1. 今夜はヨーすけと語りませんか?
  2. #050 取り戻したい感情
2022-07-22 44:09

#050 取り戻したい感情

8月32日って知ってる?

.

✳︎special thanks!

おかあちゃんさん、すーざんさん、ていさん、哲さん、なべてつさん

✳︎ネストコーヒーさんはコチラ☟

https://nest.ocnk.net/phone/

.

【募集中のメールテーマ】

暮らしをちょっと豊かにするアイテム

.

☟おたよりフォーム

https://forms.gle/W3b6yL965D63JhXQA

☟メールアドレス

yogurt13suke@gmail.com

匿名でお送りいただけます。質問、相談、雑談など何でもお寄せください⭐︎

.

----------

.

「今夜はヨーすけと語りませんか?」とは

どちらかと言えば普段は聞き役な、関西在住・30歳・ゲイのヨーすけが「誰かに話したい!語りたい!」と思うことについて話す、ゆる〜いラジオ番組です。(金曜20時更新)

.

番組への感想、ヨーすけに聞いて欲しいこと、愚痴やお悩み相談、おすすめの商品など…この番組では、リスナーの皆さんからのお便りを募集しております。下記おたよりフォーム、もしくはSNSのDMからお気軽にお寄せください。

.

◾️Twitter

https://twitter.com/yogurt_suke

#ヨー語 #今夜はヨーすけと語りませんか 等で感想ツイートをお寄せいただけると嬉しいです☺️

.

◾️Instagram

https://instagram.com/yogurt_suke

更新頻度少なめですが、日常をアップしています🤳

.

