1. クリエイターエコノミーニュース
  2. 音声メディア関連ニュースまと..
2023-05-28 11:13

音声メディア関連ニュースまとめ2023年05月第4週

人気プロデューサーの佐久間宣行さんが、AmazonのオーディオブックサービスAudibleで、オリジナル番組を発表しました。パーソナリティは、サカナクション・山口さんと、お笑い芸人の加藤浩次さん。今後もビッグタイトル配信は続くのか、またあるサービスが終了というニュースもとびこんできて・・・。

ホットトピック~人気プロデューサーの新番組がAudibleで配信開始

Audibleオリジナル『加藤浩次と山口一郎のとんぼとサカナ プロデュース by 佐久間宣行』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000179.000036126.html

その他

◆すべてのリンクは無料ニュースレターで配信中
https://creator.theletter.jp/

★stand.fm版 クリエイターエコノミーニュース
https://bit.ly/32mQEs8

◆クリエイターエコノミーニュース公式Twitter
https://twitter.com/creator_enews

#Spotify #Radiotalk #standfm #Voicy #音声配信 #音声業界 #ニュースまとめ #音声AI #ポッドキャスト #Podcast #audiobookjp #音声好きとつながりたい #音声広告 #収益化 #ラジオ #クリエコニュース202305 #ニュース #クリエイターエコノミー #クリエイター
00:00
Speaker 1
ビッグタイトル
音声メディア関連ニュースまとめ、2023年5月第4週をお届けします。
人気プロデューサーの佐久間信之さん、アマゾンのオーディブルブックサービスオーディブルで、オリジナル番組を発表しました。
パーソナリティーは、さかなクション山口さんと、お笑い芸人の加藤浩二さん。
今後もこうしたビッグタイトル配信は続くのか?
Speaker 2
それでは早速学んでいきましょう。
Speaker 1
おはようございます。クリエイターのカグアです。
いつもご視聴ありがとうございます。
それでは週末ですんで、いつもの音声メディア関連ニュースまとめいきましょう。
Speaker 2
まずはホットトピック。
Speaker 1
2023年5月24日、アマゾンオーディブル公式リリースより、
オリジナルポッドキャスト加藤浩二が山口一郎と全身全霊で挑む究極のラジオ。
加藤浩二と山口一郎のトンボと魚、プロデュース by 佐久間信之。
6月9日より配信開始です。
いやーすごいビッグタイトルきましたね。
佐久間信之さんといえば超人気売れっ子プロデューサーさんで、
ジャパンポッドキャストアワードの審査員も毎年勤めるという超大物ですよ。
その方がプロデュースを手掛け、そして出演は魚クションの山口さんと加藤浩二さんということですから、
これね、もう今年のジャパンポッドキャストアワードのこれ大賞ですよ。
これ間違いない。
間違いないです。
大会運営のレギュレーションとしましては、審査員が関わる作品もエントリーはできるんですよ。
ただ審査員がその作品には投票できないというだけで、
そうエントリーはできるんですよ。
Speaker 2
ですからこれ間違いなくノミネート来ると思いますね。
Speaker 1
構成作家もすごくて、スマップスマップ行列のできる法律相談書などを手掛けてきた石原さんという方がやられますので、
これはねもう間違いなく人気出ると思います。
実際オーディブルの方で会員登録していない方でもサンプルに関してはもうティザーの音声が聞けますので、
ぜひ皆さん聞いてみてください。
Speaker 2
もう6月9日だからね私も待ち遠しいです。
Speaker 1
では戦略テック関連いきましょう。
まずはこちら。
2023年5月15日ZOA公式ノートよりZOAサービス終了のお知らせです。
サービス終了のお知らせ久しぶりに出てきましたが、皆さんZOAご存知でしょうか。
私のこのニュースまとめでも何回か紹介したんですけども、ASMRに特化した動画プラットフォームです。
動画と言いましてもASMRといったこういうささやき系のコンテンツ、やはり音声に非常に特化しているということで、
このニュースまとめでも何回かお伝えした経緯がありまして、
03:02
Speaker 1
私も非常に注目していたんですが残念ながら終了ということですね。
終了の日時は9月29日12時をもちましてサービス終了とさせていただくことになりました。
詳しい理由については書いてないんですが引用します。
サービス開始より皆様に楽しんでいただけるよう日々尽力してまいりましたが、
今後皆様にご満足いただけるサービスの提供が困難であるという結論に至りました。
投稿している人は終了までに自分自身のデータを削除するですとか、
リスナーさんとしてはコインの消費などですね、されるようお願いが書いてあります。
私はこのZOAというサービスを本当に注目していて、国内で唯一だと思いますハイレゾに対応していて本当に音質いいんですよ。
ゆえに多分そのプラットフォームとしての運営費もやっぱりかかったんだろうなっていうのは危惧されるところです。
ただジャパンポッドキャストアワードの第3回でも実は音声作品がノミネートしているぐらい作品に対する向き合い方というのはこの会社さんはものすごいものがあって本当に注目してたんですよね。
ですからぜひですねスタンドFMがハイレゾ対応して、そしてRECを引き受けたように今回もですねぜひ手を挙げていただいて、
