陰キャ、昔ほんと言い方悪いけど、陰キャの倉窟みたいなさ。
Speaker 1
すげえダメな話きちゃったよ、これ。
Speaker 2
でも自分たちがそうだからさ。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
なんかイメージ的にはYouTubeは顔出ししてる人たち、ポッドキャストは顔出ししたくない人たちみたいな簡単な区切りというかさ。
でもなんか自分の好きなことを話したい人たちが集まってるのがポッドキャストのイメージだったから。
Speaker 1
はいはい。
Speaker 2
なんかそれが今は違うじゃん。
なんかもうそれこそスタバの端っこでこう話してるOLの人たちがいたりとかさ。
Speaker 1
そうだな。
今日入り物としてももうそさたわ言ってますけどもね。
確かにそんな感じの番組あったよな。
Speaker 2
漫画について語る番組さんもあればさ。
Speaker 1
そうだな。
今日不録なんですけどもね。
Speaker 2
いろんな陽キャな方々がやる番組が増えてきてる感じ。
Speaker 1
そうだな。
こういう話をすると毎回思い出すのはゲームの話で言えば、昔ってほど昔じゃないかもしれないけどゲームってやっぱりゲームを好きな大人ってオタクだよねみたいな感じがあり。
でもeスポーツみたいな話も出てきてから。
Speaker 2
今はね。
Speaker 1
これからついに陰キャの時代が来るぜって思ったら、ゲームが上手い奴は結構イケメンばっかりだったみたいな話で結局は陽キャと陰キャは別れるのかみたいなのがよくね、界隈の話題ではあるんですけども。
はい。
ポッドキャスターもそういう風になってきたんだなって感じますよね。
Speaker 2
そうなんだよ。だって陽キャの人たちが顔出しするんだもん。
うん。
ごめんごめん。ツイッターで言うと小泉さんも顔出ししてるからなんとしてないけど。
Speaker 1
まあまあ僕はどっちでもいいんだけどね。
45:01
Speaker 2
まあでもさ、普通にアートワークに自分の写真を入れる人たちが最近増えてるじゃん。
昔のポッドキャストって自分の顔入れてる人ってほとんどいなかったんだよ。
Speaker 1
まあでもそれはちょっと他の側面もある気はするけどな。
Speaker 2
あ、そう。
Speaker 1
やっぱあのー、ラジオトークよろしくというか、番組じゃなくて個人みたいなのを押すのがやっぱ増えてるよなーと思って。
Speaker 2
あー、パーソナリティショー的なやつね。
Speaker 1
そう、ボイシーとかもそうだけどさ。
Speaker 2
まあまあ個人にフォーカスしたっていう。
Speaker 1
番組じゃねえんだよ、人なんだよみたいなこう出し方って、なんか最近のトレンドなのかなーって思うからね。
Speaker 2
そうか、まあそれはまあ確かに。そうすると顔が見えてた方がっていうね。
Speaker 1
そう言いつつホネソン言いたいこともわかるけどね。
Speaker 2
その、あえて自分の顔出すやつってやっぱり自分とは違う気質だよねーっていうのはまあまあ言いたいことはわかるというかね。
いまだに僕が顔出しをしてないのは別になんだろう、自分をヒゲして出してないとかそういうことではなく、怖えんだよな。
Speaker 1
まあまあ、意外となんもないよ。
Speaker 2
いやわかってんの、頭ではわかってんの。頭ではわかってんだけど、あのね、その俺たちの、こんな話するとまあおっさんだけどさ、
ザ・インターネットの黎明期を過ごしてきたおっさんからするとさ。
Speaker 1
そうだね、2チャンネルで様々な悲劇を見てしまったからね。
Speaker 2
そう、あの、とにかくネットには自分の個人情報は出してはならぬというさ、おきてみたいのがあったじゃん。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
もう、ちょっとでも出そうものならお前は吊るし上げられるぞっていう。
Speaker 1
まあまあ、そもそも僕らが生きた時代、インターネットをしてるみたいなことを出すのもちょっとはばかられる時代だったからね。
Speaker 2