----------

00:00
今夜はヨーすけと語りませんか 皆さんこんばんは、ヨーすけです。
今夜はヨーすけと語りませんか 第50回目の配信です。
この番組は、話し下手で普段は聞き役になっている僕、ヨーすけが、誰かに話したいと思うことをぽつりとつぶやいていく、
そんな一人雑談ラジオです。 今回もどうぞよろしくお願いいたします。
先週、ちょっと配信のお休みをさせていただきまして、2週間ぶりの配信となります。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 今回この番組、今夜はヨーすけと語りませんか
記念すべき第50回目の配信となります。
ありがとうございます。
正確に言えば、50回分配信してるっていう、節目の回というわけではなくて、おまけみたいな回もいくつか配信してるので、
正確には56とか57とか、そういう感じだと思うんですけども、
これからもね、50回と言わず、100回とか200回とか、そういった
どんどんね、いろんな節目を迎えていけたらなとは思うんですけど、
これから不定期配信になるっていうことで、毎週配信しても1年で48ぐらいのエピソードになると思うので、
順当にいけば次100回ってなったら1年後っていう風になると思うんですけども、不定期になるので、
かなりね、次の節目は先になってしまうのではないかというところなんですが、
ゆるく、末長く、今のところは続けていけたらなと思っておりますので、
長くお付き合いいただけたらなと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
で、もう2022年7月になりましたけども、この7月もね、下旬に差し掛かってまいりましたが、
うん、もう暑いですね。皆さんバテてないですか?
で、まあ、このね、7月下旬ぐらいからもうだいぶ夏っていう感じの空気感が徐々に漂ってくるかなと思うんですけども、
皆さんはこの季節といえば何を思い浮かべますか?
まあ、こうアクティブに夏を楽しみたいっていう方であれば、
プールだったりとか海に行ったりするのかな?
03:04
まあ、お盆までに海あと何回行きますみたいな、そういったまあ、海を楽しむまでのこう、瀬戸際の時期だったりもすると思うんですけど、
あとはお盆に実家に帰ったりだとか、親戚と集まったりだとか、そういったまあ、
いろんな集まりがあるような時期でもあるかなと思うんですけど、
僕はと言いますと、夏がめちゃくちゃ嫌いっていうわけではないんですけども、あまり夏に良い思い入れと言いますか、あまり愛着っていうのはなくて、
と言いますのも、僕がすごく極度の厚刈りで、汗っかきで、
あとはあまりそういったプールとかね、海とかそういうアクティブなお出かけとかもするタイプではないので、
あまり夏にこれっていう思いではないんですけども、
そういった僕の中で、夏といえばこれっていうのは、やっぱり、
子供の頃に体感していた、夏休みっていう存在への、
測り知れないワクワク感みたいなものはね、
なんか僕、過去に戻りたいって思うことってあまりないんですけど、
やっぱりこう、夏休みを存分に楽しんでいたあの感じっていうのは、
今大人になって取り戻したいなって思う感情の一つだったりするんですけど、
なんか、やっぱり今の季節って、まあ小学生とかだったらね、夏休みもうすぐ入ると思うんですけど、
この夏休みっていう存在を考えたときに、ふとね、幼少期の夏休みの思い出が、
頭によぎって蘇ってきたんですけど、
僕の中での夏休みの良い思い出といえば、やっぱりほぼほぼ幼少期の頃に詰まっていて、
あの、まあこれは僕自身がね、あの、良くないんですけど、
中高生の時はすごくすごく暗い性格になってしまっていて、
あまりこう、青春っていうのを謳歌しきれていなかったんですよね。
本当に中高生の頃とか、もうクソみたいな夏の過ごし方しかしてなかったんですけど、
友達とかも全然いなくてね。
でもね、まあ唯一、小学生の頃っていうのは、そういった負の感情みたいなのもほとんどなくて、
06:02
本当に、まあ友達っていうのもたくさん、今と比べたらね、たくさんいましたし、
活発にすごく動き回っていましたね。
それこそ友達とプール行ったりとか、あとは朝早く起きて、
ね、ラジオ体操っていうの、今あるのかな?
あの、近所の公園でね、あの早朝にラジオ体操っていうのがあって、
で、それを通ったらなんかスタンプ押してもらって、それが溜まったらお菓子もらえるみたいなのね。
スタンプ貯めたりとか、
あとはまあ真面目にね、時には真面目に宿題やってみたりとかね。
あの、結局ね、あまり宿題ってのを真面目に全部やって、
