1. 挑戦する人を応援するラジオ
  2. 20年経って変わったお酒の飲み..
2024-05-11 09:06

20年経って変わったお酒の飲み方 #158 5/11

Amazonオーディブル無料体験
https://www.audible.co.jp/

このチャンネルは、いくつになっても挑戦する人を応援するチャンネルです。
自己破産をきっかけに26年間やっていた飲食業界を卒業、現在は日本を回りながら新しい挑戦をしています。このチャンネルでは自分が日々感じたことを通して、挑戦する人のヒントになるような話をしています。

ぜひいいね&フォローよろしくお願いします。

プロフィール
18歳で料理の世界に入り東京生活26年間。43歳で飲食業を卒業して単身九州に移住。現在はリゾバをしながら、自家製キャンピングカー製作の資金を貯めています。24年春に制作開始→夏に日本一周に出発予定

X(旧Twitter)
https://twitter.com/2021daiki
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCPoejhljzjRLfdcc7WwtofQ
blog
https://daikiblog20238.com/
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/6006320a2b4a4592fe0608fa
00:06
はい、みなさんこんばんは。何歳からでも挑戦はできる、挑戦する人を応援している、だいきです。
はい、今日も一日お疲れ様でした。
えーっと、今日は結構暑かったですね。
えーっと、小田原は今日も晴れ、明日、明後日はなんかまた天気が崩れるらしいんで、
えー、また仕事がしづらくなるなーって思いながら、
まあね、えー、天気ばかりはしょうがないので、
まあその辺は、えー、気軽に考えていこうかなと思っていますが、
えーっと、今日の話は、うーん、まあまたね、ちょっと昨日に引き続き若干雑談っぽいんですけど、
まあ20年経って変わったお酒の飲み方っていうところの話をしていこうかなと思うんですけど、
うーんと今日はね、久々に、まあ結構早めに帰ってこれたんで、
えーっと早めにご飯を食べて、ちょっとね、いろいろ今後やりたいこととか、
なんか頭の中にいろいろと出てきたので、
なんか夜に久々にちょっと夜の散歩をしてこようかなと思って、
ちょっとね、小田原周辺を歩いていたら、
なんか気になるバーがあって、フラッと入ってみちゃいました。
えー、昔はね、ほんと20代の頃ですけどね、
えーっと結構頻繁にバーに出入りをしていて、
うーん、その、その時に知り合ったのがこの間までね、
この間ってもう2年前の話ですけど、一緒にいたパートナーだったんですけど、
まあバーでね、知り合うってあんまりいい出会いではないのかもしれないけど、
それからなんだかんだ15年一緒にいたんで、
まあある意味いい出会いではあったんですがね、
まあ昨日ちょっと若干取り乱すわけじゃないけど、
なんか変な感じになっちゃったんで、
昨日の放送はあんまり聞いてほしくないんですけど、
まあね、20代、まあ僕もね、今でこそこうやってね、
47歳になってますけど、やっぱり若い頃はあったわけで、
結構楽しんでいろいろね、飲み屋を、飲み歩いていた時もありました。
で、その時に、ほんとね、収録とかで飲みに行ってた時代もあったんですよ。
で、しっかりね、しっかり?必死に?分かんない。
ダーツバーに行ってね、こうダーツをしながら、
結構楽しくこの頃はね、飲んでたんですけど、
それから30代迎えて自分がお店をやるようになってから、
なかなかね、飲みに行く機会も減ったし、
まあ稼げてなかったっていうのが一番の要因なのかもしれないし、
うまくね、その辺の折り合いがつけられなかった。
折り合いなのかな?
仕事とプライベートっていうのをね、
自分自身があんまり折りをつけられてなかったのか、
あんまり飲む機会がそこから急に減ったんですよね。
で、もともとね、僕はそんなにお酒が強いタイプではないです。
03:02
ほんとね、3杯飲んだらもう結構酔っ払ってるような状態なんで、
今もね、そんなに家で基本飲むことはないですね。
仕事帰ってきて、
この間、スタッフの送別会をやるっていうんで、
自分が料理を作った日があったんですけど、
その日だけは家に帰ってきて、
なんか1杯飲みたいなと思って、
なんかお店やってたときはほんとね、
仕事終わったら必ずみんなでスタッフ同士でね、
お疲れビール飲みながらいろんな話をしていたのを
多分思い出したのかもしれないんですけど、
なんか急に飲みたくなって、
飲んだりっていうことがあるぐらいで、