そして多くのASMRファンをホットさせていただきたいなというふうに思います。
ではどんどん行きましょう。オトバンクが耳かつウォーキングというイベントで参加するというキャンペーンをやっています。
いやーアマゾンがねテレビCMをバンバン打つという空中戦に対して本当にオトバンクさんはリスナーさんに寄り添ったマーケティングを本当にうまくやられてますよね。
実況アプリのガヤが100万円プレゼントキャンペーンをやっています。人気ポッドキャストのコテンラジオそのコテンがファンサイト個人クルー専用サイトをリニューアルするそうです。
ポッドキャスト文字起こしプラットフォームのリッスンこちらがですねインタビューを受けている記事が話題になっていました。
ボイステックとしてはパナソニックのロボットニコボの記事が話題になっていました。ではコンテンツコラム関連いきましょう。まずはこちら。
2023年5月26日アマゾンオーディブル公式リリースよりオリジナル小説オーディオファースト作品第6弾
100年の子石田光さんの朗読で配信開始です。またオーディブルのリリースなんですけども本当コンテンツでもね
ビッグタイトルを戦略ということでは相変わらずですね。確か先月もですね人気プロデューサーさんの河村元気さんのベストセラーを人気声優のイリノさんの朗読で配信をするなどですね
本当にコンテンツでもド派手なド直球のものをですねどんどんと投入していますよね。
06:05
Speaker 1
いやだから本当に音バンクさんがオーディブルが上陸する前にオーディオブックという商標を取ったのは本当にすごいなと改めて思いますね。
もしそうでなければ今オーディオブックで検索したら間違いなくオーディブルが1位に来るわけですよ。
でもおそらくそうじゃないんですよね。だから本当に日本のオーディオブック市場はね適正な競争が行われているということでね本当1ファンとしてはねワクワクしますね。
そしてこちらのオリジナル小説なんですが小学館から書籍としても発売予定が決まっているということで今後もですねオーディブルこうしたビッグタイトルとしての立て付けねどんどんと出てくるでしょうから
オーディブル利用していく方は本当楽しみですね。ではどんどん行きましょう。
Spotifyがまたコラボ企画です。ピアノの悪魔と恋する剣士というライトノベルのプレイリストを公開です。
それからアベマで声優さんの番組でグラビティという音声アプリが紹介される。
人気声優の内田真彩さん。スタンドFMで生配信がされたと。それからポッドキャストのリリースの話題ですが今週は人気ラッパーのりょふかるまさん。
それから海外の水族館のポッドキャストの話題がありましたね。あとは日本でもSpotifyが対応していますビデオポッドキャスト。
こちらの配信機材で有名なブランドのブラックマジックデザインというブランドがあるんですが、そちらのビデオポッドキャストのコラムが話題になっていました。
Speaker 2
私も欲しいんですよね。本当にスイッチングとかトーク番組を撮るのに適した自動の機能がめちゃくちゃいいんですよね。欲しい。
Speaker 1
音声広告データ著作権AIその他諸々では行きましょう。まずはこちら。
2023年5月19日マーケジンより聴取完了率96%Spotify広告の強さの理由を最新の調査結果をもとに解説です。
こちらWebメディアの記事なんですが、内容としましてはSpotifyが音声広告についてのリリースを出したそのことに対する解説記事ということになります。
Spotifyこういうの本当に上手いんですよね。毎年ビジュアルに訴えかける広告周りのデータをですね、ソニックサイエンスという切り口でマスコミにリリースしていくんですよね。
ですので日本でも音声が広がっているですとか、海外で音声広告まだまだ伸びているよという話などをビジュアル豊かに紹介しています。
音声広告興味ある方はぜひ見てください。ではどんどん行きましょう。
アメリカのインターネット広告2年連続で音声広告が成長率で1位と、それから日経クロストレンドの今後伸びるビジネス2023年上半期ランキングで音声SNSがマーケティング部門で1位でした。
09:16
Speaker 1
ただ市場のポジショニングマップがあって市場規模と将来性という軸、2軸で見た時に音声SNSは成長率は1位なんですが市場インパクトと将来性は最も低い方にプロットされています。
だからやっぱり日本の市場とした音声本当小さいんですよね。
著作権周りは今週は本当に盛りだくさんでしたね。私の配信でも紹介しましたアンディウォーフォルさんの写真の著作権侵害、それからジャスラック2022年度の事業非常に好調というニュース。
トラックスというジャスラックのような音楽管理団体の新しい権利管理サービス。
それから門川のニコニコ動画の動画の上にコメントがバーッと流れる技術の特許の法廷闘争で勝ったということが話題になっていました。
時間の関係で実は紹介しきれなかったニュースも無料のニュースレターではしっかり掲載していますのでぜひ購読して皆さんの音声配信業界の引き出しの一つにしてください。
一時早々をちゃんと確認するメディアクリエーターエコノミーニュースはカグアが毎日クリエーターエコノミーに関するニュースをブックマークしていく中で心揺さぶられたものをお届けしています。
毎日の収録配信と週に1回の無料のニュースレター2つの媒体で情報を発信しています。ニュースレターは無料でしかも解除もいつでもできますのでぜひ概要欄にありますURLから
購読してくださると私も励みになりますのでどうぞよろしくお願いします。最近海外のビデオポッドキャストの動画を見ることにハマっています。素敵な週末お過ごしください。いってらっしゃい。
11:13

Comments

Scroll