始業式に全部提出するっていうタイプではなかったんですけども、たまにやってみたりとかね。
あとはまあ、セミの抜け殻とかを集めちゃったりしたりとかもね。
なんかそういうザ・夏休みみたいな感じの過ごし方で、
長期の休みを多くしてたなって思い出して、すごくエモい気持ちになったりもしました、最近。
で、僕の母親の実家が島根県なんですけど、
あの子供の頃は毎年島根県に行って、
まあそれこそ海に行ったりとか、バーベキューしたりとか、
あとは、いとこがね、大工をやっていたので、
そのいとこの手も借りて、自由研究っていうので一緒に自作の椅子とかね、折り畳みのテーブルなんかね、すごい凝ったものを作ったりもしたりして、
あのすごく自然にあふれた、もう本当に楽しい夏休みを過ごしていたなって思うんですけど、
まあ大きくなるにつれて、そういった田舎に帰るっていう機会も自然と減っていって、
今ではほとんどそういったいとことかっていうのも縁が切れてしまっている状態なんですけど、
なんかね、ふと子供の頃を過ごした島根の景色がブワーってね、頭の中にフラッシュバックしてきて、
楽しかったなーって思って、久々になんか島根県行きたいなって思いましたし、
なんかこう夏休みっていう存在にワクワクするっていうような、なんかそういう感情、最近ないなーって気づいて、
もちろんね、大人になるにつれて物事に対する新鮮味っていうのは減ってきちゃうものですし、
それこそ夏休みみたいな長期休暇って大人になるとなかなかないので、
まああったとしてもね、たぶん子供の頃みたいにキラキラした感情で楽しめないとは思うんですけど、
09:03
やっぱりね、あの頃感じていた、なんか無限大のワクワク感みたいな感情を少しでも取り戻したいなって思ったね、
今日この頃なんですよ。何の話なんだって感じなんですけど、
皆さんは幼少期の頃どんな夏休みを過ごしていましたか?
でまぁ、そしてね、今年の夏、もう最近は世の中の情勢がまた再び平穏に戻ってきたかと思えば、
すごくね、感染者が増えてきて、ちょっとお出かけできるのかなって感じなんですけども、
どこかにお出かけする予定なんかはありますかね?
僕は今のところ、お盆に1週間ほど休みあるんですけど、特に予定ないですし、まぁ例年通り本当にぐーたらした連休になりそうです。
はい、本当はね、行きたかったあのロッキンとかもね、音楽フェスとかも応募したんですけど外れちゃったりとかもしたので、
うん、本当に何も予定がなくて、何しようかなーって今から本当に、何か予定を立てないと本当に無駄に過ごしてしまうと思うので、何かしら予定は立てたいと思うんですけど。
なんか久々にあの、僕の夏休みやろうかなーって思ったりもしてますね。
あの、子供の頃の夏休みを体感できるっていう、僕の夏休みっていうゲームがあるんですけど、あれすごいね、あの、エモい気持ちになれるんですよね。
久々に何かやりたいなって思いました。子供の頃、中学校とか高校の頃、うん、やってましたね。すごく懐かしい。
はい、ね、まあ良かったら皆さんの夏の予定を、はい、教えていただけると嬉しいです。
そんなこんなで今回も緩くお話ししていけたらなと思います。もしよろしければ最後までお付き合いいただけますと嬉しいです。
はい、というわけで、えー、ちょっとね、自分でもびっくりしてるんですけども、まさかオープニングから10分も喋ってしまうとは思わず、
えー、計らずも長尺に、今回ね、長尺になってしまいそうな予感がしてるんですけども、えー、今回はですね、お便り会となっております。
はい、えー、少し前にですね、あの、皆さんにね、あの、暮らしをちょっと豊かにしてるアイテムなんてありましたら僕に教えてもらえませんかっていうね、あの、お便りテーマを発表しました。
12:03
えー、そのお便りテーマに対して、えー、たくさん、はい、えー、お送りいただきました。ありがとうございます。
なので今回はその暮らしをね、豊かにしているアイテムメッセージをご紹介しつつ、僕の暮らしのクオリティをぐっと、えー、上げていく、まあそんな、はい、会になっております。
というわけで、えー、まず1つ目のお便りをご紹介させていただきます。
お母ちゃんさんからいただきました。暮らしをちょっと豊かにするアイテム。
やっぱり、長年連れ添っている旦那さんかな。
ん?
んふふふ、えー、アイテムじゃないけど、38年も夫婦生活してるとちょっと仲良く、ドキドキ喧嘩。
もう毎日の生活してて、本当に空気みたいな感じなんですよね。
そんな生活の中で、ちょっとした会話で気分が上がったり、結婚してよかったなって気がついたり、
