1. Camp@Us FM6214
  2. 公開ダラダLIVE #32 札幌オー..
はじめる Camp@Us |LISTEN
https://listen.style/u/campus
はじめる Pod Camp@Us |YouTube
https://www.youtube.com/@Camp_us_6214

①メンバーLIVEなどのAI文字起こし記事は、noteの文字起こし記事などで読むことができます。
②公開LIVEなどのAI文字起こし記事は、LISTENでこの番組をフォローすると読むことができます。

メンバーLIVE 毎週金曜 -
公開ダラダLIVE 毎週土曜 -
https://stand.fm/channels/64350aa79afdfc28ca754fac

投げ専 nagesenでこの番組を応援する
https://listen.style/p/nagesen
—
▶️ 月刊 はじめるCamp@Us 
https://listen.style/p/hcum

— Camp@Us presents—
note  https://note.com/takahashihajime/
blog  https://jimt.hatenablog.com/
Threads  https://www.threads.net/@hajimetakahashi
Discord  https://discord.gg/Rcc8aW3yKM
X  https://twitter.com/hajimeru_radio

Camp@Us  http://lit.link/campus6214
Guest House; minpaku  https://campus6214.blogspot.com/
Airbnb  https://airbnb.jp/h/campus6214
——つながるきづくまなぶであう——
request form  https://forms.gle/aqLawj4Hav29C5Zq5

《いまここにあるもの》から《できること》をはじめよう!
はじめるCamp@Usとは?
▷ソーシャルコミュニティの再活性化につながる「つながりの場」
▷人間とその社会性の原点を見つめなおす「きづきの場」
▷一人ひとりの成長につながる「まなびの場」
▷思いがけない運命の「であいの場」
---
stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。
https://stand.fm/channels/64350aa79afdfc28ca754fac

Summary

公開ダラダライブでは、札幌の冬景色や冬一郎くんのニャンコとの出会いが話題となり、ご近所付き合いについても触れられています。また、ブログやポッドキャストの重要性やwebベースの活動についても言及されています。政治の動向や大学絡みの話題がパッとしないが、日本の政治や大学業界の将来展望に不安が広がっています。また、オンライン上の話題に戻り、Webの進化やポッドキャストの可能性について考えられています。今年の冬は札幌での散歩が寒くてつらいという話や、音声入力とキーボード入力の違いについて語られています。

札幌の冬と冬一郎くんのニャンコとの出会い
公開ダラダライブ、今日は3月2日。
例によって胸ポケットに入れてお散歩中の公開ダラダライブです。
前回先週ちょっとあれですね、ガサガサいう音が結構入ってましたね。
全然気づいてませんでした。
まあそのまま上げちゃいましたけど。
今日の札幌はマイナス7度8度まで下がって、小雪がちらついてますね。
小雪が綺麗にちらついた静かな土曜日の朝。
明日はひな祭り。
冬一郎くんは隣の隣のお家のにゃんこに恋をしたのか。
結構若いにゃんこなんですけど。
にゃんこと二人で今見つめ合ってますね。
距離20メートルぐらい離れて見つめ合ってます。
にゃんこはお家の中、冬一郎くんはお外。
はい、あれ、歩き始めました。
歩き始めました。
深雪の中歩きます。