そうそうそうそう。で、それこそ僕が中学のそのノストラダムスをうんぬん言ってる頃は、まだそんなネチケットと呼ばれるものがさ、まだ浸透してなかったから。
Speaker 1
ネチケットだって。もうネチケットとかネチズンとか言い出したらおしまいだぜ。
Speaker 2
その頃は本名でホームページとか作ってたの。〇〇のホームページみたいな、本名でやってるやつが大半だったんだけど。
Speaker 1
ホームページビルダー。
Speaker 2
で、そこからにちゃんが出てきて匿名家っていうのになって、自分の本名を出すのはまずいっていう風潮になった時代は経てるから、いまだにその癖が抜けないんですよ。
Speaker 1
まあまあそうだね。
Speaker 2
で、その頃にどうやったら個人が特定されるかっていうのを目の当たりにしてるから。
それが染み付いちゃってるというかね。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 2
だからもう絶対に変なことはつぶやかないしっていうようなところがあるんで、顔出ししてないっていうのが正しいところなんですけど。
でも今の子たちはそうじゃないでしょ。もう別に顔なんか知られたって、なんかあるんすかみたいな。別にみんな出してるっしょみたいな感じじゃない。
Speaker 1
実態はわからんけどな。本当に若い人に聞かなきゃわかんねぇけどそれ。
Speaker 2
確かに。俺が今演じた若者もちょっと古い感じはある。わかるよ。今の若者ではないから。
48:07
Speaker 2
でもなんかそういうの最近見るとTikTokとかで普通に学生が動画を上げたりしてるじゃん。YouTubeとかでもそうだけど。
Speaker 1
まあね。
Speaker 2
だからこういう文化なんだな、新しい文化になったんだなっていうのはすごい感じるよ。
Speaker 1
まあそうだね。でもまあコントロールがついてないというよりはそれまでだけどね。
Speaker 2
その一方でバイト先特定されうんぬんみたいなのはやっぱりあるからね。
Speaker 1
まあそうだね。ちょっと前のTwitterにコンビニの冷蔵庫入って遊んじゃいましたみたいな。
ああいうのあったかんね。
Speaker 2
それで学校特定されて結局退学になりましたみたいなのも見てるからさ。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
自分はそんなことしなきゃいいっていうだけなんだけど、やっぱりちょっと怖いなっていう意識はまだまだありますというところで。
まあでもこのね、昔のポッドキャストを知っていていまだまだ大学生という方ですから。
うんうん。
東北新幹線さんはね。貴重な人材だと私は思うよ。
Speaker 1
そうだね。国家資格受かってるといいな。
Speaker 2
うん。その時はおめでとう言わせてね。
Speaker 1
すべての東北新幹線さんにおめでとう。
Speaker 2
エヴァはいいよ別に。
エヴァはカラーリングエヴァっぽいなみたいな別にいいよ。
Speaker 1
そうだな東北新幹線エヴァっぽくはねえだろ。
Speaker 2
確かにな。ちょっと青いだけか。
Speaker 1
エヴァっぽくはねえよ。
Speaker 2
エヴァっぽいのはもうちょっと南のほう。
Speaker 1
シンカリオンそのものだろ。
Speaker 2
それそのものじゃんだってそれは。
Speaker 1
シンカリオンだろ東北新幹線といえば。
Speaker 2
シンカリオンも通ってないから。
Speaker 1
あるいは初音ミクと呼ばれて久しいな。
Speaker 2
そうね。緑のね。
Speaker 1
早草が生まれるとき名前公募したときに
結構初音っていうのがすんげえ大人気で
これは本当にどうなってしまうんだって
ヒヤヒヤした東北民がここにいます。
Speaker 2
いろいろ経験してんだぞ。
Speaker 1
ただ早草ってなったときに
いっそ初音でよかったわって
心底を持ったやつもここにいます。
結局全部コヘイさんなんよ。
Speaker 2
それは通ってないからそこ。
続いてのお便りです。
うえおさんからいただきました。
うえおさん?