若いカップルのようにラブラブなんてことはあまりないけど、あうんの呼吸でお互いのことをいたわれるときは、心にハッピーチャージできてるみたいに感じますよ。
心にハッピーチャージできたら、毎日の生活が少しでも豊かになっているように思います。
陽介さんはいかがですか?
パートナーさんとハッピーチャージしてますか?
またまた長文になってしまいました。
楽しみにしてます。
ぼちぼち頑張ってくださいね。
ということで、お母ちゃんさん、またまたメッセージいただきましてありがとうございます。
このお母ちゃんさんからのメッセージが、暮らしをちょっと豊かにするアイテムメッセージ第1号だったんですけども、
このメッセージを見たときに、まず一発目思ったことが、アイテムやないやないかーいっていうね、ちょっとしたら僕の心の奥底に潜んでいる関西人魂がちょっとツッコミをしてしまったんですけど、
でもちょっとね、ふと考えたときに、世の中いろんな便利なアイテムがあふれかえっている中で、そんな中でも、自分の暮らしを豊かにしているアイテムなんだろうって考えたときに、パッとね、旦那さんっていうのが浮かんでくるっていうのが、なんか僕の中ですごいなっていうふうな感情に変わってきて、
逆にこう、自分に置き換えたときに、パッとね、僕の暮らしを豊かにしているのはパートナーですっていうふうに言えるかなっていうのと、
あと逆にこう、自分が、僕が相手のパートナーの暮らしを豊かにできているのかなって感じたときに、なんか胸を腫れて言えないなっていうところがあったりして、こう、相手との付き合い方をちょっと考えてしまおうというかね。
15:04
しかもね、お母ちゃんさんは38年も夫婦生活をしてるのに、のにって言ったらあれだけど、38年っていう長い生活を共にした上でこう言えてるっていうのが、すごいというか、もうすごいの一言に尽きるんですけど。
なんかこう、僕もなんかそういう、パートナーとそういう仲になれてたら嬉しいなって、この38年後、一緒に迎えてるかわかりませんけど、なんかそういう仲に慣れてたらいいなって、このメッセージもらえて思いましたし、
なんかちょっと、なんか、ちょっとしたことをしてもらって嬉しいみたいな、そういうなんか、ふとしたことに対して幸せを感じて、それこそね、ハッピーチャージしていけたらいいなと、はい、改めて、はい、思いました。
はい、お母ちゃんさん、素敵なメッセージ。ありがとうございました。
はい、なんか、多分なんか前もね、前送ってくださったメッセージも、こう旦那さんに対するメッセージで、本当に旦那さんが好きなんだなって、素敵な夫婦だなって、はい、思います。
またメッセージいただけたら嬉しいです。ありがとうございました。はい、というわけでこんな感じでじゃんじゃん紹介していけたらなと思います。
はい、続きまして2つ目の暮らしを豊かにしてくれているアイテム、スーザンさんからいただきました。
こんにちは、スーザンです。以前に一度、最近キュンとしたことというテーマの際にメッセージを読んでいただき、とても嬉しかったのでまたメッセージしました。ありがとうございます。
募集テーマが生活をちょっと豊かにしてくれるアイテムということで、私が紹介したいものが手拭いです。
今からもう5年以上前に、安住新一郎アナウンサーのラジオにて、バスタオルで体を拭くことをやめて、手拭いで拭くようにしたら生活がスッキリした、という話を聞いて以来、
私もバスタオルを含むすべてのタオルも廃棄し、手拭いを使う生活に切り替えました。
すべて!?すごい。
手拭いでは全身の水分を拭くことができないのではないかと思われるかもしれませんが、途中で絞ればまた水分を吸ってくれますし、手拭い1枚で不思議なほど拭けます。
むしろ肌表面の水分を取りすぎないことがちょうどよく感じてきます。
また手拭いの方がタオルよりも摩擦が少なく、肌を痛めたり老化させたりしないのではと感じています。
18:01
最大のメリットは、手拭いはタオルより乾くのが圧倒的に早いことです。
私は昨年まで長く亜熱帯地域に住んでいて、その高い湿度のために、特にバスタオルはなかなか乾きませんでした。
なかなか乾かずに濡れたバスタオルがモワッとしてきますし、体臭が匂ってきそうで気持ち悪さを感じていたのですが、
手拭いに切り替えたことでこのモワッと感がさっぱり消え、また空間的にも場所を取らなくなり、生活のスッキリ感がワンランクアップしました。
手拭いで体を拭く感覚は好みにもよりますし、まだお若く爽やかな洋介さんの使うバスタオルがモワッとしてくることも想像しがたいですが、気が向いたらお試しください。
ふわふわなタオルじゃないと気分が上がらない人もいらっしゃいますし、人それぞれではありますが、ではこれからも応援しています。