どこ行くんでしょうか。
冬一郎くん思いつきで動いてます。
論より行動。
冬一郎。
ということで今日のダラダライブ。
やっぱ土曜日のダラダライブはいいですね、ペースがね。
ちょうど一週間いろんなこと。
はじらぢサンデーから始まった一週間がちょうど週間INGで終わって。
いろんなことやって頭が一番、もう固いことは考えられないというか。
ちょっと砕けたダラダラしかできないのがこの土曜の朝ですね。
だから公開ダラダライブは本当にいいサイクルですね、これね。
この一週間もいろんなことありましたけど、いろいろ喋りたいこともあるんですが。
とにかく散歩しながらダラダラと30分間、今日も喋っていきたいと思います。
冬一郎君はニャンコのお家の裏に今いたんですが、表に回ってきましたね。
あれ、そっち行くの?そっち行くの?いろいろチェックポイントがあるんですね、冬一郎君ね。
はい、パトロールパトロール。
はぁはぁ言いながらパトロールしてます。
お家の周りをパトロールしてます。
今日は何周まわるんでしょうか。
雪が降ってます。
はい、おしっこポイントです。
さぁ何喋ろうかな。
今週面白かったのは、20年ぶりのワクワクの正体ですね。これが1個面白かったのと。
あとはもう1個、LISTENのよいところ、その2をちょっとやっちゃったんですけど、あれも面白かったですね。
いろいろまた認識が深まってきまして、私自身はいろんな確信を強めてるわけですが、
それはダラダライブで喋るとあれなんで、断片的にタラタラを。ニャンコの方に回ってきました。
ニャンコもうおうちはいっちゃった、冬一郎。ニャンコもおうちはいっちゃった。
ニャンコが出てくる鉄格子というか格子のところがあるんですけど、
昨日そこでニャンコと、
ニャンコ出てきました。
窓を開けさせちゃいました。
おはようございます。
ニャンコのところに来たね、冬一郎は。
もうニャンコラブだね。
なんかニャンコの方も本当にマンザラじゃない感じでね。
冬一郎君が気になるみたい。
相思相愛かもしれない。
何故かニャンコ、
おじちゃんと喋ってます。
冬一郎は寒くない。
ニャンコ出てくるか、ニャンコ。
ニャンコは上に上がってくるかな?窓のところにね。
上がってくるんです。
昨日は、あ、上がってきた。
上がってきました、ニャンコ。
あ、逃げちゃった。
行っちゃった。
行っちゃった、行っちゃった。
ほれ、冬一郎、ニャンコ行っちゃった。
くんくん鳴いてます、冬一郎君。
ご近所付き合い
ちょっと雪が激しくなってきましたね。
冬一郎、ニャンコが怖いって、冬一郎。
昨日吠えたからだ、お前。
震えてる、震えてる。
行かないで。
冬一郎あんまりでかいから、おっかなかったって。
ニャンコ飼ってる隣のおじさんと喋ってます。仲いいんですけどね。
さあ、冬一郎行くぞ。ニャンコ出てこない。
もういってきたんですか、散歩。
いや、まだまだ、一周しか回ってないんで。
これからまだ、あと二、三十分は回りたいんですけど。
冬一郎君、何震えてんだ、お前。
えらい気に入っちゃったね、そこが。
多分。
しばらくここに通いそうだな、お前。
うん、冬一郎君。
少し慣れないとおっかないって。
降ってきたね、やっぱり。
あー、ちょっと降ってきましたね。
雪の量が増えてきた。
ほれ、冬一郎行くぞ、散歩。
ほれ、置いてくぞ、お前。
置いてくぞ、公園行くぞ、ほれ。
じゃあ、ここで遊ぼう。
ほれ、ここで。
ということで、ニャンコと隣のおじさんと喋り始めちゃったんで。
本当にダラダラになりましたけど。
こんな感じでご近所付き合いですね。
ご近所付き合いはたまにやらないと。
冬一郎君はまだニャンコを待って動きません。
これしばらく動かないんだよね、10分くらい。
今ちょうどその家の裏側でニャンコが窓から顔を出すんですね。
こっち裏手、駐車場なんですけども、駐車場で冬一郎君は。
これ写真撮っとこうかな。
あ、写真スマホで今撮れないか。
我慢強いというか、根気強いというか、ずっと待ってるというか。
雪の中でずっと佇んで待ってるというロミオの世界です。