基本家にはお酒を置いていないんですけど、
なんかね、今日だけはこの家の近く、
ほんと歩いて5分ぐらいのところにあったね、
バーの前を通ったときに、
何か引っかかった、
引っかかったっていう言い方っていうより、
なんかこう引かれる感じがあって、
フラーっと入ってみて、
なんか雰囲気のいい店、特別いい店ではないな、
若い女の子がバーテンというかね、
スタッフをやっていて、
ほんと気軽に飲んで騒げるようなお店、
今日は土曜日なんだよな、よく考えたら、
土曜の夜だったので、
そんなに早い時間から入っていたわけではないんで、
お客さんが入っているお店ではなくて、
どちらかというと深夜帯に人が集まってくるお店なんだろうな、
なんて思ったんですけど、
そこで久々に2、3杯飲んで帰ってきた、
それで気持ちよくなって、
こうやって収録をしている感じなんですけど、
なんかいろいろ思い出しましたね、
20代の頃にどうやって飲んでたのかとか、
その頃は女の子のことしか考えてなかったですからね、
僕も、
今日行ったお店も、
可愛らしい女の子たちがスタッフをやっているお店で、
でもね、すごい人が好きなのかな、
いろんな話をしながら、
僕の話も聞いてくれるし、
その子もね、いろいろやりたいこととか、
あんなことあったんです、
なんていう話をしながら、
なんか楽しく飲んでいたんですけど、
今日のタイトルにもあるんですけど、
20年経って変わったお酒の飲み方、
あるんですけど、
もうその頃はね、
どうやってこの子を落としたろうっていう、
そういうことしか考えないでお酒を飲んでいた時代です、
時代というかね、
まあ時期でしたね、
20代、
僕もそういう時期はあったんですけど、
なんですけど、
今日は一緒にお酒を飲みながら、
飲みながらというか、
一杯奢って、
一杯どうぞって言いながら、
お酒を飲みながら、
基本的にはもう相手の話すことを聞いていたり、
06:03
まあ多少ね、
自分が話すこともあるんですけど、
なんかね、
20代の頃ってやっぱり自我が強すぎたんだろうな、
まあ30代もそうかもしれないけど、
僕は結構、
人よりも多分自我が強いタイプなんだと思うんですけど、
自分の話ばっかりしてたなと思いながら、
で、
今日はなるべくね、
聞く側に徹しようと思って、
その子がね、
今やりたいこと、
なんかこんなこと考えてるんです、
みたいなの、
いいじゃん、いいじゃんって言いながら、
こう話をしている、
なんかそういう時間も、
久々になんか、
バーっていうね、
なんだろう、
ちょっと非日常的な、
空間にいながら、
まあ楽しくお酒が飲めた、
まあでも結果的に1時間ぐらい、
1時間、
1時間半ぐらいいたのかな、
もうお店もね、
その時間から本当、
10時ぐらいから活気が出てくるようなお店だったので、
なんかまあ、
それ以上ね、
初めて来た人間が、
なんかでかい顔して、
カウンターに座ってるのも良くないなって思いながら、
今日は帰ってきたんですけど、
まあ機会があったらまた来るよって思いながら、
あと2週間ぐらいで小田原を離れるので、
なんか、
もうちょっと早めにそこと、
そこのお店とね、
お店もやっぱり出会いだと思うんで、
出会ってたら、
もうちょっとお酒を飲む時間も増えてたのかな、
なんて思いながら、
まあこれもね、
タイミングと出会いなんで、
そんなにね、
深くは考えていないんですけど、
何の話をしてるんでしょうね、
まあ酔っ払ってるから、
まあこんな感じかな、
はい、
そんな感じで今日はね、
20年経って、
変わったお酒の飲み方、
まあ20代の頃は本当にね、
自分の話を聞いてくれっていう感じで、
なんか飲み屋にいたような気もするけど、
まあ20年も経って、
今そうだよな、
その当時から考えると本当に20年経ってるんで、
まあお酒の飲み方も変わってきたよな、
なんて思いながら、
若い子のなんか今の話、
頑張ってる話、
楽しそうに話してる話を聞きながらね、
まあお酒を飲むのも、
40のおっさんの楽しみ方なのかな、
なんて思いながら、
今日は帰ってきました、
はい、
そんな感じで、
今日もね、
訳のわからない話を聞いていただきありがとうございます、
なんか最近やっぱり、
もうすぐでこの小田原を離れるっていうところで、
いろいろ多分考えてることがあるんだろうなって思いながら、
ちょっと今日もなんか雑談みたいになっちゃったんですけど、
まあ明日はまた違った話ができるんじゃないかなと思うので、
よかったらまた聞きに来てください、
はい、
そんな感じで、
今日も聞いていただきありがとうございます、
それではまた明日、
じゃあね、
バイバイ、
09:06

Comments

Scroll