洋介さんの心がいつでも晴れますように。
というわけで、スーザンさんありがとうございます。
ちょっと前にメッセージいただいた、僕のラジオをエロい耳で聞いてくださっているスーザンさんですね。
まだエロい耳で聞いてくださっているんでしょうか。
またメッセージいただいてありがとうございます。
スーザンさんの暮らしを豊かにしてくれているアイテムが手拭いということで、しかもまさかね、バスタオルだったりタオルっていうのをすべて処分して、それをすべて手拭いで賄っているということなんですけど、
自分の生活で考えた時にタオルをすべてなくすっていうのがちょっと想像できないんですけど、
でもね、手拭いではないんですけど、バスタオルが全部洗濯に出してしまっていて、バスタオルがないってなった時に、
たまに薄手の、本当にふわふわなタオルじゃなくて、薄手のすごい薄いタオル、
あの、銭湯とかで300円ぐらいで買えるようなすごい薄いタオル、わかるかな?
すごく薄いタオルで、たまに全身拭くことがあるんですけど、最初は薄いタオルしかないと思って、バスタオルちゃんと乾かせばよかったって思って後悔するんですけど、
その薄いタオルでも一見拭けなさそうに見えるんですけど、割と全身拭けちゃったりするんですよね。
だからそう考えると、手拭いでも途中ね、メッセージにもあったように、途中絞ったりして水を絞ったりしたら全身拭けちゃうんじゃないかなって思って、
割と僕は結構ふわふわなタオルが好きなタイプなので、家のタオルをなくすことっていうのはちょっと考えられないんですけど、
21:07
例えば旅行先だったりとかっていうのに良さそうだなって思いました。
例えばバスタオル、旅館とかホテルとかについてはいると思うんですけど、そういったちゃんとした施設で日をまたがないっていう時、たまにあると思うんですけど、
そういう時にいちいちバスタオル持っていくのって荷物になるじゃないですか。
そういう時のために手拭いを言えておくのもアリなんじゃないかなって思って、ちょっとそういう選択肢の一つが増えた感じがして、このメッセージありがたいな、ありがたいメッセージだったなって思いますけども。
ただね、最後の方にね、まだお若く爽やかな陽介さんが使うバスタオルがもわっとしてくることも想像しがたいですがって書いてるんですけども、
全然ね、もわっとさせちゃってますし、なんならね、すごい臭いんじゃないかなと思いますので、本当に積極的に手拭い生活に取り入れていきたいなと思いました。
あとね、タオルじゃないんですけど、割と僕、手拭いタイプのハンカチっていうのを使っていて、それは割となんか愛用していて、
それこそタオルハンカチみたいに分厚くなくてスペース取りませんし、ポケットに入れててもね、全然気にならないので、結構この手拭いタイプのハンカチは愛用しております。
またね、旅行とか行く際に手拭い活用したいと思いました。
爽沢さんありがとうございます。またメッセージいただけると嬉しいです。
はい、というわけでここまで来てね、旦那さん手拭いときて、続きまして3通目のメッセージがテイさんからいただきました。
暮らしをちょっと豊かにしてくれているアイテム、毎朝食パン1枚にバターやジャム、チョコスプレッドを塗って食べているんですが、最近ソントンのシュガートーストメープル風味にドハマリ中。
知らないな。
ジャムとかチョコスプレッドは簡単に塗れるんですけど、バターの場合は硬くてバターナイフで切るのも均等に塗るのも大変でした。
専用のバターナイフいろいろ試しても、これだっていうものになかなか出会えなかったです。
それで3年前テレビで紹介された直塗りバタースティックを見て直営店まで買いに行きました。
今は100円ショップでも売っています。
スティック糊のように下の部分をくるくる回すと、上からバターが出てきます。
24:01
そのまま焼いたパンに塗って、終わったらキャップを閉めて冷蔵庫に入れるだけです。
市販のバターを4等分に切って、スティックに入れる手間はかかりますけど、1回入れると10何回か使えるので、バターナイフをいちいち洗う必要もなくすごく楽になりました。
今まで買った便利グッズの中でこれが一番だと思います。
ということで、ていさんありがとうございます。
ていさんがあげてくれたのが直塗りバタースティックというものですね。
なんかね、これテレビで僕も見た気がしますね。
なんかスティック糊のように出すっていうのは知らなかったんですけども、それはちょっと聞いてみて便利そうだなって思いましたね。