これが大変な。
冬一郎はいいんだけど、北海道犬でいっぱい毛皮ダブルコートで着てるからいいんだけど。
私は寒いんです。
一応ヒーターベスト、わかりますかね。
充電池を差し込んで温まるベストがあるんですけど防寒用のね。
これを着てるんで、これ着てなかったらもう凍え死んじゃいますね。
マイナス8度です今朝は。
今日はレユニオン島というマダカスカル島の近くの本当に小さな火山島で、
昔無人島だったんですけど、フランス植民地になってフランス領なんですけど今。
そのレユニオン島というところ出身の男性の方が、夕方4時過ぎかな。
あの札幌に初めて、日本は2回目だって言ってましたけど。
札幌初めてだということで雪の季節に来るんですね。
3泊されますけど。
フレンドリーな方のようですね。
メッセージのやり取りしかしてませんが。
Airbnbはとうとうフランスイギリス、アメリカ、日本、ドイツ、ノルウェーと来て、
今度はレユニオン島というね。
火山島からやってくるという。
すごいですね、インターナショナルな。
地球の果てまでも繋がっているSNSですけども。
まあその話はさておき。
民泊話も実はボイス下書きですでに
昨日の夜仕込んだんですけど。
note記事にするまでは時間が足りませんでした。
とにかくやりたいことっていうか、
頭の中にあってやるべきことの、やりたいことの
毎日3分の1もできないですね。
やっぱり時間が足りないですね。
時間が足りない。
やってるとやっぱりもう夜10時くらいになっちゃうと。
あ、ブログやんなきゃって。
もう今日はここまでだと言って、
やろうと思ってたことの3分の1くらいしか消化できてない。
ということで全部持ち越し持ち越しで、
明日やろう、明後日やろう、とか言ってるうちに寿命が尽きて死んじゃうんじゃないかと思うんですけど。
今年は61歳になるのでね。
あと9年くらいはこのペースでやっても、
70歳過ぎたらこのペースじゃできないだろうということで、
残された時間はわずかということかなと思ってますけどね。
冬一郎君が今2歳半過ぎて、もうすぐ3歳。
5月で3歳になるんで。
13、14、15まで生きるとしたらあと12年でしょ。
そしたら僕も72くらいになって。
どんなに冬一郎君長生きしても20年は生きないと思うんで。
そうすると大体僕が75くらいまでには冬一郎君も虹を渡ると。
その後私が、予定ではね、私が先逝かないようにしないと冬一郎君面倒見てくれる人いないんで。
冬一郎君が行ったら私も追いかけて一緒に虹を渡ると。
ブログやポッドキャストの重要性とwebベースの活動
なんだったらパトラッシュのように、今ちょうどパトラッシュの世界になってきましたね。
冬一郎君が粉雪かぶってます。真っ白けです。
動きません。じっと猫が出てくるの待ってます。震えながら。
まあいいや。パトラッシュの世界になってきたんで。
僕フランダースの犬、大好きでね、パトラッシュに同一化してたんですけど。
少年ネロになりきってたんですが。
冬一郎僕も疲れたよと言って一緒に天使に導かれて天に昇るというのが一番理想ですね。
雪の中静かに眠るように幸せになくなっていくというのが一番いいですね。
あれが理想形ですね。終わり方としては。
そんなことで、残された作品。ネロは絵を描いたんですが、
私はせいぜいポッドキャストで喋るぐらいのことしかできないので、
それが死んだ後に評価されるということで、ちょうどいいんじゃないかなと思ってます。
それは冗談として。
何の話しようかな。いろいろあるんですが、やっぱりこの1ヶ月はweb2.0じゃなくて
ブログ2.0、ポッドキャスト2.0というのがもう僕の中ではかなり明確になってきたというか、
もうこれで行こうと思ってますけども。
その時に、やっぱりちょうど昨日のLISTENのよいところでも書いたんですけど、
結局、例えばアプリケーションというのは命が短いんですよね。
常にバージョンアップしないといけないし、しかもだいたい終わっていくわけね。
昔のワープロの一太郎なんてもう、まだあるのかな?もうないかな?知らないけど。
