1. 一日一配
  2. 192西野さんとイベントに向け..
2024-02-13 10:20

192西野さんとイベントに向けた打ち合わせ

27 Stars 2 Mentions 11 Comments

3月2日(土) FabCafe KYOTOで行われるイベントあなたのおしゃべりが だれかの毎日を楽しくする ポッドキャストでつながる音声コミュニケーション by LISTEN(イベントページへ)で、一緒にお話しすることになった、西野キズナさんと打ち合わせをして、そのままペア日記を収録しました。いや〜、楽しかった!

 

★このエピソードの後編はこちら

 

★イベントについてはLISTEN NEWSもお聴きください!

 

★カバーアート:ペア日記。

★録音:riverside/編集:LogicPro+LISTENのラウドネスノーマライズON+ノイズフィルタOFF

 

#声日記

Summary

今日、おだじんはLISTENのイベントに向けて西野さんと打ち合わせしています。3月2日の土曜日にイベントが開催されることが決まりました。イベントでの話題や具体的な内容はまだ決まっていませんが、2人は打ち合わせを通じて非常に楽しんでいます。

Table of Contents

イベントの打ち合わせ
odajin
どうも、おだじんです。 2月13日火曜日、
23時40分あたりです。 今日の声日記です。
今日は 仕事をして
きました。 一日忙しかったです。ちょっと予定を詰め詰めで
やりすぎて余裕のない一日を今日も過ごしてまいりました。 ただですね、今日はとてもワクワクすることが
夜に控えておりましたので、非常に楽しみに、 その時間を楽しみに一日を過ごしておりました。
何だったかというとですね、今日は 実は3月の2日の土曜日に
LISTENのイベントに 私出演することが決まりまして
今日は一緒にですね、そのイベントでお話をする この方と一緒に
打ち合わせをしておりました。登場していただきましょう。
西野さん。
西野キズナ
はい、こんばんは。こんばんは。いいのかな?
odajin
いいと思います。どうも。 いやーなんか今まで打ち合わせで1時間半近く
喋ってたんですけど 何だろう、この
声日記録りましょうってなって、今喋り出して 西野さんって呼びかけるときに
なんかすごい変な汗が出てきました。
西野キズナ
作ってる感が。 台本台本。
odajin
そうですね、あんなに自然に2人初絡みと思えないぐらい最初からこう お互いスラスラ話してたのに。
西野キズナ
挨拶もそこそこに。ですよね。
odajin
ほんとですよね。急に本題入ってましたからね、もうね。
それが何かこういざ声日記録るってなって 西野さんって呼びかけるみたいななんかちょっとすごいわざとらしい感じになるし。
西野キズナ
段取りがね、作った感がね。
odajin
いやーちょっと今すごい恥ずかしくてね、 僕多分顔が赤いですね。
いやでも今日はあの急遽でしたけど、打ち合わせ1時間以上にわたって今一緒に
お話できたんですが、まずもう今の打ち合わせで1時間半の喋ったのが非常に楽しくてですね。
僕としてはイベント当日僕らは10分間しか時間がない。
西野キズナ
10分何も喋れないですよね。
odajin
10分じゃね、喋りきれないだろうっていうのが今日わかった結論ですよね。
西野キズナ
はい。足りないです。
odajin
足りないですね。もうちょっとどうしましょうかってね、そこが一番のまず僕らの打ち合わせをした結果乗り越えなきゃいけないところになりましたね。
西野キズナ
その10分のためにこれからどうしていこうかっていうところですよね。
喋る内容は決まらなかった
odajin
本当ですね。いろいろちょっとね、こんな風にしてみようかあんな風にしてみようかみたいな。ちょっとアイディアをお互いに出しつつ、ちょっと具体的にね、結構こんなテーマで喋るとこんな内容かなみたいな。ちょっと打ち合わせを忘れて、もう普通にこれ録音しといてもよかったかなみたいな。
西野キズナ
そうですね。結構ずっとずっとLISTENの話してましたもんね。
odajin
してましたねー。
西野キズナ
尽きなかったですね。
odajin
尽きなかったですね。
なのでちょっとね、本番は3月の2日の土曜日の夕方でしたかね。時間をちゃんと確認しよう。
16時から18時に京都の「FabCafe KYOTO」という場所でリアルに集まってのイベントになりますので
odajin
そこでね、僕らがちょっとこう、どんな話をするのか、楽しみにしていただけたらなと。
西野キズナ
ノープラン。まだノープランです。
odajin
まだね、まだわかんない。何を喋るかね。打ち合わせしたのに1時間半も喋ったのにまだ決まってないっていうね。
西野キズナ
話題の幅が広がっただけで選びきれないっていうね。
odajin
発散するだけ今日は発散してみた感じでしたね。
でもなんか何でも喋れそうでしたね、結果ね。
西野キズナ
そうですね。本当にね、止まらなかったですからね。
odajin
止まらなかったですね。
西野キズナ
次から次に芋ずる式みたいな感じで。これもあれもみたいな。
odajin
本当に初めましてとは思えないような感じでしたね。