僕の家というか、僕はもともとパンにバターじゃなくてマーガリンを塗る家だったんですよ。実家の家計的に。
なのでマーガリンってバターナイフみたいなのがついてるじゃないですか、それで塗ってたんですけど、やっぱりね、出したばっかりだとマーガリンが固くて全然塗れない。
で、その塗ってるうちに食パンがすごくボコボコになっちゃうっていうのを何回か経験してたので、それ考えると直塗りバタースティックってすごく便利だなって思ったんですけど、
今はパートナーがすごく愛用しているチューブタイプのバターっていうのを愛用してて、チューブタイプの柔らかくなっているバターをね、使ってるので、
バター的な、わりとなんかチューブタイプのバターって固形のバターとちょっとなんか、
味は一緒なんですけど、なんかこの風味というかまろやかさというか、若干ね、やっぱり固形のバターに劣ってしまう部分があるので、
そういった点では好き嫌いあると思うんですけど、もしね、ご存知なかったらチューブタイプの柔らかいバターも試してみてはいかがでしょうか。
はい、ていさん、ありがとうございました。
というわけで、ここまで旦那さん、手ぬぐい、直塗りバタースティックと揃ってきましたけども、続きましてが4通目のお便りになります。
今回は初めましての方ですかね、てつさんからいただきましたお便りです。
陽介さん、初めまして。
初めまして。
ゆっくり落ち着きたいなぁと思う時によく聞かせていただいています。ありがとうございます。
さて、おすすめのカフェベースがあったらということでしたので、メッセージを送らせていただきます。
27:06
私がおすすめするのは、ネストコーヒーさんというところのカフェオレベースです。
コーヒーの香りと味のバランスが自分好みで、過糖、低糖、無糖と3種あるのもお気に入りのポイントです。
また、やや甘めですが、キャラメルオレベースも美味しいです。
現在は私は東京に住んでいますが、3月まで鹿児島に十数年在住しており、その時は店舗まで買いに行っていました。
県外からでしたら、ネット通販から購入できます。機会があれば試してみてください。
今後は不定期での配信ということですが、また次回の配信を楽しみにしております。
ということで、テツさん、メッセージいただきましてありがとうございます。
そして、おすすめのカフェベースを教えていただいて本当にありがとうございます。
こちらのテツさんのメッセージは、テツさん自身の便利アイテムというわけではなくて、
僕が前回クラッシーの質を上げてくれているアイテムの一つとして挙げたカフェベースでおすすめ何かありませんか?っていうので配送いただいて本当にありがとうございます。
テツさんからこのメッセージをいただいた時ぐらい、本当にちょうどその時ぐらいにそれまで飲んでいたカフェベースがちょうどなくなったので、
今回NESTコーヒーさんでカフェベースを購入いたしました。
ちょうど先日届いて、その中の普通のカフェベースの低糖のやつを飲んでみたんですけども、本当に美味しかったです。
味の甘さもすごく絶妙なちょうどいい感じでしたし、
本当にコーヒーの香りもすごくいい香りが鼻に抜ける爽やかなコーヒーの香りっていう感じで、
専門的に食レポみたいな仕事としてちょっとミスってる感じがするんですけど、すごく美味しかったです。
その普通のカフェベースと一緒におすすめされていたキャラメルオレベースっていうのも注文したんですけど、
まだ飲んでいないので、こちらはですね、ちょっと今回のエンディングの方で開封と初めて飲んでみた感想みたいなのをやってみようかなと思うので、
こちらもね、ちょっと楽しみに飲みたいと思います。ありがとうございます。
なんかこう、こういうね、ちょっとこだわりの、ちょっと自分だけが知っているコーヒー屋さんで取り寄せたカフェベースみたいな、そういうなんか特別な感じがして、
30:04
それもちょっとなんか相乗効果になってくれた感じがしましたし、
お値段もすごくお安いってわけではないんですけど、そんなに高くもなくて、
プレゼントとかにもね、すごくいいんじゃないかなと思いましたので、これからプレゼントに困った時にはNESTコーヒーさんのカフェベース送りたいなと思いました。
素敵なカフェベース教えていただいてありがとうございます。
今後も聞いていただいて、また何かしらのタイミングで、何でもいいのでメッセージいただけたら嬉しいなと思います。
テスさん、ありがとうございました。
ということで、続きましてが最後のアイテムメッセージになります。
ここまで旦那さん、手ぬぐい、直塗りバタースティック、そしておすすめのカフェベースときまして、最後のメッセージが鍋テスさんからいただきました。