いろんなブラウザなんかもね、全部短命なわけですよね。
アプリは短命なんですね。webは普遍的というか、生きながらえるんですね。
だからやっぱりwebベースでやらないと、アプリにエネルギー、限られた時間注いでももったいないというか無駄というか、
それよりwebベースでやったほうが普遍性も寿命も長いということなんですけどね。
まあそういう意味ではGoogleの思想ですよ。Googleの思想ね。
もうGoogle思想に学んだほうがいい。
マイクロソフトとかがいろいろスタンダードアローンやってたけど、結局あれもね、なんだっけ。
マイクロソフトも356だっけ。web化してったでしょ。
結局やっぱwebがベースになっていくんですよね。長期的に見るとね。
まあそんな話で、まあいいやこの話はまた別でしよ。
まああとはいいや。あといろいろ4象限で整理することもたくさん実は出てきてるんだけど、
それはそれで順番にちまちまってやっていこうということと、
あともう一個はあれだね。ちょっとまた現実世界、リアルワールドでいろいろとこう、
政治のパッとしない展開
政治の話と大学ネタでね、いろんな動きが出てて、
政治の世界はちょっとパッとしない。せっかく16年ぶりの政権交代のチャンスなんだけど、
これミスミス逃す可能性が高くなってきたということで、
アメリカではトランプ大統領がね、また大統領に返り咲きそうな勢いなので、
実は16年前の政権交代、15年前ですけど、それから30年前の政権交代の時は、
どちらもアメリカで民主党政権が誕生した直後だったんですよね。
30年前はクリントン政権、15年前はオバマ政権ということで。
だいたいこれ先進国の政治ってのはちょっと連動してて、保守主義が勢いを持つ時と、
ちょっとそうじゃない野党というかな、野党というより民主党的な政党が勢いを持つ時というのがあって、
これはやっぱり先進国がある程度、共通した流れになる傾向があるんですけど、
そういう意味ではアメリカでクリントン時代の後に細川政権できて、
それからオバマが誕生した直後に日本でも民主党政権ができてという、
今回はトランプ返り咲きなんでアメリカね、そういう意味ではその影響はほとんどないというか、
むしろ野党にとってはあんまり有利な、国際的な状況としては流れは来てないという、
もう政権交代の可能性はほんとに遠ざかってきてるなと。
国内の状況を見てても、野党の対応を見てても、政倫審見ててもね、
冬一郎くんも一生懸命、政倫審見てましたけど、見ててもちょっと可能性ないですね、今回ね。
タラタラと、ダラダラと、ダラダラとちょっと日本政治は次の展開がないまま続きそうな感じしますね。
もうちょっと長引きそうですね。
ただちょっと予測せざる動きが出てくる可能性は無きにしもあらずで、
特にアメリカでトランプ的なものが出てきてるんで、
日本でもああいうのがじきに出てくるんじゃないかな、そんな気がしますね。
そういう意味ではその政党再編というか、政界再編みたいなことがもう一回起きるんじゃないかな、
ここ数年で、分かりませんけどね。そんなことを思っているのと、
あとは、失礼しました。
大学業界の不安と変革
あとは大学絡みで、ここに来て短期大学がボコボコ潰れ始めたというか、
募集停止が相次いで、日本の短期大学ね。
これはもう前から分かってたことなんですが、
これはもう分かってるんだからもっと早く決断して次の展開しなきゃいけないんだけど、
結局ずるずるずるずっと決断できないまま、
もう結局、最終的に余儀なくされて、どうしようもなくなって、
募集停止ってこれが一番悪いパターンですね。
決断が全くできない、先見の明も全くないっていう。
それで今短大の募集停止が相次いでるのと、
もう一個は、いわゆる共学化に踏み切る女子短大とか女子大が出てきたと。
これ共学化もね、今更手遅れなんですね。
これはもう十数年前か二十年前にやってなきゃいけない話で、
ちゃんとそこに踏み切って成功してる大学はあるわけなんですが、
その時には、いやうちはずっと女子大で行くんだとか言ってたところが今、