西野キズナ
でも声日記でやっぱりいつも声を聞いてるので本当に初めましてっていう感じがないですよね。
odajin
ないですね。これがやっぱ不思議なところですよね。
僕は今日、最近ずっと声日記あんま聞いてなかったんで、
今日ですね、電車で西野さんの声日記を1月1日分からですね、全部聞いて、
ちょっと途中文字起こし読んで終わったとこもありましたけど、
今日もうなんか僕の中に西野さん成分が非常に高くなってますね。
なんかすごい親近感が湧いてますね。
西野キズナ
でもね、たまにだれだれ祭りみたいなのはね、私もやりますからね。
一気に収録を、過去の分を聞くっていうのはね。
odajin
今日は完全に僕はもう西野祭りでしたね。
西野キズナ
最近ドタバタしてた西野状態。
打ち合わせの楽しさ
odajin
そう、きっと今確定申告で忙しそうなのかな、みたいなね。
ちょっと配信止まってるけど、お元気かな、みたいなね。
そのぐらいこうわかっちゃうぐらいのね。
西野キズナ
いやでもね、それはodajinさんとかの方がね、日刊odajinぐらいにね、やってますからね。
odajin
そうですね。一応ね、毎日やってますからね。
いやでも毎日、喋る方は別に好きに喋ればいいですし、
僕のね、自分の記録のためにやってるんであれですけど、
毎日聞いてくださってる方がいる方がすごいなと思いますね。
ありがたいなと本当に思いますね。
いやーじゃあちょっとあの、
西野さんの話を僕がどのぐらい引き出せるかみたいな。
一応なんか僕がね、進行役みたいな。
西野キズナ
進行役って書いてましたもんね。
odajin
そうなんですよ。台本に書いて、台本っていうか企画書にね、書いてあったんで。
西野キズナ
そうですそうです。
odajin
ちょっとね、どれだけお話を引き出せるかってちょっと思ってたんですけどね。
今日わかったことの2つ目としては、
別に僕がそんなに頑張らなくても西野さん自然にこう喋ってくださるから、
あんまりなんか進行役みたいに意識しすぎなくていいのかなって。
だからそこはね、すごいちょっと今日安心しましたね。
自然にやれば良さそうだなって。
西野キズナ
うんうんうん。
odajin
あんまりなんか進行役みたいに意識しすぎなくていいのかなって。
だからそこはね、すごいちょっと今日安心しましたね。
西野キズナ
うんうんうん。
odajin
自然にやれば良さそうだなって。
西野キズナ
なんかとはいえやっぱりね、こう、odajinさんの今までの声日記界隈というか、
声日記のいろんな情報の蓄積があっての話題振りとかかな、みたいなのがあるのでね、
そこはとても頼りにしてますね。
odajin
いやー、それはちょっとあれですね。
最近さっきも言いましたけど、ここ最近の動向を追いかけられてなかったんでね。
西野キズナ
でも何でしょうね、最近じゃなくて長いスパンとかでも全然いい気はしてますしね。
どこをピックアップするかみたいなところもね、まだ全然あれですけど。
odajin
まだ何しろ決まってないですからね。
西野キズナ
そうそうそうそう。もっと長いスパンの話をするのとかね。
odajin
ちょっとね、残りまだイベントまで2週間?3週間ぐらいですかね。
ありますんで、ここからちょっといろいろと練っていきたいと思いますんで。
もしね、こういう話が聞きたいとか、
イベントでこんなこと喋ってほしいみたいなリクエストがある方がいたら、
いるかわかりませんけど。
いたら、よかったら、そういうリクエストも受け付けたいなと思いますんで。
このお題で喋ってみて!みたいなね、もしあればぜひ言っていただけたらと思います。
ということで、今日は西野さんと声日記を一緒にお届けしてみました。
続きは「にしのん声日記」でということで。
一旦こちらの僕の「一日一配」の方はここで締めたいと思います。
続きはまた別の配信でお会いしましょう。
西野さんの配信でお会いしましょう。
西野さんありがとうございました。
西野キズナ
ありがとうございました。
10:20
27 Stars

Episodes Mentioning This Episode

Comments

何このコラボ、ズルい(笑)私も西野さんの絡みたい(笑) それはさておき、来られる方にもよりますが、個人的には、お二人とも他の配信プラットフォームで配信されていると思うので、他のプラットフォームとは違うLISTENのよさ、みたいなのが聴けるといいかなぁ、あとは声日記界隈の良さが聴けると、「私もやってみよう!」って思う人が増えるかなぁ、と思っていますねぇ。

他で既にPodcastやってる人、聴いてる人にとっては、違いがわかるのは良いかもしれないですね。こういうテーマトークは、今回のイベントに限らず、LISTENユーザーの皆さんから広く募集したいですね。

現状の声日記状況に追いつく必要ありますよね。人増えてるけど誰も追えていない。僕も全然、全く追いかけてない。LISTENニュースあたりでまたいろいろ新しい人をピックアップしてほしいけど、毎回それどころじゃなさそうな感じで

最近のトレンドはフォロワー限定ができたので、「フォローしないと聴けない」声日記が増えてきました。あとは#声日記 をつけない人もふえてきています。

Scroll