陽介さん、こんにちは。
急に猛暑になり汗だくな毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか?
いや本当にね、もうすごい夏バテしています。
今月のテーマ、暮らしをちょっと豊かにするアイテムですが、何だろうなぁと考えていました。
筆記具でボールペンはよく使われますか?
はい、よく使います。
パソコンやスマホが泡を利かせているから、手書きは少なくなってきていますよね。
高いボールペンはいろいろあるけど、一般的に使うリーズナブルなものであれば、三菱ジェットストリームです。
なんだ、と思うな彼。
油性のボールペンって意外と滑らかに書けることって少なくないですか?
市役所とか病院、郵便局、宅急便のサインとかで備え付けのボールペンって書き味が悪かったり、インクがかすれていたり、何かうまく書けない、そんな気がしませんか?
ジェットストリームは低摩擦インクを使っているので、滑らかに書けるのです。
実際使うとかなり滑りが良くて、ちょっとうまく文章も書けたような気がします。
このジェットストリームボールペンがフェッチしているところに遭遇すると、
お、わかってるな、と思っちゃいます。
宣伝のような感じになってしまい、失礼しました。
いえいえ。
陽介さんはお気に入り文具とかはありますか?
欲しい文具があれば教えてくださいね。
暑さと急な豪雨がこれから襲ってきます。
くれぐれもお体だけはご自愛くださいませ。
それではまた。
ということで、鍋鉄さんありがとうございます。
あの僕ね、ボールペンの中では2択なんですよ。
33:05
その2択のうちの1択がまさにジェットストリームで、ジェットストリームね、すごく書き味が良いですよね。
すごくサラサラ書けるし、何よりすごくお安く書えるっていうのがあってすごく好きなんですけども、
もう一つがですね、サラサですね。
サラサもね、名前の通りすごくサラサラ書けるし、サラサで書くとすごく自分の字がすごく綺麗な感じがしてすごく好きなんですよね。
やっぱりボールペンって安価なものってたくさんありますけど、
安価で良いものってたくさんありますけど、
それでも百均のものとかって最初は良くて、後々すごく擦れてきたりとか、
それこそ市役所だったり病院とかに住まつけのボールペンって割と擦れて書きにくかったりとかってあるので、
そういう時にマイボールペンっていうのを持っているとスムーズにストレスフリーに書けたりするので良いですよね。
で、押し文具っていうのがね、僕ボールペンは日記帳とか手帳とかで書いたりとか、あとは職場とか仕事で使ったりとかするのでよく使うんですけど、
ボールペン以外っていうのはあんまりなくて何かあるかなって考えた時に一つだけありまして、
それはマスキングテープですね。
マスキングテープってちょっとした一時的に貼っておきたいメモとかを壁に貼ったりとか、
あとはノートのここを書きたくはないんだけどちょっとメモとして残しておきたいっていう時にマスキングテープを貼った上にメモを書いて、
それが必要なくなったらそのマスキングテープを剥がすみたいな、そういったメモとしても使えるし、
例えば壁を粘着テープのベトベトで汚したくないなっていう壁に貼ったりもできたりしますし、
あとはマスキングテープっていろいろと無地だけじゃなくていろんな可愛い絵柄とかってのもあったりするので、
そういった普通に貼るだけでも楽しかったりするので、割とそういった使い方はしてるかなと思いますね、マステで。
本当に文房具って集めたいなっていう気持ちはあるんですけど、すごく見てるのは好きなんで、文具店とかでずらっとね、
このいろんなボールペンとかカラーボールペンが色ごとに分けられたりしてるのを見ると、すごくなんか心がときめくんですけど、
やっぱ文房具ってもういろんな種類があるから集めだすと、キリがないじゃないですか。もうお金がいくらあっても足りないと思うので、
36:05
今はね、ジェットストリームさらさとマスキングテープだけで留めてあるんですけども、
あとはなんかすごいなんかイケメンの付箋とかね、あるじゃないですか、イケメンのキャラが喋っているように見える付箋とか、そういうのなんか欲しいなと思うんですけど、
なんか今のところはボールペンとマスキングテープで我慢してるっていう感じです。
でもね、あのジェットストリームはすごい僕お揃いなのですごく嬉しいです。
ありがとうございました。本当にね、暑さと豪雨、本当になんか梅雨がなかったので、その分降ってくれるのはなんか自然的にはありがたいことなのかなと思うんですけども、
割と天気が読めないところが最近多くて困ってますね。