今更ながら、今更ながら共学に踏み切るんだけども、
これはもう余儀なくされて踏み切ってるんで、決断でも何でもないんですよね。
だからこういうタイミングを逃してるというかね、
そのことによるマイナスっていうかな。
10年、20年の時間は取り戻せないんで、今更手遅れなことをやっていて、
短大募集停止が相次ぎ、共学化したけども結局立ち行かなくなって、
10年以内にまた募集停止になるということが進んでいくということで、
日本の大学業界も弱小私学からね、どんどん再編が進んでいくという話ですね。
まあこれもなんか面白くないですね。
日本の政治も決断がないから無駄に時間を過ごしてるし、
大学業界も決断がないから無駄に時間を過ごしてるし、
なんだか浮かばれないですね。
国民も学生も浮かばれないなと思いながら、何の話してるのかよくわからなくなってきましたが、
非常に面白くない。
面白いのはもうLISTENとポッドキャストだけですね。
他に面白いことほとんどないね。
あとは冬一郎くんのにゃんこへの恋話ぐらいでね、ロミオをやってますね。
どんどん雪かぶってきて真っ白になってこのまま雪像になっちゃうんじゃないかな。
冬一郎、僕はもう疲れたよ。
冬一郎、寒いよ。
お前じーっとそこで、もう銅像になっちゃいますね。
このまま雪かぶって雪像になっちゃいそうですね。
なんかグリム童話じゃない、なんかありましたね、昔。
なんかそういう日本じゃない、どっかヨーロッパの童話の世界になってきてますね、冬一郎くん。
もうひたすらにゃんこが出てくるのを待っている。
写真撮りたいな。
何鳴いてんの?
にゃんこもう出てこないぞ。
お家入っちゃった、にゃんこ、冬一郎。
また明日だ。にゃんこ出てこない。寒い寒いだ。
にゃんこはね、雪降って寒いとお家入っちゃうの。
猫はこたつで丸くなる。
冬一郎はお外にいてもいいんだけど、
もう待っててもこないよ、冬一郎、あきらめな。
はい、健気に待ってます。
はい、じっと待ってます。
健気だね、冬一郎くんは。気が長いっていうか根気強いというか。
昨日も政治倫理審査会のテレビをなんか真剣に見てましたけどね。
分かってるんでしょうか。
よく分かんないですけど。
なんとなくそこに出て喋ってる人の雰囲気で
なんか深刻なことが起きてるって思うんですかね。
よく分かりません。真剣に見てましたね。びっくりしました。
普段は動物のテレビとかよく見るんですけど、
ああいうものは見ないんですが、なぜか。
国会中継、政治倫理審査会には食い入るように見ていたという。
北海道犬冬一郎ね。
ですけど本当に雪が積もってきて、
もうなんか、パウダーシュガーじゃなくてなんて言うんですか。
粉砂糖。粉砂糖をかぶった、
粉砂糖をかぶったマロンケーキみたいな状態になってますね。
なんて言うの、マロングラッセじゃなくて、
栗のグルグルやったやつあるじゃないですか、ケーキ。
そこに粉砂糖をかけた状態になってますけど。
これちょっとビジュアルで撮るとどうなるのかな。
ライブ終わっちゃうのかな。どうかな。撮れんのかな。
やってみようかな。
でもライブ切れたらめんどくさいのでやりませんけど。
これずっと続くのかな。
ここでダラダライブ終わっちゃうのかな。
私の命もダラダライブの寿命もこの駐車場で終わってしまうのだろうか。
ということで少し中身のあること喋ろうか。
あと何喋ろうかな。
そういった大学業界、日本の政治の話もなかなかパッとしないなということと、
あとはやっぱりオンライン上の話だとまた戻っちゃいますね。
Webの進化とポッドキャスト
ポッドキャストとブログが2.0の時代に入ったという。
これは人類史的な出来事だということを、
20年ぶりのワクワクの総まとめでちょっと書いてみたんですけど。
聞かれてるみたいですけど、読まれてるみたいだけどリアクションがないというのは
なんとなくどうしようかなと思いながら見てるんですが。
あれはでもね、そう思うなやっぱり。
すごいことがやっぱり今起きているという。
まだ始まったばかり。