ハッピーテンスアニバーサリー
Speaker 1
なんだなんだ無理した英単語来たな。
Speaker 2
本日早草さんコヘイさんこんにちは。
こんにちは。
お久しぶりのお便りを失礼します。
どうもです。
遅くなりましたがハイアツ10周年おめでとうございます。
そして本日早草さんお誕生日おめでとうございます。
おめでとうございます。
3年前にポッドキャストを聞き始め
ゲームの何とかをすぐに発見して聞き始め
その繋がりで早ツーとかけらじを聞き始めました。
グリンティーさんとうままさんはお元気でしょうか?
Speaker 1
本当だね。
Speaker 2
農作業中にポッドキャストを聞いておりますか?
スルーされた。
実は聞いているポッドキャストの中でも
51:00
Speaker 2
すごくお気に入りの番組です。
Speaker 1
ありがてえな。
Speaker 2
今では毎週日曜日の楽しみベスト2は
ワンピースと早ツーです。
Speaker 1
ワンピースにならんじゃうか。
早ツーも上り詰めたね。
日曜日の活動の中で2番目だわ。やばいね。
少なくともチビマロコちゃんとサザエさん倒してるもんね。
Speaker 2
確かに。
あれは楽しみにしちゃいけないからね。
その月曜を思い起こさせれば。
そうですか。ワンピースと並びましたか。
Speaker 1
ワイドな賞を超えてんだもんな。
Speaker 2
確かにな。
Speaker 1
来たな。
来てんのかなそれ。
来たな来たな。これは来たぞ。
Speaker 2
自分の知らないいろいろなためにもなる情報や
時々出る懐かしいネタ
例えば先行者など
老人会同世代出たよ。
お二人の意気のあった掛け合いや爆笑必至のコント
情報バラエティ番組としてこれほど完璧なものはないと思います。
Speaker 1
どうしたどうした褒め腐って。
Speaker 2
去年のハロウィンの時
FFのトンベリの仮装をするために衣装を作っていたのですが
小道具として手に持つランタンはちゃんとしたやつがいいと思い
番組で取り上げられたバルミューダのザランタンが一番に思い浮かんだのですが
予算的に途方だったので購入は諦めました。
すみません。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
仮装のレベルで持つもんじゃないね。
Speaker 1
ガチすぎるんだな。
Speaker 2
ホーネストさんは
なんで急に
なんで急にホーネスト言うことを。
Speaker 1
ホーネストさん。
Speaker 2
ホーネストさんはたまに番組に付けられた低評価で
おへこみになることもあるかと思いますが
Speaker 1
おへこみね。
Speaker 2
どうか気にしすぎず思うままに番組を作ってください。
私含めたくさんのリスナーがハヤツが大好きで楽しみにしているので
これからも楽しんで頑張ってください。
いつも楽しい番組をありがとうございます。
Speaker 1
ありがとうございます。
Speaker 2
そして10周年記念ボールペン
すでにメキシコに全部送られていますでしょうか。
Speaker 1
いじるね。覚えてるね。
Speaker 2
もしもまだ残っているようでしたらいただけたら嬉しいです。
10周年グッズも送ればせながら注文させていただきましたので
届くのを楽しみにしております。
それではまたといただきました。
ありがとうございます。
Speaker 1
ありがとうございます。
Speaker 2
いやいや、上尾さんも本当にね
ゲームなんとかのイベントにも来ていただいたんですかね。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
お土産もいただきまして。
Speaker 1
ああ、そうでしたね。
Speaker 2
とっても美味しいピン詰めのね。
いただきましたけど。
Speaker 1
そうだね。
グリーンジェイさんとうままさんはお元気でしょうか。
Speaker 2
あのね。
Speaker 1
うままさんは元気そうだけどな。
Speaker 2
YouTubeやってるからね。