本当になんか気温のね、上下もそうだし、なんか雨とか降られたりすると体が濡れて、
本当に風邪が、風邪ひいたりとかもありますし、さらになんかもう今ね、感染者もだいぶ増えてますので、
なべてつさんも体には気をつけて、はい、元気に過ごしていきましょう。
今回いただきましたメッセージは以上となります。
たくさん送りいただいた皆さん、本当にありがとうございました。
で、今回ね、送りいただいた暮らしを豊かにしているアイテムが旦那さん、旦那さんと手ぬぐい、直塗りバタースティック、そしておすすめのカフェベース、三菱ジェットストリームとありましたが、
うん、本当になんか人それぞれだなって感じがしましたね。
で、まだね、紹介してないメッセージとかもあるんですけど、次回かな、次回ぐらいにまた新しいお便りテーマを発表しようかなと思っておりますので、またそちらもね、送りいただけたら嬉しいなと思います。
はい、というわけで、今回は皆さんの暮らしをちょっと豊かにしているアイテム紹介でした。
そろそろお別れの時間がやってまいりました。
今回もお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。
この番組、今夜は陽介と語りませんかでは、皆様からのお便りやメッセージ、コメントなどをどしどしお待ちしております。
僕に聞いてほしいこと、おすすめのお菓子情報、お悩み相談など、どんなことでも構いません。
概要欄に記載のGoogleフォームまたはメールアドレスまでお気軽にお寄せください。
39:05
また陽介の各種SNSもご覧いただけると嬉しいです。
Twitterやインスタはもちろん、最近ではノートを積極的に更新していますので、そちらもどうぞよろしくお願いいたします。
はい、というわけで本編でも言いました通り、エンディングは、今回のエンディングは食べるコーナーです。
正確には食べるではなく飲むなんですけども、メッセージいただきました。
テツさんが教えてくださったおすすめのカフェベース、ネストコーヒーさんのところのキャラメルオレベースです。
実際に封を開けていない瓶のキャラメルオレベースがここにございますので、実際に初めて飲む感想を言っていきたいと思うんですけども、
このカフェベースもそうだし、このキャラメルオレベースもそうだと思うんですけど、この割り方というか割る対比っていうのがすごく重要だと思うんですよね。
それもね、ちょっと一発ですごく良い塩梅に注げるかどうかっていうところもちょっと緊張なんですけども、
はい、早速開けていきたいと思います。
開封…このね、この瓶を開ける瞬間っていうの大好きです。
はい、では注いでいきます。
こんぐらいかな?
お!すでにすごく良い匂いがしてますね。
はい、ということでこちらを混ぜて。
うん、うん、美味しそう。
というわけで、ネストコーヒーさんのキャラメルオレ、いただきます。
うん、うん、ちょっともう一口。
あー美味しいですね、これは。
なんか、てつさんがすごく甘いっておっしゃっていたので、このめちゃくちゃ甘いキャラメルオレってのを想像してたんですけど、
まあ、もしかしたら良い塩梅に注げたおかげかもしれませんが、結構思ってたよりも甘くなくて、割と良い甘さのキャラメルオレですね。
42:04
キャラメルの風味はそんなにしつこくない感じで、どちらかというとオレ、コーヒーの風味の方が強いかなって思います。
うん、うん、美味しい。
なんかこう、一般的なキャラメルオレって、コーヒーって配合されてるんですかね?
ちょっとあの、無知で言っちゃったらちょっと恥ずかしいんですけど、ちょっと裏面を見てみよう。
あ、コーヒー入ってますね。
あ、ホットキャラメルオレもできるんだね。
ホットでも飲んでも美味しそうですね。
すごく美味しいキャラメルオレ。
これね、一瓶何ミリリットルだこれ。
結構大きいんですよ。
ちょっと、あ、ありました。720ミリリットルあるので、しばらくはこのキャラメルオレと、もう一つのね、カフェベースで、しばらくは長いこと楽しみそうです。
ちょっと、上手いこと表現できてなかったんですけども、すごく美味しいキャラメルオレなので、
キャラメルオレもしくはね、カフェベース探しているよっていう方がいらっしゃったらね、ストコーヒーさんっていうところのね、カフェベース、購入してみてはいかがでしょうか?
ということでね、テツさん、教えていただいてありがとうございます。
というわけで今回はこの辺でお別れにしたいと思います。
また次回お会いしましょう。
以上、よーすけがお届けいたしました。さようならー。
美味しい。
44:09

Comments

Scroll