考えてみればね、ワールドワイドWeb自体まだ始まって30年なんで、
たかだか30年。
今後10年?40年?50年目に何が起きるかなんて誰も予測できないわけだけども、
そこでこう思考実験というかな。
妄想を膨らましてみると結構やっぱりすごいんですよ。
この30年の進化を見ていれば、
次の10年、20年で起きることとはもっとすごいことが起きるはずでね。
それがまだ今始まったばかりという。
声日記はほんの序章に過ぎないという話なんですけども。
いろいろ面白いことがね、これから起きてくると思うんですが、
あとはそこで考えていることは、
ちょっと昨日note記事にLISTENのよいところその2、
やっちゃえLISTENというタイトルに変えましたけども。
やっちゃえLISTEN。やっちゃえ日産ね。
やっちゃえLISTEN。レッツLISTEN。
みんなLISTENやっちゃえっていう意味と、
LISTENのやりたいことをどんどんやっちゃえという意味とかけてるんですが、
そんなことはどうでもいいとして、
まあそれもね、
そういうことも考えてみるのも面白いですよということですね。
あとはそうだな、どうしようかな。
冷えてきたな。冷えてきた。
冬一郎君はもうじっと動かない。困った困った。
駐車場で私は何をブツブツ喋ってんだ。
わんこは、わんこは、
粉砂糖被ったケーキみたいに、
ずっと動かないっていう。
これ側から見ると何だろうと思っちゃいますよね。
そんなことですけど、本当にわたぼこ被ってますね、冬一郎君。
綺麗に被ってます。
雪を被った北海道犬なかなか絵になりますね。
絵になります。
これはもう全く動く気ないですね。
本当に冷えてきたな。
これ歩いてるともうちょっとね、寒さ紛らわせられるんですけど、
止まってるとね、寒いんですよ。やっぱり体を動かしてないとね。
だから止まったらマグロが死んじゃうのと一緒で、
動いてないとダメですね、人間も。
ポッドキャスト界もWebの世界も常に動いてないと。
そんな感じで、私の体にも雪が積もってきました。
スマホにも雪が積もってます。
あと何分あんのかな。あと15分ぐらいまだあんのかな。
冬一郎君、やっと動いた。
やっと動いた。やっと動いた、冬一郎が。
やっと動いた。これどうなってるかな、今。
まだ20分ぐらいしか喋ってないかな。ちょっと見てみよう。
あれ、ダラダライブ。あ、動いてる、動いてる。
また一人来て帰っていきましたね。
この人は誰でしょう。
気になるんですかね。
ということで、なんだかんだあれですね。
23分喋ってますね、これね。
ちゃんと収録されてるでしょうか。
これで写真撮れるのかな、冬一郎君。
ちょっと後で撮ってみますね。
じゃああと7分、6分ここで喋っちゃおう。
本当に今日は中身がないな。
あとなんか中身あること一個ぐらい喋っておこう。
どうしよう、どうしよう、どうしよう。
何喋ろう、思いつかない。
札幌での散歩と音声入力
歩いてないとダメですね、やっぱり。
思考が停止しちゃいますね。
歩いてないと、泳いでないと、思考が停止してしまう。
今日はまさか、ダラダライブ、散歩中にやろうと思ったけど、
冬一郎君が銅像で固まってしまうとは全く思ってなかったので、
思わぬ展開になってますね。
雪がたくさん降ってきた。
パトラッシュの世界になってきた。
冬一郎、冬一郎、僕はもう寒いよ、疲れたよ。
寒い、寒い、寒い。
寒いよ。
もうダラダライブ、なんで30分って決めちゃったんだろう。
25分にしとけばよかった。
あと5分。
でも30分って決めたんで頑張ってやりましょうかね。
あと何喋ろうかな。
近藤さんのインタビュー良かったですね。
日本ポッドキャット協会のポトフさんのインタビュー。
とても良かったです。
短い時間ですけども、
ポイントが簡潔に出てて、
とても良く、私は完全に共感したというか、
そもそもそういうことをLISTENのよいところで書こうとしてたら、
何か似たようなことというか、
重なることが結構出てきたんで、
面白いなと思って。
面白いですね、こういうのはね。
そんな話で、