Speaker 1
元気にダークソウルしてるなって思うよね。
Speaker 2
つい最近まで全く連絡を取ってなかったんです。
連絡を取る理由があんまりなかったんで。
Speaker 1
はいはいはい。
Speaker 2
連絡を取ってなかったんですよ。
でも久々になんか
最近どうですかみたいなメールというかLINEをしましたね。
Speaker 1
あらら、なんかすごい普通な連絡だね。
Speaker 2
元気でしたよみんな。
Speaker 1
元気でしたか。
Speaker 2
多分。
54:01
Speaker 1
うーん、そうだね。
Speaker 2
でもほら、やっぱりコロナ禍じゃね。
Speaker 1
そうだね。
Speaker 2
で、グリーンティーは静岡だけど。
Speaker 1
おお、そうでしたね。静岡。
Speaker 2
とはいえやっぱりお子さんも生まれてね。
うちの子と一個違いぐらいかな。
で、向こうも子育てをしてるでしょうし。
うままさんはまさにYouTubeを頑張ってる。
Speaker 1
そうだな、頑張ってるな。
Speaker 2
まあ、元気なんだろうなっていう感じ。
Speaker 1
なんか込み入ってないテキストチャット感があるな。
Speaker 2
表層的なところしか言ってないからね。
Speaker 1
まあまあな。
Speaker 2
まあでも、ほら。
長らく連れ添ってきた人たちだから。
Speaker 1
はあはあはあ。
Speaker 2
中学からね、ずっと来てる人たちだからさ。
今更なんか改めて不覚みたいなのはないよ、そりゃ。
そうか。
変わらず、元気?ぐらいよ。
Speaker 1
そっちは?みたいな。
Speaker 2
まあ元気よ、みたいな。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 2
そう、よかった、みたいな。そんな感じ。
そんな感じだからね。
Speaker 1
その連絡のやり取りの意味とは?ってなっちゃうね。
Speaker 2
まあ、なんかきっかけがね、いろいろあって。
まあそんなこと言ってましたよ。
Speaker 1
なるほどね。
Speaker 2
いや、そして10周年グッズも注文していただいたんですね。
Speaker 1
10周年グッズはもう全部揃ったんですか?
もうこっから追加はあり得るんですか?
Speaker 2
そうなんです。それで言ってこうと思いましたよ。いい機会なので。
おお。
以前ね、クリアファイル送料込みだと。
Speaker 1
めっちゃ高いって言ってたやつだ。
Speaker 2
1000円超えちゃうっていう話をして、
もうでもこれはちょっと流石に売れねえわっていう話をしたじゃないですか。
でもその後何件か、いやそれでもいいんで買いたいですと。
どうしたどうした。
過去のね、そのタイトルを見たいんですと。
おっしゃってくれた方が何名かいらっしゃって。
どうしたどうした。
なのでちょっとこの9月から10月の間2ヶ月間は、
僕10月でその10周年記念グッズ全部閉じようと思ってるんですけど。
9月から10月の残り2ヶ月の間、
クリアファイルに関しては僕のその利益全くゼロにした形で、
ちょっと出品しようと思ってます。
Speaker 1
なんだっけ、スズリだっけ?
Speaker 2
スズリで。
スズリで。
あのツイッターでもね、告知するかもしれませんけど。
クリアファイル以外にも10周年記念のロゴが入った様々なTシャツとかね、
パーカーとかいろいろグッズありますので、
もし10周年記念グッズ、
ちょっと買ってみたいな、興味あるなっていう方は覗いていただけるといいかなと思いますし、
過去にそのね、クリアファイル第0回と呼ばれる、
4に出してない回のタイトルから10周年、
丸10年経ったまでのタイトル、
だから去年の10月10日までかな、
のタイトルを一覧でデザインが入っているクリアファイル。
Speaker 1
約500、もう500超えてんだよな。
57:00
Speaker 1
そんぐらいのタイトルが羅列されてるやつが。
Speaker 2