これはnoteのよいところに書かせていただいたので。
あとは、noteのよいところのその2を書いて思ったんですけど、
やっぱり喋った言葉そのまんまでもいいんだけど、
やっぱり喋った言葉をベースに書くと、
やっぱり文章自体にちょっと何か、
やっぱり思うのは、
最初からキーボードで打って書くと、
何か文章が静かになっちゃうんですよね。
喋った言葉で文章を直していくと、
ちょっと文章が少し暴れるというか、
勢いを持つというか、
なんかそんな感じは、個人的には、
自分的には感じてますね。
ちょっと熱量がこもるというかね。
これやっぱり音声入力とキーボード入力の違いじゃないかな。
一つは、キーボード入力はやっぱりスタティックというか、
ちょっと静的、静かな感じになって、
動きがない感じになって、
やっぱり音声入力っていうのはちょっと動きが出る、
動的、ダイナミックな感じが、
ちょっとしますね、やっぱりね。
出来上がったものを自分で読んでるとね。
だからもう音声入力から私は抜けられないというか、
むしろそっちの方が面白いですね。
だからもう文字は本当に音声で書く時代だし、
そっちの方が文章というか、
書かれた文字自体もなんか、
ちょっと命が吹き込まれるというか、
魂が吹き込まれるというか、
魂のない文章はダメだと、
もりっしぃさんに言われそうですけども、
魂のこもった文字みたいなね、
話になっていくような気がしますね。
元々ことのはって言霊とも関係するわけですけども、
そのことのはに言霊を吹き込むわけで、
そのことのはに言霊吹き込む時に、
キーボードで吹き込むよりも、
やっぱり音声、語った言葉で吹き込んだ方が、
言霊はことのはに吹き込まれやすいと思うんですよね。
何の話してるんだかよくわかんないですけども。
だからそういう意味では、
ことのはがことのはとして魂を持ってね、
記録されていく上では、
やっぱりキーボード入力よりも音声入力じゃないかな、
音声入力とキーボード入力の違い
そんな気がするね。
言霊。
ことのは。
最近結構ヤマト言葉とか、
ちょっと興味出てきましたね。
面白いですね、いろいろね。
関連して一粒万倍日とかね、
根拠のない縁起とかっていうのも、
ちょっと興味が出てきましたけれども。
あと2分。
あと2分何喋ろうかな。
そんなわけで、
今日は夕方から民泊にお客さんが来て、
三泊されるという。
何しに来るって言っちゃいけないけど。
雪まつり終わっちゃったし、雪しかないし、
何されるのかなと。観光するのかな。
この雪だから飛行機遅れるかもしれませんね、
今日はね。
そんな感じで、
ゲストハウスも順調で。
ただその先の予約が入ってないっていうね、
これがちょっと困りましたね。
どなたか遊び来ませんか?
冬の札幌いいですよ。
冬一郎君と一緒にお散歩しませんか?
お利口ちゃんの北海道犬ですよ。
手が冷たくなってきた。
あと1分。
あと1分。
あと1分何喋ろう。
カラータイマー点滅中。
ダラダライブが本当に中身がなくなってきたけど、
まあいいですよね。
他のところでいろいろ喋ったから、
それを見て読んでいただいてということで、
今日のダラダライブはもうちょっと予定外のことが起きちゃいましたので、
手が冷たい。
冬一郎も震え始めた。
北海道犬も震える。
携帯持って。濡れます。
やばい。
もういいや。
29分だけど終わっちゃう。
何だこれ。
何か訳の分かんないのが現れてきたんだけど、
これどうしたらいいんだ。
終わります。
29分30秒。
あと30秒だけどもう終わります。
冷たい。
寒い。
ということで冬一郎君の写真撮ってお家に帰ります。
ということで最後までお聞きいただいた方、いないと思いますが、
どうもありがとうございました。
ではまた。
札幌からお送りしました。
公開ダラダライブ。
駐車場からにゃんこを見つめて動かない
冬一郎君。30分くらい動かないということですね。
ではまた。
30:06

Episodes Mentioning This Episode

Comments

Scroll